復縁までの期間が平均より早い人と遅い人はココが違う!知らないと3年掛かることも

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ真実のキセキをご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

別れた元カレとヨリを戻して復縁するにはある程度の冷却期間が必要です。

その時間は別れた理由、原因によってさまざまですが、復縁するまでの期間が早い場合、遅い場合、また、3年という長い月日がかかってしまう場合も少なくありません。

それぞれのパターンについて、その期間の過ごし方ほか、特徴を分かりやすく説明します。

目次

一度別れて復縁するまでの期間はどのくらい?多いのは1ヶ月・2ヶ月・2年

感情的な別れなら復縁までに1ヶ月必要

大切な芽

元カレが好きですぐにでも復縁したい気持ちがあり、焦るあまり、何度も元カレに電話してしまう気持ちも理解できますが、復縁するにはある程度の冷却期間が必要だとされており、すぐ電話して復縁できる見込みは不可能に近いといっても過言ではありません。

それは元カレにまだ何かしらの戸惑いと怒りがあり、双方ともに冷静に話し合うだけの心に余裕がないことが最も大きな理由です。

特に、習慣や考え方の違いで喧嘩別れした場合には1~2日ではその怒りが収まらず、元カレと話すことさえ億劫になるという女性も少なくありません。

そんな時はまずは1ヶ月ほど、様子を見てみましょう。

それぞれに落ち着き、冷静に話し合える場を設けるだけの余裕ができた時が、次のステップに向かうための話し合いをするチャンスです。

それまではどんなに気が急いても、電話、メールやlineを送ることは控えましょう。

ちなみに、浮気性の元カレの気持ちを静めるために必要な時間は1ヶ月といわれていますが、1ヶ月を過ぎても冷静に考える余裕をもてない時は無理をしないことです。

話し合うチャンスは一度ではありません。

縁がある二人であれば、どんなに時間がかかっても、このまま別れてしまうことはありませんので、安心して待っていましょう。

仕事・家庭・浮気が原因で離れた場合はやり直すまでに2ヶ月

葉っぱ

復縁までに2ヶ月かかってしまう場合は、大きく分けて3つのパターンがあります。

まず1つめには元カレの就職、もしくは転職などの物理的な問題がある場合です。

誰でも、仕事に慣れるまでには少々時間がかかります。

それが初めての就職、異業種への転職であったなら、尚更ですよね。

職種によっては1ヶ月2ヶ月では足りない場合があるため、そのまま自然消滅になってしまうカップルも少なくありません。

しかし、どちらにも相手に対する気持ちがあれば、仕事に慣れた1~2ヶ月を過ぎたころ、電話、メール、lineなどで連絡をとってくるはずです。

もし、相手からの連絡がない時は勇気を出してあなたから電話、メール、lineを使って連絡をとってみましょう。

2つめは、家庭の事情、いわゆる家族のことが関係する場合です。

ご家族が突然の病気やケガ、急な不幸などがあった場合、喧嘩した後でも急ぎ実家に戻らなければなりません。

ご家族のための諸手続きや今後のことなどを親族と相談している時に何度も連絡を入れるなどのことはできないものであり、元カレとの復縁を考えるような余裕はないといっても過言ではないでしょう。

2ヶ月と聞けば長い月日のように思いますが、この場合は事情が分かる冷却期間ですので焦る気持ちは極力抑えて、少し長い目で見るような落ち着きをもって待ってあげましょう。

最後は、どちらかが浮気した場合です。

浮気は裏切りの一つで、それをどうしても許すことができないとなると、冷却期間が2ヶ月以上になるなど長引く可能性があります。

転職や家族の理由などの連絡できない理由が明白な場合は2ヶ月待ったとしても損はありませんが、浮気の場合は相手の性格によっては今後も繰り返し行う恐れがあり、冷却期間が長くなればなるほど疎遠になることも考えられますので、注意が必要です。

ちなみに、元カレが元カノと浮気した場合はそれがきっかけになりヨリを戻すことも考えられますので冷却期間は短めに、知らない第三者であった場合は冷静に話し合うには時間がかかりますので、1~2ヶ月は冷却期間を置いた方が良いかもしれません。

長い付き合いの元カレとは戻るのに1~2年かかることもある

新緑の季節

別れるまでに長い年月付き合っていたカップルの場合、そうそう簡単にはヨリを戻すという気持ちにはなれないかもしれません。

相手をよく知り十分に理解しているからこそですがその場合1~2年はかかる場合も少なくなく、そのまま幾年も過ぎてしまうことも考えられます。

付き合いが長いと相手への甘えが出やすく、それだけに相手への気持ちが深いともいえますが、この家族のような疑似家族を体験しているような感覚が二人の未来の邪魔をしてしまい、それが長い春へと導いてしまうことも少なくありません。

些細なことで喧嘩しても頭を冷やしたら帰ってくるという安心感が心の隅にあり、相手の自由気ままさを受け入れてしまう。

結果、冷却期間が1年になったり2年になったり、それ以上になったり。

このような場合はどちらにも信頼感があることが基本になっていますので、自然消滅にはなりにくい反面、愛想をつかしても動きをとりにくいというデメリットも生じます。

また、元カレに新しい彼女ができた場合も冷却期間が1~2年と長くかかる場合があります。

新しい恋人ができてしまうともう出番はないという方もいますが、その新しい恋人と結婚するとは限りません。

元カレが忘れられない場合はヨリが戻せる状態になるまで待つという選択もあり、ただ待つだけなら誰かを傷つける心配もありませんので、元カレとヨリが戻せるようになるまで待つことには何ら問題はないでしょう。

しかし、その新しい恋人と結婚する、または結婚したと聞いた時は待つことを辞め、自分自身のためにも新しい人生を一緒に歩めるパートナーを探すことをおすすめします。

復縁までの期間が平均より早い人の特徴

感情よりも理性で別れと向き合えている

仕事女性
元カレと別れ、その元カレと復縁するまでの期間が平均より早い人には、なぜ別れることになったのかを感情だけで判断せず、別れることになった原因を自分なりにではあってもきちんと把握できているという特徴があります。

女性の中には別れ話となった際、別れるという言葉だけで感情的になってしまい、元カレに今まで言えずに黙っていたこと等の不満をすべて話さずにはいられないという性格をもった方も少なくありません。

このような感情的になるタイプの女性は一度感情的になってしまえば、その感情を自分自身でコントロールすることができず、別れた原因を探ろうともしません。

そのため、別れの原因となったことを把握するまでには想像以上に時間がかかる場合があります。

ですが、別れた原因を理論で考えようとするタイプの女性は自分のいけない部分、元カレのいけなかった部分を理性で判断し解決策を見つけようとするため、冷却期間が短くなります。

元カレと喧嘩になった際は双方ともに感情的にならないことが基本ですが、何らかのきっかけで激しい喧嘩になり別れ話へと発展した時は感情的になることを避けるためにも一度話を中断し、その場を離れましょう。

喧嘩を途中で止めるには強い意思が必要ですが、その後の二人のためには感情的なままで話し合うより「この続きは後日にしたい」と提案する方が賢い選択といえるでしょう。

自分の気持ちではなく元彼の気持ちを一番に考えられている


元カレと別れた際は自分の気持ちを大切にするあまり、元カレを責めてしまいがちですが、元カレばかりを責めていては復縁できる可能性が低くなります。

復縁できるまでの冷却期間が平均より早い人には、自分の気持ちよりも元カレの気持ちに寄り添い、元カレの気持ちを一番に考えられているという特徴をもつ方も少なくありません。

喧嘩別れした時等、つい元カレの悪い箇所を指摘して悪口を並べてしまいますが、悪い箇所ばかりを口に出して元カレばかりを責めていると、本当に元カレが嫌いになり別れても良いとさえ思えてくるから、不思議ですよね。

少し感情が落ち着いてくるとその悪口を言ったことで更に落ち込み、素直に謝れなくてなってしまう女性も少なくなく、そういった場合は復縁までの道のりが遠のく可能性もあるので、注意が必要です。

元カレと少しでも早くヨリを戻したい時は元カレがなぜあんなことを口に出したのか、今、元カレはどんな風に過ごしているだろうか等、元カレの気持ちに寄り添ってみましょう。

素直に考え、自分なりの答えを見つけることで、元カレとの復縁が早くなるかもしれません。

自分磨きや成長の成果が元彼の目に入るよう工夫している


別れた元カレが今も大好き、いつかは復縁したいと思っている時は、冷却期間を自分磨きの時間だと判断し、元カレに再び振り向いてもらえる素敵な女性を目指しましょう。

復縁までの期間が平均より早い人の特徴に一つに、冷却期間の過ごし方が挙げられますが、ただぼんやりと過ごしているだけでは何の成果も手に入りません。

元カレと同じ会社に勤務している場合はスキンケアやヘア・ファッション等を今まで以上に気遣い、手離して惜しかったと思ってもらえるような女性に、付き合っていたころよりも成長した女性に変身し、元カレから復縁したいと言ってもらえる女性になりましょう。

社内で偶然会えることが少ない時は元カレの目につきやすい場所に出現し、成長した姿を見せることをお忘れなく。

もし、勤務先が違う場合は元カレとよくデートした場所、食事したカフェ等に出向き、元カレの視野に入れるようアピールすることをおすすめします。

復縁だけにとらわれず人生を楽しんでいる


元カレだけが自分の人生だったという女性も少なくありませんが、実はこのタイプの女性は復縁までの期間が平均より遅くなる場合があり、反対に、元カレに執着せず自分自身の生活を楽しんで過ごしている人ほど冷却期間が平均より早くなる傾向にあるといえます。

理由はいくつかありますが、最大の理由は、元カレがもう一度やり直したいと思うからです。

のびのびとストレスフリーで自分自身の生活を楽しんで過ごしている女性は魅力的に見え、ほかの男性が放っておかないからです。

元カノにモテていると聞けば、元カレとしては気になるのは当然。

別れた後、てっきり泣いて暮らしているかと心配していたら、明るく楽しく笑って暮らしている。

しかも、周りに男性がうようよ居ると聞けば、心穏やかではありませんよね。

別れて失敗したと思わせることで復縁までの期間が早くなるというわけです。

復縁までの期間が平均より遅い人の特徴

自分は被害者だと思っている


復縁までの期間が平均より遅い人にはさまざまな特徴がありますが、最も大きな特徴といえば「自分を被害者だと思っている」です。

別れた原因は元カレにあり、私は悪くない。

こう思いたい気持ちは十分に分かりますが、恋愛する二人が別れるということは双方ともに悪い箇所があり、それを双方ともに理解しなければ復縁の可能性は低く復縁できるまでには時間がかかるといっても過言ではありません。

なぜ、冷却期間が長くなるのかについてですが、それは「自分を被害者だと思っている」ことで自分自身の悪い箇所を素直に認めようとせず、反省しないからです。

誰かを責めることで自分の気持ちを守るという行為は誰にでも経験があることですが、それは自分さえ良ければという自己中心的な考え方であり、悪くいえば横暴な振る舞いともいえます。

その考えが根本にあると、いつまでたっても自分の悪い箇所を素直に認めることができず、元カレだけを責め続けることになってしまいます。

こうなってしまっては、冷静に自分自身を見つめ直せるようになるまでには相当な時間がかかります。

元カレによるDV等の被害がある場合は別ですが、被害者だと思うことで失恋したことを元カレのせいにするのは子どもっぽい感情だと知っておきましょう。

被害者意識から抜け出せない時は新鮮な空気を吸いに外に出かけ、綺麗な景色を見て楽しみましょう。

心をリフレッシュするには、綺麗な景色を見て美味しいものを食べるのがおすすめ。

心とお腹が満たされる日々を過ごしたら、自分は可愛そうな人間なんだというセンチメンタルな気持ちもいつの間にか消えてなくなるはず。

それまでしばしの間、待ってみましょう。

一生誰からも愛されないのでは…と不安を抱えてしまう


恋人と別れるともしかしたらもう一生誰からも愛されないのではないか、と不安を抱えてしまう女性も少なくありません。

それが妊娠・結婚適齢期の年齢の女性であれば、尚更ですね。

このようばデリケートな悩みをもつ場合、復縁までの期間が平均より遅い場合が多く、なかなか復縁できないといっても過言ではありません。

それは、誰からも愛されないのでは…という不安要素自体がネガティブな発想であるため、そのマイナス思考を簡単に拭い去ることができないからです。

ましてや、その元カレから別れる際にあなたの悪い箇所を並べられたりしたら、暫く立ち直れなくなるのも無理はありませんが、人間は別れるとなればもう二度と会うこともないと考える人もおり、そういった性格をもつ男性であればあなたが立ち直れないほどのネガティブな言葉を並べるかもしれません。

ですが、それは一時の感情でいう暴言であり、それほど気にすることもありませんので気にせずに暮らしましょう。

ちなみに、一生誰からも愛されないということはありませんので安心してくださいね。

誰からも愛されないのではないか…という不安要素をもつ人の特徴として、顔やスタイル等に何かしらのコンプレックスをもっていて、それが原因で自分に自信がもてないという理由があります。

だからこそ、付き合っていた恋人と別れることで、一生誰からも愛されないのではないかという不安が心の中をよぎるのですね。

この場合、その不安を即座に拭い去ることは難しいですが、前向きな生活を積極的におくることで不安を軽減することができますので、新しい趣味を始めたり、新しい人間関係を構築する等、今できることに挑戦してみてはいかがでしょう。

元彼を失った寂しさを埋めるためだけの彼氏を作る

寄り添う男女
復縁までに時間がかかりがちな人の特徴として、寂しさを埋めるためだけに他の男性と付き合ってしまうという点が挙げられます。

なかなか元彼とやり直せない女性には元々寂しがり屋のタイプが多く、その寂しさの表れ方は、彼に「復縁したい!」という感情をぶつける形か、もしくは「誰でも良いから慰めてほしい!」と他の男性に寄りかかる形のどちらかであることが多いです。

この寂しい気持ちが後者の形で表れると、元カレと別れて弱ったところを狙ってくる男性についふらふらと付いていったり、別れの苦しさを忘れるためだけに付き合ったりしてしまいます。

ただ、本当に愛しているのは振られてしまった元彼ただ1人。

彼とは違う男性と恋人になっても、大好きな人を失った辛さを完全に癒やすことは決してできません。

苦しい気持ちを消せないまま、新しい彼氏ともなんとなく距離が縮まっていく。

そうすると、「やっぱりこの人じゃない」という思いや申し訳なさが出てきてしまい、結局お別れを告げる結果になるでしょう。

そこから以前の彼とやり直そうと努力を始めても、別れてすぐ復縁活動を始めた場合と比べると大幅に出遅れているのは明らかです。

元彼と離れていた時間の分だけ距離が生まれているでしょうし、やり直すのはおろか、友達程度の関係になるまでにもそれなりの時間が必要となります。

更に、一度お付き合いした相手とすんなり別れられればまだ良いのですが、相手男性のほうがあなたに本気になっていれば、別れ話にズルズルと時間が掛かる場合もあります。

そうなってしまうと一層遅れをとる結果となり、平均的な復縁期間よりずっと時間が掛かってしまうことになるのです。

別れた後も元カレを束縛したり詮索したりする


あんなに愛したカレなのに…、彼だけの人生だったのに…。

元カレと別れた後も思い出してはしくしくと泣いている女性も少なくありませんが、別れた後も元カレを束縛し詮索する習慣が抜けない日々を過ごしている人は復縁までの期間が平均より遅いという特徴があります。

束縛、詮索という行為は愛されているという自覚があってもイヤな気がするもので、ましてやもう別れた元カノがいつまでも束縛、詮索していると思えば、どんなに優しい元カレでも逃げて行きたくなりますよね。

復縁が遠くなってしまうのでは当然のことだといえるでしょう。

同じ会社に勤務している場合、別れたといってもすぐに縁が切れるわけでなく、打ち上げや飲み会で顔を合わすこともあるでしょう。

その都度、いつまでも彼女面で「何食べる?」「ちゃんと栄養摂ってる?」「明日はどこ行くの?」「今日は何時に帰るの?」等、世話を焼かれてはたまりません。

こうなってしまっては元カレから見たあなたはうざい存在であり、避けたい存在になっているといっても過言ではありません。

うざいと思われてしまったら、復縁までの期間は遠く厳しいものになり、冷却期間は長くなるのは必須。

どんなに謝っても許してくれるものではないでしょう。

そうなれば、復縁は絶望的。

最悪な状態にならないよう、焼きもち、束縛、詮索はほどほどに。

元カレのことを思い出した時は、どうすれば再び振り向いてもらえるかのみを考え行動しましょう。

前と変わらないありのままの自分をもう一度愛してほしいと願っている

不安な女性
別れた後も元カレが好きで、元カレが愛してくれたありのままの自分を愛して欲しいと願う場合、復縁までの期間が平均より遅くなる場合があります。

厳しいことをいいますが、元カレと別れた原因の一部がありのままのあなただったの場合、ありのままの自分をもう一度愛して欲しいと願ってもそんな日は永遠に来ないといえるでしょう。

もしかしたら、あなたのありのままの姿がどこかでイヤだったのかもしれません。

また、あなたの素の性格が元カレにとっては重荷だったのかもしれません。

どちらにしても、その思い込みを消し去って、新しいあなたに生まれ変わらない限り、復縁までの期間は遠のくばかりです。

まずは、ありのままの自分を知るために、自分の性格を細かくリサーチしてみましょう。

親友、友人、同僚に聞いても構いませんし、あなた自身でメモ書きしても構いません。

明るい、落ち込みやすい、節約家、人前で話すのが苦手等、良い面、悪い面に分けて書き出し、悪い面をなくすための努力をしてみてはいかがでしょう。

以前とは違うあなたを知れば復縁について考えてくれると信じ、行動してみることをおすすめします。

喧嘩した時に取るべき冷却期間と効果的な過ごし方

別れたのかどうか分からない時ははっきりさせる


こんな話があります。

「彼と喧嘩した後に電話で距離を置きたいといわれ、しぶしぶ承諾したのですが、デートの回数は減ったものの会えばエッチもするし、誕生日にはプレゼントもくれる。これ、本当に距離を置いたといえるのでしょうか。」

この彼女、距離を置きたいといわれたから別れを覚悟したそうですが、2週間に1回程度デートして、会社帰りに一緒に食事して、前に約束した夜景を見に行ってと今までと変わりない生活をしているのに恋人じゃないっておかしいと思ったようですね。

このような別れたかどうか分からない時はくよくよ悩む時間が勿体無いと思い彼をすぐにでも問い詰めに行きたい衝動に駆られますが、それは少し待ちましょう。

はっきりとした返事をもらってしまえば、彼とはそこで縁が切れてしまうかもしれませんので、頭を冷やし落ち着いて考えるために冷却期間を置いてみてはいかがでしょう。

彼の狙いは何なのか、距離を置きたいという言葉が意味するものか何かを知ることで、彼の本音が見えてくるかもしれません。

喧嘩した時は双方ともに頭に血が上ってしまい冷静ではいられないものです。

しかし、その喧嘩の後に数回デートしているとなると、恋人としてではなく単なるセフレとしての扱いに切り替えたのかもしれません。

こういう場合はむやみに会わないことが賢明です。

冷却期間を置いてみることで、彼の本音を確かめ、そのあやふなな行動の意味を判明させる必要があると考えましょう。

冷却期間は自分へのご褒美と考え自分磨きに没頭しよう


付き合っていると幾たびか恋人と喧嘩することもあると思いますが、それまでにない激しい喧嘩をした時は双方の頭を冷やすためにも冷却期間を置くことをおすすめします。

冷却期間を置けば恋人とそのまま疎遠になってしまう可能性があるため、冷却期間を置くことを避けるカップルも少なくありませんが、冷却期間は双方の気持ちを落ち着かせて冷静に判断できるというメリットだけでなく、二人の双方への思いを確かめることができる期間でもあります。

ちなみに、冷却期間を置いたことで相手の良さを再確認し、復縁できたというカップルも少なくありません。

その冷却期間、ただぼーっと過ごすのは勿体無いので、元カレにもう一度素敵な女性だと思ってもらえるような女性になるための時間にしてはいかがでしょう。

おすすめは、自分磨きです。

例えば、今までデートに忙しくて行けなかったヨガやピラティスに通ってみてはいかがでしょう。

身体全体を使うヨガ等は身体の歪みを改善できるだけでなく、心地よい汗を掻くことでダイエット効果にも期待できるほか、毛穴に詰まった皮脂汚れまでスッキリと落とすことができるので、肌もつるつる。

ダイエット、美肌、体幹を鍛える等、良いことづくしです。

また、仕事に必要な資格を取得するための勉強の時間にしたり、興味のあったセミナーに参加したり、エステサロンに通ってスキンケアに勤しんだり、女友だちと旅行に出かけたり等々。

初めてのことを経験したり、知らないことを知るという時間は人間として成長させてくれる大変に有意義な時間となり、尚且つ、将来を考え直せる必要不可欠な時間でもあるといえます。

女性としてワンランク上の綺麗さ、品性を身に着け、元カレからの「復縁したい」の言葉をゲットしましょう。

自分を好きになる努力をして自信をつける


ちょっとした意見の食い違いから喧嘩に発展し、その喧嘩が二人の仲を引き裂くことも少なくありませんが、喧嘩しても彼が好きで復縁したいという気持ちがある時は暫し冷却期間を置いてみましょう。

喧嘩は双方どちらにも悪い場合があり双方がすぐさま謝罪することで別れを選択せずに済むこともありますが、いつもより大きな喧嘩になってしまった時はそれだけに興奮状態にあるため、冷静な判断、冷静な振る舞いができない可能性が高いと思われます。

そんな時は、二人の気持ちを落ち着かせるための冷却期間が必要です。

恋人と別れると、そのショックで自分自身に自信がもてなくなり疑心暗鬼になる人も少なくありませんが、落ち込んで下ばかりを向いていても良い結果は生まれませんので、2~3日して少し落ち着いてきたら、思い切って外に新鮮な空気を吸いに出かけてみましょう。

友だちを誘ってウィンドウショッピングを楽しんだり、レトロなカフェで美味しい料理を味わったり、陶芸やちぎれ絵を習ってものづくりを体験するのもおすすめです。

「笑う門には福来る」わたし達人間は笑顔で過ごすことで良い運気を取り込むことができるそうですが、そのためには笑顔になれる毎日を過ごした方が良いと考えましょう。

笑顔になる機会が多くなると、徐々に自分のことを好きになってきます。

人間は完璧じゃないので、良いところも悪いところも当然ありますが、別れたばかりのころはその悪いところばかりが気になって落ち込むものです。

しかし、外に出て新鮮な空気を吸っていると、不思議なもので「私、こんな面もあったんだ」「普通に笑ってる」「何だか心が軽い」「何でもできる気がしてきた」等の心の奥底に潜んでいたポジティブな面を出すことに成功します。

この冷却期間を利用して、自分を好きになる努力をして、毎日を大切に暮らしてみましょう。

元カレもあなたのポジティブな変身をきっと認めてくれるはずです。

新しい自分を手に入れるためにアクティブな体験をする


どんなに仲の良いカップルでも、ふとしたことで喧嘩になることがあります。

どちらかが謝ることで修復できる時もありますが、謝っても仲直りできないこともしばしば。

そんな時は喧嘩した時の気持ちをリフレッシュするためにも、少し距離を置いて、喧嘩の熱が下がるのを待ってみてはいかがでしょう。

喧嘩すると誰でも頭に血が上がり、思ってもいないことを勢いで口走ってみてしまったり、仕事等の疲れからか、それ以上の話し合いが面倒になることから、仲直りできなくてもいいと諦めてしまったり。

こうなってしまっては、なかなか仲直りできません。

このままになってしまうことを恐れ、何度も連絡してしまうという女性も少なくありませんが、そんな時こそ、少し落ち着いて話せるようになるまで距離を置いてみてはいかがでしょう。

大好きな元カレのことを思い泣いて暮らすのも悪くはありませんが、その冷却期間を利用して、魅力的な女性へと変身しましょう。

悲しい気持ちを和らげるには美味しいものをたくさん食べてストレスを発散することが大切ですが、そればかりの毎日では肥満への道へまっしぐらですので、美味しいものを食べつつ、綺麗なスタイルを維持できるアクティブな運動を取り入れることをおすすめします。

女性に人気のヨガやピラティス、用意が要らないランニングやジョギング等、生活に取り入れられるものならどんなものでも良いので、まずは身体全身を使って心地よい汗を掻いてみてはいかがでしょう。

身体全身を使う運動にはリフレッシュ、ダイエット、ビューティーの3つの効果があり、それを定期的に続けていくことで、アクティブに動ける身体と心が手に入ります。

ちなみに、ある程度の体力がついて自分自身で身体をコントロールできるようになると、風邪を引きにくい、ケガしにくい強い身体を手に入れることもできますよ。

女性らしいくびれのあるスタイルを手に入れたら、トレンドファッション、トレンドのメイク、髪型に挑戦してみましょう。

綺麗になって自信がついたら、元カレのテリトリーに顔を出してみましょう。

きっと、イキイキとした表情のあなたにくぎ付け。

復縁の日も近いかもしれません。

復縁期間が3年以上かかってしまうケースの特徴

別れてから3年後に復縁・結婚できたのは元カレが出世したから

別れて3年が過ぎると元カレとの復縁はほとんどの人が諦めてしまい、新しい恋人をつくるために合コンに参加し出会いのチャンスを増やそうとします。

確かに3年という月日は短くはありませんが、3年過ぎて恋愛時代とは立場や年齢が変わることで復縁・結婚のきっかけをつかんだカップルも少なくありません。

例えば、元カレと同じ会社に勤務している彼女の場合ですが、付き合っていたころは彼氏もまだ入社して3年ほどだったために責任あるポストには就けていませんでしたが、3年過ぎて再会した元カレは28歳になり、一つの案件を最後まで任される主任という立場になっていたそう。

プロジェクトを仕切る元カレが男らしく成長している姿を見て復縁したいと思ったのは、彼女の方でした。

打ち上げで元カレの席の隣に座り、連絡先を交換したことで距離が縮まり、復縁できたとのことです。

ちなみに、スムーズに復縁できたきっかけは、一つには元カレが責任ある立場になり人を見る目が変わったこと、もう1つは彼が28歳という年齢になっており、そろそろ結婚を考えなくてはいけない年齢になっていたことです。

3年間の冷却期間を置いたことで彼が結婚適齢期を迎え、結婚できる立場になったことで復縁できたというケースですね。

実家に戻って同窓会で再会したことが復縁のきっかけ

お盆、お正月に帰省する人も多いと思いますが、その長期のお休みに合わせて同窓会を開催するところも多いでしょう。

5年ぶり、10年ぶりとにぎやかに挨拶する声が響くと、みな学生時代だったころの顔に戻り、学生時代に付き合っていたカップルが仲間たちに囃したてられたことをきっかけに復縁するカップルも少なくありません。

学生時代と違い、社会人となった元カレは自信に満ち溢れており、輝いて見えることでしょう。

復縁したい元カレが同級生ならば、同窓会には積極的に参加してみてはかがでしょう。

また、同窓会を知らせる担当者を引き受ければ、喧嘩別れしたままの元カレにも躊躇せずに連絡することができ、その電話が復縁のきっかけになるかもしれません。

元カレが忘れられず5年。再会したのは病院だった

5年後、元カレに再会したのが病院だったという場合もあります。

社会人になれば、年に1回健康診断を受けることが義務付けられている会社も少なくありませんが、その病院で元カレに再会することがあります。

学生時代に付き合い、双方ともに子どもだったからか、曖昧なまま自然消滅になったカップルの場合、相手を嫌いになって別れたわけではないので、再会してもネガティブな言葉を口にすることなく笑顔で再会できるという強みがあります。

曖昧なまま離れ離れになってしまった元カレを忘れられず、新しい恋人をつくらないまま、過ごしてきた彼女。

そんな純情な女性がいるのかと半信半疑になる人もいると思いますが、広い世の中には浮気性の女性がいれば、たった一人の男性を長く愛する女性もいるものです。

その彼女が長い間待ち焦がれた元カレと再会できたとなれば、そのチャンスを逃す手はありません。

5年もの間、どうしていたのか気になるところだと思いますが、学校を卒業して就職すると、誰でも目の前にあることに一生懸命になってしまい、気づけば20代半ばになっていたということも少なくありません。

仕事に慣れるころには周囲から恋人をつくるよういわれると思いますが、不規則な時間を過ごす人には恋人をつくる時間的、身体的な余裕はなく、そのまま年月だけが過ぎてしまう。

このような流れでようやく再会できた元カレに、ありったけの思いを伝えたいという気持ちは、よく分かりますよね。

冷却期間が3年以上のカップルは復縁しにくいといわれますが、相手への思いが純情であれば、その思いは相手に必ず届く日がやって来ます。

もう5年だから、もう忘れてしまっているかもと自己判断せず、もう一度勇気を出して思いを伝えてみることをおすすめします。

別れ方や一度別れてからの過ごし方で復縁までの期間は大きく変わります

大好きだった恋人との別れ。

経験者はその心の痛みが十分過ぎるほどに分かると思いますが、別れてから再会できるまでの過ごし方は人それぞれです。

大切な時間だからこそ、元カレの気持ちを引き寄られるような有意義な時間の使い方を選択しましょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【真実のキセキ】の占いを初回無料でプレゼントします!

【真実のキセキ】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【真実のキセキ】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG