付き合う前に嫉妬させる男性の心理!対処法や逆に男性を嫉妬させる方法もチェック

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「まだ付き合う前なのに嫉妬させる男性の心理が全く分からない」「両想いだと感じていたのに冷たくされるのは、意図があるのかな」と良い雰囲気になっていた相手の態度が変化した時には、何を考えているのか分からなくて混乱してしまいます。

冷たくされているのに脈ありというケースもあるのですが、見る限りの対応では想像するのは難しいものです。

付き合う前に嫉妬させる男性の心理や対処方法、また逆に嫉妬させる方法まで詳しくお伝えしますので、こちらのペースで恋愛を進められるようチェックしておきましょう。

両想いだとしても、相手がどんなつもりで冷たくしてくるのか、嫉妬させようとしているのか意味が分かれば、これからの関係性も構築しやすくなります。

相手の気持ちを汲み取れるいい女になって、幸せな恋愛をしましょう。

目次

付き合う前に嫉妬させる男性の心理が知りたい!

脈アリか確認している

良い感じになっていた男性が冷たくしてくるのは、本当に脈アリなのか確認しているという事があります。

男性は、失敗をとことん嫌うものです。

完璧主義とまではいかなくても、男のプライドというワードが知れ渡るほど、失敗を人に見られたり、価値が低いと思われたりすることを嫌がります。

両想いと思ってた女性に対して「今がタイミングだ」と告白したら、振られてしまったとなれば、とんだ恥をかいてしまうところです。

告白をするのは細心の注意を払って、確実にお付き合いが出来る段階になってから行動に移したいと考えます。

大人になればなるほど、振られることが恥ずかしいと考える人も多いですし、「勘違いだったと分かってしまったら立ち直れない」と慎重になるのも仕方のない事です。

「本当に両想いかな」「告白したら上手くいくかな」と不安になっている気持ちを解消するために、テストを行っています。

冷たく接してすぐに離れていけば、そもそも大して好きではないと考えられますし、他の女性と仲良くしている姿を見て相手も別の男性に仲良くしようとするなら、好意はないと諦めもつくからです。

気を引こうとしている

男性は、付き合う前の女性に対して、今以上に自分に気を引こうとして嫉妬させることもあります。

「きっと好いてくれているんだろうな」「多分付き合う事は出来るかな」と思っていても、念には念を入れてもっと深入りしてもらうことで、確実性を高めることが出来るはずだと踏んでいるのです。

もしくは、両想いであること自体に自信が持てないという男性。

まだ、恋人という関係性でないからこそ、「ハッキリ告白していないから、もしかしたら勘違いかも知れない」「好きだけど付き合えるとは限らないな」と不安に押しつぶされそうになっています。

「もっと好きになってもらわないとこの先はない」と思っているため、アピールの一つとして自分に着目してもらう必要があるのです。

冷たくして「あれ、最近態度が変わったな」と思ってもらえたら成功となります。

男性の中には、態度や行動から感情が分かりやすいタイプとそうではないタイプといますが、仲良くなるには気持ちを汲み取ったらすぐに掴むことです。

こちらの記事では、無意識レベルで分かりやすい行動をしてしまう好きアピールの態度についてお伝えしています。

観察をしながらも、仲良くなるための方法を実践しているのです。

女性の上手な対処法もご紹介しているので、活用してください。

好きな女性にとる態度で無意識に好きアピール!わかりやすい男性の好意のサインと大人女子の上手な対処の仕方

両想いだと思っている

既に両想いになっていると思っている時にも、嫉妬させる行動を起こします。

「付き合っていないのにどうして」と不思議に思っても、既にカレの中ではあなたとは恋人同士になっているわけです。

嫉妬もするし、独占したい気持ちも芽生えています。

既に、彼自身はあなたの行動を見てジェラシーで腹立たしい気持ちを抱いているのかもしれません。

「どうして、俺を放ったらかしにするんだ」「別の男と仲良くするところを見せつけて、腹が立つ」と怒りを感じた時、「同じように嫉妬させてやろう」と共感をきっかけに仲を取り持とうとします。

「嫉妬する側の気持ちが分かれば、どれだけ裏切られたと感じるか、辛く悲しい感情でいっぱいになるか身に染みるはずだ」と考えるわけです。

女性の気持ちを独占するためには、なりふり構っていられません。

男性の中では、もう恋人になっているわけですから、一緒にいる時間が少なければ不満に感じている可能性が高いという事です。

あなたの行動に嫉妬してしまったので自分も嫉妬させたい

先だって付き合っていると思い込んでいるわけではなくても、嫉妬をそのまま返すというパターンもあります。

友達以上恋人未満、仲のいい男女の友人と思っていても、他の人と仲良くしている姿を見ると取られてしまったように感じることがあるのです。

分かり合えたと思った唯一の相手が、他の人とも心を許し合えているように見えると、「自分だけではなかったのか」とショックを受けてしまいます。

さっさと告白をしてしまえば一歩先に進む事も出来るのですが、それも出来ない中途半端な状態で立ち止まっている人は多くいるものです。

本当は独り占めしたいし、早く付き合いと思っているのに、自分自身の勇気がないせいで恋人になれないもどかしさや他の人への羨望の眼差しが嫉妬となって心の内に燃え上がります。

「同じように嫉妬してくれないかな」「気に掛けてくれたら一気に関係性が進むと思える」と考えている時に、どうにかジェラシーを抱かせる方法を考えて実行するわけです。

モテる男アピールをして女性を焦らせたい

モテる男アピールのために様々な方法を考えます。

お互いに好きな者同士だと感じているからこそ「付き合うまでにもっと夢中にさせたい」と考え、焦らせ作戦を実行しているところです。

女性が「もしかしてモテる人なのかな」「他の人に取られてしまうかも」と考えれば早く付き合いたいと考えるはず。

それでも、男性は告白をせずに焦らします。

女性の気持ちがヤキモキして「絶対にチャンスが来たら逃したくない」と思った時が頃合いです。

色んな女性から話しかけられたり、囲まれたりしている姿を見れば、女性の方から告白してもらえる可能性も高められます。

必死で好きな人を繋ぎ止めようとしなくても、女性に「モテる人だから早く自分のものにしたい」と思ってもらうだけで成功率もスタートの時期も思いのままにコントロールできるわけです。

そもそもモテたい願望があるので、両想いが確実そうな人から思われる時期を長く堪能したいという気持ちもあります。

優越感を感じたいだけ

単純に優越感に浸りたいという理由で、嫉妬させることもあります。

誰かにジェラシーを抱かれるということは、愛されている証拠といえるはずです。

愛されていることに満足していると、優越感に浸ることが出来ます。

「自分は異性として魅力的である」「複数人の女性からアプローチされる男だ」と感じる事で、意中の相手は確実に手中に出来ているようにも思えるわけです。

わざと嫉妬させることで、「好かれている」と強烈に認識出来ます。

他の男性よりも有能であると自己満足することで、プライドを高められるのです。

女性からの気持ちを無下にしているつもりはありませんが、あまり紳士的に向き合っているとは言えないかもしれません。

お付き合いに発展するという方向性の思考よりも、自己満足の方を優先している状態ですから、実際に両想いになって意思疎通を行うということは、もう少し時間がかかるはずです。

嫉妬している女性がかわいくて好き

わざと女性を怒らせるタイプの男性は、嫉妬している姿に魅力を感じているのです。

女の子は、やきもちを妬くと自分の気持ちを盛大にアピールし始めたり、独り占めしようとして男性の本音をしつこいくらい聞き出そうとしたりと、分かりやすく愛情を求めるようになります。

「何で、あの子と仲良くするの?」「最近、私に対して冷たくない?」など、構ってほしいアピールをしてくる女性のことが、男性は可愛くて仕方がありません。

頬を膨らませたり、ボディタッチで距離を近づけようとしたりと、今までにない姿を見せてくれるのも、醍醐味です。

お付き合いしていないからこそ、不安がって余計にアピールが大きくなるはず。

「電話してきてよ」「私、待っているんだよ」など、今までの関係性を確認するかの様に小さなことまで求めてくるようになります。

女性から甘えられるのが好きな男性は、嫉妬からくる全ての要求が愛しくて仕方がないので、「もっと言ってほしい」と更に焦らしてしまうこともあるところです。

付き合う前に嫉妬させる男性の特徴

恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋の男性は、付き合う前から女性に嫉妬させるよう仕掛けてくることがあります。

彼自身、自分の口から好意をアピールすることができないので、女性の気持ちを知るには態度を目で確認するしかありません。

「本当は、両想いなのか不安だけど、聞く事も出来ない」と思っている時には、冷たく接して相手の反応を伺って気持ちを知ろうとするわけです。

「何で、避けるの?」「私の事嫌いになったの?」と離れたくない心理を口にしてくる女性は、好意を持ってくれていると判断できます。

冷たくしたまま「あなたがそんな態度なら、私ももうイイわ」と無視したり、嫌味を言ったりする女性なら、脈なしだと分かるからです。

告白するのもかなりの勇気が必要。

だからこそ、確実に両想いだという安心感が少しでも多くあるほうが、一歩踏み出しやすくなります。

女性の反応を見たいだけでも、わざわざ冷たくしたり興味のないふりをしたりしなければいけないくらいなので、もどかしさを抱えて生きていることを理解して受け入れられると、関係性も上手くいくはずです。

自分に自信がない

自分に自信が持てない男性は、女性の気持ちを確かめようとしたり相手から追いかけられるように仕向けて安心を求めたりする傾向にあります。

「自分には魅力がない」「仲良くなったけど愛され続けるなんて分からない」とネガティブな思考でいるときには、自らアプローチを頑張る事が出来ないものです。

告白してしまえばすぐに答えにたどり着けますが、一度仲良くなった関係を崩すことも怖いと感じます。

今の関係をキープしつつも、女性の方から求めてくれるようになれば、勇気が湧いてきて一歩踏み出すきっかけを掴めるはず。

求めてもらうためには、嫉妬させると態度や表情で見ているだけでも判断がしやすくなるものです。

「せっかく仲良くなれたのに、他の人に取られたくない」と女性の方から感情を見せてくれれば、自信をもって告白に進めると考えています。

周りの評価が気になる

周りの評価が気になる人は、嫉妬させる行動を起こしやすいと言えます。

男性自身が自覚していない場合も多く、会話の中でその場にいない人の話ばかりをしているケースです。

「○○さんが、こう言っていた」「女性って○○らしいね」など、目の前にいない男性の名前を出したり、別の異性との関わりを表現してくる場合、「どうして私にそんなことを言うのかな」「嫉妬させたいの?」と理解できないと感じます。

本人は、頭に浮かんだ人の話をしているだけですが、目の前の女性のことではなく、別の異性のことを口に出すなんて理解できないはずです。

悪気があるわけではなく、周りの人の評価が気になる為、人との関わりや経緯をアウトプットすることで発言の責任転嫁をしています。

誰かの発言であり、自分には責任がないという心理になっているからです。

評価を気にしすぎるあまり、関係性に執着しているとも言えます。

性別関係なく、誰と関わっていてどんなやり取りがあって自分が発言をしているのかを詳しく説明をする事で、広い意味で理解してもらいたいという願望を抱いているわけです。

プライドが高く素直になれない

男の人はプライドが高いと有名ですが、素直になれないという一面も持ち合わせているため、発言があまのじゃくになってしまう事もあります。

本当は、あなたについて二人で語り合いたいのに、人気があるから忙しくて困るというアピールをしたくなったり、格好つけて女性に興味のないふりをしたりと、本音とは違う行動をしてしまうのです。

仲良くなりたいし、話をしている事が嬉しくて仕方がないくらいなのに、別の人の話ばかりをしてしまうのは、恥ずかしさをごまかすため。

照れていると思われると格好悪いと考えているので、必死で表情から本音を悟られないようにしてしまいます。

プライドが高いと、素直に好きな人と向き合う事が出来なくなってしまうものです。

恋愛経験が豊富で駆け引きが得意

駆け引き上手な男性も、女性の心を思うように動かしてしまいます。

恋愛経験が豊富な男性は、女性の気分が上がるポイントと、一気に親密度が深まるラインを熟知しているものです。

メロメロにさせてしまうキラーワードも身についているので、自然体なまま目の前の女性を夢中にさせることが出来ます。

恋愛の駆け引きは、失敗すると逆の効果を生み出す場合も。

だからこそ、何度も失敗も成功も経験している人でなければ、女性の気持ちを理解して先回りした行動をするのは難しいはずです。

”人たらし”という言葉があるように、女性にばかり受け入れやすいキャラクターを持つのは、天性の性格の場合もありますが、経験を積んだ人が得られる特権。

誰とでも仲良くなれるので、「もうすぐ付き合えるかも知れない」と思っていても、他の女性と楽しそうに会話をしている場面に出くわしてしまいます。

ナチュラルに駆け引きを行っているので、思惑通り嫉妬させられてしまうのです。

付き合う前に嫉妬させる男性はどうしたらいい?

嫉妬を促す行動を無視する

対応策としては、カレの行動にいちいち反応しない事です。

むしろ無視をして、冷たい態度を見せましょう。

付き合っていないのにあなたの気持ちまで掌握しようとしているあの人は、自意識過剰状態です。

独占欲の塊であり、あなたの他の人との恋愛のチャンスを摘み取ってしまっている行為と言えます。

嫉妬させる行動に気が付くときというのは、心がざわついたり腹が立ったりしているはずです。

一人の男性によって、心を乱されるのはあまり嬉しい事とは言えません。

無視してしまっていいので、カレの言動に振り回されないようにしましょう。

嫉妬させる行動が嫌だと伝えてみる

本人に向かって、されて嫌な事をきっちり伝えましょう。

人間は知能の発達により、社会性を身につけてきました。

恋愛においても言語コミュニケーションで心を繋げ合いますので、気持ちを言葉で伝えるのは大事です。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

日本人は空気を読んだり相手の顔色を伺ったりと、言葉を使わない方法に美徳を感じている傾向にありますが、現代では裏目に出てしまい不安症になっている人が多くいます。

「どうしてあんなことをするのかな」「私に何を求めているのかな」と分からないことは直接本人と会話で解決するべきです。

「あなたの行動が分からないんだけど、教えてほしい」「わざわざ嫉妬させられるのは、気分のいいものではないよ」と伝えて初めて本人がハッと気が付く事もあります。

無意識にしている行動なのであれば、自覚してやめてくれるはずですし、わざとなのであればあなたの気分を害している事が分かった瞬間、酷く反省するはずです。

こちらから告白してみる

今の関係のままだからモヤモヤしてしまうのですから、あなたの方から告白して関係性に変化を起こしましょう。

嫉妬させるのはあなたに着目して欲しいからであり、本当は独り占めしたい気持ちが隠れています。

恋人になりたいのに男性の方から行動に移せないのであれば、こちらから歩み寄る事も変化のためには必要です。

恋愛は、男性から告白して始まらなければいけないというルールはありません。

好きな人には、ありのままの想いを伝えましょう。

関係性が不安定だから安心を求めての行動ですから、告白して恋人になれば気持ちも安定出来るはずです。

「私はあなたの事だけが好きだよ」「他の人と仲良くしていると、信用できなくなるよ」など、恋人という立場になることで強く発言する事が出来ます。

カレの気持ちをしっかり確認する事も出来ますから、勇気を出して一歩踏み出すと新たな関係性にステップアップし、二人で一緒に幸せを築き上げられるはずです。

嫉妬させる男性が苦手な場合は距離を置く

相手の男性に対して苦手意識があるのであれば、いい機会ですからそのまま距離を置いてしまいましょう。

よく話をするようになったとしても、あなたのコミュニケーション能力の高さが原因だったり、人当たりの良さで自然と人が集まってくるような人気者タイプだったりすれば、勘違いされて「付き合っている」と勝手に思われている可能性もあります。

あなたにその気がないのであれば、気にする事もありませんし、苦手な相手なら気に病んでストレスを抱えなくてもいいわけです。

「どうやら勝手に両想いと思われているようだな」「皆と同じように接しているだけなのに、付き合っていると思い込んでいるかも知れない」と感じた時には、早めに現実を理解してもらう必要があります。

あなたから距離を取るようにすれば、最初は混乱されるかもしれませんが、改めて関係性を見つめなおしてくれるきっかけにはなるはずです。

話をしなかったり、相手にしなかったりと毅然とした態度で接しているうちに、せっかく仲良くなれていたのに男性自身の言動のせいで気分を害してしまったと反省します。

付き合いたくない場合は彼氏がいると伝える

お付き合いするつもりがないのであれば、嘘でも彼氏がいると言って距離を取っても構いません。

事実、恋人が既にいるのであればその通りに伝えればいいし、フリーで対応に困っているとしても、その人に恋愛感情がなく、諦めて欲しいと考えるならウソをつくのも優しさです。

嘘だと分かっても「諦めが付くようにそうしてくれた」と受け入れてくれます。

付き合うつもりはなくても、会話のノリが楽しかったり似た感覚の持ち主で盛り上がったりする場合には、どうしても勘違いという現象が付いて回るものです。

「友達としてはとても好きだけど、恋人にはしたくない」というタイプの異性もいますから、恋愛対象ではないということを「彼氏がいる」という表現で伝えましょう。

お互いに好意を持っていると思い込んでいたのであれば、勘違いと気付いてくれますし、これから告白を考えていたのであれば、こじれる前に先手を打つことが出来るのです。

男性を嫉妬させてみよう!付き合う前に効果的な方法とは?

有名人をかっこいいという

あなたの方が男性に嫉妬してもらうには、有名人を引き合いに出して「この人カッコイイな」と言葉に出してみましょう。

男性は、いい雰囲気になっている女性がどんなタイプに好意を持っているのか気になっているものです。

あなたの口から「カッコいい」と言われる相手が、自分であればもちろん嬉しいですが、それ以外の男性であれば身近な人ではない方がいいに決まています。

例えば、共通の友達の名前を出して「あの人素敵だよね」「カッコいい」と言ってしまえば、好きな人に誤解を生んでしまいますし、「取り持ってほしいという意味かな」と脈なし発言と受け取られてしまうのです。

芸能人や有名人であれば、恋愛に発展する視点からすれば現実味がないので、あなたの好みのタイプが分かる良い情報と受け取ってもらえます。

「イチロー選手みたいな努力家な人が好き」「夏目漱石みたいなセンスのある言葉を使う人がステキ」など、有名人のどこが好きなのかを具体的に出すとより親密になりやすいはずです。

他の男性を褒める

他の男性を褒める時には、少し言い方に注意が必要ですが、気に掛けてもらうには効果的です。

男性同士の距離感が近い人や恋愛感情を持っているような褒め方をすると、その後の展開が難しくなる可能性がありますが、コツさえ押さえておけばあなたとカレの関係性は一気に近づきます。

男性がそれぞれ話をしあう関係や友達同士等であれば、「自分よりもあっちの方が好きなのか」と思われて、ステップアップするチャンスを逃してしまうかも知れません。

知り合いであれば、「○○くんの真面目なところが尊敬できる」「あの方は、優しいから人気だね」など、具体的に褒めると「真似をしてみよう」「そういうところに魅力を感じるのか」と刺激になります。

具体的に「真面目」「きめ細やかな配慮がある」「堂々としている」などワードを出して褒めると、「真似したらできるようになるかも知れない」と努力しようと思えるからです。

褒めた事で、ライバル視や目標にしてくれることで、あなたを手に入れようと必死になり始めます。

合コンに誘われたと言ってみる

仲のいい男性に、「合コンに誘われちゃった」と言ってみましょう。

ここでポイントなのは、合コンに誘われる対象だということを認識してもらう事です。

合コンに行きまくっている女性が好かれるわけではないので、毎週コンパのスケジュールで埋めてしまうことはNG。

他の男性にも恋愛チャンスがある事、フリーであるが故に合コンに誘われる対象になっていることを自覚すれば、ウカウカしていられないと焦り始めるに違いありません。

声を掛けられるほど周りから見ても魅力ある女性であることもアピールできます。

やきもちを妬かせたい相手の年代によっては、「私が何をしても関心ないだろうな」と最初からあきらめてしまう人もいるはずです。

こちらの記事では50代男性でもやきもちを妬くという実態を詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

やきもちを妬かせる方法は、どんな年代の人でも参考になるはずですので、関係性に変化を起こしたいならぜひ取り入れてみましょう。

50代の男性でもやきもちを妬く!大人の男性が嫉妬する瞬間とやきもちを妬いたときに現れる言動

仲良しグループの他の男性と仲良く話す

仲良しグループの他の男性と仲良くするのも、嫉妬させる方法です。

この時、好きな男性にわざわざその人の話題を出したり、異常に褒めたりしてはいけません。

仲のいい姿を見せた後に個別の名前を出してしまうと、恋愛の相談を持ち掛けられるように感じて、避けられてしまいます。

他の男性とも話をする機会があると知ってもらうだけで、十分ソワソワし始めてくれますので、上手な距離感が必要です。

話をしている姿を見た時には、「何の話をしているのかな」「自分以外にも話すことがあるのか」と現実を突きつけられたような衝撃を受けるはず。

今は、恋人でも何でもないことを自覚してもらうには十分です。

会話している様子を見てもらい、後は知らんふりしているだけで嫉妬の炎は燃え上がります。

押されているときは忙しいという理由で距離を置いてみる

男性の方からアプローチで押されている時には、わざと「ちょっと忙しくなっちゃって」と距離を置いてみるのも心をやきもきさせるのに効果的です。

仲良くなって、もうそろそろお付き合いに発展できそうという時に、急激に接近している時期は、相手も確信に近い心境で好意を感じ取っています。

だからこそ、お付き合いを始める前に、カレの思うようにはいかないという現実も知っておいてもらうことが必要です。

何でも相手のペースで事が進むと思われては、束縛されたりコントロールされたりと、対等な関係性ではなくなる可能性があります。

早く告白してもらうことも然り、あなた自身が意志を持って生活をしているという姿を見せるチャンスです。

「忙しい」という理由には、仕事やプライベート、友達を大事にしているが故の交流など様々な理由があります。

交際が始まったら恋人だけにならないよう、知っておいてもらう事も出来ますし、「まだ付き合っていないからどこで他の人との恋愛のチャンスがあるか分からない」と焦りが生まれて、告白を早めてくれるはずです。

嫉妬させたくても…付き合う前の男性にやってはいけないこと

出会って間もないころは嫉妬させようとすると軽い女に見られる

気を付けておくべきは、出会ってからのタイミングです。

いくら意気投合して急激に仲良くなったとしても、実質的にはあなたのことを時間をかけて知ってきたわけではありませんから、駆け引きを始めると魔性の女のように思われてしまいます。

「いつもこの手口で男を手玉に取っているのかな」「あやうく引っ掛かるところだった」と知らないがゆえに早々に退散されてしまうのです。

本当に、奇跡的に急接近した運命の人だと思っても、タイミングを間違えるだけで軽い女扱いされて、縁が切れてしまいます。

シンクロが多くても意気投合しても、普段のあなたがどんな人間なのかを理解してもらうことがとても大切です。

かなり息が合う相手なら、駆け引きなくても恋愛に発展できるはずですから、焦って余計な行動を起こさないようにしましょう。

いつも同じ男性で嫉妬心をあおろうとすると好きな人がいると誤解される

他の男性を引き合いに出して嫉妬させようとしている時、同じ人ばかり名前を出していると勘違いされる可能性が高いです。

特に、身近な上司や先輩など「あの方、本当に尊敬する」「憧れる」「彼女が羨ましいな」などと繰り返していると、叶わない恋をしているように見えてしまいます。

叶わない恋をしていると勘違いされた場合、男性にいくらアプローチをかけても「あの人の代わりなのかな」「身近な自分で手を打とうとされているのかも」とネガティブな勘違いをされてしまうのです。

芸能人でも、あまりに盛り上がりすぎていると「ミーハーな女性は疲れる」「付き合ってもこの話を聞かないといけないのかな」と思われるとマイナスの印象となってしまいます。

嫉妬をさせるという高等手段を使う時には、引き合いに出す相手の頻度とタイミングなど、総合的に考えて言葉に出していきましょう。

気になる程度で嫉妬させようとしても不快

気になる程度の関係性で気を引こうとしても、上手くいくはずがありません。

お互いに好きでも進めないという、もどかしい状況で成立するような駆け引きです。

こちらから仕掛ける場合には、既に両想いがほぼ確定になっていることが上手くいく秘訣ですから、「少し気になり始めた」「もっとあの人の事を知ってみたい」という段階では、「何がしたいのか分からない」と不快感を与えるだけになってしまいます。

お互いに友達や知り合いという段階なわけですから、他の男性の話をしたり仲良くする姿を見せても「勝手にすればいい」と突き放されるだけです。

ジェラシーを起こす事も出来ませんし、そこから恋愛感情を引き出すことも難しいですから、自分の魅力に慢心しないようにしましょう。

テクニックを駆使すれば恋人が出来るというものではありませんから、関係性を見極めて実行することが大事です。

何度も嫉妬させようとすると男好きだと思われ嫌われることも

何度も同じ手口で相手をあおると、「この子は男好きなのかな」と勘違いされて「付き合わなくてよかった」と嫌われてしまうかも知れません。

「もう少しで私に夢中になってくれるのに」「他の男性に奪われると感じれば告白されるかもしれない」と思って、嫉妬を煽っているはずですが、相手がどんな心境になっているかどうか見極めましょう。

「両想いになっているのに勇気が出ないだけで告白してこない」と思っていたとしても、もしかすると相手からすれば「仲のいい友達」「異性で唯一の心許せる親友」と思っている可能性も。

恋愛するつもりがないのに、嫉妬心を掻き立てようとしても無理な話です。

「色んな男の人と仲がいいのか」「親しくなっているのは、自分だけではなかったみたいだ」とあなたの思惑が伝わらないどころか、勘違いから男好きのレッテルを貼られてしまいます。

こうなってしまっては、覆すことも難しいですし、マイナスイメージがついて恋愛に発展は期待できなくなるところです。

「嫉妬している?」と本人に聞く

本人に「嫉妬しているの?」と聞くのはNGです。

あなたが仕掛けたトラップが上手く作動しているのか、心境に変化が起きているのか、確認したい気持ちは重々承知しています。

しかし、実際に声に出して聞いてしまうと、あなたが仕掛けた罠だと分かってしまい、計算高い女だと思われてしまって終わりです。

心の繋がりは、目には見えないからこそ慎重に進めなければいけません。

嫉妬して欲しいけれど、実際に表情に出さないまま心が動いている人もいます。

端から見ていると分からないので、つい聞いてしまいたくなるものです。

本人に確認することで、信頼を失ってしまうだけでなく、カレのことをあなたが信じていないと判断されて不快な思いをさせますし、そんな人と恋愛をしようという気持ちにはなりませんから、進展するのは難しくなります。

本人に聞くのではなく、頃合いを見て自分から告白したり、次のステップとして二人の時間をグッと増やして距離を近づけるなど、駆け引きが必要です。

付き合う前に嫉妬させる男性は好意がある可能性が高い!

付き合う前なのに、嫉妬させる男性の心理は、あなたに好意を持っている可能性が高いと言えます。

中には、勘違いの人やクセの強い人もいますから、恋愛に進むかどうかは見極めなければいけません。

あなたが好きな人なのであれば、上手に活用して恋愛に発展させて幸せを掴みましょう。

心の駆け引きはデリケートではありますが、効果が高い方法ですから、相手の気持ちを汲み取って幸せなカップルになるために、どんな方法がベストなのか考えて必要であれば取り入れてみましょう。

【期間限定】あなたの誕生日で分かる成功への最短距離、知らないともったいないかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで幸せへの一歩を踏み出したあなたのために、誕生日を元に詳しい運命を導き出す『大人の誕生日占い』をお届けします。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、幸運を開花させる方法、反対に避けたほうがいい危険な道など全てが明らかになります。

さらに大人ならではの複雑な恋愛や人間関係の悩みまでも解決に導き、願望成就に向けて全力でサポートしてくれます。

最大2000文字にもおよぶボリュームの精密なメール診断を読めば、成功への最短距離がはっきり分かりますよ。

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG