復縁が難しいパターンに共通する特徴をご紹介!頑張っても無駄なケース

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐエレメントタロットをご利用ください。

エレメントタロットは初回無料で、あなたの復縁の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

大好きな彼とのまさかの別れ…受け入れるのはとてもつらいですよね。

カップルによって別れに至った原因は様々でしょうが、別れを後悔して「どうしても元彼と復縁したい!」と願っている女性も多いことでしょう。

元は愛し合っていた2人なので、冷静になって話し合えば解決することもありますが、元彼の性格や別れてしまった原因によっては復縁が危ぶまれることもあります。

今回は、復縁が難しいパターンに通ずる特徴や頑張っても無駄なケースなどについてをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

こんな男とは復縁できない!復縁が難しい元彼のタイプ

自己評価が高いタイプ

自分の意見や行動に自信があり、周りから何を言われても自分の意思を貫くタイプの元彼は、復縁するのが難しいです。

このタイプの男性は自分へ評価が高いので「自分とは釣り合わない」「自分ならもっといい女性と付き合えるはず」と感じたら、その女性と付き合い続けることに納得できません。

そのため、元カノが復縁を申し出てきても、話を聞きすらしない可能性が高いです。

別れると決めた女性のことを蔑む傾向があるので「なんで元カノのお願いを聞かないといけないんだ」と跳ねのけられてしまうことでしょう。

また、彼女からそんな彼に別れを告げていた場合は、別れに至るまでのプロセスにもよりますが、更に復縁は難しいです。

プライドと自己評価が高い彼は、自分からフることはあっても相手からフラれるということを想定しておらず、別れを告げられるというのはかなりショックで屈辱的なことでしょう。

自分のプライドをズタボロにして別れた女性から「またやり直したい」と復縁を申し出られようものなら「自分に恥をかかせた女なんかと」「元カノなんかに振り回されてたまるか」と思い、復縁を強く拒否されてしまうことが考えられます。

プライドが高い男性にとって「相手からの別れ」はとても許しがたいもので、二度と顔を見たくないとすら思っている可能性があり、復縁は難しいでしょう。

もし復縁するようなことになっても、プライドが高い男性は自分が優位に立っていたいと思うものなので「今度そこ自分の言うことを聞いてもらう」と、前以上に自分の意見を押し付けてくる可能性があります。

せっかく復縁できても、彼の思う付き合い方を求められて「復縁しなければよかった」と感じることもあるでしょう。

決めたことは覆さない頑ななタイプ

一度「これでいい!」と決めたことは、誰にどんな意見を言われようとも聞く耳を持たず、自分の考えを変えない頑ななタイプの元彼とは復縁は厳しめです。

頑ななタイプの男性は「決めたことは貫かなければならない」と強く思い込む傾向があります。

そのため、自分が別れると決めたのであれば、それは自分の中で絶対的な決定事項であり、その決断は正しかったと思い込むのです。

付き合って愛されているうちは彼からの愛情を強く感じられることでしょうが、 別れると決心したら変貌するのもこのタイプでしょう。

もし、あなたからの復縁の申し出があって元彼の心が少し動くようなことがあっても、心のどこかで「これで自分の考えを変えたら負け」と思っている節があります。

あなたからの優しい言葉に「また戻りたい」という気持ちが芽生えたとしても、自分の頑固さに縛られているため復縁するのは難しいです。

良くも悪くも真面目なタイプ

元彼が良くも悪くも真面目なタイプであれば、別れた経緯はどうあれ復縁は難しいでしょう。

真面目なタイプの男性は「よく話し合って別れたのだから、これ以上話すことはない」と判断してから別れに踏み切ることが多いです。

そのため、別れに悔いを残しておらず、彼女から復縁を申し出られても「もう終わったことだから」「1回ダメだったんだから、復縁しても無駄」と跳ね除けてしまうことでしょう。

また、「復縁してもまた同じことを繰り返してしまう、そうなると自分だけでなく、彼女のためにもならない」「また別れるとなったら、また彼女を傷つけてしまう」と別れた元カノのことも真面目に考えて復縁は望んでいません。

もし彼に「復縁したい」という気持ちがあっても、誠実さがあるが故に復縁に受け入れることはできないでしょう。

他人からどう思われているかを強く気にするタイプ

「自分は他人からどう思われているか」ということを常に気にしているタイプの男性は「別れたり戻ったりして、周りからだらしないと思われていないか」「復縁したら、周囲になんて言われるだろう」ということを気にするので、復縁するのが難しいでしょう。

実際は復縁を変な目で見ている人はいなくても、自分がこれまで築いてきたイメージや好感度を損ないたくないため「男らしく決断力があると思われたいのに、復縁なんか応じたらダメだよな」などと周りのことばかり気にします。

付き合っている時から周りのことばかり気にしている様子があった彼なら、もし復縁を申し出ても応じてもらいにくいことを覚悟しておきましょう。

繊細で傷つくことに憶病なタイプ

とても繊細で、傷つくことに憶病なタイプの男性は「復縁しても、また傷つけられたどうしよう」「また別れることにならないか不安」などと、復縁するのを怖がります。

内心では元カノにまだ気持ちがあって「復縁してもいいかも」と思っていても、別れたときのショックを引きずっている人が多いので復縁にはかなり消極的です。

また、自分が傷つくことに対しても憶病ですが、相手を傷つけることにも憶病なのでなかなかハッキリしないのもこのタイプでしょう。

傷つけたくないあまりに元カノから復縁を申し出られて突き放しもしないけど、受け入れるわけでもなく、元カノを悶々とさせてしまいます。

そんなタイプの彼に復縁を申し出ても、ハッキリとした返事や態度が見られないので復縁は難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

彼と復縁は難しい…そう判断するべき理由

連絡手段がすべて絶たれている

復縁の話しをしようにも、彼が連絡手段をすべて絶っている状況であれば、まず復縁は難しいと判断できるでしょう。

人によっては、恋人と別れたら、すぐに恋人の電話番号を着信拒否したりSNSをブロックしたりして、恋人とのつながりを全てをリセットすることがあります。

嫌いになって別れた場合は「2度と連絡を取りたくない」という思いから、その他の場合であれば「間違っても連絡してしまわないように」と恋人への未練を断つためなどから、元彼や元カノとの連絡手段を無くそうとする人は多いです。

元彼がそういうタイプの男性であれば、女性から復縁のアクションを起こすことは物理的に不可能なので、元彼との復縁は難しいでしょう。

どうしても諦めきれなくて、共通の知人などに頼みこむなどして元彼の連絡先を入手することはできても、元彼から「連絡も取りたくない」くらい嫌われている(または、もう元カノに対して無関心)のであれば、復縁はほぼできません。

それどころか、意地でも自分の連絡手段を手に入れた元カノの執念深さやしつこさに、「やっぱり別れてよかった」と元彼の心はさらに離れていってしまいます。

元彼への連絡手段が元彼によってすべて絶たれているのであれば「もう復縁はないんだな」と判断しましょう。

付き合っていた期間が短い

長く付き合っていればいいとは一概に言えませんが、付き合っていた期間が短い場合は、相手に復縁を考えさせるのは難しいと判断していいでしょう。

復縁を考えるときは「長く付き合っていたから、情がある」「いい思い出もたくさんあったから」など、付き合った期間の長さが影響していることもあります。

しかし付き合った期間が短いと、元カノに対してそんなに情がなかったり、思い返せるほどの思い出がないので、復縁を考えるほどではありません。

復縁したいと考えている方からすると「まだお互いを理解する余地は十分ある!」「もう少しだけチャンスがほしい」など「これからの私を見て!」と思うものですが、男性は情や思い出がなく「これ以上は見込みがない」と判断したときは、とてもドライです。

付き合った期間が数ヶ月程度であれば、復縁は難しいと判断していいでしょう。

元彼が新しい出会いを求めて動き出している

元彼がコンパに出かけたり、友達に紹介をお願いしていたりと、新しい出会いを求めて積極的に動き出しているのであれば復縁は難しいと判断できます。

元彼が「彼女が欲しい」「1人は寂しい」という気持ちから出会いを探しているのであれば「復縁も受け入れてくれるのでは?」と思う人もいるでしょうが、元カノとの恋愛を忘れよう、もっといい恋愛をしようという考えで動いている可能性も高いです。

終わってしまった恋愛に区切りをつけて、新しい出会いに意欲的になっている元彼に復縁を申し込んでも「もう君とは終わったんだ」「お互い、もっといい恋愛をしよう」とキッパリとお断りされてしまうことでしょう。

元カノに対して興味がない

元々は好きで付き合った2人ですが、相性が良くなければ愛情がどんどん減っていってしまうものです。

愛情が減ってしまうと、相手が今何を考えて何をしているか、自分のことをどう思っているのかなどを考えなくなってしまいます。

彼女はまだ彼氏のことが好きなのに、彼氏がもう彼女に対して興味がないという状況は、とても辛いですよね。

このように、元彼と別れた理由が「好きじゃなくなった(好きかわからなくなった)」などの、彼女に興味が無くなってしまったというようなものなら、復縁するのは難しいと判断できます。

既に無くなってしまったものはなかなか取り戻せるものではないので、復縁の申し出をしても、元彼は興味すら持ってくれないでしょう。

別れても体の関係だけある

元彼と別れてからも体の関係がある場合は、彼女として復縁するのは難しいでしょう。

元彼に大事にされていた頃が忘れられなかったり、体だけでも関係を結んでいたらいつかまた恋人同士に戻れるかもしれないと思ったりするかもしれませんが、付き合っていない状態で体の関係を結ぶのは「都合のいい女」の始まりです。

どの人にとっても恋人というのは「特別な存在」ですが、体の関係だけで済む相手は「単なるセフレ」に過ぎません。

セフレになってしまうと付き合わなくても体の関係が結べますし、「復縁しても、他の男と遊びそうだな…」とマイナスなイメージを与えてしまうことがあります。

付き合ってもいないのに体だけの関係を持ってしまったら、復縁は難しいと判断していいでしょう。

復縁が難しいパターンに共通する特徴

別れの原因を解決できないまま復縁を申し出る

復縁が難しいパターンによくあるのが「元彼が別れようと思った原因を解決せず、ただ自分の気持ちを押し付けている」という点です。

カップルによって別れる理由はそれぞれでしょうが、その別れの原因を何も解決しないまま復縁の申し出て、復縁が叶わない人はとても多いです。

別れの原因は様々でしょうが、例えば忙しい彼に対して「私と仕事、どっちが大事なの!」と無理を言ったり、「友達よりも私を優先して!」「いつも連絡は絶やさないで」と束縛をして彼の自由を奪ったりして彼をウンザリさせて別れを切り出されていた場合は、そのことを深く反省して、どのように改善するのかを示すのが復縁の最低条件です。

しかし、そのことを反省せず、ただ彼を失った寂しさだけで復縁ばかり迫っていては復縁しても同じことを繰り返すことになります。

そうなっては彼に復縁を受け入れてもらうのは難しいでしょう。

別れてから時間が経っていない

復縁が難しいパターンでは「別れて時間が経ってないのに、復縁の申し出をする」という点も共通しています。

別れを告げられた側からすると「やっぱり別れたくない!」「早く自分の気持ちを聞いてほしい」という焦りから、早々に復縁のお願いをしてしまう人もいるでしょう。

また、別れている間に彼に好きな人が出来たり、自分のことを忘れてしまったりしないためにも「早く連絡したい、復縁したい」と考える人も多いです。

しかし、すぐに復縁を申し出られても、元彼は「俺の気持ちなんてどうでもいいんだな」「全然わかってないな、この子」と呆れるばかりです。

復縁したいのであれば、何故別れてしまったのかを1人でよく考えると同時に、彼の気持ちが落ち着くまで冷却期間を設けることも大切になります。

どうしたら復縁できるばかり考えている

どうにかして別れた彼氏と復縁したいと考えていると、毎日頭の中がそのことばかりになってしまうこともあるでしょう。

しかしこの状態は復縁が難しいパターンによくあることで、「復縁したい、復縁するにはどうしたらいい」ということばかりを考えて「自分にはどんな非があったか」ということを考えないので、元彼から復縁について考えてもらえることはありません。

復縁ばかり考えて過ごしている女性は、元彼にとっても魅力的な女性とは言えません。

別れることになった原因を自分なりによく考えたり、復縁ばかりに囚われずたまにはリフレッシュするようなことが出来ない女性は、復縁を叶えるのは難しいでしょう。

女性が「悲劇のヒロイン」気分でいる

復縁が難しいパターンに共通する特徴の1つに、フラれた女性は「どれだけ彼のことが好きでも、受け入れてもらえない…」「こんなに愛しているのに、振り向いてくれない」というような、悲劇のヒロイン気分でいるということがあります。

いつまでも「自分は突然捨てられた、かわいそうな女性」「どれだけ辛くても、もう1度彼の振り向いてもらうために頑張る!」という思いに酔っているので、別れになった原因を深く考えません。

そのため、元彼に復縁を申し出ても、別れたときから何も変わっていないので復縁するのが難しいでしょう。

元彼に依存気味である

大好きだった元彼と「やり直したい」と強く願うことは悪いことではありません。

場合によっては「そんなにも自分のことを想ってくれていたのか」と元彼も心を打たれて、復縁を考えてくれることもあるでしょう。

しかし、付き合っているときから元彼に依存気味だった女性の場合は、依存心や執着が原因で元彼から愛想を尽かされている場合が多く、復縁が難しいです。

彼氏という寄りかかる場所を無くしたのが怖くて、必死になって復縁を頼むのですが、それをすればするほど元彼の心は離れていき、復縁することができなくなってしまうでしょう。

可能性なし!絶対に復縁できないケース

女性が何度も浮気をして別れてしまった

別れの原因が「女性の度重なる浮気が原因」である場合は、復縁できる可能性はないと思っておきましょう。

1度だけなら「気の迷い」「誰にでも間違いはある」と自分に言い聞かせて飲み込むこともできたでしょうが、複数回の浮気または浮気疑惑は、男性に限らず女性にも耐え難いものですよね。

男性にとって「彼女」という女性は、自分を1人の男として認めてくれて、精神的に支えてくれる存在です。

自分だけを愛して見つめてくれる、唯一の女性であるはずの彼女が、何度も他の男性に心が傾いてしまったことに、元彼は男性としての自信を失ってしまいます。

彼女への信用もないのに「また復縁してもいい」と思える男性はほとんどいないでしょう。

しつこく復縁を迫った

別れた直後に、どうしても元彼が忘れられなくてしつこく電話やメールをしたり、家に押しかけたりして「もう1度やり直そう!」しつこく復縁を迫った場合は、よほどのことがない限り復縁できる可能性はありません。

復縁したいのであれば、「距離」はとても大事です。

別れた直後のカップルはお互い頭や気持ちが熱くなっているので、冷却期間が必要なのですが、それをすっ飛ばして自分の気持ちばかりを押し付けると「こっちの気持ちなんてどうでもいいのか」と相手の気持ちはさらに離れていきます。

ちゃんと冷却期間を設けていたら復縁の可能性があったかもしれないのに、グイグイと復縁を迫ることで彼の中で「しつこくて怖い女」となって嫌われてしまい、復縁の可能性は断絶されてしまいます。

元彼の人格や生き方を全否定するようなことを言ってしまった

恋人はたまにケンカや意見の言い合いをしつつも、お互いを認め合うことでいい関係を築けるものです。

しかしケンカの流れで元彼の人格や生き方を全否定するようなことを言ってしまい、それが原因で別れに繋がってしまった場合は、復縁できる可能性はないと覚悟しておきましょう。

ケンカの際に熱くなって「あなたのそういう性格、疑うわ!」「そんな生活でいいと思っているの?」など、本心ではなくても必要以上に元彼のことを否定してしまって「アレはまずかったかな」と後悔しても取り返しはつきません。

自分の全てを受け入れた上で付き合ってくれていると思っていた女性から、自分の内面や生き方を否定されたら、プライドが高い男性じゃなくても「やってられない」と感じるものです。

自分の存在を否定するような女性とは、復縁までして付き合いたいと思う男性はまずいないでしょう。

元彼が結婚してしまった

復縁を願っている女性で、もっとも悲しい「絶対に復縁ができない理由」がこれです。

どれだけ元彼に未練があっても、どれだけ元彼のことを愛していても、元彼が結婚してしまったのであれば復縁の見込みはありません。

「好きな人ができた」などであれば、女性の努力次第でまだ望みはありますが、結婚となると話しは別です。

結婚という決断は並大抵のものではないので「結婚相手と一生一緒に生きていく」という決意も堅いでしょうし、法律的・倫理的にも元カノとの復縁は許されるものではありません。

元彼はすでに別の女性と新しい道を歩み出しているので、別れた元カノからいくら「復縁してほしい」とすがられても、振り向きもしないでしょう。

元彼の家族に反対されてしまった

元彼の家族からの交際の反対で別れている場合は、どれだけ頑張っても復縁ができないものです。

彼がもっとも信用する家族の反対は、別れるには十分な理由になります。

家族の反対を「俺は別れない」と言い返すような彼であればそもそも別れることもありませんが、「それもそうだな」「家族に反対されている以上、それを無視してまで付き合えない」と納得して別れを告げてくるようであれば、再びお付き合いするのは無理でしょう。

また、交際を反対した元彼の家族に対する不満などを彼にぶつけてしまっていた場合もとても厳しいです。

元彼を育んだ家族を否定することは、彼のこれまでの生き方を否定することにもつながってくるため、更に復縁の可能性はなくなります。

別れ話がドロ沼化してしまった

彼から別れ話を切り出された際、別れたくないあまりにかなり揉めて別れている場合は、復縁の可能性がほぼないと思っていいでしょう。

どうしても彼と別れたくなくて「どうしても別れるなら死んでやる!」「あなたがいないなら、もう生きていけないよ」などと元彼を脅すようなことを言ったりして別れ話をドロ沼化させてしまったのであれば、元彼の気持ちが戻ってくることはありません。

そのドロ沼化した別れ話で彼の心はどんどん離れていき、「もうこの子と縁を切りたい」「怖すぎるからもう関わりたくない」とすら思われてしまっていることでしょう。

無駄にやきもちを妬かせようとした

彼も自分のことがどれだけ好きか知りたいがために、付き合っているときに何回もやきもちを妬かせようとしたことがある人や、別れてからも「●●さん(男性)からデートに誘われた」などと連絡して気を引こうとしたことがある場合は、復縁するのは不可能だと思っておきましょう。

やきもちとは多少であれば恋人同士の愛のスパイスのような役割を果たしますが、度を過ぎると「自分というものがありながら、他の男性に浮ついている」「もう構いきれない」とあらぬ誤解を招いたり、相手の気持ちの負担になってしまうものです。

付き合っていたときにそんな辛い思いをさせられてきたのに、また付き合いたいと思う男性はいないでしょう。

また、別れてからもやきもちを妬かせて気を引こうとしていたのであれば「もうそっちと付き合えばいいじゃないか」「わざわざ報告してきてうっとおしい」と思われて、もう1度好きになってもらうことは絶対にないでしょう。

元彼の好きな人を悪く言ってしてまった

元彼と別れる原因や復縁できない原因が「他に好きな人ができた」という理由だった場合、冷静ではいられないものです。

しかし、それに感情的になって元彼が好きになった人のことを悪く言ってしまった場合は、今後復縁できる可能性は限りなく低いです。

別れの原因が「好きな人ができた」というものであれば、元彼は何の非もないあなたには引け目を感じているはずです。

別の女性が気になっていることを申し訳なく感じているので、彼女からの罵倒を受けるつもりでもいたのに、自分ではなく好きな人のことを悪く言われると元彼は「そんな子だとは思わないかった」と彼女への気持ちが引いていってしまうことでしょう。

また、復縁希望中に元彼にできた好きな人のことも悪く言うのも復縁の可能性を絶ちます。

元彼のことを見守っていたらいつかチャンスがあったかもしれないのに「君には関係ないだろ!」「もう放っておいてよ」と本格的に愛想を尽かされてしまうことでしょう。

復縁を頑張るだけ時間の無駄になってしまうパターン

友達になるのも叶わない

復縁までのステップとして有効なのが「まずは友達として再スタートする」ことなのですが、それすら叶わない場合は、復縁を頑張るだけ無駄になってしまうおそれがあります。

「これからは友達として付き合っていこう」と話して同意を得られたのであれば、今後友達として遊ぶこともあるでしょうし、電話やメールなどで連絡を取ることもできます。

そうしているうちに、元彼の様子を見ながら復縁へと話を持っていくことも可能ですが、「元カノとは友達にはなれない」というタイプの元彼や、絶縁するくらいに酷い別れ方をした場合は、別れた後に友達になるのは難しいでしょう。

本心はどうあれ「友達」として元彼の近くにいることができるならチャンスがたくさんありますが、友達にすらなれないのであれば恋人として彼の隣に戻れる可能性はほぼなく、いくら頑張っても時間の無駄になってしまいます。

別れた原因が元彼の度重なる浮気

元彼の浮気が耐えられなくて別れた場合は、もし無事に復縁ができたとしてもまた別れることになる可能性が高く、復縁のために頑張ったとしても無駄になってしまうことが多いでしょう。

浮気性の男性はいくら痛い目にあっても浮気を繰り返してしまうもので、復縁したところでまた浮気されて思い悩む日々が待っているだけです。

浮気を繰り返す男性は、基本的には「来るもの拒まず」のスタンスであることが多いので、頑張ってアピールすれば復縁することも可能でしょう。

浮気する以外は素敵な元彼でも、また浮気をされて別れるはめになるのであれば、復縁のために頑張った時間は無駄になってしまいますよ。

元彼に新しい彼女がいる

絶対復縁ができないケースとして「元彼が結婚してしまった」というパターンをご紹介しましたが、「新しい彼女がいる」というのも、復縁を頑張るだけ時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

元カノとの恋愛や別れで傷ついている彼の心を癒し、「付き合いたい」と思えるほどの女性が現れたのであれば、元カノとやり直そうという気持ちが起きることは少ないでしょう。

また、新しい彼女がいる状態で復縁を迫ると「やっぱり元カノは自分のことしか考えてない」「彼女に知られたら困るから、やめてほしい」と煙たがられ、更に嫌われてしまうおそれがあります。

元彼は新しい彼女のことをこれからどんどん好きになっていくのに対し、元カノへの気持ちや思い出はどんどん薄まっていくだけです。

そんな状況でいくら頑張ってもいい方向にはいかないので、悲しいですが頑張るだけ時間の無駄と言えるでしょう。

これまで何度も別れては復縁を繰り返してきた

今回の別れが初めての別れではなく、これまで何度も別れては復縁を繰り返してきたカップルは、またこれからも同じことを繰り返す可能性が高いです。

どちらかが別れを告げ、どちらかが復縁を申し出て、これで何度も付き合ってきたことで「腐れ縁」「やっぱり別れられない2人」と思っている人もいるでしょうが、そのようなことばかりしていても、カップルとしての関係をいい方向に育てることはできません。

復縁できて一時期はハッピーかもしれませんが、また別れる可能性が高いカップルなので、復縁を頑張るだけ時間が無駄と言えます。

お互い新しい相手を見つけるほうが、とても有意義でしょう。

元彼に結婚願望がない

元彼と「結婚できたらいいな」と思って付き合っていた人の場合、元彼に結婚願望がないのであれば頑張って復縁するだけ無駄になってしまうことでしょう。

「彼が最後の人!」と考えて付き合っており、何としても復縁したいと思っている人もいるでしょうが、相手に結婚願望がないのであれば無理して復縁したところで、自分が望んでいるゴールにはたどり着くことができません。

そんな元彼を追いかけるだけ時間が無駄になってしまうので、結婚願望がある女性は復縁せずに別の道を選ぶのがおすすめです。

元彼が別れたことを喜んでいる

カップルが別れるときは、フラれた方は悲しく辛い気持ちになり、フった方は申し訳なさと心苦しさがあり、2人とも暗い気持ちになりますよね。

別れてからは当分は何とも言えない沈んだ気持ちになるものですが、元彼が別れてからすぐに「別れてよかった!」と喜んでいるようであれば、どれだけ復縁を頑張っても時間の無駄になるおそれがあります。

周りの知人やSNSなどで「別れてスッキリした!」「恋人募集中!誰かいい人いたら紹介して」というように前の恋愛に未練や後悔がない様子だと、彼の中にはもう元カノの存在はありません。

その状態で復縁を申し出ても「何をいまさら」「面倒だな…」と思われて軽くあしらわれることでしょう。

復縁の難しいパターンだった時は諦めるのも1つかも!

復縁は、初めてカップルになるときよりもはるかに難しいものです。

お互いのことをよく知り、その上で1度別れることになっているのですから、もう1度相手の愛情を取り戻してやっていこうと思うのなら、相当な努力や工夫が必要になります。

また、どう頑張っても復縁が難しいまたは不可能な場合もたくさんあるでしょう。

元彼の性格や別れた時のパターンによっては、復縁を望まずに前を向いたほうが幸せになれるかもしれませんよ。

復縁したいほど人を好きになれるのはとても素敵なことですが、あなた自身が健やかな気持ちで恋愛を楽しむためにも、復縁が難しそうなら「いい思い出だった」と区切りを付けて、次の恋へと向かっていきましょう。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG