夫婦の復縁の全て。7割が叶わないという復縁率の真実や仮面夫婦・別居中・離婚後のやり直し方

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ恋と運命の真実をお試しください。

恋と運命の真実の結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「一生一緒にいようね」と生涯を誓い合った二人でも、毎日人生をともに歩んでいると色々なことがあるものです。

お互いの心が離れてしまったり、離婚をしてしまったりという出来事を迎えることもありますが、実はそんな状況でも「やり直してもいいかな…」と思うようになることがあるのも事実。

今回は夫婦の復縁について詳しく見ていきましょう。

7割が叶わないと言われている夫婦の復縁ですが、その復縁率の実態はどんなものか真実を見ていくと同時に、様々な別離をたどっている夫婦のやり直し方を詳しくお伝えしていきます。

仮面夫婦や家庭内別居、完全に別居している場合や単身赴任中、また既に離婚に踏み出した後の夫婦でも復縁ができる方法をご紹介しているので、再び夫婦としてのあり方を考えてやり直そうと思っているなら、ぜひもう一度人生でご縁あるあの人との関係を修復してみてくださいね。

今度こそ幸せになれるよう、しっかりとあなたの心に向き合ってみましょう。

目次

心が離れたり別居や離婚している夫婦が相手と「やり直しても良いかな…」と思うきっかけ

相手の生活が粗雑になっているのを目の当たりにした

夫婦としては終わっていると思える状況でも「やり直しても良いかな」と思うきっかけは、相手の生活が粗雑になっているのを目の当たりにした時に訪れます。

心が離れたり、別居や離婚している夫婦では、例え相手がどんなに不幸になろうとも関係ないと思おうとして、現実から目を背けようとする人も少なくありません。

しかし、あまりにも相手が粗雑な生活をしている様子を目にして認識してしまうことで放っておけなくなることもあるはずです。

例えば、別居している夫婦や一緒に生活をしていても家庭内で会話もなく終わっていると認識している二人であっても、用事があって旦那のことを気にした時にお惣菜やお弁当ばかりの食生活、飲んだまま捨てられていない空き缶、捨てに行くことが出来ていないゴミ袋を見てしまうと、「やっぱりこの人は一人では生きていけない」と思ってしまいます。

今まで生活を支えてきた日常に嫌気をさしてしまっているし、相手に対して何も望まなくなってしまっているけれど、一度でも愛した人が荒んだ生活をすることは心が痛むものです。

「私は家政婦じゃない」「勝手にゴミに埋もれていればいい」と思っては見ても、そのままにしておくと健康を害してしまうことを察して、どうにかしてあげたいと動き始めます。

好きな気持ちはなくても離れると寂しくなった

夫婦としては終わっていると思える状況でも「やり直しても良いかな」と思うきっかけは、好きな気持ちはなくても離れると寂しくなったというものがあります。

夫婦というのは恋人同士とは違い、毎日同じ空間で衣食住をともにしてきた存在であり、一心同体で生活をしているものです。

独身の頃には「毎日一緒に起きて、毎日一緒に寝ることができるなんて幸せすぎる」「一瞬も離れたくない」と願って結婚を迎えます。

しかし、実際生活をしていると「自分ひとりの時間が欲しい」「休みの日くらい出かけてくれたらいいのに」と二人で一緒にいる時間を少なくすることで、夫婦のバランスをとろうとするのです。

恋愛という感情は薄くなり家族愛や人間愛へと変化する夫婦が多くいる中、愛情が薄くなってしまうだけで心の距離ばかりが離れてしまう夫婦がいることも事実。

愛情がなくなってしまい、夫婦としては終わっていると思って離れても、実際に別居や離婚して別々に生活をすると今まで一緒に過ごしていた空間の広さやぽっかり空いた旦那の席が寂しく感じてしまいます。

「一緒にいなくてもいいと思ったけど、いなくなると寂しい」と感じてしまうことで、やり直してもいいと思うことになるはずです。

周囲が「やり直したら?」と言ってくることが重なった

夫婦としては終わっていると思える状況でも「やり直しても良いかな」と思うきっかけは、周囲が執拗に「やり直したら?」と言ってくることが重なったことが挙げられます。

夫婦とは、その実態や生活、トラブルや感情など他人には分からないことばかり。

夫婦が二人で話し合って納得した状態で離れていたとしても、周囲から見ると「あんなに仲が良かったのにどうして?」「理想の夫婦だったのに何があったの?」など不思議に見えることが多くあります。

心の底から納得しているのであれば、周囲が何を言っても気にならないものですが、たまたま周囲の修復提案が重なると「納得したつもりだけど、もう一度話し合ったほうがいいのかな?」と思い始めるものです。

「あなたにはもったいない人よ」「あなたがワガママを言ったんじゃない?」と自分が失敗をしたかのように言われたり「ちょっとくらい我慢してでも手放すのは惜しい人だよ」など相手の評価が高かったりすることで、「まだ改善する余地があるのかもしれない」と思い、やり直すことを考えます。

やりたいことや新しい好きな人が見つからない

夫婦としては終わっていると思える状況でも「やり直しても良いかな」と思うきっかけは、やりたいことや新しい好きな人が見つからない時に訪れます。

夫婦として毎日同じことを繰り返し、夫のために尽くす日々をこれからも一生続けていくことに疑問を感じ、「新しい人生を生きたい」「夫よりももっと好きになれる運命の人がいるはず」と意気込んだが失敗してしまうことで、元サヤに戻りたくなるはずです。

初めて交際した人とそのまま結婚したり、まだ年齢が若い時に子供が出来たことがきっかけで結婚を余儀なくされた人、親が決めた結婚相手だったりすることで、自由な時間が欲しいと心が苦しくなってしまう人も少なくありません。

「自分の人生をもう一度見つめ直したい」「私の人生このまま終わるなんて嫌だ」と強い決意をもって、離婚や別居に踏み切ります。

しかし、思うように新しい人生を見つけることができないことで、急にレールがない人生に不安を覚え始めるに違いありません。

結婚をして毎日夫が帰ってきて、子供の世話をする繰り返しの毎日であっても、求めてくれる人がいること、やらなければいけないことがあることは幸せなんだと気がつきます。

目の前の幸せに気がつくと、好きだと思っていなくてもやり直そうと思うものです。

7割が叶わないというのは本当?夫婦の復縁率の真実

離婚した夫婦の復縁率

7割が叶わないという夫婦の復縁率の真実は、離婚した夫婦の復縁率が約1割というデータを見ることができます。

厚生労働省の統計データによれば、平成27年に離婚した夫婦の復縁率は約1割です。

離婚の原因も様々あり、夫婦関係をどう続けてきたのか、どんな理由で離婚したのか、離婚してから付き合いはあったのか、など複雑な状況が絡み合います。

離婚しても復縁できる人たちというのは、よほど復縁できる要素を持っているか、努力をしている、また考え方を変えることが出来ている、など離婚という事実を受け止めて、ポジティブに行動することができる人だとも言えるはずです。

一緒に生活をしていたほどの人というのは、人生の中で多くいるものではありません。

離婚したという事実こそあっても、出会う人の中でもご縁ある人だということは確実に言えることは間違いないのです。

離婚してからどう現実と向き合い、今後元パートナーとどんな関係を築いていきたいのか、具体的に見つけていくことができなれば、復縁は難しいといえます。

復縁成功した夫婦以外にも、多くのカップルが復縁を目指しているはずですが、実際に復縁に至っていないのはデータが物語っていることです。

浮気したことを許せない

7割が叶わないという夫婦の復縁率が低い真実の裏側には、浮気したことを許せないという怨恨の感情が隠れています。

恋愛の段階で浮気をされるのと、結婚してから浮気をされるのでは、怒りの度合いも大きく変わるはずです。

一生支え合うと約束した人の裏切り、親も友達も夫という人を知っている事実、毎日旦那のために食事や洗濯、掃除などをしてきた労力が全て裏切りという形で「無駄なことだった」という烙印を押されてしまいます。

「今まで彼のためにしてきたことは何だったの?」「他の女のところに送り出すために毎日あの人の洗濯物を綺麗にしていたの?」「誰かを抱いた後に私に触れていたの!」と全部を浮気とつなげてしまうのは、なんともやるせないことです。

二人で積み重ねてきた日常が偽りだったと認めてしまうことの恐ろしさは、体験した人にしかわかりません。

強い恨みを持ってしまった人をどうしても許せないという気持ちは、精神のバランスを崩してしまうほどの大きな出来事。

離婚したくらいでは心の整理が付かない、と思っている人が多くいることも復縁率の低さに関係しています。

相手の嫌なところが頭から離れない

7割が叶わないという夫婦の復縁率が低い真実の裏側には、相手の嫌なところが頭から離れないというものがあります。

毎日同じ空間で生活をしていると、大好きで結婚したはずの相手のことも、少しずつ嫌なところが見えてくるもの。

むしろ、大好きだと思っていたことすら、嫌なところだと思い始めてしまいます。

例えば付き合っている時には、彼の行きたいところに行き、食事も相手の食べたいところに行くデートを繰り返していて「彼が全部決めてくれるから頼れる」「俺様っていう感じが好きなんだよね」と思っていたとしても、結婚して毎日俺様気取りをされると「私が好きなものを優先させてくれてもいいのに」「いつも自分勝手で振り回される」という不満に変わってしまうのです。

夫のためにと思ってしたことも「俺はこんなものは嫌だ」なんて言われたら「何様のつもりなの!」と腹が立って怒りを抑えられなくなってしまいます。

夫婦というのは恋人同士と違い、日々の積み重ねで信頼を得ていくものなので、一度嫌だと思い始めると嫌な感情を積み重ねてしまうことになるので、どんどんと嫌いになってしまうはずです。

離婚を決める頃には、気持ちの中でも修復不可能なまでに嫌なところを受け付けなくなってしまっているので、復縁率が低くなってしまいます。

性格が合わないことに気がついてしまった

7割が叶わないという夫婦の復縁率が低い真実の裏側には、性格が合わないことに気がついてしまったというものがあります。

結婚して毎日同じ生活をしていると、恋人だった時には気がつかなかった性格の違いに気がつくというのもよくある話です。

例えば、物事は適度にするのが一番だと考えていて、掃除も洗濯もしんどくならない程度にやれば問題ないと考えている妻と、何でもきっちりしていてシンプルで完璧な生活を求めているから毎日掃除も洗濯もしてアイロンかけまでして、家の中はいつもピカピカでないといけないと考えている夫とでは、基本的な性格が違います。

それでも「夫婦は歩み寄るものだ」「一緒に生活しているんだからお互いの事を思って暮らすべきだ」と夫婦の定義を持っていると、完璧な方が相手に色々と求めすぎてしまうものです。

「なんでそんなに適当なんだ」「毎日きっちりしないと気持ち悪いだろう」と言われても、妻からすればイマイチピンときません。

そんな積み重ねの毎日にお互い我慢の限界が来て、離婚ということになれば「もう一緒に生活することはできない」となり、復縁することは難しいと言えます。

一度別れてもその後復縁を成功させやすい夫婦の特徴

幼馴染で一緒にいることが日常

一度別れても復縁成功しやすいのは、幼馴染で古くから一緒にいることが日常になっているという特徴がある夫婦です。

幼いころからずっと一緒にいた二人が恋愛感情を持ち、結婚に至ることも少なくありません。

しかし結婚となるとお互い隣にいた存在がお互いに向き合う形になった時、今まで見えていたものが見えなくなったり、知らなかったことを知ってしまったりと、関わり方が変化してしまうのも普通のこと。

「一緒に生きていくためには、今までのようにはいかないのか」と落胆してしまって離婚に至るケースも多いのです。

結婚生活は友達付き合いとも、恋愛とも違う形なので、付き合いが長いほど一緒に生活し始めたときにどう接していいのか分からなくなってしまいます。

離婚してしまって元の幼馴染に戻れるかといえば、そうでもありません。

一度恋愛感情を持った二人は、友達や単なる幼馴染に戻ることも出来ず、途方に暮れてしまいます。

心の整理が進み「やっぱり一緒にいることが当たり前だ」「隣にいてくれないと生きた心地がしない」と思った時、意思疎通できれば復縁できるのです。

別れても相手のことが気になって近くに住んでしまう

一度別れた夫婦が復縁成功しやすい関係の二人は、別れても相手のことが気になって地確認住んでしまうという特徴を持っています。

いわゆる世話焼き夫婦というもので、お互いの世話をしたくて仕方のないタイプ。

一緒に生活していると、依存してしまう自分に情けなくなってしまったり、自分が世話をしてあげたいのに甲斐甲斐しく世話を焼かれることで煩わしく感じてしまったりすることで、別れることを決意してしまいます。

別れても世話焼きの人は直りません。

「ご飯食べているかな」「掃除は出来ているかな」「朝起きられているかな」と心配が尽きないので、つい近くに住んで生活の面倒を見ようとしてしまいます。

別れたはずなのにいつも近くにいることで、「別れた意味がないね」と復縁をするのです。

子供のことが大好きで少しでも多く関わりたい

一度別れても復縁する夫婦の特徴は、子供が好きだという事。

夫婦生活を送っていく中で、二人の愛の結晶ともいえる子供が生まれたとき、お互いへの愛情が薄れていても子供への愛情だけは誰にも負けないと誓える人の場合、別れても復縁して一緒になることが多くあります。

離婚しても子供にとってはどちらも親。

少しでも子供と過ごしたいからと、面会日を多く設定していることも良くある話です。

週に一度は以前の家族とそろって食事をとる形もあるほど。

子供のことが大好きな元夫婦は、お互い関わりたい気持ちが強いため、自分たちのいざこざなんてどうでもよくなっていきます。

「大きくなっていく姿を見たい」「子供が人生の経験を積んで喜んだり悩んだりする姿を身近で感じたい」と思っている両親は、離婚したことでその瞬間を見逃してしまうことに後悔し、復縁する話が持ち上がるのです。

相手の本質的な長所を理解している

別れても復縁できる夫婦は、相手の本質的な長所を理解している二人だという特徴があります。

深くお互いのことを理解していると、相手のいい部分も悪い部分もあまり興味がなくなってしまうものです。

「刺激が欲しい」「好きな人が出来た」「言っても直らないことにうんざりした」など様々な理由で、慣れ親しんだ相手と離れることを決意します。

離れてみることで、「やはりよく知った人ほど居心地のいいひとはいない」ということを実感するわけです。

「あの人は口は悪いけど結局は守ってあげたい人なのよ」「無口で何考えているか分からないけど、実はちゃんと考えてくれて愛してくれていた」と相手の本質的な長所を理解していることで、もう一度考え直すきっかけが生まれます。

「私の我慢が足りなかったのかな」「もっと言いたいことを言えばよかったのかな」とお互い一緒にいた時のことを反省できれば、長所を理解している気心知れた相手と一緒にいたいと思うようになるものなのです。

喧嘩も愛情の一つ

一度別れたのに復縁が叶いやすい夫婦は、喧嘩も愛情の一つだと思うことが出来た夫婦だという特徴があります。

お互いいつも我慢することがなく言いたいことを相手にストレートに伝えることが出来る夫婦は、常に喧嘩が絶えません。

売り言葉に買い言葉で、大きな喧嘩に発展してしまった時、「勢いでうっかり離婚してしまった」という事態になってしまいます。

喧嘩をすることが日常であっても、離婚を切り出してしまえば話は違うはずです。

深く後悔し、言葉一つで簡単に結婚生活が終わってしまうことを実感しています。

猛省した結果、言葉の重要さと一緒にいたいという気持ちを伝えることが出来れば、復縁することも可能です。

元夫婦がもう一度やり直す事で得られるメリット

追い詰められた感覚がなくなって気が楽になる

元夫婦がもう一度やり直す事で得られるメリットは、追い詰められた感覚がなくなって気が楽になるという点です。

結婚した夫婦は、相手と一生を共にするという大前提のもと、いかに毎日に折り合いを付けながら暮らすか考えなければいけません。

離婚という出来事を通して、相手に対する不満があっても自分が不満を抱えていても、全て伝えれば正解というわけでもなく、何もかも抱えていればいいという問題でもないということを十分すぎるほど学習したはずです。

離婚する前は「どうにか頑張らなくちゃ」「何としても乗り越えなくちゃ」と気を張って努力や試行を繰り返してきていたはずですが、我慢が出来なくなったからこそ離婚という道を選択しています。

一度離れてみて、それでもお互い必要だと感じたことで復縁した二人にとって、日々の暮らしには適当さが必要だということを得たので、気持ちが一気に楽になるのです。

一度不満を言い合ったことで全てを受け入れることが出来る

元夫婦がやり直すことで得られるメリットは、相手のすべてを受け入れることが出来るようになることです。

最初の結婚では、お互いにいいところを見せようとしていた節があったはず。

相手の嫌な部分も「好きなら受け入れなければいけない」と強制的になってしまったことで、苦しみを感じるようになったのです。

本来なら好きな相手の嫌な部分というのは、「それがあの人」「そんなこともあるか」と思えるものなので、思えなくなっていたというのは相手の表面ばかり目が行くようになっていたということを意味します。

別れる時に不満をとことん言い合ったことで、もう思い残すこともなく、我慢していたことをさらけ出したので気持ちがリセットし「あの人だから仕方がないか」と思えるようになったということです。

別れたのに一緒にいることを再び選んだ二人は、心の底から愛し合っている証拠。

どんなに不満があっても離れられないと理解できれば、欠点さえも愛していこうと気持ちを切り替えることが出来ます。

自分の欠点を指摘されたことで身が引き締まる

元夫婦が復縁することのメリットは、自分の欠点を指摘されたことで身が引き締まるという点です。

愛し合って結婚すると、心のどこかで「私は全て愛されている」「何をしても許される」と思い始めてしまいます。

キレイになる努力を怠たり、相手に好かれるために行動することを辞めてしまうのです。

いつまでも奥さんに”女”を求める男としては、結婚した途端にだらしなく変貌していく嫁の姿を見るのは相当なストレスがかかります。

一度別れた時に、元夫から不満や自分の欠点を次々に言い放たれ、そこで初めて「そんなに嫌な思いをさせていたのか」「単純に一緒に暮らしているだけじゃなかったのか」と夫婦の在り方を思い知らされたはずです。

復縁することで、夫婦であっても相手のために努力する姿勢を持ち続けることの必要性を理解した二人は、お互いの生活がよりよくなるために努力することが出来るようになります。

今までイライラしていたことも離婚したことで許せるようになる

元夫婦がやり直したことで得られるメリットは、今までイライラしていたことも離婚したことで許せるようになるという点です。

今まで結婚生活の中でイライラしてきたことは、あなたと元旦那とのすれ違いの部分だといえます。

すれ違いがあっても、お互いに歩み寄ることが夫婦の理想ですが、時には放置することも必要です。

そもそも他人の二人なので、完璧に価値観を擦り合わせ、パートナーのためだけに生きていくことは不可能に近いといえます。

夫婦には適度な距離感が必要だと学んだ元夫と元嫁は、相手に対して腹が立たなくなるのです。

「夫婦ってあんまりしっかり見ないことが大事だね」と語り合うほどまでに信頼しあえるようになった二人は、がんじがらめの関係よりも横並びに歩く人生をスタートさせることが出来ます。

子供が安心して過ごせる

元夫婦が復縁することで得るメリットは、子供が安心して過ごせるという点です。

離婚問題は、夫婦にとって一大事ですが子供にとっては大きな衝撃を受ける出来事でもあります。

元夫婦は単にお互いの人間性を見て、一緒に生活していくとが出来るのか、愛し続けることが出来るのか考えて離婚したり復縁したりしますが、子供にとっては男女の言い分なんて関係ありません。

父親も母親もこの世で唯一無二の存在です。

そんな二人が離れ離れになってしまえば、下手をすると心が分裂してしまう事にもなりかねないもの。

親の離婚をきっかけに子供がぐれてしまうことも、珍しくないのです。

しかし元夫婦が復縁することで、子供は両親とともに再び生活することが出来るようになります。

心の安定を取り戻し、一番の悩みが解消されることになるはずです。

離婚の危機から笑顔が見えなかった子供も、復縁することで再び輝く笑顔を取り戻します。

元夫婦が復縁し家庭を再構築することのデメリット

復縁しても心から信用できないことが辛くなる

元夫婦が復縁することのデメリットは、復縁しても心から相手のことを信用できないことが辛くなってしまうというものがあります。

浮気問題での離婚やギャンブル問題での離婚は、著しく関係を悪化させ、信頼関係をぶち壊してしまうものです。

「やっぱり離れられない」「どうしようもない人だけど、心を入れ替えるって言ってくれた」と復縁を果たしても、一度壊れてしまった信頼関係は、簡単に戻ることはありません。

しっかり真面目になったように見えても、心のどこかで「もしかしたらまた騙されるのかも」「知らない間にトラブルが起きていたらどうしよう」と不安を抱え続けることになります。

二度と同じ過ちは犯さないと約束したとしても、人間の約束なんていい加減。

完全に信用するにははるかに長い時間がかかってしまいます。

別れた時に言われた酷い言葉を思い出して腹が立つ

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

元夫婦が復縁した時に起こるデメリットは、別れた時に言われた酷い言葉を思い出して腹が立つという点です。

一度離婚を経験していると、その時に激しい口論となっている場合も少なくないもの。

罵倒された記憶がいつまでも脳裏に焼き付いて離れません。

復縁しても、時々ふと「あの時あそこまで言われる必要があったかな」「よくもあんなに汚い言葉で嫁に言えたよね」と思い出し、ふつふつと怒りが沸き上がります。

とっくに終わってしまったことで、復縁を果たしてしまえば今更そのことで争うことも出来ず、沸き上がる怒りを抑えるしかないのです。

言葉は形のないものだからこそ、一度深く傷ついた心はいつまでも鮮明にその言葉を思い出してしまいます。

「確かにやり直したけど、あの言葉だけは撤回して欲しい」と心の中に根付いた怒りを昇華させるには長い時間が必要です。

「また失敗するかも」と不安が付きまとう

元夫婦がやり直したあとに訪れるデメリットは、「また失敗するかも」と常に不安が付きまとってしまうという点です。

結婚という人生の一大イベントを経験し、その人と大きなすれ違いが生まれて離婚をしたという一連の流れは、「まともな人生を送りたい」「結婚したら絶対幸せになりたい」と強く願う女性にとって、”失敗した”というトラウマを植え付けます。

同じ人とやり直すことになったことで、余計に「最初の失敗を繰り返したらどうしよう」「結局上手くいかなくなったら私は一生幸せになれない」と強く思い込んでしまうものです。

相手の意見と譲歩できなかったり、傷付いた心を癒しきれなかったりすることで「幸せになることが出来ないのではないか」と不安に押しつぶされそうになることが増えていきます。

せっかく話し合いをして「もう一度最初からやり直そう」と決めたにもかかわらず、自分自身が不安を抱えていることで、再婚後の関係もギクシャクしてしまうことでさらに恐怖が大きくなってくるわけです。

一度離婚していることで相談相手がいなくなる

元夫婦が復縁してやり直すことのデメリットは、一度離婚している事で相談相手がいなくなってしまうという点です。

夫婦関係に悩む人は、友達や親、義理の親などにパートナーの相談をすることで自分にはない考えを取り入れて、関係を再構築していくことが出来ます。

しかし、結局のところ一度は離婚という決断を下してしまった二人。

周りの人は「あんなにアドバイスしたのに、やっぱりダメだったんだ」「結局何か言っても参考にしてくれなかったんだね」と愛想をつかしてしまいます。

さらには同じ人とやり直すことを決めたことで、「あの離婚騒動は何だったの?」「結局は夫婦二人に振り回されてしまった」と呆れて離れていってしまうのです。

再び揉め事が起きてしまって誰かに相談しようと思っても「どうせアドバイスしても勝手に別れて復縁するんでしょ」「自分の思ったことしかやらないんだから相談なんて意味がない」と聞く耳を持ってくれません。

「別れてもやり直せる」と開き直って横柄になる

元夫婦が復縁することで起きてしまうデメリットは、「別れてもやり直せる」と開き直って横柄になってしまうことです。

一度離婚という大きな決断を下した二人にとって、再婚したとしてももう怖いものはありません。

復縁という希少な経験は、「この人と一生生きていこう」という強い決意と共に、「どうせ別れられない」「また離婚してもまた復縁するはず」と高を括ることで、結婚生活で歩み寄る努力をしなくなってしまいます。

夫婦とはいえ、一度結婚した相手とはいえ、お互い歩み寄る努力は必要不可欠です。

復縁したのならなおさら、相手が心地よく日常を送れるよう自分も努力し、自分が幸せになれるよう相手に提案を繰り返していくことが大切になります。

「どうせ別れてもやり直せる」と思ってしまうことで、態度が横柄になり最初の結婚生活よりも悲惨な暮らしになってしまう可能性があるので、注意が必要です。

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法

将来のことを話し合う

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法は、二人それぞれの将来のことを話し合うことです。

仮面夫婦や家庭内別居になっている状態というのは、お互いに相手に対していい格好をしようとしている場合が多くあります。

「嫌われたくない」「本当の自分を見せたくない」という自分隠し型や「相手はこう望んでいるはず」「言わなくてもわかる」という相手見込み型の夫婦は、相手の気持ちを推し量って決めるという特徴があるものです。

人間というのは言葉を持ってしまったからこそ、言葉によるコミュニケーションが非常に大事になります。

確かに夫婦として一緒に生きていると、何も言わなくても相手の気持ちが分かることもあるのは事実です。

しかし、長年そうやって空気を読んできたおかげで、自分の思い込みで判断してしまうこともあります。

本音をぶつけていないので、自分の思い込みで決めてしまっていることに気がつきません。

仮面夫婦だと感じるのであれば、どこかに違和感があるという証拠。

きちんとお互いどんな夫婦として一緒にいたいのか、将来どんな夫婦を目指すのかゆっくりと話し合ってみましょう。

本音をぶつける

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法は、本音をぶつけることです。

本音をぶつけることがなくなってしまった夫婦は、夫婦での意見交換をすることを恐れ始めてしまいます。

例えば食事ひとつとっても「本当は薄味が好きなんだけど、妻が濃い味にするのを言えない」と自分の要望を言えないまま我慢しているものです。

夫婦生活で本音をぶつけることをできないでいると、些細なすれ違いが心に大きな溝を作っていきます。

「本当はシャツを畳まずにハンガーにかけて欲しいのに言えない」「本当は帰ってきたら一番にお風呂に入って欲しいのに言えない」と「言うほどでもないか」と思ってしまうことで積み重なっている我慢は、離婚の原因ともなってしまう大きな要因です。

夫婦で意見をしてしまうことがケンカになると思い込んでいるため、本音を言えずにその我慢が積み重なり相手との距離感がわからなくなってしまいます。

元は他人である夫婦は、お互いに意見を出し合って解決策を見つけることが必要であり、それはケンカとは違うものだと理解するべきです。

本音をぶつけることで、ケンカをするのではなく意見をすり合わせるという意識で言い方にも気を付けて話し合いましょう。

スキンシップをとる

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法は、スキンシップをとることです。

心の距離が空いてしまっている夫婦は、スキンシップがなくなっている場合がほとんどだと言えます。

ただの他人に戻りつつある状態なので、触れ合うこと自体が不自然に感じてしまうことが特徴です。

他人以上夫婦未満の状態であることを認識し、「そういえば触れ合っていない」という事実を受け入れましょう。

夫婦の触れ合いとは、セックスはもちろんですがもっとライトなコミュニケーションでも十分です。

キスやハグ、手をつなぐ、それでもハードルが高いと思えば、呼び止めるときにトントンと腕を突く、「こっちきて」と服の袖を引っ張るなどの態度も十分触れ合いに入ります。

スキンシップを増やせば、自然と心の距離が近くなり「パートナーが喜ぶことをしてあげたい」という気持ちが再び呼び起こせるはずです。

仮面夫婦や家庭内別居の状態であれば、既に夫婦の形は単なる同居人でありお互いの考えや生活に干渉しないことが通常になっているので、その凝り固まってしまっている空気感を壊すことから始めましょう。

相手の好きなことを積極的にする

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法は、相手の好きなことを積極的にすることが挙げられます。

お互いの存在自体に興味を持たなくなってしまった夫婦は、相手が何を好きなのかさえも忘れてしまっていることも少なくありません。

「あの人って何が好きだったっけ?」と頭を悩ませるはずです。

まずはしっかりと昔のことを思い出しましょう。

「昔はドライブが好きだったけど、子供が出来てからドライブもしていないし、今は何が好きなのかな?」「恋人の時には二人でよくアウトドアに行っていたけど、結婚してから全然行かなくなった。もしかしてずっと我慢しているのかな?」と相手の行動の変化に興味を持つことからリスタートします。

休日の過ごし方を彼の好きなことをしようと提案することも復縁の第一歩です。

また、彼が好きな料理を心込めて作ることもひとつの方法。

「あなたが好きな○○作ってみたけど、まだ好きだった?」と確認して、二人で美味しい料理屋にデートへ行く約束をすることも、復縁するためには有効です。

「久しぶりにあなたの好きなことしよう」という一言がきっかけで、仮面夫婦だった二人の関係も動き始め、夫の気持ちも大きく動くに違いありません。

最近のパートナーについて研究する

仮面夫婦や家庭内別居状態の夫婦が復縁する方法は、最近のパートナーについて研究することです。

仮面夫婦や家庭内別居状態が長くなってくると、最近のパートナーの変化に気がつかないことも珍しいことではありません。

例えば、無精ひげを丁寧に手入れしてキープしていた夫が髭をすべて剃り落としても気がつかないものです。

女性が髪を切っても男性は気が付きにくいと言われますが、お互いに関心を持たなくなった夫婦は、お互いの変化に気がつかなくなっていきます。

嫁が少々太っても「前からそんなものじゃないか?」と気にも留めなかったり、夫が浮気をしていても「最近あんまり見かけない」と帰宅時間さえも知らなかったりするものです。

しかし、仮面夫婦を卒業しようと思うのであれば今現在の夫に興味を持ち、どんな人なのかを細かく研究することで打開するはず。

結婚当初の記憶に頼ることはやめて、今夫はどんな体型で、どんな表情をしていて、どんな服装をしているのか、じっと見つめて観察しましょう。

好きな映画は何か、好きな食べ物は何か、妻に何を求めているのか、細かく観察することで見えてくるものがあります。

今夫として在籍してくれている人に感謝して、研究してみることが復縁の第一歩です。

現在別居中や夫が単身赴任中の夫婦の復縁方法

月に一度は一緒の布団で寝る

現在別居中や夫が単身赴任中の夫婦の復縁方法は、月に一度は一緒の布団で寝ることです。

離れて暮らしている夫婦は、お互いの温もりを忘れてしまうことが原因で愛情が薄くなってしまったり、既に愛情がないと思い込んでしまっていたりすることも少なくありません。

夫婦という形になると、体の距離と心の距離は比例するものです。

愛情がなくなって別居をしていても、単身赴任で仕方なく離れているうちに心も離れてしまった夫婦でも、お互いの温もりを感じることで愛し合った日々を思い出し、夫婦としての存在感を募らせていきます。

離れて生活をしていると、日常に必要なものを取りに自宅に戻ったり、逆に送ったりするだけで、生活を干渉されずに穏やかな日々を過ごせているような気持ちになってしまうはずです。

しかし、夫婦として復縁するためには確かな愛情を確認する必要があります。

月に一度でも一緒の布団に入って、体を寄せ合い眠ることで「二人でベッドを使うと狭いな」「こんな風に体を寄せ合うなんていつぶりだろう」と結婚当初のことを思い出し、パートナーとして選んだ時のことを思い出すことで相手に対する思いやりも蘇るものなのです。

子供を交えてご飯を食べる機会を増やす

現在別居中や夫が単身赴任中の夫婦の復縁方法は、子供を交えてご飯を食べる機会を増やすことです。

心が離れてしまった夫婦というのは、いくら復縁をしようと思ってもなかなか会話が思い浮かばないもの。

「二人きりでも特に話すことがない」「子供のことしか話をしてこなかったから今更楽しい話題なんて見つけられない」と、夫婦だけで会話をすることを気まずいと感じています。

昔から子は鎹(かすがい)と言いますが、夫婦にとって子供の存在はいてくれるだけで空気を和ませてくれ、元々他人だった二人をつなぎ止めてくれるとても貴重な存在です。

子供が一緒にいてくれることで、普段の生活や最近の流行り、生活で困っていることはないか、とそれぞれが様々な視点で会話を続けていくことができます。

夫婦の復縁であれば、夫婦の愛情が一番だと思って二人きりの時間を増やすことばかりに目が行きがちですが、「一緒に過ごす時間が心地いい」と感じる瞬間をたくさん積み重ねることで、優しくなれたり思いやりを持てたりするのです。

夫婦としての復縁を目指すのであれば、まずは子供を交えて楽しく食事をする機会をたくさん作り、家族として成立していることを認識することを大切にしましょう。

週に3度はテレビ電話で会話する

現在別居中や夫が単身赴任中の夫婦の復縁方法は、週に3度はテレビ電話で会話することです。

離れていると、毎日一緒にいた頃とは全く違う夫婦の関係になっていきます。

それは、顔を見ていないから。

例えば失恋したとき、好きだった人を忘れようと思っても同じ教室にいるクラスメイトや同じ職場で働く人だった場合には、毎日顔を見ることになるためどうしても忘れることができずに苦しくなることもあるはずです。

それと同じように、顔を見ることで相手の存在を認識してすることで、どれだけ忘れようと思っても心の中にその人がいるスペースを作ってしまいます。

逆に学生時代に好きだった先輩に告白して、失恋してしまったけど卒業して会わなくなると次の恋愛に進みやすいという状況になった人も多いはず。

離れて暮らしている夫婦であっても、会わないままでいれば日常のささいな仕草や言葉も忘れてしまうけれど、相手の顔を見ることで表情や仕草で「好きだな」「こういうところ変わらないな」と再認識して愛情を確認することができます。

離れている夫婦が復縁するためには、まず顔を頻繁に見るためのテレビ電話がオススメなのです。

自分のことを責めるのをやめる

現在別居中や夫が単身赴任中の夫婦の復縁方法は、自分のことを責めるのをやめることから始めましょう。

別居や単身赴任となったことで、今までの夫婦生活を振り返り、自分のことを必要以上に責めてしまうことも珍しいことではありません。

「もっとコミュニケーションをとっていれば、こんなに連絡がなくなってしまうことはなかったのに」「もっとちゃんと向き合っていれば何を考えているのかきちんと知ることができたのに」と自分を責めることで、夫婦関係が悪くなったことを紐づけて、悪者を作ろうとします。

しかし、それではあなた自身が傷つくだけであり失った時間や相手の心を取り戻すことにはならないはずです。

また、夫婦である夫は自分のことを責め続けている間にも愛情がどんどんと冷めていってしまいます。

「今更何を言っているんだ」「悲しむくらいなら最初から思いやりを持ってくれよ」と妻の自己卑下の様子を横目で見ているものです。

自分自身を責めても、当時の二人には出来なかったことなので今更後悔しても仕方がありません。

今、離れて暮らしている夫と会話をするために何が必要か、未来に向かって意識を向けるだけでも、旦那は「なんだか未来が変わっていきそうだ」という感覚を持ってくれるに違いありません。

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法

期限を決めて成長することを約束する

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法は、期限を決めて成長することを約束することです。

既に法律的に夫婦でなくなる動きが進んでいるのであれば、今更小細工をしかけたところで簡単に覆ることはありません。

しかし、「やっぱりいつかは二人で人生を歩みたい」「今は離れることを選択したけど、本当は大切な人だと今も思ってる」と心の底から相手のことを嫌いになっていなくて、やり直すきっかけを探しているのであれば、一旦は離れる決意を固めましょう。

今離婚の話が上がっていたり、離婚が成立したりの時期なのであれば、お互いに反省するべき点や今後のことをゆっくり考える時間が必要です。

1年後や5年後と言った期限を決めて、お互いにしっかりと自立すること、人間として成長すること、悪いと思っている今までの生活を改めること、などを約束して距離を置き、離れている間は一生懸命に約束を果たすことに全力を尽くします。

離婚をすることが成長ではありません。

そこから何を学び、どう人生を動かしていくのか具体的に将来設計をするチャンスだと思ってしっかりと二人の未来に向き合いましょう。

悪いところも含めて相手を受け入れる

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法は、悪いところも含めて相手を受け入れることです。

離婚にまで発展した夫婦というのは、どうしても嫌な部分を受け入れられないからそういった結論になったはず。

しかし、復縁しようかという考えが少しでも浮かんでいるのであれば、元夫のいいところもしっかりと記憶に残っていることを意味します。

「こんなところは素敵なんだけど、どうしても○○の部分が許せない」「今まで大切にされなかったことが辛すぎる。私は一生懸命尽くしてきたのに、どうしてこんなことになったんだろう」と思うのは、相手の嫌な部分が目立ってしまっているからです。

しかし、夫婦というのは価値観が全く一緒で、何をしても全く同じことをする、同じ意見しかない、というカップルは存在しません。

もう一度やり直そうと思うのであれば、悪いところも「相手はこうなんだ」「そんな風に考える人もいる」と自分の中で「あの人の理解できない部分」という枠組みを作り、その中に入れて整理することで、受け入れることができるようになります。

受け入れられないことも「私にはわからないこと」として受け入れるという方法で、相手の全てを認めるのです。

怒りの原因を許す

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法は、怒りの原因を許すということがあります。

許すというのは、たった二文字の言葉ですがとても難しいと感じている人が多くいるものです。

子供の頃の喧嘩であれば、「ごめんなさい」「いいよ」で許し受け入れ、また一緒に遊び始めるという光景も見られるはず。

しかし、大人になるにつれて許すという行為がなかなか出来なくなってしまいます。

それはあなたの今まで生きてきた人生で生まれたプライドであり、あなたの人生観に相手を当てはめようとするエゴだとも言えることです。

例えば浮気をされたとすると、そんな簡単に許すことなんて難しいと誰もが思います。

しかし、一緒にいたいと思う愛情を持っているのはあなたであり、相手から見返りを求めている時点でエゴといえるのです。

夫婦として復縁するというのは、あなたのエゴを手放すことから始まります。

相手のわがままを全て受け入れるということではないので、気をつけましょう。

許すという行為があってから、次にではお互いに嫌な気持ちにならないためにはどうすればいいのかという話し合いに進むことができます。

怒りの感情を抱えたままでは、いつまでたっても復縁に向けての動きはできないのです。

離婚の原因となったことに対してルールを作る

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法は、離婚の原因となったことに対してルールを作るということです。

復縁することを視野に入れたとき、一番不安に思うことが「同じ失敗をしてしまわないか」というもの。

モラハラ夫に従い続ける日々、浮気をされていることに気がついているのに何も言わずに過ごした日々、女性として愛されないことを寂しいと言えなかった日々、ちょっとの違いに躓いているのにそれを我慢しつづけた日々など、離婚に至るにはたくさんの理由があるはずです。

しかし、「やっぱり一緒にいる方が落ち着く」「長年一緒に生活していたから離れるとなんだか変」と流れで復縁してしまうと、同じことの繰り返しになってしまいます。

離婚の原因に対して、きちんとルールを作り、お互いに無理のない生活を確保することが二人の新生活を支えることになるのです。

「我慢しないでいるために二週間に一回は本音を話し合う機会を作る」「気になることボードを作って何かあったら記入する」など夫婦として「言わなくても分かる」「言わなくてもわかってほしい」という気持ちをなくして、ルール化することが復縁のポイントとなります。

一人の時間を確保できるように距離感を配慮する

離婚調停中や離婚成立後の夫婦がやり直すための方法は、一人の時間を確保できるように距離感を配慮することです。

夫婦はずっと同じ空間で生活するからこそトラブルが起きたり、慣れや所有感で横柄な態度になってしまったりすることが起きてしまいます。

夫婦とは言え、他人が一緒に生活するということは、お互いに好き勝手していて調和が取れるものではありません。

だからこそ、一人になれる時間をきちんと確保し、家族の誰にも邪魔されない空間や時間に自分の好きなことを楽しむということで、精神的バランスをとりやすくなるものなのです。

ゆったりと読書をする、趣味の部屋を作る、夜0時以降はお互い一切干渉しない、など自分のパーソナルスペースを確保する環境やゆとりを持つ時間を確保することで、心も余裕を持つことが出来るようになります。

相手に対して不満を持ってしまう時というのは、心がゆとりをなくしている状態です。

笑顔になれるゆとりを持つことで、パートナーに対しても家族に対しても、自分自身に対しても優しくなり、復縁してもうまくいく夫婦になることができます。

夫婦の復縁は相手との距離感も大事

夫婦が復縁するために必要なのは、誰もが愛情を取り戻すことだと考えがちです。

しかし、長年連れ添ってきた夫婦の心が離れるということは、よほど長い間我慢してきたことや自分を偽ってきたことが積み重なった結果だと言えます。

夫婦といえども元は他人。

価値観の押し付けや「言わなくても分かってほしい」という気持ちは、心のすれ違いを生むだけです。

夫婦の復縁は、相手との距離感も大事だということを覚えておきましょう。

体が離れてしまっているなら心を近づける努力をすることで、夫婦としてのあり方に近づいていくことができますよ。

【期間限定・10月4日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG