別れたくない彼氏を繋ぎ止める執念の説得方法!話し合い成功には準備が必要です

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ真実のキセキをご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

大好きな彼氏が別れ話を切り出してきたとき、どうしても別れたくないあなたはどんな風に言葉を選びますか?

実は、彼が別れようと思った理由や彼女に別れたくないと言われた時の男性心理を知ることで、話し合いを成功させ、繋ぎ止めることができるのです。

ここでは別れたくない彼への説得方法を探しているあなたに、話し合い成功のための準備をすることをオススメしています。

あなたが別れ話をする彼の心の中を、理由と心理を知ることで話し合いをあなた主導で進めることができるのです。

理由を知ることで、彼が別れたくないのに別れ話をしている場合があることも知ることができます。

彼の心を受け止めてから、話し合いを成功させて再びふたりの時間をとりもどしてくださいね。

目次

大好きで別れたくない彼から別れ話をされてしまう理由

彼女が自分に依存や執着をしていると感じている

男の人は、彼女が自分に依存や執着をしていると感じていると「この子をダメにしてしまう」と思うようになります。

本来なら、頼ってくれることはとても嬉しいことなのですが、あまりにも頼りすぎて彼氏がいなければ何も出来なくなってしまうようになると、彼氏は「自分がダメにしてしまった」と感じるものなのです。

優しさのつもりが“全て受け入れてしまうこと”として、間違えて付き合いを続けてしまうと、だらけきった彼女の姿に育ててしまうことがあります。

デートで出かけると言っていてもいつもノーメイク、食事は彼氏が外食に連れて行ってくれる、出かけ先の送迎も彼氏、など常に彼氏がしてくれることが当たり前だと思ってしまっている彼女は、完全に依存している状態だといえるものです。

彼の優しさに甘えすぎてしまっては、彼も自分自身の時間を過ごすことができません。

また、電球が切れたから買ってきて欲しい、洋服を選んで欲しい、彼氏のためだけに生きていけばそれで十分と考えている、などの状態になってしまうと、それは執着となり、彼は「自分で生きる気力を持って欲しい」と思うようになります。

依存と執着は、彼女と離れるべきだと判断する材料なのです。

他に気になる人ができた

別れ話で最も多い理由が、他に気になる人ができたというものです。

既に次の人と付き合ってしまってから、彼女と別れようとすることもありますが、誠実で優しい彼氏であれば、気になる人ができた段階で、今の彼女には申し訳ないという気持ちが大きくなります。

気になる人で頭はいっぱいなのに、彼女は自分のことを好きでいてくれるという状態がたまらなく辛いのです。

気になる人とは付き合うことができないかもしれない、と思っていても、優しい彼氏はあなたへの罪悪感を拭い去ることができません。

一途でまっすぐな彼氏にある誠実さの表れと言えます。

この場合は、他に気になる人ができることとなった原因を考えましょう。

相手と彼女が全く違うタイプであれば、付き合っていることに新鮮味がなくなってしまったことも考えることができます。

また、あなたに不満を持っているときに人の心は動きやすいといえるので、何か心にひっかかることがあったとも考えられるのです。

今一度、彼氏との付き合い方で他の人が気になるような原因があったかどうか思い出してみましょう。

恋愛よりもしたいことができた

女の人は恋愛第一主義というものがありますが、男の人は夢などを見つけた時に恋愛の優先順位が下がってしまう場合が起こります。

恋愛よりもしたいことができたとき、彼の頭の中はしたいことでいっぱいなのです。

例えばスキルアップのための勉強がしたい、海外を巡って世界を見てみたい、趣味を本気でやってみたい、仕事で次のステップを目指したい、など男性は自分の人生におけるスキルを磨くことで興味を持つと、一気に思考回路がそちらに向かう時があります。

元々、たくさんのことを同時進行出来ない性質のため、恋愛をしながら夢を追いかけるということは非常に困難なのです。

やりたいことが見つかると、集中して行いたいと思うようになります。

そのときに彼女の存在は、置き去りになってしまうのです。

連絡を頻繁にできなくなる、デートに割く時間がもったいないと感じる、などやりたいことをやりながら交際を続けていくと、彼女に悲しい思いをさせ続けてしまうと考えます。

彼女に悲しい顔をさせてしまうことは辛いため、別れてしまった方が彼女のためだと思うものなのです。

男性にとって、心の底から湧き上がる“やりたいこと”というのは、人生をかけてでもやりたいと強く願うようになるもの。

無理に引き止めても無駄なので、繋ぎ止めるのであれば付き合い方を考えましょう。

転勤で遠距離になることで交際を続けていく自信がない

社会人にもなると、仕事の都合で転勤となることがあります。

転勤で遠距離になることで交際を続けていく自信がないと感じ、別れ話を切り出す場合があるのです。

このパターンの彼の心理は二通りあり、一つは彼女に対して気持ちが薄まってきた場合になります。

マンネリや飽きてきたという理由で愛情が少し薄くなってきた時に、転勤の話があったら引越しをキッカケに別れることで心機一転しようと考えることです。

この場合、新しい土地で仕事を頑張る気力もあり、自分の身の回りを整理しようと考えています。

もう一つは、彼女のことが好きすぎる場合です。

転勤となり遠距離となった時に、すぐ会えないことがどんなに辛いか想像の範囲を超えてしまっています。

常に彼女が浮気しないか、モテて変な男が寄ってこないか、心配で仕方がありません。

そんな心配をし続けることが出来ないという自信のなさから、別れを選ぶのです。

別れてしまうことで、気持ちの踏ん切りをつけることができ、離れている間に彼女に何があっても受け入れる心の準備をしようと考えています。

どちらのパターンかは、彼をしっかり観察して表情や言葉から探してみましょう。

結婚を考えることができないから勇気を出して決意した

社会人男性となると、結婚を意識した付き合いを始める人も多くいます。

別れを切り出したとき、相手の女性に対して結婚を考えることができない、と判断した場合「彼女のことは好きだけれども別れる」と勇気を出して決意するのです。

例えば、もう次に付き合う人とは結婚を前提に付き合いたいと思っていた時に、好きになった彼女。

付き合っている間、とても嬉しくてドキドキするけれども、結婚生活をどうしても思い浮かべることが出来ない、という状況になった場合、彼女をとるか結婚という人生プランをとるか非常に悩みます。

しかし、どうしても結婚したいという結論になったとき、その相手が今の彼女ではないと思ってしまったら、もう別れる決断しかできなくなってしまうのです。

よくあるのが、35歳で結婚したいとざっくり決めていた男性の34歳の時心理といえます。

このまま彼女と付き合っていてもいいのだけれど、どうしても結婚相手ではないと感じる、と思っているのであれば、無理に結婚することはできません。

自分が結婚したいと思っている時期まであと1年しかないと思ったら、「今が決断の時だ」と勇気を出したことになります。

彼女から別れたくないと言われた時の男性心理

すんなり受け入れてくれないとウザイ

別れ話を告げた時に、彼女がすんなり受け入れてくれないと、彼はウザイと感じてしまいます。

彼もなんとなく別れ話を切り出したのではありません。

何日も真剣に考えて、別れて新しい道を進むことがお互いのためだと思ったからこそ、別れることを決意しています。

しかし、「嫌だ」「別れない」と言われれば言われるほど、反発するように決意は固くなり、逃げたい気持ちになってしまうのです。

特に別れ話をした時に泣き叫んだり、家に帰ってからも毎日毎日着信が鳴ったりするようになるようでは、連絡も取りたくないと思ってしまいます。

最近ではストーカー被害のニュースも増えているため、日頃からそんなニュースを見ている現代人にとっては、ただ別れたくないだけなのに、彼女の行動一つで被害者意識が芽生えてしまうのです。

別れたくないと思っていたとしても、拒否反応を全面に押し出して自分の気持ちを押し付けるだけでは、彼の気持ちを理解しようとしているようには到底思えません。

彼は、自分の話を否定された、という認識になってしまうことを知っておきましょう。

自分が必要と思われていることが嬉しい

男の人は、自分が必要と思われているということが分かるととても嬉しいと感じます。

それが例え、自分から切り出した別れ話だとしても、「別れたくない」「あなたじゃないとダメなの」と言われることで、自分のことを認めてもらえていることを感じるのです。

この場合、別れ話に直結するかどうかは置いておいて、「自分はそんなに大きな存在になっていたんだ」「必要としてくれる人がいる」と思うことで、人としての誇りを手に入れることになります。

人から必要とされていると感じること、認められていると感じることは、幸福感に繋がるものです。

特に男性において、自分が社会でどれほどのものかを試したいと思っていることがあります。

仕事面での評価を知ることができても、人としての評価をしてくれるところはありません。

そのため、別れようと思っていた彼女から別れたくないと伝えられることは、実は彼にとっては嬉しいことなのです。

決意が揺らぐから困る

別れ話をする時には、男の人はとことん悩み抜いてから決意します。

しかし、別れ話をした時に彼女が「別れたくない」と言うと、嫌いになって別れようと思っているわけではない場合、決意が揺らぐため困るのです。

お互いの成長のため、彼女との恋愛で学ぶべきことは終わったと思った時、やりたいことが見つかったときなど、彼女のことを嫌いになって別れを決めたのでなければ、別れたくないと伝えられると、心の中で共感してしまいます。

「そう、俺も別れたいと思っているわけじゃない」と。

しかし、今の彼女からの卒業を決めてしまっているので、そこで決意を曲げてしまってはいけないと自分自身に言い聞かせているものです。

例えば、彼女自身のことは好きだけれども、どうしても受け入れられないことがあるときや、彼女とケンカをして許す気持ちになれないときなどは、不満がある点以外は好きな彼女のままなので、嫌いになったわけではないと言えます。

「でも別れないと同じことの繰り返しだ」と葛藤しつつも、好きな彼女の記憶が呼び起こされたりすると、別れることをためらい始めてしまうのです。

決意が揺らぐと一気に立場が弱くなってしまう男性は、彼女の強い押しに負けてしまうことがまたストレスとなってしまいます。

他にいい方法を提案して欲しい

別れ話を拒否されたら、即諦めモードになる男性がいます。

「嫌だって言うなら、他にいい方法を提案して欲しい」と言い出すのです。

彼女との関係は、別れるしかないと考えて話を切り出した彼にとって、ふたりの関係は終わらせることが最善の方法だという結論になっています。

どちらかが浮気をした、価値観が合わない、家の都合で交際が難しい、など今後も付き合っていくためにはどうしたらいいのか、見当がつかないという状態になっていることです。

例えば、親の都合で交際を反対されている場合には、本人達の気持ちだけではどうにもならないこともあります。

親同士の考え方の違いや、差別的な考え方の親も今尚いるものです。

「あの子との付き合いは絶対許さない」「結婚なんてもってのほか」と反対されていたり、どちらかに親が用意したフィアンセが現れたりと、二人だけの話し合いでは解決できない場合も少なくありません。

しかし、こんな場合は本当にどうしたいのか、という話し合いが一番大切だといえます。

都合のいい女にしようか

別れを決めた男の人に対して、「嫌だ!別れたくない!」と訴えることはよくありますが、さらに付け加えて「2番でもいいから」と言ってしまう女性も、珍しくありません。

言ったあとに後悔することはわかっていますが、どんな形でも繋がっていたいと思うあまり、勢いで言葉を吐き出してしまうことがあるのです。

そんな場合、ずるい男性は「じゃあ都合のいい女にしようかな」と考えてしまいます。

男性にとって、「2番でいい」と言う女性ほど、ありがたい人はいません。

「いやいや、それは出来ないよ」と言いながらも、心の中では「え?いいの?じゃあ、ちょっと落ち着いたら連絡入れようかな」と考えてしまうものなのです。

また、その時には「ありえない」と考えていたとしても、別れてしばらくすると「あんなに別れたくないって言っていたから、まだ俺のこと好きかな」と暇なときに連絡をしてみようという気持ちになります。

その時には、再び付き合うつもりはなくても、「連絡入れるくらいなら、いいか」とどんどんと都合のいい女にしてしまうようになるのです。

本当はまだ一緒にいたいのかも?別れたくないのに別れ話をする男心の見極め方

手を握ったまま話をする

別れ話をする時に、彼女の手をしっかり握ったまま話をする時には、本当は彼も別れたくないと思っている可能性が高いと言えます。

理由があって別れなければいけない、別れを認めたくないけどそれしか方法が見つからない、など彼の気持ちに反している決断であった場合、どうしても離れたくないという気持ちが行動に現れるものです。

心のつながりを求めるとき、人は自然に体のつながりを示すことがあります。

彼が手を握ったままなのは、無意識からくるものだともいえる行動なのです。

自分の気持ちに嘘をつき、「別れると決めたんだ」「仕方のないことなんだ」と自分自身に言い聞かせています。

しっかり握っている場合もありますが、そっと指先に触れるだけの状態で話をしている状態は、相手の気持ちを伺いながら話をしているものです。

「別れを切り出して、彼女はどう思っているだろう」「悲しんでいるだろうか」と心を痛めています。

指先は体の中でも敏感に情報を収集する部位であり、触れた指先から気持ちを推測しようとしているものなのです。

じっと目を見つめている

別れを切り出したのはいいけれど、少し後悔の気持ちを持ったまま、あるいはまだ決意が固まりきっていない状態での別れ話では、自分の伝えていることが正しいのか、また彼女はどう感じるのか、考えながら話をしています。

じっと目を見つめている状態での話し合いは、自分の言葉を自分の耳で聞きながら、相手の顔色を見て、空気から感じようとしているのです。

「本当に別れていいのか」「別れないでいい方法があるなら教えて欲しい」と彼女の気持ちがどうあるのかを見ています。

むしろ、彼女に「本当に別れるという決断が正しいのか」意見を求めているようなところもあるものです。

彼女が「別れたくない」と言った場合には、ホッとした表情を浮かべるはず。

この場合、一旦別れると決めたけれども二人での話し合いで未来を決めることができる可能性が非常に高いと言えます。

言葉だけでショックを受けて、別れ話を拒絶するのみでは彼が求める話し合いにはなりません。

彼の様子を見て、彼の本音を見つけましょう。

別れ話をなかなか進めない

別れようと話をしている最中にも、出てくる迷いを拭いきれない場合には、別れ話をなかなか進めることができないという状況が起こります。

「これを言ってしまったら、全て終わってしまう」と思うからこそ、言葉がなかなか出てこないのです。

本当は別れたくない、少し距離を置いたほうがいいとは思うけど二度と会えなくなることは辛い、と考えている場合には、破局を言い出せなくなります。

彼の心の中には、楽しかった記憶がたくさんあり、手放してしまうことは辛いと感じている場合には、最後の一言を「言ってしまいたくない」という心理が働くものなのです。

また、また会うチャンスを消したくないという気持ちから、「彼女から別れを切り出して欲しい」という思いがある場合も同様に、話を進めようとしません。

またどこかで会いたい、状況が変わればまた付き合いたい、別れなければいけないけど本当に好きになった人、という気持ちが心にある時には、離れることを告げることができなくなるのです。

直して欲しい点を上げている

彼女に対して不満がある彼氏の話には、完全に終わらせたいと願っている場合と、チャンスをくれている場合とがあります。

ケンカ別れとなりそうな時でさえ、彼が怒りの中にも直して欲しい点を上げているのであれば、彼女の今後の動き次第でやり直すことが可能です。

彼女を好きな気持ちはあるけれども、どうしても嫌だと感じるところがある、好きな子の未来のために指摘してあげなければいけない、という気持ちからの破局宣言であれば、あなたの成長次第で以前にも増してラブラブカップルになる可能性は高いと言えます。

彼は女の子としての成長を望んでおり、付き合っていく上で尊敬できる関係でありたいと思っているのです。

彼が指摘したことが、どうしても受け入れることができないことであれば、価値観の違いとして受け入れるしかないのかもしれませんが、あなたのちょっとした努力で変えることができることなのであれば、二人の付き合い方は大きく変わります。

彼の言うことを全て聞かなければいけないということではありませんが、恋愛とは常に人間としての成長できる場だと考えることができるならば、検討してみる価値はあるものなのです。

「落ち着いたらまた会おう」と言ってくる

恋人としての別れを告げてはいるけれど「落ち着いたらまた会おう」と言ってくる場合には、あなたに対しての気持ちはまだ残っていると考えることができます。

何か必ずしなければいけないことがあり、恋人との時間を減らす決意をした時、また今は距離を置いたほうがいいと考えに至った場合、彼女への気持ちがなくなったわけではないのであれば、また再び会いたいと思うのです。

できれば、その時にお互い心の成長をして、また違う付き合い方ができればいいという願いが見えてきます。

大人としての判断、人生の岐路に立った時など、決断しなければいけない時だったのです。

しかし、彼の中のあなたという人はまた会いたいと思えるような素敵な記憶で一杯になっています。

仕事が忙しく、いつも彼女に待たせてばかりいると思っている場合も、一旦別れようと考えるものです。

彼の状況が落ち着くまで、待ってみることも一つの方法だといえます。

絶対に別れたくない!執念の説得を成功させるためにしておくべき準備

すぐに受け入れるのではなく一旦冷静になる時間をもらう

彼から悲しい知らせを伝えられたとき、すぐに「分かった」と受け入れるのではなく、一旦冷静になる時間をもらうことで、改めて彼に考え直してもらうことにつながります。

すぐに「いやだ」「無理」と拒絶する言葉を発してしまうことは、絶対にNGですが「いきなりでビックリしたからちょっと考えさせて欲しい」「動揺してしまっているからちゃんとした結論を出せない、少し時間をちょうだい」と伝えることで、話を一旦保留にすることができ、冷静になって考える時間を確保することができるのです。

もちろん彼のことを大好きなあなたにとって、別れ話を受け入れるための時間ではなく、別れを告げた後の彼に後悔をさせるための時間にすることができます。

驚きながらも冷静に「一旦保留にして欲しい」と伝えてきたあなたの態度を見て、彼自身「決断を急ぎすぎたのかもしれない」「もっと他にいい方法があるかもしれない」と考え直す時間を持つことができるものなのです。

余りにも保留の時間が長すぎると、「いつまで待たせるんだ」「うやむやにするつもりだろうか」という考えが浮かび、何としても受け入れてもらおうという体勢に入ってしまいます。

あなたと付き合っている期間がどれだけ楽しかったか、思い出してもらえるだけで十分話し合いの成功率は上がるはずです。

改善点を反省し自分から申告

あなたに対して直して欲しい点を普段から言っていた彼氏だったとすれば、別れを決断したのはほぼ間違いなく、その直して欲しい点に関しての我慢ができなくなったからだ言えます。

しかし、今まで散々言われても直らなかったことがすぐに変わるとは思えません。

当然彼氏も、そのように考えています。

そこで、過去のあなたに思い当たる節があるのであれば、改善点を反省し自分から「どうやって」直していくかを相手に申告することです。

いくら口で「今まで指摘されてきたことは全て直すから別れないで欲しい」といっても、すでに「恋人とはやっていくことができない」と別れを決意するほどまでに我慢を重ねてきた彼氏にとっては、全く信用できない言葉となります。

しかし、あなたが真剣に彼との関係を修復したいと願うのであれば、あなたのあり方そのものを考え直さなければいけません。

何を指摘されていて、そのことを直すためにはどうすればいいのか、どんな思いでこれから先のことを考えているのか、具体的に示す必要があるのです。

「今まで指摘してくれていたのに直せなくてごめんなさい」「この部分を直すために○○をしてみるから見ていて欲しい」「私の悪いところを指摘してくれる人がいることは本当に幸せなこと。あなたに信頼してもらえるようになりたいから努力する」と誠心誠意で伝えることで、彼に反省を伝えることができます。

その後はもちろん努力する姿勢を彼氏に見せていく必要があるものです。

改善お試し期間として、2週間ほど努力の姿を見てもらうことも有効だと言えます。

会って説得できるように日程を確保する

彼を説得するための準備として必要になることが、もう一度会って説得できるように彼氏の日程を確保することです。

別れを告げられ、そのままその日別れてしまえば、やり直す確率はかなり低くなってしまいます。

しかし、「もう一日、改めて話がしたい」と伝えておくことで、彼に心の準備をしてもらうことができるのです。

もちろん相手にも「別れたくないって言われるんだろうな」という想像をさせることになりますが、それもあなたを受け入れてもらうための心の準備の一つだと思っておきましょう。

一度半分別れたような状態でいることで、彼にとってあなたがどれほど必要な存在なのか考えることが出来、寂しさを感じさせることができます。

話し合いをするために日程を確保しておかなければ、彼氏はそれきり終わったと思ってしまうので、再び会おうと伝えたところで、断られてしまう可能性があるものなのです。

日程確保と、彼に気持ちを振り返ってもらう時間を設けること、あなたの作戦を寝るための時間を獲得すること、という3つのメリットがあることになります。

彼がどんな表情で話を切り出し、どんな理由で別れようとしているのか冷静に分析し、彼にぴったりの繋ぎ止める作戦を用意しましょう。

別れたい理由を聞く

絶対に別れたくない彼氏を繋ぎ止めるために、必須の要点として、彼に別れたいと思った理由を聞くことが重要です。

理由を知ることで、あなたの対応も違ってくることは当然であり、本当は別れたくないという気持ちを持っているとすれば、彼氏の気持ちを盛り上げることで前以上に熱い関係に育てることができます。

彼がどういうつもりでいるのか、あなたが相手と絶対に別れたくないのであればそれを知る必要があるのです。

彼が別れたあとにどう過ごすつもりなのか、まで知ることができればその本気度まで知ることができます。

やりたいことがあるのであれば、ひたすらその夢の話をするはずで、一旦落ち着くまでは邪魔をしないように提案することが必要になるし、あなたに直して欲しい点があるのであれば、彼女としての姿を提示することで関係を修復することが可能です。

また、時に「別れる」と言ったことで彼女の気持ちを試している場合もあります。

その時には、ひたすらに好きだと伝えることが一番有効なのです。

別れたい理由を知るという行動から、彼のあらゆる心理面が見えてくることになります。

別れたくない彼氏を繋ぎ止める執念の説得方法

感謝を伝える

大好きな人の気持ちを動かすためには、どれだけ彼に感謝をしているかを伝えることが大切です。

彼氏との出会いで、どれほど人生に彩りができたのか、人生観が変わったこと、懐が深くなったと感じたこと、愛する喜びを教えてくれたこと、など恋愛関係になったほどの特別な人であれば、楽しかった日々を思い返すことでたくさん感謝することが出てきます。

恋愛とは心の距離が近い関係だからこそ、自分のエゴや理不尽さ、人の尊さや身の回りの小さな幸せに気がつくことができるものです。

なんでもない一日が、彼がいたからこそ思い切り特別な一日になることを経験させてもらいました。

それら全てを丁寧に伝えることです。

なんでも羅列すればいいという問題ではありません。

心を込めて、どれほどあなたの人生に影響を与えたのかをじっくり伝えることで、彼がいかに重要な存在なのかということを伝えることができるのです。

別れというのは、恋愛からの卒業を意味します。

卒業するにはまだまだ感じていきたい幸せと感謝があることが、しっかり伝われば彼も考え直してくれるはずです。

好きだという気持ちを伝える

男の人の心をぐっと掴むためには、ストレートに気持ちをぶつけることです。

好きだという気持ちを伝えることで、あなたの気持ちを十分に感じることができます。

この場合、細かいポイントは必要ありません。

細かくすればするほど、その部分「のみ」好きだという印象になってしまうからです。

恋人として以前に、人として彼氏の存在そのものが大切で大好きだということを伝えましょう。

人は特別な誰かがいるだけで、未来に向かって歩いていくことができます。

これからどんな苦難が訪れても、大切な人がいるだけで頑張ることができるものです。

心の支えとなり、温かい気持ちにしてくれる人として、出会ったことが嬉しいとストレートに伝えることであなたの愛情を存分に伝えることができます。

カップルは付き合いたてこそお互いに好きだと言い合いますが、長い付き合いになればなるほど、「言葉にしなくても分かっているだろう」「今更好きだなんて恥ずかしくて言えない」など、気持ちにあぐらをかいてしまうことがあるものなのです。

しかし、好きだという気持ちこそ、何度言っても幸せな気持ちになる言葉であり、言い続けることで良好な関係を続けることができます。

振り返ってみると、好きだと伝えなくなっていたのであれば、尚更言葉できちんと伝えましょう。

冷却期間をもらっていい女になる

恋人と離れるという決意をした男性に、いくらあなたが「別れたくない」とダダをこねても余計に相手の気持ちは冷めてしまうだけです。

こんな時は、一度しっかり冷却期間をもらって、あなたがいい女になることで再び彼に向き合ってもらうことにしましょう。

完全に破局してしまうと、相手に彼女ができてしまう可能性もあるため、あなたに対して向き合うということをしてくれなくなってしまうこともあります。

そのため、冷却期間として期間を設定し「一ヶ月ください、そしてその時にもう一度考えて欲しい」と伝えることで返事を保留にすることができるのです。

期間を指定していることで、彼氏もその提案を飲みやすくなります。

この一ヶ月で、あなたは劇的に変化をしなければいけません。

外見に対するイメージチェンジ、そして心のお掃除と彼をどれだけ好きかという気持ちの確認をすることで、あなたの女性としての魅力は再び輝き始めます。

「あれ、こんなにいい女だったかな」と思ってもらうことができれば、話し合いは成功になる可能性が高くなるはずです。

サラッと涙を見せて心を揺さぶる

男の人は女の人の涙に弱いもの、とは昔からよく言ったものです。

男の人は、目の前で泣いている女の人を見ると「何とかしてあげたい」「自分はものすごく悪いことをしている気がする」という心理になってしまいます。

恋人として離れることを伝えられた時に、号泣して彼にすがってしまうことは相手を困らせるだけですが、サラッと涙を見せる程度に留めることをすると、意外にも効果は抜群です。

彼氏に「彼女を泣かせてしまった!」と心を揺さぶることができます。

後悔と懺悔の気持ちが複雑に絡まり合っている時に、泣きながらも笑顔を見せてくる彼女の姿を見るととても心が痛むはずです。

「いや、でもやっぱり他の方法を考えよう」という提案も出てきます。

また、涙を流すことであなたの頭の中はパニックから悲しみに移行することができるものです。

悲しみの気持ちでいっぱいになったとき、素直に悪いところを認めることもでき、彼のために何でも出来ることはしてみたいという気持ちになります。

涙は決してズルいものではなく、あなたの気持ちの切り替えにもなるとても大事なツールなのです。

彼氏が別れたい時に出すサインや前兆と別れたがってるカレの愛情を取り戻す秘策

別れたくない。そう思った時こそ相手の立場に立ってみるのが大事

大好きな彼氏に別れ話をされて、別れたくないと思ったときには、相手の立場に立って考えてみましょう。

あなたに対して何を期待しているのか、彼はこれからどんな未来を歩みたいと思っているのか、相手のことを考えて未来を一緒に見つめることができる関係というのが、長続きできるカップルのあり方です。

彼がどんな気持ちで言葉を紡ぎ出しているのかを考えることは、恋人の本心に迫るとても大事なことだといえます。

しっかり向き合ってもらうために、まずあなたが彼に向き合いましょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【真実のキセキ】の占いを初回無料でプレゼントします!

【真実のキセキ】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【真実のキセキ】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG