一度冷めた気持ちは心理学を使えば戻る!元カレの愛情を取り戻す奥の手&逆効果な心理学

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ真実のキセキをご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「一度冷めた元カレの気持ちを取り戻したい!彼の気持ちを知る方法は何かないだろうか・・・」

と復縁を考えて悩んでいるのであれば、この記事で恋愛の気持ちが冷めてしまった男性の心理を見ていくことで、解決することができます。

そもそも恋愛において、気持ちが冷めるってどういう状態なのか、どんな心理学を活用すれば元彼の気持ちを再びあなたに向けることができるのか、心理学とともに見ていきましょう。

さらに今回は、これをやってしまうと元彼の気持ちがより冷めてしまうNG心理学もご紹介しますので、今までの行動を振り返りながら、彼との復縁に向けてこれからあなたが行動に移すことができることが分かるはずです。

もう一度あなたに夢中になってもらうよう、男性心理に寄り添ったアプローチを試みましょう。

目次

そもそも、気持ちが冷めたってどういう状態?なぜ冷めるの?

男友達の話をされると独占欲を損なわれる

男の人は、彼女に男友達の話をされると、自分が彼女に対して持っている独占欲を損なわれてしまうものです。

自分だけの人だと思っていたのに、実は他の人も深く関わっていたと知ることで、心が深く傷ついてしまいます。

この他の男という存在は、元彼や職場の同僚、上司なども同じ部類に入るものなのです。

交際中の男性は、彼女を囲いたいと強く願っています。

男の人は大昔ハンターとして獲物を狙って、生命を維持してきたものです。

捕獲した獲物を他の動物に奪われてしまえば、自分の命が危険にさらされてしまいます。

そんな歴史もあり、男の人は自分が得たものは、失いたくないという独占欲が育っているのです。

他の男性の話を聞くことで、自分の領域を犯されてしまったような感覚になってしまい、彼女が遠い存在に感じてしまいます。

また、彼氏という立場から彼の心の中には「彼女にとって特別な存在は自分だけだ」という心理が働いているはずです。

特別な存在であるからこそ、唯一無二の存在でないといけないと考えます。

この特別感が失われるということは、自分に自信を持っているにも関わらず、自分のことを否定されているという意味にもなってしまうものです。

独占欲を損なわれると彼は自信を失ってしまいます。

自由をアピールしすぎると支配欲がなくなってしまう

男性は交際中の相手に対して、支配欲を持っている人も少なくありません。

彼女が自分に従う姿に優越感を持ち、自分の所有物のように接してしまうこともあります。

そのため、自由奔放な彼女が「自分の人生は誰にも奪うことはできない」と自由をアピールしすぎると、彼は支配欲がなくなってしまうのです。

自分の思うとおりに動いて欲しい人が、掴みどころがなく何を考えているのかもわからない状態になれば、手放してしまおうと考えます。

束縛するタイプや自分の意見を曲げないタイプに多く見られるものです。

彼女を支配することで常に自分のそばに置いておきたい、という願望を持っていても、彼女が自由すぎることでそばに置いておくことができないと分かれば、自分に支配する能力がないと認めることができないため、自分から放棄したという形を取ろうとします。

その結果、別れを選ぶのです。

こういったタイプの交際では、彼の職場の付き合いで彼女を紹介しても、彼女の自由すぎる行動から男性が恥をかくこともあります。

彼の周囲の人も自分の友達のように思って接してしまう彼女とは、一緒にいることができないと考えるのです。

彼女のことを知りすぎて秘密がなくなると興味を失う

男性が女性に魅力を持つポイントの一つに、ミステリアスといものがあります。

彼女がどこか不思議な空気をまとい、自分のモノになった感覚が少なければ、男の人は一生懸命に彼女の気持ちを手に入れようと努力するものです。

しかし、彼女の内面が見たままだったり、全く表裏がなく、わかりやすい性格だったりすると、飽きが来るのも早いといえます。

彼女のことを知りすぎて、秘密がなくなると興味を失うという男性はとても多く、いつでも追いかけたいという心理を持っているものなのです。

そもそも人は、支配欲や人をコントロールしたいという心理を持っています。

相手のことを知りすぎることで、彼女とのやり取りの全てが自分の想像通りに進んでいくことは、とても面白くないことです。

説明書を読みながらロールプレイングゲームを進めているのと同じことになります。

自分が行うことに対して、彼女がどう反応するのかわかってしまうため、サプライズを仕掛ける気力もなくなるのです。

相手がどんな反応をするのか、喜んでくれるかな、楽しんでくれるかな、と想像することこそが恋愛の醍醐味だといえます。

理想と現実のギャップを突きつけられて絶望する

男の人は女の人に理想を高く求めているという人は少なくありません。

理想と現実のギャップを突きつけられて絶望するというのは、男女の恋愛だけでなく仕事や夢、人間関係でも見られる現象です。

男の人は、理想を思い描いた時に、現実をその理想に重ね合わそうとします。

しかし、理想通りに現実が動いている人はよほどの努力家か、現実を引き寄せることが非常に上手な人かのどちらかです。

潜在意識の中で理想と現実を天秤にかけ、天秤が傾いている時にギャップがあると感じ、無意識のうちに埋めようと働きかけます。

彼女ができると、彼氏は自分の中で理想の交際を頭に思い描くはずです。

そして、現実の彼女との交際を天秤にかけて、ギャップがあるかどうか無意識のうちに判断しています。

素朴で純粋で彼氏一筋だと思っていた子が、男友達が多くて彼氏がいても誰とでも遊びに行く子だった、真面目で礼儀正しいと思っていた子が、目上の人に対して失礼な言葉遣いをする子だった、など自分が勝手に思い描いていた彼女の姿と違うことで、絶望してしまうのです。

無意識のうちに思い描かれる理想を知るには、言葉にしてもらうしかありません。

お互いが自分の考えだけで相手に理想を求めてしまうと、こういったギャップからくる別れが訪れてしまいます。

デートのドタキャンが続くと優先されていないと感じる

彼氏というのは、付き合っている彼女に自分が第一優先で動いて欲しいと願っているものです。

それは、彼氏という立場に優越感を持っているからだといえます。

他の人たちよりも近くにいる存在だ、彼女のことを理解している人間だ、と彼が優越感を持つことでより親密度が高くなっていくものです。

しかし、彼女からデート当日になってドタキャンされるという事態が続くと、自分が優先されていないと感じるため、彼氏という立場に価値を感じなくなってしまいます。

しかも恋人同士といえども、デートは一つの約束事です。

時間、場所、と一緒に信頼を約束しています。

相手との約束事を守れない人は、信用度がなくなってしまうのも当然のことです。

男性は自分の心が傷ついても、それを言葉にはしません。

彼女に傷ついたことを伝えることは、弱音を吐くことだと感じているので、プライドが許さないのです。

そのため、デートのドタキャンが繰り返されることで彼は何も言葉にしない代わりに、心がどんどん離れていきます。

自分への優先順位が下がっていることを確認しながら、彼女に対して期待することを諦めてしまうのです。

結婚を迫られすぎると焦燥感から恋愛ができなくなる

女性にとって、結婚とは恋愛関係のゴールだと考えている人が多いものですが、男性にとってはそれほど重要だと感じている人は女性ほど多くはありません。

年齢的な関係もありますが、彼女に結婚を迫られすぎると、彼は焦燥感から恋愛ができなくなってしまいます。

これは、結婚という言葉に囚われてしまっている典型的な別れのパターンでもあるのです。

女性の年齢が結婚適齢期であっても、男性が結婚したいと思う年齢は女性より上である場合が多く、同年代や少し年上くらいでは、彼氏側は結婚願望が必ずしも強いとは言えません。

しかし、彼女が「今すぐ結婚して」「私は○○歳までに結婚するって決めているの」「早く親にあって欲しい」とくり返し言われることで、自分は彼女のなんなのだろうかと考えてしまいます。

結婚願望がない状態の男の人にとって、重要なのは、好きな人と一緒に過ごす時間そのものであり、結婚という形ではないからです。

しかしあまりにも結婚というワードを伝えられることで、彼氏の方も焦燥感を持ち、「決断しない自分が悪いことをしている」「早く結婚しないと彼女に申し訳ない」という心理になります。

そのため、彼女のことを本当に好きなのかどうか分からなくなってしまい、一緒にいる意味を見つけられなくなってしまうのです。

元彼の冷めた気持ちが速攻で戻る心理学

別れの会話をいい記憶にするコントラスト効果

ギャップを表現することで印象を変化させることができるコントラスト効果は、元カレの冷めた気持ちが速攻で戻る心理学として応用できます。

二人が別れた時の会話はどんなものでしたか?

交際の終わりというのは、大抵重い空気や悲しみが充満しているものです。

その別れの会話をいい記憶にするためにコントラスト効果を活用します。

例えば、あなたの行動や言動がキッカケで彼と喧嘩をして別れたとき、彼の記憶の中には「言いすぎたかな」「傷つけた」「彼女の行動はやっぱり許せない」と元カレ自身が吐き出した言葉によって、頭の中が埋め尽くされている状態です。

しかし、再会した時あなたから「あの時教えてくれたから自分の行動を見直すことができた」「きちんと叱ってくれて本当にありがたい存在だと感じた」という言葉を、感謝とともに聞くと、元カレは「ちゃんと思いを伝えて良かった」「言葉にしないとわからないことがある」と、当時の言い争いをいい思い出に変えることができます。

実際あなたにとって、彼の言葉は自分自身を見直すきっかけにもなり、人間として成長するきっかけをもらえたはずです。

別れという一つの出来事をいい思い出に変換することで「もう一度二人で向き合ってみよう」という気持ちが生まれます。

元カレは必ずあなたのことが気になるツァイガルニク効果

別れてしまった元カレは、あなたのことを全て理解している気持ちになっています。

付き合っていたのだから、知らないことがあるはずはない、とタカをくくっているはずです。

しかし、別れてから元カノの知らない一面を見つけたとしたら、彼は驚いて追いかけ始めます。

不完全なモノ、未完成なことに対して印象が強く残るツァイガルニク効果は、彼の心を動かすために十分な力を発揮するものです。

元カレは、必ずあなたのことが気になるようになります。

別れたあとに開催された飲み会で、元カレの前では来たことがないようなタイプの服装で現れたり、今までカクテルばかりだったのに、日本酒を飲んでいたりすると、彼はあなたの見たことがない姿に驚き、声をかけずにいられなくなるものなのです。

この場合、彼女時代おしとやかだったのに、別れてから人の悪口ばかり言ったり、自分を見失うまでお酒を飲む姿を見せてしまったりすると、せっかくの知らない姿も「別れて良かった」と判断されてしまいますので注意しましょう。

メラビアンの法則で一緒にいることを楽しく感じさせる

一度は両思いになっていた二人。

交際中はお互いに夢中だったに違いありません。

それは、元恋人である彼があなたのことを根底では気に入っているということを示します。

メラビアンの法則を使って、あなたに好印象を持っていたころの彼の気持ちを呼び覚まし、離れてからも一緒にいることを楽しく感じさせることで、速攻で彼の気持ちが戻るのです。

人の印象というのは、話をしている内容よりも、表情や見た目、声のトーンや話し方で決まります。

交際中に、気になるところが出てきたり、相手の考えにすれ違いを感じたりしている時には、一緒にいることでどう感じているかなど、あまり考えなくなってしまうものです。

しかし、交際が終わってから一緒に過ごす時間があることで、元カノと過ごす時間で、自分はどう感じるのか考えるようになります。

別れてから復縁をするための冷却期間では、一緒に過ごす時間に、見た目と表情、声のトーンや話し方に気をつけることで、印象を良くしていくことができるのです。

一緒にいると楽しい、安心する、という感情を引き出すことができれば、彼の中であなたの存在を大きくして、気持ちを取り戻すことができます。

相手のいいところを伝えて好意の返報性を活用

破局を迎えると、元カレの記憶には悪いことばかりが思い浮かんでしまうものです。

しかし、相手のいいところを伝えて好意の返報性を活用することで、元彼氏があなたに対して抱く感情を変化させることができます。

人は好意を伝えられると、相手にも同じように好意を抱く法則があるものなのです。

交際していた二人だからこそ、元々好きになる要素は持ち合わせています。

しかし、理由があって別れることになったとき、元彼女のことを好きだった気持ちが薄くなってしまうのです。

薄くなった気持ちを蘇らせ、元恋人にもあなたのいいところを見つけてもらうために、彼のいいところをたくさん褒めましょう。

交際中に支えになったところ、居心地がいいと感じていた部分、尊敬できるところなど、細かく伝えることで、元彼も「あの子の○○なところは素敵だったな」と思い返すようになるのです。

相手のいいところを伝える時には、明るく笑顔で伝えることで“ポジティブな印象”として記憶に残っていることをアピールできます。

「私の記憶の中にいるあなたは、いつでも素敵だ」と伝えることで、彼の中のあなたもどんどん魅力が増していくのです。

元カレの深い大きな愛情をじっくり取り戻す心理学

元カレからの信頼を時間とともに取り戻すスリーパー効果

元カレとの交際は、時間の経過とともに美しくなっていくのがスリーパー効果です。

些細なことで喧嘩したことも、価値観が合わずに違和感を持ったことも、時間が経てば忘れてしまいます。

大喧嘩したことさえも、原因を忘れてしまうものなのです。

元カレからの信頼を時間とともに取り戻すためには、期間を空けている間に、友人を介してあなたのいい話を耳に入れてもらいます。

「君と別れてから、自分磨きを頑張っているらしいよ」「やりたいことを見つけて夢に向かって努力しているみたい」と、話を聞けば元彼もあなたのその後のことが気になるはずです。

もちろん、噂話だけでなく実際に努力していることが前提でなければいけません。

付き合っていた頃にどうだったか、よりもこれからどんな人になろうとしているのか、ということ知る方が、復縁した後にも必ず重要になってくるものです。

頑張っている女性、努力する女性のことを、男性は応援したくなります。

ましてや、一度交際していた元恋人であれば、その気持ちは大きなものになるはずです。

嫌なことを忘れてもらい、気になる存在になるためにスリーパー効果を活用して、あなたのいい部分だけを気になるように誘導しましょう。

悩みを相談して弱さを見せるアンダードック効果

元彼の大きな愛情を取り戻すためには、あなたの悩みを相談して、弱さを見せるアンダードック効果を活用します。

男の人は、女の人が弱みを見せてくれることで「頼られている」と感じ、守ってあげたい、助けてあげたい、と考えるものです。

ましてや、元恋人の悩みであれば、元カレにしかできない悩み解決があるはずだと考えてくれます。

この時の悩みは、誰でも答えが出せるようなものではなく、元恋人であなたのことを深く知っているからこそ答えることができる悩みを、あえてぶつけることです。

親のことや将来のこと、人生観や人間関係のことなど、デリケートな問題だからこそ、誰にでも話せる内容ではないことが重要になります。

「他の誰にも言わないで欲しいんだけど」と切り出すことで、特別感を出すことができるはずです。

別れた彼女の悩みは受けない、と決めている男性もいますが、内容が深刻であるほど「俺にしか聞くことができない悩みだ」と感じ、相談を聞こうと耳を傾けてくれます。

「お願い助けて」「私のことよく知っているあなたなら、この状況どう思う?」と伝えることで、彼の正義感に火をつけるのです。

少しずつ要求を呑んでもらうフットインザドア

彼の大きな愛情を取り戻すためには、ステップを踏んでいく必要があります。

少しずつ要求を呑んでもらうフットインザドアをすることで、別れた彼氏との距離感を縮めていくのです。

「別れたけど、友達としてつながっていて欲しい」と、小さな要求でYESをもらいます。

次は「時々、連絡をしてもいいかな」と、頻繁でないことをアピールしてYESをもらうのです。

そして、「いいもの見つけたから見せたいんだけど、ちょっと会える?」と少しずつ要求を大きくしていきます。

必ずYESがもらえることを、タイミングを見ながら伝えましょう。

別れてすぐは、会うことにも抵抗があった元カレも、なんだかんだ理由を付けて連絡を取っているうちに、会うことも可能になります。

要求を大きくする頻度が高ければ、彼も警戒をして「いや、これ以上はちょっと・・・」と抵抗してしまいますが、ひとつのステップでしばらく同じことを繰り返すなどのタイミングをとっていれば、必ず心の距離は近くなるはずです。

最終的に、彼に再び愛してもらうことが目的なので、焦ってすべてを台無しにしてしまわないように、彼の心と向き合いながら、徐々に距離を近づけていきます。

別れた原因を覆すゲインロス効果

恋愛で特に有効に活用されるのが、ゲインロス効果です。

元カレの気持ちを取り戻すために、別れた原因を覆すゲインロス効果を狙いましょう。

お互いに好きだった二人が別れることになるには、何か大きな原因があるはずです。

日々のすれ違い、と別れる原因が特定しにくい状況であっても、必ず理由があります。

例えば、彼女が無知で彼氏が一緒にいて恥ずかしい思いをした、トキメキを感じなくなった、デートや距離感の価値観が大きく違う、などの原因は、常識がないことを本人が気づいていなかった、外見に手をかけていなかった、価値観を合わせる努力をしていなかった、など具体的な理由が出てくるものです。

しかし、別れてしばらくしてから再会したとき、その別れの原因を覆すような魅力を持っていることで、彼の中であなたの存在は急激に大きくなります。

彼の趣味に理解を示そうとせず、文句ばかり言っていた彼女が、再会した時に自分の趣味のことを話していたら、驚くはずです。

「あんなに興味なかったのになぜ?」とあなたへの関心が高まります。

「あなたが夢中になるものがどんなものか知りたくて始めちゃった」と笑顔で答えれば、彼の心を鷲掴みにできるのです。

それでも効果がないなら…元彼をもう一度夢中にさせる奥の手の心理学

親近感を根付かせるミラーリング効果

人は自分と同じ言動をしている相手に対して、親近感を持ちます。

どんな心理学を試しても、効果が見られなければ、根本的な心理に働きかけましょう。

元彼氏に親近感を根付かせるためにミラーリング効果を活用します。

ただの共感ではなく、彼が話している会話を繰り返すのです。

「この人が最高に面白いんだよ」「へー、この人が最高に面白いんだ」、「あのお店が美味しいよ」「あのお店が美味しいの?」と彼が会話の中で使った単語を、自然に自分の言葉の中に組み込みます。

そして、さりげない仕草も同じように真似をするのです。

彼が頭を触れば、そっとあなたも自分の頭を触ります。

この時明らかに不自然な動きをしてしまうと、「人の真似してバカにしているのか」と怒られてしまうことにもなるので、気をつけましょう。

あくまでもさりげなく、彼の言動を繰り返すことで、本能が「相手は的ではない」と判断するのです。

動物の中にも相手に擬態することで、仲間だと思わせ敵に安心感をもたせることと同じといえます。

自然に距離感がなくなっていくので、元カレの心境は「元カノも自分と同じことを考えているはず」と考えるようになるものなのです。

一体感を持つようになれば、復縁することも難しくありません。

会話のテンポをよくするダブルバインド

どんな場面でも、とても有効になるのがダブルバインドです。

会話のテンポをよくするダブルバインドは、別れた元カレとの関係を修復するためにも非常に使いやすい心理学といえます。

一つの提案に対して、選択肢を二つだけ与える方法です。

「時々連絡するのは電話とLINEどっちがいい?」「一日買い物付き合って欲しいんだけど、土曜と日曜どっちが空いているかな?」と、選択肢を与えることで、相手が答えやすいだけでなく、本人も断るつもりだったことに対してもYESをもらうことができます。

この方法で連絡を取ったり、時々友達として会ったりすることを繰り返していく中で、そろそろ復縁したいというタイミングでも、このダブルバインドは使えるものです。

「復縁しようと思うんだけど、今すぐ結婚するのと、付き合うのだったらどっちにする?」と切り出すことで、「もう一回付き合うところから始めようか」と答えてくれます。

この時には信頼関係をすっかり回復させている状態でないと、「そんなつもりはなかった」「それとこれとは別」と断られるはずです。

焦らず冷却期間を過ごすことを最優先し、彼の気持ちを十分に考えながら進めましょう。

冷却期間をプラスに活用して単純接触効果

復縁を目指すためには、冷却期間が必要だと言われています。

どうせ冷却期間が必要なのであれば、その時期を有効に過ごしましょう。

冷却期間をプラスに活用して単純接触効果を使っていきます。

どうせ一気に距離感を縮めることができないのであれば、わざと時間がかかる心理学を実践するのです。

単純接触効果とは、ほんの小さなことでも何度もくり返し会う人のほうが信頼できるというもの。

全く知らない人から売られる商品よりも、顔見知りから商品を伝えられたほうが、購入しようという気持ちになることと同じです。

人は何度も顔を合わせているだけで、信頼が高くなっていくことになります。

別れたけれども友達として付き合いを続けることが重要です。

しかも、二人きりやグループで、と条件をつけてしまうと、他の友人たちと同等の扱いになってしまいます。

そのため、二人でもグループでも会える友達として頻繁に一緒にいる時間がある、という状況にまでなるのです。

親友になるところまでいけば、逆に恋人に戻れなくなってしまうかもしれないので、あまり本気で友情を築こうと思わなくても構いません。

とにかく、しょっちゅう会っている、と元彼に安心感を持ってもらうことが目的です。

「なんだかんだで、結局一緒にいて安心するんだよな」という状態にまでなれば、彼の愛情を取り戻すことができます。

自分以外の人に協力してもらうウィンザー効果

周囲の評価で自分の価値を高めてもらうために、自分以外の人に協力してもらうウィンザー効果が活用できます。

男性は、周囲から評判のいい女性と付き合うことが一つのステータスだと考えている場合があるものです。

別れた元カノが、周囲の評判がいいと分かれば、途端に「惜しいことをした」と思い出すようになります。

別れてからの評判も元カレは、気にしているものです。

そのことを上手に活用して、友人に協力してもらいましょう。

「元カノ、キレイになったよな」「お前と別れてフリーになったから、狙っている男が多いんだよ」「あの子、気配りができて嫁にしたら素敵だろうな」と評判を彼に聞いてもらいます。

インターネットでも、クチコミは信頼度の基準となるものです。

男性が信頼している男友達が、元カノのことを話していればその情報は“正しいもの”と判断されます。

友人が羨ましいともう位の女性なら、もう一度やり直してもいいかもしれない、と考え始めるのです。

これは逆効果!元カレの気持ちがより冷めてしまうNG心理学

強制的に気持ちを求めてしまうと拒否されるブーメラン効果

元彼の気持ちがより冷めてしまうNG心理学というものもあります。

強制的に気持ちを求めてしまうと、拒否されるブーメラン効果というものがあるのです。

元カレと関係をやり直したいからといって、「あなたもやり直したいでしょ?」「本当は好きなんだよね?」と相手の気持ちを、元カノであるあなたが決めつけてしまうと、彼は拒絶反応を起こしてしまいます。

「いや、俺は本当に離れたいと思っている」「やり直すつもりは全くない」と完全否定されてしまえば、その後の関係もつなげていくことができなくなってしまうのです。

説得しようとすることに対して反対の結果を生み出してしまうのが、ブーメラン効果になります。

彼とやり直したいからといって、あなたの気持ちを押し付けるばかりでは、彼は威圧感と束縛感を受けて、重たい、面倒くさい、と感じてしまうのです。

「やり直したいけど、あなたの○○な態度が別れる原因になったんだから、直してよ」など、やり直すことの代償が彼の行動をコントロールするものであれば、確実に彼は逃げてしまいます。

自分のエゴを通してしまおうとすると、反発が生まれるのは仕方がないことです。

彼の気持ちを優先して考えましょう。

ビアゴーグル効果を狙ってお酒を飲みすぎるとNG

お酒を飲むと、なんだか周りがキラキラして見えて、普段なんとも思っていない人でも可愛く見えたり、イケメンに見えたり、優しく見えたりすることはありませんか?

それはビアゴーグル効果といって、お酒を飲むことによる心理の変化が現れているのです。

しかし、そのビアゴーグル効果を狙って、お酒を飲みすぎると失態を晒してしまうことにもなってしまいます。

元カレがいる飲み会で、お酒を飲みすぎて暴れたり暴言を吐いたり、と失態をしてしまい、結局元彼だからと、周囲からあなたの介抱を頼まれてしまえば、彼はあなたに対してうんざりしてしまうに違いありません。

「なんで俺が別れた女の面倒を見なくちゃいけないんだ」と怒りを持ってしまうこともあります。

別れた相手に迷惑をかけるというのは、言語道断です。

ビアゴーグル効果を狙うのであれば、その後のことも考えて、飲む量を調節しましょう。

彼がほろ酔いの時に、そばに行って体を気遣うくらいで十分この心理学の効果は狙うことができます。

ほんのりピンク色の頬で、にっこり微笑むことを目標に動くのであって、決してお酒に負けてしまってはいけません。

彼に向かってブレインダンプするとただの面倒くさい人

頭の整理をするためにブレインダンプという方法があります。

ごちゃごちゃした脳内の整理をするために、全てを紙に書き出すことで、自分のしたいことややるべきことが見えてくるという方法です。

しかし、女性は感情の生き物。

男性よりもコミュニケーション能力が高いからこそ、言葉に頼ってしまう傾向があります。

別れた彼氏に向かって、こんがらがった頭のまま、話しながら整理をするつもりで、彼に全てをぶつける人も珍しくありません。

「あなたは○○で、○○で、○○で・・・もう何を言っているのかわからないけど、とにかくやり直したい!」

と彼に向かってブレインダンプすると、元カレにとってはただの面倒くさい人です。

要領を得ない話を聞くことほど、退屈なものはありません。

特に女性は話の内容がまとまっていないことが多いため、男性は結論を求めて相手が何を言いたいのか整理しながら話を聞いてくれます。

つまり、あなたの整理できていない脳内を、別れた元カレが整理してくれることになるのです。

これほど迷惑なことはないといえます。

感情をそのまま口に出して伝えるよりも、男性は要点だけを伝えてもらうほうが、よほど心に響くものなのです。

別れたのに彼女面して依存の心理を出すことはNG

よく、失敗談としてあげられるのが、別れたのに彼女面して依存の心理を出すことです。

しかし、元彼氏からすれば、別れた時点でもう恋人ではなくなっており、他人という感覚が強くなっています。

「あなたはこういうところがあるからね」と言われるだけでも、「もう俺のことは放っておいてくれよ」という気持ちが湧き上がってしまうものです。

友人たちの集まりで「彼はこうでしょ」と元カレの意見を代弁して伝えてしまう、などの行為は男性からすれば迷惑だと感じます。

これは彼に対して依存していることを示すことでもあり、本人の自覚がないからこそ、面倒だと感じ、元カレはあなたから一刻も早く離れたいと思ってしまうものなのです。

依存を持っている女性は、友人の前で元カレの世話を焼く姿をやめられなかったり、用事もなく会うことが当たり前のように振舞ったりと、別れたことをわかっていないかのような行動をしてしまうことがあります。

破局を迎えた男性は、自分ひとりの時間を楽しみたいと考えていたり、彼女がいない間にやってみたいことにチャレンジしたりと既に心が離れている状態です。

依存されることによって、別れたのに束縛されているような気持ちになってしまいます。

復縁したいなら心理学を活用しよう

どうしても忘れられない元彼と、復縁をしたいのであれば心理学を活用することで復縁することは可能になります。

しかし、どの場合でも彼の気持ちを考えることは最優先であり、あなたの望むままに進めてしまってはただのワガママになってしまうものです。

心理学を活用して彼の愛情を取り戻すためには、自分自身を磨く努力や、別れた原因を解消する努力も必要であることを理解しておきましょう。

彼との信頼関係を取り戻すことができれば、驚くほど簡単に復縁することができるので、彼の気持ちを癒す方法を一番に考え、寄り添うような関係性になっていくことが、これから支え合える二人になるはずです。

一度はあなたから気持ちが離れたことを十分に理解し、自分磨きに盛り込んでから、彼の愛情を取り戻しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG