傷つきたくないから離れる人の特徴と心理||前に進むための対処法と考え方でもっと恋愛も人間関係もポジティブになれる

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

傷つきたくないから離れる人は、いつも不安や恐れを抱えて生きていて、どっと疲れを感じてしまう日もあるものです。

人間関係でも、恋愛でも相手の気持ちを考えすぎて行動している人というのは少なくありません。

傷つきたくないからつい離れる恋愛ばかりしてしまうという人の特徴や心理について、詳しくご紹介していますので、自分を変えたいと悩んでいる方は参考にしてください。

今までの行動パターンをやめた方がいい理由や、ついしてしまう人の特徴、「怖い」と思う根底の原因や立ち向かうための対処法まで、しっかり網羅していますので、一つ一つ照らし合わせて、乗り越えるための手立てにしましょう。

目次

傷つきたくないから離れるのはやめたほうがいい理由

切り抜けると同じ場面が来ても耐性ができる

傷つきたくないからと離れてしまうのを止めた方がいいのは、ちゃんと向き合って問題を切り抜けることが出来れば、精神的に耐性が出来て、もう壁ではなくなるというメリットがあるからです。

生きていると様々な事が困難な壁として立ちはだかります。

肉体的なモノから精神的なことまで、全てにおいて、最初に出くわしたときには壁と感じるはずです。

乗り越えて出来るようになったり達成したりすることで、経験値として積み重ねられ、似たようなケースや同じ場面でも平気になります。

人間の5大悩みの一つに挙げられるのが、人間関係です。

相手の気持ちが分からない、自分の想いが伝わらない、上手く付き合えない、関わると疲れてしまう、など様々な悩みがありますが、一度乗り越えると「このケースはもう平気」と思えるようになります。

乗り越えた後の予測が出来るため、最初の頃とは表情も違い、周りの人にも「大丈夫だよ」と余裕の対応が出来るようになるわけです。

逃げてしまえば、いつまでも未経験のままで、恐怖心はぬぐえませんので、最初の一回だと思って立ち向かう事が得策だと言えます。

同じ悩みを何度も繰り返してしまう

前項でお伝えした様に、経験した事は乗り越える理由になりますが、逃げてしまえば似たようなトラブルを何度も繰り返すことになります。

「回避さえしてしまえば、もう苦しむことはない」と思いがちですが、解決方法が分からないので、自然と同じ問題に立ち向かわなければいけない現実がやってくるのです。

「対処できない相手と関わりたくない」「好きな人に裏切られる前に自分から別れたい」「深く関わると離れるのが辛いから程々の距離感で友達付き合いをしておこう」など。

傷つくのが怖くて自分から人と距離を取ろうと思っても、人生は結局誰かと関わらなければ生きていけません。

友達や仕事関係、恋人など立場は違っても、人と関わることに変わりはないはずです。

過去に逃げ出した問題を乗り越えていないので、「こんな時はどうすればいいの」とまた同じ内容で悩みを抱えてしまいます。

恋愛では距離を置かれたほうも傷つく

恋愛においては、自分の心を守るためだけに離れたつもりでも、相手は貴方以上に傷ついています。

苦しくて、怖くて、どうしても今以上深く付き合うのが無理だと思っての判断だったとしても、結局は自分の事しか見えていない状態です。

相手は、全く離れるつもりが無かったり、もっと分かり合いたいと思っていたりしているのに、スーッといなくなってしまうあなたの姿を見て「寂しい」「ずっと一緒にいられると思っていたのに、裏切られた」と思ってしまうかも知れません。

自分が決めた事で恋人を傷つけていると想像できていれば、二人にとってベストな方法を探せたはずです。

話し合いが不足していることが顕著に表れていますし、視野が狭くなって思い込みが激しくなっている事も分かります。

恋愛は一人でするものではありませんから、ありのままに伝えて理解しあう姿勢が大事なのです。

「あの時こうしたら」とできなかったことを責めて後悔してしまう

傷つくことを恐れて離れても、いつかは後悔する未来が訪れてしまいます。

先の事は予測できないものだからこそ、間違った選択をしたり、後悔したりすることもありますが、傷つきたくないから離れるという行動は、自分を責めてしまう可能性が非常に高いものです。

問題から逃げた事で「あの事は出来なかった」という失敗体験として記憶に残ります。

成功体験は自己肯定感を高めてくれますが、失敗した事は自信を失わせ、自分への信頼も失ってしまう特徴があるわけです。

「あの時こうしていたら良かったのに」と「たら」「れば」話ばかりを繰り返し、変わらない現実を嘆きます。

後悔しても過去には戻れませんから、出来なかったことを出来た成功体験に変える事は出来ません。

自分を責めて、「どうせダメだ」と投げやりな考え方を植え付けてしまいます。

時間が経過しても悩んでしまう

一旦現実から目をそらしてしまうと、時間が経過してもいつまでも悩んでしまうというデメリットがあります。

その時には最善の選択だと思っていても、立ち向かっていないので、「果たして本当に良かったのか」「少しでもチャレンジするべきではなかったか」と不安と後悔がいつまで経っても頭を悩ませてしまうのです。

悩み事は、解決しない限りはずっと心の中に残ります。

スッキリするには、傷ついてでもその先を知ったほうがいいわけです。

過去に戻る事は出来ませんから、「あの時別の選択をしていたら、今頃は違ったのかな」と確かめようのない悩みを抱え続けます。

誰も答えを教えてくれるわけではありませんので、自分が不甲斐ないと感じてしまうところです。

現実と向き合う事が出来なかったことが、ずっと尾を引いてしまい、自信もなくなります。

逃げたからといってスッキリするわけではなく、悩みを長引かせるだけなのです。

相手に本心を伝えずに誤解させてしまう可能性が出てくる

相手に本心を伝えないことから、誤解を生み出す可能性が出てきます。

人間関係で悩んでいる時には、本心を言ってもいいのか、表面上上手くいく方がいいのか正解が分からないから、言葉を選んだり飲み込んだりして、上手くその場を切り抜けて終わらそうとしてしまう事があるはずです。

傷つきたくないという思惑があることから、本当の気持ちをぶつけることが怖く感じます。

結果的に、その場をうまく切り抜けるように装ったり、取り繕ったりして、本気で向き合うことなく終わらせると、いつまでも腹を割った会話が出来ません。

本心とは違う言葉ばかり使っていると、相手からは「何を考えているのか分からない」「何か企んでいるのかな」と余計な不安を煽ってしまい、誤解を生み出すところです。

あなたとしてはその人の事が大事だからこそ、「本当のことが言えない」と悩んでいても、向こうからすると「表面的な事しか言ってくれないから、嫌われている気がする」と傷ついてしまいます。

傷つきたくないから離れたくなる人の特徴

深入りして傷つきたくない

人付き合いを途中でやめてしまう人は、深入りして傷つきたくないという心理を常に持っている特徴があります。

人との関わりは、とても楽しいと感じる時もあれば、難しいと頭を悩ませてしまう場面もあるものです。

好きな人とだけ付き合っていたいけれど、社会に出るとそうもいきません。

苦手な人とも上手く付き合わなければいけないし、仲良くなっても何がきっかけで破綻するかも分からないのが現実です。

人はそれぞれ過去に傷ついた経験を持っていたり、こだわりをゆずれなくて周りとの調和を乱したりすることもあります。

「人と深くかかわると、いつか傷つくかもしれない」という不安を抱えていては、どうしても一歩踏み込んだ関係になるのは難しいものです。

遠慮がちになったり、心を開かなかったりして、上辺だけの付き合いになります。

表面上の付き合いはとても気が楽ですが、記憶に刻まれることも、心から「楽しい」と思う事もないため、後から振り返ってもどんな時期だったか思い出せないこともあるはずです。

人間関係が上手に構築できない過去があった

人間関係において、過去に辛い経験があった人は、距離感を重要視します。

あまり知らない人とはトラブルになる事は少なくても、心から分かり合える間柄になる事は難しいところです。

逆に、グッと距離を近づけて何でも隠し事なく話をして、悩み事も嬉しい事も打ち明けていると、親友や恋人など親しい間柄になる事が出来ます。

深い関係になると、傷つく出来事が起こる可能性も高まるのが世の摂理。

ひょんなことからケンカをしたり、「誰にも言わないで」と念押ししていた秘密をばらされたりというトラブルが起きたり、恋人との別れで傷ついて「二度と恋はしたくない」と思う等、人間関係が難しいと感じてトラウマになることもあります。

対人関係の失敗は、心に深く刻まれ、悲しい記憶と共に恐怖心を生み出すので、「誰とも深い付き合いをしたくない」というバリアを張ってしまうのです。

自分は愛されない存在だと思い込む

自己否定が強い人は、コミュニケーションを狭くしようと考える特徴があります。

なるべく他人と関わりたくないと考えてしまう人は、自分に対しての評価が低く「どうせ嫌われる」「誰かから認められる事はない」と、周りの人との距離を最初から近づけようとしません。

幼少期の親からの言葉や失敗経験の方が強く印象に残っているなどの体験から、自分に自信を持つことが出来ないのが原因です。

「愛されない」と根底で思い込んでいる人は、人を傷つける言葉を平気で言ったり、自らの存在を否定する行動をとったりします。

反抗期の子供のような態度でありながら、本当は「愛されたい」と願っているため、ベストな距離感を知りたくてもがき苦しむわけです。

心の奥底に眠っている愛されたい気持ちとは裏腹に、愛情を受け取る器がないため、人から優しくされるのが怖く感じて拒否してしまいます。

まだ起こっていないことに対しても極度の不安を感じる

極度の不安症や心配性の人も、人との関係性を怖がる傾向にあります。

人の顔色や態度に過敏な反応をしてしまうタイプです。

エネルギー的なところで言えば、エンパスがそれに当たりますし、現実的な症状としては、感覚過敏や聴覚過敏の人は、かなり周りに対して神経を昂らせていると言えます。

多くの人は、目の前の出来事に対してあれこれ対策をしようと考えますが、不安症や心配性の人は、まだ起きてもいない事を想像して絶望を感じてしまうのです。

「乗り越えられるわけがない」「こんな結末が待っているの決まっている」とネガティブな想像をしがちで、万が一ばかりを考えて不安感を余計に強く待ちます。

言い方を変えれば、想像力が豊かという事なので、長所でもあるのですが、頭の中の世界に支配されて苦しんでいる人は少なくないはずです。

少しの間やいつもと違う態度、ちょっとした視線の揺らぎにも敏感に反応して、「あの人は今、何か考えている」「言いにくい事が頭をよぎったのかもしれない」と思ってしまい、委縮してしまいます。

傷つきたくないから離れる人が「怖い」と思う原因

自分に自信がない

自分に自信を持てない人は、傷つくのが怖いと思いがちです。

既に、今まで十分傷ついてきたタイプの人だと言えます。

誰かと比べて劣っていると感じたり、誰かとトラブルになって「嫌われた」と傷ついた経験を多く持っていたり、劣等感を抱えてチャレンジできなくて苦しんだ事があるので、ふさぎ込みがちになってしまうのです。

自信がなければ成功するイメージもなかなか持つことが出来ずに、人と関わる際にはネガティブな想像が先行します。

「私が離れてしまえば、この人はきっとうまくいく」「関わらなければ、周りの人の邪魔になる事もない」と自分を卑下する考えばかりになっているのです。

周りに「大丈夫だよ」「そのままでいいよ」と言ってくれる人がいれば、心が癒されていくのですが、なかなかそこまで自信を持って声をかけることが出来る人も少ないのが現状と言えます。

親子関係の構築が出来ていないことでネガティブな人格形成をしている

人とのコミュニケーションに「怖い」と感じてしまうのは、幼少期のトラウマが原因となっている事もあります。

社会に出るまでは、親が衣食住の面倒を見てくれて、生かしてくれますが、狭い世界が全てだと思ってしまうこともデメリットとしてあるのは事実です。

親子関係の構築は、人格形成に大きな影響を与えます。

母親と自分だけが世界の全てだった幼少期に、「お前なんていなければよかった」と罵倒されたり、ネグレクトで無視されていたりすれば、自分の存在価値が分からなくなるのも当然です。

何故この世に生まれたのか分からず、希望を持つことも出来ないまま大きくなってしまうと、ネガティブな考えがベースとなってしまっている事にも気が付きません。

親からの愛情が不足していれば、誰かから愛を求めようと必死になります。

しかし、愛され方が分からないので、恐怖を感じてしまうわけです。

与えてくれる愛が正しいものかも判断できないので、騙されているような気分になったり、今までと違うことに違和感を抱いてしまったりすることが、恐怖の理由となります。

過去に人間関係や恋愛で大きな傷を負ったことがある

人間関係や恋愛をしてきた中で大きな傷を負った経験がある人は、瞬間的に恐怖を感じてしまいます。

金銭トラブルや裏切り、利用された等の経験は、なかなか癒える事のない傷として残ってしまうものです。

信用していた友達が影で悪口を言っていた、どうしても必要なお金だと聞かされて渡したのにギャンブルに使われていた、結婚しようと約束していたのに既婚者だったなどの経験は、「もう他の人と関わりたくない」と思うのに十分な体験と言えます。

頭の中では乗り越えたと思っていたり、カウンセリングで話して心は癒されたと信じていたりしても、いざ人との距離が近づいてくると「怖い」という気持ちが出てきてしまうところです。

「この人は大丈夫」という成功体験を積み重ねる他に解消する術はないと言っても過言ではありません。

出来事が起きて悲しい思いをした人もいれば、酷い事ばかり言っていた彼氏と付き合っていた経験があれば、トラウマとなっても仕方がないところです。

こちらの記事では、ひどいことを言う男性心理について詳しく解説しています。

イライラしている様子の裏側の心理を知れば、ただの傷ついた過去の見方が変わる事もあるはずです。

元カレの本音や傷付きやすい女性の特徴などから、過去の出来事を生産するための参考にしてみてくださいね。

ひどいことを言う男性心理を読み解く!わざと傷つける口が悪い彼氏や元彼の心理と上手に恋愛する方法

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

完璧主義で何でもできないと許せない

完璧主義なタイプの人もまた、人との関係性に恐怖を抱きやすいと言えます。

何でもサラリとやってしまえるすごい人。

一方で、人に任せる事の出来ない繊細さや臆病さも持ち合わせているとも言えます。

人間は、一人きりで生きられるほど強くはありません。

完璧主義な人は、強がりとも言えるタイプで、人に任せることが苦手です。

自分が全てやってしまった方が楽だし、思っていた展開と違えばイライラしてしまいます。

自分に対しても非常に厳しく、何でもこなせないと不甲斐なさを感じてしまうところです。

他人に対しても同じだけのレベルを求めてしまうため、最初から距離を取っていれば期待をせずに済むと考えます。

期待をしない分、喜びもないし感動もない世界。

自分だけが全てで、孤独な戦いをいつもしています。

深入りして相手に希望を持ってしまって、予想に反して何も得ることが出来なかったら、ものすごく怒りそうだし、ペースを乱されてイライラしてしまいそうだから、最初から避けておきたいと考えるのです。

共感覚の持ち主で人の感情に過敏になっている

共感覚の持ち主が故に、人の感情に対して過敏になってしまう人は恐怖心を抱きやすいはずです。

共感覚とは、先ほどの感覚過敏やエネルギーに敏感なタイプの人とは異なり、一つの刺激から別の感覚も一緒に感じる現象の事を指します。

目で見た視覚情報から味を感じたり、耳で聞こえた音から匂いまで拾えたりするので、常にたくさんの情報が入って来ていることになるわけです。

その人にとっては普通ですが、何かに集中しようと思っても情報量が多すぎると整理に時間がかかるのは仕方のない事だと言えます。

人との関係性を作る時に、相手の表情から文字が見えたり、会話から色を感じたりして、情報過多になるとお休みをしたくなるのも人の心理です。

関わる人は選びたいし、無条件に情報を投げ込んでくる相手と深入りして仲良くなるのは覚悟が必要となります。

傷つきたくないから離れる恋愛を繰り返してきた人が立ち向かうための対処方法

「傷つきたくない」気持ちを受け入れる

今の自分から脱却するためには「傷つくのが怖い」「不安になる」という気持ちをしっかり受け入れるところから始めましょう。

「私は大丈夫」「人間関係も上手くやっている」と思っているうちは、現実と向き合えていません。

実際には、人との距離を取ろうとしたり、深く関わらないようにしたりと、親しみを込めた友人や恋人を作っているわけではない自覚をもっているはずです。

「私は、傷つくことを恐れている」「一人になる事が怖い」と受け入れると、目の前の一人に向かって丁寧に接するようになります。

嫌われないようにご機嫌を取るのとは違い、しっかりコミュニケーションをとって、相手を知ろうとし、理解してもらえるよう努力していきましょう。

予想外のピンチを予防するためには、隠し事をしない事です。

「私はこういう人間だ」と分かってもらえるように、素直な態度が大事になります。

自分がどうしたいかを声に出して自問自答する

どうしたいのか、心の声をしっかり声に出して、自問自答を繰り返せば、人付き合いの難しさを解消する事が出来ます。

あなたの心の奥底で、どんな未来を求めているのか胚の声を出すべきです。

「一人ぼっちは嫌」「好きな人と関わりたい」と本気で思うなら、声に出して自分の耳で聞きましょう。

自分の言葉は、自身の耳が一番よく聞いています。

「大事な人と仲良くなりたい」「本音で付き合える人と出会いたい」と声に出しながら、どう行動すればそんな人に巡り合えるのかを考えましょう。

待っているだけでは現実は動きません。

信頼できる人と出会うには、たくさんの対話や価値観の擦り合わせという経験が必要です。

周りにいる人の事を知り、価値観をお互いに話しながら深めていくのがベスト。

自問自答の中には、未来の理想像が隠れています。

本音を見つけたら、しっかりとポジティブなイメージを膨らませましょう。

相手の気持ちよりも自分がどうしたいかを中心に考える癖をつける

自分がどうしたいのかを中心に考えるような癖をつけると、一歩づつでも確実に前に進めるようになります。

周りの人のペースに合わせていると、自分が何をしたいのか分からなくなりますし、意志のない人間になってしまうものです。

言われたことだけをやって、上辺だけの付き合いを繰り返していても、自分の本心をないがしろにしていては、生きている実感が持ちにくいと言えます。

合わせるばかりの人生ではなく、主体性を持って進むことが充実感や満足感を生み出す要因となるわけです。

相手の気持ちばかりを先回りして考えるのではなく、今この瞬間にあなたが何をしたいのかにフォーカスして、ベストな選択ばかりを繰り返していきます。

逃げる姿勢ではなく、必ず関わる人が出てきますし、乗り越えるべき壁にぶつかる時もあるはずです。

ベストな選択を自分がしているので、この時には逃げることなく立ち向かえます。

自分を責めない

恐怖心を克服するためには、自分を責めない事です。

誰かの顔色や空気感が怖いのではなく、自分を信じられないことが悲しいという心理が隠れています。

自信が無かったり、失敗経験が邪魔をしてチャレンジできなかったりと様々ですが、どんなことがあったとしても自分を責めてはいけません。

責めることは、否定している事にもなりますから、余計に悲しくなったり苦しくなったりしてしまいます。

会話をしていた時に余計な事を言ってしまったり、傷つけてしまったりしても「しまった」と落ち込んでいつまでもクヨクヨと立ち直れないよりも、「言ってしまったものは仕方がない、ちゃんと謝ろう」と気持ちを切り替えれば済む話です。

切り替えがうまくできるようになると、何が起こっても平気な精神に成長していきます。

過去を振り返るよりも、次にどうするかに目を向ければ、起きてしまったことを責めるのは時間の無駄だと気付くはずです。

人との会話を増やして不安を随時解消していく

傷つくことに不安感があって仲良くなれないなら、人との会話で随時引っ掛かりポイントを無くしていくことがお勧めです。

思っている事や考えている事は、言葉にしなければ誰にも伝わりません。

傷つけることもなければ、感動を生み出すこともないので、当たり障りのない関係が出来上がります。

自分の想いをアウトプットしない分、周りの人も心を開いてくれないので、不安は募るばかりです。

人と話をしている時には、貴方の心の中にある不安を解消するチャンスだと思いましょう。

「何でそんな風に思ったの?」「分からないから教えて欲しい」と勝手に思い込んで話の続きを埋めるのではなく、本人に確認する事が出来ます。

不安をその都度解消していれば、相手の本質が見えてきますし、宿題にして持ち帰らないスタンスが人気になり、多くの笑顔に囲まれる日が来るかもしれません。

良い格好をしようとせずに、分からない事はすぐにその場で聞く習慣をつけ、一から関係を構築していくことに集中しましょう。

他人は変わらないと思う

他人は変わらないものだと割り切るのもまた、変化していく対処法です。

大抵の場合、外側に目を向けて不満を抱く人ばかり。

「こうしてくれたらいいのに」「あの人がダメだから上手くいかない」など、変えようもない現実として受け止めているから、全ての事が不満に感じて、逃れられない現実だと嘆いてしまいます。

周りに目を向けるのではなく、自分自身に目を向けると周りの見え方も、感じ方もやってくる現象も全てが変わってくるのです。

信じることが怖かったり、頼る事が出来なかったりしても、己が変容すれば全て解決できます。

人と接するのが怖いと受け止めるのではなく、自分がどうしたいか、何をするために誰と関われば早いか考えて、前に進むための原動力として対人関係を受け止めることです。

怖いと思っていた接触も、やりたい事のためのステップの一つだと感じられ、ウキウキしていきます。

自分が変われば、周りも「協力してあげたい」「応援したい」と変化してくるので、好きな人ばかりが集まるようになるわけです。

現実で起きていないことに不安がらない

現実で起きている事ばかりに捉われず、不安にならない事も対処法としてあげられます。

今の環境や状況、起きている出来事や目の前にいる人は全て、今までやってきたことの結果にすぎません。

辛い現実でも、「関わるのが怖い」「人を信じられない」と思っていたからそんな現象になっているだけで、目の前を通過してしまえばただの過去です。

乗り越えようと一生懸命向き合わなくても、これからの事を考えて「種まきをしよう」と行動すれば、ただの準備段階にしかすぎませんし、辛いとも思わなくなります。

出来事に良いも悪いもなく、あなたの捉え方がプラスかマイナスかに傾いているだけです。

左右されて人生を棒に振るよりも、「この人と関われば良い未来につながる」と考えてポジティブな会話を積極的にすれば、いかに一緒にいる事を有益にするかコントロールできるようになります。

「傷つきたくないから離れる」を辞めて自分を前向きにする方法

丁寧な生活を始める

前向きな人生をスタートさせるためには、丁寧な生活を始めましょう。

丁寧な暮らしは、日本人の得意分野でもあります。

時間に追われ、やるべき事にはやし立てられ、じっくりと自分に向き合うことをやめてしまったから、本当の願いや人付き合いの奥深さを楽しめないのです。

ゆっくりした動きや所作、姿勢、言葉遣いなど、全てにおいて意識を向けていきます。

自分のためにゆっくり丁寧にお茶を入れる、お風呂に入ったら体を隅々まできれいに洗う、大切に育てられた野菜を使って大好きな料理を作る、朝日を浴びて深呼吸をする、挨拶をゆっくり伝える、お礼や感謝をしっかり表現する、お辞儀をする、両手を使う、など。

何かをしながら別の作業をやることに慣れている現代の私たちにとって、丁寧な暮らしはとてももどかしく感じるかも知れません。

しっかり向き合う事で、自分との対話が確立され、肯定感も高まります。

自分自身を大切にすることを意識して過ごす

自分を大切にする意識をしっかりと持つことで、これからの生き方は変わってきます。

近年、ブームの様に自己啓発の分野で言われている事ではありますが、具体的に何をするのか分かっていない人がほとんどです。

自分自身を他人だと思って客観視した時、「大丈夫?」「無理しなくていいよ」と言えることがどれだけ出てくるか探してみましょう。

睡眠時間を削って仕事をしている、嫌な事でも笑顔で引き受けている、休みを返上して人の為ばかりに動いている、趣味の時間がない、などは全て自分を蔑ろにしている行為です。

当たり前のようにやってしまっている人がほとんどですが、この世の中にやらなければいけない事は何一つありません。

全ては、あなたが「やらないといけない」と思い込んでいるだけか、誰かに言われて洗脳されているだけです。

心が喜ぶ事を選択する自由は平等に与えられています。

ウキウキする事か、ワクワクする事か、全ての基準をそこに合わせることで自分を大切にする意識を持てるようになるはずです。

日頃の頑張りを自分が認める

これからの自分を楽しみたいと思っている時に、まずやるべき事は頑張っている事をまずは認める事です。

先ほども述べたように、普段こなしている仕事や雑用などは、全てあなた自身が「やらないといけない」と思っているだけのこと。

それでも、社会の枠組みに合わせるために、一生懸命頑張ってきたのは確かです。

今までやってきたことは全て無駄ではありません。

むしろ、思い込みだろうと洗脳だろうと、やってきたことに変わりはないのですから、あなたは十分頑張ってきたことの証拠になります。

毎日気を張ってきたものを、声に出したり自分を抱きしめたりしてしっかりと認め、受け入れましょう。

現状を受け入れるところから、変化は始まります。

経験してきたことは全部、これからの人生で必ず役に立つはずです。

「頑張ってきてよかった」と先に喜んでおくと、経験を活かせる出来事がやってきます。

心の安全基地を持つ

前向きになる為には、心の安全基地となる場所や人を持つことが大事です。

安心できる場所が、どのくらいあるのか振り返ってみます。

子供の頃は、家の中が安心できたり、親友の隣にいる時だけ自分らしくあれたりと何かしら居場所を探して見つけていたはずです。

家族も友達も信用出来ない、傷つくことが怖いと幼少期から思っていたとしても、押し入れの中や布団の中、公園の遊具など、どこか一人になれる場所や心配して声を掛けに来てくれる人がやってくる所があります。

大人になると、本当は弱いのに一人で生きていこうとする人がほとんどです。

強がって、いつも戦闘態勢。

弱音を吐いたら負けと思っているから、誰の前でも笑顔でいるという人もいます。

本当は、弱い自分がいてもいいのです。

悲しい時に受け入れてくれる人がいたり、一人で自分を慰められる場所があったりするだけで、安心してありのままであることに許可を出せます。

話を聞いてくれる人や、サポートしてくれる人が誰か、思い浮かべてみましょう。

「傷ついてもいい」の覚悟も持つ

生き方やメンタルを変えるには、「傷ついてもいい」と信念ともいえる覚悟を持つことです。

傷一つ付けることなく生きていく人生はありません。

今までのらりくらりと傷を負う事を避けてきたとしても、どこかで大きな壁にぶつかり、見つめなおさざるを得ない時があったはずです。

不安に感じたり、傷つきたくない気持ちと向き合ったりしているから、この記事に出会ったとも言えます。

乗り越えられない壁はやってこないのです。

目の前に起こる出来事は、必ず乗り越えることが出来るし、見えない景色のその先に、新しい自分との出会いが待っています。

傷つくときは気付く時です。

人を通して学び、成長や発展があるからこそ感謝が生まれ、愛情で返そうと思う循環が生まれます。

あなたの気付きからプラスの波動の循環をスタートさせるつもりで、これから全ての出来事を成長の糧だと捉えましょう。

傷つきたくないから離れるのは解決にはならない!ポジティブ思考がポイントに

友達関係、仕事の同僚や上司、地域のコミュニティ、恋人同士など、様々な場面で人との関わりは訪れますし、避けようのない現実として立ちはだかります。

傷つきたくないから離れる事を選択してきた人にとっては、「めんどくさい」の一言で終わる事かもしれませんが、目をそらせば何度も同じことで悩むことがやってくるはずです。

傷つくという大前提があることで、ネガティブな発想をずっと持っている事になります。

ポジティブ思考を取り入れ、人との関係性を楽しめるように捉えれば、自己成長にも繋がりますし、喜びが生まれますので、チャレンジしてみましょう。

【期間限定】あなたの誕生日で分かる成功への最短距離、知らないともったいないかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで幸せへの一歩を踏み出したあなたのために、誕生日を元に詳しい運命を導き出す『大人の誕生日占い』をお届けします。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、幸運を開花させる方法、反対に避けたほうがいい危険な道など全てが明らかになります。

さらに大人ならではの複雑な恋愛や人間関係の悩みまでも解決に導き、願望成就に向けて全力でサポートしてくれます。

最大2000文字にもおよぶボリュームの精密なメール診断を読めば、成功への最短距離がはっきり分かりますよ。

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG