男性を見つめる女性

好かれてたのに嫌われた!?本当に好きな人に嫌われてるケースと冷められたと思うのは勘違いなケース

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐオラクルカードを引いてください。

あなたの引いたオラクルカードの結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「好かれていたのに嫌われたかも」「復縁するチャンスを逃しちゃった」と彼の言動でショックを受けているあなた。

落ち込むのはまだ早い!彼の出すサインや言動を正しく判断して彼の気持ちを知りましょう。

今回は、好かれていたのに嫌われたかもしれない元カレの心を読み解く方法をご紹介します。

女性が好かれていると感じる言葉やシュチュエーションと反対に嫌われてしまったと思う男性の言動を詳しく解説しているので、好きな人から嫌われていると本当に判断すべきかを知って下さい。

また、男性から好かれていた頃に戻るための方法もあわせてお伝えしています。

彼に好かれているのに勘違いをして、この恋を諦めてしまえば、復縁のチャンスも逃してしまうものです。

元カレとやり直す為に正しい判断を下して、幸せになりましょう。

目次

女性が「私、彼に好かれてる!」と感じる男性の言葉や行動、シチュエーション

職場が同じ元彼が自分の仕事が終わっているのにも関わらず一緒に残業してくれた

残業する男女

女性が好かれていると感じるシュチュエーションには、自分の仕事が終わっているのにも関わらず一緒に残業してくれるというものもあります。

彼から直接、好意を感じ取れる言葉がなくても、あなたの仕事の進み具合が遅い事に気が付いてくれる彼に「もしかして、好かれているかも」とつい期待してしまうものです。

あなたの仕事を手伝ってくれたり、仕事が早く終わるように必要な書類を集めてくれたりする彼の姿に、また一段と惹かれてしまう事も少なくありません。

「彼が私の為に会社に残ってくれた」という気持ちが、「彼も私に好意がある」と感じてしまいます。

仕事が彼のおかげで早く終わったら「ありがとう。ご飯でも一緒に行かない?」と誘ってみましょう。

彼があなたのことを好きでいてくれたのなら、あなたの誘いを断らないはずです。

「好かれているかも?」という疑問を確信へと変える行動になります。

そして、彼の思いに気が付けたのならば、復縁へ向けてのアプローチも考えていく事ができるのです。

「おはよう」や「おやすみ」のlineを毎日送ってくれる

男性 スマホ

好かれていると感じる男性の行動には、lineを毎日送ってくれるというものもあります。

あなたは「おはよう」や「おやすみ」とlineをもらえただけで、好きな人からの言葉に浮かれてしまうものです。

彼からのline一つで「彼と一緒に生活しているみたいだ」と毎日が楽しい気分になります。

そして、毎日lineをしてきてくれるという事は「私のことが気になっている」「lineを送ることを負担に感じていない」という事が分かり、彼が好意を抱いているのだと感じ取ります。

例えば、朝に「おはよう」とlineがきて、忙しい朝の準備の中でも彼から連絡がきたことで「今日も一日頑張れる」そんな気分になれるものです。

そして、夜に「おやすみ」とlineをしてきてくれた彼には「一日の最後の時間に私のことを考えてくれたのね」と嬉しさと愛おしさがこみ上げます。

一日の始まりと終わりに自分のことを気にしてくれた彼に「私のことを好きじゃないとできない行動だ」と感じるのです。

そして、彼からの好意に胸を躍らせてドキドキと復縁の予感を高鳴らせることも珍しくありません。

荷物を持ってくれたり寒い季節には温かい飲み物をくれたりと周囲の人との扱い方が違う

女性の荷物を持つ

荷物を持ってくれたり、温かい飲み物を差し入れてくれたりするあなたにだけへの特別な扱いが、彼の好意を感じるきっかけになることもあります。

「重そうだね。荷物持つよ」と、他の女性には声をかけないのに、自分にだけは優しく接してくれる彼の姿に「私は彼に好かれている」と感じることも少なくありません。

しかし、彼が優しくしてくれている事だけで「私に好意を持ってくれている」と判断する前に、もう一度彼が周囲の人に接している態度を観察しましょう。

彼の好意が本物であるという証拠を掴むまでは、安易に浮かれていてはいけません。

あなたの知らないところでは、彼が他の女性にも同じように優しさを見せていることもあります。

あなたが「彼が優しいから」と、すぐに元カレの好意を信じきってしまうと、本当の彼の気持ちを読み間違えて本当にあなたのことを好きでいるのかを「勘違いしていた」ということになりかねません。

周囲への彼の対応が明らかに違うと判断できれば、あなたが彼に好かれている証拠。

何も心配することはないので、ストレートに愛情を伝えれば、必ず彼との復縁への道が開けます。

そして、もう一度彼とやり直すことも叶うのです。

大人数での食事や飲み会で必ず隣の席に座ってくれること

食事 風景

大人数の食事や飲み会の時には彼が隣の席に座ってくれるという事も、彼の好意の表れだと察することができます。

大人数で食事や飲み会をする際には、誰が隣になるかという事まで気にすることは少ないものです。

「今日は誰が参加しているのかな?」「知り合いはいるかな?」と「顔見知りの人が近くに座ってくれればいいのに」と考えてしまう事も少なくありません。

そんな時に、いつも彼が隣の席をキープしてくれている姿を見て「私の隣に座りたいんだ」「少しでもたくさん話せる位置にいたいのかな?」と彼の好意を感じ取るものです。

そして、毎回隣に座ってくれる彼に「本当に私のことが好きだね」と冗談で笑い話をすることも楽しい時間となります。

彼が隣に来てくれた嬉しさから、ついあなたの方も笑顔がこぼれ、彼と甘い雰囲気になることもよくあることです。

彼があなたの隣をキープしてくれるという事は、少なからず「この子となら話しやすい」「隣にいると落ち着く」と思ってくれている証。

彼が隣の席に座ってくれている姿を見て、あなたは「彼も好きでいてくれているようでよかった」と思えるものなのです。

「誰にも言ってないんことなんだけど」と秘密の話を私にだけ伝えてくれる

内緒の話

誰にもしていない話を自分にだけは教えてくれるという彼の行動も、好意を感じられるものだと言っても過言ではありません。

「誰にも言ってないんだけど」という言葉を聞けば「彼が私にだけ心を許してくれているのね」と感じるものです。

その為、多くの女性は「誰にも」という言葉を聞いただけで、男性が自分を好いてくれているのもだと信じて疑う事もありません。

例えば、彼と別れてしばらく経ちずっと疎遠になっていた時に突然「誰にも言ってないんだけど、仕事でミスをして結構へこんでいるんだよね」と相談されたら「彼は私に助けを求めているのね」と感じ「私になら、たくさん愚痴をはいてくれてもいいからね」と彼の傷心を癒してあげたくなります。

彼が頼ってくれることは好意の表れであり、「私にしか彼のことを救えない」と思えるからこそ「彼の好意に応えて助けてあげたい」という気持ちになるのです。

周囲の人が知らない秘密の話とは、女性にとって特別感があり、彼の好意をすぐさまキャッチできる重要な言葉。

「彼から特別な感情をよせられているんだ」と思える大切なものなのです。

彼が誰にも言っていない話をしてきたら、よく聞いてあげましょう。

あなたにしかできないアドバイスを送る事で「彼女に相談して良かった」「自分に必要な存在だ」と改めて男性側も感じてくれ、彼とよりを戻すことができるのです。

「好かれてたのに嫌われた…」と女性がショックを受ける男性の言葉や行動、シチュエーション

よく会っていた元カレを遊びに誘っても「今忙しいから」と遠まわしに断られる

断る男性

彼から好かれていたのに嫌われたと思える言葉には、「今忙しいから」と断られるというものもあります。

よく会っていた元カレを普段と同じように遊びに誘っても、忙しさを理由に何度も断られてしまった時は「私嫌われているのかな?」という気持ちになってしまうものです。

それは「いつも忙しいわけじゃないよね?」「前までは普通に会ってくれていたのに、何か気持ちの変化が生れたのかな」と感じ取ってしまうから。

一度目ならず二度目の誘いまで断られてしまった時には「彼に何か悪い事をしてしまったのかもしれない」と自分を責めてしまうこともあります。

元カレを遊び誘うという行為は、女性にとって勇気がいるものです。

何度も断られてしまったことにより、振り絞った勇気は粉々に砕け散り「もう誘えない」「彼に嫌われてしまったのなら考えるべき」と感じることも少なくありません。

忙しさを理由に断られてしまう事が続くようならば、少し彼と距離を取ることが賢明です。

あなたが彼にもう一度アタックする為に仕切り直しましょう。

そうすれば、彼もあなたから誘われない事に「断って悪かったな」という気持ちになり、自分から誘ってきてくれることもあります。

彼の目の前で話しているに視点がまったく合わない

冷ややかな目

彼の目の前で話しているのに視線がまったく合わないというものも、彼に嫌われていると女性が思い込むシュチュエーションだと言えます。

一生懸命に彼に向って話をしているにもかかわらず、一向に彼の目と視点が合わなければ「彼は私のことに興味がないのかな」と感じる事も少なくありません。

いくらあなたが満面の笑顔で会話をしても「まったくこっちを見てくれない」という現状が「嫌われたかも」と思わせる原因なのです。

そして、以前までは、ちゃんと目を見て話を聞いてくれていた彼が突然目を逸らし「心ここにあらず」といったような態度を見せられてしまった事に女性は落胆してしまいます。

彼と視点が合い楽しく話をしている時は「彼も私に気があるのかもしれない」と真剣に話を聞いてくれる彼の姿勢に好意を感じるものです。

「好かれているから復縁も叶うかも」と希望を抱いていたのに、目も会わせてくれない彼を突然目の前にしてしまえば、そのギャップに「彼の好意は失われたのかも」と女性は不安を隠せません。

興味がありそうな話を振っても「そうなんだ」と会話を終らせてしまう

つまらない顔

彼の興味がありそうな会話を振ってもすぐに話を終らせてしまう彼の言葉に、深い悲しみを持つ女性も多いものです。

付き合っていた彼の趣味や興味をくすぐる話をすることも元カノのあなたにとっては簡単なもの。

長年の付き合いから「これは彼が好きな話題だ」と彼との会話が弾むように話をしている時、彼が「そうなんだ」という一言で話を終わらされてしまえば「どうしたの?急に」「絶対に興味があるはずだけど、もしかして私が話したからいけなかったのかな?」と思ってしまう事もあります。

今まではうまくいっていた彼との会話が「そうなんだ」と終わらせられることにより「私の一方通行みたい」と感じてしまうことも珍しくありません。

自分との会話に興味を持ってもらえない」「つまらないと感じているのかな」と彼の言葉から察して、それ以降彼に話しかける事をためらってしまうこともあるものです。

彼との会話がうまくいかない事は自分のせいだと考えてしまうので「嫌われちゃったんだ」「しつこくし過ぎたのかな」と彼との接し方を反省してしまいます。

女性は話すことが大好きです。

話をつなげて盛り上がる事で「彼とは確かに繋がっている」と感じられるから。

話を終らせられたことで「元カノとは話をしたくない」という彼からの拒絶と、捉えてしまうのです。

メールやlineの既読無視の回数が明らかに増えた

ケータイを見る男性

メールやlineの既読無視の回数が増えるという事で、彼に嫌われてしまっていると感じる事も少なくありません。

何もない時でも、些細なやり取りが出来るlineやメールは女性にとって彼と繋がる必須アイテム。

「今日はこんなことがあったよ」「〇〇に出かけているんだ」など、緊急を要しない会話もメールやlineならば、何気なくできるものです。

そして、その返事を元彼からもらえたら嬉しくなり「彼も私のことに興味を持ってくれているのね」と、彼の好意を感じます。

しかし、いつもは返ってきていたメールやlineを度々無視されてしまうと「どうして返事をくれないのかな?」「私のことをウザいって思っているの?」と心配になってしまう事も珍しくありません。

「今回はたまたま返事がなかっただけだ」と思い、次のメールやlineを送っても既読にはなるけど返事がない、そんな状況になった時に女性は「彼から明らかに無視されているのだ」と感じ、彼が返事をくれない悲しさと自分が彼に嫌われる行動をとってしまった事を反省するのです。

たくさんのメールやlineのやり取りをしていたからこそ、いざ返事が返ってこなくなった時「今日も無視された」と落ち込んでしまうもの。

メールやlineが簡単に彼とコミュニケーションを取れるツールだからこそ、それを絶たれてしまった時は「これからどうすればいいんだろう」という不安と恐怖に襲われます。

一度嫌われたら終わりかも…なかなかもう一度好きになってくれない男性のタイプ

一度決めたことは意地でも変更しない

一度嫌われたらもう二度と水になってくれない男性のタイプは、一度決めたことは意地でも変更しない人です。

「男の言葉に二言はない」と固く決めている男気質の人。

何に対しても自分の言葉に責任を持ち、何があっても守り通そうとすることに努力を惜しまないので、周りの人から厚い信頼を得ています。

言葉に責任を持つということは、それだけ多くの経験をしてきたということです。

数々の経験から考え出した思考に自信を持っています。

興味が多く、人がやったことのないことも積極的にチャレンジをすることが多く、未知の世界を開拓することが大好きです。

そのため、人を見る目が肥えていて、自分に合う人かどうかという判断も素早く下すことが出来ます。

女性関係においても観察力が鋭く、「この子は口ばかりの人間だ」「自分のことしか考えられない人だ」と気が付けば、関わってもメリットがないと判断し、関係を持つことをシャットアウトするのです。

生活の中で関わっている人が限られていて新しい発見がない

一度でも嫌われたら二度と好きにはなってくれないタイプの男性は、生活の中で関わっている人が限られていて新しい発見がない人です。

同じ社会の中で生きていても、人間関係の交流の広さや出入りする場所の多さ、出会った人との会話の数などで、見えてくる世界は全く違ってきます。

社交的で数多くの場所に出入りして、初対面の人でもどんどん会話することが出来る人は、いろんなタイプの人と出会っているので、思考回路や人付き合いにも柔軟性が身につくものです。

ところが同じ人とばかり関わり、職場と家の往復、趣味もなく一人でいることが好きなタイプの人であれば、人生に対する考え方や入ってくる情報にも偏りが生まれ、今知っていることが世の中のすべてだと思ってしまいます。

一つのことに固まった考え方の人は、人間関係や恋愛でも人の一面しか見ることが出来ず、一つ良いところを知れば「あの人はこんなに素晴らしい人」となり、悪い面を見れば「嫌な人」というレッテルを貼ってしまいがち。

一度は好きになった人でも嫌な面を見てしまったことで「今までの自分はなんて見る目がなかったんだ」「本当の姿は嫌な人だった」と印象をすり替えてしまいます。

再び好意を持ってもらおうと努力しても嫌いになってしまった人に好意を抱くことは難しく、距離は離れていく一方となるのです。

理想の女性を追い求めて少しでもそぐわないと視界に入らなくなる

一度は好意を感じた相手なのに嫌われてしまったとき、もう一度好きになってはくれない男性は、理想の女性を追い求めていて、少しでもそぐわないと視界に入らなくなる人です。

理想の異性を描くことは自由。

誰にでも理想はあり、「優しいと出会いたい」「見た目重視」など、それぞれの価値観で恋人を選びます。

理想を追い求めることは自由ですが、高すぎることはよくありません。

あまりにも高い理想を持つことは、現実にいるリアルな人間関係を築き上げるのに障壁になってしまいます。

少しでもそぐわない部分を見つけると「そうじゃないんだよ」「嫌なところさえなければ」と受け入れられない気持ちが生まれてしまうのです。

好きだった時には理想の部分が見えていた人でも、そぐわない部分を見つけてしまった時に一気に恋愛対象外になってしまいます。

女友達が多いことに満足している

一度嫌いになったら意見を曲げてくれない男性は、女友達が多いことに満足している人です。

人付き合いが得意な人は、社交的でどんな場面にもありのままの自分でいられます。

初対面の人とも堂々と接することが出来、受け入れられることに安堵するものです。

コミュニケーション能力が高い男性は、女友達が多いことも珍しくありません。

どこに行っても知り合いの女性がいて、声を掛けられて有名人。

女友達が多いことに満足している男性は、執着することもなく一人の女性に入れ込むことがないので、気に入らないと思ってしまった相手とは縁を切ってそれで終わりになります。

「君とは縁がなかったね」「またどこかで会ったら声かけてよ」と既に心は他人となっているので、もう一度好意を寄せるまでの距離感にはいないのです。

譲れない部分がピンポイントで決まっている

一度嫌いになるともう二度と好きになってくれない男性のタイプは、人に対して譲れない部分がピンポイントで決まっているという人です。

誰にでもこだわりを持つことってあるもの。

日常のルーティンを崩したくない、約束したら期限の少し前には終わらせる、食事は夜20時以降食べない、など自分の中のルールを決めている人も多くいます。

自分一人でルールを守る分には、マイペースを保ち常に平穏になる方法を知っているという事なので、非常に役立つ場面も多くありますが、時に人に対してもマイルールを強要してしまう人もいるのです。

食事の食べ方が汚かったら許せない、姿勢の悪い歩き方で不快感を持つ、言葉遣いが悪い人は関わりたくない、などの「絶対に譲れない」という部分にひっかかってしまえば、恋愛の視野には入れてもらえなくなります。

好かれてたのに嫌われたとしてもすぐまた好意を持ってくれる男性のタイプ

過去や未来のことに囚われない性格

嫌われてもまた好意を持ってくれる男性のタイプは、過ぎ去った事やまだ起きていないことに囚われない性格の人です。

一般的に、人は既に起きたことを気にしてしまいます。

出身の学校や、生い立ち、経歴や恋愛経験など過去のことに囚われてしまうことで、今を生きている姿が見えなくなってしまうことも少なくありません。

逆に未来ばかり見ている人もいます。

夢を追いかけ現実が見えてない人は、目の前にいる自分を支えてくれている人の存在に気が付かないことも。

過去や未来にとらわれることなく”今”を大事に生きている人は、例え過去に嫌な思いをした人であっても、嫌いだと思ってしまった人であっても、気持ちを簡単に覆すことがあります。

親切なところを見かけた時、ライバルだと思っていた人が助けてくれた時、愛情深い一面を見かけた時、など今まで感じていた”嫌だ”と思っていた感情を手放し、尊敬の気持ちや好意をもってくれるはずです。

好意を持たれることで自信を持つことが出来る

嫌われたけど好意を持ってくれる男性のタイプは、好意を持たれることで自信を持つことが出来るような人です。

いわゆる褒められて伸びるタイプ。

自分の中では「嫌いだな」と思ってしまった人であっても、一途に好意を向けられている姿を見ると「あの人が思ってくれるおかげで頑張ることが出来る」「見てくれる人がいるなら力が発揮できる」と日常の中で、実力を発揮することが出来ます。

自分の実力だけではなく誰かに想われているからこそ、力を出すことが出来ることを知っているので、過去に何があったとしても思い続けてくれる人のことを好きになるのです。

人に好かれることこそ人権者と考えている部分があり、何よりも他人の目を気にしています。

独占欲が強くて好意を持った時点で自分のものだと感じやすい

嫌われても好意を持ってくれるタイプの男性は、独占欲が強くて好意を持った時点で自分のものだと感じやすい人です。

独占欲が強くて、自分が気に入ったものはどんな状況になっても自分のものだと考えている人は、例え自分が嫌いになった相手でさえも自分の所有物だと考えています。

そのため、一度は好意を見せた相手のことを嫌いになったとしても、その相手が他の人のことを好きになる事は気に入りません。

「自分が嫌っていても相手は自分のこと好きでいるべきだ」と考えています。

二人の間に何か問題が起きて嫌いになったとしても、自分の所有物が思い続けてくれていることを知れば満足することが出来、再びお気に入りの座に上り詰めることも夢ではないはずです。

仕事の忙しさに精神面が影響されやすい

嫌われたのに再び行為を持ってくれる男性のタイプは、仕事の忙しさに精神面が影響されやすい人です。

男の人は仕事の状況で精神面が右往左往されてしまうことも珍しくはありません。

忙しくてプライベートの時間がすべて削られ、寝るためだけに家に帰る生活を繰り返していれば、正常な判断が出来ないだけでなく機嫌も悪くなり、必要最低限のことしかうけいれられなくなるのも当然です。

しかし、少し仕事にゆとりが出てくると「散歩でもしてみるか」「ジムに通おう」と色々なことが視野に入りチャレンジしようという気持ちがわいてきます。

その中にも恋愛が含まれており、仕事に夢中な時は恋愛の優先度はかなり下なので、「お放っておいてくれ」「お前なんかどうでもいい」と冷たい言葉を度々はいてしまうこともありますが、余裕が出てくると「たまには癒してくれよ」「どこか気晴らしに出かけてみないか」と提案してくることも。

女性はその言葉一つ一つに翻弄されてしまいますが、仕事の状態で精神面に影響を感じやすいタイプの男性であれば、「忙しかったのかな」と思うだけで済むこともあるのです。

過去の恋愛で苦い思い出がある

嫌いになったのに再び好きになってくれる男性のタイプは、過去の恋愛で苦い思い出がある人。

誰にでも恋愛においてトラウマを抱えているものです。

初めての恋人が何股もかけていた、本気で信じていた人が最初から遊びだった、など異性のことを信じられなくなることもあります。

また幼少期のトラウマで、両親が関係して恋愛に影響を与えていることもあるのも事実です。

トラウマを抱えている人、人の新設や好意を受けて即座に拒絶反応をしてしまうことがあり、その対応を受けて相手は「嫌われた」「受け入れてもらえない」と思ってしまいがち。

拒絶反応はどんなきっかけで起こるかもわからないので、好かれていると思っていたのに突然嫌われる、なんてこともよくあることなのです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

嫌われてもただの拒絶反応やトラウマに対する反射なので、冷静な自分を取り戻したとき再び好意を示してくれます。

女性が気づきにくい男性の好意を冷めさせてしまう行動

好意を持っていることがダダ漏れで誰でも気づいてしまう

女性が気が付きにくく男性の好意を冷めさせてしまう行動は、好意を持っていることがダダ漏れで誰でも気持ちに気が付いてしまう態度そのものです。

人から好かれることはとても喜ばしいことですが、時と場合により迷惑だと感じてしまうこともあります。

付き合っているわけでもなく、男性の気持ちがハッキリと決まっているでもない状態で、女性側からの好意が激しく伝わってくる態度は、どう対応していいのか分からず、友達や職場の同僚として非常に関わりづらいと感じてしまうところです。

気持ちというのは相手の好意を知ったからと言って急に決められるものでもありません。

女性側からの好意がダダ漏れで、全身から「大好き」と伝えられているような状態では、逃げたいと思ってしまうのも仕方のないことです。

よかれと思って頼まれてもいないのに好きな人の用事を代わりにやってしまう

話をする 男女

女性がついしてしまいがちで男性の好意が冷めてしまう行動は、良かれと思って頼まれてもいないのに好きな人の用事を代わりにやってしまうことです。

頼まれたことを喜んでやることは、相手にとっても「助かった」「またお願いしたい」という気持ちを生み出す行動ですが、時に頼まれてもいないのに好きな人の手助けをしてしまう人がいます。

職場の掃除や学校のノートを分かりやすく作るなどの行動は、相手の男性だけでなく助かる人もいる行動ですが、特定の人しか使えないことは断りづらい上に「そこまでしなくてもいいのに」と引いてしまう気持ちも生み出すのです。

なくなりそうなものを先回りして買っておいたり、お昼を食べる時間がなさそうだから軽食を準備してくれているなど、時々なら「よく気が付く子だな」「助かるよ」と思いますが、何でもされてしまうと監視されているようで怖くなってしまいます。

雑用を引き受けるという体でどこにでもついていこうとする

女性がやってしまいがちな男性の好意が冷めてしまうNG行動は、雑用を引き受けるという体でどこにでもついていこうとすることです。

仕事でも休みの日でも「私何でもするよ」「私のことは気にしないで、ただ役に立ちたいだけだから」と言いながら、どこにでもいつもシレっと姿を現す女性は、はっきり言って恐怖。

周りからは金魚の糞と言われてしまう行動なので、本人は大満足で「少しでも彼の役に立てることが出来たら嬉しい」という気持ちでいますが、周りの人は空気が悪くなってしまうので、「誰が呼んだの?」「早く帰ってほしいんだけど」とヒソヒソ話をしていることもあります。

雑用を引き受けるつもりで、好きな人の役に立ちたいと思っていても、呼ばれていない場所についていこうとするのは迷惑がられてしまうのでやめましょう。

休みの日の予定を把握しようとスケジュールを確認する

女性が気が付かないうちに男性の好意を冷めさせてしまっている行動は、休みの日の予定を把握しようとスケジュールを確認することです。

「今度の日曜は何しているの?」「誰と一緒にいるの?」と恋人でもないのに、いつでもスケジュール確認をされてしまう行動に、男性はうんざりしてしまいます。

「聞いてどうするの?」「彼女でもないのに首を突っ込みすぎ」と女性からの好意を全てシャットアウトしてしまうことに繋がるものです。

女性側は何気ない気持ちで、ただ自分が休みの日に「今頃○○しているかな」「今日は○○に行くって言っていたから楽しめているかな」と想像して楽しみたいだけ。

相手にとっては、それらの質問は全て束縛のように感じてしまいます。

会話をしているつもりが一方的にしゃべっている

女性が何気なくしている男性の好意を冷めさせてしまう行動は、会話をしているつもりが一方的にしゃべっているという場面です。

好きな人と会話が出来る時は「いつまでもこの時間が続けばいいのに」と願うもの。

楽しくおしゃべりしていると、二人だけの世界に入ったかのように感じ、周りがすべてどうでもよくなります。

けれども実はそんな場面で相手はドン引きということも少なくありません。

女性はおしゃべりが得意な生き物。

楽しく会話をしているつもりが、男性から見れば”相手の女の子が一方的に弾丸トークを続けている”ようにしか感じられないということもあるのです。

相槌を打つのが精一杯で、内心は「いつ息継ぎしているんだろう」「こんなにしゃべって疲れないのかな」と話半分ということもよくあります。

女性側は一緒に会話をしているつもりでも、男性が「そうだね」「うん」などしか返事をしていないことに気が付いてなければ、せっかく好意を持ってくれている男性も一気に距離を取られてしまうことになるはずです。

好きな人から本当に嫌われていると判断すべきサインや診断ポイント

彼と話す時の方向や角度が45度以内かどうかをみる

男性と向き合う

好きな人から本当に嫌われているのかを判断する彼の話を聞く時の方向をよくみる事です。

嫌いな相手と話をするときは「この人苦手だな」「早く終わってくれないかな」という心の中の思いが話をするときの姿勢に表れます。

彼と話をするときには彼の体の向きを注意深く観察しましょう。

彼があなたに素っ気ない態度を取っていても、体の向きがあなたの方に真直ぐ向いているのであれば、あなたは彼にまだ嫌われていないと言っても過言ではありません。

しかし、いくら愛想よい態度を彼が取っていても体の向きが45度以上外側を向いているようであれば注意が必要です。

彼の心の中ではあなたのことを「面倒な女」と思っていることも少なくありません。

表面上ではなく体があなたのことを拒絶しているのです。

このまま彼への態度を変わらずに続けてしまえば、そのうち態度でも「嫌い」という部分が見えてきてしまいます。

その為、あなたは早急に彼への態度の改善をしなくてはどんどんあなたのことを彼が嫌いになってしまうのです。

話に興味を示さずまったく質問してこないと早く話を終らせたいと彼が感じている証拠

時計を見る

あなたの話に興味を示さず、質問をしてこないというところも判断ポイントだと言えます。

相手が話していることに興味を示すからこそ、質問したり相槌を打ったりするものです。

しかし、嫌いな相手との会話は彼にとって、億劫なもの。

「早く会話を終らせてこの場を去りたい」と考えているものなのです。

その為、あなたが話している内容も彼の耳には入っていません。

「元カノの話が終わると同時にその場を去ろう」と算段を立てているので、自分から話を広げるために質問などの相手への興味を出さないものなのです。

あなたは、彼が質問してこないからと、余計に長くなるような話し方をしてはいけません。

彼の「元カノが嫌い」という気持ちを加速させてしまうからです。

あなたが取るべき対応は、彼が興味なさそうにしていたのならば、早々に話を終らせて「またね。」とその場を去る事だと言えます。

少しでも彼に嫌われない為に、彼との会話を終らせることで「今日の話は短かった」と元カレに思わせることができるのです。

これ以上、彼に負の感情を抱かせる前に、早めの判断が必要。

そうすれば、嫌われていると分かったからこそ、彼の心を取り戻す術を探すことができます。

ちょっとした冗談や笑い話に喧嘩腰で突っかかってくる

不満を持つ男性

ちょっとした冗談や笑い話に喧嘩腰になる彼の行動もあなたが嫌われていると判断すべきポイントだと言えます。

冗談で言ったつもりの言葉に激しく反応する彼の行動は、あなたを嫌っているが故に引き起こされているものです。

例えば、好意を持っている相手から「ちょっと太ったんじゃない?ダイエットした方がいいよ」と言われたら「ちょっと食べすぎちゃったかな」と笑い飛ばせるもの。

しかし、嫌っている相手から同じことを言われたら嫌味にしか聞き取れません。

このように、相手に抱いている印象からすぐにムキになってしまうことも少なくないものです。

「彼が怒りっぽいな」と感じたら、それはあなたが嫌われていると判断すべきポイント。

彼の行動をみて嫌われていると判断できたのならば、彼に好かれるための行動を起こさないと、彼と再び仲良くなり復縁する道は絶たれてしまいます。

まずは、あなたから彼に冗談を言う事をやめましょう。

そうすれば、彼のイライラや直ぐに怒ってしまうという衝動を回避できます。

そして、彼の話をよく聞くことです。

相手が真剣に話を聞いてくれているだけでも、あなたの好意は彼に伝わるもの。

「俺に興味があるんだ」と思わせる事も、もう一度彼に好きになってもらう為に大切な事だと言えます。

二人で話していてもすぐに彼の友人を呼んで会話に入れてもらえない

友人と話す

あなたと彼が話していても、彼の友人を交えての会話に切り替わってしまうことも彼から嫌われているサインだと言えます。

あなたは彼と二人きりで話したかったのに「いつも彼の友人が一緒になる」「彼の方から友人を呼びにいく」という場面になる時は、彼の方が友人に助けを求め話に入ってこさせていると言っても過言ではありません。

「こいつと話すのが嫌だな」「誰か代わりに話してくれないかな」と感じているからこそ、わざわざ自分から友人に話しを振ったり、呼びにいったりするものです。

「おかしいな、いつも彼の友達が話に入る」「私とより友達と話している方が多い」という事に気が付いたのならば、その場から去りましょう。

一生懸命にあなたから話しかけた所で彼と友人の会話に釘を差すだけです。

「こいつ邪魔だな」と思われる前に一旦、その場から退くことで彼と友人の会話を邪魔する事はありません。

会話の邪魔をされずにあなたが席を外す姿をみて「悪い事をしたな」と彼の心情に訴えかける事もできるものです。

あなたが彼と話したい気持ちも分かりますが、その場にいるだけでは嫌われているあなたに彼から話しを振ることもありません。

彼に冷められた…と思うのは勘違い!一見嫌われているようで実は今も好かれていると診断できるポイント

見られているような気がして彼と目を合わせたら逸らされた

口笛 ふく

彼に冷められたと思ったのが勘違いという場合には、彼の視線を感じたけど目を逸らされたという事もあります。

「彼が目を逸らしてしまうのは嫌われているから」とネガティブに考えてしまう事も多いものです。

しかし、彼はあなたのことを気にしていたからこそ「視線を送っていた」とも考えられます。

そして、急に振り返って目線が合ってしまった元カノに「どうしよう」と焦ってしまって目を逸らすという態度を取ってしまったのです。

彼のこの態度からは、あなたへの好意が伝わります。

具体的には、あなたが友人たちと談笑している時に誰かの視線を感じて振り返ると彼がいたという時に、それが何も思っていない相手ならば彼は会釈したり、ニコリと微笑んでくれたりするものです。

しかし、あなたと目が合っただけで驚き、目を逸らす彼のとっさの行動は、意識している異性にしかとらない行動だと言えます。

あなたは、そんな彼の行動をみたら、すぐにでも復縁への行動を取るべきです。

「彼も私と同じ気持ちなのね」とポジティブに考えましょう。

そうすれば、あなたの「嫌われた」と思っていた勘違いから彼とよりを戻すきっかけを作れます。

二人で盛り上がっていた会話が急に止まってしまう

ベンチに座る

盛り上がっていた会話が急に止まってしまうという事も、あなたのことを彼が意識しているからこそ引き起こされる行動だと言えます。

「彼との会話が途切れてしまう」「楽しく話していたけど嫌われているのかな?」と不安になることはありません。

盛り上がっていた会話から急に黙ってしまう彼の様子には「楽しい話がしたい」とあなたとの会話一つに注意を払っている彼の姿が伺えます。

「彼女につまらない奴だと思われたくない」「元カノが好意的に捉えてくれないだろうか?」と悩んでいるからこそ、盛り上がっている会話の途中でも考えすぎるあまりに黙り込んでしまう事も珍しくありません。

その為、彼が会話を途中辞めしてしまっても、あなたはそのまま笑顔で話を続けましょう。

彼は、あなたへ伝える言葉を選んでいるだけなのです。

決して、あなたの会話がつまらないからと、やめているわけではありません。

好きな人を前にすると誰でも緊張してしまうものです。

それは男性でも女性でも同じように悩み「好きな人に嫌われたくない」という気持ちを持ちます。

相手のことを思いやり「好きになってもらいたい」ただそれだけで、恋する男女は紛らわしい行動を取ってしまう事もあるのです。

なんだか冷たい?真剣な顔でダメ出しやアドバイスをしてくる

エールを送る

真顔でダメ出しやアドバイスをしてくるという事も、嫌われている事が勘違いのパターンだと言えます。

彼の真剣な顔につい「怒っているのかな?」と感じてしまう事も少なくありません。

しかし、実はその反対であなたのことが好きだからこそ、真剣にあなたの為を思ってのアドバイスをしているのだと言えます。

嫌いな相手には「ここ治したら彼女はもっと素晴らしい人になる」と、相手のことを思ってのアドバイスは送らないものです。

嫌いな相手ではないからこそ真剣になり「彼女のために力になりたい」と感じられるのだと言っても過言ではありません。

冷たく感じる彼の表情もそれだけあなたのことを集中してみている証拠。

彼のアドバイスを真剣に聞いて、自分自身の糧にすれば彼はあなたのこと更に好きになってくれるはずです。

もし、彼のアドバイスに適当な返事をしたり、ちゃんと聞いていなかったりすれば、彼のあなたに対する好感度もガタ落ち。

「彼女のことは好きだと思っていたけど気のせいだったかな」となってしまう事もよくあることです。

彼が折角の好意を出してくれている時に彼の期待を裏切る結果になりかねません。

彼のアドバイスをよく聞いて、更に好印象を持ってもらえるように努力しましょう。

素っ気ない彼の態度の中に笑顔がみえたら好かれているサイン

ハンサム 男性

素っ気ない彼の態度の中にも笑顔が見られたら好かれているサインだと言えます。

素っ気なさイコール嫌われていると結び付けることは早すぎる判断です。

素っ気ない態度の中にも、あなたに笑顔を見せる彼の姿があるのならば、好意が隠れている証拠であり、あなたのことを好きな彼がポーカーフェイスをしているだけだと言えます。

好きに女性に対して男性ならば「いつもスマートな自分を見せたい」「カッコよくいたい」と思ってしまうものです。

そして、彼女のことをまじまじと見る事が恥ずかしいからこそ、そのような態度になっているという事も少なくありません。

「彼女といると緊張する」「何を話せばいいのかがわからない」と口数も少なくなり、上手く気持ちを伝えられない事もあるものです。

自分が彼女の前で粗相してしまわないように、自ら気を引き締めてわざと素っ気なさを演出していることもあります。

しかし、相手への好意があると隠しきれません。

彼があなたのことを好きな気持ちは笑顔を通して知ることができるもの。

好きな相手をみれば自然と笑顔になり、愛おしい気持ちになります。

あなたに恋している男性もそれは同じであり、隠し通せるようなものでもないのです。

彼に笑顔が見えたらあなたが嫌われているというわけではありません。

嫌われてしまった男性から好かれていた頃に戻るための方法

元カレと一線を引いた距離を取り深く関わらない

外を見る女性

嫌われてしまった男性から好かれていた頃に戻る為には、彼と深く関わらないようにするということもその一つだと言えます。

一度嫌われてしまったのならば、まずは彼と一線を引くことから始めましょう。

彼はあなたに立ち入ってほしくない領域を持っています。

「好きだったけど、今は近寄って欲しくない」と思っているからこそ、嫌いなサインを出していることも珍しくありません。

その為、彼と深く関わらないようにすることで「アレ?元カノとの距離が遠いな」と感じてもらえます。

彼と深く関わらないようにすれば、彼に好意を持ってもらえるチャンスに気が付くこともできるものです。

「彼が今、悩んでいるようだから話を聞いて上げよう」と彼のピンチにすかさず駆けつける事で、あなたの良さに気が付いてもらう事もできます。

嫌われていても傍を離れずにいると「元カノが離れてくれないかな」「嫌いなんだけど」とあなたへの嫌いの度合いが増していくばかりで何も良い事はおきません。

彼に少しでもあなたのことを思い直すチャンスを与えるためにも、一線を引いて離れてみる事も大切です。

彼と連絡を絶ち話しかけられるまでジッと待つ

待つ女性

彼と連絡を絶ち、話しかけられるまではジッと待つという事も、もう一度彼を好きにさせるために必要な事だと言えます。

彼はあなたを嫌っている時にあなたから話しかけられる事に嫌悪感を抱いていることも少なくありません。

少なくとも、嫌っている相手に自ら話しかける事はしないはずです。

その為、彼から話しかけられるという事はあなたが彼に好かれ始めているという表れ。

その時に彼への好意をうまく伝えていけば、もう一度好かれていた頃に戻ることができます。

あなたが連絡を絶つ事で、いつも追われている立場だった彼に変化が起きるものです。

「彼女から連絡が来ていたけど」と初めはあなたから連絡がこないという事に違和感を持ちます。

そして、待っていても元カノから連絡がこない事に気が付き「こんなにも気にしていた存在だったんだ」とあなたの大切さを身に染みて感じる事も珍しくありません。

彼に連絡が取れない状況はとても辛いものです。

しかし、彼に嫌われたままでは復縁する事も不可能。

彼の心を動かしてあなたのことをもう一度好意を抱く相手として認めてもらえなければ、あなたと彼の関係は前に進み出すことができないものなのです。

その為の一歩を、勇気を持って踏み出しましょう。

彼に嫌われてしまった原因を考えて自分で努力して改善する

空に手を

嫌われてしまったのならば、まずは原因を考えて自分で努力して改善する事もその一つだと言えます。

彼はあなたに対して持っていた希望や期待を裏切られたからこそ「嫌いになった」という事も少なくありません。

その為、嫌われてしまった原因や彼の期待を裏切ってしまった事に向き合わなければ、彼の信頼を取り戻してもう一度好きになってもらう事も叶わないものです。

まずは、彼が好意を抱いてくれていた頃と嫌われてしまったと思った時期の境を思い出して下さい。

その時期こそが嫌われた原因を知る上で重要なポイントです。

原因や理由さえ掴めれば後は改善あるのみ。

彼への強い思いさえあれば、あなたはその改善点に立ち向かい自ら修正することができます。

しかし、原因や理由に行きつかないといつまで経ってもあなたは彼の中で「嫌いな人」のままになってしまうものです。

彼に嫌われた理由を知り自分で悔い改めることができれば、彼との未来は開けます。

今が頑張り時です。

彼にもう一度好きになってもらう為にも最善の努力を尽くしましょう。

そして、もう一度愛し合える関係になって下さい。

「でも」「だって」という言い訳する女の決まり文句を使わない

言い訳をする

嫌われてしまった男性から好かれていた頃に戻るためには、言い訳する女をやめる事です。

彼があなたのことを嫌いになってしまった原因として「言い訳するから」というものもあります。

彼が指摘してくれたことも「でも、○○なんだよ」「だって、仕方なかったの」など、いちいち言い訳しているあなたの態度に彼が嫌気を差すことも少なくありません。

元来男性はストレートな物言いを好むものです。

言い訳して自分を守ろうとする女性に対して「何でわかってくれないんだ」「言い訳ばかりで嫌いになった」と負の感情を抱いてしまいます。

彼に指摘された部分に思い当たる節があるのならば、素直に謝り「次からは、気を付けるね。ありがとう。」とお礼を言う事です。

そうすればあなたの素直さに「いい子だな」「嫌いと思っていたけど、彼女も努力している」と認めてくれるようになります。

一度嫌われてしまっても、あなたの態度次第では彼に好印象を与えて、好きになってもらう事もできるものです。

彼の意見に意固地にならず、素直なあなたを出しましょう。

そうすれば、彼の明らかにあなたを嫌っている態度も改善され、元のように仲の良かった頃の二人に戻れます。

彼との復縁を成功させるためにも、あなたの素直な姿を彼に認めてもらいましょう。

好きな人にしつこくして嫌われたら即挽回すべき!職場が同じ元彼など状況別の秘策

好かれていたのに嫌われてしまうという事は稀です

ベンチ 夕焼け

好かれていたのに嫌われてしまうという事はとても稀なことだと言えます。

一度好きになった相手や好意を持った相手には「この人は素敵だな」「すごいな」という尊敬する部分を見つけているもの。

自分には真似できない良さがあるからこそ「一緒にいたい」「あの人が好きだな」と好意を抱けるものなのです。

好意をもてる相手とは認められた存在であり、相手が自分の考えとは多少違う行動を取ったとしても、すぐに嫌いになる事はありません。

あなたが「嫌われているかも知れない」と感じる事も「ただの勘違い」という事が多いのです。

もし、本当に彼に嫌われてしまっているのならば、あなたとの縁をすぐに切ってしまうはず。

その行動が感じられないのなら、あなたが不必要に不安になり落ち込むことはありません。

あなたが感じた「嫌われているかも知れない」という感情を辿っていくと、自分の欠点が見えてくるものです。

直すべき性格や行動を知って、改善していけば今よりもっと素敵な女性として成長できます。

この機会に、自分の魅力をさらに上げて彼に復縁したいと感じさせる女性になりましょう。

【期間限定・2021年9月26日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

男性を見つめる女性
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG