別れたあとの男女の違い。失恋後それぞれの特徴的な行動から男性と女性で異なる心理が見えてくる

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

いくら本気で愛し合っていても恋人同士には別れが訪れることもあります。

「別れたあの人とはもう復縁出来ないのかな」「今彼はどんな気持ちなんだろう」と破局を迎えた元恋人の心理を知り合いと思っているのであれば、男女の心理の違いと行動の違いを見ることで本音を知ることができるのです。

別々の道を歩むことになった元恋人と、今後お互いの幸せを願うことができるか、復縁することができるのか、失恋後に見ることができるそれぞれの特徴的な行動から移り変わる心理をお伝えしましょう。

男女で異なる心理を知ることで、より深く相手のことを理解し、復縁を願うのであれば相手に寄り添うアプローチを試みることで、幸せをつかむことができますよ。

目次

別れたあとの男女の違いが生まれる理由やメカニズム

「男性は見た目」「女性は性格」と好きになる視点が違う

別れたあとの男女の違いが生まれる理由は、異性に恋愛感情を持つきっかけであり、男性は見た目、女性は性格を好きになるという視点の違いです。

恋愛をするときに、男性は「この子のロングヘアが素敵だな」「笑った時のエクボが可愛い」と見た目の印象に大きく左右されて恋に落ちます。

外面の印象というのは、常に目にすることで脳裏に強く記憶として残ることになるはずです。

一方女性は、「落ち込んでいる時に傍にいてくれた」「私のダメなところも受け入れてくれた」と相手の男性の性格に大きく影響されて恋愛感情が動きます。

内面を好きになっても、優しさや寛容さは目に見えるものではないため、時間の経過とともに相手に関する印象も移りやすいのです。

そのため、恋愛を始めた時にはお互いに好きなポイントがあっても、交際中に女性の方だけ相手に対する性格の印象が変わることで好きなポイントが変化したり、嫌いな部分が出てきたりします。

別れた後も元カノに「見た目が好きだ」と思う部分がいつまでも見ることができる男性と違い、女性は別れるときの印象が深く刻まれていることが、男女の間に生まれてくる気持ちの違いです。

「男性は今の自分にとってプラス」「女性は未来の自分にとってプラス」人生に対する時間の捉え方が違う

別れたあとの男女の違いが生まれる理由は、人生に対する時間の捉え方が違うことが理由で、男の人が恋愛にフォーカスしているのは「今の自分にとってプラスの存在か」というもので、女の人は「未来の自分にとってプラスの存在か」というものです。

交際する時には、自分がもっている恋愛観でスタートし、別れる時にはその恋愛観を相手に強要しようとするからすれ違いが生じてしまいます。

例えば、男の人は美人の彼女と一緒にいることで周囲から「あいつあんな美人と一緒にいるぞ。モテるな」と自分の価値を上げることができるはずです。

女の人はリーダーシップをとることができる彼氏と一緒にいることで「これからも幸せに導いてくれる人に違いない」と未来の可能性が拓けることに喜びます。

別れた後に男性は「一緒にいると俺がダメになる」と思い、一時的にでも距離を置こうとし、女性は「思っていた人と違う。将来性がないなら一緒にいても意味がない」とこれからも関わらないことを選ぶのです。

そんなメカニズムが働くことで、男性は時間の経過とともに復縁の可能性が出てくるけれど、女性は一度割り切ったら二度と関わりたくないと思う違いへと発展します。

「男性は相手の幸せを願う」「女性は自分の幸せを求める」幸せの軸が違う

別れたあとの男女の違いが生まれる理由は、人生で求める幸せの軸が違うことにあり、男性は相手の幸せを願い、女性は自分の幸せを求めることが理由です。

別れた時に男の人は「自分は幸せにできなかったけど、幸せになってほしい」「自分とは縁がなかったけど、本当はすごくいい子だっていうのを誰かが気づくはず」と相手が幸せな道に進むよう願います。

一方女性は別れた時「あの人といる時間は人生の無駄だわ」「もっとお互い尊敬しあえる人と一緒にいることで幸せになれる」と自分が幸せになることを求めて考えることで、未練も持ちにくく、次の恋愛に進みやすいよう、積極的に行動に移せるようになるのです。

別れるという選択は、恋人同士だった二人にとって幸せになるための選択でなければいけません。

しかし、男性の考え方で言えば自分が犠牲になってでも相手が幸せになるのであれば、それで満足するというものです。

そもそも男の人の本質は「守る」「受け止める」という使命を背負っているので、人生の中で関わりを持った人が輝いていく姿を見たいという願望を持っています。

「男性は失敗を後悔」「女性は幸せを思い出す」思い出に対する記憶が違う

別れたあとの男女の違いが生まれる理由は、思い出に対する記憶に起因するものがあり、男性は失敗を後悔し、女性は幸せを思い出すことで一つの恋愛に対する印象が大きく違います。

恋人と一緒にいる時間、男女の中に芽生える気持ちは、無意識のうちにリードと受け身に分かれています。

デート中に彼氏は「このデートで喜んでもらおう」「リードしなければ。失敗は許されない」とデートに対するプレッシャーを抱えているものです。

そのため、男性は自分のデートプランが別れにつながったのではないか、デートの時にすれ違いが生じてしまったのではないか、と後悔ばかりが浮かんでしまうに違いありません。

一方彼女は「どこに連れて行ってもらえるのかな」「彼の運転してくれる横顔が好き」と受動的な気持ちでデートに望んでいます。

別れてから彼のことを思い出すときにも「あの場所素敵だったな」「私のこと可愛いって言ってくれたな」といい思い出ばかりの幸せな記憶に。

男女の記憶は同じ出来事であっても、お互いの異なった感覚のフィルターを通しているため、全く違う出来事として記憶されています。

別れたあとすぐから時間が経過していく中での男性心理の移り変わり方

振られた男は別れたあとすぐから半年「失った悲しみから時間が止まる」

彼女に振られた男は別れたあとすぐから半年は、失った悲しみから時間が止まってしまうという心理状態になっています。

時間が経過していく中で、交際中に感じた失敗や彼女とのやり取りの中で「この言葉がいけなかったのかな」「本当はこんなことを望んでいたのかな」と後悔が次々に沸き起こり「復縁したい」という気持ちでいっぱいになっているはずです。

時間が止まったような感覚は、中々回復することなく、どんな風景を見ても誰と話をしても彼女との楽しかった記憶につなげてしまい、「もう彼女は俺の横にいない」という現実を突きつけられてしまいます。

しかし、別れてすぐあとから半年までの時間、状況は少しずつ変わるもの。

最初は部屋の中から出られなくて、部屋のあちこちに元カノの残り香や忘れ物を見て悲しんでいるのに対し、次第に外にでてデートをした場所に偶然出くわしてしまったときや友達との会話の中でふと元カノとの会話を思い出してしまい悲しむという程度に、思い出す頻度が減っていくものです。

後悔ばかりの時間を繰り返していても、少しだけ「仕方がないことだ」と現実に目を向けることが出来始めます。

振られた男は半年以降「自分に合う人が自然に表れるまで恋愛は保留」

振られた男は別れたすぐあとから半年経過すると、「自分に合う人が自然に表れるまで恋愛は保留」という心理状態に移り変わります。

彼女を失った悲しみを心の中で整理でき始めるとともに、「無理に恋愛しなければいけない理由はない」と彼女を忘れなくてもいい理由を探すものです。

振られた男は別れてからの半年、どれだけ望んでも彼女が手に入らないという悲しみを十分に感じ、後悔も反省もたくさんしてきました。

しかし、「いつまでも未練を持ったままではいけない」という気持ちと「もしかしたらいつか復縁出来るかもしれない」という気持ちが複雑に絡まり合い、元カノが求めてきたらすぐ復縁出来るように体制を整えるため、積極的に恋愛はしない言い訳を立てることで自分を正当化。

恋愛は保留という言葉には、自分が衝撃的な一目惚れをするか相手から告白されるかのどちらか、というものを意味します。

いつまでも彼女がいなくても「恋愛は無理にするものじゃないだろ」と堂々と格好つけることができるので、「前の彼女を忘れられない」という未練タラタラの格好悪いことを人前で言わなくても済むのです。

振った男は別れてから1ヶ月「別れの原因のことで頭がいっぱいになる」

振った男は別れてすぐあとから1ヶ月は、別れの原因のことで頭がいっぱいになります。

フラれてしまった女性からすれば「自分が振ったのに信じられない」と思うことですが、男性にとっていつも隣にいてくれた人がいなくなるというのは、とても寂しいことです。

自分を一番近くで見てくれていて、一番理解してくれていると思っている人と離れなければいけない決断をしたことに、悔しい思いを抱いています。

離れることが相手のためであり、自分のためであると信じているからこそ、別れるという選択肢を選ぶもの。

いつもは冷静な男の人も、彼女と別れてすぐは感情的になり、自暴自棄になることもあります。

「これで良かったんだ」「別れるしか方法はなかった」と別れた事実を肯定することばかりを自分の頭にインプットしようとするものです。

男の人は自分が下した決断が間違っていると評価されることが最も恐ろしいと感じています。

周囲から「別れて正解だったよ」「今のお前にはあの子は荷が重いよ」など、自分を正当化してくれる人の言葉だけを信用するはずです。

例え、彼氏の方が暴言を吐いてケンカになって別れたとしても「あんなことくらいで怒るなんて器の小さい女だ」と思って自分を正当化します。

振った男は1ヶ月から2ヶ月「自由に恋愛できることを喜ぶ」

振った男は別れて1ヶ月から2ヶ月で別れた事実にも慣れ、自由に恋愛出来ることを喜ぶほどに心理が移り変わります。

男の人はそもそもモテたいという願望があり、別れてすぐあとでは元彼女のことで頭がいっぱいですが、隣に彼女がいなくなったという現実に慣れてくると、モテたいという願望がムクムクと顔を出すはず。

「俺は一人の女に縛られるような男じゃない」「俺のことを求めてくれる女性は他にもいる」「浮気だと怒られる心配がなくなったから遊ぶチャンス」と、次にどんな女性と恋愛ができるかワクワクする気持ちや、たくさんの女性からチヤホヤされたいという気持ちとともに、今自由な身であるということを思い出します。

元彼女と全く違うタイプの女性と付き合ってみたり、誰とも付き合わず不特定多数の女性と体の関係を持ってみたりと、過去の恋愛に縛られないことをこの世の最大の喜びだと噛み締めていると言っても過言ではありません。

今まで彼女がいたからできなかったことを取り返すべく、思う存分行動してみることも、この時期にはよく見られます。

自分が男としてどんな評価を受けるのか、合コンに多数出席したりナンパを繰り返したりと、悲しみばかりの毎日から自分査定へと時間経過とともに心理が移り変わるものです。

振った男は3ヶ月以降「自分のことを好きだと言ってくれていた人の大切さに気づいて寂しくなる」

振った男は別れて3ヶ月以降は自分のことを純粋に好きだと言ってくれていた元彼女の大切さに気づいて寂しくなってしまいます。

別れたことを後悔したり、自由を感じたりと心の変動を感じながらも、心の奥底では「自分が愛されていた」という事実を捨てきれずにいるものです。

例え彼女が浮気をして振ったとしても、「浮気をしても本当は俺のことを一番好きだったはず」「彼氏がいるのに浮気をして許せないと思っていたけど、反省しているならやり直してもいいかも知れない」と別れた事実よりも彼女の愛情の方を信じたい気持ちが大きくなっていきます。

振ったという事実が「相手はまだ俺のことを好きかもしれない」という疑問を捨てきれずに、未練として残ってしまうのです。

元カノと復縁したいと思い始めるのもこの頃。

恋人というのは自分のことを肯定してくれる存在であり、恋人がいない状態が続くことで肯定してくれる存在がいないので、どんどんと自信を失ってしまいます。

「愛されたい」「必要とされたい」という気持ちが大きくなることは、元彼女の存在がいかに自分にとって大切か痛感するはずです。

復縁にまつわる男性心理を徹底解説!振った側の男の気持ちや別れを後悔する時期など

別れたあとすぐから時間が過ぎていく中での女性の心理変化

振られた女は別れてすぐから1ヶ月「感情的に悲しむ」

振られた女は別れてすぐから1ヶ月の間、感情的になり心から悲しむ時期を過ごします。

「どうして私じゃダメなの?」「悪いところなら直すから見捨てないで欲しい」と元彼氏に振られた悲しみを処理しきれません。

毎日泣いてしまったり、悲しみが怒りに変わってしまったりと、自分の感情をコントロールできずに、精神的に参ってしまうこともしばしば。

恋愛が人生の一部となってしまっている女性であれば尚更、彼氏がいなくなってしまった生活がとても虚しくなり、心が空っぽになってしまったようで、いつもしていたことも出来なくなってしまいます。

「私がもっと優しくしていたら」「もっとサポート出来たら」と彼にしてあげられなかったことを羅列し、後悔を繰り返す日々です。

オシャレをしたり人に会ったりする気力もなくなってしまい、ノーメイクで自宅に引きこもるという現象も引き起こしてしまいます。

振られて別れた女性は、精神的苦痛からくる体の不調にも悩まされてしまうものです。

振られた女は別れてから1ヶ月以降「綺麗な思い出に変換」

振られた女は、別れてから1ヶ月以降で元彼の存在を綺麗な思い出に変換するように心理が変化していきます。

振られてしまった女性は、元彼が返ってこないことを知っているものです。

「心から泣いて叫んでスッキリした」「もう落ち込むのはやめよう」「いつまで泣いていても変わらない」と別れてからの1ヶ月を振り返ることができるようになっています。

「元カレのおかげで強くなれた」「人生経験が出来た」と元カレと過ごした日々に感謝することができるようになっているはず。

例えば、ものすごく女性にだらしない彼氏で、彼氏だった人の浮気が原因で振られたとしても「そんな人を好きになっていた自分が悪いのね」「本気にできなかった私の負けだわ」と自分が引いてみることで冷静に別れを受け止めます。

そのため、彼のことを嫌いになるよりも、「この恋愛を乗り越えよう」と心を整理し、一つの別れを通して人間として成長することができたのです。

女性は感情の生き物だと言われているからこそ、同じ感情に留まり続けることはありません。

しっかり落ち込んだら、次の感情に向かって自力で動き出すことができます。

振った女は別れてすぐから2週間「後悔する」

ヤスコ
ヤスコ
こんにちは!ヤスコと言います!

私は2019年にある占いサイトで運勢を占ってもらい、 見事に彼氏と復縁することができました!

今日はそんな私の体験談を参考に、このサイトがどれだけ当たるのかお見せしたいと思います。

振った女は別れてすぐから2週間の間、後悔する心理が大きく働きます。

自分が別れを告げたにも関わらず、恋人と別れたことで「隣にいない」「もう会えない」という気持ちが大きくなり、「本当にこれでよかったのかな?」「傷つけてしまった」と自分のことばかり考えて出してしまった結論ではないかと深く考え始めることも珍しくありません。

「別れたい」と思い始めてから、実際に言葉に出してしまうまでは、もう思考回路が別れることにフォーカスしているので、「他に方法はない」「早く離れたくて仕方がない」という気持ちになってしまいます。

しかし、実際に別れを告げた途端、客観的な視野を手に入れることができ、相手の気持ちを汲み取ることができなかったのではないか、自分にも落ち度があったのではないか、と思うことで振った事実に罪悪感が湧き上がるのです。

女性は自分が人を傷つけたと明らかに分かる場合、自分が悪者になりたくないと思うため、自分から別れを告げた時には、「相手を傷つけてしまった」と大きく後悔します。

恋人だった人を傷つけたことで、自分が傷つくということです。

振った女は別れて2週間以降「別れてよかったと新しい恋に向けて気持ちを切り替える」

振った女は別れて2週間経つと、恋人との別れという事実をしっかりと自分の経験として心の整理をし、「別れて良かった」と新しい恋に向けて気持ちを切り替えることができます。

自分が振ったことで、罪悪感を持っていた気持ちも徐々に落ち着きを取り戻し、「あれだけ悩んだんだから、間違っていない」「自分が出した結論なんだから、恥ずかしくないように生きていこう」と未来に対して前向きな気持ちになり始めるもの。

そのため、自分が幸せになることが別れた恋人に対しての誠意だと割り切って、新しい恋愛を探します。

女性は、新しい恋をしょうと一旦気持ちが前向きになると、オシャレをしたり出会いの場に出かけたり、ポジティブな考え方を身に付けて明るいエネルギーを放ち始めるのです。

付き合っていた恋人はすっかり過去のこととして記憶に整理されているので、この時期になると思い出すこともなくなります。

恋人だった人とふいに再開しても「久しぶり!」と声をかけることも少なくありません。

早い人であれば、新しい恋人を見つけて付き合い始めるのもこの頃。

気持ちの切り替えが早い人というのは、未来に向かってポジティブに自分の感情をコントロールできる人なのです。

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動

毎日お酒を飲みに行く

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動は、毎日お酒を飲みに行くことです。

男の人が失恋をするとたいていお酒の力を借りて、現実逃避をします。

恋人との思い出が素敵なものであれば、「どうして失うことになってしまったのか」と後悔し、思い出が最悪なものであれば「なんであんな女と付き合ったのか」と後悔。

どちらにしても、男の人は恋愛というシステムにおいて、別れを経験するとお酒で後悔を語るものなのです。

恋人と過ごす時間がなくなってしまったため、空いた時間がとてつもなく長い時間と感じます。

都合がつきそうな友人を呼び出してはお酒に誘い、誰も呼べなくても一人でお酒を飲みに行って、どうしようもない虚無感を満たそうとするはず。

そんな場所で見るカップルやビジネスマンは何もかもがうまくいっているように見えて、卑屈になってしまいます。

恋人と別れた後、お酒を飲みに行くとどうしても飲みすぎて管を巻いてしまい、面倒くさい始末となるに違いありません。

「お酒を飲んで忘れる」という体裁で、じっくり元恋人のことを思い出す時間を作っています。

残業が増える

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動は、仕事に情熱を燃やすと決めることで、残業が増えることです。

「もう恋愛なんてしない!これからは仕事に生きる!」「男は仕事ができて一人前だ」と意気込んで仕事をするため、たくさん業務を抱えてこなすことがやりがいとなります。

また、時々元カノのことを思い出してうっかりミスをしてしまうため、思うように仕事がはかどらないのも、この時期の特徴です。

仕事を抱えて、何も考えないようにしようと気を紛らわしたいだけ。

結局は、自分が恋人と別れたことで、「寂しい思いをしている」ということを受け入れられない状態なのです。

また、きちんと両立していたつもりでも恋人がいるときに後回しにしてしまっていた仕事というのも、手が空いたら見えてくるもの。

「今のうちに手間がかかる仕事に取り掛かろう」「あの案件面倒だと思ってたけどチャレンジしてみようか」と、避けていた仕事に取り掛かることで、キャリアアップを目指すことも可能です。

彼女がいたらウンザリしていた残業も、一人になって集中して仕事ができる環境に、勢いは増すばかりとなります。

元カノの周辺を探る

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動は、元カノの周辺を探るというものです。

別れたことで別々を歩み始めた二人ですが、男性の方は色々な理由をつけて元カノがどんな状況にあるのか知ろうと試みます。

「新しい彼氏は出来たのかな?」「俺が納得できる男じゃないと許さない」と既に関係ないはずなのに、新しい恋愛をしているのか、新しい彼氏は元カノを泣かせるような男ではないかと気がかりなのです。

自分から別れたにしても、彼女から別れを告げたにしても、一度好きになった人には幸せになってもらいたいと思うのが男心。

友達伝いにそれとなく聞いてみたり、二人でよく行ったカフェに理由もなく立ち寄ったりと、彼女のことを探ろうと行動します。

そして、偶然新しい彼氏と一緒にいる現場を見かけてしまった時には、自分から会えるかも知れない場所を選んで行動していたにも関わらず、「もう俺のことは忘れたのか」とショックを受けるものです。

「幸せになって欲しいけれど、自分のことは忘れないでいて欲しい」という複雑な心理が働いています。

新しい彼氏のことを勝手にジャッジすることも当然の出来事。

そして、一人になってまた虚しい時間を過ごすことになってしまいます。

元カノの愚痴を言う

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動は、元カノの愚痴を言うというものです。

別れた恋人の愚痴を言うという行為は、一見最低の行動だと思われるためひどく避難されがちですが、実は隠れた男性心理があります。

別れてしまった恋人と直接意見をぶつけ合わなかった場合には、その後悔が愚痴となって現れ、別れてしまったけど彼女の話題を口にしていたいという感情が働いている時にも愚痴という方法を活用するという面倒な心理です。

要するに、彼はどんな方法でもいいから彼女のことを思い出していたいし、あの子のことを話題として出していたいという願望が隠れています。

忘れてしまうことが嫌であり、忘れられてしまうことを恐れている。

言葉では別れた恋人の愚痴を言いながら、心の中は付き合っていた時の楽しかった思い出、彼女の可愛い笑顔、仕草を鮮明に思い出しています。

お酒に酔った姿や冗談を言っている笑顔、照れた顔、喜んだ顔、怒った顔、全てが愛しい思い出なのです。

会いたいと言えない思いが愚痴となって現れます。

忘れるために他の女性と付き合う

恋人と別れた後に男性が取る特徴的な行動は、別れた恋人のことを早く忘れたいと願うことで、他の女性と付き合うことです。

「あんな女最初からタイプじゃないし」「こっちから願い下げだ」と本当は大好きだったはずなのに、自分が手放してしまったことの悔しさと切なさを受け入れられずに、すぐに彼女を作ることで優位に立とうとしています。

恋愛に勝ち負けなんてないのですが、別れてすぐ恋人ができることで「あの彼女がいなくても俺は平気」「俺はモテるんだ」ということをアピールしようとしているのです。

しかし、元彼女に未練が残っている場合、新しい彼女が出来たとしても様々な場面で前の子と比べてしまい、虚しさは募る一方。

「あいつはそんなこと言わない」「あの子はこんな時こうするだろうな」と思い出に浸ってしまうため、長続きしないことが特徴です。

しかし、自分が恋愛に困っていないことをアピールしないと、別れた事実が無駄になってしまうような気がして、他の女性で心の隙間を埋めようとしてしまいます。

あるいは、他の女性を抱きながら心の中で前の彼女と重ねていることも、少なくないものなのです。

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動

精神バランスを崩して泣き続ける

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動は、精神バランスを崩してしまいひたすら泣き続けるというものです。

女性にとって恋愛とは感情を高ぶらせてくれる魔法であり、生きていく上でスパイスとなる重要な役割を持っています。

恋愛依存症になってしまう女性も多く、彼氏の言うことならなんでも聞いてしまう、ということが原因でメンヘラ女となり、その結果振られてしまうことも…。

恋人を失ってしまうと、虚無感、罪悪感、劣等感、孤独感、という様々なネガティブ思考が蔓延してしまい、健康な精神バランスを損ねてしまいます。

自分にとって必要な人がいなくなった、別れてもいいと思っていた人なのに実際いなくなってしまった、とどちらから別れたとしても、恋人がいなくなったことにショックを感じてしまい、涙が止まらない状態になるのです。

ひたすら泣き続けることもあり、目が腫れて真っ赤になって翌日仕事を休む、なんて話も珍しいものではありません。

女性にとって恋愛相手を失うということは、心の健康を損ねてしまうとても重要な出来事なのです。

過食や拒食など食べることに対して行動が極端になる

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動は、過食や拒食など食べることに対して行動が極端になることが挙げられます。

コミュニケーション能力の高い女性にとって、恋愛は生きる本能に近いものがあり、失うことで他の本能が活発に動き始める、または恋愛に比例して機能を止めてしまうという現象が起きてしまうのも、事実です。

女性が失恋をきっかけにダイエットに成功したり、引きこもりで欝になったりと極端に行動が変化するのは、生きる気力と関係しているからと言っても過言ではありません。

別れたショックで食欲がなくなり拒食症を発症してしまう人もいる一方、別れたことがきっかけでストレス発散を食べることに過集中してしまい、過食になってしまうこともあるものです。

恋愛が食べることと結びついてしまうと、自分で切り離すことは難しく、ひどい場合には病院での治療が必要となります。

過食も拒食も命の危険も伴うものなので、「失恋くらいで死ぬことはない」とはあながち言い切れません。

別れたきっかけに「太ったと言われた」「デブ」と容姿に関して言われたり、人間性を否定されて極度なストレスを抱えたりした時には、このような症状が出ていないか周囲の人が観察してあげることで、早期発見することができます。

友達とカラオケやボーリングなどストレス発散出来る遊びをする

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動は、友達とカラオケやボーリングなどストレス発散出来る遊びをすることです。

失恋というのは、大きなストレスを抱えるもの。

また、交際中からずっと溜め込んでいたストレスが一気に爆発するタイミングでもあります。

「ずっと言えなかったけど、〇〇なんだよ!」とボーリングのボールを投げながら、叫ぶという行為も見られるはずです。

カラオケは日本発祥の文化として知られていますが、ただの娯楽だけでなくストレス発散として活用されているというのも、有名な話。

大きな声で腹の底から声を出すという行為は、普段の生活ではなかなかできないものです。

そのためマイクを使って防音設備の整ったカラオケで、大声を出すことで溜まりに溜まったストレスを発散することができます。

交際中の不満、納得できない別れの理由、別れてからも忘れられない自分の情けなさなど「全てまとめてストレスとともに発散しよう」と行動に移すため、友人達はただ一緒に付き合ってくれるだけで、奇怪な行動をしたとしても、暗黙の了解として納得してくれるはずです。

思い出の品を全て捨てる

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動は、思い出の品を全て捨てるというものです。

女性であれば、誰でもがしたことがある「元カレの断捨離」は、彼と連絡を取る手段である電話番号やメールだけでなく、最近ではSNSや共有カレンダーアプリなども思い出の品として含まれます。

また、一昔前であれば写真やプリクラを処分していましたが、最近のカップルはスマホ内に大量に保管されたデジタル写真です。

ボタン一つで削除することが可能なので、消してしまう行為自体はとても簡単になってしまいましたが、「この削除ボタンを押すと二度と見られなくなる」という思いは昔も今も同じ。

苦い思いをしながら一つ一つ丁寧に写真を削除していきます。

また、二人で行ったデートで買ったお土産、お揃いで買ったスマホカバーやペアリング、彼が冗談でくれた道端の花など、彼に関わる全てが思い出で、思い出すと辛いものです。

全て捨てることで、過去の恋愛から卒業しようという決意の表れとなります。

彼から合鍵をもらっていたのであれば、最後のけじめとして返しに行くという行為も、別れてから彼を忘れようと決心して行動する一つです。

親の声を聞きたくなって電話する

彼氏と別れたあとの女性が取る特徴的な行動は、親の声を聞きたくなって実家に電話するというものです。

恋愛と親は基本的には別物。

大人になれば恋愛関係がうまくいっている時ほど、親の顔がちらつくことはないし、いちいち親に彼氏のことを報告することもありません。

しかし、別れてしまったとなれば、急に安心できる人の声を聞きたくなるものです。

友人はもちろんですが、その他にも無条件に安心できる存在が親。

離れて暮らしていても親の声を聞くだけで、応援されている気持ちになります。

恋人と別れたという理由は伝えなくても、ただ世間話をしているだけで、「また明日から毎日を頑張ろう」という気持ちにさせてくれる存在なのです。

小さな頃から愛情をかけて育ててくれた記憶が、安心感をもたらしてくれます。

女性は特に、母親の声を聞くことで安心することができるはずです。

「恋人はいなくなってしまったけど、私にはお母さんがいる」という安心感が心を強くし、どんな苦境も乗り越えられるパワーを与えてくれます。

別れたあとの男女は心理も行動も違う

失恋した後、復縁出来るかどうか判断するには男女の心理と行動の違いを理解することで、自分とは全く違うことを考えている元カレのことを理解できるはずです。

別れたあと、男女は考え方も違えばそこから行動に移すものすべてが違います。

だからこそ、あなたが「いま復縁タイミングかもしれない」と思っても、元カレは全くその気がなかった、というギャップが生まれてしまうものなのです。

復縁したいと思う人がいるなら、あなた自身と別れた恋人の別れてからの時期と心理、今の彼の行動をしっかり観察してタイミングを探しましょう。

【期間限定・3月29日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG