冷却期間1ヶ月で男性心理は驚くほど変わる!期間ごとの元彼の心境変化と冷却期間明けにすべき連絡

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ恋と運命の真実をお試しください。

恋と運命の真実の結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「復縁したい彼と冷却期間を取るには、どうしたらいいの?」「復縁までの冷却期間はどのくらい明けることがベストなのか分からない」と、別れてしまった元カレと復縁するための冷却期間について詳しく知りたいと思っている人も多いものです。

実は復縁までの冷却期間をどのくらい明けるのかで復縁の結果が違ってくるのは、破局から時間が経過していく中で別れた元カレの心理が全く違うものになっているから。

期間ごとの元カレの心境変化を知ることで、彼との復縁をスムーズにしていけるように計画を立てていきましょう。

今回は、冷却期間明けにすべき連絡も併せてお伝えしますので、しっかりと準備を整えたらいざ勇気を出して彼とのコンタクトをとって、復縁を掴み取ってくださいね。

目次

振った側の元彼も別れて後悔!復縁のために冷却期間を設ける効果

別れ話をした時の状況はお互い納得出来ていたか振り返ることができる

復縁のために冷却期間を設ける効果として、振った側の元彼も別れて後悔していく中で、別れ話をした時の状況はお互いに納得できていたかどうかを振り返ることができるからです。

別れ話というのは、そこに至るまでの不満やマイナスイメージがマックスに募っている状態で有り、心がネガティブなことに支配されてしまっています。

そのため、元彼もあなたのことを振る前後というのは、感情が非常に高ぶった状態で有り、冷静な判断ができていないのです。

彼としては客観的に見て冷静に二人のこの先のために、別れを選んだつもりであっても、離れてから「あの時ちゃんと自分も心の底から納得していたか」「あの子にも納得してもらっていたか」と振り返ることになります。

ケンカ別れであればその傾向は強くなり、「勢いだけで別れてしまった」「一方的に告げて傷つけた」と反省することで、あなたともう一度話し合いたいと思うようになるのです。

いくら恋人としてやっていけない、と感じたとしても傷つけてしまうという行為は行き過ぎであり、男の人は「女の子を傷つけた」という思い出ほど心に残るものはありません。

相手のいいところを忘れていたことに気がつく

復縁のための冷却期間を設ける効果は、相手のいいところを忘れていた、という事実に気がつくことができることです。

別れを考え始めた時点から、相手のいいところを見つけようとする人は極端に少なくなってしまいます。

そのため、付き合う前や交際が始まってすぐは彼女のいいところばかりが見えて、ニヤニヤしていたとしても、別れを考え始めた時には相手の嫌なところばかりが見えるようになってしまっているのです。

人の悪いところを見てしまっている時、それは自分の経験と照らし合わせて見ていることなので、自分の失敗したことや未熟だったことを思い出してしまい、余計に嫌な気持ちになってしまいます。

例えば、彼女がすぐに人のことを羨ましいと口にすることが「俺だと不満なのか」と嫌な気持ちになってしまうとすれば、それは彼の心の中に「彼女に満足をさせてあげられている自信がない」という状態であったり、「あなたとは一緒にいても面白くない」と言われた経験があったりと、あの人の心の中で勝手に葛藤が行われているのです。

別れて連絡を経って冷却期間を過ごしているうちに、彼自身も「あの子は最初から何も変わっていなかった」「羨ましいから今度一緒にしようと、デートのレパートリーを増やしてくれていた」という事実に気がつくことになります。

自分都合の考えになっていたことを反省する

復縁のための冷却期間を設ける効果は、自分都合の考えになっていたことを反省することが出来るからです。

別れ話をする時には、頭に血が上って「○○じゃないとおかしい」「なんでわかってくれないんだ」と相手に自分の気持ちを押し付けることが原因で腹が立ってしまっていることがよくあります。

しかし、頭にきている相手が目の前からいなくなると「あれ、そこまで怒ることじゃなかったかもしれない」「よく考えたら自分のワガママだったかも」と考え方を改めるようになるものです。

人に対して求めすぎてしまう時というのは、大抵自分のことを棚に上げて責めてしまっているか、歩み寄る姿勢が不足している場合に起きてしまいます。

離れてから気がついても手のうちようがなく、そのまま失敗談として別れに納得するしかなくなるものなのです。

しかし冷却期間で頭を冷静にし、その後復縁までのチャレンジを起こすことで反省をした状態の彼と会う機会が生まれ、復縁に結びつくことになります。

好きだからこそ自分の思いを通したいと思うこともあり、相手のために意見を飲み込んでしまえばそれは我慢となって爆発してしまうはずです。

「上手に歩み寄れば良かった」と気がつくのは、いつも別れてから起きる気持ちといえます。

他に方法がなかったか考えることができる

復縁のための冷却期間を設ける効果は、別れるより他に方法がなかったか考えることができるというものです。

例えば、彼の転勤が決まり遠距離恋愛になってしまうことが耐えられないと言われて別れてしまった場合、嫉妬してしまうことが苦しいと感じて別れを選んだ場合など、その時には「別れるしか方法がない」と思ってしまうようなことでも、大抵のことはあらゆる道を考えることで別れるより他に方法を見つけることができます。

遠距離恋愛が耐えられないのであれば、会える日を楽しみに仕事に励みしっかりとお金を貯めて頻繁に行き来できるだけの準備をする、ビデオ電話で連絡を取り合う、一緒についていく、など今と全く同じといかなくとも完全に離れてしまう悲しさを感じないようにする工夫ができるものです。

また、嫉妬が原因であれば思い切って一緒に住んだり結婚したり、ペアリングをつけて浮気防止をするなど対策をすることも可能だったはず。

マイナス感情に支配されている時には視野が狭く、何をやってもうまくいかないと思い込んでしまうため、選択肢がなくなってしまいます。

しかし、離れてみると「もっと色々試してみてからでも良かったな」と思うこともあるのです。

他の女性を見ることでどれだけ好きだったかを思い出す

復縁のための冷却期間を設ける効果は、他の女性を見ることでどれだけ彼女のことを好きだったかを思い出すことであり、別れた後の方が愛情深くなっていくことです。

男の人は一度手に入れた彼女のことは「自分の女」と安心してしまい、どれだけ大切な存在なのかということを忘れてしまいがちになってしまいます。

思い通りにコントロールしようとしたり、「カワイイ」と思っていた仕草や表情も見慣れてきてなんとも思わなくなってしまったり、と愛情がどの程度なのか見失ってしまうのです。

一緒にいることが当たり前となり、会える喜びや愛される幸せを考えなくなってしまいます。

しかし、別れてから隣にいつもの人がいなくなってしまったことで「寂しい」と感じることが増え、出会う女性全てに元カノの姿を重ねるものなのです。

そして、他の女性を見ているうちに元カノの存在がどれほど心に癒しを与えてくれていたのか、どれほど愛してくれていたのか、自分のタイプだったか、ということを痛感します。

「俺はやっぱりあの子のこと好きだったんだな」と実感した時に、もう隣に彼女がいないという事実を後悔しているのです。

一度別れて復縁するまでの期間はどのくらい?具体的な復縁までの道のり

こんなに変わる!冷却期間一週間・1ヶ月・半年それぞれの時期の男性心理

冷却期間一週間は自分の出した結論は間違っていないと思い込みたい

冷却期間一週間の男性心理は、自分の出した結論は間違っていないと思い込みたいと考えています。

例え勢いで別れて「早まったかな」と感じていたとしても、「いや、これで良かった」「結局こうなる運命だったんだ」と自分の心に言い聞かせている状態です。

自分が間違えた行動をしたということを認めたくない、という気持ちが強いためこの時期には全ての思い出を消去したり、元カノのことを考えないようにしたりと無理に気持ちをコントロールしようとしています。

そのため、周囲の友人が「考え直してみたら?」と言ったとしても耳を貸さず、気持ちを切り替えようと必死になっているのです。

完璧に考え方や行動が合う人と巡り合うということは、奇跡に近いものであり、意見が違ったり様々な違う経験をしたり、それぞれの人生が異なっているからこそ人々は恋愛を通して人生を豊かにしていくことができます。

しかし、一度両思いになってしまうと完璧を求め、同意や共感を求めてしまうことですれ違いが生じて傷つけてしまうものなのです。

別れて一週間という短い期間では、そこまで深い反省には至らず、相手を責め続けることで自分の心を守ろうとしています。

冷却期間一ヶ月は自分も反省すべき点があったことを伝えたくなる

冷却期間一ヶ月の男性心理は、自分も反省すべき点があったことを伝えたくなるまで気持ちが動いています。

別れて連絡を取らなくなってから時間が経過するほど、自分の未熟さや相手の愛情を感じ始め、別れたことを後悔することも珍しくありません。

「あんな言葉で傷つけてしまった」「間違った考えを押し付けてしまった」と
自分の反省点を見つけ、改善しようと心を入れ替え始めている時期です。

自分が成長しようとするほど、起きてしまったことへの後悔が大きくなっていき、「どうしても一言謝りたい」という気持ちが生まれています。

この時期になると、「相手の悪い部分も直して欲しいけれど、自分も悪いところがあったあらもっと歩み寄るべきだった」という考えが出来るようになっているものです。

「謝りたいけど会うには勇気が必要」「自分から振っておいて謝りたいなんて身勝手だ」と考えることで、行動には移せないまま時が経つのを待っています。

この時期反省と後悔から「傷つけてしまうくらいなら、しばらく彼女は作らない」と決める男性も多くいるものです。

冷却期間半年は相手が幸せになって欲しいと願う

冷却期間半年の男性心理は、相手が幸せになって欲しいと願うようになっています。

男の人の幸せは本来、女性に幸せでいてもらうことです。

一度好きになった女性のことは、心の中でいつまでも大切な人として記憶に刻まれます。

「僕は幸せにしてあげることができなかったけど、きっといい人が見つかるはず」「あの時の自分はまだ、未熟だったから今なら元カノの良さがすごく分かる」と元恋人の良さを認め、未来が幸せであることを願うようになっているのです。

男の人の恋愛はフォルダ保存と言われるように、元彼女とどれだけ悲しい結末を迎えていたとしても、思い出は美化されるばかりで心の底から嫌いになることはありません。

時間が経過するほど、「それも一つの経験」と気持ちを整理することができ、彼女だった子の素敵な笑顔を覚えていようといい思い出ばかりを思い出します。

思い出を美しくして記憶することは、いつか出会った時に相手が幸せになっていれば、自分の経験も無駄ではなかったと思いたい、という意味も含めているのです。

「彼女にとってもいい経験になったはず」と自分と交際していたことを糧にして欲しいという願いも込めています。

冷却期間一年以上は好きな気持ちが残っていても心の別枠として整理される

冷却期間一年以上の男性心理は、好きな気持ちが残っていても心の別枠として整理されて穏やかな気持ちになっています。

男の人は一度愛した人の根本的好きな要素を失うことはありません。

「彼女の笑顔が好き」「スタイルがいいところが最高」「髪をかきあげる仕草がキュンとする」「いつも明るいところに惹かれた」「誰にでも優しいところに惚れた」など彼女のことを好きになる理由を持っています。

その理由は、別れたあとでも消えることはないのです。

破局からすぐは、交際の時の不満や興奮が冷めずに様々な感情が湧き上がりますが、時間が経過するほどに感情の起伏は落ち着いていき、冷静に当時のことを振り返ることができます。

どれだけ嫌な思いをしていたとしても、時間が嫌という気持ちを打ち消していき、「恋人としては合わなかったけどあの子の○○は好きだったな」と美しい思い出に変換されていくのです。

次第にどうして上手くいかなくなったのかきっかけを忘れてしまい、「彼女の○○が好きだったことに今も変わりはない。だけど失ってしまったものは取り返せない」と出来事に対して気持ちにケリを付けることが出来るようになっています。

「やり直したい」という気持ちは全くなく、再会することがあっても心の別枠に整理されているため、笑顔で近況を聞くことができるはずです。

復縁までの冷却期間を別れた理由ごとに徹底検証!どのくらいがベストかお答えします

別れた原因ごとにベストがある!具体的な冷却期間中の過ごし方

自分のワガママが原因なら3ヶ月の間で自分を見つめて磨く

自分のワガママが原因で別れたのであれば、冷却期間の3ヶ月で自分を見つめて磨くことが重要な意味を持つことになります。

これは、特に内面の問題であり、ひいては性格改善です。

人は恋をすると不思議なほどにワガママになります。

最初は好きな人と一緒に過ごすだけで幸せなのに、欲が出てきしまうことが原因です。

「もっと自分を見て欲しい」「私だけのために時間を使って欲しい」「一緒にいない時でもずっと私のことを考えていて欲しい」と独占欲が強くなるにつれて、考えることも束縛が強くなってしまいます。

いつの間にか彼氏のことを所有物として扱ってしまうようになったことが原因で別れたのであれば、人との接し方を見直すいいチャンスです。

3ヶ月の冷却期間で、とことん自分と他人との距離のとり方や「親しき仲にも礼儀有り」という言葉の意味をしっかりと見つめていきましょう。

そして、どんなに親しい人であっても感謝の気持ちを持つことの大切さや、言葉の使い方で相手を傷つけていないか、見えない相手の苦労を汲み取って言葉で返すことができるか、という気づきを得ることや訓練を積むことで、冷却期間が終えた時には見違えるように素晴らしい女性になるはずです。

相手の浮気が原因なら半年の間でいい女っぷりをちらつかせる

相手の浮気が原因で別れたのであれば、冷却期間の半年間でいい女っぷりをちらつかせることが重要な意味を持つことになります。

浮気をしてしまう男性は、異性に究極の女性らしさを求めている人だと言っても過言ではありません。

「男性それぞれで好みがあるから、どんな女の子に興味を持つかなんて分からない」と思っているなら、それは間違いです。

確かに、それぞれ好みはありますが、好まれる女性の共通点を習得することで、浮気した元彼の気持ちを惹きつけることは容易と言えます。

いつも笑顔、気配り上手、少し露出がある服装、をすることで元カレの意識をあなたに向かせることができるはずです。

いい女は自分から言い寄ったりはしません。

視線を投げかけ、相手から近づいてくるのを待っています。

いつもパンツスタイルが定番だったのなら、ひざ丈スカートを履くだけでも元カレにとっては新鮮な女性に映るもの。

一度は好きになった女性なので、女性らしさを意識して振る舞い、決してあなたから言い寄るのではなく視線を投げかけ元彼の方から意識させることを半年続けることで、彼の中では気になって仕方のない存在になります。

そこであなたに少し男の影が見えたなら、元カレはすぐにでもあなたを手に入れようと動き出すに違いありません。

ケンカが原因なら1ヶ月の間で反省をSNSにあげる

ケンカが原因で別れたのであれば、冷却期間の1ヶ月で反省を自分のSNSにあげることが重要な意味を持つことになります。

別れてしまったとはいえ、男の人がすぐに元彼の全ての連絡先を消去してしまうことはありません。

SNSもチェックして、別れてからどう過ごしているのかチェックしているところです。

特にケンカ別れでは、別れてから元彼もモヤモヤしているのに「元カノが楽しそうにしていたら許せない」と怒りの感情がきっかけとしてもSNSチェックを行っています。

そこで、冷却期間の具体的な過ごし方として反省のアピールを行います。

別れてしまったのは自分のせい、元カレに申し訳ないことをした、別れてしまったけど嫌われるのが怖い、一人が寂しくて孤独、とSNSにアップすることであなたの本音を元彼氏は知ることになるはずです。

別れて一ヶ月の冷却期間が勝負。

とことん反省している姿を想像してもらうことで、復縁のきっかけが掴めます。

遠距離が原因なら1年間で自立した生活を確立する

遠距離が原因で別れたのであれば、冷却期間の1年間で自立した生活を確立することが重要な意味を持つことになります。

遠距離恋愛は普段お互いの様子が見えにくい状態だからこそ、気持ちが不安定になりやすい恋愛です。

恋愛で抱える不安が日常生活に影響し、普段の生活がままならなくなってしまうことがまた不安定さを生み出し、負の連鎖となってしまいます。

遠距離恋愛をしていく中で不安定な気持ちで、すれ違いが起きたり、会えない辛さに耐え切れなくなったりしたのであれば、今の生活をしっかり安定させることでふたりの間に不要な不安がなくなるはずです。

彼ともう一度真剣に向き合うために、不要な不安に気持ちを煽られないように、あなたが今の生活を幸せに満ちたものにするためには、自立することで解決できます。

経済的にも、自由な時間を使う時間配分も、友達との交友関係も、実家との連絡頻度や帰省頻度など、生活サイクルを安定させ、恋人との時間をどこに配置するか、どうやってコミュニケーションをとっていくか見定めることです。

別れたことで彼もお同じように今の生活に集中しているはずなので、1年という冷却期間を経た後には、お互いきちんと恋愛ができるように成長しています。

頑固な元彼に!冷却期間にプラスして行うと復縁率がアップする秘策

元カレの視野に入る行動を取る

冷却期間にプラスして行うと復縁効率アップする秘策は、元カレの視野に入る行動を取ることで、彼の気持ちを誘導することができます。

冷却期間は、連絡をすることはもちろん会うこともタブーとされているものです。

しかし、彼の気持ちを揺るがす目的で視界に紛れ込むという作戦は有効となります。

彼と目が合うように会うのではなく、元カレの生活スタイルを知っている元恋人だったあなただからこそできる方法なのです。

いつも同じ時間に通っているコンビニ、用事で出入りしている場所などですれ違う程度にあなたもその場に向かいます。

彼が偶然見かける程度のテクニックが必要なので、何度も繰り返すことができません。

「あれ、今のって元カノだよな」「またあの人のこと見かけた」と決して会話をしていないのに、彼の中であなたの存在を思い起こす作業となるものなのです。

二週間に一度程度であれば、しつこく狙っていると思われることなく感情を揺り動かすことができます。

気になる存在で居続けることが、復縁の可能性をぐっと高めてくれるのです。

共通の友達と関係を深くする

冷却期間にプラスして行うと復縁率がアップする秘策は、共通の友達と関係を深くすることで、復縁に向けての支援をしてもらいやすくなることです。

元彼氏との共通の友達は、別れたことを知っているため通常は「会いたくない」と思ってしまう人になります。

そこで疎遠になってしまえば、あの人と繋がる手段はどんどんとなくなってしまい、復縁したくても再会するきっかけを作ることさえ難しくなってしまうのです。

そのため、別れてから共通の友達との関係を深くすることを意識し、「寂しさを紛らわせて欲しいんだ」「時間が空いたから気分転換に付き合って欲しい」と伝えることで、相手も気持ちよく関係を続けてくれます。

余程仲がいい関係でなければ、別れたことを詳しく聞こうとされることはなく、聞かれても相談に乗ってもらうという形でサポートしてもらえることにもなるので、高確率で味方になってくれる人となるものなのです。

共通の友達と仲を深めておくことで、復縁を実行に移す時でも友達絡みで会う機会を作ったり、まだ時期じゃないという時にも友達という関係に戻ったりしやすいので、じっくり復縁を考えるチャンスを掴むことにもなります。

友達に飲み会を開いてもらって再会し偶然を装う

冷却期間にプラスして行うことで復縁率がアップする秘策は、友達に飲み会を開いてもらって元彼氏と再会し、偶然を装うことであなたの存在を見つめ直すきっかけを彼に与えてあげることです。

別れてしまえば大抵の男の人は「元カノのことは忘れよう」と思考回路から除外していきます。

しかし、それではいくらあなたが復縁のために頑張っていても、気持ちが伝わるのに時間がかかったり、思いがけない告白に戸惑ってしまったりとなかなかスムーズに復縁できなくなってしまうものです。

まだ冷却期間にも関わらず、二人きりで会ってしまうとあの人はあなたに対して反発してしまうことになりますが、偶然その場に居合わせたという状況であれば、存在を意識しながらも会話をせずに済むので、彼の思考回路に再びあなたを呼び起こすことができます。

「元カノも来ていたのか、知らなかった」と驚きながら、その場の空気を保つため何も言わずその場にいてくれるはずです。

目が合わなくても、会話をしなくても、彼の心の中にはあなたの存在が映っており、「今どうしているんだろう」「元気そうで良かった」とあなたのことを意識していきます。

まだ好きだという噂を流してもらう

冷却期間にプラスして行うと復縁率がアップする秘策は、周囲にいる二人の関係をよく知る人達にまだあなたが彼のことを好きだという噂を流してもらうことです。

この方法は、二人共通の知り合いやグループ交際をしている人達、友達カップルなどが適しています。

あなたと元カレの関係に深入りすることはないけれど、お互いの様子を見て心配してくれる人が、あの人に「このままでいいのか?彼女まだお前のこと好きらしいよ」「もう一回話し合いしてみたらどうなの」とさらっと言ってくれる人に協力を仰ぎましょう。

あなたと元彼の関係を最初から知っている人であれば、二人の別れは友達にとっても悲しいことだと言えます。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

「あんなに仲が良かったのに」「あんなに好き同士だったのに」と残念がってくれる人がいれば、協力してもらうことで彼との仲を取り持ってもらえるようになるはずです。

しかし、あまり過剰に他人が口出ししすぎてしまうと、元彼も引っ込みが付かなくなり「お前には関係ないだろ」とあの人と友達の関係も悪くなってしまうことがあるので、期待しすぎてはいけません。

LINEや電話、メールをしたくなったら…連絡を我慢する方法

元カレのLINE背景を真っ赤にする

連絡を我慢する方法は、元彼のLINE背景を真っ赤にするというものがあります。

目も覚めるような赤は、警告の色。

私たちの日常生活の中でも、赤は危険を知らせる色としてたくさん活用されています。

赤信号、セキュリティの警告画面、車のハザードランプ、コンビニの警告灯、などなどよく観察すれば身の回りにも溢れているはずです。

元彼のLINEを消してしまえば、いざ復縁するときに連絡を取れなくなってしまいますが、LINEのトーク画面を開いた時に真っ赤だったら、メッセージを入れようとしていても、危険な行為をしている気持ちになっていきます。

「本当に送っていいの?」「手遅れになっちゃうかも」「危険な匂いがする」と赤色から不安の注意喚起を煽る心理を活用することで、迂闊にメッセージを送ってしまうことを防止できるのです。

赤色を見ると気を引き締めるような心理は、すでに私たちの心に刷り込まれているため、赤い背景を目にするだけで無意識に緊張が走りLINEを送ってしまうことを止めることができます。

元カレの電話番号に一桁足して登録しなおす

連絡を我慢する方法は、元カレの電話番号に一桁足して登録しなおすというものがあります。

スマホの普及により、私たちの脳は今、大切な人の連絡先さえ覚えることが難しくなっているところです。

「好きな人の連絡先なら覚えてる」という人であっても、スマホからスマホに電話をかけるときに、わざわざ番号を打ち込んで電話をかける人はいません。

そのため、元彼氏の電話番号の最初に一桁足して登録し直しておくことで、「我慢できなくて通話ボタン押しちゃった」ということを防ぐことができます。

電話番号の最後ではなく最初に付け足すというところがポイント。

どこに何の数字を足したかは、いざ連絡を本当にしようと思った時に必要なので覚えておきましょう。

電話番号の最後に数字を足してしまえば、どうしても電話をしたくなった時に簡単な操作で通話することができるからです。

一番初めに番号を足しておけば、電話帳を開いて編集画面を出し、電話番号を選び一番初めまでカーソルを合わせて番号を消去して登録する、という手間が必要になります。

いくら電話をしたくなっても、そこまでの手間をかけている間に少しは冷静さを取り戻し「いや、まだ連絡したらダメでしょ」と自分で止めることができるはずです。

とりあえず連絡してもいい人を決めておく

連絡を我慢する方法は、とりあえず連絡してもいい人を決めておくというものがあります。

これは、自分一人でできるものではありません。

そもそも、別れた彼氏と復縁したいと思っている時に、何でも全て一人でやろうとしていることが苦しみを生むのです。

こんな時には、大切な親友に協力してもらいましょう。

あなたの親友に、元カレと復縁したいこと、どうしても連絡をしてしまいそうになる時があること、復縁のための冷却期間を頑張りたいこと、を全て洗いざらい話します。

そして、了承を得た上で「元カレに連絡をしたくなったときは、即親友に電話をする」という約束を取り付けのです。

親友に電話をすることで、衝動的に元カレに連絡をしてしまうことを防ぐことができます。

復縁したい相手に連絡を取りたくなるというときは、たいてい自分の気持ちが一人で制御できなくなっているとき。

誰かに気持ちを打ち明けて、言葉で整理をしていけば落ち着くことがほとんどです。

親友に電話で話を聞いてもらって、あなたの気持ちはスッキリするし、元彼への連絡を止めることができ、一石二鳥となります。

しかし、浅い付き合いの友達に頼んでしまえば、その友達にとって重荷になってしまうので、相手選びは気を付けましょう。

気軽に連絡してしまいがちなLINEはひとまず消去

連絡を我慢する方法は、気軽に連絡してしまいがちなLINEはひとまず消去するというものがあります。

LINEや電話、メールの中で現代社会において最も気軽に連絡を入れやすいのがラインです。

チャットコミュニケーションツールなだけあって、相手とのやり取りが一つの画面で分かるラインのシステムは、連絡をしたい人との心の距離を縮めてくれます。

しかし、気軽すぎるが故に少々軽く感じてしまう、と思っている人がいるのも確か。

復縁したいと思っている相手に、軽々しくなんでもラインを送ってしまえば、言葉の重みが薄くなってしまうと感じる人も多くいます。

今あなたは冷却期間中で、我慢すべき時です。

電話番号がわかっていれば、復縁したいときに連絡を取ることができます。

そのため、今はとりあえずLINEの友達リストから元恋人である彼の名前を削除してしまいましょう。

この時ブロックしてしまわないように注意。

万が一彼の方から連絡が入ってきた時に、ブロックしてしまっているとメッセージを受け取ることができません。

LINEの登録から元恋人の名前がなくなっても、連絡が取れなくなるわけではないのです。

気軽にメッセージを送ってしまわないよう、ベストな方法といえます。

冷却期間明けの連絡はこれ!元カレとよりを戻せるlineやメール

「ちょっと教えて欲しいんだけど…」彼の得意分野で質問をする

冷却期間明けの連絡にlineやメールを使うことで、元カレとよりを戻せる確率はぐっとあがりますが、その場合「ちょっと教えて欲しいんだけど…」と彼の得意分野で質問をすることで、彼に連絡をしたことを深読みされずに関係を徐々に戻していくことができます。

彼だからこそ分かるような内容が一つや二つあるはず。

例えば彼が、パソコン関係を得意としていれば「新しくパソコン買いたいんだけどよくわからなくて」と相談を持ちかけたり、「こんな資料を作りたいんだけどどんなツールを使えばわかりやすく作れるかな?」とアドバイスをもらったりすることで、復縁目的で連絡してきたとは思いません。

別れたはずのあなたから連絡が入ってきたことに驚いても、内容が自分の得意分野であれば「教えてあげなければ」という義務感が湧き出てくるものなのです。

最初の連絡はとてもハードルが高いものなので、この方法で連絡を取ることで二回目のlineが入れやすくなります。

二回目は「この前聞いてもらったことなんだけど、あの後こうしたよ」という報告をすることも出来るので、必然的に二回は連絡を取り合うことが出来るようになるのです。

難しい問題であるほど、やり取りが頻繁になり、事案が解決する頃には「また連絡を取れなくなってしまう」という寂しさを感じます。

「元気?」不意に思い出したことを告げて軽い思い出話になっていることをアピール

元カレとよりを戻せるlineやメールは、シンプルに「元気?」と送ることで、不意に相手の存在を思い出したことを演じます。

明るく振舞うことで、あなたにとってはあの人との別れという出来事が軽い思い出話になっていることをアピールすることが出来るものです。

相手との別れを気にしていないからこそ、なんでも言える仲になれるため、「元気?」と送ったあとは、「この前友達と○○(元彼)の話になって、今何しているのか気になっちゃった」と伝えるだけで、特に用のないlineだと気がつきます。

しかし、その文面から未練やマイナスな感情に重々しく悩んでいる様子が見受けられなければ、吹っ切れたのかと判断してlineやメールを返信してくれる可能性がぐっと高まるのです。

「○○って場所、まだ行っているの?この前行ってみたら懐かしくてさ」と話をすることで、元カレの中でも懐かしさがこみ上げ、話題が続くことで当時の記憶を呼び起こすことができます。

相手の気持ちが少し盛り上がるようであれば「久しぶりに一緒に行ってみる?」と誘うことも可能なのです。

恋愛関係ではなくなり、気持ちも整理ができた冷却期間後だからこそ、lineやメールでも気軽に当時の話を持ち出すことができます。

「明日○○集合よね?」と間違いlineを送る

元カレとよりを戻せるLINEやメールは、あの人と名前が近い人を選び「明日○○集合よね?」と間違いlineを送ることです。

この方法で重要なのは、元彼と名前が近い人、若しくはあだ名が似ている人を間違いLINEの登場人物に選びます。

なぜならば、lineの友達リストは五十音順であり、多くの人があだ名登録をしているため、「いつもの呼び名で探して一行間違えて相手を選んでしまった」というシチュエーションにしておくことが自然となるからです。

例えば元彼が「よしお」だとすれば、「よしこ」という友達などが最適と言えます。

もちろん、元恋人との復縁のためのlineなので、本当に約束をしておく必要はありません。

うっかり、間違えて送ってしまった、という設定で、あの人と言葉のやりとりをすることができるのです。

返信がなければ「よしこ!明日のことちゃんと覚えているかな?」と追加して送ることで、元彼にも間違いだと気づいてもらうことができ、信じきっていると思っている彼は「送り先間違えているよ」と教えてくれます。

そこから、「本当にごめんね!うっかりしていたよ」と返信することから、「久しぶりのメッセージがこんなのでごめんね!」と伝えることで、やりとりを続けることができるものなのです。

短く明るいメールで未練を感じさせない

冷却期間明けに送る元カレとよりを戻せるlineやメールは、短く明るいメールで未練を感じさせないことがポイントです。

例えば同じ職場の人であれば「明日の職場飲み会、楽しもう!」や「新しいプロジェクト始まったね、頑張れ!」など短い文面でありながら、読むと元気になれる言葉を選びましょう。

久しぶりの元カノからのメールであっても、短くて明るい文面であれば受け取って悪い気持ちはしません。

「なんで送ってきたのかな」と疑問に思ったとしても、嫌なことを言われているわけでもなく、何かを催促されているわけでもないので返信しない理由にもならないのです。

間違えても長々と思いの丈を綴ったり、重々しく「未来永劫あなたのことを想っています」と書き連ねたりしないように気をつけましょう。

冷却期間で別れた時のマイナス感情が収まっている時に、ポジティブな出来事を入れ込むことであなたに対する印象がポジティブなものへと移行していきます。

復縁に向けて動くためには、彼との関係を友達以上、気負いなくメールのやり取りを行えるようになることが必要なのです。

新しく趣味を始めたことで世界が広がったことを伝える

冷却期間明けに送る元カレとよりを戻せるLINEは、新しく趣味を始めたことで世界が広がったことを伝えるメッセージです。

元彼氏はあなたのことを好きになった、という事実があるだけであなたの未来を応援してくれる人となっています。

どんな別れ方をしても、別れた恋人が前を向いて頑張っていこうとしている姿を嫌だと思う人はいないはずです。

「久しぶり!今日は報告があってメッセージしました。実は新しい趣味の○○を初めて視野が広がって人間関係もとても豊かになっています。今ならなんでもできる気がする!この熱い思いを誰かに話したくて、よかったら聞いてくれない?」と連絡を入れることで彼の中の応援したい気持ちをくすぐります。

人が成長しようとするとき必要なものは、様々な経験を通して視野を広げ他人の人間性を受け入れる器を広げていくことです。

新しい趣味を始めたことで、元カレとの関係で不足していたことや反省したこと、これから自分が目指している女性像を語ることで、成長しようとしている姿を痛切に感じてくれます。

あなたが人生と真面目に向き合っている姿は、必ず彼の心を刺激し、「俺も頑張ろう」「キラキラしている元カノ見たら俺も何か新しいことを始めたくなった」とお互いに刺激し合える関係になると予測を立てることができるのです。

復縁のタイミングを逃す人は知らない『復縁しやすい時期』の確認方法

理解してから距離を置こう!冷却期間を設けるデメリット

冷却期間中に相手に恋人ができる

理解しておくべき冷却期間を設けるデメリットには、冷却期間中に相手に恋人ができるというものがあります。

冷却期間を設けていると、相手と連絡が取れず距離を縮めることができません。

それもそのはず、冷却期間をしっかり取ることで再びお互いが向き合う基盤を作ったり、別れた時に高ぶった感情を冷静にできたりするのがこの時期です。

距離を縮めるのは、冷却期間をとったあとの行動となります。

この連絡を取らない時期に相手がどんな行動をして、どんなきっかけで異性に心を奪われるか、誰も予測することはできません。

あなたと別れた次の日に、彼は衝撃の出会いを果たすことだってあるのです。

しかし、彼の恋愛の自由を奪う権利はあなたにないはず。

冷却期間中に、元カレに恋人が出来たら、次の作戦を立てるほかありません。

相手の気持ちが完全に整理される

理解しておくべき冷却期間を設けるデメリットには、相手の気持ちが完全に整理されるというものがあります。

冷却期間というのは、相手の気持ちの整理と自分の気持ちの整理の両方ができる期間です。

付き合っていた時のいい思い出を思い出したり、怒りの感情を鎮めたりすることで、純粋にお互いの存在が自分にとってどうだったのか整理できるようになります。

冷却期間を設けることで、復縁したい人にとっては相手との信頼関係を築くことができるきっかけも作ることができ、あるときは新しい自分として元彼の前に現れることだって可能なのです。

しかし、冷却期間で心の整理を行う工程がどの程度スムーズにいくのかは、人それぞれ。

別れた原因にもよるし、性格にもよります。

また、付き合っていた時のラブラブ度にもよって気持ちの整理がどのくらいの期間でどの程度進むか全く異なるところです。

あなたがこの期間に、元カレとの恋愛を振り返り復縁するためにどうやって彼と向き合えばいいのか整理している間にも、元カレの方はすっかりとあなたの存在を整理し終わっていることがあります。

過去の恋愛として心のアルバムに片付けてしまえば、そこからいくら頑張っても「過去の彼女」としか見ることができなくなり、復縁が叶わないことも出てくるはずです。

復縁が叶わなかったら冷却期間のせいにしてしまう

理解しておくべき冷却期間を設けるデメリットには、復縁が叶わなかったら冷却期間のせいにしてしまうというものがあります。

恋愛とは常に計画通りに進むとは限りません。

冷却期間をしっかりとって、復縁する準備を進め、手応えばっちりで復縁告白したとしても、彼の気持ちの中で復縁にたどり着いていなければ失敗に終わることだって十分あるのです。

その時「冷却期間の時に、一切連絡を取らなかったから手遅れになってしまった」「別れた時すぐに縋っていれば、本当の別れを迎えなくて済んだかも知れないのに…」と冷却期間を設けたこと自体を復縁失敗の理由にしてしまいます。

これは、いくら心の中で整理をしようと思っても感情がわき起こすものなので、整理のしようがありません。

復縁が叶わなかったときは、何かのせいにしなければ自分の気持ちがおさまらないものです。

冷却期間を設けることでうまくいけば「ちゃんと我慢もしたし、その間にやることやったおかげだ」とポジティブに考えることができますが、ダメだった時は逆に冷却期間を設けたことをネガティブに考えてしまいます。

何が目的で冷却期間を設けているのか忘れてしまう

理解しておくべき冷却期間を設けるデメリットには、何が目的で冷却期間を設けているのか忘れてしまうというものがあります。

恋人と別れて復縁したいと望んでいる時には、どんな方法でも試してみたいともうものです。

冷却期間を設けることは、復縁のための伏線であり、その期間があるからこそあなた自身が元カレともう一度付き合うことができるようにいろいろなチャレンジをすることができます。

しかし、一方で「復縁には冷却期間がいる」「冷却期間はこのタイミングで連絡をするべし」「今は自分磨きに勤しむべきだ」と冷却期間にするべきことに集中するあまり、元彼の気持ちに寄り添うという肝心なことが抜け落ちてしまうことがあるのです。

復縁したいという思いが強すぎて、復縁するためだけの方法を行動に起こすことで満足し、実際に復縁に向けて恋人だった人の気持ちを無視した行動をしてしまうことで実際には復縁から遠ざかってしまいます。

復縁するための冷却期間は、基本的に元彼の気持ちを整理してもらうためであり、あなたとの関係を再構築するための必要な期間です。

あなたのワガママを埋めるための時期ではないことを、しっかり念頭に置いておきましょう。

冷却期間を取るのに失敗…元彼と会ったり連絡してしまった時のリセット方法

「ごめんなさい!空気読んでなかったね」

冷却期間を撮るのに失敗して、元カレと会ったり連絡してしまった時のリセット方法は、「ごめんなさい!空気読んでなかったね」と気分を害している彼に対して素直に謝ることです。

冷却期間はお互いの気持ちを冷静にして、反省や成長をして再び二人の恋愛について向き合う準備を整える期間だと言えます。

冷却期間中は、復縁したいあなただけでなく彼の方も気持ちを整理し前に進む準備をする期間なのです。

そのため、まだ別れて間もないのに耐え切れずに会ってしまったり、待ち伏せして話をしてしまったりすることで、別れた時の怒りや悲しみ、虚しさや苦しさが蘇ってきてしまいます。

そこですぐに「ごめんなさい」と謝ることで、彼もまた心の整理をしているのだという気持ちを汲み取り、寄り添っていることを伝えることができるのです。

そう伝えられることで、相手も「こっちが気持ちザワザワしたことに気がついてはいるんだね」と納得してくれます。

同時に、元彼の気持ちを分かっていながら我慢できなかった思いの大きさも知ってもらうことができるはずです。

その後しっかり冷却期間を取ることは必要ですが、失敗した時にこの謝るというやり取りがあれば、その後もしっかりとあなたとの関係に向き合ってくれるきっかけとなるので、失敗をリセットすることができます。

連絡はそっけなく終わる

冷却期間をとることに失敗したとき、元カレとあったり連絡したりしてしまった時のリセット方法は、連絡したのであれば最後はそっけなく終わることです。

別れてからしばらくは、スマホを手に取り「電話したいけどしたらダメ」「連絡取りたいけど今は我慢…」という葛藤を繰り返しています。

その最中にうっかり送信ボタンや通話ボタンを押してしまうことがあるものです。

一度発信したものは取り消すことができず、メッセージも送信内容は消すことができても送られた形跡を消してしまうことはできません。

通話履歴が残ることで折り返し電話がかかってきた時の気まずさといったら、何も言葉が出なくなってしまうものです。

こんな時には慌てずうっかり押してしまったことを伝えるか、なんでもない用事を会話して終わらせましょう。

その時に「じゃあ、ありがとう」「ごめんね、大した用事じゃなくて」とさらっとした言葉で終わることで、「本当になんだったんだろう?」と特に気にすることなく終わらせることができます。

頻繁に連絡を取ることもなければ、そっけなく会話が終わったことは記憶から抜け落ちてしまうので、失敗をリセットすることができるのです。

会った時は「またいつか」

冷却期間をとることに失敗し、会った時にリセットする方法は、「またいつか」と未来の予定を曖昧にしておくことです。

人は「いつか」と言われると、いつになるのかその見えない日を想像してしまいます。

「いつか、笑顔で会える日が来るだろうか」「いつかまた連絡を取り会える日が来たらいいな」とポジティブな意味として思考が動き始めるのです。

うっかり会ってしまえば、言うつもりの無かった言葉まで言ってしまうこともあり、関係が硬直状態となる場面もありますが、最後に「またいつか」と言うことで、「また冷静になった時に話し合う機会を作ろう」という気持ちの準備が出来ていきます。

「結局どんな形でも繋がる人だ」「今は無理だけどまたいつか未来を語り合える関係になれたらいいな」と今と未来の状態が変化するという希望を持ってもらうことができるものなのです。

「じゃあ体に気をつけて頑張ってね!」

冷却期間を取るのに失敗して、会ったり連絡をとったりしてしまった時、リセットする方法は、最後に「じゃあ体に気をつけて頑張ってね!」と終わらせることです。

別れた相手にどんな感情を抱いていたとしても、体のことを心配してくれてこれから何が起きても応援してくれるという安心感を持つことが出来る人というのは、そうそう現れるものではありません。

うっかり会ってしまったり、連絡を取ってしまったりしても、まだその時に気持ちがザワザワしてしまったとしても、最後に「体に気をつけてね」「頑張ってね」と言われると、そう言ってくれたあなたに対して安心感を持つものです。

「恋人としてうまくいかなかったのはタイミングが悪かったのかもしれない」「元カノ、やっぱり基本的にはいい子なんだよな」と思うことで、冷却期間を優位にすることもできます。

まだ怒りが収まっていなかったり、自分が別れを決めたことを間違いだと認めることができなかったりしても、人生が上手くいくように応援してくれる人が離れてもいい人なはずがないのです。

冷却期間中の失敗をプラスに転じて、復縁しやすい状況にすることができます。

リセットするどころか、プラスの状態で冷却期間をスタート出来れば、久しぶりに連絡を取った時に喜びを感じてくれるはずです。

冷却期間の違いで元カレの心理を観察しよう

破局しても二人が恋人だったという事実は消えず、振った男の方も後悔していることも多いものです。

しかし、冷却期間がなければ、別れる原因となったことを鮮明に思い出してしまい、彼に余計不快な思いをさせてしまいます。

冷却期間の違いで元カレの心理を観察し、ベストなタイミングで復縁のきっかけlineやメールを送りましょう。

冷却期間を取ることに失敗してもリセットする方法をしっかりと学び、復縁に向けてプラスに転じるよう行動を起こして彼の気持ちを再びゲットしてくださいね。

【期間限定・10月4日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG