彼から連絡がこない時はほっとくべし。放置したら連絡が来る仕組みと実例

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ神言鑑定をご利用ください。

神言鑑定は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「付き合い始めると連絡がなくなった」「最近急にlineが返ってこない」という状況になると、自分がなにかしてしまったのではないかと悩んでしまうものです。

彼がどんな気持ちになっているのか、自分から動いたほうがいいのか困っているときには、思い切って放置してみましょう。

彼から連絡が来ないときは放置することで連絡が来る仕組みと実例をご紹介します。

連絡がこない時の彼の心理状態、彼から連絡が来るまで連絡しないメリットをしれば、あなたが焦って彼を怒らせてしまう失敗をせずにすむはずです。

彼がどんな気持ちで連絡をしなくなったのか、ゆとりを持って受け入れることのできる心の広い女性になって、彼氏の気持ちを再び掴みましょう。

目次

彼氏から連絡が来ない時、何日目にどんな連絡をする?

3日目に「何で返事くれないの?」

付き合っている彼氏から連絡が来ない時、いくらLINEを送っても返事がなくて不安になってしまいます。

丸一日連絡が取れないだけで「どうして?」「どう思っているの?」と怖い気持ちが大きくなってしまうものです。

そして、気持ちを整理するために連絡が取れなくなってから3日目に「なんで返事くれないの?」と質問をしようと試みます。

極力冷静に、あらゆる答えを想定して、lineを入れますが、この時点で振られる覚悟は全く出来ていないので「どうかなにか理由があってほしい」と願っているものです。

「きっと仕事が忙しいだけ」「スマホが壊れてしまったのかもしれない」「電波障害で届いていないのかな?」とどれも希望を持った考えが浮かんでいます。

一方で「別れるつもりだったらどうしよう?」「誰かと浮気をしていたらどうしよう」「急に嫌いになっていたとしたらどうしよう」という不安も拭いきれません。

どうか別れるという話になりませんように、という願いを込めて理由を確かめようとするのが、3日目のlineです。

気にしていないふりをして、できれば何事もなかったことを装いたいと願っています。

5日目に「浮気しているの?」

連絡が来なくなって、しばらくは悶々としながらも我慢できていた彼女でも、さすがに5日当たりでは不安がどんどんと加速してしまいます。

そして、不安を一人で抱えることに耐え切れなくなり「浮気しているの?」と核心に迫る質問を投げかけるのです。

こんなに連絡が来ないのは、他に好きな人が出来たからだ、と決めつけにかかっています。

しかし、浮気をしている現場を見たわけでもなく、他に好きな人ができたと言われたわけでもない状態では、自分だけで決めることはできません。

つまり5日目に質問を送るという行為は、不安を払拭したいという気持ちの最大限の表れなのです。

どうにかして不安を解消したい、連絡が来ない現実を受け入れることができない、という心理から仮説をたてて、確認したいという状態になっています。

このまま連絡が来ないとすると、この仮説は当たっていたと判断することになるはずです。

しかし、連絡が取れない限りは確かめようがないため、絶望の淵に向かって言っていると言わざるを得ません。

別れたいのであれば、せめてはっきり理由を聞きたいという心理も出てきている最中であるため、この時期に連絡が取れると一気に責め立ててしまう可能性があります。

7日目に「無視?」「どういうつもり?」「文句があるなら言ってよ」

連絡が取れなくなって1週間経過すると、どんどんと彼氏に対して腹が立つ気持ちが大きくなってきます。

責めてしまう連絡を立て続けに送ってしまうはずです。

文句を言いたいという気持ちがマックス高まっているにも関わらず、文句が言える状況になるためには連絡が取れるようになるという大前提になることを願っています。

「怒っていることを伝えれば慌てて連絡をしてくるかもしれない」「彼氏からの文句をいうきっかけを作ってあげれば連絡がしやすいかもしれない」という気持ちが込められているのです。

このパターンで連絡が来ることもありますが、実際には怒っていることを伝えても、そのことが直接連絡のくるきっかけになることは少ないと言えます。

怒りからしてしまう連絡ではありますが、心理状態としてはどうにかして相手からの連絡をさせようとあの手この手と探っている方法の一つといえるものです。

女性の悲しみの後に沸き上がってくる怒りは、相手の男性を傷つける言葉をチョイスしてしまう傾向にあるので、もし連絡がきた場合には言葉に気をつけて話し合いをしましょう。

10日目に「会って直接話がしたい」

1週間連絡が取れない状態が続くと、落ち込み怒り悲しみというすべての過程を通った後に、諦めという気持ちに傾いていきます。

そのため、「どうかこの連絡はきちんと彼の心に届きますように」という願いを込めながら、メッセージを作るのです。

そして、10日目に「会って直接話しがしたい」というメッセージを送ります。

彼の気持ちがどんな状態か、もはや考える気力はなくなっており、相手の言い分を全て受け入れようと覚悟が決まりつつある状態です。

話し合いをすることで、彼女が紡ぐ言葉は怒りではありません。

怒りをぶつけても、相手の気持ちが変わらないことを理解しています。

話し合いをしたいといいながら、「別れ話だろうな」「思い切り嫌われているのかな」「好きな人とはもう付き合っているのかな」と別れに対しての考えになっていっているものです。

悲しみも一層深くなっており、「私は一人でいたほうがいいんだ」と決めつけている場合もあります。

本当は今すぐ「忙しかっただけだよ」と抱きしめてほしい、という希望を少しだけもちながらも、別れに対して受け入れ態勢を作ろうとしているのです。

この連絡を入れた時点で連絡が来ることもありますが、ここで入ってくる連絡は想像通りとなってしまうことが大きいため、この連絡を入れてしまうのは本当に最終手段としたほうがいいといえます。

連絡がこない時、彼はこんな心理状態にあります

距離を置きたい

連絡が来なくなった時の彼の心理状態は、彼女に対して何らかの拒否反応があるといえます。

束縛しすぎる彼女、口うるさい彼女、母親のように小言が多い彼女、男同士で遊びたいのにどこにでも付いてこようとする彼女、など男性にはそれなりの言い分があり、恋人に対してウザイと感じている場合があるものです。

また、ケンカしている場合や知らない間に彼の地雷を踏んでしまって、怒っている状態でも連絡をしたくないという気持ちになります。

何も連絡をしないことで「俺は怒っているぞ」と無言でアピールしているものなのです。

女性は男の人が、何も喋らなくなることに対して恐怖を感じます。

例えば一緒にいても、彼氏が急に喋らなくなると「何かまずいこと言ったかな?」と自分の言動を振り返るものです。

そんなことが過去にあったカップルであれば、必ず彼氏の方は自分が反応を示さないことで、彼女が自分の言動を振りかるということを分かっています。

自分のしていることを思い出して欲しい、そっとして欲しい、関わり方を考えて欲しい、そんな人間関係としての距離感の不一致が現れているものなのです。

返事をする必要性がないと判断しただけ

連絡が取れなくなった彼の心境の一つには、付き合ってしばらく時期が経過したことによる恋人に対する慣れというものがあります。

付き合いたての頃は、連絡を取り合うことが許された間柄だと思う事が嬉しくて、自分から積極的に電話やlineを入れていた彼氏でも、その状況が続いていることに対して免疫ができてきて、いつでも連絡が繋がる相手だと思うようになるものです。

いつでも会えるし、いつでも声を聞けるという安心感から、会っていない時にまで何をしているかいちいち知る必要がないと考えるようになります。

そもそも男の人というのは、義務のない連絡は苦手です。

しなくてもいいものをわざわざしなければいけない、と感じた時点から積極的に連絡を取り合おうとする気持ちは薄まっていきます。

そして、男性あるあるの特徴として君臨する“面倒”だと思う気持ちが働くのです。

「次は○日後に会うからその時話そう」「毎日連絡取り合う必要はない」と、恋人からの連絡に、返事をする必要性がないと判断しただけで、あっけなく連絡が取れなくなってしまいます。

彼女が怖くてlineにおびえている

好きになって恋人関係になっても、付き合っているうちにどんどんと見えてくる側面が増え、印象が変わってくることはよくある話です。

付き合う前は清楚で純粋そうだと思っていた女性が、本当はお付き合いする男性がコロコロ変わる魔性の女だったり、真剣に話を聞いてくれる優しい彼女だと思っていたら全て嘘ばかりだったり、と本性が見えると別人だということがあります。

特に男の人は、外見とイメージで女性を判断することも多く、好みの見た目に自分の理想を重ねて人を好きになるものです。

そのため「こんなハズじゃなかった」「思っていたのと違う」という現実になってしまいます。

イメージが違うだけであれば、可愛いものですが、付き合っているうちに彼女のことが怖くなってしまうまで事態が発展してしまうことがあるのです。

別れ話をすると豹変して暴言を吐くかも知れない、言うことを聞かなかったら職場にまでやってきて責め立てるかも知れない、そんな恐怖を抱えたまま付き合っていると、彼女からのlineが入ってくることすら怖くなってしまいます。

彼女が怖くてlineにおびえている状態であれば、連絡をとれなくなれば自然消滅できるかもしれない、と考えているはずです。

忙しくて構っている時間がない

社会人の男性たるもの、やらなければいけない時というものがあります。

仕事に関しては、昇進試験やプロジェクトを任されているとき、新人の育成や新しい試みをしようとしているときなど、自分のプライベートの時間を削っても取り組まなければいけないという事態も当然起こりうるものです。

働き方改革が進んでいるとは言え、効率を上げるためのシステム作りには骨を折るほどの努力も必要になってきます。

事前から分かっている流れだとしても、いざ始まってみると思っていた以上に動きづらいことがあったり、今までと時間の使い方が変わってプライベートの生活そのものを変化させたりとその変容は様々です。

少なくとも、新しいことを始めたり責任あることを始めたりしたばかりの頃には、頭の中は仕事でいっぱいになり常に考え事をしている状態になります。

すると、疲労感も通常よりははるかに上回ってしまい、家に帰るとすぐに寝てしまうというサイクルになることも珍しいことではありません。

そんな時に、恋愛で幸せいっぱいな気分に浸っている余裕はなくなってしまいます。

忙しくて彼女どころかlineの相手にも構っている時間がないというところが本音です。

度重なるlineが束縛されているようでウザイ

恋人だからといって、いつでもlineをしていいわけではありません。

もちろん、lineをいつ見るかは受け取る側の自由なのですが、恋人同士となると勝手に「lineが入るとすぐ見て返信することが当然」という考えになってしまう人も少なくないものです。

朝起きて「おはよう」「行ってきます」、移動中に「今日はこんなことがあるから嫌だよ」「頑張ります」、ランチタイムには「○○食べているよ」、仕事が終わってからも30分起きに入ってくるラインで、彼氏は読むだけでも疲れてしまいます。

もちろん苦にならない男の人もいるものですが、大抵の彼氏は「ふーん」といった気持ちで読んでいるものです。

入ってくるだけならまだしも、「全然返信してくれない」と文句を言われようものなら、一日全て彼女のために使わないといけないような気分になってしまいます。

度重なるlineが束縛されているように感じ、いつまでもその状態が続けば入ってくるLINEすらウザイと思ってしまうものなのです。

内容があるものだけに絞って欲しい、返事を強要して欲しくない、と願っていても優しい彼氏であるほど思っていることを口に出すことができずにいます。

誰とも会いたくないくらい落ち込んでいる

男の人は弱っている姿を人に見られたくないという心理を持っています。

特に、「男は強くなければいけない」「大人は一人で解決するものだ」と強く考えている人は、常に笑顔でいようと努力しているものです。

しかし、誰でも人間は弱い部分を持っています。

誰とも会いたくないくらい落ち込んでいる時には、そっとしておいてもらいたいと思っているものなのです。

知り合いに絶対に会わないであろうバーに一人でお酒を飲みに行ったり、夜の公園で考え事をしてから帰ったりと、家以外の場所で気持ちを落ち着かせていることもあります。

また、家が一番落ちつくと考えている人は、しばらく休日は全く家から出なくなることもあるのです。

そんな時には、例え恋人であっても誰かと連絡を取り合うということはしたくありません。

誰かの声を聞いて安心するという場面も確かにありますが、それよりも一人でいることを選択している時には、そっとしておくのが一番なのです。

人はそれぞれ落ち着き方を持っており、誰でも一人になりたい時間はあるもの。

あまりにも落ち込んでいる時には、恋人と連絡を取り合うことは気を使わせてしまうことだと思っている可能性が非常に高いと言えます。

恋愛をしている場合じゃないと思える夢が見つかった

自分の人生において、大きな夢が見つかった時には、誰でも心躍るような気持ちになったという経験を誰でも持っているはずです。

急に連絡が取れなくなった彼は、恋愛をしている場合じゃないと思える夢が見つかったという可能性があります。

今までやりたかったけど勇気が出なかった、現実的ではなかった、と思えるような前から持っていた夢がポンと目の前にチャンスが転がってきた時には、宝くじがあたったのかと思うくらいの喜びが舞い降りてくるものです。

また、今まで何のために生きているのかわからない、特に目的もないけれど今の仕事をしている、など夢を見つけることができなかった人にとって、心の底から「やりたい」と思えることが見つかった時の気持ちは凄まじいものがあります。

なんでもできるような気分になり、目の前にあること全て簡単に思えてしまうものです。

とにかく今すぐチャレンジしたい!と思えるようなことが見つかれば、恋愛の優先順位が下がってしまいます。

このような場合、決して本人は恋愛を投げ捨てているつもりはなく、圧倒的な一番を見つけてしまったという感じなのです。

彼から連絡がくるまで連絡しないメリット

彼の心の整理を応援できる

連絡が取れなくなってしまった彼の身に、何が起きたのか知ることができなくても、確実なことは彼の心の整理を応援できるということです。

恋人であるあなたからの連絡は、彼の思考回路を一旦中断してしまうことになります。

そうすると、ポジティブな理由であればその考えを進めることの邪魔になってしまうし、ネガティブな理由であればあなたの印象をさらに悪くしてしまうものになるのです。

恋人であるあなたにとって必要なのは、彼の考えを知ることではなく、自分自身で答えを出すことを待つということになります。

相手の考えがまとまらない時に話し合いをしても、話し合いですらまとまらない可能性も大いにあるものです。

連絡が取れない期間は、あなたはあなたで「どうしたいか」ということを冷静に考えていく期間となります。

連絡が取れるようになった時に、どんな態度で受け止め、何という言葉を相手にかけるのか、それを決めておくだけでもずいぶんと待つ態勢が整ってくるものです。

また、いつまで待つ、という期間を自分の中で決めておくのも、心を整理するにはいい方法だと言えます。

信頼関係を築くことができる

彼と連絡が取れなくなって、立て続けに電話やメールの催促をしても相手の印象を悪くしてしまうだけです。

しかし、大人の女の余裕を見せながら、待つということができると、彼氏との信頼関係を築くことができるようになります。

不安になったときに、責めることは誰でもできますが、待つという行為は意外に難しいものです。

だからこそ、相手を信頼して待つということを徹底して出来た彼女に対しては、連絡を取り合うことができるようになった時に、彼氏から感謝されることに値します。

待っている間も、恋人であるあなたの心境は日に日に変化していくはずです。

寂しい、かまって欲しい、不安、恐怖、怒り、それらのネガティブな感情を一周した後には、いつか連絡が来るはず、何か困っていることがあるなら自力で解決するはず、きっと何でもないような顔して連絡してくる、などポジティブな考えに変わってきます。

その時期までじっと耐えることが、心の器を大きくするチャンスにもなるものなのです。

女性たるもの、待つことも役目だと思うことでより深い愛情を育てることができます。

何事もなかったかのように振舞うことができる

「女は小さなことですぐギャンギャン吠える」

男の人のイメージでは、こんなふうに思っている人もいるものです。

実際、女の人は感情に素直な分、自分が納得出来ないこと、理解できないことを言葉で問い詰めようとする傾向にあります。

これは言葉というツールを巧みに使うことができる女性ならではのコミュニケーション能力なのです。

しかし、男の人は言葉というツールに頼っていません。

そのため、ケンカになるとすぐに黙ってしまうのです。

連絡が来なくなった時に、あえて放置することによって、彼氏と下手に揉めずにすむようになります。

例えば、本当に忙しかっただけ、スマホの調子が悪かっただけ、スマホを誰かに盗まれた、という理由だった場合、連絡を取れるようになった時に、山のような着信履歴と読みきれないほどのline、そして「浮気しているんじゃないの?」という疑いを見てしまった時の、彼の気持ちを想像してみてください。

自分が連絡できなかったことは、仕方のないことなのに、疑いまでかけられてしまっている。

そうなれば、当然いい気分はしません。

あらゆる場面を想定して、安易に疑いをかけないことが重要です。

もし、相手に理由があったのであれば、そのことを知ったあと何事もなかったかのように振舞うことができます。

自発的に連絡をしたくなるような気持ちになる

彼から連絡が来ない時は、放置することによって彼の方から自発的に連絡をしたくなるような気持ちになるのです。

男の人も恋愛において駆け引きを用いることがあります。

「急に連絡することをやめたら寂しがるかな」「泣いてすがるかな」など、愛情を確かめようとする人がいるのです。

また、そのような駆け引きでなかったとしても、連絡が来ない時にたくさん電話やメール、LINEが入っていると、それを読むだけで連絡を取り合っているような気分になることもあります。

しかし、彼女からの連絡が一切なくなると「あれ?何しているんだろう?」「俺のこと気にしていないのかな」と不安になるものなのです。

あなたが感じている不安や恐怖を同じように、彼も感じるようになります。

そうなることで、いてもたってもいられなくなり自主的に連絡を入れてくるようになるものなのです。

実は男性の方が女性よりも不安や恐怖に対しての耐性は弱く、すぐに解消したいと感じるようになります。

特に自分一人で解決したい男性の本能からすると、自分から連絡をすることが一番の解決方法なのです。

このような心理になった時には、彼はすぐに電話をしてくるようになります。

一切連絡しないほうが復縁できる!効果的な沈黙のしかたと連絡再開方法

【実例】彼氏を放置するとこんな連絡をくれます

「連絡できなくてごめんね」

彼氏をしばらく放置することで、「連絡できなくてごめんね」という連絡をくれます。

これは、連絡ができなかったことを自覚している証拠です。

固定電話から携帯電話、スマホと世の中がどんどん便利になり、いつでも連絡がとれることが当たり前になってきた世の中ですが、人の心は以外とアナログなものだったりします。

忙しくなれば連絡できなくなるものだし、ライフスタイルに変化があれば連絡する暇がないと感じる人も多くいるものです。

こんな連絡をくれるということは、彼の中で忙しさが落ち着いてきたか連絡をする暇をうまく見つけ出すことができたということになります。

いつでも連絡を取ることができる便利なツールであるスマホですが、その使い方は人それぞれです。

連絡が来ているとわかっていても、「返事をする時間がない」と思ってしまうほど気持ち的に忙しければ彼からの連絡が入ってくることはありません。

「ごめんね」という謝罪が入っているということは、連絡ができなかったことを悪いことだと思っているという証拠なので、あまり責めないようにしてあげましょう。

「考えてみたけどやっぱり好き」

放置することで彼氏の気持ちの整理が終わり、「考えてみたけどやっぱり好き」という連絡が来ることがあります。

この場合、連絡を取らない間に恋人はあなたとのお付き合いの今後を考えてみたのです。

つまり「彼女とは合わないかもしれない」「自分の気持ちが好きかどうかわからなくなってきた」「好きだという気持ちはあるけれどどうしても受け入れることができない部分があって、今後も一緒にいるかどうか迷っている」という悩みを持っていたことになります。

しかし、彼は考えたのです。

来る日も来る日も、あなたへの連絡を絶つことで意識を集中して考えました。

そして、気がついたのです。

それだけ真剣に悩むということは、やっぱり恋人であるあなたのことが好きだという気持ちが大きいからだということに。

そして、彼の気持ちが固まったことで連絡をしてきました。

この時点で迷いは決断と変わっているので、責められることで彼は辛くなるばかりとなってしまいます。

何よりもあなたのことを「好き」だということを、一番に尊重した結果での連絡です。

その気持ちを一番に受け止めてあげることが大切になります。

「待ってくれてありがとう」

彼から連絡が来ない時に、彼は何かに没頭していました。

そして、好きな人からの連絡を待った結果「待ってくれてありがとう」という連絡が来るはずです。

男としてやらないといけない時を迎えていたのかもしれませんし、家族の身や本人に何かあってバタバタとしすぎて連絡ができなかったのかもしれません。

しかし、“恋人に連絡をしないといけない”という気持ちよりも優先しないといけないことがあったことは確かなのです。

少し落ち着いた時に彼女に連絡をしようと思いました。

その時に、どれほど連絡を取り合っていなかったのかを知ったのです。

彼女がどんな思いで待っていてくれたのか、考えると胸が痛くなったはず。

しかしその痛みは、感謝へと変わり、また愛おしさへと変わっていきます。

「待っていてくれてありがとう」この言葉には、愛情がたっぷり込められているものなのです。

恋人と連絡を取り合っていなかった日々を数えることもできないほど、追い込まれていた状況から、待っていてくれた彼女への懐の大きさに感銘を受けています。

これをきっかけに二人の愛情を再確認して、結婚へと結びつくこともあるのです。

「一緒にしてほしいことがある」

男性は悩んでいる時に、その悩みを打ち明けることは滅多にありません。

一人で悩み、解決の糸口を見つけた時に初めて人に悩みを打ち明けます。

連絡が来ない間、彼は一人で悩んでいたはずなのです。

仕事や家の都合で土地を離れないといけないとなった時に、彼女と別れるかということに頭を抱えています。

しかし、解決の糸口は見つかり「一緒にして欲しいことがある」と引越しや同棲、または結婚という相手の同意が必要な提案をしてくるのです。

彼は考えた末、一緒にいたいという結論に至りました。

しかし、それは自分ひとりの考えでは決行することができません。

彼女に自分の意思で決めて欲しいことがある、と提案を最後に投げかけようと決めたのです。

自分が県外に転勤や地元の家業を継ぐことになった時に、彼女の気持ちを無視して決めることはできません。

しかし、自分の身の振り方は決まっています。

このような時には、一回落ち込み、悩み、そして打ち明けるという流れが起きてくるものなのです。

落ち込み、悩む段階では、恋人と連絡が取れなくなるケースはよくあります。

そして、最終段階の打ち明けるときに彼女に「一緒についてきてほしい」と伝えたり、「遠距離恋愛になるけど付き合っていたい」と相談したりと連絡を取る段階に入るのです。

ほっといても彼からずっと連絡がこない時の対処法

何気ないlineを送ってみる

連絡が取れなくなってすぐ、立て続けに連絡を入れすぎることは彼氏が鬱陶しいと思ってしまうことにつながりますが、しばらく放置したあとに連絡を入れることは、連絡が来るきっかけとしてとても有効です。

電話やメールは、ある意味習慣化というものがあり、連絡を取らなくなった人に対しては抵抗が出やすいということがあります。

そのため、一旦放置している間に、あなたに対しての連絡のしやすさはどんどん低くなっていくのです。

例えば連絡が来なくなったきっかけが、「返事をするのが面倒」という理由であり、次のデートの日程も決まっておらず、日程を決めることも忙しくてなかなか難しかった場合「また今度」「いつか空いたら」という風に先延ばしになってしまいます。

そして気がつけばどんどん連絡していない日々が続き、「あれ?ずっと連絡とってないけどなにしているんだろう?電話していいのかな?」と気を使うようになってしまうものなのです。

ある程度放置したと思ったら、「最近何しているの?」「まだ忙しいの?」と何気ないlineを送ってみましょう。

具体的な場所を決めてデートに誘う

実は男の人にとって、デートプランを毎回任されることはプレッシャーとなっているものです。

このプレッシャーに負けて、デート自体が面倒くさい、友達と楽しいところに行っておいでよという気分を真似ている可能性があります。

しばらく放置しても連絡が来ない場合は、具体的な場所を決めてデートに誘うことで、彼氏も乗っかりやすくなるものなのです。

「元気?久しぶりにデートしよう!○日○時に前行きたいって言っていたレストランでご飯にしよう」と具体的な日時と場所、何をするかを決めて誘うと彼氏としてはそこへ向かうだけなのでとても気持ちが楽になります。

連絡をしていない間にデートへも誘いにくくなっている彼氏にとっては、彼女から誘ってくれること自体が、再会するにはいいきっかけとなるに違いありません。

また、お金の面を気にしている男性であれば「お給料入ったばかりだからランチおごるよ!」など理由と「奮発したい気分」という積極的な姿勢を見せることで、金銭面での不安もぬぐい去ることができます。

年下彼氏であれば、金銭的にデート代に悩んでいる人も多く、お金の不安を彼女に離せないという人も多いものなのです。

彼氏に自分の情報が入らないように工夫する

連絡をくれなくなった彼氏には、とことん恋人であるあなたのことを気にしてもらいましょう。

彼氏に自分の情報が入らないように工夫するのです。

SNSを更新しないようにする、共通の友達には会わない、など何をしているのか相手にわからなくすることで恋人の動向を知りたいという心理を刺激します。

最近は情報が発達しているおかげで、会っていない間もSNSを見ていると日々何をしているのかを知ることができ、会っているような気分になってしまうものです。

そのおかげで、しばらく会っていなくても感覚が分からなくなり、連絡をしなくなってしまいます。

そんなSNS彼氏には特に効果的な方法なのです。

あなたの情報を一切遮断することで、SNSを見てもあなたの姿を見かけないことで「最近どうしているんだろう?」「そういえば全然会っていない!」と気がつくことができます。

最先端技術が発達していますが、大切なのはリアルタイムの関係です。

彼氏に忘れられているんじゃないかと不安な人は、アナログになってみましょう。

偶然見かけそうなところで姿を見せる

彼氏がいくら忙しくても、いつも行きそうなところには顔を出したりするものです。

男の人は自分の習慣を大事にする傾向があります。

週末はDVDで映画を見る、月に1回はバッティングセンターに行ってリフレッシュする、毎朝ジョギングをする、など男の人の習慣には規則性があり、彼女は把握しやすいものが多くあるはずです。

その習慣を先取って、彼を偶然見かけそうなところで姿を見せるという方法を採ることができます。

しかし、ここで重要なのが彼女自身は気がつかないふりをすることです。

相手から声をかけさせることに意味があります。

彼女から声をかけてしまうと、待ち伏せをしていたことがバレてしまい、相手は恐怖を感じてしまうことがあるからです。

あくまでも偶然、出会ったという形にしたほうが、彼も声をかけやすく、関係も元通りになりやすくなります。

彼から連絡をもらうにはこちらの余裕が大切です

いくら連絡がとれなくなったからといって、電話やメールをしてくれないことを責め立てたり泣き叫んだりしたとしても、彼は連絡をくれるようにはならないものです。

彼から連絡が来ない時はほっとくべし。

彼女であるあなたの器を大きくし、余裕を見せることで連絡をもらうようになることができます。

女性には、受け入れる懐の大きさを育てるということも大切なのです。

時には海のような寛大さで受け入れる体勢を整えることで、彼が安心して戻ってくることのできる居場所を作ってあげましょう。

【期間限定・11月24日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【真実のキセキ】の占いを初回無料でプレゼントします!

【真実のキセキ】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【真実のキセキ】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG