不倫相手の子どもを妊娠したらどうする?不倫相手に妊娠を伝える前にやることや伝えるときの注意点

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

不倫相手の子どもを妊娠したら、これから先どうすればいいのか一気に目の前が真っ暗になってしまったような気がして、するべき事を教えてほしいと願っている人もいるものです。

秘めた恋愛だからこそ、どう伝えるべきかも迷いますし、相談相手にも困ってしまいます。

しっかり避妊していたはずなのに、不倫相手の子どもを妊娠した時について、詳しく解説していきますので、これからのあなたの道標となるはずです。

しっかりとリスクも踏まえた上で、やるべき事や伝える時の注意点まで分かりますから、あなたの納得できる答えを導き出しましょう。

目次

不倫相手の子を妊娠?!相手に伝える前にやること

本当に妊娠したのか確認する

配偶者がいる人とのお付き合いで、「妊娠したかもしれない」と不安になった時には、まず相手に伝える前に事実確認をする事です。

いくら避妊をしていても、生理が遅れたり体調がすぐれない日が続いたりすると、「いつもと違うぞ」「もし妊娠していたらどうすればいいの」と不安が先立って、すぐにカレに相談したくなります。

「もしかしたら妊娠したかも」「気が付いたら生理が2週間も来てないんだけど」と伝えたくなるのは、不安を共有したいからです。

一つの出来事に対して、同じように向き合ってもらいたいという気持ちがあるから、一刻も早く不安を聞いてもらって、相手の考えを聞きたいと考えます。

心のケアの部分ではカレの意見も大事ですし、これからの事を考えると絶対に確認しておきたい所ではありますが、何よりも事実と向き合うべきです。

妊娠検査薬でチェックするだけでもかなり本腰を入れて相談を伝えられます。

あなたの気持ちが固まっているのなら、確定事実として産婦人科で検査をしてもらった結果を持って話を伝えることがオススメです。

自分はどうしたいのか考える

妊娠かどうか不安になった時には、カレに伝える前にまず自分がどうしたいのかの気持ちを固めることが大事です。

お腹に命が宿っていると分かったとしても、この先どういう決断をしても全て自分の決断が重要になります。

もちろん一人だけで責任を負うという話ではありません。

男性側にも責任はありますし、一緒に考えるべき事案ではありますが、あなた自身の身体のことです。

産むにしても、中絶するにしても、あなたの心や体に負担がかかるのは必須。

逃げようと思っても、免れない現実がやってきているわけです。

出産を決意するなら、命を生み出すという責任や男性と一緒になれるかどうかわからなくても親になりたいか、母になるという未来を受け入れられるかなど。

中絶をするなら、身体を傷つけることになりますし、一つの命に終わりを告げるわけですから精神的に強くなる事が求められます。

どちらの決断も、男性のせいにして逃げられるモノではありませんから、あなたがどうしたいのかしっかりと考えをまとめた上で、伝え方を熟考する必要があるのです。

シングルマザーとして育てられるか考える

相手はパートナーがいる人ですから、最悪の場合一人で子育てをしなければいけない現実がやってくることを受け入れられるかを考えておくべきです。

赤ちゃんが出来たら、両親そろって子どもが大人になるまで責任を持って育てるのが親の務めではありますが、そもそものスタートが思い通りにならないことも想定していなければいけません。

二人は公に出来ない関係です。

いくら本気で愛し合っていても、現実が伴っていなければ、社会的に親となれないこともあります。

離婚をしてまでも相手が一緒になってくれるのかどうか、現段階でこちらが決める事は出来ませんし、行く末を待つことも出来ませんから、最悪の事態を想定して覚悟を決めておく必要があるのです。

シングルマザーになったとしても、一人で子育てをしていくと決断できるのか、自分の胸にしっかりと問いただしてみましょう。

産む場合は不倫相手の妻から慰謝料を請求されるのを覚悟する

不確定の状態で考えるのは怖いかもしれませんが、産むと決めた時には、不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されることも覚悟しておくべきです。

子供が出来たと確定した時点で、出産まではもうタイムリミットが切られています。

状況が整わないからと言って、赤ちゃんの成長を止める事は出来ませんし、「ちょっと待って」と出産を先延ばしにする事も不可能です。

リミットを切られた状態で、男性との未来を決めていこうとすると、どうしても不倫という関係性がバレてしまうリスクが高まります。

あなたの存在が、夫婦を破綻させたとなれば、慰謝料を請求される可能性は高いですし、奥さんや子どもの心を傷つけてしまう事実も自覚しておくべきです。

バレてしまう事、最悪の場合カレ自身もあなたとは一緒にいてくれないし、慰謝料を請求されて支払いながらシングルマザーとして育児をしなければいけない未来がやってくるかも知れないということも考えておきましょう。

悩んだら一人で抱え込まない

悩んで前に進めなくなってしまうなら、一人で抱え込まない事です。

自分の気持ちや希望する未来など、一人で考えておくべきことももちろんありますが、全て一人で抱え込まなければいけないというわけではありません。

あなたの身体のことですから、最終決定権は本人にありますが、何もかも抱え込んで、悩んで結論を見つけなければいけないとなると、精神的に参ってしまいます。

恋愛をしていたのも、子どもが出来る行為をしたのも一人ではありませんから、相手としっかり話し合う事は必要です。

方向性も決めないまま悩みや苦しみをぶつけるばかりでは、彼も現実から目を背けてしまいますが、二人の未来は一緒に考えていかなければ、道筋を作る事も難しいといえます。

一緒に悩むのではなく、どうするのがお互いが幸せになるのか、建設的な話し合いをするために、悩みを打ち明ける時間を設けるようにしましょう。

不倫相手に妊娠を伝えたときに必ず確認すること

出産に賛成してくれるか

話をした時には、出産に賛成してくれるのかどうか確認しておきましょう。

まだあなた自身が決めきれていなくても、もし出産をしたいと気持ちが固まった後に、相手が反対をしてきたら、心の整理が出来なくなります。

どんな選択をするかは分からなくても、産むと決めた時に彼はどう対応するのか、最初に確認しておきたいところです。

お腹に赤ちゃんがいると分かった時に、賛成してくれるとすれば、強い味方として本当に信頼するべきパートナーと考えられます。

賛成してくれるか、反対するかは簡単に決められる事ではありませんが、返事から相手の本気度が垣間見えますし、どれだけ大事にしてくれているのかが見えてくるものです。

あなたとの子どもを迎え入れる気があるのか、先の事は分からなくても命が芽生えた事を喜ぶ人なのか、人間力も問われます。

どちらの選択をするにしても、これからの関係を考える目安にもなりますので、相手の意見もしっかり耳を傾けましょう。

結婚する意志はあるのか

妊娠を一つのきっかけに、結婚をする意志があるのか確認できるチャンスです。

男の人にとって、自分の遺伝子を持つ子どもができるというのは、背筋が伸びる出来事。

現状や立場を無視して、嬉しいと思う人もいますし、生まれてくる子供が楽しみになって今まで考えたことが無い結婚に前向きになるケースもあります。

世間体を気にして、自分の立場を守るために子どもの存在を否定したり、逃げ出そうとしたりする人もいますから、どう受け止めるかは本当に価値観が分かるところです。

喜んでくれる場合には、結婚も視野に入れて考えてくれる可能性も広がりますし、すぐに離婚できなくても、将来的に共に生きる道を考えてくれるようになることもあります。

女性からすると、男性がどんな関わり方をしてくれるのかは、今後の生活に大きな影響があるものです。

結婚に対して、積極的に考えてくれるのか、最初から別の方法を探すべきなのか、確認しておきたいところですので、相手の意志をしっかり聞いてみましょう。

結婚してくれなくても認知はしてくれるのか

入籍するという未来が難しくても、認知してくれるかどうかで子供の将来に影響を及ぼしますので、確認しておきましょう。

子どもを認知するのは、男性の子として戸籍に名前が残る事です。

子どもの親の欄に名前が残りますので、今の家庭と別に女性が子どもの生活していても、いつか繋がりが明確になる事もあります。

将来的に大きく影響してくるのは、男性の身に何か起きた時の相続問題です。

子どもとして認知していれば、財産分与の対象として名前が上がります。

子供の成長に伴い、親の責任が問われることがあれば、連絡が入る事も考えられるはずです。

認知しなければ、その子にとって戸籍上は父親がいないことになります。

大きくなって「お父さんについて知りたい」と思っても、辿ることが出来ません。

子どもの未来を考えた時に、父親とのつながりがあった方がいいのか、戸籍上から片親で辛い思いをしないか、まで考えてみることも必要です。

結婚してくれなくても養育費を払ってくれるのか

子供を一人育てるには、とてもお金がかかります。

こちらの親子に対して、父親として家庭を構えて支えることが出来るのか、違う形でフォローをしてくれるつもりがあるのか、カレの今後の心積もりを確認しておかなければいけません。

最悪、結婚をしてくれないとしても、育児にかかる費用を出してくれるかどうか、で生活をしていける目途も変わってきます。

シングルマザーとして、仕事も育児も一人でこなしても、女性が限られた時間で働いて得られる収入は知れているものです。

フリーランスで上限なく稼ぐことが出来るキャリアウーマンであれば別ですが、パート勤めや短時間労働で時給で働いていれば、なかなかゆとりある生活をすることは難しいといえます。

一人の収入の中から、生活費と学費を共に賄おうと思うと、削らなければいけない部分が多くなってしまうはずです。

男性が養育費を払ってくれていれば、少しでも生活にゆとりが出てきますので、金銭的な動きは把握しておくべきだといえます。

中絶する場合の費用はどうするのか

産む事ばかりが正しいとは言えません。

中絶という道を選ぶ事も、場合によっては必要なケースもあります。

手術を受けるとなると、費用は誰が持つのかも確認しておきたいところです。

妊娠が分かったからと言って、全ての女性が「産みたい」という気持ちになるわけではありませんし、「怖い」「私には無理」と思うのも素直な気持ちですから、否定するべきではない感情と言えます。

中絶は、全身麻酔を使う手術です。

精神的に大きな負担となりますし、身体の面でもすぐに今まで通りという訳にもいきませんから、金銭的な不安は手放したい所。

費用も安くはありませんから、自分が負担するのか、カレが用意してくれるのか、折半にするのか、話し合っていきましょう。

身体の負担もあって金銭的にも全て負わなければいけないとなれば、過酷な現実を突きつける男性とは別れて正解と言えます。

不倫相手に妊娠を伝えるときの注意点

逃げられるかも?電話やLINEで先に報告しないで直接伝える

いざ話をする時には、電話やラインではなく、直接会って伝えるべきです。

結婚している男性にとって、彼女の妊娠は衝撃的な話題であり、手放しで喜べる人はすくないはず。

よほど子どもが欲しかった男性であれば、心から喜んでくれるかも知れませんが、ほとんどの場合、驚きとショックで固まってしまいます。

電話やラインで伝えると、その時には優しい言葉を伝えてくれても、急に音信不通になってしまう事も少なくありません。

最低限決めておきたい事を話したいですし、相手の反応を直接見たいというのが女性の本音ですから、顔を合わせた状態で話を伝えるべきです。

ショックを受けている姿を見るのも辛いですが、何かしらの言葉を返してくれますので、電話越しやラインの文面だけよりは、はるかに話し合いが前進します。

改めて会って話をしてくれる可能性も高まりますし、どちらの選択にしても協力体制を取ってくれるようになりやすいので、顔を見て伝えることが大事です。

妊娠したと冷静に伝える

あなた自身が感情的にならない事も意識しておくべきです。

冷静でいろと言う方が無理かも知れませんが、本人が取り乱しても、男性は何もしてあげることが出来ません。

こんな時の男の人は、本当に無力だと痛感しているはずです。

結局、外側からのサポートしかできないのが男性ですから、あなた自身がしっかりしておくことが、納得できる選択をするためには必要となります。

感情のままに怒りをぶつけたり、嘆き悲しんだりするのではなく、大きく深呼吸をして「妊娠をしたよ」と事実を端的に伝えるところから始めましょう。

あれこれ細かい所を話するのは、事実を伝えた後です。

最初から、「どうしよう」「あなたが悪いのよ」などとパニックの姿を見せても、相手の頭には言い訳ばかりが浮かんで、真剣に向き合ってくれなくなります。

冷静に事実を伝えるところから、「だったら、どうしよう」「どうしたい」と話を持っていく方が、建設的な話し合いに繋げられるのです。

自分がどうしたいのか素直に話す

彼の意見も大事ですが、あなたがどうしたいのか、素直に話すというのは最も大切にしたいところです。

あなたの身体に宿った命だからこそ、母体である自分の意志表示が本当に大事。

言われるがまま行動に移すことも可能ですが、自分の気持ちが寄り添っていなければ、記憶を整理しようと思っても後悔ばかりになってしまいます。

希望が叶うかどうかは別として、まずはあなた自身がどうしたいのかを素直に伝えましょう。

人は、言葉によるコミュニケーションに頼ってしまっているからこそ、裏側の心情を読み取ることが出来ない事も多々あります。

特に、浮気相手の妊娠という予想外の出来事は、既婚者の男性にとってはパニックに陥るほどのこと。

言葉の裏側を読み取ったり、本音の部分を察したりというのを期待するのは難しいといえます。

「産みたい」「育てる勇気はない」など、素直な気持ちをベースに、どうするべきかを考えていかなければ、後悔しても過去に戻る事は出来ませんから、納得する答えを出す事は出来ないはずです。

感情的にならない

冷静に事実を伝えるだけでなく、話し合いの最中はずっと冷静でいる事を意識しておきましょう。

感情的になると、受け取り側も余裕を持つことが出来なくなります。

情緒不安定な女性の声は、男性の神経を逆なでする事も少なくありません。

「どうすればいいの」「あなたのせいだよ」「私ばかりが辛い目に遭うの」と相手を責め立てても、答えの出せない悩みを感情的にぶつけても、男性は受け止めることが出来ず、むしろ冷静さを欠いたあなたのことを疎ましく感じてしまいます。

「話し合いはムリだ」と判断した時点から、逃げる事を考え始めたり、言い訳を並べ立てて連絡を絶ったりと、悪い方向に進むのです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

女性の甲高い声や早口でまくし立てるしゃべり方は、男性の神経を苛立たせ、心を離していく一方ですから、絆とは真逆の方向に進んでいきます。

出口を見つけるなら、感情的ではなく冷静に話し合いをする意識を持っていましょう。

養育費は口約束で終わらせない

シングルマザーになる事が決まったなら、養育費を払ってもらえるという話し合いを進められるはずです。

「ちゃんと将来の事を考えてくれて良かった」「結婚は出来なくても、サポートしてくれると思えば一人じゃないと感じられる」とウキウキしていても、口頭だけの約束で終わってはいけません。

子どもが生まれると、世の中に人間が一人増えるという事です。

最初はいい事ばかり言って、途中から音信不通になる等の未来になっては、困ってしまいます。

婚姻関係という縛りがないのなら、尚更養育の部分はしっかりと約束を固めておくべきです。

口約束だけではなく、公的文書に残して証人を立てておきます。

後から、本人がいくら主張しても、主観ばかりの意見では裁判でも取り合ってもらえませんから、誰から見ても正しくジャッジしてもらえるように、前準備が必要です。

好きな人を信用していないような行為に思えるとしても、自分と子供を守るためですから、母親としての最初の仕事として捉えましょう。

考える時間を取るのはあり!ただし中絶にはリミットが

今後どうするか、簡単に決められる事ではありませんから、しっかりと考える時間を取るというのは必要不可欠です。

早く結論を出した方が、悩みから解放されますが、目先の事ばかりに囚われてしまいがちですから、後から思い返して「やっぱりこの選択は間違っていたのではないか」と思い始めてしまうことも少なくありません。

何度振り返っても「これで良かったんだ」と思える答えにたどり着くまで、しっかりと向き合って決めることは、誠意であり、愛情そのものです。

一人で向き合う時間も必要ですし、父親であるカレとの話し合いも大事。

一度で決めなくても、何度も話し合いを重ねる事もあります。

ただし、中絶するという結論になった時に、タイムリミットを超えてしまっていると、実行することが出来ないのも事実。

真剣に向き合っていくことも愛情ですし、話し合いや悩みの回数制限はありませんから、いくらでも積み重ねればいいのですが、その間も赤ちゃんはお腹の中で成長しています。

中絶が可能なのは、妊娠から22週未満。

赤ちゃんが大きくなるほど、中絶する際の母体へのリスクが高まってしまいます。

リミットギリギリまで粘るのも一つの方法ですが、少し余裕を持って結論を出すように進めましょう。

報告せずに中絶・出産をしない

一人で勝手に物事を進めないと意識を持っておきましょう。

遊びのつもりだった相手や、本気でも一緒に離れないと最初から腹をくくっていた人だったりすると、自分の決意だけで進んでしまう人もいます。

自分の体の事ですから、いくら好きな人であっても相手の指示に従わなければいけないという事はありません。

あなたが決めた結論に従えばいいのですが、当の本人にはちゃんと事実を伝えておくべきです。

「私の問題だから、一人で解決させる」と話し合いもせずに決めて行動をしてしまうと、相手にとってはなかったことと同じ。

確実に命が芽生え、その後の進路を決めたのであれば、遺伝子を持つ父親にはちゃんと報告しておくことも大切です。

男性のサポートを一切受けるつもりがなくても、知らないところで物事が動いていると、後々トラブルが生まれる原因にもなりますし、気持ちのいいものではありません。

不倫相手の子どもを妊娠して不倫がバレた!慰謝料の相場は?

離婚した場合としない場合で差がある

離婚した場合と、そうではないケースとで、慰謝料の相場は変わります。

夫婦以外の異性が原因で、家庭が破綻したと判断された場合、慰謝料はより高額になるものです。

バレて修羅場を迎えたとしても、夫婦がこれからのお互いの在り方を見直すきっかけとなり、再構築するために再び手を取り合うと決めたのであれば、慰謝料を請求するとしても、結局やり直せているわけですから、精神的苦痛を与えた分だけということになります。

離婚してしまえば、妻や子供の生活を壊したことにもなりますし、トラウマを植え付けたとも同じですので、一層怒りが強くなり、高額請求される可能性が高まるところです。

一般的には、50万円から300万円と幅広く、離婚の有無だけでなく、浮気相手との関係性や証拠の揃い具合など、様々な情報が加味されます。1

離婚に至った原因や結婚期間も金額に影響する

慰謝料に関係するのは、既婚者の男性の家庭内のことについて、金額に反映されます。

慰謝料は、怒りのバロメーターだけではありません。

離婚に至った原因が不倫としても、いつの何がきっかけか、など細かく挙げるのです。

結婚して何年夫婦を継続してきたのかも加味されます。

例えば、結婚して30年の夫婦で奥さんはずっと専業主婦として家庭を守ってきたという場合、すぐに妻の経済的自立は難しいと判断されますし、長年尽くしてきた愛情を裏切られたという信頼の部分でも心に大きなトラウマを背負ってしまうのは明白です。

結婚して半年の出来事であれば、最初から浮気性の男性ということも考えられますし、家庭に子供がいなかったり、いても小さくて義両親のサポートを受けられる環境が整っていたりなど、離婚しても再スタートが可能な時期だと判断されれば、最低限の補償さえ支払えばいいという判断になることもあります。

不倫の証拠がそろっているとさらに慰謝料は上がる

不倫をしていたという証拠が上がるほど、慰謝料の金額は高くなります。

配偶者がいる人は、パートナー以外と不貞を働いてはいけません。

性的な関係になってはいけないと法律で明確に決められていますから、不倫をしているという告白だけよりも、証拠が揃っている方が「これが原因で夫婦は破綻した」と言いやすくなります。

原因が明確になるほど、打つ手としての慰謝料請求は上げやいので、妊娠がバレた時点から遡ってしっかり調べられるはずです。

性的な関係がなくても慰謝料が命じられるケースもありますが、彼女が妊娠している時点で二人の間でセックスが行われたのは明らかですから、免れる事は出来ない事実です。

一回のセックスで命中したということもありますが、当然他にどのくらい関係があったのかまで調べられます。

ホテルの領収書やクレジットカードの履歴などから、証拠が多数上がるほど慰謝料は高くなるのです。

精神的苦痛を立証できる診断書があると有利

慰謝料は、精神的な診断も加味されます。

妻の立場からすれば、浮気相手の妊娠は耐えがたい苦痛です。

自分の夫が、他所で子供を作っていると分かれば、これまで支えてきた生活は何だったのか、捧げてきた時間や愛情は無意味だったのか、妻としての価値の低さに虚しさを隠し切れません。

精神的苦痛を感じて病院にかけこみ、トラウマが出来てしまったことや傷ついた事を立証できる診断書が下されれば、慰謝料の金額は高くなります。

そもそも慰謝料は、精神的損害に対して命じられる賠償の事です。

加害者に対して刑事責任を問うものですから、罪の重さを実感させるための手段とも言えます。

「これだけの苦痛を受けました」と数値化する事で、心の状態を表現しているのです。

さらに精神科医が診断書という形で、心の苦痛を表現すれば、不倫が原因で大きく傷ついた証拠として扱われますので、明確なものに対して金額が上がるという結果が訪れます。

慰謝料を請求されるのは配偶者と不倫相手

慰謝料を請求されるのは、彼女だけではなく結婚しているカレ自身もです。

妻から金銭的要求をされ、「傷ついた」と数値でアピールされているわけですから、男性側もかなり精神的苦痛を感じます。

多くの場合、養育費もプラスされますので、支払いしなければいけない金額はかなりの多額になるはずです。

客観的証拠となりますので、何もないよりは奥さんに有利に物事が運びます。

妻が怒りを向ける相手は、浮気相手だけではなく夫に対しても同じです。

二人に対して慰謝料請求をしますので、離婚をして不倫相手と結婚したとしても金銭的余裕は生まれにくい状況と言えます。

育児をするためにもお金が必要ですし、男女ともに支払い義務がありますから、必死で工面しなければいけないところです。

婚外恋愛として身体の関係がないと主張したところで、同じ結果になる事もありますから、様々な末路について知りたい方はこちらを参考にしてください。

バレる原因やバレた時にするべき事など、さらに学べますから知識を増やしておきましょう。

婚外恋愛の末路ってどうなる?婚外恋愛がバレる原因とバレた時にするべきことを紹介

不倫相手の子どもを妊娠したことで結婚できてもうまくいかないことも?

常に不倫の不安がつきまとう

既婚者が離婚をして、二人が結婚というゴールにたどり着けたとしても、不安感がぬぐえずに上手くいかない事もあります。

不倫から始まった二人ですから、結婚生活を破綻させてでも恋愛を優先させたいと思う気持ちがあるのは否定できません。

赤ちゃんが出来たというきっかけがあったわけですが、また心を奪われる人が訪れるかも知れませんし、不倫に至ったきっかけが現実逃避などであれば、強い絆があるわけではないですから、破綻もしやすいと言えます。

常に不倫の脅威に震えていなければいけないと、育児をしながら生まれる不安も頼りたい時に夫に甘えられないという問題も出てきてしまうのです。

結婚してから結び始める絆は、案外アッサリと切れてしまう事もあると知っておきましょう。

二人の時間を充実させるといっても、すでに育児がスタートしますから、心の余裕もない状況ですので、ぶつかり合う事も多くなってしまいます。

不倫のときに感じていた刺激がなくなり冷める

刺激がなくなってしまうことで、男性に対しての愛情が冷めてしまうという不安もあります。

一般的な恋愛と違い、配偶者がいる人との恋は、刺激が沢山あるので、些細な出来事も特別に感じるものです。

「二人だけの秘密」「小さな約束が叶えられることが幸せ」と思っていた恋愛時代とは異なり、誰に罪悪感を抱くわけでもなく、堂々と夫と言えるようになる事で、物足りなさを感じ始めます。

刺激がなければ全て投げやりになってしまう人もいますから、結婚できたとしても「こんなことなら一緒にならなければよかった」と思う人もいるところです。

子供がいても関係なく、愛情を優先して「冷めたからもう一緒に居たくない」と思う人がいるのも現実。

刺激が無くなっても、新たな愛の形を築き上げることが出来るのか、しっかりと見極めておく必要があります。

恋愛が人生の全てだと感じている人は特に、不倫の時の刺激を手放しても愛し続けられるのかを考えておきましょう。

経済力がないとお金がなく苦労する

金銭的な部分は何度かご紹介をしていますが、あなた自身が経済力を持っておくことも大事です。

夫婦ともに、前の奥さんから慰謝料請求をされている場合には、月々の支払いがあるだけでなく、もちろん生活費も必要ですし、育児のための出費もありますし、成長していく我が子の教育資金も準備を進めなければいけません。

お金がない状況の人は、生活保護を受けて最低限の暮らしをすることも出来ますが、配偶者がいる場合には、難しいところです。

仕事を持っている状態であれば、いくら出費が多くても、生活保護はもらえないので、収入を上手に振り分けて支払いをしていきます。

社長や自営業者など、自分の努力次第で収入を上げることが出来る人は、まだどうにかやり方もありますが、一般的なサラリーマンであれば頑張っても月額の収入は同じです。

妻がパートに出ても、所得制限があったり、時間が限られていたりと、収入アップばかりのためにも動けないので、苦しい中でやりくりをする必要があります。

家族や友人に祝福してもらえない

元々が不倫というスタートですから、家族や友人など大切な人から祝福してもらえないという悲しい現実が待っています。

浮気相手が初婚であっても、状況が悪ければお祝いをしてもらえないのは変わりません。

周りに言わなくても、妊娠が分かってからバタバタしている状況やすぐに入籍できずに待つ期間があったりなど、見ていた人は察するものです。

家庭を壊したという事実と、人の夫を奪ったというレッテルが、後ろ指を指される原因となります。

身近な人達は、攻撃してくることはない代わりに、嘆き悲しむという言動が見られるはずです。

「あの人で本当に良かったのかな」「幸せになれるのだろうか」「どうして既婚者なんか好きになってしまったの」と本人が幸せだと感じていても関係なく、辛い恋愛をして略奪をしたというストーリーが出来上がります。

理解してくれているようで、一度思い込んだレッテルはなかなか覆る事はありませんから、数年の期間が過ぎても、「どうなるかと思った」「本当に後悔していないの」と蒸し返されることもあるところです。

職場にバレた場合は出世に響く

特に、男性に関係があるのが出世に影響する部分です。

離婚をして結婚を決めて、新たな人生をスタートさせると気持ちを整えていても、職場に現状がバレてしまうと、信用度が失われてしまいます。

仕事は信頼で成り立っていますから、約束を守れない人とは一緒に業務をしたくないというのが社会人としての本音です。

結婚する時に「幸せにする」「共に生きる」と約束した相手を裏切って、違う人と子供を作ってしまうという事をしてしまっているので、いくら言葉で取り繕っても「要注意人物」として見られてしまいます。

出世を狙っているなら、かなりのネックになるはずです。

上層部に高評価をしてもらえなければ出世は難しいので、実績や業務態度に加え、信頼面でのハードルを上げてしまったといえます。

不倫相手の子どもを妊娠したときは冷静になって!

生理が来ない、何となくこの前のセックスが怪しいと感じた、などハッとした時には、すぐにでも彼に相談を持ち掛けたいところです。

不倫相手の子どもを妊娠したと疑いがある時には、冷静に事実確認をするところから始めましょう。

あなた自身の心の整理、何を伝えるべきか、どんなところを考えておくか、こちらの記事に添って深呼吸しながら情報を整えていくべきです。

気持ちを明確にして、今後どうしていきたいか素直に伝えるところから、相手の本気度を見極めたり、リスクを整理して受け入れるための覚悟をしたり、一つづつ問題を解決していきましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG