ひどいことを言う男性心理を読み解く!わざと傷つける口が悪い彼氏や元彼の心理と上手に恋愛する方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年下半期の運気の流れなどを今すぐお届けします。

恋人同士で過ごす時間は甘くて優しい時間を楽しみたいと思いっている女性は多いはずです。

しかし、中には「なんでそんなことを言うの?」「そんなひどいことを言う意味がわからない!」と恋人や元彼からひどい言葉を浴びせられ、心が傷ついてしまうこともあります。

思ってもいないはずなのにわざと彼女や元カノを傷つけてしまうのは、複雑な男性心理が働いていることを知ると、相手の言葉にいちいち傷ついて悲しくなってしまう必要もなくなるものです。

ひどいことを言う男性を好きな気持ちから距離を置くコツやそんな男性と上手に恋愛する方法、復縁する時の注意点などまとめてご紹介しましょう。

彼の言葉の裏に、どんな気持ちが隠されているのか、どう対応していいのか、彼の言葉に振り回されずに楽しく過ごすにはどうすればいいのか、言葉に惑わされずにあなたが望む時間を過ごすことができるようになりますよ。

目次

男性が相手につい酷いことを言う瞬間

「ネガティブな言葉にイライラ…」もっと幸せになってもらいたい

男性が相手につい酷いことを言う瞬間には、「ネガティブな言葉にイライラ…」というあなたの言葉自体に反応して、もっと彼女に幸せになってもらいたいと願っている気持ちが表れたときがあります。

彼があなたのことを大切だと思っているからこそ、恋人であるあなたのネガティブな発言に対して「おまえはそんなダメな奴じゃないよ」「君のことを好きな俺の立場がなくなるだろ」と考え方を改めて欲しいと願っているのです。

「私なんかどうせ何をやってもダメ」「幸せになる権利なんかない」など、恋人がいながら自分のことに自信を持てずにいる女性は、ネガティブな発言を繰り返してしまう傾向にあります。

しかし、そんなあなたのことを好きだと思っている彼にとって、その発言は全て腑に落ちないものであり、いくら本人とはいえ自分が好きな彼女を冒涜する言葉を発する行為が許せません。

言葉が苦手な男性はそんなモヤモヤした気持ちを「そんなんだからお前はダメなんだ」「幸せになりたくないならならなくていい」とあなたの言葉に便乗する形で酷いことを言ってしまいます。

「自分で限界を決めるな!」もっと出来る能力があるはず!

男性が相手につい酷いことを言う瞬間には、「自分で限界を決めるな!」と怒りの感情が湧いてくるほど、あなたにはもっと出来る能力があるはずと評価をしている時に叱咤激励をしているときがあります。

常に前向きに向上心を持って、なんでもチャレンジする人というのは実はごくわずか。

多くの人は自分の限界を自分自身で決めてしまい、「このくらい出来たらマル」「今日はここまでにしておこう」と自分が心地いいと感じるところで挑戦をやめてしまうことがほとんどです。

しかし、一緒に過ごしている彼からするとあなたの能力はそんなものではなく、「もっと出来る」と思っているし、「自分の可能性を信じて欲しい」と願っています。

恋愛をしていると好きな人のことを考えて安全圏を選択する、という場合も少なくないため、遠距離恋愛になりそうな時自分の夢を諦めて「一緒についていく」と言ったり、新しい資格取得の勉強をしたいはずなのに、「彼氏と会う時間がなくなるからやめておこう」と挑戦することをやめてしまったりすることで、彼は自分の存在があなたの成長を妨げてしまっていると感じ、腹を立ててしまうのです。

自分の発する言葉を深く考えていない

男性が相手につい酷いことを言う瞬間には、彼自身が自分の発する言葉を深く考えていないため、発言したことで相手が傷ついているという感覚を全く予想していないという場合があります。

彼が言った言葉で「心から傷ついた」と涙を流したとしても、彼自身酷いことを言った記憶がないので、彼女が何故泣いているのかわかりません。

「俺なんか言った?」「なんかあった?」と無神経に問いただす姿に余計悲しみを覚えてしまいます。

「おまえバカだよな」「ぶさいくだな」「デブだからダイエットしたら?」と軽々しく言ってしまう言葉でも、本気でどうにかして欲しいと思っているわけではなく、あなたとコミュニケーションを取るための手段として軽口を叩くという方法をとってしまうため、その言葉のせいで相手が傷つくとは全く予想していないのです。

むしろ、軽口を言うことでボディタッチするきっかけにしたり、「他の男に好かれるはずがないんだからずっと俺の彼女でいろよ」と愛情表現のつもりで言葉にしていたりと、本音を伝えきれていないことに気がついていません。

嫌なことを思い出している瞬間

男性が相手につい酷いことを言う瞬間には、彼が頭の中で嫌なことを思い出している瞬間だという場合があるのです。

あなたと過ごしている時、何気なく通りかかった通行人の会話が仕事のストレスのことだったとき、彼の脳裏にふっと仕事であった嫌なことを思い出してしまい、イライラして「偉そうにしやがって」「イラつかせんな」と言葉に出してしまうことがあります。

しかし、男の人は一緒にいる人の気持ちを考えて細やかにフォローする、という行為が苦手です。

そのため、彼の頭の中では仕事であった嫌なことで埋め尽くされていても、その言葉によってあなたが「私のことを言ったの?」と勘違いをしてショックを受けているとは考えません。

彼としてはあなたに対して発した言葉ではないので、独り言として処理しています。

今、あなたとの会話の中で、過去に他の人から自己否定された言葉を思い出してフラッシュバックを起こしており「俺の何がわかるんだ」「俺と一緒に痛くないなら別れろよ」など、あなたとの関係そのものを指し示している言葉ではないことを口走っているのです。

もともと自分が嫌だと感じることがたくさんある

男性が相手につい酷いことを言う瞬間には、彼の沸点が非常に低く、もともと自分が嫌だと感じることがたくさんある時です。

いわゆる「器の小さい男」というやつで、人のことばかりが気になり、プライドが高い人に多い傾向があります。

「あいつは食べ方が汚い」「あいつは金がない」「おまえは何もできないくせに偉そうに歯向かうな」など、自分の周りの全てに文句を言わなければ、自分が幸せな状況にあるということを認識することが難しい人です。

幸福度が低く、自分が一番でないと満足できないので、なんでも文句を言って、人を傷つけることで優位に立とうとします。

「おまえは俺がいないといけないんだから黙れ」「お前みたいなやつ俺以外に相手する奴なんかいない」と威圧的な態度をとることで、あなたのことを従わせようとしているのです。

何にでもすぐ腹がたってしまう器の小さい男は、自分の見方がいなければ不安になります。

恋愛中の彼女や一度は好きだと言ってくれた元カノなら、自分の味方になってくれると思っているので強気でいられるのです。

常にイライラしているので、酷いことを言うだけでなく、トラブルも尽きない人だと言えます。

心理学で読み解く!口が悪い彼氏や元彼の本音

トラウマが原因!生まれ育った環境で酷いことを言われ続けてきた

口が悪い彼氏や元彼の本音を心理学で読み解くと、トラウマが原因で生まれ育った環境で彼自身が酷いことを言われ続けてきたという過去を垣間見ることができます。

口が悪い彼氏や元彼は、母親の口がその男以上に悪いということも珍しくありません。

「お前なんか産まなきゃよかった」「早く死ねよ」「クズ」「どっか行け」と言われ続けて育った子供は、人に対して使う言葉を選ばないものです。

イライラする、不安、悲しい、怒り、といった心に沸き上がってくる感情を、ただ聞き覚えのある言葉を並べて吐き出したいだけ、という状況になっています。

解き放った言葉は意味を持たず、ただの感情の吐き出し方法としてひどい言葉が存在しているだけです。

愛情の伝え方がわからず、人との距離感がわからないので、自分の感情をどんな言葉で表現すればいいのかわからないというジレンマを抱えています。

そのため、ひどい言葉を言ったことであなたが傷ついている姿を見て「悲しませてしまった」「どんな風に気持ちの整理をつけていいのかわからない」と後悔していることもたたあるのです。

コンプレックスが原因!自分に従って欲しい

口が悪い彼氏や元彼の本音を心理学で読み解くと、コンプレックスが原因で、自分に自信がないために「彼女には自分の言うことに従って欲しい」という願望を持っていることがわかります。

自分自身にコンプレックスを持っている男の人は、誰かが味方になってくれないと自信を持つことができません。

自分に歯向かう人が許せない、という人であり、周囲の人間が自分に対して敵対心を持っていると感じてしまう癖があります。

そのため、「自分を強く見せないとバカにされる」「頭が悪いと思われる」と被害妄想が働き、必要以上に自分をよく見せようとしてしまうのです。

学歴コンプレックスや出身地コンプレックス、家族コンプレックス、容姿コンプレックスなど様々な理由で自分に自信を持つことができず、常に劣っているような感覚を持っているので、言葉を乱暴にすることで自分を大きく見せることが出来ると思い込んでいます。

人を傷つけることでしか自信を持つことができないので、他人に対して優しくする方法を知らない人だとも…。

優しくされた記憶がない人なので、恋人から優しくされても「裏があるのかもしれない」と変な勘ぐりをしてしまい、関係がギクシャクしてしまいます。

怒りのコントロール不能が原因!すぐにキレてしまう

口が悪い彼氏や元彼の本音を心理学で読み解くと、怒りのコントロール不能が原因であり、すぐにキレてしまうというものがあります。

疲れているときや体調が悪い時には、感情のコントロールがしにくいものです。

ましてや、普段から自分の感情と向き合うことをしていなければ、「なぜイライラするのかわからない」「何が気に入らないのかわからない」と自分でも怒りの原因を知らないままイライラを抱えている人もいます。

自分の感情と向き合う習慣をつけていないと、どんなときに自分が嫌な気持ちになるのか、何を大切に思っているのか、ということを把握していない状態です。

そのため、目の前で起きていることに理由が分からないまま腹が立ったり、落ち込んだりしてキレやすい状態を作ります。

男の人が怒りの感情を理由がわからないままストレートに表現してしまうと、相手にひどいことを言ったり乱暴な言葉になったりと傷つけることに繋がるのも無理はありません。

キレやすい人程、自分のことを理解していないと言えます。

承認欲求が強い!強い姿を見せないと離れていってしまいそうで不安

口が悪い彼氏や元彼の本音を心理学で読み解くと、承認欲求が強いことから、常に自分が強い姿である状態を見せていないと、周りにいる人が離れていってしまいそうで不安だというものがあります。

「周りの人に認められたい」「彼女から愛されているのか試さないと不安」と常に自分のことを認めて欲しい、受け入れて欲しいという欲求を持っている人程、優しさとはかけ離れた行動をとってしまうのです。

「弱い自分が嫌だ」「必要な人間と思われたい」「受け入れてもらいたい」という気持ちが、「強い自分でなければ受け入れてもらうことができない」「人の上に立つ人間でないと価値がない」という思い込みを生んでしまいます。

そのため、人に対してひどい事を言うことで「自分はほかの人よりも優れている」という自己価値を掴んでしまうため、周囲の人が止めない限り自分で間違いに気がつくことはありません。

「強い人、認められる人」=「偉そうな人」と勘違いしている人は、意外にも多いもので、経営者やリーダーなどがひどいことを言うのは、そのようにしなければ自分の立場を守ることができないと考えてしまっていることが多いからです。

モラハラ彼氏に捨てられた時復縁を目指すか諦めるか決断するための極意

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴

「彼の言葉が私の全て…」好きな人しか見えない視野が狭い女性

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴は、「彼の言葉が私の全て…」と好きな人しか見えない状態になり、視野が狭い女性です。

恋愛をすることが人生の全てとなっている女性は珍しくありません。

そのため、彼氏ができるとその相手がどんな人であれ「私の全てを捧げたい」と全身全霊で尽くし、男が何をしても受け入れてしまう体質を持っています。

どれだけ傷つけられても「私のことを好きになってくれる人は他にいない」と相手のことしか見えていないおかげで、次の恋愛に進もうという気力も持ち合わせないのです。

「彼の言うことさえ聞いていれば愛してもらうことができる」と思うため、ひどい言葉に傷つけられても我慢という選択肢を選びます。

我慢をしすぎることで、余計に自分への自信もなくなり、彼の言葉だけが生きる支えとなってしまうので、常に彼氏を求めて意見を貰いたがるはずです。

「彼が言うなら間違いない」人の言うことを全部間に受ける女性

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴は、「彼が言うなら間違いない」と人の言うことを全部間に受ける女性。

男性がどれほどひどいことばかり言ったとしても「本当は優しい人なの」「私にだけひどいことを言うのは愛されている証拠」とポジティブな解釈をして、傷つけられていることも含めて「愛しき彼」と思っているはずです。

男の人に傷つけられても「あの人は私の為を思って言ってくれている」「私のことを良くしようと思ってくれている」と思うことで、どれだけひどいことを言われても、相手に非があると判断しないようになります。

むしろありがたい言葉として受け入れているので、彼氏だけでなく付き合ってもいない人からひどいことを言われても「私のために注意してくれるっていうことは、私に好意があるのかな」と勘違いをしやすい女性なのです。

人が指摘をしてくれることは、関心を持ってくれているからだといい方に捉えることで、傷つく言葉も「これも修行」「あの人の言うことは正しい」と自分の「モヤモヤした気持ちを持ってしまったことが間違っている」と言い聞かせ、気持ちを押し殺します。

自分で考えることが苦手で、学校や親、他人が敷いてくれたレールを真面目に進んできたことで、応用や社会の適応などが難しいと感じている女性に多く見られる特徴です。

ネガティブなことばかりを考える女性

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴は、ネガティブなことばかりを考える女性です。

人は生きていく中で、自分に自信を持って生きていくということが非常に大事になります。

しかし、不安症の人は自分がすること全てに対してマイナスなイメージを膨らませてしまい、マイナスな感情ばかりが大きくなってしまうものです。

「私なんかがやってもどうせ失敗する」「人から好かれるはずがない」「幸せになれない」とネガティブなことばかりを考えてしまっていると、男性からひどいことを言われてもそのまま言葉を受け入れてしまうことになります。

残念なことは「やっぱり私が悪かった」「言われて当然の人間」とネガティブの上塗りをしてしまうことで、だんだんと表情が暗くなり、明るい思考回路になることが難しくなることです。

「ポジティブな発想ってどんなの?」「幸せになるってどうやって?」と自分の引き出しにない考えを巡らすことは難しく、常にネガティブな不安や心配をしているからこそ、ひどい言葉をかけられても「当然の現実」として受け入れてしまうようになります。

自分に自信がない女性

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴は、自分に自信がない女性です。

ひどいことを言ってしまう男性は、自分に自信がなくて認めて欲しいという心理が働いている時、その気持ちに共鳴するかのように現れる「自分に自信がなくて認めて欲しい」と思っている女性。

人に従うことで、「自分の存在を受け入れてもらっていると感じたい」という欲求を持っています。

そのため、ひどいことを言われて傷ついても、それが女性にとっての自己承認であり「認めてもらっている」という判断基準となるのです。

自分が思いつく思考や言葉、行動は全て「正しいかどうかわからない」と思っているため、常に人の顔色を見て、何か反応してくれることだけで嬉しいと感じます。

ひどいことを言われて傷つくと同時に、「ダメな自分だからこそ色々教えてもらいたい」と相手に対して依存を始めることが問題です。

依存を始めることで、傷ついている気持ちに蓋をして「彼の言うとおりにすれば幸せになれる」「あの人の言ったことを直せばそばに居させてもらえる」と考えるようになり、言葉で傷ついたことよりも相手との関係性が持続するかどうかに重きを置いてしまいます。

「やっぱり…」今まで散々傷ついてきた女性

男性からひどいことばかり言われて傷つきやすい女性の特徴は、「やっぱり…」とつい言葉が出てくるほど、今までの人生で散々傷ついてきた女性です。

赤ちゃんの時には、人はみんな幸せな気持ちで生まれてきています。

しかし、育った環境などでたくさん傷ついてきた経験を持ち、人から傷つけられることが日常となってしまっている女性が、男性のひどい言葉もすんなり受け入れる人となってしまっているのです。

恋愛において「おまえはキープだ」「本命にする訳無いだろ」と言われたとしても、「やっぱり私は愛される資格が無い」「都合のいいように扱われて当然」と心に蓋をします。

自分自身が大切にされるという前提を忘れてしまっているので、恋愛においてひどい事を言われながらでも「そばに居させてくれる人だから」と我慢を繰り返すもの。

しかし、そんな女性の姿は「甲斐甲斐しい」「しおらしい」という言葉を通り越して、「女々しい」「陰気臭い」と思われてしまうため、余計に男性を苛立たせます。

女性はひどい言葉をかけられることが日常なので、「自分が明るくなれば傷つく言葉をかけられなくなる」という発想を持ち合わせません。

黙って「悲劇のヒロイン」を気取っているような姿が余計に男の人から暴言を生み出すのです。

わざと傷つけてくる男性を好きな気持ちから距離を置くコツ

優しい人との付き合いを増やす

わざと傷つけてくる男性を好きな気持ちから距離を置くコツは、優しい人との付き合いを増やすことです。

「なんでそんなひどいことを言うの?」と思うような人と一緒にいると、その人のことばかりに目がいってしまい、周囲の人のことを見なくなってしまいます。

しかし、一度ゆっくり深呼吸をして周囲を見渡せば優しい言葉をかけてくれる人という存在が必ずいるはず。

その人と過ごす時間を増やすことにしましょう。

優しい言葉を使う人や、気遣いができる人と一緒にいると、あなたの気持ちにゆとりが生まれ、心が満ち足りていきます。

ひどいことを言う人のことばかりを考えていると、思いつかなかったような視点から発言を解釈することができたり、自分自身の世界を広げたりすることも可能なのです。

視野が広がることで、彼に対してどう対応していいのか新しい発想が思い付くようになります。

さらに、優しく人との付き合いを増やすことで自分がどう扱われることが心地いいのか知るきっかけとなるはずです。

心地いい過ごし方を知ることで、わざとひどいことを言う人が本当は何を求めているのか気がつくことにもなります。

嘘をついてでも1ヶ月会わないようにする

わざと傷つけてくる男性を好きな気持ちから距離を置くコツは、嘘をついてでも1ヶ月会わないようにすることです。

わざと傷つけてくる男性は、あなたに対して何かを訴えようとしている可能性があります。

しかし、傷つける言葉を選んでいる時点であなたにその訴えは届かず、傷ついているというのは紛れもない事実。

彼がとった訴える方法が、間違っているということを彼に気づいてもらう必要があります。

1ヶ月という期間会わないことで、あなたに対して「なんで会ってくれないのだろう」「何を考えているのだろう」と思考を巡らす時間を与えることになるはずです。

彼が自分のしてきた行為を振り返る時間となり、「自分が間違っていた」「反省しなければいけない」と気がつくことで、初めて反省してくれます。

最初のうちは、ひどい言葉の上塗りで「時間ぐらいあるだろう!馬鹿にしてるのか?」「おまえごときが俺をコントロールしようなんて無駄だ」と色々な方法であなたと会おうとするはずです。

しかし、その言葉に恐怖を覚えて会ってしまうと、ひどい言葉を使ってあなたをコントロールしたという成功体験となり、益々傷つけられることになります。

屈することなく会わないように我慢しましょう。

注意をしまくる

わざと傷つけてくる男性を好きな気持ちから距離を置くコツは、ひどい言葉を使う度に注意をしまくることです。

わざと傷つけてくる男性は、ひどい言葉をかけることであなたのことを傷つけようという意志を持って会話を進めています。

傷つけることであなたのことをコントロールしようとしていますが、あなたが傷ついているということが、本当はどんなことなのか理解していない状態です。

彼女が泣く姿を見たい、困る姿を見たい、という欲求を満たすことで自分の気持ちを落ち着かせるという男性には、「私は傷ついています」「嫌です」という気持ちをきちんと表現しなければ伝わりません。

わざとひどいことを言う度に「それひどいよ」「今の傷ついたよ」と繰り返し伝えることで、あなたが本当に嫌がっていることを教えてあげましょう。

教えてあげる行為を繰り返すことで、あなたの中でも彼のことを好きだと思う気持ちに整理がついてきます。

自分磨きで彼とは違うことに夢中になる

わざと傷つけてくる男性を好きな気持ちから距離を置くコツは、自分磨きで彼とは違うことに夢中になることです。

どれだけ傷つけられても彼のことを好きだと思う気持ちが離れないのは、あなたの中であの人のことしか考えることがないからだということも理由の一つになります。

時間があればあの人のことを考え「なんであんなことを言うんだろう」「なんで私はあの人のこと好きなんだろう」と相手の男の人のことばかり考えてしまうはず。

それでは当然好きな気持ちが自分の中で昇華できなくて当然です。

「好きだ、好きだ」と考えていればそれほど好きではない人でも好きになる心理とは逆の働きを使って、あの人のことを考えない時間を増やすことであなたの中で気持ちを話すことができます。

自分磨きで新しい趣味やスポーツやヨガを始めたり、メイクやファッションなど美の研究をしたりと、自分磨きに力を入れることで、あなたはどんどん美しくなり、女性としての魅力が大きくなるものです。

彼のことを考えない時間を増やすと同時に、あなたが女性として輝きを増すことで他の男性から好意を寄せられる可能性も高まります。

ひどいことを言う男性と上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点

「また言ってる」と暴言を流す

ひどいことを言う男性のことがやっぱり好きと思う時の、上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点は、彼の言うことにいちいち反応せず「また言ってる」と暴言を流すことです。

ひどいことを言う人というのは、自分の言葉がどんなものを使っているのか気にせず吐き出しています。

そのため、「相手を傷つけている」「自分の言葉を気にしている」という認識を持っていないので、自分が何を言ったのかも覚えていません。

例えば「おまえ本当に腹立つな」と言ったとしても、その一瞬気に入らないことをした、何か気になることがあった、という意味だけであり、本当に心の底から腹が立って気分を害したというわけではないのです。

そんな人の言葉をいちいち間に受けて、傷ついてしまうのはあなたの人生を送る時間がもったいないだけ。

「ボケ」「アホ」「クソ」などただの悪態を繰り返す時には、「また言ってるわ」「口癖なのかな?」とさらっと流してしまいましょう。

気にしていると相手の嫌な言葉が心に突き刺さり、あなただけがどんよりした時間を過ごしてしまいます。

彼の口の悪さは愛情の裏返しだと思う

ひどいことを言う男性のことがやっぱり好きと思う時の、上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点は、彼の口の悪さは愛情の裏返しだと思うことにしましょう。

彼氏や元彼の口が悪くなるのは、あなたに対する照れ隠しということがあります。

そのため、本当は「大好き」と言いたいのに、恥ずかしくて言葉が「うるせーバカ」「お前なんか好きじゃないよ」と間違った変換をしてしまって言葉を吐き出している、中学生の男子レベルです。

彼をずっと見てきたあなたであれば、その人がどんな気持ちを持っているのか態度でわかるはず。

言葉そのものを鵜呑みにして傷つくのではなく、本当はあなたのことを好きだという気持ちを隠していると判断して、茶化してしまうくらいの度胸を付けましょう。

「そんなこと言って私のこと好きなくせに」「本当は大好きって言いたいんでしょ?」と言うことで、「うるせー、そんなわけないだろ」と顔を真っ赤にして言ってくれるカワイイ姿を見ることができます。

ひどいことを言う男性をやっぱり好きだと思ってしまっている時点で、「惚れたもの負け」なのです。

どれだけ悪態を疲れても、彼を好きな気持ちは変わらないという事実を知ってしまった以上、口の悪さも含めて彼を愛する要素にしてしまうことがコツになります。

優しい言い方を後追いで言葉にする

ひどいことを言う男性のことがやっぱり好きと思う時の、上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点は、優しい言い方を後追いで言葉にすることです。

あの人は言葉というものに対して無頓着で、優しい言い方を知らない、または忘れてしまった可能性が非常に高い人だと言えます。

子供の頃は思いやりのある言葉を使っていたとしても、大人になるにつれて自分ルールを作ったり、様々な経験からキツイ言葉を使う方が有益だという経験をしたりと、彼の中で変化した理由があるはずです。

いつもひどい事を言っていると、繊細な言葉の感覚を忘れてしまい、人に対して優しい言葉をかけることが「負け」と思い込んでいることも少なくありません。

しかし、あなたはあの人にもっと「優しい言葉遣いをして欲しい」と願っているからこそ、ひどい言葉に傷ついているのです。

彼氏や元彼が話すひどい言葉をあなたが優しい言葉へと変換して、後追いして言葉にしましょう。

例えば「お前が頭悪いんだ」と言ったならば、あなたは「私のやり方が嫌だったんだね」と繰り返し、「ブス」「デブ」と言ったならば、「イライラしちゃったね」と変換して言葉にしましょう。

改めて言葉を変換して言われることで、自分がいかに幼稚なことを言っているのか気がつき恥ずかしくなります。

ひどいことを言う行為が嫌だとハッキリ伝える

ひどいことを言う男性のことがやっぱり好きと思う時の、上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点は、ひどいことを言う行為が嫌だとハッキリ伝えることです。

あの人は相手の気持ちを察することが苦手なので、あなたが「傷ついている」ということをハッキリ伝えることで、「そうだったのか!」と驚くに違いありません。

暴力には「言葉の暴力」というものもある、ということを教えてあげる必要があります。

あなたが心の底から傷つくひどい言葉の数々が、あの人の中では「コミュニケーション」のつもりや、「通常の会話」のつもりだということも少なくありません。

「私はそんな言葉を使わないし、使って欲しくない」「好きな人だからこそ愛を感じられる言葉をたくさん聞きたい」と伝えてあげることで、言葉というものに対しての認識が人それぞれ違うという事実に気がつくはずです。

言葉の使い方を疎かにしている人ほど、自分の言葉が原因でトラブルが起きていることに気が付かないことが多くなります。

好きな人だからこそ、人としての成長をさせてあげるのが恋人の役割でもあるのです。

彼を立てながら好きな気持ちを伝え続ける

ひどいことを言う男性のことがやっぱり好きと思う時の、上手に恋愛する方法や復縁する時の注意点は、彼をたてながら好きな気持ちを伝え続けるという方法があります。

彼氏や元彼がひどいことを言うのは、あなたに愛されたいけど自信がない、優しくすると弱みを見せているような気持ちになる、など不安や恐れが原因で言葉を乱暴に使っているはずです。

そんな彼は、安心さえることが一番。

男としてのプライドを損ねないように「そうだよね」「私が悪いね」と一旦彼が伝えようとすることを受け入れ、彼のいいところを褒めるようにしましょう。

例えば「お前がグズだから遅れただろ」と言われたとしたら、「そうだね、遅れてごめんね。間に合うように急ごうとしてくれてありがとう」となぜ怒ったのかという原因に対して、彼が感じたことを拾い上げて褒めるのです。

彼のプライドを損ねない上に、本人がなぜイライラしたのかという理由をわかりやすく伝えられることで「この子は俺の全てを受け入れてくれる」「理解してくれる」とあなたに対して安心感を持ちます。

信頼を積み重ねることで徐々に言葉の使い方も変わっていくに違いありません。

一度冷めた気持ちは心理学を使えば戻る!元カレの愛情を取り戻す奥の手&逆効果な心理学

ひどいことを言う男性はその裏に本心が隠れています

ひどいことを言う男性がいれば、「なんでそんなことを言うの?」「わざわざそんな言い方しなくてもいいのに」と不快な気持ちになるものです。

しかし、そんなひどいことを言う男性は、その言葉の裏に本心が隠れていることがほとんど。

寂しかったり、不安だったり、引きとめようとしたりと彼氏や元彼の本心を知ることで、そんな言葉も「可愛いな」と感じることができます。

ひどいことを言う男性は、女性によって変化することも可能です。

どうしても好きだという気持ちがあるのであれば、彼を育てる気持ちで長い目で付き合っていきましょう。

【期間限定・7月12日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG