いとこ同士が結婚するデメリットと忘れられがちなメリット、いとこ婚がタブー視されやすい本当の理由

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐタロットカードを引いてください。

あなたの引いたタロットカードの結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

いとこ同士の結婚。

「なんだか自分とはかけ離れた話」と言われることもあるかもしれませんが、実際にいとこ同士で結婚したカップルは多くいます。

いとこ同士は幼い頃から生活を共にして、良くも悪くも互いのすべてを共有できるかけがえのない存在。

そんな唯一の相手だからこそ、恋をしたり惹かれあったりして「この人と結婚したい」と思えるのです。

「いとこと結婚するには、問題があるの?」「いとこ同士の結婚を認めてもらえない」と悩んでいるあなた。

そんなあなたの為に、いとこ同士が結婚するデメリットと忘れられがちなメリットをご紹介します。

また、いとこ婚がタブー視されやすい本当の理由もあわせてお伝えしていますので、いとこ婚を反対されて困っているあなたは、是非もう一度いとこと結婚する事の重大さを理解してください。

何もいとこ婚すべてが悪いと言っているわけではありません。

いとこ婚でも本当に「この人しかいない」と真実の相手に出会った人も多く、要はあなたがどれだけ本気でいとこを愛しているのかにかかっているのです。

彼との愛の真相を知り、慎重に結婚へと歩み出しましょう。

目次

いとこ同士だからこそ結婚も考えるほど深く愛し合う事になった理由

一番近くで支えてあげられるのは自分だと感じるから

深く愛し合う事になった理由は、一番近くで支えてあげられる自信を持っているからです。

物心ついたころから身近な存在だったいとこ。

家庭環境や親の性格、生きてきた経歴など全てを知っているからこそ、これから先もずっとそばにいる確信を持っています。

親戚という枠を超えて、恋をしたことでもっと身近に感じられ、力になりたいと強く感じられるのです。

人生を歩む中で、家庭環境や親が影響してくることは少なくありません。

自立した大人になっていても、今後の介護の事や残された家族の心配など、他人に背負わせるにはあまりに重たい事情を抱えている人もいるもの。

けれどもいとこなら、何もかもを承知したうえで心を奪われているので、トラブルさえも大したことには捉えず、細かい対応策も共に考えられます。

家族に体の不自由な人がいたり、生活保護で生活している人がいたりしても、何をサポートすればお互いに幸せな人生を送ることが出来るのか、それまでの経緯を知らない他人からすれば踏み込みにくい事情にも、しっかりと話し合い乗り越えることが出来るのです。

どんな事があっても嫌いにならない自信があるから

どんなことがあっても嫌いにならない自信があるから、生涯のパートナーにまで考える程恋をするようになります。

一般的な恋愛をしていると、どうしても相手の良い所だけを見たいと願望が働いたり、自分のいい部分だけを見せたくなったりするもの。

欠点に目をつぶったり、都合の悪いことにふたをしたりして、後々破局になるほど大きな壁として立ちはだかる事に、すぐには気付かずに過ごしてしまいます。

幼少期から知っている二人は、欠点すらも個性として愛することが出来ているのです。

だらしない部分、頼りない所、すぐに泣いてしまったり、逃げ出すことがあったり、そんな弱い部分を知っていても、楽しい時間を共有して好きな気持ちの方が上回ります。

大きくなるにつれ、問題に立ち向かって心が折れたり、やさぐれたりしても、どんな姿を見ても嫌いにならない自信を既に培っているところです。

ほのかな恋心を持っている時点で他の恋愛を聞いて嫉妬をしてきたから

いとこ同士で恋人になったからとはいえ、夫婦になりたくて恋をしたわけではありません。

「親戚なのに付き合えるわけないよね」「いとこの事好きになったなんて、言えない」と気持ちを内に秘めていた時期、相手の恋愛相談に乗ったり、自慢話を聞かされたりしてたくさん嫉妬をしてきました。

両思いと分かった時には、奇跡と思えるほど喜んだはずです。

ずっと秘めていた想いが通じて、念願叶った奇跡を絶対に手放したくないと思います。

他の人との恋愛を聞いていた分、他の人は二度と渡したくないと固い決意をしているものです。

嫉妬心と独占欲が人一倍大きくなっているので、二人が恋愛を始めた時には、すでに強い決意で「幸せにする」と誓っており、手放さないように深い絆を築いていきます。

初めて異性を意識した出来事が衝撃の記憶として残り続けているから

初めて異性を意識した出来事が衝撃の記憶として大人になっても残り続けているから、結婚を意識するほど深く愛し合うことが出来ます。

お正月やお盆、お祝い事など親族が集まる時に、小さな子供は年が近い従妹どうしで遊び回って時間を過ごすもの。

大人が思い出話をしたり、楽しくおしゃべりをしている間、子供にとってはとてつもなく長い時間に感じます。

その間、かくれんぼをしたり近所の公園に遊びに行ったりして、子供の世界を楽しむところです。

かくれんぼをしていて、狭いところに二人同時に息をひそめながら隠れて「内緒だよ」と言いながら、すぐそばに顔があることにドキドキ。

鉄棒の練習で逆上がりをしているとき、手を握って教えてくれたり、背中を押してくれたりしてしっかりと支えてくれる安心感を感じることもあります。

初めて異性を意識した衝撃の出来事として、強く記憶に残るはずです。

大人になっても、ふとした瞬間にその時の記憶が蘇り、その度に初心に戻ることが出来ます。

恋愛に慣れはつきものですが、頻繁に初心に戻ることが出来る記憶がある為、いつでも新鮮な気持ちになるのです。

相手に対して絶対的な信頼感を持っているから

親同士が兄妹、家も家族も知っている相手なので、ヘタな事をされる心配とは無縁の関係。

婚姻関係を結ぶほど深く愛し合うのは、相手に対して絶対的な信頼感を持っているからなのです。

浮気や傷つけられることがあっても、逃げられる心配は絶対にありません。

それどころか、幸福になれない事があれば、お互いの親が黙っているはずがない二人。

小さな頃から「このお菓子はあげるね」「絶対付いて行ってあげるから」と些細な約束を経験している二人は、相手が「絶対に約束を守る人」「何かある時には態度で分かる」と理解しきっている安心感を持っています。

信頼していることが大前提なので、会話自体も安定していて、不幸な未来を引き寄せません。

いとこ同士が結婚する事になるきっかけ

幼少期から仲良くしていたから信頼関係を築けている

いとこ同士が結婚するきっかけは、幼少期から仲良くしていたから信頼関係がすでに築けているということがあります。

親戚であるいとこ同士の関係は、恋愛関係になってから始まったものではありません。

生まれたときからすでに顔見知りであり、「物心がついた時にはいつもそばに居た」という事も珍しくないのです。

特に年も近いいとこ同士の場合は、親が率先して一緒に遊ばせる機会が多いものです。

「今日は○○ちゃんの家にお泊りに行こう」と、まるで兄弟のように近い存在であることも。

その為、言いたいことを言い合って喧嘩をすることもありますが、遊びを通してお互いの性格を幼い頃から理解していきます。

例えば、数歳離れた年上のいとこならば、あなたの事を小さい時から可愛がってくれたことが、恋心に直結していることもよくある話。

お互いが大人になり、さらに恋愛感情を深める事も珍しくないのです。

いとこ同士は、暮らしていた環境が似ることもあります。

なぜなら、お互いの親は兄弟なので、子育て方針や親の性格が瓜二つの場合も多いのです。

そして、育てられ方も環境が似ている二人は価値観を共有しやすく「私もそう思っていたの」と意気投合。

恋愛関係に進むのもうなずける結果だと言えます。

身近にいる異性であるから恋愛対象として意識しやすい

身近にいる異性だからこそ、恋愛対象として意識しやすいというものがあります。

いとこ同士が結婚する事になるきっかけとして、凄く身近にいる異性だから「彼と結婚したら円満な家庭を築ける」という想像のしやすさもその一つ。

物心つく頃から一緒にいるいとこのことは「なんでも知っている」「彼の性格はよく分かっている」と喧嘩一つしない、いとこ同士カップルも多いものです。

揉め事がなく、いつも円満なほのぼのしたいとこカップルは、お互いの結婚を次第に意識しだしてもおかしくありません。

いとこが初恋の相手である女性は多く「たくさんの男性と付き合ったけどうまくいかなかった」「やっぱり彼のことが忘れられない」と、いとこのことを「運命の相手」と思う女性も。

いつも恋愛感情を向けてくれていた、いとこのことを「健気だな」とか「いつも一途に思ってくれている」と恋愛感情を抱き、そのまま「結婚したい」という思いに駆り立てられます。

一番近くで見守ってくれている異性がいとこ。

そんな環境があるからこそ、いとこ同士で盛り上がり「結婚したい」という思いを持つことは少なくありません。

家族団らんの場でも、いとこの異性がいる事で恋愛対象として意識します。

二人の恋が燃え上がれば、必然と結婚の話に花が咲くのです。

お互いの性格を嫌というほどに熟知している

いとこ同士が結婚する事になるきっかけは、お互いの性格を嫌というほどに熟知しているからです。

「なぜ、性格を知っているだけで結婚の話に進むのか?」と感じる人もいると思いますが、結婚生活はお互いの性格をどれだけ理解されるかで決まると言っても過言ではありません。

「彼はこんな性格だから私から謝ってあげなきゃいけない」「私の事を理解してくれているから引き際もわきまえてくれる」とお互いの性格を熟知していれば、大きなケンカや揉め事も阻止できます。

そして「彼だから許せる」「彼女は昔から裏表のハッキリしたタイプだから悪気はないんだ」と相手の性格に不満を抱くことがないのです。

いとこ同士であれば、持って生まれた個性としてお互いの性格を難なく受け入れることができます。

「この人となら結婚しても上手くやっていける」と感覚的に察知できるのも、小さなころから知っている、いとこ同士だから感じられるものなのです。

お互いの性格をよく知っていれば、嫌いになるどころか逆に愛おしさすらも湧いてきます。

「彼だからすべて受け入れられる」と長い結婚生活の先を見据えることができるので、結婚への夢や希望を抱きやすいのです。

親戚だからこそお互いを悪く言う人が周りにいない

いとこ同士が結婚する事になるきっかけは、親戚同士だからこそお互いを悪く言う人が周りにいないというものがあります。

古くから親戚づきあいをしているいとこ同士。

それは、カップルになってからも変わることなく、親せき付き合いは円満そのものという事も珍しくありません。

お互いの両親も素性の知れている相手に「あの子ならあなたを任せられるわ」と納得して付き合いを承諾しているケースも多いもの。

そして、親戚だからこそ身内を陥れるような悪口を言う事もありません。

周りの知人や友人も「いとこ同士だから仲良くなるのも当然」という気持ちでいとこ同士のカップルを見守っています。

「あの子性格悪いよね」「彼の性格がキツそうね」などとパートナーを悪く言われることもないのです。

いとこ同士という深いつながりがあれば、悪口一つとっても恋人を貶す行為と身内を悪く言う行いとなり、周りの人は「コレは言わない方がいい」と「私の偏見で物事を言うべきではない」と思えるから。

それほどまでに深い絆で繋がっているいとこ同士のカップルに悪口を言って水を差す人はいないのです。

その為「誰からも認められている」「この人しかいないんだ」という気持ちを持ちやすく、いとこ同士のカップルは結婚を考えていきます。

良き相談相手でありいつもお互いを見守っていた存在だから

いとこ同士が結婚する事になるきっかけは、良き相談相手であり、いつもお互いを見守っていた存在だからというものがあります。

良き相談相手のいとこ同士がお互いに恋愛関係となれば、結婚を付き合っている当初から意識する事も珍しくありません。

それは「いとこの恋の相談を受けていた」「あんな男と付き合うくらいなら俺のが幸せにしてやりたい」という気持ちで見守っていたから。

「俺のことを好きになってくれたら、絶対に離さない」「結婚したい」という思いを初めから抱いているのです。

親同士は兄弟であり、深いつながりがあります。

いとこ同士の結婚に必要なものはお互いへの愛だけなのです。

その為、いとこ同士が付き合ってすぐに結婚の話し合いがもたれることは決して珍しいものではなく、ずっと思い描いていた未来が恋人となり現実味を帯びたからに他なりません。

いとこ同士の結婚のきっかけは情熱的な愛。

いつもそばで見守っていたからこそ「やっと付き合えた」「これからは一番近くで見守りたい」という気持ちの表れなのです。

そして「早く二人の気持ちを示そう」と両親や親せきに「結婚したい」という話を伝えます。

いとこ同士が結婚する事で直面するデメリット

喧嘩や揉め事になると周りに相談しずらい

いとこ同士が結婚する事で直面するデメリットは、喧嘩や揉め事になると周りに相談しづらいというものがあります。

いとこ同士で結婚した後に喧嘩や揉めごとが起きると「周りに相談できないな」と頭を抱えるもの。

それは、いとこ同士という距離の近さが原因です。

親せきや親族はすべてが知り合いという状況で「私の味方をしてほしい」と思っても、下手に喧嘩の原因を口走ってしまっては親せきである彼の立場も危うくなる危険性があります。

「ただの喧嘩で周囲を巻き込むわけにはいかない」と人知れず悩み、苦しさを抱える事になるのです。

いとこ同士で結婚したが故に、喧嘩や揉め事で悩み「私はこの先どうしたらいいのだろう?」と自問自答し、答えが出ないまま悶々とした日々を送ってしまいます。

相談できる相手がいれば、円満に解決できる手立てがあったのに、その答えに辿り着くことができない苦しさが、いとこ同士で結婚した後に直面するデメリット。

周りの人間が近すぎる関係にあれば、その分ただ相談する事にもためらう気持ちが出てきます。

しかし、一人で答えに行きつくことができない場合は、一気に苦しみを抱えることしかできないのです。

関係が悪化したからと言って簡単に離婚を言い出すことはできない

関係が悪化したからと言って簡単に離婚を言い出すことができないのが、いとこ同士が結婚する事で直面するデメリットだと言えます。

親戚同士で結婚した、いとこカップルは、不仲になったからといっていきなり「離婚だ」と言い出すことができません。

それは、いとこ同士の離婚問題は周囲の人も巻き込んだ大問題に発展する可能性を秘めているからです。

相手の親と自分の親はつながりがありますから、二人が離婚を考えていると知った時は心を痛めます。

「我が子の気持ちを尊重したい」という親心に加え、「あの子を悪く思いたくない」と姪っ子や甥っ子に対しての情が湧き出るもの。

その事を一番よく分かっているのは、離婚問題を起してしまった当人たちです。

その為「周りに迷惑をかけたくない」「親戚同士の揉め事を増やしたくない」という心情になり、離婚問題にも真っ向から立ち向かう事もできず、辛い思いをするのは必然。

結婚したときは「まさか離婚するとは思っていなかった」とおもうもの。

しかし、いとこ同士という関係は離婚問題すらも考えられず、けれども「これ以上は一緒にいたくない」という気持ち双方を抱えてしまう、いとこ同士ならではのデメリットと言えます。

親族や周囲の人からは「やめた方がいい」と一番に説得される

いとこ同士が結婚する事で直面するデメリットは、親にはまず一番に反対されるというものがあります。

我が子の存在は可愛いものです。

いとこ同士という近い関係で結婚して、うまくいけばいいですが「この子が辛い思いをしないか」「いとこ同士で結婚して別れでもしたら気まずくなるのはこの子だ」と考えれば余計に、どんなにいい男性だとしても反対の意志を貫くのが親心。

いとこ同士で結婚する事に丸腰で承諾する親はまずいません。

両親も夫婦生活には幾多の困難を乗り越えてきた先人。

だからこそ、わかる夫婦関係を継続させる事への難しさやちょっとしたことがきっかけとなり別れへ発展する脆さを熟知しています。

ましてやその相手が血のつながりがある甥っ子や姪っ子だとすれば、我が子の次に可愛い存在であることに間違いありません。

身内としても親としても「今だけが良くてもいけないんだよ」「もっと先の事を考えなさい」とつい諭してしまうのです。

親の反対に合えば、そう上手く結婚の話も進みません。

親の結婚への反対は親戚全員を敵に回すようなもの。

その為「今は無理かな」「諦めなければいけないのかな」と本人たちの結婚の意思を揺るがす大きな事態となり、いとこ同士が結婚する上で最大のデメリットとなりかねないのです。

本当に愛し合っていることを周りに認めてもらいづらい

いとこ同士が結婚する事で直面するデメリットは、本当に愛し合っていることを周りに認めてもらいづらいというものがあります。

いとこ同士でも他人同士の恋愛でも、本当に愛がなければ結婚という人生を動かす選択はできないものです。

しかし、そのことをわかっているのはあなた達だけ。

周りにいる人達は、いとこ同士で結婚に踏み切る事を「近場で手を付けた」とか「恋愛と家族愛を勘違いしている」と思います。

それはいとこ同士という血縁に周りの人の目が注がれているからです。

「いつも一緒にいたのは、親同士が兄弟であったから」とあなた達の愛を全否定されることも。

周りの人から「祝福されていない」ように見えて、結婚を決断した本人たちは虚しさや悲しみがこみ上げてきます。

「心から愛していなければ結婚などできない」「本当に愛し合っているんだ」といくら説明しても聞く耳すら持ってもらえないことも少なくありません。

周りから自分たちの愛を疑われているような気分で、心の底から結婚した幸せを感じられない事の方が多いのです。

その為、いとこ同士で結婚すると「あの子たちは思い違いをしているんだ」と言われたり思われたりするので、心底幸せを感じられないというデメリットがあります。

いとこ同士が結婚する事で得られる忘れられがちなメリット

親族間の協調性がより深いものとなる

いとこ同士が結婚する事で得られる忘れがちなメリットは、親族間の協調性がより深くなるというものがあります。

いとこ同士の結婚は元々の血縁者。

生まれたときからお互いの両親は既に血縁関係で結ばれている兄弟です。

この結婚によって普段より仲の良かった親せき付き合いは更に頻繁なものとなり「これからみんなで楽しい時間を共に過ごしていきたいね」と協調性が強まります。

いとこ同士での結婚した本人たちは、生まれたときからお互いの両親が傍にいることがごく自然で、当たり前な関係を築いていましたが、結婚したことによりその絆はさらに深まり、一層距離の近い親戚づきあいができるのです。

親族がいとこ同士で結婚した二人を見守ってくれる心強い存在であり、困ったことや悩みがあった時には「こうすればいいよね」と助言をくれるかけがえのない人たちになってくれるはず。

その為、深いつながりのあるいとこ同士の結婚は互いの家族同士の関係を強めて円満な夫婦生活に繋がっていきます。

いとこ同士だからこそ、結婚したときは親族との関係が更に濃いものとなり、苦しむ事があった時、あなた達を助けてくれる希望に変わるのです。

血筋が濃くなり家の伝統をそのまま受け継ぐことができる

いとこ同士で結婚する忘れがちなメリットは血筋が濃くなり家の伝統そのまま受け継ぐことができるというものがあります。

いとこ同士での結婚のメリットは血筋の継承。

古くはいとこ同士での結婚が当たり前であったように、家の守りたい文化や血筋があった場合には、それらをより濃く残すことができます。

近年は血筋の濃さに進退への影響を懸念されることの方が多くなってきていますが、いとこ同士で結婚すれば、元々のその家々がもつ血筋や文化はまがう事がないのです。

その為、「家が代々続く商いをしている」「祖先が著名人である」といった環境の場合、そのままの血筋を次の世代へ色濃く受け継ぐことができます。

結婚する際に「〇〇の家の出の人は信用ならない」とか「この家を存続させて行ける力量はあるのか」と揉め事を起さなくても済むのです。

いとこ同士で結婚すると、当然血は濃くなり守りたいものや代々受け継いできたものを大切に引き継ぐことができます。

そして「この血筋を次世代に残して欲しい」と祖父や父母に嘆願されることも珍しくありません。

いとこ同士のメリットは祖先の血筋を他者を交えずに守れるのです。

いとこ同士の結婚で反対されていたからこそ結婚できた後はさらにお互いへの愛が深まる

いとこ同士で結婚する時の忘れられがちなメリットは、結婚に反対されがちだからこそ、二人の愛がさらに深まるというものあがります。

いとこ同士の結婚は「関係が近い」とか「別れたくなったらどうするんだ」と反対されがちですが、反対されていたからこそ周囲の人と和解、気持ちを理解された時にはお互いの愛がさらに深まるものです。

「反対されたけど、どれだけ自分たちの愛が深いものなのか信じてもらえた」「切っても切れない愛情がある事を分かってもらえた」という事実はお互いが結婚できたときに、二人の自信となります。

その為、反対されていても結婚をあきらめる必要は全くないのです。

寧ろ、結婚に反対した人たちの考えを変えることができた時には、確かな愛を感じることができ「私は彼と深く繋がっている」「この愛は本物だ」と思え、結婚生活を送る上でこのうえない幸せを手にいれることができます。

いとこ同士の結婚を反対されているのならば「これは二人の愛を更に深めるチャンスだ」と思いましょう。

そうすれば、あなたと彼が結婚して幸福に満ち溢れた結婚生活を送ることが叶い、別れることなど考えつかないほどに素敵な人生を歩めます。

土地や相続問題が発生しても親戚同士なので揉め事にならない

いとこ同士の結婚で忘れられがちなメリットは、親族が亡くなり相続の問題が発生したときも血縁関係があるからこそ、大きな揉め事にはならないというものがあります。

親族が亡くなれば、必然と相続問題がつきもの。

兄弟間や親せき間で揉める多くの事案は、相続問題が降りかかる当事者ではなく、故人と全く血のつながりのない配偶者の意見に当人たちが惑わされることがほとんどです。

なぜなら、故人と血のつながりがないのでそれ程密な時間を過ごしたわけではなく「顔見知り」「会えばあいさつを交わす」といった人見知り程度の存在だから。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

血のつながった親戚同士というよりも、血のつながりのない部外者が目先の有益の為だけにパートナーに助言を行い、親族間のトラブルをこじれさせているだけなのです。

しかし、元々親族同士のいとこならば、故人とのつながりも深く、さらに親戚たちとも昔から見知った仲。

「あなたの事は信頼しているから」と親族間でのトラブルを未然に防ぐことができます。

いとこ同士の結婚で親族間でのトラブルを回避できる事は、あなた達が結婚した後も円満に暮らしていけるというメリット。

結婚しても、後々に親族関係を壊すようなことが起きれば夫婦関係に歪みが入り、離婚問題に発展しかねません。

血が繋がっているからこそ、お互いの考えを分かり合あえる

いとこ同士が結婚する事で得る忘れがちなメリットは、血が繋がっているからこそ互いの考えを分かり合えるというものがあります。

育った環境や境遇もよく知っており、似ていることもあるいとこ同士という関係はお互いのことを理解しやすい関係です。

幼少期から共に育った記憶や、父や母、叔母叔父、祖父母との関係が手に取るようにわかるから。

「あの時はこんな事があったね」と少し話し合っただけで「その気持ち分かる」と共感できます。

同じ時間を過ごしてきたことや血のつながりからくる性格の類似点がお互いの思いを分かり合える要因なのです。

いとこ同士の結婚で意見が対立し合うのは稀。

それほどまでにお互いのことを理解できるのも、血のつながっているいとこ同士ならではの特徴。

いとこ同士の結婚の忘れがちなメリットとして、お互いのことを真に知り合っているからこそくる信頼や共感は、結婚生活を送る上でなくてはならないものだと言っても過言ではありません。

いとこ同士の結婚は、お互いのことをよく分かりあえているから、円満な夫婦関係が成り立ち、いつまでも仲の良い夫婦としてやっていけるのです。

血のつながりのない他人同士の関係よりも絆が深いのはいとこ同士のカップルだと言えます。

いとこ婚がタブー視されやすい本当の理由

自分の子ども達には本当に幸せになって欲しいからあえて双方の両親には大反対

いとこ婚がタブー視されやすい本当の理由は、我が子の幸せを願うからこそ双方の両親が反対します。

「いとこ同士で結婚して別れたらどうするの?」「お互いが気まずくなるだけでは済まされないのよ?」という気持ちを「いとこ婚をしたい」と願う子どもの両親ならば誰もが抱える不安。

いとこ婚を大賛成してくれる親は少なく、大半は「もしも二人が上手くいかなくなった時」の最悪の事態を考えて結婚を承諾してくれないケースが多いのです。

いとこ婚で結婚してうまくいけばそれでいいのですが、親は結婚生活を経験している人だからこそ、生半可な決意で結婚生活をうまくやっていけないことを知っています。

「子供には苦労させたくない」「幸せな人生を送って欲しい」と願うからこそ、いとこ婚という近い親族間での結婚はタブー視されてきたのです。

もし、どうしても「いとこ婚がしたい」「私たちの愛を認めて欲しい」と思うのならば、その決意の強さを両親に知ってもらうべき。

幾多の困難が待ち受けているかも知れないけれど「私たちが選んだ道を信じて欲しい」と説得する事こそが、タブー視されるいとこ婚を成し遂げられる唯一の手段と言えるのです。

血が濃くなりすぎることでの子づくり問題が懸念されるから

いとこ婚がタブー視される本当の理由は、血が濃くなりすぎてしまえば子づくり問題が懸念されるからです。

子供が欲しいと思った時に血が濃くなりすぎると、数%ですが全くの血のつながりのない夫婦よりも近親者の夫婦の方が何らかの障害を体に持って生まれてくる確率が上がるという統計が出ています。

その為、いとこ婚は「できればやらない方がいい結婚」というイメージを強く持たれており、「結婚しても子どもを作らないのならOK」とか「子どもを考えているのならいとこ婚はやめるべき」という意見をもたれやすいのです。

その為、法律上では問題のないいとこ婚を、世間はタブーな結婚と位置付け「やめるべきだ」と反対されるいとこカップルは多くいます。

そんな夫婦でも、かならずしも健康な子供に恵まれるとは限りません。

それこそ、何らかの障害を持つ子供を懸命に育てている夫婦もたくさんいます。

しかし、いとこ婚だけが原因ではありませんが、その数%の要因さえも未然に防げるのならば「いとこ婚はしてはいけない」という結論に至る人が多のも事実。

いとこという血縁の濃さが招く子どもの問題もいとこ婚をしたいカップルの結婚を阻む一つのきっかけになっているのです。

周りにはたくさんの異性がいるのに近場で済ますことへの反対意見

いとこ婚がタブー視される本当の理由は、周りにはたくさんの異性がいるにもかかわらず近場で済ますことへの反対意見があるからです。

いとこはいわば、幼い頃から共に育った家族のような存在。

大人になれば、たくさんの人に出会い、恋をして多くの恋愛をする機会に恵まれます。

経緯はどうあれ、いとこ婚のカップルは「近場で手を打った」と思われがち。

家族の一員のような存在とわざわざ「結婚までしなくてもいいのに」と周囲の人から反対されることも珍しくありません。

いとこ婚はいわば「妥協策」とみられる事が多のです。

たくさんの異性と恋をすることすら拒んだ哀れなカップルとみられ「外を見たら、もっと素敵な人に出会えるはずだよ」といとこ婚を全否定する友人すらもいます。

いとこ婚は、本当に愛しあった上での結婚と認めてもらえないのです。

しかし、あなた達は「この人しかいない」「例え血縁関係がなくとも恋をした」と思えるほどに、熱烈にお互いを愛したとしても周囲の人にはちっとも認めてもらえないことへ、腹立たしさと怒りすらも湧いてきます。

親族間での結婚は「自由恋愛ができるのにそれすらも放棄している人たちだ」と思われるので、タブー視される傾向があるのです。

結婚して幸せに生涯を添い遂げられればいいが、離婚などの問題が起こった時は親族関係が壊れる

いとこ婚がタブー視される本当の理由は、結婚してうまくいかなくなった時や離婚したときに、親族関係が諸々壊れるからです。

いとこ婚カップルが上手くいっていれば、親族同士の中も深まり円満に暮らしていけます。

しかし、いざ離婚となった時は大問題。

例えば、いとこ婚カップルで子供がいたとき「どちらが引き取るのか」や「子どもを元パートナーには合わせたくない」と思っても、元々の親族関係が濃く繋がり過ぎているために、求めていることが叶わない事もあります。

どちらかに非があり別れた場合も「相手が悪かった」と「うちの子はちゃんとしていたのに」という愚痴も親族間を通して筒抜けの状態となり、当人同士だけではなく親族を巻き込んだ大波乱な展開になる事は容易に想像できるのです。

その為、いとこ婚は避けるべきという意見でいとこ婚自体をタブー視される風潮にあります。

どれだけ愛し合っていても、愛とは儚く脆いもの。

何時壊れるかもしれない不確かなものだという事を、誰もが知っているからこそタブー視されて「絶対にやめた方がいい」「頼むからいとこ婚はしないで」と反対される事が多いのです。

悪い事ばかりを考えても仕方はありませんが、二人を心配するあまり周囲の人は、いとこ婚をタブー視し、二人の結婚に大反対しています。

いとことの結婚を叶えたいなら守るべき3つのルール

いとこ以外の相手と実際に付き合ってみる

いとことの結婚を叶えたいのなら守るべきルールの一つ目は、いとこ以外の相手と付き合った経験を持つ事です。

いとこと結婚して幸せを掴む為には、自分たちの恋愛観や経験を参考にいとこと結婚する事への大切さや尊さを知る事。

もし、いとことしか付き合った事がないのなら、違う男性とも恋愛をして本当にいとこのことを心から愛しているのかを確かめる事から始めましょう。

いとこ婚をした後で「やっぱり家族愛だった」とか「恋愛相手ではなかった」と思っても後戻りはできません。

それこそ「ほら、だから反対したのよ」と周りに窘められる事すらもあります。

しかし、自分の恋愛経験を見直した上で「いとこ以上に惹かれる人がいなかった」という場合には、かけがえのない相手がいとこであることに誇りと自信を持って結婚に踏み切ることができるのです。

いとこへの愛が本物であり、心から願う結婚相手がいとこであることを証明しましょう。

そして、いとこ婚をしてあなたの幸せを掴んで下さい。

あなたが心から惹かれ愛する相手がいとこであるという事を知れたのならば、結婚もすぐそこに見えてきます。

両親や親族の承諾をきちんと得てから行う

いとことの結婚を叶えたいなら守るべきルールの二つ目は、両親や親族の了承を得る事です。

いとこ同士の結婚は親族間との距離がさらに縮まるもの。

その為、円満にいとこ婚を叶えたいのなら、親族と両親を説得してからでないと幸せな家庭は築けません。

お互いの意思だけで結婚を押し通してしまった場合は、後々から「結婚を両親にも喜んでもらいたかった」「親族と家族ぐるみで付き合いたかった」と心残りが出て来てしまいます。

「あの時こうしておけばよかった」と悔やむことに繋がり、取り戻せない時間やかけがえのない人たちを失う結果になるので、いとこ同士の結婚を叶えたいのなら、焦ることなく身内への理解を求めましょう

結婚を反対している人たちになかなか自分たちの思いが伝わらず、歯がゆい思いをすることもありますが、二人が頑張った成果は必ず表れます。

そして、笑顔で結婚を祝福してもらい、親族一丸となり強固な信頼関係を築くきっかけになるのです。

いとこ同士という近い関係だからこそ、身近な人たちの説得が重要。

自分たちの意思を理解してもらえた時はこの上ない幸せな時間が訪れます。

いとこ同士の結婚を叶えて幸せになりましょう。

結婚後の生活や子供についての将来を話し合ってから

いとことの結婚を叶えたいのなら守るべきルールの三つめは、結婚後の生活や子供についての将来を話しあうことです。

いとこ同士の結婚は通常の結婚よりもハードルが高いものです。

親族関係にあるいとこと家庭を築くので、結婚した後に「こんなはずじゃなかった」という失敗は許されません。

それこそ、親族との絶縁状態になりかねない事態を起します。

まずは、結婚後の自分たちの生活やそんなことが起こるのかという事を十分にシミュレーションしましょう。

そして外せないのが、子供の問題。

上記でも記したように、いとこ同士という血縁が近いカップルは生れてくる子供が健康でない場合もあります。

もし、自分たちに子供が出来、その子が障害を持って生まれて来ても「変わらずに愛せるのか」や「子どもをつくった自分たちを許せるのか」という事をしっかりと相談し、慎重に結論出すことでいとことの結婚に不安を覚えることなく挑めます。

入念な準備を重ね、いとことの結婚に踏み切れば「本当に愛すべき人と幸せになれた」といとこ婚に胸を張って喜べます。

そんな幸せいっぱいの二人をみる親族も幸せに包まれ、幸福な人生を末永く送る事が叶うのです。

いとことの結婚で悔いのない人生にしましょう。

腐れ縁の彼と結婚を目指すべき?別れて縁を断ち切り別の男性と付き合うべき?後悔せず幸せになれる究極の判断方法

一緒になりたくてもいとこ婚を諦めたほうが幸せになれるケース

もしかすると他の人を好きになるかもしれないと一瞬でも思ってしまう

諦めた方が幸せになれるケースは、ほんの少しでも他の人との将来を考えてしまう時です。

別の異性との恋人関係も体験した事のある人は、忘れられない人がいたり、理想の相手を思い描いていたりするもの。

昔の恋人のことを時折思い出して「あの時は幸せだったな」と思うことがあったり、「あの人と一緒になったらどんな未来になるんだろう」と思うようなことが、今でもあるのなら今考えている結婚は諦めた方が良いといえます。

古くからの付き合いで、心から好きだと思っていても、従妹同士で芽生える感情は、他人との恋愛とはやはり違うものです。

他の人との恋愛を思い描いても、目の前にある現状からは憧れだけを残し、残像として頭の片隅に残り続けます。

将来「あの時他の人と結婚していたら」と「もしも話」を思い描いでしまうくらいなら、最初から踏み込まない方が、思う存分納得のいく相手を探すことが出来るはずです。

他の人と恋愛をしたことがなく親から反対されている

他の人と恋愛をしたことがない人が、いとことの結婚を親から反対されているケースでは、諦めてしまった方が幸せになれるといえます。

親から反対されるという事は、二人が結婚生活が難しいと判断されているという事です。

親は、結婚生活を経験している実践者であり、自分の性格を受け継いだ子供の事も、兄弟の本質にそっくりな甥や姪の事も十分理解している人。

親からすれば二人が将来、意見の食い違いが起きたり、家系の中の問題を解決しきれない状況が訪れたりすることが、既に目に見えてわかっています。

他の人との恋愛を経験していないのなら尚更、「あなたには他に絶対幸せになれる人がいるはず」と信じていることを意味しているのです。

狭い世界だけでなく、広い世界で出会いをして、親が経験していない幸せを手に入れることが出来る可能性を持っている事を示しています。

先天性の障害を持つ子供を受け入れる可能性があることを覚悟出来ない

従妹と結婚する事を決める前に、子供について考え、覚悟を持つ必要があります。

兄妹間とまではいかないですが、従妹といえども血縁が濃い間柄です。

近親者との子供は、先天性の障害を持つ可能性が高くなります。

他人であれ可能性はありますが、授かる命に責任を取れるかどうかは親の覚悟次第。

従妹同士から生まれる子供は、障害を抱えている可能性が通常よりも高いことを理解し、「どんな子でも愛する事が出来る」と覚悟が出来ないのであれば、親になるべきではありません。

「愛する人との子供なら何があっても育て上げる」と二人でしっかりと話し合い、理解しあってから前に進みましょう。

当然、性格や顔もどちらにも似た子供が生まれる訳なので、両親同士が「うちの子に似ている」と言い張ったり、育児の中のトラブルがあった時に「近親者だから」と直接関係のない事で責められたりする可能性も出てきます。

子供が生まれるに当たって、親族や周囲の人から風当たりが強くても、自分たちの幸せを信じ抜き、子供を守る覚悟を持つことが重要です。

生きがいややりたいことの方向性が全く違う

生きがいややりたいことの方向性が全く違う相手であれば、応援者に回り結婚相手からは辞退したほうが幸せになれます。

あなたが国内で専業主婦になりたいのに、従兄は海外で放浪したいと思っていたり、共働きで支え合いたいと思っているのに、浮気の心配で家から一歩も出したくないと願っているなど、どれだけ好きでも生きていきたい生活スタイルが全く違えば、結婚生活を送るのは難しいものです。

身近な存在としてよく知っているからこそ、相手の生き方は否定したくないし、応援したいと思っていても、いざ自分が巻き込まれると「きついな」と感じてしまう事が出てきてしまうのも確か。

自分とは方向性が違うけど、相手の生き方を尊重したいと思うのなら、恋愛関係から一線を退いて、応援する立場に転換しましょう。

お互い応援しあえる関係でいられれば、幸せを願い続けることが出来ます。

お互いの親が離婚を経験している

お互いの親が離婚を経験しているカップルは、いとこ同士で一緒になるよりも他の人との未来の方が幸せになれるといえます。

今や離婚は珍しくない問題です。

親族みんな離婚経験があれば、その子供たちは何も抵抗なく、選択肢の中に「別れる」と生み出されています。

親戚だからこそ、親同士の離婚の詳細まで知っていれば、別れた相手からどれだけ傷つけられたか、破局からの苦しい生活もよく知っているものです。

しかし、離婚したからと言って人生が終わるわけではないこともまた、よく知っています。

お互いの両親が離婚経験をしていれば、「ダメだったら別れたらいいよ」と親からアドバイスをされることも。

乗り越えようと思っても、真っ先に「もう離婚かな」と考えてしまう相手よりも、離婚した世界を知らない他人との生活の方が「どんなことも二人で乗り越えよう」と思える気力がわいてきます。

いとこ同士で結婚を叶えた女性の体験談

歳の差はあるけど気にならない

八歳年下の従弟とは、不思議な縁で繋がっています。

母の弟の子供である従弟Sは、生れた時私はすでに小学生。

可愛くて、片時も離れたくないと思うほど、会うたびにお世話をしていました。

けれども叔父夫婦が離婚し、Sとは会えなくなってしまったのです。

次に会った時には、Sが小学生になっていて、叔父との面会日に少し遊んだ程度ですが、久しぶり過ぎてどう接していいのか分からないまま時間が過ぎて、また会えなくなりました。

次に再会したのはSが高校生の時。

当たり前のように私のことは全く覚えていませんでしたが、懸命に親戚付き合いをしようと頑張っている姿が愛おしくて、声をかけて徐々に仲良くなったんです。

それから10年。

何でも相談してくれる人懐こいSに夢中になっていたところ、向こうから告白してくれ、交際に発展しました。

赤ちゃんの頃を思い出すと未だに不思議ですが、年齢差も気にすることなく大人として尊敬できるようになりました。(Tさん/女性/36才)

ずっと大好きだった

五歳年上のいとこのお兄ちゃん、O君は小さいころから私のヒーローでした。

近所に住んでいたこともあり、男の子に意地悪された時もいつも駆け付けてくれて「俺のJをいじめるな」って守ってくれていました。

ずっとずっと大好きだったお兄ちゃん。

思春期から、それは恋心に変わりましたが、当然お兄ちゃんには言えないままでした。

いつもみたいに、家に遊びに行っている時、お兄ちゃんの部屋でエッチな本を見つけてしまって、恥ずかしがっている姿を見ていたら、思わず「私としてみる?」と大胆な事を言っていたんです。

自分でも驚きの言動で、今でも思い出すと恥ずかしくて顔から火が出そうですが、その時お兄ちゃんが「大事な人だからそんなことはしない」と断ってくれて。

後日、大事な人っていうのが恋心を持っているという意味だと言ったことがきっかけで、パートナーになりました。

お互い大切な人としてゆっくり愛を育み、お兄ちゃんのためならどんな事でも出来るし、守ってもらえると信じているので、何も不安はありません。

お兄ちゃんって呼ぶと、恥ずかしがるので、今では名前で呼び合っています。

両親も気に入っているお兄ちゃんなので、二人の結婚を祝福してくれているのが有難いです。(Jさん/女性/23才)

親の反対を押し切って結婚

私達いとこ婚は、実は親同士が仲が悪くて親の反対を押し切って実行しました。

私の親が離婚していて、おじさんが「あいつ(私の母)はろくでもない男と結婚して、勝手に子供作ったんだから、もう親戚一同から縁を切りたい」と言われています。

もちろん私の事もあまりよく思われていなくても、今まで大して親戚付き合いとかもありませんでした。

高校生の頃、「親戚ってどんな人がいるんだろう」という自分のルーツへの興味から、自らコンタクトをとって、婚約者である二歳下の従弟、Yと出会いました。

初めて会ったのに、すぐに意気投合して、今まで過ごせなかった分の時間を取り戻すかのようにずっと一緒に過ごすようになったんです。

その時にはすでにお互い好きになっていて、気持ちを抑えられない状態でした。

もちろんお互いの両親には内緒。

だけど、好きすぎてもう隠すことは無理だと思って、両家を集めてカミングアウトしました。

もちろん大喧嘩になってしまいましたが、彼が「俺のことは俺が決める。Rは絶対に幸せにするから放っておいてくれ」と言い放って、手を握ってその場を立ち去ったんです。

それから両親には会えていませんが、時々ラインをやりとりして、今では少し冷静に考えてくれているように感じます。

落ち着いたら、もう一度話に行こうと思っているところです。(Rさん/女性/30才)

まさかのデキ婚

兄妹のように育った同い年の従兄のIとは、親同士がものすごく仲が良くて、しょっちゅうお泊まり会をしていた間柄です。

小さい頃から一緒にお風呂に入って、同じ布団で寝ていました。

当たり前の毎日が、思春期になると少し変化していったんです。

お互い性に目覚め、身近な異性なので体に興味を持ち、出来心でエッチしました。

他の人との恋愛も経験したけど、セフレみたいな関係が続いていたんです。

試してみたいプレイや悩みを抱えている時の気晴らしとかにも、いい相手でした。

やっぱりIといると居心地が良くて、それぞれ別の恋人を作るよりも一緒に過ごすことの方を選んで、時間を縫っては会ってエッチしています。

私が、妊娠した事をきっかけに「もう結婚しちゃおうか」という話になり、話を進めていますが、お互い若いので、将来の不安は尽きません。

両親も若くして子供を産んでいるので、相手がIだと知って驚いてはいましたが、育児の協力をしてくれると言ってくれています。(Hさん/女性/18才)

いとこ同士の結婚は本当に考えた上で出した結論なら真実の愛

いとこ同士の結婚は本当に考えて出したうえでの結論ならば、真実の愛だと言えます。

いとこ同士で結婚まで進むには周囲の説得や二人の辛抱強さ、お互いへの深い愛が必要不可欠です。

いとこ同士の結婚が上手くいかないから二人の仲が険悪になったり、冷めてしまったりした場合は、それまでの関係だったということ。

しかし、いとこ同士だからこその幾多の困難を乗り越えた先には、幸せに満ち溢れた未来が待っています。

どんな逆境にも挫けなかった二人の愛は永遠。

「私たちは心から信頼し合って、愛し合っているんだ」と実感できるのです。

しっかりと二人の愛の深さを確かめて前に進みましょう。

【期間限定・2021年5月16日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG