関わりたくないのにLINEをブロックしない理由は?脈アリや復縁の可能性はある?

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「関わりたくないと思っているはずなのにLINEをブロックしていない?」「まだ連絡してもいいのかな」と過去にトラブルがあったり、元彼だったりと良好ではない関係性の相手が、メッセージを読んでくれたと分かった時に、疑問に感じたことがある人へ。

手軽に使えるチャットツールだからこそ、メッセージのやりとりが終わったらすぐに消してしまう人もいれば、離れてしまっていてもそのまま友達登録されている人もいます。

嫌われたと思っている相手の場合において、関わりたくないのにLINEをブロックしない際の疑問や今後の復縁の可能性について詳しく解説していきましょう。

受け止め方と対応の仕方によっては、復縁の可能性も広がりますので、あなたにとってプラスの方向に出来るように取り入れてみてくださいね。

目次

関わりたくないはずなのに…LINEをブロックしない人の心理とは?

まだ連絡を取るかもしれないと思っている

もう関わりたくないと思っているはずの人が、ブロックをしないままでいるのは、「もしかしたら連絡を取ることがあるかもしれない」と思っているからです。

真面目で義理堅いタイプと言えます。

交流をしてきた中で、嫌な思いをしたり気まずくなったりした相手であっても、「自分の都合だけで断ち切ってはいけない」と思っているはずです。

連絡をしなければいけない役割を持っている人や、共通点があるから関わらざるを得ないことがあるかも知れないと予測を立てている場合、「勝手にブロックはしたらいけないだろうな」と気を遣っています。

コミュニティに所属している同士や仕事などでやりとりをする必要がある関係性の時など、自分が嫌だとしても否応なくやらざるを得ないこともあるからです。

感情だけで断ち切ってしまうのは簡単ですが、責任感が強い人にとっては単純な話ではありません。

ブロックするという考えがない

そもそもブロックをするという考えを持っていない可能性があります。

ラインは2000年に創立された会社です。

ITが急激に発展し始め、インターネットを通じて誰もが気軽にコミュニケーションを取れるようになってきた時代背景があります。

スマホの普及で、パソコンがなくても繋がる事が出来たり、チャット形式というメールとは違う気軽さが世の中に受け入れられ、爆発的人気となったアプリです。

当初は、ブロックは縁を切るというイメージを持っていた人も多いはず。

時代の流れと人々の感覚の変化で、簡単に削除したりブロックしたりする人も増えたのですが、細やかな変化に気が付かない人は、気軽にやり取りできるツールとして認識したままです。

ブロックする必要性が分かりませんし、気に入らなければメッセージしなければいいだけの話だと思っているので、もう一度連絡を取ろうと考えているわけでもありません。

ブロックする方法を知らない

ブロックの方法が分からないだけというケースもあります。

新しいことに対して、何も抵抗なく次々とテクニックやスキルをアップデートできる人もいれば、苦手意識が強かったり「IT関連は何を聞いてもさっぱり分からない」という人もいたりと、様々。

知らないボタンがあれば触ってみたり、周りの人に「これはどうすればいいの」と聞いたりする人もいれば、「分からないからいつも使う機能以外は触らない」と決めている人もいます。

苦手意識を持っている人にとって、知らないボタンは恐怖すら感じてしまうもの。

「分からないからやらない」と思うのは自然なことですので、人間関係が不和になったとしても、勇気を振り絞ってまで恐怖に足を踏み入れてブロックをするほどではありません。

連絡を取り合わなければいいだけの話ですので、対して気にしていないとも言えます。

ブロックするほど嫌われていない

さほど相手は気にしていないということもあります。

人の感情は、本音の部分が分からないものです。

一つの出来事を通して、「嫌われたな」「めちゃくちゃ腹が立った」など、マイナス感情が浮かんだとしても、相手が同じように思っているとは限りません。

あなたが「こんなに嫌な事があったのだから、もう会いたくないだろうな」と思っていたとしても、相手は全く気にしていない事も少なくないものです。

むしろ、「何かあったかな」と忘れてしまっている人もいるくらい。

人の感じ方は感受性や過去の経験に大きく影響されますので、たった一言で大きく傷つく人もいますし、右から左へ抜けてしまって全く気にしない人もいます。

自分の判断基準では、「絶対に嫌がっているはず」と思っていても、相手は何事もないと感じていたり、わざわざ連絡を取り合うほどでもないけど、何かあればもう一度やり取りをしても構わないと思っていたりすることもあるわけです。

ブロックすることで角を立てたくない

ラインのブロックという一つの行為だけで、わざわざ不快にさせる必要もないと考えているケースもあります。

嫌な事があったとしても、事を荒立てなければ時間が風化してくれることも多々あるものです。

時間さえ経過してしまえば、今までと同じように交流できるだろうと思えたり、もう関わるつもりはないけど今以上不快な思いをお互いにしなくてもいいと考えていたりする場合には、現状のままそっとしておくだけで十分と言えます。

距離を近づけなくてもいいけれど、現状穏やかに落ち着いているのならケンカを売るようなことをしなくても良いと考えている人は、ブロックまですることはありません。

キープしている

完全に縁を切られたわけでもないのは、キープにされている可能性もあります。

男女の仲になっていた相手であれば、あなたとの距離感や上手な関わり方、体の相性なども様々な角度で知られ尽くしているはずです。

交際を続ける事は出来なかったけれど、たまに遊ぶ程度なら楽しかったり、本当は断ち切ってしまうのは惜しいと思っていたりする場合には、キープとして考えられていることがあります。

「暇な時には連絡をしてみよう」「深い付き合いさえしなければ、いいからたまには遊びたい」など、友達にもなりきれないくらいでキープされるのです。

体の相性が良かったと思われている場合には、都合よく甘い顔を見せることも。

ちゃんと向き合うつもりのない人であれば、無理に繋がり続ける必要はありませんから、相手から謎に誘われた時には、要注意すると覚えておきましょう。

ブロックすることで悪印象を与えて刺激したくない

自分の印象を今以上悪くしたくないと考えている場合にも、ブロックまでしないはずです。

あまりにも悪化した状態で離れたのであれば、少しの刺激が後々恐怖の元凶となってしまう事もあります。

「怒らせたら、会社にまで怒鳴り込んでくるかもしれない」「嫌な思いを散々してきたのだから、これ以上の刺激は修羅場になりかねない」と思う場合には、あえてそっとしておく方がいいと判断できるわけです。

ブロックしなくても、連絡を取り合わなければ日々の生活に介入する事もありません。

お互いにそっとしておくことで、離れていこうとしています。

ブロックをしたことは、わざわざ相手に伝わる事はありませんが、頻繁に連絡が入ってくるような相手であれば、メッセージがずっと既読にならないことで「おかしい」と気が付くはずです。

ストーカー気質の人やメンヘラタイプの人は、刺激を与えない方が静かにフェードアウト出来ると考えています。

ブロックしなくても送ってこないだろうと思っている

放置しておくだけで、何もメッセージは来ないだろうと思っています。

ラインは、気軽さ故に誰にでもすぐコンタクトを取ることが出来るアプリです。

仲のいい人や好きな人には、いつでもすぐに一言送り、嫌いな人でも仕事等で関わりがあれば用件のみサッと送信出来ます。

逆に、用事がない人とはわざわざ頻繁に連絡を取り合う必要がありませんので、会った時や相手から動きがあった時などで十分事足りるはずです。

関わりたくないだろうと危惧するほど、関係は良好というわけではないのですから、放置しておくだけで十分と考えています。

自分が連絡したくない人に、何でもないメッセージをする事もありませんし、用事がないのに声をかける事もありませんから、必要がないと判断しているわけです。

LINEを返信する暇がないほど忙しい

LINEを返信するかしないか、考える余裕もないくらい忙しさに身をゆだねているタイプの人であれば、ブロックという選択肢も頭にありません。

放っておいても、次々と業務連絡や伝達がLINE上に溢れていきますので、必然的にトーク一覧の下の方に流れていきます。

画面を見ただけでは名前すら見つけられないほどになれば、わざわざ検索をかけてブロックをするのもひと手間です。

そこまで強い恨みを持っているわけではないのであれば、執念深い行為をしなくても忘れる事は可能になります。

関係性が良くなかったから連絡を取らなくなっただけのことであり、深い恨みがあるわけでもないし、思い返して腹を立てる程の感情を抱いていることもないということです。

忙しければ嫌な事もすぐに忘れてしまいます。

執着しているのは、他に考える事が少ないヒマな人の話です。

ブロックしないということは脈がある?復縁できる?

電話は出るのであれば脈アリかも

相手がさほど嫌っているわけではないと思えば、復縁したい人にとっては朗報となります。

電話をかけた時に対応してくれるのであれば、脈があるかもしれないと判断が可能です。

「嫌われた」「二度と会えないかもしれない」と思っているくらいの相手ですから、同じような気持ちを持っているのであれば、気まずくて電話も出られないはず。

「この人の電話に出ると話がややこしくなるな」「話したくない」と思っている時には、どうしても通話ボタンを押すことに抵抗が出てきます。

画面を眺めているうちに着信が途切れても、かけなおすことはありません。

かけなおすことで、気分が悪くなったり気持ちがコントロール出来なくなったりと、自分らしさを失ってしまう事もあります。

心が乱れるくらいなら、そのまま無視をしてしまった方がお互いに楽だと判断するはずです。

電話を出てくれるのは、声を聴く事も苦痛ほどではありませんし、場の空気感によってはこれからも理想の距離感を作るスタートが来れるようになります。

時間が経っても返信してくれたりフォローしてくれたりするなら悪気はない

「関わりたくないはず」と思うようになるきっかけの一つに、相手からの返信がないという事象があります。

「全然返してくれないのは、きっとやりとりしたくないんだろうな」と悲しくなってしまいますが、時間がかかってでも何か返信をくれたり、反応していなかったことに対してフォローがあったりするのなら、悪気なくやりとりが遅くなっているだけです。

ラインのやりとり頻度やレスポンスの速さは、その人の生活リズムの中でどう活用しているかにもよりますし、メッセージに対する優先順位にも関わります。

基本的に電話でやり取りをするタイプの人や、仕事用とプライベート用で別々のスマホを持っている人など、個人ラインに入ってくるメッセージを見るタイミングが後回しになるライフスタイルを送っている人にとっては、リアルタイムな返信は難しいものです。

すぐに反応できなくても悪気はありませんし、嫌っているわけでもありません。

元々LINEが苦手といってくれる場合は嫌われてはいない

反応が悪かったり、返信が遅かったりする場合でも、そもそも「LINEって苦手なんだよね」「読むのはいいけど、どう返事していいのか分からない」等の話をしていたのであれば、嫌われているわけではありません。

会っている時に話をしていることでも、メッセージを送って返信を待っている時には、つい忘れてしまうものです。

人は、何でも主観的に物事を見るものですから、既読になっても何も反応がなければ「マズイ言葉があったかな」「嫌な気持ちにさせることがあったかな」と自分責めを始めます。

相手からすれば、言葉に悩んでいたり、読んだまま終わっていたりと、対して気にも留めなくて構わない状況になっている場合がほとんどです。

あなたと会ってくれるなら関わりたくないとは思っていない

ラインは全く動かないのに、会ってくれるような相手であれば、関わりたくないと思っているようなことはありません。

関わりたくない相手とは会いたくないものですし、少しでも接点を減らしたいですし、やりとりをしてくれているとしてもかなり素っ気ない返信となっているはずです。

二人きりでなくても、誰かと一緒に会ってくれるなら、顔を合わせても構わないという距離として受け入れてくれていることを示しています。

本当に嫌っている場合には、仕事や変わりが利かないメンバーになっているケースを除き、友達同士の集まりなどであれば「あの人がいるなら行かない」という選択をするものです。

自由意志を表現できる国ですし、昔に比べて人との関わり方も縛りが薄くなっていますので、行動による拒否をしやすくなっています。

他の人にも同じく返信しないならあなたが嫌いなわけではない

基本的に返信をしないというケースもあります。

苦手と言っていたわけでもなく、やりとりの中でめんどくさそうな雰囲気が見えなかったとしても、返信をしないタイプというのはいるものです。

あなたに対して返信をしないだけでなく、他の人にも同じように放置するタイプなのであれば、わざとしている訳ではありませんから、気にしなくても大丈夫。

一つの話題に対してやり取りを始めたら、ちゃんと最後まで続けてくれたり、盛り上がったりするのに、普段全く相手からの連絡はないし、何でもない投げかけに対しては無視されるというケースもあります。

集中的なやりとりは出来ても、基本的にラインでやり取りをするのは苦手なタイプは、「会った時に話せばいい」「誰かが伝えてくれるだろう」とわざわざ行動を起こさずに放置しているわけです。

そもそもLINEをブロックする人の心理とは?

強制的に連絡を取れないようにしてけじめをつけたい

ケジメをつけたいという心理を持っている時に、ブロックという手段を使います。

「阻止する」「妨害する」という意味のブロック。

相手からの連絡をこちらに届かないようにするイメージが強いですが、こちら側でも名前がブロックリストに移動し、すぐには目に入らないようになります。

ブロックリストも削除してしまえば、もう登録前の状態に戻ってしまいますので、連絡をする事が出来なくなる仕組みです。

「繋がり続けると良くない」「名前が目に入るとつい連絡を入れてしまいそうになる」「何もアクションを起こさなくても、トーク画面を見ているだけで辛い」と思っている人は、手の届く範囲にいないと割り切れる状況にすることで、諦めが付きます。

強制的に、手の届かない人にしてしまうことで、自分の心を整理しようとしているわけです。

相手に対していじわるをしようと思っていなくても、自分の中だけの問題でブロックをする事があります。

嫌いだから関わりたくない

「もう関わりたくない」という心理で行います。

嫌いな人とは、少しでも接点を減らしたいものです。

顔を見る環境であれば、なるべく鉢合わせないように避けて動いたり、共通の友達を通じて情報が入ってくるなら、相手と仲のいい人とは遊ばなくなります。

連絡手段としても同じ。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

こちらがアクションを起こさなくても、登録していあるという事実があるだけで、嫌な気持ちが拭えない事もあります。

ましてや、ラインでは登録していある人を「友達」という名称で表現しているものですから、反発心が生まれるのも仕方のない事です。

「友達じゃないし」と怒りが沸き上がれば、すぐにリストから削除してブロックをしたくなります。

嫌いな人とはとことん接点を減らしたい心理の一つとして、繋がりを断つというわけです。

毎日送ってきたり返信を催促されたりするのがめんどくさい

メッセージが入ってくること自体、嫌がっている人もいます。

便利なアプリである分、受け止め方も利用の仕方も幅広くなっているのが現状です。

使い方に絶対的なルールがないため、その人の価値観に委ねられています。

気軽にやり取りが出来るから、頭に浮かぶままに文章を送る人もいれば、直接話が出来ない時の緊急用ツールとして考えている人も。

コミュニケーションアプリですから、メール様な固さがない分、自分の価値観による使い方の自由度が高まっています。

何でもポンポンと送ってくる人と、普段使う必要はないと考えている人との間には、時間の活用方法や物事の優先順位など、細かな違いがあるはずです。

一日何度もメッセージが入ってくることに不快感を抱いたり、用事がないのに繋がろうとしてくることに束縛されていると感じたりする人にとって、ラインはめんどくさくて仕方のないもの。

頻繁に入ってくる人をブロックさえしてしまえば、自分の使いたい時だけ利用できます。

パートナーを不安にさせたくない

恋人や配偶者がいる人にとっては、異性からのメッセージにハラハラしてしまうこともあります。

仕事や友達など、恋愛が全く絡んでいなくても、関係ありません。

パートナーのことを好きすぎる人にとっては、異性から連絡が来て心配させたくないし、誤解を受けたくないと思うものです。

また、パートナーから愛されすぎて束縛されているような人であれば、何でもないメッセージでさえもトラブルに発展してしまうこともあります。

お互い信用しあっている恋人同士や夫婦であっても、異性の友達や職場の仲間となれば、やきもちが沸き上がる事もありますので、ウェルカムという状況にはならない訳です。

友達として付き合う事は出来るけど、家に帰ったりデート中だったりする時には、返信をしたくないというのが本音と言えます。

理解してくれないと感じたり、そもそも名前のリストさえもパートナーに申し訳ないと考えていたりする人は、ブロックをして根源から絶つ行動を起こすのです。

LINEを交換することが嫌だったが断れなかった

そもそもLINE自体を交換したくはなかった、というケースもあります。

その場の雰囲気やノリ、間に誰かが関わっていたりなど、様々な状況でライン交換をせざるを得ない状況というのがあるものです。

例えば、交流会でとりあえずその場にいる人みんなと連絡を取り合えるようにしておきましょう、という流れになっていたり、知り合いがわざわざ時間を作ってくれて紹介してくれた人だったりすれば、その場で断るのは空気を悪くしてしまいます。

一旦、流れに乗っておいてから、後で「やっぱりいい関係にはなれませんでした」「合わないタイプでした」と個人的な問題に持ち込めば、連絡取り合う必要もなくなるわけです。

最初から乗り気ではない人であれば、やりとりも億劫に感じるものですし、通知音がなるだけでも気持ちが落ちてしまう事もあります。

LINEをすぐにブロックする人の特徴

決断するのが早い

決断するスピードが速い人は、繋がってもすぐにブロックすることに抵抗がありません。

今や、コミュニケーションになくてはならないと言えるくらい流通しているアプリケーションのLINE。

限られた人とだけ繋がることもあれば、とにかく色んな所と一旦繋がって、必要な相手を選別していく人といます。

公式ラインでも、何となく興味があるだけで登録をして、最初だけ情報を見てすぐに飽きてしまって放置しているというケースも少なくないはずです。

判断が早い人は、多くの情報を取り入れながら「自分には必要ない」と思った相手をバシバシ切っていくことが出来ます。

相手の立場やきもちなどを考えるよりも、損得勘定や時間の有効活用などを優先的に考えているタイプです。

そのため、深い付き合いをするというよりも、現状の自分に合う人とだけの繋がりを短期間で持っていくという人が多いと言えます。

自己中心的な性格

自己中心的で、感情を優先させている性格の人は、簡単にブロックをしていきます。

嫌な事があったから、相手の知り合いに嫌いな人がいるから、いつもタイミングが合わずにメッセージが届くこと自体にめんどくささを感じたから、など様々な自分なりの理由で、行動を起こします。

ブロック機能があるのは、自分の気持ちを素直に表現するための然るべき権利を持っていると勘違いしているタイプです。

人との付き合いは、自分がどんな人を選ぶかですし、そこに誰かからの強制はありません。

だからといって、相手を傷つけて言い訳はありませんし、好きなように利用していいはずもないのですが、自己中心的な性格であるが故に、何でも許されると思ってしまいます。

全て「自分が」という主観的な目線で生きているので、デメリットを少しでも感じてしまえば、切っていくタイプです。

常にネガティブ

あまりにもネガティブすぎるタイプの人もまた、ブロックをしやすいと言えます。

周りからの情報がすべて攻撃してきているように感じてしまうのです。

何気なく「元気?」と送られてきても、「こっちから何も連絡をしていなかったから、余計な心配を指せてしまった」「気を遣わせてしまったから、迷惑な奴だと思っているに違いない」と考えて、返信が出来なくなってしまいます。

ただのやり取りさえも、自分責めの材料になってしまうので、基本的にラインの友達リストは仕事や家族など必ずやりとりが必要な人のみです。

程よく付き合う事が出来ないので、不安になるくらいなら繋がりを絶ってしまっていたほうが気持ちが楽だと考えています。

人間関係を整理整頓しておきたいタイプ

何でも、ちゃんと整理しておきたいタイプの人にとっては、曖昧な距離感でいることがとても居心地悪く感じます。

断捨離も得意で、「使うか使わないか分からないものは、捨てる」という判断が出来る人です。

人間関係も、曖昧な人が多くなるとトラブルが増えると考えているため、直近で連絡を取り合う人かどうか判断していきます。

5年前は仲が良かったけど、次第に疎遠になった人や、環境が変わって連絡が取りづらくなった人など、状況次第で付き合い方は変わるものです。

今すぐに会ったり、何かを聞いたりする必要がないと思う人は、トークを削除する感覚でブロックします。

恋愛が絡んでいると、その判断はより感情的になるものです。

こちらの記事は、元彼からブロックされた場合の心理面や復縁方法が具体的に記されている記事ですので、気になる方は確認してみましょう。

全てが嫌われていると判断できるわけではありませんので、現状を把握することが出来るはずです。

振られた元彼からブロックされた…それ、実はあなたに未練がある証拠かも!?彼の心理と復縁方法

寂しがり屋のかまってちゃん

寂しがり屋の人は、わざとブロックをする事もあります。

「どうしたの?」「何か落ち込む事でもあったの?」と声をかけてもらいたいタイプです。

このケースは、直接会うことが出来る距離感で行われることが多く、ブロックをしてもすぐに戻すことが出来たり、相手から話しかけられたりする可能性が高い場合に、わざとされます。

恋人であれば「私、もう死んじゃう」とメッセージだけ残して連絡が取れなくなり、駆け付けてみると「友達とケンカして、酷い事を言われた」とのんきにお茶を飲んでいたり、「ケガをして病院にいます」と呼び出されると捻挫だけでピンピンしていたりと、周りを振り回すことが多々あるのです。

ブロックをして連絡を取れなくすることで、心配して欲しいという心理を表現しています。

親しい友人がいない

親しい友人がいないと決めつけている人は、簡単に人の縁を切ってしまいます。

「人と仲良くなれない」と思っている割に、周りからの親切を無下にしたり、関係を断ち切って距離を近づけないようにしたりと、無意識のうちに遠ざけている傾向にあるタイプです。

信頼できる人がいないと悩んでいる人が多いですが、自分の行動が寄せ付けないようにしている事に気が付いていません。

相手から連絡が来なければ、嫌われていると勘違いしたり、こちらからは出来ないと決めつけていたりするため、何も動きがない名前を見るだけで「意味がない」と感じてしまい、削除してしまうのです。

連絡ツールや関係性など、活用されていないものは無意味だと決めつけているため、友達の定義も特殊な条件をかなりシビアに持っています。

好きだから…関わりたくないと思われていてもブロックしないなら送ってもいい?

しつこく送るのはブロックされる可能性も

相手が受け入れてくれているならと、こちらがどんどん送っていると、今後ブロックされてしまう可能性もあります。

なぜ、そのまま放置されているのかしっかりと心理を見極めなければ、相手の気持ちを逆なでしてしまうのです。

少し距離を置きたいと思っているくらいだったのに、毎日メッセージが入ってくれば「もう」いい加減にして欲しい」「そっとして欲しい蛾の分からないのかな」と腹が立ってしまいます。

ブロックされていないからといって、仲が良かった状況とは違っている事を認識し、相手が望んでいる事をよく考えて期待に沿えるような行動をすることが大事です。

一日に何回も送るのはもちろん、毎日でも多いので、自分のペースがどのくらいか振り返るところから始めましょう。

急に返信が遅くなったと感じる相手の場合は、そっとしておいてもらいたい可能性が高いですので、相手からの連絡がない限りは、3ヶ月程度何もアクションを起こさない方がいいかもしれません。

時間がかかっても返信してくれるなら相手のペースに合わせて

ペースが遅くても返信があるのであれば、相手のベストペースがあなたと違うだけですので、あちらに合わせることがマナーです。

「こっちは毎日でもやりとりするのが普通だから」と巻き込もうと思っても、無理は続きません。

相手に無理をさせてしまうとブロックされてしまうこともありますし、嫌われてしまうことも十分あり得ますので、相手のペースを探るところから始めます。

既読になっているのに無視されていると感じる場合には、どの程度までをスルーされていると判断するのか判断する所から始めましょう。

あなたの中では、「放置されている」と感じていても、相手からするとちゃんと受け答えしていると思っていたり、好きだからこそ返事に困っていたりすることも。

こちらの記事では、好きな人に既読無視された時の対処法や判断方法などが詳しく解説されています。

ラインのやり取りでモヤモヤしているのなら、ぜひ読んでみてくださいね。

好きな人から既読無視…諦める?それともまだ脈あり?判断方法や何日待つべきか&既読スルーされた後の対処法

LINEが苦手な人には電話で

そもそもLINEが苦手と言っている人には、無理に時代の流れに乗せようとせずに、相手のやりやすい方法を選ぶことが優しさです。

あなた自身が、電話を苦手だと感じていても、相手がそちらの方が連絡を取りやすいと思っているなら合わせるべき。

人間関係は、相手に寄り添うことがどれだけできるかで、円滑さが変わってきます。

自分の世界に巻き込もうとするのではなく、相手の考え方に混ぜてもらうくらいの感覚でいると、スムーズに交流できるようになるはずです。

ラインが普及してからは、手軽さ故に電話をかけることに抵抗感を抱く人も増えています。

相手の反応がダイレクトにわかる電話に恐怖心を抱いてしまうので、ある程度融通を利かせられる文面に頼ろうとしているのです。

電話が苦手と思っているとしても、相手が望んでいるなら合わせているうちに声でのコミュニケーションがいかに迅速で、感情も伝わりやすいかを実感できます。

第三者に協力してもらう

第三者に協力してもらうことで、コミュニケーションをとってもいいかを判断する事も出来ます。

ブロックされていなくても、どの程度の付き合いを望んでいるのか、どんな関係性でありたいのか、人の本音を知るには情報収集が必要です。

一人で集めようと思っても難しいですから、第三者に協力してもらって、嫌われていないか、どのくらいの頻度で連絡を取るのがベストなのかを調査してもらいましょう。

最近、全然ラインを入れていなくて、いつ再開していいか分からない時にも、誰か他の人が相談に乗ってくれればタイミングを見つけやすくなります。

両者のことを分かってもらえる人を探しましょう。

複数人で遊ぼうと誘ってみる

ブロックされていなくても、相手の本当の気持ちが分からない限りは、しばらく様子を見ていくのも大事です。

返事もまともに戻ってこない相手ですので、まずはコミュニケーションを取りやすくするために、他の人も含めて遊ぶところからやり直します。

友達でいたいのか復縁したいのか目的は別として、他の人がいるだけで場が和みますし、話が分散しますので過ごしやすくなるはずです。

同じ空間にいることになれるところからスタートします。

顔を合わせていれば、話しかけた時の反応やどんな距離感で過ごそうとしているのか、確認する事が出来るわけです。

嫌われるようなことをしなければ、ゆっくりでも近づく事は出来ます。

相手の様子が分からないラインに頼るよりも、やはりリアルで対面した方が親近感も抱きやすくなるので、仲良くもなりやすいと言えるのです。

完全拒否ではない!関わりたくないはずなのにブロックしないなら望みはある!

「関わりたくないはずなのにどうしてもブロックをしないのは、何か理由があるのかな」とモヤモヤしているなら、相手の気持ちを想像するところから突破口を見つけられます。

完全に関係を断ち切られているわけではありませんから、心理的には何とも思っていない事も十分可能性としてはあり得るのです。

完全に拒否されているわけではないので、対処法をしっかり予定組して、周りの人にも協力してもらいながら、徐々に距離を近づけていきましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG