信頼関係が築けない恋愛から抜け出すには?上手くいくカップルと上手くいかないカップルの特徴

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「信頼関係が築けない恋愛から抜け出すにはどうしたらいいのかな」「上手くいっていない原因は心の繋がりの強さなのかも知れない」と悩んでいるなら、絆に目を向けてみるチャンスです。

恋愛において信頼関係はとても重要だからこそ、疑問を感じた時にこそ、二人の心を見直すきっかけに出来ます。

上手くいくカップルといかないカップルの特徴を挙げながら、信頼関係が築けない恋愛から抜け出す方法について詳しくお伝えしていきましょう。

信頼が崩れる瞬間や、これからしっかり結びつきを強くするために必要な事をぜひ取り入れて、将来にわたって理解し合えるカップルを目指しましょう。

目次

恋愛において信頼関係が大切な理由

相手との関係が良くなる

二人の間に信頼があれば、当然交際している相手との関係が良くなっていきます。

疑念や不安がないという状態ですので、いつでも安心した気持ちでいられるからです。

友達でも家族でも、当たり前のように一緒にいたとしても、ふとしたきっかけで相手の事を疑ってしまうと、不安感に駆られて、どうしようもない孤独感に包まれてしまいます。

親しい人ほど、無条件に受け入れたいと願っているものなので、条件が付いた途端に関係は歪になってしまうのです。

自分自身が信じることが出来ずに「違う人の事を好きになってしまうかも知れない」と思う事も苦痛ですが、「どうせ何を言っても聞く耳を持ってくれない」と相手から信じてもらえない悲しみを抱える事もあります。

信頼関係とは、相手の事も受け入れているし、自分のことも認めてもらえると安心できることです。

常に、お互いの事を認め合える事で、今後も長く一緒にいられるビジョンが描けます。

不一致がないので、ケンカになることもありません。

カップル内のトラブルが減る

トラブルが減るのは嬉しいメリットです。

信頼していることで、相手に対して不満を持つことが無くなります。

しばらく会えなかったとしても、「きっと忙しくして頑張っているんだな」と想像して、応援したくなりますし、メッセージや電話の声が素っ気なかったとしても、「もしかしたら疲れがたまっているのかもしれないから、今日はゆっくり寝てもらおう」と予測できるはずです。

先回りして心配したり、気配りが出来たりするため、二人の間にはいつも「ありがとう」という言葉が飛び交います。

トラブルになる時には、相手に不満を持っている時ですから、自分のことしか考えられなくなっているものです。

一見、マイナスに捉えがちな場面でも、相手の事を思いやることが出来ているカップルは、気配りへと変換できるので、トラブルを回避することが可能となります。

誰かの悪口や噂話を鵜呑みにする事もなく、「自分の目で見た恋人しか信用しない」と思えているので、外部から不安要素を持ち込まれることもありません。

お互いの幸福度が高くなる

信頼する事で、お互いの幸福度が高まります。

人は、一人では生きることが出来ません。

幼いころから、家族や友人に囲まれて成長しますが、社会人になると守ってもらうことから巣立ち、仲間や社会と手を取り合って生きていくようになります。

「一人で生きている」と思い込んでいる人もいますが、生活する中で使用するモノもサービスも全て人の手を介していますし、誰かと刺激し合う事で心の刺激にもなっているはずです。

切磋琢磨する仲間がいれば向上心も高まり、チャレンジ精神も育まれるのですが、存在そのものを肯定してくれる恋人がいれば、安定と成長を同時に手に入れることが出来ます。

好きな人と信頼し合えている事で、お互いに幸福だと感じるし、「この人をもっと幸せにしてあげたい」と積極的に心を豊かにする動きを取ろうとするのです。

「あの人がいるから頑張れる」「失敗したとしても応援してくれる」と思える人がいることで、社会に向かっても気分を高めて臨めます。

困った時に助け合うことができる

信頼していると、困った時に助け合う事が可能です。

どんな人でも、順風満帆ばかりの人生を送っている人はいません。

難しい出来事がやってくることもありますし、「もう無理だ」と挫折しそうになることも多々あります。

「誰も見ていない」と思ってしまえば、途中で手を抜いたり、出来そうなラインで目標を立てて、当たり前のようにクリアしていく事で喜ぶ人生になってしまうはずです。

信頼して、「あなたならきっと出来る」「乗り越えられるよ」と応援してくれる人がいると思えるから、少々無理だと感じる壁にもチャレンジすることが出来ます。

「誰かが認めてくれる」と信じ切ることで、お互いに困った時にはサッとサポートの手を出して、共に前に進めるのです。

「自分の事を受け入れてくれる」と心の底から信じ切れている相手には、変な遠慮で強がらなくてもよくて、素直に甘えられます。

お互いに助け合いの精神を持っているので、本当に困っている時には、「お願い、力を貸して」と言えるし、「何かできることがある?」と声をかける事も発生するわけです。

一緒に居る時間が充実する

信頼し合えている相手と一緒にいると、その間の時間がとても充実していきます。

不安や疑念を抱えている時というのは、多少なりとも緊張するものですし、話題を選んだり、ネガティブな話になりやすいもの。

相手と何でもいい合えて、「完全に受け入れ態勢が整っている」と思える相手と一緒にいると、会話をしながら内観をする事にもなりますし、近々の出来事を振り返りながら自分の至らない点や今後良くなっていくための課題が見えてきます。

共有し合いながらも、意見を出し合ったり、静かに我が身を振り返ったり出来るので、ただ楽しいだけの友達と一緒にいるよりもはるかに有意義に過ごせるのです。

気付いた事をシェアしながら、自分の大事にしたい想いと向き合い、相手の素晴らしい点も感じたままにアウトプットしてお伝えしていくと、魂の成長を促すことに繋がります。

信頼関係が築けているカップルの特徴

相手の価値観を大切にする

十人十色という言葉があるように、人には様々な考え方や価値観があります。

同じ環境で育った兄弟であっても、経験した事から価値観は変わってくるものです。

交際がスタートするきっかけとして「価値観が似ている」「一緒にいるだけで落ち着く」という理由が挙げられますが、相手との違いによって心がモヤモヤする機会が少ないからと言えます。

とはいえ、いくら好きな人であっても、全く同じ考えや行動パターンをしている訳ではありません。

どうでもいい人なら「あの人と私は違う」ときっぱり区切ることも出来ますが、好きな人だからこそ、より近づきたい気持ちが強くなり、違いにもどかしさを感じてしまいます。

楽しいだけの関係から、自己を受け入れてもらい、相手の考えを受け取れるかに変換していく中で、離れていくカップルが多いのも事実です。

違う事さえ「愛おしい」と感じられるカップルであれば、理解できない事でさえも「応援したい」「支えたい」と思う事が出来るようになります。

素直に気持ちを伝えている

心にあるがままの声を恋人に伝えることが出来ているカップルは、繋がりが強いと言えます。

「何でも口に出して言ってしまえばいい」というものでもありませんが、感じた事や想いを伝えるのはとても重要です。

一緒に過ごしていると、相手の細かい心理描写まで感じ取ることが出来るようになってきますが、本当の想いは言葉にして伝えなければ分かりません。

「きっとこう感じているんだろう」「この先、カレならああするだろう」と想像していたとしても、全く違う現実がやってくることも多々あるはずです。

特に、恋人間での望みや想いは、相手に伝えるからこそ理解が深まると言っても過言ではないもの。

愛情表現はもちろん、違和感を抱いた事や近い将来取り組んでいきたい事、長い目で見た時の生き方など、頭に描いている事を共有するためには、アウトプットが必要です。

言葉で聞くからこそ、イメージしている事がより具体化して、同じ未来を描くことが出来たり、お互いが出来ることが明確化したりと、通じ合える関係になっていけます。

様々な場面で「信じて欲しい」と願う場面はありますが、男性も彼女に自分のことを信用して欲しいと思っている事があります。

素直に打ち明けられた時や疑いが生まれた時など、男性が「信じてほしい」と感じる心理について、以下の記事で詳しくお伝えしています。

関係が揺らぎそうな局面こそ、相手のことを受け入れるチャンス。

しっかりと器を広げて魅力的な彼女になる為の参考にしてください。

信じてほしい男性の心理。信じてくれる女性が男性にとって魅力的な理由&信用してほしいと言われた時の返答法

小さな約束を守ろうとする

小さな約束でも、必ず守る意識を持っているかどうかは、信頼関係の要となります。

どれだけ親しい仲でも、約束を破るばかりの人は、信用できなくなるのは当然です。

「オオカミ少年」の話は、多くの人がご存じの物語ですが、ただの童話や子供向けの教育話と思っていては大間違い。

大人こそ、しっかりと理解をしていきたいところです。

自分の体裁やイメージを守る為や「注目を浴びたい」という承認欲求を満たすため、やる気はあるけど行動が伴っていない、などで小さな約束が何度も繰り返し破られてしまうと、「この人は口ばかりでやらない」と評価されます。

仕事では当然、責任ある業務は任せてもらえなくなりますし、恋人間も「約束時間から30分は遅れるだろうから、予定していたデートは無理そうだな」と諦めを生み出してしまうのです。

意欲だけあっても、実際に約束が守られなければ、信用に繋がる事はありません。

しっかり意識を向けて、コツコツ努力する事が大事です。

「ありがとう」や「ごめんね」が言える

基本的な挨拶が出来るのは、信頼関係を築くのにとても重要です。

挨拶は、自分以外の人がいて初めて成立するもの。

「おはよう」「さようなら」など、出会いざまに声をかけるのは、人としてのマナーです。

さらには、「ありがとう」や「ごめんね」など、心を通わせあう言葉は、信頼に欠かせないワードとなります。

何かをしてもらえる事は、当たり前ではありませんから、感謝の意識をどれだけ持てるかが重要です。

元気に顔を合わせられるのも、好きな人に同じように思ってもらえている事も、自分のために時間を作ってくれることも、思い出してくれて存在を認識してくれる時間がある事も、全て当たり前ではありません。

誰もが皆、毎日自分が生きる事で精一杯なのですから、人に思ってもらえる、動いてもらえるという感謝を持ち、きちんと言葉で表現することが、お互いに大切にしあえる関係性を作っていきます。

相手に関心を持っている

信頼し合えているカップルは、常に、相手に関心を持っています。

「釣った魚に餌をやらないタイプ」という言葉もありますが、片思いの時には猛アピールしていたのに、付き合いだした途端に興味が無くなると言うケースも多々あるものです。

そこまで極端な例でなくても、休みになったらデートするもの、記念日は一緒に過ごすもの、とルーティン化していくことで、好きな人のことを「知りたい」「もっと近づきたい」と思う気持ちが薄まっていきます。

いくら好きだと思っていても、関心が薄くなると恋人の新たな一面を発見するのは難しいはずです。

一緒に過ごす中で、驚きや発見、喜びや感動を共有するからこそ、充実した時間を過ごす事が出来ます。

関心を持ち続けて「今の彼女は何に興味があるのかな」「最近、カレがハマっている事は何だろう」と気に掛ける事で、リアルタイムに自分の中にある恋人情報が更新されていくわけです。

新たな一面を見つけるとトキメキが起こり、一緒に過ごしたい気持ちがさらに高まります。

日常的にコミュニケーションをとっている

日常的にしっかりコミュニケーションが取れているカップルは、心が通じ合っていると言えます。

コミュニケーションと言っても、単なる会話だけではありません。

出来事や体験を通して感じた事や、悩みの相談、日々の考え方などをアウトプットして、自分の判断が正しかったか客観的に見て教えてもらったり、意見交換の中で新たな視野を広げたりする中で、「この人の言う事なら、本当に信じられる」と思えるようになることです。

また、恋人だからこそボディタッチコミュニケーションも大きな意味を持ちます。

触れ合う事で、相手からの愛情を受け取ったり、寂しさや悲しみを理解してもらえたりと、言葉にならない感情を知ってもらう事が可能です。

普段は大事な事を離さないのに、ケンカをした時だけ本音を言い合うカップルもいますが、いつでも心の声を伝えあっている二人に比べると信頼度は全然違ってきます。

頻度が多くなるのと比例して、恋人の言葉の信憑性が高まり、「安心して意見を聞ける」「私以上に分かってくれている」と思う事で、この先もずっと一緒にいられると感じるようになるのです。

信頼関係が築けないカップルの特徴

行動と言葉が異なることがある

行動と言葉が異なることが多いカップルは、どうしても信じることが難しくなっていきます。

言っている事とやっている事が違うと、言葉に対する信用が無くなり、何の話も聞いてもらえなくなるからです。

「これだけは信じて」と伝えたとしても、何度も同じことを繰り返していつまでも実行されなかったり達成されなかったりするので、「またか」と呆れられてしまいます。

やくそくしたことでなくても、言葉に出した時点で自分自身との約束をしているのと同じですから、どれだけ実行に移しているかが誠実さを示すバロメーターとなるのです。

有言実行という四字熟語があるように、言葉にしたことは必ず行動に落とし込むというのが、責任ある人の行いですし、大人の社会の中ではとても重要なポイントとなります。

恋人が、言った事をやらなくても「あの人は口だけだから」と笑って言っていたとしても、やらないことが通常になってしまと、何も期待する事は無くなるわけです。

相手のことを束縛をしすぎる

交際相手を束縛しすぎると、信頼関係を結ぶのは難しいと言えます。

大好きな人と両想いになれた時には、極上の幸せを感じられますし、「自分の事を見てくれる」という喜びにいつまでも浸っていたいのは当然の気持ちです。

時間の許す限り会いたいし、声も聴きたくなるものですが、自分の気持ちだけで動いては束縛となってしまいます。

お互いに同じ気持ちで、「離れている時間さえも惜しい」と感じているのなら、いつまでも一緒に居てもいいし、都合のつく限り連絡を取り合ってもいいところ。

しかし、交際が始まる前から、お互いにはそれぞれの生活があったはずです。

仕事や勉強、友達との付き合いなどの中に、恋愛が増えた事で優先順位をつけてタスクやしたい事をしていかなければいけません。

相手のやらなければいけない事や、やりたいことに費やす時間まで奪って、自分の気持ちを優先させるのは、束縛となってしまい、奪われた方にとっては負担が大きくなっていきます。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

悪口や陰口を言うことが多い

悪口や陰口など、人を傷つける言葉を使っているカップルは、どうしても心の結びつきが弱くなってしまいます。

一緒にいる時に相手の悪口を言う人もいますが、言われていい気分になる人はいませんし、例え冗談やコミュニケーションのつもりでも、相手は同じように受け取っていない可能性もあるはずです。

悪口は、大抵その人の欠点をあげつらうものですから、自覚している事や克服していきたいと望んでいる部分であれば、受ける傷は深くなります。

本人がいない時に口走る陰口は、もっと陰湿です。

周り巡って本人の耳に入った時には、あなたの言葉を何一つ信じてくれなくなりますし、人格も疑われます。

吐いた言葉は、自分の元に戻ってくると言われているものです。

恋人や友達の悪口や陰口を言えば、自分の身に気付きとして降りかかってくることを覚悟しておきましょう。

自分の気持ちばかり優先しようとする

自分の気持ちばかりを優先しようとして、相手の望みを聞こうとしないカップルは、絆が生まれにくいと言えます。

好きな人の望みを叶えようとするのは、多くの人が抱く感情ですが、同時に自分の願望を推し進めたいと強く要望として湧き出てくるのもまた、恋愛です。

「会いたい」「声が聞きたい」「デートがしたい」「一緒に過ごしたい」など、好きだからこそ沸き上がってくる感情も、押し通そうとするとただのワガママとなります。

自分が感じている事や思っている事を伝えるのはとても大切ですが、相手の気持ちもしっかり受け入れようとする姿勢が、二人でいる時の安心感につながるはずです。

ワガママばかり言われると、相手は自分の人生を阻害されている気分になります。

彼女の方が「会いたい」と言った時に、カレが「いいよ」と即座に対応してくれたとしましょう。

逆に、カレが「今日は、会いたいな」と望みを伝えた時に、彼女が「忙しいから無理」と断ることが続くと、男性側は満たされない気持ちでずっと過ごさなければいけなくなります。

気持ちの満たされ具合が一方的になると、不満が生まれるのです。

好きな気持ちが大きくなるほど、自分の心ばかりに囚われて、カレの事を信じることが難しくなってしまいます。

信じたいのについ疑ってしまうのを止めたいのなら、こちらの記事を読んでみてください。

自分の心と向き合えるヒントがたくさん詰まっているはずです。

彼氏を疑うのをやめたいなら自分の心と向き合うべし!信じたいのに疑ってしまう原因と信じられるようになる方法

見た目のタイプを優先して付き合っている

見た目のタイプを優先して交際をしていると、どうしても心の関係が希薄になってしまいます。

見た目だけが気に入っていると、性格の部分がどうでも良くなってしまうものです。

「少々ワガママでも、可愛い子と付き合えているんだから我慢しよう」「他の子とも仲良くしているみたいだけど、イケメンだからモテて当たり前か」と見た目を優先して交際していると、何でも我慢するクセがついてしまいます。

前項でもあったように、どちらかの気持ちだけが優先される状態を作りかねないわけです。

「許せない部分があるけど、仕方がない」など、嫌だと感じる部分の性格を受け入れる事や分かり合う事を後回しにしていると、いつまでも不満がなくなりません。

見た目が好きな人と付き合う事が悪いわけではなく、心から通じ合える関係を築けるように努力することが大事だという事です。

信頼関係が壊れる瞬間ってどんな時?

嘘をつかれた時

嘘を吐かれると、瞬間的に相手の事を信じられなくなります。

小さなウソであっても、一度言葉にしたことは形にの頃ないからこそ、心にしっかりと刻み込まれるものです。

「嘘を吐かれた」というトゲが心に刺さってしまい、取れなくなってしまいます。

その場ですぐに「これはウソだな」と思えるようなものだとしても、胎(はら)と口が一致していなければ、人としての信頼感が薄くなってしまうところです。

「口ばかりで実行しない」と思われることもありますし、「本音が分からない」と謎のベールに包まれている感覚で見られる事も。

これは、恋人であっても、友達であっても同じです。

心で想っている事をそのまま全て言葉にする必要はありませんが、違うワードに変換して口にした瞬間、ウソになってしまいます。

「違う事を言っているな」と人は感じ取るものです。

「本当のことを言ってくれない」と感じた心象が、抵抗感となって一歩踏み込んで親しくなるのを躊躇う事にも繋がります。

約束を破られた時

約束を破られるのは、嘘を吐かれるのと同じことですので、相手との信頼関係は一気に崩れてしまいます。

小さな約束でも、全て人との繋がりを作っていく大事な一コマです。

仕事では、約束が絶対条件となりますから、いかに大事なのかが分かるはず。

納期や契約日、アポイントメント、事務処理の中で活用する資料の書式、報告、など全て約束です。

どれか一つでも「魔に合わせられませんでした」「この通りにするのは無理でした」となると、他の人に迷惑が掛かりますし、突然変更されると大勢の人が何を信じていいのか分からなくなってしまいます。

人間関係はもっと複雑です。

仕事で使う数字も書類もありませんから、言葉や態度、見た目などが全て約束事に関連してきます。

デートの日、「後で連絡を入れるね」という一言、「キャンセルした分は、必ず埋め合わせするね」などの些細な会話が全て約束です。

果たされなければ「どうして」と悔しくなったり悲しかったりします。

お金に関するトラブルがあった時

お金が関連するトラブルは、どうしても人間性を疑うトリガーとなってしまいます。

先ほどの約束に関して、最も結果に影響するのが金銭問題だと言えるはずです。

借りたお金を返さない、ウソをついて相手に出させる、いつも言い訳を用意して一方的に財布を開かせる、などが繰り返されると、誠意があるのか疑われます。

お金で愛情を図る事は出来ませんが、一生懸命働いて、時間と労力の対価として頂くのが賃金ですから、正当な使い方をしたいと望むのは当然の望みです。

お金ばかり使わされる傾向が続くと、そこに誠意を感じなくなり「愛情はあるのかな」と紐づけて考えてしまうようになります。

「楽をして稼ぎたい」「お金があれば自由に使いたい」と思う人が多いからこそ、自分の労働して得た賃金を大事な人に使うのは正当な使い方だと判断しますが、湯水のように使われるのは「お財布代わりに思われているのかな」と不満が生まれるわけです。

経済的トラブルは、恋人としてだけでなく人間関係そのものを破綻させる原因となりやすいと言えます。

自分の価値観を強要された時

自分の価値観を強要された時には、「大事にされていないのかな」と感じて信じる気持ちが薄くなってしまいます。

価値観を共有して、話し合いの中で理解を深めていくのはとても大事です。

けれど、強要されるものでもありませんし、分からなくても無理に理解をしようとしなくてもいいもの。

価値観や考え方は、今まで生きて来た人生経験で培われたものもあれば、親から受け継がれた思想もありますし、強く影響を受けたメンターの持つ思考というケースもあります。

100人いれば100通りの考え方や価値観があって当然ですので、必ずしも一致する必要はありません。

親しいからこそ、同じ考えであるべきだと思っている人もいますが、強要しても心の根っこの部分が違えば、違和感として残ったり、違う形で不一致感として出てきたりします。

宗教的な問題や生活環境、関わってきた人間が違うのですから、自分の考えを押し付けようとしている人を前にすると、「自分の事を大事に想ってくれていないんだな」と感じてしまうのです。

人によって態度をかえられた時

人によって対応する言葉や態度を変化させているのを見た時には、その人に対する評価として信頼度は下がります。

特に、立場や肩書によって態度を変える人を見ると、「社会的影響力だけを見ている人」と判断してしまうからです。

本質を見ていないと分かると、どれだけ分かり合おうとしても、「話を聞かないだろう」「もっと影響力のある人が違う事を言えば、すぐに意見を変えるだろう」と想像して、話をする事が億劫になります。

自分の前ではいい顔をしていても、他の人の前に行くと横柄な態度や下に見るなど対応を見てしまうと、いつその番が回ってくるかネガティブな想像をしてしまうはずです。

「この人の前では、いい人でいないと酷い扱いを受ける」と思って、自分さえも態度を変えてしまうようになり、心に負担がかかってきます。

相手の態度を見て、その人の中にある自分の価値観を反映して見たり、次の機会を想像したりすると、深い付き合いにはなれません。

信頼関係を作る時に必要なこと

相手に対する感謝の気持ちを持つこと

しっかりと関係性を強くしていくためには、相手に対して感謝の気持ちを持つことです。

社会は、多くの人の行動と思考で成り立っています。

当たり前のことなど、何一つない事を自覚するべきです。

好きな人が想ってくれるのも当たり前ではありませんし、何か行動を起こしてくれるのは、愛情とご厚意があってこそ。

親切心に胡坐をかいて、さも当然というように受け取るのは傲慢です。

デートの約束をしたのなら、会ってくれる時間を作ってくれたことが有難く、喜ばしい事だと気が付きましょう。

プレゼントをくれたり、何か行動を起こしてくれたりしたのなら、わざわざ想ってくれて時間と労力を使って動いてくれたことに、感謝しか出てこないはずです。

そんな相手に対して、ウソをついたり、約束を蔑ろにしたりするのは、失礼ですし、偉いと勘違いしていると言っても過言ではありません。

会話一つでも、対応してくれたら向き合ってくれたことに感謝し、「ありがとう」と言葉に出して伝えましょう。

相手の気持ちを想像しようとすること

相手の気持ちをしっかり想像するところから、信頼関係は築かれていきます。

人との関わりは、必ず心が動いているわけですから、何を感じているのかを想像して汲み取ることが大事です。

思い違いをしてしまうと、相手にとってベストな状態で望むことはできませんし、本音を知らないまま一緒に過ごすと理解を深めることは難しくなります。

「何を感じているのかな」「どんなことが望みなのかな」と想像して、相手が喜んでくれることを率先して行動していくように心がけると、自分の中の想定が合っているのかの答え合わせも出来ますし、先回りして行動することでより細かな心のやり取りが出来るようになるはずです。

言葉に出したり、行動したりする前に、まず「嫌がる事はないだろうか」「喜んでくれるだろうか」と想像すると、誠実で気持ちのいい付き合いを積み重ねられます。

小さな積み重ねが信頼関係を築いていくのです。

ゆっくり関係を作るための長い年月

ゆっくり関係を作る為には、長い年月が必要です。

人の心は、一朝一夕で作られるものではありません。

仕事にしても、友情にしても、小さな積み重ねが日々積み重ねられて「あの人は信用できる」「任せても安心」と思ってもらえる人間になれるものです。

慌てて信用を勝ち取ろうとしても、自分がどんな人間で、何が得意で、どんな姿勢で人と関わろうとしているのかを開示しなければ、当然相手は受け入れることは難しいと言えます。

安心していい人物と判断されるまでには、約束を守ったり、誠実さがあったり、ウソがないと信じてもらえるなどの実績が必要です。

全てに対してどれだけ誠実であるか、人はよく見ています。

恋人に対しては約束を守るけど、友達との約束は破るばかりする人なら、「いつかは守ってもらえなくなるかもしれない」と不安になりますし、目の前では良い事ばかり言うのに、違う人の前だと誰かの不満ばかり言う人だと分かれば「裏表があるから、自分も何を言われているか分かったものじゃない」と煙たがれるのです。

着実に前に進む意識で取り組むことが大事になります。

相手へ興味や関心を持つこと

相手に対して、興味や関心を持つことは、とても大事です。

どれだけ約束を守っても、優しく接していても、興味や関心がなければ、愛情があるとは感じ取れません。

心の根底に愛情があれば、親切心や奉仕の精神が伝わってきますが、言われたことだけは着実にするけど、何を考えているのか分からない人であれば、ただの作業のように感じてしまいます。

恋人が何を感じているのか質問をしたり、現在の興味のある事を聞いたりすることで、今の二人の状態へと常にアップグレードしていけるのです。

考え方や価値観は、ずっと固定なわけではなく、経験値や関わる人によって変わるものですから、変化して当たり前。

だからこそ、最新の恋人情報を得ようとする姿勢が、愛情だとも感じられます。

やりたいことや楽しいことが変わるのも自然ですから、デートスポットが変わってきたり、会話の中身が違ってきたりすることも、受け入れながら今の恋人に興味を持ちましょう。

日々の会話を大切にすること

日々の会話は、ぜひとも大切にしましょう。

交際期間が長くなると、相手の事はたいてい知っているし、生活リズムも分かっているので、お決まりのデートや過ごし方が出てきます。

目新しい話題も出てこなくなると、一言も発しないまま過ごしたり、体の関係だけで交際が続いていたりする事も珍しくありません。

新しいことが無くても、日々過ごしている時間はあるわけですし、思考も動いているはずです。

些細な気付きや興味を持ったこと、疑問や不安など、一つの会話から二人の意見を出し合ったり、価値観を知ったりすることが出来ますので、言葉を交わすことに重点を置きましょう。

何もしゃべらなければ、時間だけが過ぎていきますが、会話がある事で自分自身の成長にもなりますし、二人の関係性を深めるきっかけもたくさん生まれます。

言葉のニュアンスや声色、顔の表情など、会話の中で得る情報はとても多いので、コミュニケーションがしっかりとれるのです。

恋愛において信頼関係は欠かせない!ゆっくり2人の関係を築いていこう

信頼関係が築けないと悩んでいるなら、スモールステップでいいので、今すぐ行動を起こしましょう。

恋愛において、相手の事を信じられないという状況はとても不安ですし、これからどう交際を続けていけばいいのか分からなくなるのも当然です。

二人の関係は、作り上げることが出来ますので、誠実さを根底に愛情を持って相手の事を想って動いていれば、必ず強い絆で結ばれていきます。

不安に押しつぶされる前に、自分の言葉と心に嘘はないか、開示しているかを振り返り、まずは誠意ある自身を見てもらいましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG