復縁までの冷却期間を別れた理由ごとに徹底検証!どのくらいがベストかお答えします

「復縁するためには冷却期間を置いた方がいいっていうけど…どれくらい期間を取ることがベストなの?」と悩んでいる女性もいるはず。

それもそのはず、復縁のための冷却期間は別れた理由ごとに異なっていて、それに伴い元恋人とやり直す方法が変わってきます。

こちらの記事では別れた理由ごとに徹底検証しており、あなたの別れ方に対応する冷却期間がどのくらいがベストかわかるのです。

あなたが復縁するために、どのくらい冷却期間をおけばいいのか別れた理由を当てはめていくだけでベストな復縁ができるので楽しみにしていてくださいね。

目次

復縁までの冷却期間:浮気やほか好きで別れた場合

浮気やほか好きで別れた元彼の心理は「刺激が欲しい」

彼女がいるのに浮気やほか好きで別れた元カレの心理は、付き合っている恋人に対して飽きてしまったことにあります。

付き合ってから長い期間になる、もしくは元彼が思っていた女性像と違っていた、などのことがキッカケになっているものです。

あなたと元彼との二人の交際にはちょっとしたドキドキや刺激、予想外のことが起きるハットトリック的なデートが不足していました。

元彼氏である男性は恋愛において刺激的であるほど燃え上がるものなのです。

ギャップがある女性や守りたくなる、など心を揺さぶられることが大好き。

元恋人が想像できる通りのデートをして当たり前に一緒にいる空間は、刺激がなく面白みに欠けてしまいます。

ほか好き状態に陥っても無理はありません。

ただ、元彼女であるあなたのことを嫌いになったわけではないということはハッキリいえます。

浮気やほか好きが起きるということは、あなたに対して別れようという気持ちが起きる以前に他の女の子に目がいった状態です。

つまり、魔が差したともいえます。

元カノであるあなたに対して本当に恋愛をする気がなく、嫌いになったという心理状態になっていれば浮気やほか好きという形ではなくきちんと別れを告げてから次の恋愛に進んでいるはずです。

元彼のほうからハッキリと区切りをつけていないということは、一旦距離を置いたとしても再びやり直すことが見込めます。

しっかり反省の姿を見せているのであれば、あなたが元彼氏のことを好きだと伝えるだけでまた元通りのカップルに戻れるのです。

6ヶ月の冷却期間で元彼は反省し戻ってくる

浮気やほか好きで別れた元カレとの復縁の冷却期間というのは、許されることを待っている彼にとってはどのくらいの期間で寄りを戻すかは重要なポイントです。

あなた以外の女の子にうつつを抜かしていた元恋人をそう簡単に許してはいけません。

しかし、そうは言っても未だに好きな元カレですので早く復縁したい気持ちはごもっともです。

あまりに放置しておくと、浮気を繰り返して遊びを覚えてしまって元サヤに収まらなくなってしまいます。

そのため浮気やほか好きで別れた場合には冷却期間で1年以上経過してしまうことを避ける必要があるのです。

逆に別れて3ヶ月ぐらいで復縁すると、浮気を容認してしまったことになってしまいます。

浮気やほか好きになる元カレにとって、簡単に許されることはただのラッキーでしかありません。

また隙をみつけては浮気を繰り返すダメ男になってしまいます。

もう一度付き合い始めた時には浮気やほか好きをさせることなく、さらに夢中にさせる女性になっておくことも求められるため高度なテクニックが要求されるのです。

別れてしまってから元彼に「こんなに素敵な女性を怒らせてしまった」「もったいないことをした」と気づきをしてもらうためにも適度な距離を保ちつつ、元カレを引きつける魅力をあなた自身が磨き続けます。

そのベストな冷却期間が6ヶ月なのです。

半年間、付かず離れずの距離でいい女を演出し続けていると元彼も復縁したくてたまらない状態になります。

その頃に元彼氏がしでかした裏切り行為である浮気やほか好きを受け入れるタイミングなのです。

もし仮にあなたが浮気をしたのであったとしても、元恋人に対してしっかりと反省の姿を見せ続ける冷却期間であり、相手に誠意が伝わる期間が同じく6ヶ月なのだと言えます。

復縁するには敢えて浮気を簡単に許さないこと

浮気やほか好きで別れた時にはとにかくお互いの信用を取り戻した状態で復縁することがもう一度やり直してから幸せになるポイントになります。

あなたが彼のことを、彼があなたのことを一方的に信用しているだけでは復縁後の関係はバランスを崩しているのです。

その前に、どうやって復縁するかが大切になっています。

浮気やほか好きで別れた場合にはきちんとした話し合いよりも勢いで別れている場合が多いものです。

「なにこれ!私こんなピアス持ってないんだけど」「あ!いや、その。」と浮気発覚したその場はまさに修羅場。

怒りに任せて別れを切り出したはずです。

しかし、その時のあなたは怒りの方が上回っていただけであり、元カレを好きな気持ちがなくなっているわけではありません。

だからこそ怒りが落ち着いた頃には、あなたは元カレのことを好きな気持ちの方が上回り復縁したいと思うようになるのです。

浮気した彼への怒りが落ち着いたら第一回目の連絡として「あれからまだ浮気相手とあっているの?」と送りましょう。

併せてあなた自身が「手放してしまってもったいない」と思わせる女性になるために、あなたの外見を磨いていきます。

外見を磨くことが、元恋人の意識を左右するには手っ取り早いからです。

そして時々、同じような連絡を入れることによって「気にしているよ」というアピールを続けていきます。

半年ぐらい経った頃に、彼がとても反省している姿のようであれば「私もあなたがいいの。でもほか好きなんてされたらガッカリしてしまう」と素直に伝えましょう。

これからの二人のためにも浮気を簡単に許さず、「浮気をしたら別れる」「ほか好きになったら冷静に考えた後に二人で話し合う」というような付き合う上での約束を決めておくと今後も同じ失敗がなくなるのです。

復縁までの冷却期間:婚約破棄で別れた場合

婚約破棄で別れた元彼の心理は「ゆっくり考えてやり直したい」

婚約破棄で別れた場合の元彼の心理はとても冷静で「もう一度考え直したい」「決意することにためらっている」というものです。

婚約破棄になったといことは、将来を一生共にすると二人で一度は強く決めていました。

婚約するほどまでにふたりの愛情は深いものとなり、勢いも後押ししてあとは日取りを決めたり結婚式場を決めたりと細かなことに話が進んでいたはずです。

男性はこの細かな話し合いが始まると急に不安感が強くなります。

女性であってもマリッジブルーがあるように、男性にとってもマリッジブルーがあるのです。

「将来を一生この女性と生きていくことを今決意していいのか」

「僕は婚約者を本当に幸せにすることができるのか」

といったプレッシャーが大きくのしかかります。

女性にとって結婚は恋愛のゴール、幸せな恋愛の結果発表、終着点、というイメージを持っている人が多くいるものです。

一方、男性にとって結婚というものは自分以外のもう一人の人生を背負う任命式のようなイメージになっています。

男性にとって自分の力量を試されているような感覚にもなるものなのです。

周囲のおめでとうという言葉は一層不安をあおるモノになっていき、不安とプレッシャーに耐え切れなくなった男性が婚約破棄をしてしまいます。

つまり、あなたという彼女に対して嫌いになった、離れたくなった、という感情ではないのです。

彼にとって一生を決める大決断をするためには、もう少し時間が必要で自分の人生の展望を見つけてもらう必要があります。

“結婚”というキーワードに対してゆっくり考えてやり直したいという思いを持っている彼に、将来あなたと幸せな家庭を築いているイメージを持たせてあげるための冷却期間への突入です。

冷却期間はゆっくり1年かけ結婚と向き合えるまで待つ

婚約破棄の裏側には元彼の不安が隠れているため、どのように不安感を払拭していくかが冷却期間の重要なポイントです。

もちろん不安いっぱいの元カレに対して別れてから1ヶ月や2ヶ月という短期間でやり直そうと伝えたところで、元恋人が急に覚悟が決まったり、ふたりの将来がイナズマのように閃いたりしていることはありません。

あなたと別れてからも元彼氏の頭の中は婚約破棄のことでいっぱいです。

その大部分は不安もありますが、あなたに対して申し訳ないことをしたという自信喪失の気持ちも持っています。

結婚の約束という、大事な婚約までしておいて婚約破棄をした事実は、男性にとってはとても自分自身が不甲斐ないと感じる出来事。

しばらくは自分を責めている期間が続くものです。

かといって、元彼女のあなたが「今はタイミングではなかったのね」と励ますことは元カレには追い打ちをかけることになってしまいます。

少なくとも3ヶ月は黙って彼の様子を見守りましょう。

見守り期間が過ぎても、すぐに行動してはいけません。

彼を育てる気持ちでゆっくりと時が過ぎるのを待つことです。

半年を過ぎてからようやく婚約破棄という事実が自分を責める出来事から前向きに考え始めることができる期間へと移行し始めます。

あなたとの結婚生活に何が生まれていくのか、元恋人の彼にとって結婚とはなんなのか、パートナーが出来るとはどんなものなのかと、結婚について向き合うことが出来始めるのです。

その頃の結婚というイメージは婚約破棄をした頃の漠然としたイメージとは異なっているため別れてから1年後には結婚することに対して覚悟とポジティブな考えをで向き合うことができるようになっています。

あなたが求める結婚生活を元カレに具体的に伝える

最終目標は元恋人に再び彼に「絶対結婚したい」と思ってもらえる関係を築き、信頼してもらうことにあります。

半年を過ぎて婚約破棄の事実が元彼の中で落ち着いてきた頃に、ちょっとした意識付けをしておくことがポイントです。

冷却期間の1年のうち半年は、元恋人も自分を責めていたりあなたに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだったりになっているため、そっとしておいてあげることがパートナーになる女性の寛容さとも言えます。

女性の懐の大きさが後々の結婚を具体的にイメージしたときのあなたに対する“奥さん”という姿に反映されるため、別れてからすぐに泣き叫んだり問い詰めたりすることはタブーです。

6ヶ月は彼の気持ちが落ち着くのを待ち、その後「私も一歩ずつ歩き出そう、でもやっぱり彼と人生歩きたい」などSNSに前向きに過ごしつつも、元彼がそばにいることを求めていることをアピールしておきます。

そこでもまだ元彼の中では「婚約破棄して彼女を悲しませてしまった」という自責の念が残っているものです。

婚約破棄があって、とてもあなたは悲しい気持ちになっていることは痛いくらいによく分かりますが復縁したいのであれば彼に対しての思いやりにも目を向けていきます。

「私は元気にしています。あなたが笑顔でいてくれることが私にとっては幸せなのです」と彼の心の回復を伝えることです。

そして8ヶ月を過ぎた頃からポツリポツリと会う約束をし、元恋人だった彼に対して愛情があることはもちろん彼の存在に励まされてきたことに感謝を伝えることで、夫婦になることにたいしてポジティブにイメージを膨らませるように背中を押してあげます。

別れてから一年後にあなたが求める夫婦の形、結婚して過ごすことであなたがどれだけ幸せな気持ちを持つことができるか、そしてどんな家庭を築きたいかという具体的な話をすることで彼の中で覚悟が決まり復縁が可能なのです。

復縁までの冷却期間:友達に戻ることになった場合

友達に戻ることになった元彼の心理は「気持ちが重たいけど完全に手放したくない」

元カレから告げられた「友達に戻ろう」という言葉が生まれた経緯の中には、あなたの気持ちが元彼にとって重たくなったことを意味します。

しかし、残念がる必要はありません。

恋人としてあなたからの恋愛感情が重たいと感じる一方、友達に戻るという完全に距離をとる形でないのはあなたのことをキープしておきたい、手放したくないという気持ちの表れでもあります。

あなたは元カレにとって“一緒にいて楽しい”と感じている、または“体の相性がいい相手”だと思っているのです。

女性としては、気持ちのつながりこそ愛情の全てだと感じている人も多いことも事実ですが一緒にいる時間が楽しい、体の相性がいいということは長く付き合っているカップルには周知の事実になっています。

これは復縁したいあなたにとってはメリットになるため、悲しんでいる暇はないのです

一緒にいて楽しいという気持ちをもっと高めていけば、恋愛感情が重いというネガティブな感情を払拭してくれることになります。

同時に束縛が強くなったり、元カレに依存していたりと重たいと思われた原因に心当たりがあるようであれば反省することも大事です。

同じことの繰り返しになることは、別れたカップルであれば誰もが避けねばなりません。

再び付き合いたいと元カレに思わせるためには、元カレを信用と尊重できるように心を鍛えることと一緒にいて楽しすぎると気持ちを盛り上げていくことが必要です。

体の相性がいいからといって、別れてから体の関係を続けることは都合のいい女になってしまうのでやめておきましょう。

あくまでも、彼女としての立場だから体を許したというラインをきちんと引いておくことも女性としての魅力を保つ秘訣です。

3,4ヶ月の冷却期間で元彼は別れたことを後悔し始める

男性は付き合っている女性からの好きという気持ちが、彼女を想う気持ちを上回ったと感じた時に重いと感じます。

または束縛が強くなったと感じた時に重いと感じるものです。

しかし、彼女からの愛情が重いと感じていたとしても「友達に戻ろう」と提案をしてきたということはあなたのことを嫌いになったわけでは決してありません。

むしろ、手の届く距離にいてほしいと願っています。

元カレにとって一緒に過ごす時間を楽しいと感じることができる女性に同じように一緒にいたいと思ってもらえるような相手はそう簡単に手に入る存在ではないのです。

体の相性がいい女性という存在も滅多に現れるものでもないことを男性はよく理解しています。

そのため友達に戻ろうと言われても、元彼への好意がダダ漏れになっているようなあなたの対応では、都合のいい女性としてセフレになってしまう恐れが出てくることは容易く想像できることです。

つまり友達に戻ると言われたら、友達としてとことん楽しい時間を過ごすことで、別れてからの冷却期間を復縁に繋げる期間にすることができます。

楽しい時間を積み重ねるうちに元カレの心の中では「こんなに楽しい時間を過ごせる彼女となぜ別れてしまったのだろう」「彼女は俺のこと好きなはずなのにエッチさせてくれないし…こんなことなら別れなければ良かった」という思いが浮かんでくるはずです。

この心理は別れて1,2ヶ月では生まれてくるものではありません。

別れたことに少し気が楽になってこれから友達として気楽に付き合いを進めようと思う期間をすぎて、友達と過ごす時間が楽しすぎて別れたことを後悔し始める期間が3,4ヶ月なのです。

友達として楽しい面を見せることで「もう一回付き合ったら楽しく過ごすことができる」と期待を持たせる

別れてからまずあなたに必要なことは、なぜ友達に戻りたいと元カレが感じたかを反省することです。

手の届く距離にあなたを置いておきたいという心理はもちろんありますが、恋人関係を解消しようと思った理由があなたとの交際の中のどの部分だったのかを反省します。

束縛していたのか、元カレを自分の所有物のように扱ってしまったのか、恋愛関係になると豹変して彼が求める彼女の姿ではなくなってしまったのか、元恋人の気持ちは離れてみればよく見えるものです。

この反省がなぜ必要なのかというと、友達として過ごす間に反省し改善するところを見せることで復縁へスムーズに気持ちを移行することができることになります。

友達としてのあなたとの関係は元彼氏にとっては最高の距離感、最高の時間ということなのでそのメリットを最大限に活かして、遊ぶ約束をたくさん入れることができるはずです。

どの復縁パターンにもない“積極的に会うことができる”という強みがあります。

それも元恋人が求める一緒に過ごす時間が楽しいと感じている期待以上の楽しい時間を演出する必要があるのです。

会うたびに「やっぱり楽しいな」「次はいつ遊ぶ?」「さすが俺の元恋人」と元カレから言わせることができれば大成功といえます。

間違っても友達の関係で体を許してはいけません。

元カレが求めてきても「それは彼氏だけの特権だから」と柔らかく断りましょう。

そして別れたことに後悔し始めた3,4ヶ月後に「もう一回付き合ったら幸せな思いができるよ」と以前の交際の時よりもグレードアップしたあなたの姿に期待を持たせることで復縁は成功するのです。

復縁までの冷却期間:同棲解消した場合

同棲解消した元彼の心理は「女の子としての振る舞いをして欲しい」

同棲をするほどまでに親密になったカップルに訪れたのは“生活”という側面。

同棲という“生活”は恋愛の延長にありながらも、外デートばかりだった頃とは全く違う顔を見せる機会が度々訪れます。

同棲を始める時には「ずっと一緒に痛い」という共通の想いでスタートするものですが、この時願っているのは“恋人の姿”をずっと感じていたいという心理です。

恋人の姿を望んでいる元カレにとって、あなたとの同棲生活では必要以上にリラックスした姿を見てしまったというところに同棲解消という事実が訪れてしまいました。

素顔を見せることはもちろんありますが、デートで外出する時以外はいつも素顔のままだったとか、部屋着がダサかったとか、ゲップやおならを平気でするようになったとか、食生活が乱れていたとか、生活をともにするまでは見ることのなかった一面を見たことによって元カレの中の恋人像が崩れてしまったのです。

いつも気を使って生活を共にすることはとても疲れることですが、元カレがあなたに対して女の子として幻滅したくない部分は最低限理解してあげることが大切になります。

普段のあなたの姿、ありのままを受け入れて欲しいと願うことは素晴らしいことです。

しかし、受け入れてもらうのはあなたの優しさや心の美しさという本質にしておいて、生活面でガッカリさせるようなことは努力で控えることにしていきましょう。

おならは元カレがいないところでする、朝起きたら着替える、レトルト食品ばかり食卓に出さない、など些細な積み重ねが元カレに対しての思いやりにも繋がっていくのです。

同棲生活は思いやりが愛情を深めていきます。

冷却期間は最短1ヶ月、失われた女性らしさを反省しマナー教室に通う

同棲解消という大きな失恋を味わった後には何もやる気力をなくしてしまいます。

しかし、復縁したいと願うのであれば同棲解消後すぐに元カレがどうしてそんな気持ちになってしまったのか振り返ることです。

元恋人としては、一緒に暮らしていても恋人としてラブラブ過ごしたかったけれど女性らしさを失ってしまったと感じる何かがあったということになります。

一つ一つは些細なことで、あなたにとっては普通のことなので思い出してもわかりにくいものかもしれませんが、同棲前と同棲後であなたのどんな部分を新たに見せてきたのか考えることが近道です。

大きな口を開けてあくびをしたり、家でご飯を食べる時の姿勢が悪かったりといった部分を男性は意外にもよく見ています。

生活している時にでも元彼はあなたに女の子らしく振舞って欲しいと求めているのです。

逆に言えば女の子らしいポイントを抑えて生活していけば、あなたの女性としての魅力も底上げされより気品ある女性へと成長することができます。

恋愛とは相手のことを思いやり自分自身が変化していくことで人として成長していくことが出来るものなのです。

同棲解消後、あなたがより女の子らしくなるためにマナー教室に通い女性らしさを磨けば復縁は早くなります。

努力するためには、特別な訓練だけではなく日々意識しかありません。

同棲解消から1週間でやり直そうといっても付き合っていた彼氏には何も変わっていないと思ってしまわれます。

逆に時間をかけすぎて3ヶ月以上経ってしまえば、同棲解消がふたりの完全な終わりを意味するものになってしまうのです。

改善できる点を挙げられるだけあげて、どうすればより快適に二人が暮らすことができるのかを考えるところまですると一ヶ月は軽くかかってしまいます。

一ヶ月後に、マナー教室に通ったあなたの感じたことと変化を伝えることで復縁することができるのです。

付き合いたての気持ちを思い出して元カレに尽くす

男性にとって同棲をすることが結婚と同じくらいプレッシャーがあるものになれば、そこまでの覚悟ができていない彼であれば逃げたくなってしまいます。

同棲生活はあくまでも恋人としての時間をより長く過ごすことにあるのです。

付き合いたての恋人であれば、少しでも相手によく見られようと少しオシャレをしたり、ちょっと背伸びをしたりしても彼に合わせてみようと努力します。

それが一緒に生活することで二人はフィフティというバランスが根付いてしまうものです。

この感覚があたりまえになってしまえば同棲ではなく同居になってしまいます。

結婚生活ではお互いが支え合う人生のパートナーとして一緒に生活をするので、私が食事をするからあなたはごみ捨てをしてという役割分担が当たり前なのです。

同棲でそこまで男性に要求すると、人生を背負う覚悟ができていない男性にとっては重荷でしかありません。

皿洗いなどちょっとしたことであれば、彼氏にお願いすることも可能ですが基本的に男性は女性より優位に立っていたいと思っているものです。

古い考えと思う女性も多いでしょうが、男性は尽くされることを求めています。

なんでもしてあげることが愛情ではありませんが、付き合いたての気持ちを思い出して女性としての魅力を見せつつ少し尽くすことをしていると、元彼氏も居心地よく生活をすることができるはずです。

もちろん女性としての魅力を忘れないためには、おならやゲップは彼がいない時にしましょう。

一ヶ月の間しっかり彼に尽くす姿を見せ「私はあなたがいないとダメなの」と彼の存在が心の中を占めていることを伝えると復縁することは可能です。

すぐに同棲を再開することはできなくても、もう一度付き合っている期間に付き合いたての恋人を意識して過ごしていれば、また同棲出来ることも夢ではありません。

復縁までの冷却期間:束縛やマンネリで別れた場合

束縛やマンネリで別れた元彼の心理は「ちょっと離れたい」

付き合っている時に束縛やマンネリを感じて元彼が別れたいと伝えてきた時の心理は「ちょっと離れたい」というものです。

残念ですが、あなたと一緒にいる時間に少し疲れてしまっています。

しかしこの場合もまたあなたのことを嫌いになったわけではないものです。

元カレは束縛されたことで、自由時間がなくなったと感じています。

マンネリ化も実は同じような心理が働き「彼女と一緒にいても刺激もなくなったし、いるのが当たり前になっているけど、この時間に他のことをしてもいいんじゃないかな」と一人で動ける時間を求めているものなのです。

このタイプの別れは嫌いではないけど、今のスタイルのまま付き合い続けることに苦痛を感じています。

男性は元々一人きりの時間が必要だと言われているものです。

女性はずっと誰かと一緒にいても苦痛を感じることは少ないですが、男性はひとりの時間がなくなると途端に苦痛だと感じてしまいます。

その男女の違いをあなたが受け入れるだけで付き合い方はずいぶん変化をさせることが可能なのです。

あなたが束縛したりマンネリになったりしていても元恋人の彼と一緒に過ごそうとしていたのは、一緒にいることが大前提で離れている間は愛されないのではないかという不安が関係しています。

まずはあなたの中の元恋人のカレを信用して離れる時間を作りましょう。

そして、ちょっとしたトキメキを意識して取り入れることで束縛することなく元彼氏をあなたに夢中にさせることができマンネリ化していくことも防ぐことが可能です。

二人にとっては付き合い方、というところがキーワードとなります。

3,4週間の冷却期間でリフレッシュ出来れば元彼は戻ってくる

束縛やマンネリで別れた元彼にはリフレッシュする時間が必要です。

あなたのことがキライになったわけではないけれど、ちょっと離れたいという気持ちを汲んであげましょう。

束縛でもマンネリでも一緒にいる時間が長くなってひとりの時間が欲しいと思っていた元恋人にとっては久しぶりの一人の時間です。

最初は何をしようかと色々やりたいことをやっていくにちがいありません。

しかし、ずっとあなたと過ごしてきた時間のおかげでだんだんと一人で過ごす時間も退屈だと感じるようになってきます。

この時に彼はあなたと過ごした時間の中で楽しかった記憶を思い起こしているものです。

人間一人より二人の方が楽しいことが何倍にも楽しくなります。

元カレの記憶の中で楽しい思い出が蘇っても彼の方から復縁に一歩踏み出せないのは束縛やマンネリという再び同じことが繰り返されるのではないかという心配。

その心配を打破してくれるのが一味違うあなたの演出です。

今までの私とは違うのよ、というアピールをこの時期にしていくことで彼の中の楽しい記憶が塗り替えられ「もっと楽しい付き合い方ができるのかもしてない」と期待感を持たせてくれます。

束縛は男性には嫌われる行動の一つですが、深い愛情は嬉しいものなのです。

束縛とは違う形で愛情を伝える方法を提案することで「俺って愛されているな」と実感出来る事は、実は元彼が本当は求めていることともいえます。

変化のない恋人は飽きる、元カレに新たな一面を見せる

束縛やマンネリで別れた元彼氏は一人の時間を欲していました。

一人の時間をプレゼントしている冷却期間の間、あなたには新たな自分自身の発見をしていくことが重要です。

再び交際が始まったとしても今までと同じ中身の相手と今までと同じ付き合い方をしていると、同じ理由で別れることになってしまいます。

それを変化させるのはあなた自身なのです。

これは新しい趣味やあなたの長所の開拓にもなるので楽しんで行うことができます。

お菓子や料理、旅行の嗜好、求める男性像、お弁当作り、DIYなどやったことがなく彼と一緒にしたら楽しいかも知れないというものをピックアップしておくのです。

束縛が強かったのであれば、元彼にとってどの部分が負担だったのかもきちんと理解しておく必要があります。

朝晩の挨拶ラインは絶対して!と言っていたのであればそのルールはなくす、休みの日は絶対デートと言って友人や会社の人との交流を阻んでいたのであれば、事前に教えてもらえればデートを我慢するくらいにしておかないと息が詰まってしまっても当然です。

一人の時間がだんだんとつまらなくなってきた3,4週間くらいに一味違うあなたの出番がやってきます。

普段は焼かないクッキーを渡してみたり、行ったことがないデートの場所に誘うってみたりなど「あれ?そんな一面あるの?」と気持ちの転換期を与えてあげるのです。

気持ちの転換期を迎えると「違う付き合い方が出来るかもしれない」と期待感をもつことが出来るため冷却期間を終わらせて復縁して二人の新しい交際へと繋がります。

束縛していた点を反省したのであれば、その反省点もきちんと元恋人に伝えるべきです。

どの部分が束縛していたかあなたが自覚したことを元彼が確認出来ることが安心感を得ることになっていきます。

別れた理由に合わせて冷却期間を取ればぐっと復縁成功しやすくなります

復縁までの冷却期間を別れた理由ごとに徹底検証したことにより、それぞれの元彼の心理状態は全く違うものがわかりました。

元彼の心理が違えば復縁までの対応も違って当然です。

どのくらいがベストな冷却期間か知ることにより、復縁のチャンスまでのあなた自身の準備も大きく変わってきます。

恋愛は人間を成長させるチャンスがたくさんあるものです。

人は興味のないことに関して努力することはできません。

元カレのことを好きだからこそ頑張ることが出来るというものはたくさんあります。

しかも、別れたことで初めて気がついたことはあなたの人生を大きく幸せへと導いてくれるものばかりです。

悲しい気持ちでいっぱいになれば、ネガティブなことばかりが浮かんでしまいますが男性は一度好きになった女性のことを簡単に嫌いになったりはしません。

別れた理由ごとに彼の心理は嫌いになったというよりも関係性を見直したいものばかりです。

別れた事実から彼の本音を聞けたことが次への大事な第一歩となります。

元彼氏の気持ちをしっかり汲み取ることができれば、そこからポジティブな行動に移すことができるはずです。

新しいあなた自身の発見、二人で過ごす時間の活用方法、女性らしさの追求、結婚を意識した行動、恋人と同棲と結婚の認識の違いを知る、など女性として知っておいて損はないものばかり。

別れた理由に合わせて冷却期間を取ればぐっと復縁成功しやすくなりますし、冷却期間に準備するあなた自身の変化で元カレとの関係性も以前よりも深くなる可能性を秘めています。

お答えしたベストな冷却期間を参考にして、行動してみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG