結婚しない彼氏に見切りをつけるベストタイミング!結婚願望を強力に引き出す方法も紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「いつまで経っても結婚しようって言ってくれないけど、将来のこと考えてくれているのかな」「年齢的にそろそろ結婚したいけど女から言い出すと嫌われるかも…」となかなか結婚を切り出さない彼に焦りや不安を感じているあなた。

大好きな彼だからこそ、結婚したいと思うのは当然の願望です。

しかし、結婚しない彼氏は何を考えているのか分からず、どうしていいのか悩んでいる人も少なくありません。

あなたの将来のためにも、結婚しない彼氏に見切りをつけるベストタイミングを伝授します。

どうしても今の彼と結婚したいという人のために、結婚願望を協力に引き出す方法もご紹介するので、見切りをつけるタイミングで試してみてから結論を出しましょう。

目次

結婚しようとしない男性が彼女になかなか言えずにいる本音

正直結婚とかどうでもいい

実は、男性が結婚ということ自体に意識を向けることは、女性よりも低いと言われています。

女性は、出産願望があったり親から「結婚はまだか」「孫の顔が見たい」などと催促されたりすることが多く、自分自身が願うよりも周囲からのプレッシャーを感じたり年齢的制限を考えたりしてしまうものです。

女性が結婚したいと願う年齢と、男性が結婚しようかなと考える年齢に差があり、年が近いカップルには時期的に気持ちの誤差が生じてしまいます。

また“結婚することは責任を取らされること”と否定的に考えている人もおり、結婚自体に興味がないという男性も多いものなのです。

「正直結婚とかどうでもいいな」と思っていたとしても、彼女に言えるはずもなく、いつまでも彼女の気持ちに気がつかないふりをして誤魔化します。

最初から結婚願望がないという人もいれば、付き合っていることに何の問題もないと感じていて、結婚にメリットを感じないという人もいるものです。

結婚にメリットを感じていない男性は、結婚生活自体をイメージすることが難しく、自分自身の生活を変えたくないという気持ちを持っています。

そのため、彼女に結婚をアピールされてもイメージしきれず、自分の中できちんとした結論を出せません。

まだ自分の時間がほしい

男の人は、結婚してしまうと”自分の時間がなくなる”と思っている人も珍しくありません。

家族を養うために仕事をして、嫁と子供だけの世界で生きなければいけない、という暗示を自分自身にかけています。

特に20代の男性は結婚して“所帯持ちになる”というイメージは、面倒くさいと思っている人も多く、遊ぶ時間がなくなる、友達と自由に会えなくなる、と思っているのです。

自分自身に時間をかけて遊べるのは独身の時だけ、ましてや彼女もちであっても浮気によって法律で罰せられることがないというところも、頭の中には浮かんでいます。

とても不純な動機ではありますが、男の人にとって“結婚する”ということは、人生の大きな決断であることに変わりはなく、まだ縛られたくないと考えている人は多いものなのです。

まだ自分の時間が欲しい、と思っていることを彼女に言ってしまうと「私と一緒にいるのが嫌なの?」と怒られてしまいそうなので、絶対に口に出すことはできません。

結婚しない彼氏にとって、自分の時間が欲しいという気持ちは、家庭を持つだけの気持ち時間の余裕がまだ自分にはそろっていない、と思っている男性の本音です。

金銭的に不安がある

結婚しない彼氏の本音には、金銭的に不安があるというものがあります。

金銭的な不安は、男性のプライドにかけても彼女に言うことはできません。

しかし、結婚するにあたって、彼女が望むことを叶えようと思えば、かなり高額なお金が必要になってきます。

結納金、結婚式、新婚旅行費、新居の借入、新居に入れる家電一式、挨拶回りの品、と結婚行事だけでも軽く一万円札がたくさん飛んでいくことが予想できるものです。

さらに、独身であれば働いたお給料も自分のためだけに使うことが出来ていましたが、家庭を持つということは経済的にも安心させてあげなければいけません。

生活をするために、家賃、水道光熱費、保険、食費、生活費、その他もろもろ必要になってきます。

毎月定額が生きていくためだけに必要になってくるので、自分のために使えるお金も必然的に減ってくるはずです。

30代に入ると少しお給料も上がり、安定してきますが、安心感を得るラインは人それぞれなので、「まだ結婚生活をしていく経済的自信がない」と思っているうちは、当然結婚しないことになります。

彼女が共働きでいい、と言ったとしても「嫁の給料を当てにしないと結婚できないとは思われたくない」というプライドがあるので、自分自身のお給料だけで考えているものです。

結婚願望はあるけど今の彼女ではないと思っている

結婚しない彼氏の本音で辛いものは、結婚願望はあるけど今の彼女ではないと思っている場合です。

男性自身、いつかは結婚したいと思ってはいても、今の彼女に対して“妻としてどうか”というフィルターを通してみたとき、違うと感じてしまっています。

男性が結婚したいと思う女性の特徴は、家庭的である、派手な遊びをしない、金銭感覚がきちんとしている、キレイ好き、親に合わせても恥ずかしくない身なりやマナーを知っている、など理想を高く持っているものです。

結婚すれば、彼氏の友人や上司と顔を合わせるかも知れない嫁という立場の人は、常識ある人でなければ自分が恥をかいてしまいます。

目上の人に挨拶ができない、露出が多すぎる、言葉遣いが悪い、人を見下している、全く家事ができない、部屋が汚い、夜遊びが好き、など人として注意すべき点や、独身だから許される点が結婚となるとシビアに目に入ってくるものなのです。

また、彼氏の両親にとってどう映るかというところも、男性にとっては非常に重要となります。

女性は自分が好きな人であれば親がなんと言おうと聞かない傾向にありますが、男性は親の同意をきちんと得てから結婚したいと考える人がほとんどです。

自分の親が明らかに好きそうじゃない、反対されそう、と思えば紹介することも面倒になってきます。

仕事が忙しくて結婚しても寂しい思いをさせてしまいそう

社会人の男の人にとって、仕事というものは非常に優先順位が大きいものです。

仕事が忙しい時期は、自分自身が結婚するということを考えることができません。

また、彼女のことが大好きすぎる場合も仕事が忙しければ「結婚しても寂しい思いをさせてしまいそう」という不安が出てきます。

大好きな彼女に寂しい思いをさせたり、悲しませたりすることは、男としてできるはずがありません。

大きなプロジェクトを任されているなら一段落ついたとき、また昇進昇格、昇給するまでは、という区切りを自分の中でつけている男性もいます。

忙しい時に結婚を決めて、もし何か仕事でトラブルが起きた時に「恋愛にうつつを抜かしているからだ」と言われることは、男性にとって耐え難い屈辱なのです。

一人前の男になってから結婚したい、という気持ちを持っている場合も、仕事が忙しい最中に結婚を決めるべきことではないと考えており、目の前にあることを必死で取り組んでいます。

焦り過ぎはNG!彼が結婚したくなるまで待つメリット

しっかり独身時代に満足したら結婚してから家族を大事にしてくれる

彼が結婚したくなるまで待つということは、しっかり独身時代に満足させることができるということです。

彼が独身の時にしたいと思っていることを全てやり終え、達成感を持った時に結婚に踏み切ると、結婚した後家族をものすごく大事にしてくれます。

逆に独身時代を十分に謳歌できないまま結婚してしまうと「独身の頃は良かったな」「俺はまだまだ遊びたかったな」と不満が生まれ、なにかきっかけがあると一気に遊びたいという衝動が爆発してしまうことがあるのです。

若い頃のできちゃった結婚や、周囲がしているからと急かされて結婚した場合、不完全燃焼と感じている男性も多く、子供が出来て奥さんが自分に構ってくれなくなると、外遊びを始めてしまうかもしれません。

しかし、仕事や趣味、友人と連日飲みに行ったり遊びに行ったり、また彼女と旅行三昧することなど、独身時代にしっかり堪能していれば、「○○したい」という欲求もあまり出てくることなく、家族のためだけに時間を使っても幸せだと感じてくれるようになるものなのです。

結婚してすぐ子供が出来た場合には、特に独身時代に満足しているかどうかという部分で生活に差が出てきます。

幸せな結婚生活を望むのであれば、彼を好きなようにさせてあげましょう。

お金に余裕が生まれて結婚準備も結婚生活も金銭的不安がない

男性が同じ仕事を続けていれば、少なからずお給料が上がっていくものです。

彼が20代のうちに結婚したい、と彼女が願っていたとしても20代と30代、また40代のお給料はかなり差が出ます。

年齢を増すごとに経済的安定を手に入れると考えましょう。

すると、結婚を焦らないことでお金に余裕が生まれ、結婚準備も結婚生活も経済的不安がない状態で進めることができます。

結婚式やハネムーンは、一緒に一度のことだからこそケチってしまうと後からとても後悔してしまうものです。

やりたいことと、金銭的に難しいことの兼ね合いでケンカになってしまうカップルも非常に多くいます。

そんな、悲しいケンカをしなくても済むと思えば、心のゆとりを積み立てていると考えることもできるはずです。

彼氏の経済ばかり当てにしないから結婚したい、と思っていたとしても、男性は自分の稼ぎで養いたいと思うもの。

女性がお金の事に関して細かく口をだすものではありません。

心の中でそっと、「彼は私たちのためにお金を貯めているんだな」「私の給料は二人で旅行や遊びに行く時にでも使おう」と考えておきましょう。

家庭を持つ気持ちの準備が出来ているからケンカにならない

家庭を持つと言うことは、男女ともに人生が大きく変わるポイントです。

人生をともに歩むパートナーとなるので、カップルの時のように好きにお金を使えなくなったり、時間を使えなくなったり、今後迷ったり悩んだりするときに二人で話し合って乗り越えていかなければいけません。

付き合っているときは、事後報告で良かったことであっても、結婚すれば先に相談するということはたくさん増えてくるものなのです。

“結婚生活”ということに対してしっかりイメージをして、覚悟が出来ている男性は家庭を持つ気持ちの準備が出来ているということになります。

何でも相談しようと考えていたり、妻の意見を大切にしようと考えてくれていたりするので、些細な喧嘩というものがありません。

ケンカにならない、ということは結婚生活において非常に重要なポイントです。

ケンカが多い夫婦は常にストレスを感じ、お互いの価値観を受け入れることができないため、離婚をすることも早いうちに決断することがあります。

そうならないために、焦らず待つというのは、男性の結婚準備として非常に大切なことなのです。

待っている間に彼の結婚観を知り、あなた自身も結婚生活に対して心の準備を進めていきましょう。

子供が欲しくなっていたら妊活に協力してくれる

今や大きな社会問題にもなっている不妊。

結婚を焦ったばかりに、子供がすぐ欲しい妻とまだ二人だけでいたい夫との間に気持ちのすれ違いが生じ、妊活がうまく進まないという夫婦もたくさんあります。

大好きな人の子供が欲しいのに、旦那が協力的でなければ、妊活も虚しいものとなり、愛の無いセックスをすることになるのです。

しかし、焦らず待っていると彼に「子供が欲しい」「俺の子供を彼女に産んで欲しい」という願望が出てきます。

男性は子孫を残したいので、子供を望む男性は非常に多いものです。

夫が望む妊娠であれば、妊活も非常にしやすく、どちらかが不妊体質でない限りは、すぐ妊娠しやすい状態になります。

子供が欲しくない、という男性はいますが、「いつかは欲しい」と思っている人であれば、そのタイミングは非常に重要です。

大好きな人と「子供が欲しい」「どうして協力してくれないの」というやりとりをすることは非常に悲しいことであり、せっかくの結婚も子供を作るためにしたのか、一緒に生きていくためにしたのかわからなくなってしまいます。

彼女自身の年齢にもよりますが、まだ待てるという年齢であれば彼が子供を欲しくなるまで待ってみるということは、その後をスムーズにする有効な手段と言えるのです。

結婚したくない男性の気持ちが「家庭を持ちたい!」へ変化する年代別のきっかけ

20代では男のケジメは気持ちを高ぶらせる!彼女の妊娠

20代の男性が家庭を持ちたいと思うきっかけは、男のケジメを求められる、彼女の妊娠です。

出来ちゃった婚と呼ばれる状況ですが、男性は「仕方なく結婚を決める」というよりも、責任を取らなければいけないという心理が、未来への希望を大きくする要因となります。

「彼女を守らないといけない」「家庭を持つ一人前の男になる」というプレッシャーが、自分を成長させる出来事としてポジティブに働くのです。

独身の時のように、好き放題は出来ないし、お金も自由に使えなくなる事に対して、窮屈さよりも、一回り大人になれた事を意味するものとして、嬉しくなります。

「子供が大きくなったら、キャッチボールをしたい」「家族でキャンプをいっぱいしたい」と楽しい未来を想像し、早く自分の家族が形作られる事を心待ちにしているところです。

親への挨拶は、緊張するものですが、彼の頭の中には、幸せになれる予感ばかりが膨らんでいるので、早く妻となる人と一緒に暮らして、子供のためにも、仕事に精進しようと決意する出来事となります。

20代は周りの夫婦を見て憧れの家庭像を手に入れたくなる

20代男性が「早く家庭を持ちたい」と思うきっかけは、周りの夫婦を見て、「自分だったら…」と憧れの家庭像を思い浮かべる事です。

社会に出て、様々な経験をし始める若者は、色んな人生の先輩との出会いも多くなります。

同じ年くらいばかりで交流していた学生の頃とは、価値観も会話のノリも全く違う事に、驚く人も少なくないものです。

初めての経験、効いた事もない話など、驚く様な事ばかり見聞きする中で、とても仲良し夫婦に出会う事も。

結婚して30年以上経過していても、ラブラブなカップルや、子だくさんで大変そうだけど幸福感がにじみ出ている家族などを見て、恋愛だけの世界観から家庭を持った後のイメージが急速に膨らみます。

「自分はこんな家庭が良いな」「今の彼女と結婚したら、ずっと恋人みたいな夫婦でいたい」など、憧れを実践したくなることで、願望が強くなるのです。

30代は仕事の充実度が家庭を持つことへの自信となる

30代の男性が「家庭を持ちたい」と思うようになるきっかけは、仕事の充実度が上がり、自分の中で人生に対する満足度が高まる事です。

社会でのルールやマナー、厳しさなどを経験してきて、自分なりの乗り越え方や生き方、プライドなどが確立し始める30代。

仕事もやり方が分かり、オリジナルの取り組み方や努力をする事で、評価され始める時期でもあります。

何をやっても楽しく、いい女との出会いも増えてくるところです。

プライベートの充実や収入アップも後押しして、「今なら、家庭を持ってもやっていけるだろう」と予測を立てられるようになります。

お金の面だけでなく、他人と暮らすことに対して、どれだけ我慢できるか自信が生まれる事で、「何でも上手くやれる」とチャレンジ精神が生まれるのです。

40代はプライベートの時間を持て余し誰かを幸せにしたくなる

40代の男性が家庭を持とうと思うきっかけは、プライベートの時間を持て余してしまう事です。

仕事もすっかり慣れ、責任ある役職を任されるようになり、ストレスもマックスな時期。

疲れを癒すためにも、いかにプライベートタイムを充実させるか、というところに焦点を当てます。

お金にも余裕が生まれ、周りの人は結婚して家庭を持っているので、一緒に遊んでくれる人がいなくなるので、時間を持て余すのです。

食事をしている時や、飲み会の後に急に静けさを感じる時など、一人でいることに寂しさを感じ、誰かを幸せにしたいという気持ちが強くなります。

自分の欲望は、物欲も願望もほとんど叶えられ、愛がない生活だけが不足している状態です。

「これだけ毎日頑張っているんだから、女性の一人くらい幸せにできる」「家族を持って、一人でいる時間を無くしたい」と思うことで、結婚相手を本気で探します。

50代は老後の生活を想像したときに寂しくなる

50代の男性は、ずっと独身を貫いてきた人よりも、離婚経験者も増えていますが、老後の生活を想像した時に、家庭を持ちたいという願望が強くなります。

一度結婚に失敗していたり、周囲の既婚者の愚痴などを聞いていたりすると、一人でいる事も楽になっているはずです。

仕事も責任を取るポジションになるため、現場であくせく働いて、精一杯時間を使わないといけない訳ではありません。

人生半ばを迎え、これから一生独身でいる事を考えると、年々あちこち痛みを感じ始める体と向き合った時、「このままでは辛いな」「誰かと支え合いながら生きていきたい」と思うようになります。

自分の心が元気になれるように、なるべく明るくて活発な女性を好むため、グッと年の差のある、若い人を相手に選びやすいのもこのためです。

20年後の自分を想像した時、一人寂しく、老いぼれた自分でいたくないと思う事がきっかけと言えます。

結婚しない彼氏に見切りをつけるベストタイミングの見極め方

結婚アピールをしてから半年

結婚しない彼氏は、そもそも彼女が”結婚したい”と思っていることに気が付いていない可能性が高いと言えます。

特に男性の年齢がまだ若かったり、仕事でやりたいことがあったりする場合、自分の気持ちが結婚という意識に向いていないため、自分の彼女も今の交際を楽しんでくれていると思っているものです。

そんな彼氏には、あなたが結婚したいという意思を知ってもらうことが最優先となります。

女性は「言わなくても分かってほしいのに」「彼が自分から結婚したいって自発的に思って欲しい」と望んでいる人が多くいるものです。

それでも彼と結婚したい、と願うのであれば彼からの行動を待つのではなく、彼の考えがまとまることを待ちましょう。

結婚したいというアピールをしてから半年あれば、彼の気持ちは十分固まります。

彼の中でまだ準備が必要だと思う部分に関しては努力をし、それでも足りないと思う部分は申告してくれるはずです。

結婚アピールをしてから半年以上何もアクションを起こさず、何も言い出すこともなければ、彼との結婚に見切りをつけるタイミングとなります。

本気で彼女のことを愛していれば、半年もあれば気持ちと自分自身のモヤモヤを解消して、結婚を考えている意思や時期を伝えてくれるものです。

結婚したいことを本気で話をしてから1ヶ月

結婚しない彼氏から結婚の意思を確認するには、ハッキリと言葉で気持ちを伝えることが大切です。

言わないことが美徳と考えている人もいますが、気持ちは言葉にしてこそ本気で向き合うことができます。

結婚したいという気持ちを、彼にしっかり伝え、彼氏と本気で話をしてから1ヶ月で結論が出なければ見切りをつけてしまいましょう。

本気で話をすれば、その場で結婚が決まる場合もあります。

しかし、彼の中で解決したいことが先にあったり、不安に思うことがあったりすれば自分の中で今後のことを考える時間が必要になるものです。

将来、二人で一緒に生きていきたいのか、まだまだ自分のために時間を使っていきたいのか、一生結婚はしたくないと考えているのか、彼の結婚観を知るためにも本気の話し合いをしましょう。

この時、切り出す話はなんとなく「そろそろ結婚したいんだけど」という曖昧なものではなく、「○歳までに結婚したい」「○歳までに子供が欲しい」「恋人ではなく夫婦として一緒にいたい」などあなたの考えをはっきりと伝えることが重要です。

付き合ってから5年の記念日

結婚したい女性にとって、モヤモヤする気持ちの代表としては「私たち、いつまで恋人のままなんだろう」「そろそろ結婚の話が出てもいいと思うんだけど」というものです。

女性は、交際が3年を超えてくると、結婚を意識し始める人も少なくありません。

しかし、男性はいつまでも現状のまま過ごすことができます。

男の人にとって、現状を変化させるということは、ストレスがかかることであり、考えなければいけないこと、しなければいけないことが増えるということが面倒だと思う人も多いものなのです。

そんなあなたは、付き合って5年の記念日が見切りをつけるタイミングとなります。

記念日に結婚についてどう考えているのか、聞いてみることで彼の本音を知ることが出来るのです。

彼もそれだけ付き合っていれば、彼女が結婚を言い出すことも納得出来るし、そろそろ自分も考えなければいけないとは思いつつ、後伸ばしにしていた可能性もあります。

彼に「そろそろ本気で考えてよ」というきっかけ作りをあげるという意味でも、5年の記念日は重要な時期です。

もし、交際5年を過ぎていれば、今すぐにでも見切りをつけるタイミングだと考えて大丈夫だといえます。

彼氏彼女どちらかの区切りのいい年齢で結婚ワードを出す

結婚を意識する一つのキーワードとして、年齢があります。

昔から年齢に関して言われていることは、女性はクリスマス年が売れ筋だというものです。

少々女性の結婚に対する価値観が偏っているような感じもあり、現代にはあまり当てはまらないかもしれませんが、事実、女の人の24歳・25歳はとても容姿が美しい年齢でもあります。

そのため、25歳くらいで結婚したいという願望を持っている女の人は多いものです。

男の人は、社会に出て経験を積んで、自信をつけている30歳を区切りと考えている人が多くいます。

女性にとっても男性にとっても、年齢は結婚を意識するきっかけとして非常にわかりやすい目安です。

結婚しない彼に見切りをつけるベストタイミングとして、彼氏彼女どちらかの区切りのいい年齢で結婚ワードを出すことで急に意識をし始めます。

「○歳までには結婚の話を具体的に決めていきたい」「あなたが○歳になったら仕事も落ち着いて結婚も出来る頃かな?」とポイントとなる年齢の1年前から話を出すことで、期限を決めることができるものです。

また、「○歳になったからもう結婚しないと親との約束が果たせない」「○歳だから出産を考えるとそろそろ前に進みたい」など、誕生日をきっかけに今より前進したいという意思表示をすることも有効となります。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

今の彼氏に見切りをつけた後待っているのはこんな未来

手放すと手に入る法則で新しい彼氏と即結婚

今の結婚しようとしない彼氏に見切りをつけた後、すぐ手放すことで新しい出会いが手に入る法則が働きます。

新しい彼氏と即結婚ということも、珍しい話ではありません。

人の出会いというものは、不思議なもので一つのものに執着すると他の物を手に入れられなくなってしまいます。

逆に執着を手放し、身軽になることで人生の新しいステージを進み始めることができるのです。

新しいステージに進んだあなたを待ち受けているのは、新しい出会い、環境、繋がり、学びであり、前進しようと思う気持ちがあなた自身を輝かせてくれます。

何かを始めようとするとき、新しい自分になりたいと心から願った時には、自然と行動と気になりポジティブな考えをすることができるようになるものです。

明るく活発な女性はとても魅力的で、異性として目を引くものがあるため、今まで長く付き合っていた彼氏がいたからこそ出会わなかった出会いが次々と起こり、モテ始めます。

出会いの中から自分とピッタリの相性である男性も必ず見つかり、トントン拍子で結婚まで話が進むものなのです。

焦りがなくなった途端に彼からプロポーズ

結婚しない彼氏に見切りを付け「彼のことは好きだけど、結婚して子供を生んで親を安心させたいと思っていることは諦めよう」と思ったことで、焦りがなくなり、途端に彼からプロポーズされることが起こります。

女性の「結婚したい」という願望は、非常に威圧感が出てくる場合が多々あるものです。

彼氏は「最近結婚アピールが凄すぎて、期待に答えられなかったら激怒しそう」と不安に思っている人も多くいます。

彼女の理想を叶えてあげたいと思うからこそ、自分の言葉に自身が持てずにいる男性が結婚に踏み切れないのです。

しかし、彼女が焦りをなくし、表情が柔らかくなると彼も安心して「やっぱり一緒にいたい」と思う気持ちが強くなり、結婚へと決断することができます。

人はプレッシャーが係ると、責任から逃れたいという欲求が生まれてくるものです。

その逃げ腰の姿勢を作らせていたのは、あなたの過度な結婚アピールということも考えられます。

一緒にいて楽しい、癒される、飽きない、傷つけられない、という気持ちが強くなると、人生を共にするパートナーとして相応しいと感じるようになるものなのです。

安心して一緒にいてもいい女性だと思ってもらえるようにすることが、一番結婚への近道となります。

一人で生きていく覚悟が出来て仕事やプライベートが急に動き出した

結婚したいと願うことは、男性にとって迫りくるもののように感じられますが、女性にとっても実はかなりのプレッシャーを与える気持ちです。

「今すぐにでも結婚したい、けど本当に一生彼だけを愛し続けるのか」「年齢的に結婚したいし、彼も大好きだけど結婚という決断は間違いとはならないか」など、漠然とした不安が付きまといます。

「結婚したら仕事を辞めないといけないかな」「子供が出来たらどのくらい自由がなくなるのだろう」など、未知のことに対して恐怖や不安を覚えることは当然です。

いつまでも結婚しない彼氏にモヤモヤし続けるよりも、見切りをつけることであなた自身の人生を歩むことができます。

一人で生きていく覚悟が出来、仕事やプライベートが急に動き出した、などという展開が待っているものです。

自分一人で生きていくためには、仕事に熱を上げ一生懸命になることで、楽しさや関わる人が変わってきます。

仕事仲間と遊びに行ったり、人生相談を本気でしあったりと自分の人生でかけがえのない仲間を見つけることができるのです。

男性に頼らない生き方も、充実して面白いものだと気がつくことができます。

気楽になって今の交際を楽しめるようになる

結婚しない彼氏に見切りをつけることで、気楽になって今の交際を楽しめるようになるものです。

結婚したくない彼氏と無理に婚姻関係で繋がる必要は、全くありません。

現代では同棲や内縁関係もオープンになっており、婚姻届で繋がる夫婦と同じ状態でいるカップルもたくさんいます。

内縁関係になると、夫婦関係と似たような法的効力も出てくることもあり、戸籍上夫婦でなくてもお互いに「夫・妻」と呼び合っているカップルもいるのです。

夫婦という形にこだわらなくても、一緒にいることが一番幸せだと感じるのであれば、それは二人が見つけた幸せであることに変わりはありません。

人生は幸せになるために歩んでいるものです。

あなたが幸せで過ごせるのであれば、それで十分だといえます。

婚姻関係でないからこそ、気持ち的に自由でいられるというメリットもあり、旅行三昧でも子供がいなくても、親にプレッシャーをかけられることもなく、何も気にしなくても大丈夫なのです。

今のふたりだからこそできることを思う存分楽しむことにフォーカスしていれば、結婚という形が全てではないことに気がつきます。

自分自身の人生を思い込みで決めないことで、知らない世界を見ることができるはずです。

復縁&結婚がうまくいくカップルの特徴と結ばれたきっかけ10選・結婚に繋がりやすい別れ方&よりを戻すタイミング

結婚してくれない彼氏と別れて良かった!と思えた女性の体験談

すぐに結婚願望のある人に出会えた

いつまで経っても、結婚してくれない彼氏と別れた私の体験談は、悩んでいる時には予想も出来ない事でした。

社会人になって、友達の紹介で知り合った彼は、とても明るくて、交友関係の広い人で、いつも誰かと一緒にいるような人。

一緒に過ごすことが増え、付き合うようになってからも、友達と遊びに行ったり、会社の人と飲みに行ったりと、色んな人とバランスよく付き合っていました。

付き合い始めて、3年が経った頃から結婚願望が大きくなり、彼氏にも時々将来の事を訊ねたりするように。

いつも決まって、「そのうちね」「Yとだったら幸せになれそう」と前向きな返事はしてくれるのですが、具体的な話には一向にならず、モヤモヤしていました。

結婚の話が出てから、1年経っても変わらないカレの態度に、毎日悩むようになり、次第に喧嘩をするようになったんです。

さらに1年が経過して、悩みすぎてすっかり幸せが分からなくなってしまい、「一生結婚とは縁がないのかもしれない」と考え、別れました。

ふさぎ込んでいた私に、優しくしてくれたのは職場に出入りしている業者さんです。

気晴らしにと食事に誘ってくれ、そこで彼が「結婚したいけど、相手がいない」と笑いながら話しました。

私は元カレとの事を話し、「それなら、僕と付き合ってみませんか」と言われ、交際に。

お付き合いを始めると、とても素敵な人だと分かり、知るほどに大好きになり、スタートから半年で結婚の話が進み始めました。(N・Y/32歳/セラピスト)

ずっと好きでいてくれた人に告白された

私が、結婚してくれない彼氏と別れて良かったと思えたのは、大きな幸せを手に入れられたからです。

当時、大好きで結婚したいと思っていた彼氏と付き合っていましたが、相手は仕事が忙しい人で、いつも待たされてばかりでした。

デートの約束もちゃんと出来ず、一緒にいても途中で仕事に行ってしまうような人。

それでも、カレの事が大好きだったし、寂しかったけど別れるつもりは全くなかったんです。

「せめて、一緒に暮らしていれば、帰って来てくれる安心感が持てるから」と、「結婚して欲しい」とお願いをしていましたが、彼からは「仕事の事で頭がいっぱいで、考えられない」と断られていました。

彼が何もかも上手にできる器用な人ではない事は分かっていましたし、いつまででも待てるとは思っていたのです。

ところが、私は嫉妬もしてしまうので、カレの職場の女性の事を考えて一人でやきもちを妬いたり悲しくなったりと、すっかり心が折れてしまいました。

「結婚するか、別れるか決めて欲しい」と伝えると、あっさり仕事を選ばれてしまったのです。

そんな私をずっと支えてくれていたのは、長年の友達T君。

カレの事を否定する事もなく、ただ傍に居てくれました。

「泣きたいなら、我慢しなくていいよ」「僕はずっとそばにいるから」と寄り添ってくれ、ようやく心が回復することが出来ました。

もう恋愛をするつもりもなかったのですが、「ずっと好きだった。Oの心に僕がいなくても、構わないけど、これからも守るよ。」と言ってくれた時に、涙が溢れたのです。

T君の包み込むような愛情と優しさを感じ、カレの気持ちを受け入れると、すぐに結婚することになりました。(A・O/28歳/塾講師)

別れた途端後悔した元カレと復縁結婚

私は、なかなか結婚してくれない彼と別れた後に、復縁婚した体験談です。

若い頃から付き合っていた彼氏は、遊びも派手で、将来のために貯金をするなんて、考えもしないような人。

関係は順調に進み、結婚の話も出ましたが、結局「資金がない」「遊ぶ時間が減ってしまう」「子供を持つ責任がまだ持てない」など、いつも平行線です。

私の年齢も30歳を超え、「そろそろ本気で結婚を考えないと、出産のリスクが怖い」という話をした時も、「二人だけでもいいんじゃない」「子供が出来たら、お金がいるでしょ」とネガティブな発言ばかり。

私は、子供が欲しかったので、ずっと一緒に過ごしてきたカレと、別々の道に進む事を決意しました。

私の周りには、ハイステータスな男性が多いので、結婚相手には困らない状況です。

すぐに素敵な人から、交際を申し込まれ、あの人も別の女性と付き合い始めていたようで、友達として時々連絡を取り、近況を話していました。

新しい彼女との交際を経験し、元カノは他の男性の所に行ってしまい、色々考えたのだと思います。

すぐに彼女と別れ、「俺が悪かった。ちゃんと将来の事を考えるから、やり直してほしい」と告白してきたのです。

私も嫌いで別れたわけではないし、本当は心の底から一緒になりたかった人なので、二人で未来を作ることを選び、復縁と同時に婚姻届けを提出しました。(S・T/35歳/自動車販売店受付)

結婚しない彼氏の結婚願望を強力に引き出す方法

両親を紹介する

男性は結婚に対して鈍感であり、多少強引だと感じることであってもきっかけさえあれば前に進むことがあります。

彼の結婚願望を強力に引き出す方法として、両親を紹介することです。

結婚前提だと言わなくてもよく、両親にも特に何も伝えておかなくてもいいところがポイントとなります。

ただ、「大好きだから両親に会わせたい」と伝えることで、双方勝手に色々考え始めるのです。

「どんなご両親なんだろう」「嫌われないようにしないと」など、男の人にとって彼女の両親に会うということは非常に緊張する出来事だといえます。

自然に今後の事を考えるようにもなり、両親が結婚のことを聞いてきた時に本音を聞くこともできるものです。

真面目な男性は「両親に会うということは、今後長い付き合いになることも覚悟しなくてはいけない」「結婚する時にも挨拶にいく相手だからいい印象を持っておいてもらわないと」と彼の思考回路の中で、結婚というワードが上がってきます。

自分自身でも結婚を意識していることに驚く人もいますが、両親に会うという出来事があるおかげで、自然な流れのまま結婚へと流れていくことができるものなのです。

友人が結婚してからの仲良しエピソードを話す

結婚したい女性は、結婚したいと思い始めたきっかけがあるはずです。

もちろん彼のことが大好きで、一生一緒にいたいと思うからなのですが、結婚式に参列したことや、同級生が結婚した、年下の子が結婚した、など自分の結婚について具体的に意識をする出来事があったという人がほとんどだといえます。

結婚しない彼氏に、あなたの友人が結婚してからの仲良しエピソードを話すことは、彼の結婚願望を強力に引き出すことへと繋がるものになるのです。

年齢が近い人が結婚してどういった生活を送っているのか、具体的に知ることができるチャンスであり、男性の結論を知りたい欲求を満たすことになります。

「結婚をしたら、自分はどんな暮らしになるのか」という部分が、彼氏にとってイメージできないからこそ、結婚に対してメリットを感じていなかったり、しようと思わなかったりするはずなのです。

結婚したら夫となる自分にどんなことが起こるのか、友人の話を聞きながら自分に置き換えて想像します。

この時、くれぐれも男友達のエピソードを話したり、妻である女性が夫をこき使っていたりするようなエピソードは絶対にやめておきましょう。

彼に伝えるのは、男性が夫として尊敬され感謝されているエピソードです。

「生理が来ない」という

結婚しない彼氏に結婚を意識させ、結婚願望を引き上げるための魔法の言葉は「生理が来ない」です。

「妊娠した」と言われたことによって、結婚しようと意識する人もいますが、場合によっては「嘘をついた」とケンカになったり信用を失ったりする場合もあるので、嘘だとバレない方法をとります。

「生理が来ない」という現象は、女性であれば経験したことがある人も多いと思いますが、ストレスや体調不良によっても起こりうることです。

そのため、妊娠したから生理が来ないという理由が必ず当てはまるわけではありません。

しかし、男性にとっては「生理が来ない」という言葉は“妊娠したかもしれない”と連想させるに十分な言葉であり、責任を取らなくてはいけない、という考えが浮かびます。

「いつかは結婚したい」とボンヤリ考えていた彼氏にとっては、非常にいいきっかけとなるのです。

この場合、後から「驚かせてごめん、生理がきた。遅れていただけみたい」と伝えたとしても、嘘でもなければ責める理由にもならない上に、一度意識した結婚という意識は消えることはありません。

「今度また生理が来ないってなってもおかしくないなら、先に結婚しよう」と決断することになるものなのです。

彼と一緒に過ごす将来設計を語る

女性は、大好きな彼と一緒にいる夢や展望を語ることが好きです。

「いつか○○行きたいね」「一緒に○○してみたいね」などといった会話は、普通のカップルでされている会話になります。

しかし、結婚願望を引き出すためには、具体席を入れていくのです。

いつかという曖昧な表現を具体的時期に置き換え、してみたいという願望を目標に置き換えます。

「○○年後、一緒に○○行きたいね」「○○年後、彼氏と子供と○○するのが私の目標なんだ」と話の内容に具体性を持たせることで、彼氏にも数年後を想像させることができるものです。

彼自身が自分の数年後、彼女と一緒にいるところを想像できれば、結婚という形をとることが自然な流れとなり、彼女の願っていることを叶えるためには、必要なことだと考え始めます。

男性にとって必要な情報は、ぼんやりした風景ではなく具体的数字と明確に想像できる詳細な情報です。

石橋を叩いて渡るような男性は特に、不透明な未来を不安に思い、よほど自分が焦り始めたり結婚することが必要なことだと示されたりしない限りは、前に進もうとしません。

大好きな彼女の夢や目標に自分の姿があるのであれば、その時一緒にいたいと思うようになる気持ちが結婚願望を引き出すことになります。

結婚したいタイプを話す

彼女が自分の結婚したいタイプを話すと、彼氏はどんな気持ちになるでしょう?

「え?俺じゃないの?」と急に不安になり始めます。

結婚したいタイプを話している最中、自分に当てはまっているかどうか、勝手にチェックしてくれているはずです。

当てはまる部分と当てはまらない部分両方あれば、彼女は自分との結婚を考えていないのか、わからなくなります。

または、怒り出して「俺と結婚するつもりはないの?」と言い出すものです。

彼との結婚のことは一言も話していないにも関わらず、彼自身が結婚について考え始め、やきもきして言葉に出し始めます。

もしこの時「へー、頑張ってね」と言うようであれば「あなたと結婚したいに決まっているでしょ!」と言ってしまいましょう。

彼はその言葉を聞くことで、あなたとの結婚を具体的に考え始めます。

彼女が結婚したいタイプは自分ではないかもしれない、と思い始めた時には、「手放したくない」「他の人に渡したくない」という所有欲が生まれ、結婚を切り出すことになるのです。

彼の中の結婚願望を引き出すには十分すぎる言葉になります。

結婚しない彼氏を周囲や第三者の協力で結婚へ向かわせる方法

自分の家族に巻き込んでもらう

第三者の協力で結婚へ向かわせるには、自分の家族との交流を増やすことです。

彼女の家族と会う事に、抵抗が大きい男性も多いのは、過度な期待を感じてしまうから。

親や兄弟から言及されなくても、将来の事を見越した目で見られているようなプレッシャーを感じてしまいます。

これからもずっと一緒にいるなら、家族との関わりは必須です。

パートナーとなってから関わり始める人も多くいますが、タイミングが早いほど、将来の事をイメージしやすくなります。

実家で一緒に食事をしたり、泊まってもらったりと、家への出入りや会話をする機会を増やすことで、家族同然の扱いになっていくのです。

最初はお互いに緊張していても、何度も顔を合わせていると「今日は、泊っていくの?」「仕事は順調?」など自然に話せるようになります。

婿のような扱いを受ける事で、逃げ道を失くし、真剣に向き合うようになるわけです。

職場の上司に夫婦の素晴らしさを語ってもらう

第三者を巻き込んで結婚に向かわせるためには、職場の上司に夫婦の素晴らしさを教えてもらうというものです。

男性にとって、会社の上司は、大きな影響力を持つ人。

プライベートに介入する事はなくても、発言の一つ一つに重みを感じます。

何気なく「家庭はいいぞ」と言えば、自然と腑に落ちる程です。

職場の上司と顔を合わせる機会があれば、徐々にでも仲良くなっておきましょう。

仕事中の彼の様子や人生に対する考え方など、恋愛だけでは分からない面をたくさん知っているはずです。

交流を深めつつ、結婚に向けての布石を打ってもらいます。

「子供が大きくなったら、夫婦で旅行に行っている」「時間を作って二人だけでご飯に行くのが楽しみ」など、結婚をしたら、自分の時間が無くなったり、子供のために犠牲になったりするというイメージを失くしてもらいましょう。

彼の親友カップルとダブルデート

カレの親友カップルとダブルデートするのも、結婚に向けて進められる方法です。

男性の友情は、女性同士のそれよりも深いことがよくあります。

子供の頃からの幼馴染と、何十年も付き合い続けている人も、少なくありません。

親友カップルと一緒に過ごすと、恋愛が特別な事ではなく、日常の延長にある事を実感できるはずです。

恋愛の時だけ、気張って格好つけようとする男性が、結婚に気持ちを切り替えられないのは、日常を支配されるのが怖いから。

格好良く見せようとする恋人との時間は、疲れを感じるものなので、絶え間なくその状態でいなければいけない事が、ストレスなのです。

親友と一緒にいると、恋愛をしている自分と友達と過ごす自分を同時に体験することになります。

客観的に親友カップルを見る事で、自分の将来を想像しやすくもなるわけです。

「こんな毎日だったら、意外にストレスは少ないかもしれない」「ありのままでいいのか」と特別感が取り払われるため、ハードルが下がり、決意しやすくなります。

ブライダルの営業から模擬結婚式のプッシュをしてもらう

第三者を巻き込むには、ブライダルの営業から模擬結婚式のプッシュをしてもらう事です。

二人が、具体的にウエディングプランを組み立てているなら、一緒に式場巡りをしたり、カウンターを訊ねたりするものですが、計画がない段階なら、彼を連れて行くのも一苦労。

最終的に二人で決断する事ではありますが、結婚に踏み切るきっかけとしては、何か出来事が起こる時だけでなく、新たな出会いがある時も前進するものです。

その一つが、ブライダル営業との出会い。

たまたま声を掛けられたり、知り合いから紹介されたりすることで、具体的に話が出ていなくても、「これからのために、見学だけでもどうですか?」と誘われて、一気に話が進むことがあります。

先に営業さんと知り合い、偶然を装って彼とも出会い、模擬結婚式にお誘いしてもらいましょう。

彼女からの提案なら断る話でも、第三者から「軽い気持ちでどうぞ」と言われたら、「行ってみようかな」と思えるもの。

実際に華やかな式場を見て、素敵な料理を食べると、気持ちが変わります。

赤ちゃんが生まれたご家庭にお邪魔して抱っこさせてもらう

赤ちゃんが生まれたご家庭にご協力してもらい、抱っこさせてもらう事で、将来を想像させましょう。

女性同士であれば、適齢期になれば結婚ラッシュがあり、出産ラッシュで次々とご祝儀が飛んでいきます。

同時に、交友関係もガラリと変わるもの。

今まで休日に遊んでいた友達が、子育てで会えなくなったり、会社の先輩が出産した事がきっかけで仲良くなったりと、環境で仲良くなる人も、体験できることも変わります。

女性は、赤ちゃんを抱っこする機会も増えるため、余計に憧れが強くりますが、男性にはそんな機会が滅多とありません。

赤ちゃんが生まれたご家庭に、カレと一緒にお邪魔させてもらい、抱っこさせてもらいましょう。

女性と同じように、体験する事で気持ちがコロッと変わります。

結婚しない彼氏に見切りをつけるならタイミングをよく見よう

結婚しない彼氏に見切りをつけることで、あなたが今まで感じていたモヤモヤは必ず解消されます。

新しい出会いが生まれるのか、彼が生まれ変わり結婚に進むことができるのか、全てはタイミングと結婚願望を引き出す方法にかかっているのです。

彼の気持ちを否定することなく、具体性を伝えることで彼の不安感を解消し、二人で何が幸せになるのかをしっかり話し合って一緒に見つけてくださいね。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG