身長差があるカップルは大変!理想像とは違う実際のメリット・デメリットやあるあるを紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

「あのカップル羨ましい」「あのカップルの身長差って理想よね」と彼氏と彼女の身長差に関心を持っている人も多いはず。

彼との身長差はキスやハグなどスキンシップを取るのにも重要な要素になります。

今回は、身長差があるカップルの理想像とは違う実際のメリットとデメリットや身長差カップルのあるあるを一挙ご紹介しましょう。

身長差が10センチ、20センチ、30センチごとにカップルのメリットとデメリットを見ていくので、実際にはどんなことが起きているのか知ることができます。

実は別れやすいと言われている身長差カップルが、これからもずっと長続きする秘訣もご紹介するので、メリットとデメリットをよく知った上で参考にしてくださいね。

目次

理想の2人!?身長差カップルは周りからこう見られています

理想の男女が並んでいる

彼氏の身長と彼女の身長に差があると、周囲から見ると理想の男女が並んでいると見られています。

平均的にも10センチほどの身長差はとても理想的だと見られ、バランスがよく見えるのです。

身長差がないカップルは、とても仲が良い友達のようなカップルに感じるのに対して、身長差が大きいカップルは、それぞれが男女の役割をしっかりと果たしているような印象を受けます。

男性らしい、女性らしい二人が横に並んで親しげに話しをしている様子は、まるで王子様とお姫様が愛をささやきあっているかのような魅力を感じるものです。

男女が並ぶ姿に、人は皆ロマンティックな幻想を重ねたくなります。

もし自分の彼氏が彼女より小さかったり、全く同じ身長だったりすると、どうしても身長差があるカップルを見かけると「いいな」「理想の身長差だな」と感じることもあるものなのです。

女性の方が大きいカップルであっても、不思議なことにその印象は同じで大きい彼女の方に男性性を見出し、小さい彼氏の方に女性性を見つけ、お互いが補い合っているような印象を受けるので、そんなカップルも仲睦まじく見えてきます。

彼はしっかり守ってくれそう

男性の方が彼女よりぐっと大きいカップルでは、周囲の人は「彼はしっかり守ってくれそう」と見られているのです。

大きい人を見かけると、多くの人は「頼りがいがありそう」「力が強そう」「なんでもやってくれそう」という印象を持ちます。

例えばバスケットボール選手やバレーボール選手はとても身長が大きいですが、実際のところはどうであれ、彼らを見て「彼女に甘えそう」「何にもできなさそう」「力が弱そう」とは思わないはずです。

彼らもユニフォームを脱げば、普通の男性ですが、その印象は変わらず人々に与え続けます。

また、大きい男性との身長差があれば、彼女の方も大きかったとしても“小柄な女性”と感じるものです。

「隣の彼女、しっかり守ってくれそうな彼で羨ましい」「頼もしい彼氏を持って幸せね」と彼女の身長にフォーカスされないまま、イメージがインプットされます。

そのため後日彼女だけと会ったら、意外に大きくて驚いたという話もよくあることなのです。

日本人は男性に頼もしさと威厳を求めるので、身長が高かったり骨がしっかりして体型がしっかりしている男性だったりを見ると、「頼りがいがある」と魅力を感じます。

女の子が華奢で可愛い

身長差があるカップルは、女の子が華奢で可愛いと周囲の人から見られます。

身長差が大きいカップルは、小さい方の女性が実際よりもとても小さく見えて、「しっかり愛されているんだろうな」という印象を与えるものです。

横に並んで手をつないでいるだけでも、身長が大きい彼氏は手のひらも大きく、彼女の手を包み込むような形になっている様子を見ることができます。

彼が彼女の方に手を乗せているだけでも、大きく包み込まれているように見えるものなのです。

そのため、「守ってあげないと壊れてしまいそう」と感じるほどに大切に扱われているという印象を受けます。

そんな印象が後押しして、「彼女が華奢」だと感じるのです。

清楚で華奢な女性は、全ての男性の憧れであり、とても愛らしいと感じる魅力の一つとなります。

彼氏との身長差が大きい、ということがきっかけで彼女の魅力もプラスされていくものです。

余りにも大きな身長差は、身長差カップルとして注目を集めると同時に、彼女のファンも増えていくことになります。

身長差が約10cmのカップルが感じるメリット

腕を組みやすい

身長差が約10cmのカップルが感じるメリットは、彼との腕を組みやすいという点です。

実は身長差10センチはとても理想的な数字と言えます。

多くの女性が10~15センチ差がいいと感じているのです。

10センチの身長差は、並んだ時の視線も近いものであり、一緒にデートをしていても同じものを同じタイミングで見つけることができます。

腕を組む時にも彼女がさっと彼の腕に手を絡めて、ちょうどいい高さとなるものです。

ピッタリ同じ身長であれば、腕の出発点である肩の部分がぶつかり、腕を組んでももつれるような感じになってしまいます。

10センチの身長差は肩の位置にわずかなズレを生じさせてくれ、違和感なく腕を絡めることができるのです。

彼女からすれば彼の腕が「さあ、どうぞ」と言っているかのように感じるほど、あの人の体が近く感じ、腕を組むことで鼓動を感じることができる気にさえなってきます。

自然と腕を絡めることができる位置にあるおかげで、二人の心はとても近くに感じることができるはずです。

手をつないだり腕を組んだりする頻度が多いほど、お互いを信頼し合える関係になっていきます。

キスがしやすい

身長差約10センチカップルカップルが感じるメリットは、キスがしやすいというところです。

恋人同士にとってキスのしやすさは、交際を続ける上で非常に重要なポイントと言えます。

たくさんキスをするカップルほど、触れ合いが増えるためお互いの事を信頼するようになるものです。

そのため、相手に対して無理な要求をすることはなくなり、自分自身も相手に対してできることをサポートしてあげたいと思うようになっていきます。

恋人同士の信頼は、恋愛をする上でとても重要であり、キスをたくさんすることで積み重ねていくこといくことができるのです。

キスがしやすい身長差のカップルは、最初からキスを頻繁にできる環境にあるといえ、信頼関係を作りやすい交際を続けることができます。

待ちに待ったデートで彼と会えた時に、会話をしていて嬉しいと感じた時に、「空気が悪くなってしまったな」と感じた時の転換に、軽くキスをして大好きな彼との心の絆を強くしていきましょう。

女の子から可愛らしくキスをする姿は、男の子の心をしっかりと掴むことができるはずです。

顔が近い所で会話ができるから目線が良く合う

身長差約10センチカップルが感じるメリットは、彼氏と顔が近いところで会話ができるから、目線が良く合うようになることで、ラブラブ度がアップしていくことです。

ラブラブなカップルほど、顔を近づけ親密に思っていることを相手に伝えたい気持ちが態度に表れます。

人間は親しみを持っている人間ほど、相手との距離感が近くなり、顔が近い人は完全にパーソナルスペースに入ることができていることから、心から信用しているということを意味するものです。

目を見つめることで、真実や本音を相手に伝えようと真摯な気持ちになり、自分や相手の気持ちに嘘をつくことがなくなります。

身長差が約10センチのカップルは、隣同士にいるだけで、顔が近いところに有り、心理的に受け入れる体制になっていくものなのです。

例えばケンカをして意見が合わないことがあっても、ふと相手の方を見るとすぐ近くに顔があるので、「許そうかな」という気持ちになっていきます。

振り向いた時、すぐ目の前に彼氏の顔があれば自然と目が合い、心の奥底まで見られているような恥ずかしい気持ちから、ラブラブ度が高まっていくのです。

身長差約10cmのカップルが付き合うデメリット

ヒールを履けない

身長差約10cmのカップルが付き合うデメリットは、女の子が気軽にヒールを履けないということです。

ハイヒールや厚底ブーツは、履くことで高さが足され、身長が高くなります。

彼氏が彼女との身長差が約10cmあることで満足している場合、高さのあるヒールを履くことで身長差が少なくなってしまうもの。

そのため、彼から「もう少しかかとの低い靴を履いて欲しい」と言われることも少なくありません。

また、7cmヒールの靴は、女性の足を長く見せる効果や美しいラインを作り出す効果があるものです。

身長差が約10cmのカップルで、彼女が7cmヒールを履いてしまうと、彼とほぼ横並びになってしまい、身長差を演出したいカップルにとっては残念なシルエットとなってしまいます。

慎重さを気にすることが原因で、ハイヒールやかかとがたかいブーツを履くことを避けてしまうことで、オシャレをしたい乙女心が不完全燃焼となってしまうのです。

「彼とのデートは履ける靴が限られるな」「彼と一緒にいると可愛い格好ができない」と思ってしまうことで、「オシャレができない」と不満になってしまうことからイライラが少しずつ募ってしまうことになります。

常に顔色が気になる

身長差約10cmカップルが付き合うデメリットは、常にお互いの顔色が気になるという点です。

恋人同士というのは、お互いの機嫌がその日のデートを左右すると言っても過言ではありません。

彼氏のご機嫌が悪ければ、無言の時間が続いてしまい「今日は何のために会っているのか分からない」と一緒に不機嫌になってしまうこともあるし、彼女のご機嫌が悪ければ、美味しいものに誘ったり、褒める言葉を探したりとご機嫌とりに必死になってしまうものです。

会話をしていても、身長差がそれほど離れていないカップルであれば、繊細な表情の変化まで読み取ることができ、相手が今何を考えているのか勝手に目に入ってきます。

友達との会話を教えてあげようと、一生懸命に話をしていても「あれ、この顔は話に飽きているな」「しまった!男友達の話をして機嫌を損ねてしまった!」などリアルタイムに相手の気持ちが分かってしまうのです。

そのため常に相手の顔色を伺って「彼氏・彼女を喜ばせよう」「今日の機嫌はどうだろう」とデートの度にプレッシャーを感じてしまいます。

メイクの手抜きがバレる

身長差10cmのカップルが付き合うデメリットは、メイクの手抜きがバレることです。

交際が長くなってくると、「最初のイメージと違う」と感じる彼氏も少なくありません。

それもそのはず、女の子は彼氏とデートの時、とびきりオシャレをして可愛い女の子を演じたいものですが、交際年月が経過し彼との関係も深くなってくると、自分を演じなくても「私自身」を理解してもらえている安心感が大きくなってきます。

すると、最初は頑張っていたメイクやオシャレもだんだんと「今日はマスカラ抜きにしちゃおう」「今日のデートはお家デートだからファンデーションだけにしよう」など、フルメイクから、徐々にパーツメイクが抜けていき、ノーメイクでも平気になってくるものなのです。

彼氏の方は、いくら付き合いが長くなってきても、彼女には可愛くいてもらいたいという願望を持っており、病気の時や元気がないときを除いては、最低限の女性として努力をして欲しいと想っています。

しかし、その気持ちは言葉に出す人が少なく、彼女にはきちんとして欲しい男の子と彼氏の前だからこそ手抜きが許されると考えている女の子との構図が出来上がっていくのです。

身長差が小さく細かなことが目に付くカップルは、表情やコンディションなどいつもと違うことに気がつきやすいため、メイクの手抜きをするとすぐにバレてしまいます。

身長差が約20cmのカップルが受けられるメリット

ヒールを気軽に履ける

身長差が約20cmのカップルが受けられるメリットは、ヒールを気軽に履けることです。

このくらいの身長差があるカップルだと、裸足の状態では彼の目線に彼女の頭頂部があるくらいになります。

彼氏の目線が上の方にあるので、気兼ねなくヒールを履くことができ、その状態で目線がちょうどいい高さになるのです。

デートの時にオシャレをした効果が、目線を近づけるという役割も兼ねてくれるので、お互いの親密度も上がってきます。

女性は、靴選びにも時間をかけており、ヒールを選ぶことができるというだけで選択肢が一気に増えて、デートに行く場所に合わせて選ぶことができるのは、女心にとってプラスポイントです。

「いつでも女を磨いていたい」「レストランにはペタ靴ではなくてヒールを履いていきたい」など、女性のこだわりを表現することができます。

抱きしめられると包まれている感じがする

身長差約20cmカップルが受けられるメリットは、抱きしめられると包まれている感じがするという点です。

大きな身長差であれば、彼氏から抱きしめられると彼女は腕の中にすっぽりと埋まってしまい、温かい毛布にくるまれているような感覚になります。

ふかふかの布団に包まると心地いいと感じるのと同じように、彼氏が抱きしめてくれるだけでとても気持ちがいいと感じるのです。

また、抱きしめる側の彼氏の方も、彼女のことを包み込んでいる間、大切な宝物を手に入れたような気持ちになり愛おしさが倍増します。

壊れてしまいそうなほど小さく感じる彼女を「守ってあげたい」「ずっと包み込んでいたい」という願望が生まれてくるのです。

恋人にとって安心感は、長続きのコツでもあり、二人が一緒にいる空気感がいつまでも続けることができると感じるほど、心地良くなる大切な要素と言えます。

すっぽりと腕に包み込まれた彼女も、他の男に取られないよう自分の腕で隠しておきたいと思う彼氏も、お互いが安心感を持つことで、カップルの幸福度が上がるものなのです。

すぐに表情を見ることができないため、恥ずかしさも少なくなり抵抗なくギュッと抱きつくことができ、そんな行為もまた愛しさをプラスしてくれます。

彼がよく肩に腕を回してくれる

身長差約20cmのカップルが受けられるメリットは、彼がよく肩に腕を回してくれることです。

カップルが横並びで歩いている時、彼が少し腕を上げるだけで彼女の肩をだくことができるので、お互い負担なく過ごすことができます。

二人の身長差が小さければ、彼は真横に腕を上げなければ彼女の肩をだくことは難しく、その状態で肩を抱いたとしても、彼女の方も窮屈に感じてしまうものです。

腕の付け根、肩の骨が近い位置にあることで、骨同士がぶつかりやすくなってしまいます。

しかし、身長差が大きければ骨がぶつかる心配もなく、彼の腕も真横まで上げなくても無理せず彼女に回せるのです。

身長差が大きい分、彼は腕の長さもあり、肩に回された腕にも窮屈さを感じることがありません。

「近くに感じていたい」「肌身離さず一緒にいたい」と思っている彼氏は、ちょうどいい高さにある彼女の肩をずっと抱いていたいと思い、しょっちゅう腕を回すことになるものなのです。

身長差約20cmのカップルが抱えるデメリット

首が疲れる

ヤスコ
ヤスコ
こんにちは!ヤスコと言います!

私は2019年にある占いサイトで運勢を占ってもらい、 見事に彼氏と復縁することができました!

今日はそんな私の体験談を参考に、このサイトがどれだけ当たるのかお見せしたいと思います。

身長差約20cmのカップルが抱えるデメリットは、身長が低い方の首が疲れるという点です。

恋人同士、愛を囁くためには出来るだけ近くにいて、体温を感じながら過ごしたいと思うもの。

しかし、近づけば近づくほど二人の視線は高低差が出てきます。

一定距離離れていれば、目を見つめていても違和感を持たないものの、近づいて愛をささやきたい時ほど、お互いの目線を合わそうとすると首を曲げないといけなくなるのです。

身長が低い方は相手に合わせて上を見上げることで、重い頭を支える首には重労働となります。

逆に身長が高い方も、相手に合わせて視線を下げることで首に負担となり、肩こりの原因となってしまうものなのです。

好きな人と近づきたいと思うほど、体に負担がかかり「彼と付き合い出してからなんだか首が痛い」「彼女と一緒にいると肩が凝る」という現象が起きてしまいます。

例えばメガネをかけていたとすると、首を大きく傾けることできちんと合わせている位置からズレてしまうので、会話をするたびにメガネの位置を直さなければいけないという手間も増えてしまうのです。

身長差のおかげで首に負担がかかっていることに気がつけば、二人でマッサージをし合うというコミュニケーションにも発展しますが、気がつかないまま肩こりや首の痛みにも鈍感になっていると、思考回路が鈍り、マイナスなことばかりを考えてしまうようにもなってしまいます。

彼女から気軽にキス出来ない

身長差約20cmのカップルが抱えるデメリットは、背が低い彼女の方から気軽にキスできないとう点が挙げられます。

身長差があると、振り向きざまのキスや不意打ちのキスをすることができなくなり、彼からのキスを待つか、自分からしたいときは「キスしたい」と言葉で伝える必要があるのです。

少女漫画のように、彼女が目一杯背伸びをしてキスする姿はとても素敵で憧れますが、このシチュエーションになるためには、相手と「キスしたい」という意思疎通が出来ていることが大前提となります。

突然背伸びをしてキスをしようと思っても、彼が動いてしまえばサプライズも失敗に終わり、空回りとなってしまうはずです。

逆に背の大きな彼からのキスは、さっと腰を屈めるだけですることができるので、彼女は「いつも彼からキスしてきてズルイ」「私からもいっぱいキスしたい」と思うようになります。

女性の方が高いと自分がたくましく見えてくる

身長差約20cmのカップルが抱えるデメリットは、女性の方が高いと自分がたくましく見えてくるという面を持っています。

身長差カップルと一言で言っても、常に男性の方が高いとは限りません。

例えば、彼女の家系のみんな身長が高い人だったり、バレーボールなどのスポーツをしていて身長が高くなったりと、女性の身長が高くなる要素もたくさんあるものです。

男性の方も家族みんな背が低い、体操選手だから小回りが利く小柄なほうが有利、など男だから背が高くてはいけない理由はないと言えます。

しかし、女性の方が「彼氏よりも背が低く有りたい」「自分よりも背が高い人の方が好き」と望む人は多く、好きになった人がたまたま自分の身長よりも背が低かったらコンプレックスに思ってしまう人もいるのです。

「彼氏よりも背が高いと私の方が男の人みたい」「本当は華奢に見られたいのにたくましく見られそうで嫌」という心理から、なるべく近くに並ばないように気をつけている人もいます。

背が高い女性が彼との身長差を気にするのは、背が低い女性に憧れていることが多く、自分の身長が「可愛くない」と思っている人が多いため、彼氏との身長差に悩むことがあるからです。

身長差30cm以上のカップルが付き合うメリット

お姫様抱っこを簡単にしてくれる

身長差30cm以上のカップルが付き合うメリットは、女子なら誰でも憧れるお姫様抱っこを簡単にしてくれる点です。

身長差があるということは、その分体格の差、体重差があるということなので、彼が彼女を持ち上げるのはいとも容易いということになります。

これが、ほぼ身長が変わらないカップルであれば、彼氏はよほど筋力をつけていないと難しいことなのです。

昔話に出てくるラスト、ドラマに出てくる胸キュンシーン、など男性がヒョイっと軽々女性をお姫様抱っこする姿を見ると、「カッコイイ」「私もされたい」と誰もが一度は憧れます。

身長差があるカップルにとっては、彼女の実身長がいくらであろうと小柄な彼女であることには変わりなく、小さな体を抱き寄せることがとても愛しいと感じることができるはずです。

また、男にとって筋力の誇示は自信の表れでもあり、彼女に「重いから下ろしていいよ」と言われても「全然重くないよ、平気だよ」と続けることで、カッコよく見られたいと思っています。

迷子になっても見つけられる

身長差30cmのカップルが付き合うメリットは、迷子になっても見つけられるという点が挙げられます。

実は、迷子という現象において、身長差カップルにおいては「視線が合わないから会えない」「見ている点が違うから見つけられない」という声も囁かれていますが、実際は違うのです。

身長差30cmもあれば、通常のカップルとは違う状況が起きています。

例えば身長170cmの彼氏と140cmの彼女の場合、彼氏は平均的な身長なので周囲にうもれてしまって彼女からは見つけにくくなってしまうはずです。

しかし、彼氏目線では人ごみに紛れても彼女ほど小さな人が大勢いるわけではありません。

少し小さな人の中から、いつも見ている愛しの彼女の“頭”を探せば見つかります。

次に身長185cmの彼氏と155cmの彼女の場合、彼女は平均的な身長なので人の中に紛れて分からなくなりがちですが、180cmを超える身長の男性は顔が周囲の人より半分くらいは見えている状態なので、彼を見つけることは簡単です。

ぐんと大きい190cmの彼氏であれば、お店の商品棚があって視界を遮っていたとしても見つけることができます。

お互いに安心感がある

身長差30cmのカップルが抱えるメリットは、お互いに安心感があるという面です。

身長差が大きければハグをした時に、スッポリと腕の中に隠れてしまうほど包まれます。

彼女は、赤ちゃんの頃お母さんに抱っこされていた頃を思い出しとても安心することができるはずです。

彼氏は、自分が包み込む立場になることで、動物的本能が働き「大事な人を敵から守る」という態勢に入ります。

また、サイズが違いすぎることで相手に対して敵対心を抱きにくく、争いが起きにくい状況になっているのです。

身長が近ければ、価値観を押し通したくなったり、相手のことを指摘したくなったりとライバル意識が勝手に生まれてしまいます。

しかし、身長差がありすぎることで相手の全てを受け入れることが容易なのです。

お互いに困っていることをサポートし合える関係として、常に居心地よく一緒にいられる方法を模索するからこそ、お互いのことをよく理解出来る関係になっていきます。

「守ってあげたい」「支えてあげたい」とお互いが向き合うことで、思いやりや優しさ、柔軟性が生まれて不満を抱きにくい交際を続けることができるのです。

身長差30cm以上のカップルあるある!避けて通れないデメリット

威圧感がある

身長差30cm以上のカップルが避けて通れないあるあるなデメリットは、威圧感があるという一面があることです。

動物的本能で、どうしても自分よりも大きな存在は怖いと認識してしまうことがあります。

例え大好きな相手であっても、身長差がありすぎることで自分と同類と思うことができません。

「怒られた怖そう」という印象が強くなっていけば、何も起きていないのに恐怖を感じ始めてしまう原因にもなってしまいます。

もし、身長が大きな彼から突き飛ばされたり暴力を振るわれたりすれば、小柄な彼女は吹き飛んでしまうはずです。

あまり力を入れていなくても、ケガをすることも考えられます。

身長が高いと声帯も太く声が低くなるので、どっしりとした重圧感もプラスされているのです。

仲良しなときは何も感じていなくても、ケンカをしたり不穏な空気が流れたりすることで、「怒らせたかも」「威圧感がある」と感じます。

話し合いが通用するかどうかも不安になり、どう対処していいのかわからなくなってしまうので、自分の本心が話せなくなってしまうということが起きるのです。

話が聞き取れない

身長差30cm以上のカップルが避けて通れないあるあるなデメリットは、相手の話が聞き取れないということです。

言葉は喉から発する音であり、音の流れは真っ直ぐにしか進みません。

身長差が大きければ大きいほど、相手が発する音の出処の位置が聞く側の耳の位置とずれてしまい、音を伝えることができる許容範囲から外れてしまいます。

お互い向き合って会話をしていればしっかりと話を聞きとることができますが、並んで歩きながら会話をしていると相手の言葉を耳で拾うことができないのです。

「え?今何か言った?」と聞き返すたびに「また?何度も言うのは面倒だな」と思ってしまい、次第に会話自体が少なくなってしまいます。

また、「今何か言った気がするけど、何度も聞くのは面倒だから、聞こえないふりをしよう」と聞き流してしまうことが増えると、これもまた会話が減ってしまう原因となるものです。

お互いがしっかりと「伝えよう」「聞き取ろう」という意思がなければ、会話をすることも不便になります。

身長差ありすぎカップルのあるあるは、人ごみでは喋らなくなるという現象が起きることです。

歩くペースが違う

身長差30cm以上のカップルが避けて通れないあるあるなデメリットは、歩くペースが違うというポイントです。

身長差があるということは、それだけ四肢の長さも違うということ。

足の長さももちろん違います。

身長差がありすぎることで、踏み出す一歩の幅が大きく違い、一緒に歩いているつもりなのにいつの間にか一人で歩いていたり、置いていかれて悲しい思いをしたりと気持ちのすれ違いにまで発展してしまうものです。

ゆっくり歩いているつもりでも、なかなか横に来てくれない彼女に「早く歩いてよ!」と思ってしまう、一生懸命ついて行っているつもりなのに「何で待ってくれないの?」と思ってしまうということは、普段無意識に何気なく歩いているからこそ、相手と歩くペースが違うということに気がついていない証拠。

身長差が大きいカップルほど、寄り添う意識を高めておかなければいけないのに、無意識なことほど違いが出てきてしまい、不満に思ってしまいます。

特にあまり手を繋がないカップルは、歩くペースが違うことに気がつかないことが多く、ケンカになってしまうのです。

実は別れやすい身長差カップルが交際をうまく続けていく秘訣

お部屋デートを多くする

実は別れやすいと言われている身長差カップルが交際を上手く続けていく秘訣は、お部屋デートを多くすることです。

身長差カップルがお互いの違いを感じる時は、ほとんどが歩いているときや並んで立っているときに起こります。

外出デートでは、買い物や遊びに行くことで移動することが必須となるはずです。

そのため、すれ違いが増えてしまい不満となり別れの原因となってしまいます。

お家デートを増やすことで、ほとんどが座る時間や立って何かをしていてもラブラブとお互いのことをしっかり見つめ、向き合う気持ちになっているものです。

そのため、相手に不都合なことは意識的に避けるようになり、思いやりの気持ちを表現しやすくなります。

どれだけ身長差があってもそのほとんどが足の長さの違いであり、座ってしまえばそこまで大きな違いはなくなるものなのです。

お部屋であれば相手の声もしっかり伝わり会話に困ることもなければ、立ったままキスするには困るカップルも、近くで目を見るだけで「キスしたい」という気持ちも以心伝心します。

二人がどんな気持ちになっているのか、お部屋という限られた空間だからこそ、優しさを持って汲み取ることができるのです。

オリジナルのボディタッチを探す

別れやすいと言われている身長差カップルが交際を上手く続けていく秘訣は、オリジナルのボディタッチを探すことで、ラブラブ度を他のカップル以上に育てていくことができます。

身長差カップルが別れやすいのは、通常の恋愛のセオリーが通じないからなのです。

「キスしたいときには、察して欲しい」「ボソッと言った一言を覚えておいてサプライズプレゼントして欲しい」「普通に歩いているだけなのに離れてしまう」などの不満を抱えてしまいます。

しかし、キスしたい気持ちも表情をいちいち見なければ伝わらないし、小さな声では相手に届かない、歩幅なんて意識しなければ合わせることは難しいことです。

そんな時には、一つに自分たちオリジナルのボディタッチを探して作ってしまいましょう。

キスしたいときには、呼び止めて唇に人差し指を当てる、言葉が聞き取りにくい時には相手の顔を包み込み、自分に向けて向き合う、歩幅が合わなくて困っている時にはおんぶしてもらう、など二人だからこそコミュニケーションを増やすことができます。

ボディタッチを追加することで、心の距離や信頼関係も築きやすく、「相手に合わせよう」という気持ちを育むこともできるはずです。

思っていることを言葉にして素直に甘える

実は別れやすい身長差カップルが交際を上手く続けていく秘策は、思っていることを言葉にして素直に甘えることです。

不思議なことにカップルというのは、お互い好きだと思った時点から考えていることが分かっているという前提になってしまうことが多くあります。

「彼氏なんだから言わなくてもわかってよ」「彼女なんだからもっと考えろよ」と自分が伝えてもいないことを相手に悟るよう求めてしまう傾向が強くあるのです。

どんなカップルでも、自分の期待を相手に押し付けることは別れの原因となりますが、身長差カップルは相手と違うことが他のカップルより多い分、そのすれ違いは多くなります。

しかし、脳内にある言葉や考えはいくら両思いだからといっても、言葉にしなければ分かりません。

「二人でゆっくり過ごしたい」「あなたと近くにいたい」「目を見つめたい」と一つ一つ言葉で伝えることで、相手に自分の気持ちを開示することができます。

そうして気持ちに対して行動を重ねる経験を積み重ねることで、二人の間で「言葉にしなくても言いたいことがわかる」という関係を作ることができるものなのです。

身長差があるカップルは理想像とは違うからこそあるあるを知って行動を見直そう

身長差があるカップルは、理想像を描きやすく、周囲から羨ましがられるものですが、実際には大変なことも多くあります。

だからこそ身長差カップルのメリットやデメリット、あるあるなことを知って一つ一つ細かいところまで意識して、今ある問題の行動を見直すことで関係性を濃くすることができるのです。

二人がお互いに支え合い向き合うことができる意識と環境を整えることが、大好きな彼とのすれ違いをなくし、ラブラブを長続きさせる秘訣になりますよ。

【期間限定・3月29日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG