カップル 別れ

修羅場で別れた元夫や復縁したい時のやり直し方と注意点・よりを戻せる可能性

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

「修羅場で別れた元カレや元夫に未練を感じている」「なんとかやり直す手立てはないか」と悩んでいるあなた。

悩みを解消させたいあなたに、元カレや元夫と修羅場になって別れてしまう別れの理由から修羅場で別れた彼や元カレの思っている事、元彼や元夫と復縁したいときのやり直し方、また復縁を要請する時の注意点を紹介します。

今のままでは修羅場からの復縁に困難さを感じ、なかなか思い通りにいくことはありません。

しかし、修羅場で別れた場合には正しい方法や考え方がありますので、その道に辿り着くように具体的に指南しますので参考にしてください。

あなたが幸せな笑顔で過ごせる毎日になるように上手く取り入れていきましょう。

目次

元彼や元夫と修羅場になってしまう別れの理由

「また怒ってるのか?」といつも感情的な怒りをぶつけてしまうから

女性 怒っている

元彼や元夫と修羅場になってしまう別れの理由は、「また怒ってるのか?」といつも感情的な怒りをぶつけてしまうからです。

感情的になっているということは、それは理性を失っているということ。

相手のことを考えたり思いやりを示したりすることができず、自分の想いばかりが前面に表れている証拠です。

これでは、自分の気持ちを相手に沿わせることが難しく、無用な言葉を発してしまいがちだと言えます。

「また怒っているの?」「また怒ってるんだ」という言葉は、相手の気持ちを逆なでするものだと、今のあなたなら分かるはずです。

喧嘩をしたり、不満を抱いている時には、その気持ちをどうにか内に秘めようとしたり、態度に表さないで穏便に済ませようとしたりしても、どうしても行動や言葉の端々に思いが出てしまうことがあります。

冷静でいれば、「相手は努力をしているんだ」「喧嘩をしないように頑張っているんだ」と思えますが、あなたに怒りがあれば、喧嘩に発展する可能性がある「怒ってる」という言葉を発してしまうのです。

冷静な口調がまた、相手に気持ちを逆なでし、修羅場を迎えることになります。

この修羅場からの別れは、お互いのどうしようもない感情的な態度が招いているということです。

「またその話?」と昔のことを何回も掘り返して責めてしまうから

カップル 不和

「またその話?」と昔のことを何回も掘り返して責めてしまうから、修羅場からの別れを招く理由となります。

特に女性に多い特徴だと言われていますが、最近の男性でも過去の話を持ち出し、喧嘩の内容を広げる人が少なくありません。

「またその話?」ということもあれば、「いつの話?」「そんなことあったって?」と記憶の彼方にしまってある昔に起こった出来事を掘り起こされてしまうこともあります。

喧嘩をしていれば、よくあること。

この場合の心理は、自分ばかりを責められたくないというものです。

今ここで起こっている喧嘩や修羅場では、自分の分が悪くなった時に、過去の出来事を持ち出すと、形勢逆転させられると感じます。

「だって、あの時はあなたがそうしたじゃない」「あの時にお前はこう言ったじゃないか」と責任転換をしようという心理が働くことを感じるので、話しの腰を折られたような気持ちになり、余計に苛立たしさが増すということ。

そうなれば、お互いにイライラした状態となり、「責められている」と感じると、「もう好きじゃないんだろう」「一緒にいても上手くいかない」と思い、別れへの言葉を発してしまいます。

「彼は私の為なら我慢してくれる」と彼のやさしさに甘えるから

リビング くつろぐ

元カレや元旦那に「彼は私の為なら我慢してくれる」と優しさに甘えるから、修羅場を迎えての破局となります。

この理由は明白です。

相手に我慢をさせていることを分かっていながら、自分の中にある「甘えたい」という気持ちを大事にしているから。

相手への愛情や思いやりよりも、自分の意思ややりたいこと、理想などをあの人に押し付けています。

恋愛には様々な形があると同時に、人にはそれぞれタイプがあるもの。

あなたとあの人も全く違う人間ですから、考え方だけ捉えても全てが同じというわけではありません。

また、恋愛はどちらかが我慢をしなければならない、歩み寄らなければならない場面は多々あるのも事実です。

しかし、その我慢や歩み寄りがどちらか一方ばかりでは、成り立つものはありません。

女性として甘えたい気持ちには、「彼は私の言うことを聞いてくれるから、それだけ愛されている」と感じさせる部分があり、女性としての愛されたい本能を満たします。

あなたはそれで満足かもしれませんが、相手の元カレや元旦那にとっては、不満が溜まっているのは考えれば分かるもの。

愛を感じたいがために、男性側に我慢ばかりさせていると、それだけで修羅場を迎える理由となります。

自分の考えに従わせようと一方的な意見で別れを告げてしまうから

息を吸い込む

元カレや元夫と修羅場になり別れとなる理由、それは自分の考えに従わせようと一方的な意見で別れを告げてしまうからです。

「自分が正しい」「理想の恋愛をするためには必要なこと」と感じているあなたの考えに従わせようとするだけでもNG行為。

もちろん、中には「そうだね」「きみのやり方でやってみよう」という内容のものはあるかもしれませんが、あの人にも自分の意思というものがあります。

男としてのプライドもあるもの。

どうしてもあなたの意見に従うことが出来ない時には、反論したり、状況によっては喧嘩に発展したりすることもあります。

その際、「だったら別れようよ」「そんなに私を否定するなら、付き合っていても意味がないから」などと元彼や元夫を破局という形で試そうとするのです。

その時には、感情的になっているので自分が駆け引きをしていることに気付いていないケースも珍しくありません。

しかし、深層心理の中には「別れるわけがない」「破局を提案すれば彼は折れてくれるはず」と思う気持ちを抱いていて、相手を試している状態です。

このようなことを何度も繰り返していれば、いずれ試されていることに男性側は気付きます。

試されていることを感じた男性は、裏切られたような切ない気持ちになり、一気に感情が爆発して修羅場を迎えるのです。

「これはできて当たり前な事」と旦那や彼に期待してしまうから

オフィス 男性

「これはできて当たり前な事」と旦那や彼に期待してしまうから、こちらも修羅場から別れを引き起こす原因です。

大好きな人、これからも一緒にいたい人に対する期待は誰もがするもので、責められるものではありません。

ただ、一緒に居過ぎて、相手のタイプや性格、生活などを無視し、あなたに都合の良い考え方において「できて当たり前」という考えを押し付けているケースが多々あります。

「自分が出来ているのだからあなたもできるよね?」「あの人もやっているんだから、あなたにできないはずがない」「できない言い訳ばかりしないで」なんて思ったこと、一度や二度はあるはずです。

しかし、この考えは男性にとって危険なもの。

まず、男性は一般的に人と比べられることを嫌います。

「当たり前のこと」という表現を嫌う人も多く、「自分は自分」というプライドを持っているのです。

あなたとしては何も疑いを持つことなく抱く感情ではありますが、夫や彼に対してこのような思いを表現してしまうと、修羅場を迎えての破局が待っていることを覚えておきましょう。

修羅場で別れた元彼や元旦那があなたに対して思っている事

これで怒られることもなくてストレスなく暮らせる

楽しそうな 男性

修羅場で別れた元彼や元旦那があなたに対して思っている事は、「これで怒られることもなくてストレスなく暮らせる」という気持ちです。

別れた直後は、寂しさを後悔、未練などは感じにくい状況。

まだまだ修羅場で抱えた感情的に自分のままです。

また、別れた際のあなたの印象は、修羅場中の姿ですから、怒りの姿。

あなたに言われて傷ついたこと、怒りを感じたことなどを、あなたの印象と共に思い出すことはあっても「やり直したい」「もう一度話し合いたい」とは思いません。

とにかく、修羅場を終わらせ、ホッと一息ついているのです。

まだ好意が残っていることがあれば、それに気付くのはもう少し後のこと。

冷静にあなたとの過去を振り返った時ですから、この時にあなたが「言い過ぎたな」「謝りたいな」と思ってもその願いが叶えられることはありません。

あなたとの接点がなくなったことにホッとしているのですから、ストレスを感じない毎日を楽なものだと感じています。

原因が彼の方にあったとしても、怒り狂われたり、罵られたりすればそこでストレスが生まれるのは当然です。

別れたことによって、何からも責められることのない毎日を満喫していると言っても過言ではありません。

これからは彼女を一番に考えなくてもいい事に安堵する

息を吸い込む

「これからは彼女を一番に考えなくてもいい」と安堵する気持ちを抱いている場合も少なくありません。

修羅場から別れを迎えた元カレや元旦那の気持ちは、これまでどれだけあなたのために行動を起こしていたのか、気持ちを悟っていたのかなどについて考えます。

「こんなにも尽くしたのに」「彼女のために俺なりに頑張ったのに」という思いの上での気持ちです。

それは、あなたには伝わらなかったということで諦めの境地となり、「彼女を一番に考えなくていいんだ」と思うようになります。

それは言い換えると、「自分のことを一番に考えてもいい」という思い。

あの人なりに、あなたの逆鱗に触れないように、出来るだけ幸せな気持ちで過ごしてもらえるように、愛し合えるように努力をしてきました。

それが、あなたと合わなくて、最終的には修羅場となり、別れを引き起こしたのです。

原因はあの人にあったとしても、修羅場となったことで、納得いかない気持ちにもなりがちです。

「そんなに怒らなくてもいいのに」「傷つく言葉を言わなくていいのに」という思い。

しかし、別れが決まったのならば、これからは自分のことだけを考え、やりたいようにやれる解放感を味わっています。

あなたを恨む気持ちを持つよりも、出来るだけ早く自分らしさを取り戻そうとしているのです。

「ダメ夫」として他の家庭と比べられることもない

女性の怒り

「ダメ夫」として他の家庭と比べられることもない、とも修羅場を迎えた離婚後の元旦那は感じています。

恋人関係の場合でも、「他のカップルと比べられなくて済むんだ」と思っているケースもよくあるもの。

上記にも記しましたが、男性は“誰か”や“何か”と比べられることを嫌う生き物です。

特に結婚してからは、「自分たちだけの家庭を築こう」という意思を持ち、何かに沿った生き方ではなく、自分たちらしい人生の中で幸せを導こうという心理を持っています。

「あそこのお家の旦那さんは、家事もすすんでやってくれて、子供の寝かしつけまでしてくれるんだって」「友達の旦那は、定時の仕事でお給料は平均以上のものをもらっているみたいよ」

元夫にとっては、ストレスであり、煽られているようにも感じる言葉。

あなたとしては、情報の一つであることもありますが、聞かされた本人としては「それを求めているわけ?」「俺じゃ不満?」という感情を溜め込みます。

人と比べられることを嫌う性質と共に不満を溜め込むことで、離婚が決まればホッと胸を撫で下ろす男性は少なくありません。

しばらく一人の時間を過ごしたい

のんびり 暮らす

修羅場を迎えて別れた元旦那や元カレの気持ちには、「しばらくは一人の時間を過ごしたい」というものも挙げられます。

修羅場が一瞬だったのか、数日、週数間続いたのか期間は関係なく、心身ともに疲れてしまうもの。

自分が感情的になること、かつ相手の感情も受けなければならないので、体力的なものと同時に精神的にも参ります。

今までにないくらいに、あなたのことや自分のこと、二人の将来について考えたはずです。

簡単に答えが出るものではないと同時に、感情が爆発しやすい状況で、疲れ果てて当然。

その結果が破局となったのですから、ホッとするやら気が抜けるやら、というのが正直な気持ちです。

これからしばらくは「一人で過ごしたい」「当分、恋愛はいらない」と感じています。

疲れ果てた身体と心を癒す時間として、一人きりで過ごし、少しずつでも回復したいと思っていますので、ソッとしていなければなりません。

あなたが冷静にすぐになれたとしても、男性は特になかなか感情を抑えきれないところもありますので、様子を見ながら再会や再接点を探してください。

あの人が気になる場合、何をするにしてもタイミングが重要です。

別れた直後は絶対に、一人の時間を与えなければまた修羅場を迎えてしまうくらいに敏感になっています。

修羅場で別れた元彼や元夫とよりを戻せる可能性

「今月ピンチで…」とお金の話ししかしない彼とは復縁の可能性は低い

お金のない男性

修羅場で別れた元彼や元夫とよりを戻せる可能性は、「今月ピンチで…」とお金の話しかしない相手ならば低いと言えます。

浮気や不倫などで修羅場を迎えるカップルや夫婦がいれば、お金の問題で縁が切れてしまう男女も相当数いるものです。

たとえ、修羅場の原因がお金でないとしても、別れた相手からお金の相談や借金の申し入れなどがある場合には、期待出来ません。

あなたとの薄くなってしまった縁を辿り、お金を無心したいだけ。

本当に愛している相手には、お金のない姿を見せたくない、相手のお金をあてにしたくないというのが男性心理です。

特に、金額の大きなものならば、あなたの存在を自分の中で大きく感じていないことが分かります。

一度きりのお金の話ならば、どうしても誰にも相談出来ずに、別れたばかりの元妻や元彼女を頼ったということもあり得ますが、二度三度と続くようならば、あの人からあなたへの愛情は皆無です。

あなたにまだある、何かしらの「情」に頼って近づき、助けてくれるかもという期待で接してくるだけ。

ここであの人を助けても、復縁をする可能性はほぼ0に近いので、心を鬼にしてお金の話題を遠ざけましょう。

友達経由で彼との連絡を取り始めたのなら可能性は50%

周囲の友人

友達経由で彼との連絡を取り始めたのなら、復縁の可能性は50%です。

これは、なかなか判断がつかないもので、あなたとしても困惑してしまいます。

別れてから連絡も取れない状況になるのは、修羅場から破局や離婚した二人ならよくあることです。

勢いでの別れへの決断によって、縁切りを意識した行動を取りやすい心境になります。

その中で、わざわざ共通の友達などに連絡先を聞いたり、仲介したりして連絡を取ってきた場合には、その理由によって復縁の可能性を読み取れるのです。

どうしても二人が連絡を取らなければならないこと、例えば「職場が同じで仕事に関わる話」や「貸し借りをしていて返したい、返してもらいたいものがある」などの場合。

これは、復縁の可能性があるというよりも、連絡をしなければならない状態となり仕方なく取っているケースの方が優勢です。

しかし、連絡をしてきて「何をしているの?」「最近どう?」などと、用件がはっきりした会話が繰り広げられるのならば、あの人はあなたとの接点を「もう一度持ちたい」と感じている証拠。

二人の縁を再び紡ぐために、まずは連絡を取り合える仲を築こうとしているので、復縁の可能性が高まります。

連絡があるだけでは、なかなか判断出来ませんので、その内容について吟味しましょう。

「元気にやっている?」とあなた自身のことを気遣う彼の言動があれば復縁の可能性高め

男性 電話

「元気になっている?」とあなた自身のことを気遣う彼の言動があれば、復縁の可能性に期待出来ます。

とても高いものであり、あなたとしてもその期待を肌で感じるはずです。

修羅場から別れた相手へは、最初の段階は怒りの気持ちが残っていたり、恨みのような思いを抱いていたりします。

しかし、時間が良い薬となり、気持ちの冷静さを取り戻す内に、あなたへの残った愛情や未練を感じると、復縁を意識した行動をし始めるもの。

修羅場では感情的になっているので、その場で抱いた気持ちが全てとなり、「もう嫌だ、別れたい」と思ったそれが本心だと思い込んでしまいます。

しかし、いざ離れてみると、あなたがあの人の伝えたことには思いやりがあるもの、二人の未来のために喧嘩までしたことなどに気付くのです。

すると、復縁への望みを強く持つようになり、あなたに連絡をし、「元気しているのか?」「体調を崩していないか?」「仕事を頑張り過ぎていないか?」など昔の優しさを感じさせる言葉をかけてきます。

そこには確かにあの人の愛情があり、あなたと「もう一度やり直したい」気持ちが込められているので、これからのあなたの行動次第で復縁に結び付けられるということです。

「俺たち何で別れたのかな」と未練の残る彼の言葉には復縁の可能性高め

仲睦まじいカップル

「俺たち何で別れたのかな」と未練の残る彼の言葉には復縁の可能性が高いと言えます。

修羅場で別れた元彼や元夫とのよりを戻せる可能性を知りたいのならば、ある程度会話が出来なければなりません。

ふとした言動の中で、僅かでも復縁の可能性を見つけることが出来れば、思い切った行動を取るタイミングだと分かるからです。

お互いに別れてから行う会話は、ある程度は冷静なものになっているはず。

その中で元カレや元夫が「俺たち何で別れたのかな」とボソッと呟く言葉を聞き逃してはいけません。

あなたに聞こえるように、またはあなたとの会話の中でふと湧いたあの人の疑問からは、後悔を感じさせます。

「なぜ?」と考えているということは、現状に納得していないからです。

修羅場を迎えて別れた場合、実際にはもっと奥底に原因があることもあり、目に見えるものや肌で感じるものが原因だと思っていると、別れた本当の原因を見失ってしまいます。

あの人はそんな心境。

本当に別れた理由を探すということは、原因を排除した時に復縁の可能性が生まれることを示唆しています。

別れた現状に満足しない、そしてあなたと過ごした過去に戻りたいと思っているのです。

一度別れて復縁するまでの期間はどのくらい?具体的な復縁までの道のり

修羅場で別れた元彼や元夫と復縁したい時のやり直し方

思いがけない出会いを演出して「こんな所で会うなんて偶然だね」と驚かせる

驚くカップル

修羅場で別れた元彼や元夫と復縁したい時のやり直し方は、あの人との思いがけない出会いを演出して「こんなところで会うなんて偶然だね」と驚かせることです。

それを何度か繰り返すと、復縁のきっかけを掴むことが出来ます。

偶然は続けば必然だと感じられること、たとえロマンチストではない男性だとしても、同じような偶然が何度も続けば「運命」について考えることも珍しくありません。

ただ、この偶然を作り出すことを難しいと感じる人がいるのも事実です。

しかし、幸運にもあなたが偶然のシチュエーションを作り出したい人は、あなたともともと縁があった元カレや元夫。

彼らの行動パターンを把握しているあなただからこそ出来る方法なのです。

会社と自宅を結ぶ駅を知っているあなた、プライベートに出没する場所を検討できるあなたは、積極的にかつ自然に偶然を演出することが出来ます。

実際に出会えた時には、「こんなところで会うなんて奇遇だね」「また会ったね」と一言二言、言葉を交わすだけで構いません。

それだけで、あの人はあなたとの縁について考え、復縁への考えに辿り着くことを期待出来ます。

「私たち、あの頃は若かったよね。全部あなたのせいにしてゴメン」と素直に謝る

謝る 女性

「私たち、あの頃は若かったよね。全部あなたのせいにしてゴメン」と素直に謝ること、これも元カレや元夫との復縁を望む際の方法です。

破局や離婚は、冷静に考えるとどちらかだけに原因があるわけではありません。

修羅場を起こした本人に責任があるように感情的になっている際には感じますが、よく考えるとあの人の行動に意味があることに気付きます。

「寂しかった」「孤独を感じた」「理想ではなかった」など。

修羅場を迎えて別れるカップルの多くは、お互いに感情的になり、罵り合うことで別れを引き寄せることも少なくありません。

売り言葉に買い言葉で、「じゃ、別れよう!」「そうだね!」と大事な未来を決めてしまうこともよくあるもの。

その中で「自分は悪くない」と思い込むことで、相手を責めてしまったことを後悔する女性もたくさんいます。

復縁したい場合には、自分にも非があったことを素直に謝ることは大事な一歩となるのです。

人は毎日成長します。

別れてから数ヶ月経っただけでも、多くのことを学び、大人になるものです。

「あの頃は若かった」という言葉には、「幼い自分でごめんね」という気持ちを込められますので、勇気を出して謝ることから距離を縮めましょう。

まずはなんでも相談し合える友達になる為に定期的に飲みに誘う

お酒を飲む

元彼や元夫と復縁してやり直したい時には、何でも相談し合える友達になる為に定期的に飲みに誘うのも有効な手段です。

復縁を望む際には、相手との縁を完全に切ってはいけません。

もちろん、冷却期間と言って、お互いに頭を冷やし、冷静に別れたことについて考える時間は必要です。

その中で、過去を振り返り、反省することで自然と「あの時の自分は間違っていた」「もう一度やり直せないだろうか」という気持ちを抱かせる場合も少なからずあります。

しかし、これだけでは復縁には結びつきません。

だからこそ縁を完全に切ってしまわないようにするためにも、定期的に飲みに誘うのは一つの手です。

元カノとして、元妻としてのあなたはあの人にとって、一番の理解者になれます。

ある程度の期間、付き合っていたり結婚生活を送ったりしていたわけですから、お互いに知り尽くした関係だと言っても過言ではありません。

友達を通り越して親友になれる可能性も秘めているのです。

お互いに気心知れる相手になり、お酒を飲んで本音を語り合えるようになれば、あくまでも男女としての性を持っているのですから、復縁を意識してもおかしくありません。

焦って元の関係に戻ろうとせず、まずは気軽に飲みにいける関係を目指しましょう。

「お義父さん、お義母さんは元気かな?」と家族の話をする

話をする

「お義父さん、お義母さんは元気かな?」と気に掛ける、心配する思いを持ってあの人の家族の話をするのも、復縁を引き寄せる方法です。

二人がやり直す方法として、元彼や元夫の家族を会話の中に取り入れましょう。

あなたにとって、義理の親でも、当たり前ですが彼にとっては大事な両親です。

なかなか、血の繋がった家族や親族以外の人から、自分の両親を気に掛けてもらえるような言葉を伝えられることはありません。

特に離婚した元夫婦の場合、一度は親族になった人たちですから、時折心配することは不思議なものでもなく、自然と会話に取り入れることが出来ます。

その際の相手の気持ちは、ただただ「嬉しい」という思い。

自分が大事にしている家族を心配してくれる、忘れないでいてくれるあなたの気持ちが嬉しいのです。

すると、あなたへの印象は修羅場を別れた時のものとは一気に変わります。

感情をむき出しにしたあなたの印象ではなく、心優しいあなたを思い浮かべることができ、忘れていた想いに触れるきっかけになるのです。

一度は愛し合った二人なのですから、きっかけさえあれば愛は復活すると信じて、あの人の心に寄り添えるような会話を心掛けましょう。

元彼に復縁したいと思わせるテクを大公開!やり直したくなる理由も解説します

気をつけないと再び修羅場に!復縁を要請する時の注意点

「好き!」「愛している!」といった一時的な感情の盛り上がりで復縁を迫ってはダメ

楽しむ カップル

元彼や元夫に復縁を要請する時の注意点は、「好き!」「愛している!」といった一時的な感情の盛り上がりを利用しないことです。

あなたの感情的な行動は、復縁に繋がることなく、再び修羅場を迎えてしまいますので注意しましょう。

理由は二つ。

一つは、その感情的な気持ちが本当のあなたの想いかどうかが分からないから。

「あなたが好き!」と気持ちのままに迫る際、別れたばかりの場合、「失って寂しい」「頼る男性のいなくて切ない」という気持ちに支配されている可能性があります。

あの人を心から求めているのではなく、あなた自身が一人になったことで復縁を求めているということ。

愛情のある熱意に押されて復縁をしてくれたとしても、また別れた際の原因を排除できずにまた同じことを繰り返す恐れがあります。

もう一つの理由は、感情的になっているあなたを元彼や元夫は「避けたい」と感じさせてしまうから。

別れの際に修羅場を迎えたとしても「別れる」と一度は決めた相手があなたです。

その相手から、唐突に「愛しているよ!」と伝えられても困惑するのが男性心理の性(さが)だと言えます。

追われると逃げたくなる、と言われるのはこの心理が関係しているのです。

「彼もやり直したい」って言ってくれているし「いいかな」では危険

雰囲気に流される

「彼もやり直したい」と言ってくれているし「いいかな」という考えでは復縁要請しても上手くいきませんし、最悪のケースでは修羅場が待ち構えています。

修羅場からの別れ事態がお互いに感情的になっていることで、あの人から復縁への意思を見せられることがあるのです。

その気持ちに感化される、実際に別れてから「やり直したい」と状況や環境からあなたが感じたとしても、あなたが本当はどうしたいのか、ということについて真剣に考えなければなりません。

相手の意思に流されてしまうと、復縁したとしても絶対に上手くいかないのです。

復縁は、復縁する際にお互いの意思が固いこと、将来のことまで見据えた考え方が出来ていなければ、すぐに破局を迎えてしまいます。

このような気持ちで復縁した場合、再び別れ、また同じ形での復縁を繰り返すことも少なくありません。

何度も修羅場を迎え、その度に学ぶことができず、二人の中では当たり前のような感覚さえ身につけることにもなります。

これでは、いつまで経っても本当の幸せを掴むことは出来ません。

あの人のことを本気で愛しているのか、あなた自身が彼の存在を求めているのか慎重な判断を下しましょう。

元旦那や元彼の別れた後の身辺調査を念入りにしておくこと

女性 調べる

復縁要請する際に修羅場を迎えないために注意して欲しいこと、それは元旦那や元彼の別れた後の身辺調査を念入りにするということ。

身辺調査と言っても、探偵などに高額な金額を支払う必要はありません。

今や情報社会ですから、元旦那や元彼のSNSを探ったり、共通の知人のSNSから情報を収集したりすることが出来ます。

最も復縁で避けたいのは、遊びの女になること。

元妻や元カノという存在は、男性にとってハードルの低い女性だとも言えます。

共に過ごす時間が長く、お互いのことを知りつくしていることもあり「今さら新鮮さを感じない」と思われてもおかしくないこと。

また、修羅場を迎えての別れですから、あの人の腹の内は分かりません。

別れる際のあなたの言動を根に持っているかもしれませんし、心を傷つけられ「一番の女」にはならないと思っているかもしれないのです。

身辺調査をするのは、元旦那や元彼に新しい女の存在がいないかどうかを調べなければならないから。

怪しいと感じる女性がいれば、復縁が果たせたと思っても、あなたはただの肉体関係だけの女だと認識されている恐れがあります。

言葉では良い事はいくらでも言えるもの。

実際に、ラブラブな恋人になれるのかどうか事前に調査しましょう。

自分の改善点を見つけられていない場合修羅場になることも

カップル喧嘩

自分の改善点を見つけられていない場合は修羅場を迎えることを認識しましょう。

元旦那や元彼に復縁要請する際には、様々な準備が必要です。

気持ちがあの人に真っすぐに向いているだけではいけません。

別れた原因を探り、あなたも交際していた時から変化をもたらす必要があります。

変わらないままで復縁要請しても、あの人はあなたを受け入れることは出来ませんし、復縁後の幸せな二人を想像することも出来ません。

別れる際の修羅場の原因があの人にあったとしても、あなたにも必ず人として女としての改善点を持ちあわせているはずです。

だからこそ、元旦那や元彼が謝罪をして終わる話ではなく、別れまで引き寄せてしまったことを理解しましょう。

「彼ともう一度やり直して、本当の幸せを掴むためには、自分に何が足りないのだろう」「どこを変えたらいいのだろう」と考えるべきです。

変わる意思があること、実際に変化を起こすために必要な行動を起こしていることをあの人に伝えてください。

何も変わらずに復縁がもし、出来たとしても、同じ修羅場を体験するか、それ以上の揉め事に繋げてしまいかねませんので、必ず注意しましょう。

元カレや元夫との関係をうまく立て直して二人の未来を築きましょう

ラブラブ カップル

元彼や元夫との関係を改善できれば繋がる未来があります。

修羅場を経験しても相手のことを愛おしく思えるあなたの愛は本物です。

昔の二人の悔いを今、立て直すことができれば元カレや元夫に「最高のパートナーだ」と思わせることができます。

お互いが離れ離れの状況にいる今だから分かる事もたくさんあるものです。

「あの時の彼はどんな気持ちだったのかな?」と改めて考える事で二人の心がバラバラになってしまった本当の理由にたどり着けます。

壊れた関係を立て直すことは簡単な事ではありません。

しかし、その苦難の先にある幸せはあなたに最大級の幸福をもたらしてくれる至極のものになり得ます。

行動を起こさなければ何も変わりません。

あなたが元カレや元夫との恋愛にもう一度真剣に向き合えば、お互いが刺激し合える関係に成長し、パワーアップした二人になれるのです。

そして、彼との出会いを大切に悔いのない人生を送りましょう。

カップル 別れ
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG