草原 若い男女

アメリカ人の彼氏とは別れた後こう接しよう!復縁したい場合・友達として連絡を取り合いたい場合の付き合い方

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐタロットカードを引いてください。

あなたの引いたタロットカードの結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

アメリカ人の彼と別れたらどう接したらいいのかな?日本人とアメリカ人の元カレに違いってあるの?と悩んでいるあなた。

アメリカ人の彼のことを知りたければ、まずはお互いの国の文化や価値観を十分に理解する事です。

この記事では、日本とはちょっと違うアメリカ人男性ならではの恋愛観、日本人には分かりにくい事もあるアメリカ人流の別れ方と本音、アメリカ人の彼氏が元カノに抱いている感情や復縁したい場合・友達として連絡を取り合いたい場合それぞれのアメリカ人の元カレとの接し方をご紹介しています。

別れてしまったアメリカ人の元カレとあなたがどんな関係になりたいかをよく考え、あなたが悔いの残らない付き合い方を導きだしてください。

もしも、彼のことをよく理解しないまま、曖昧な付き合いを繰り返してしまえば、いつまで経っても抜け出せない悩みを抱き続けるという運命に巻き込まれてしまいます。

アメリカ人である元カレの長所をうまく生かした付き合い方を学んでください。

目次

日本とちょっと違う!?アメリカ人男性ならではの恋愛観

いつでも笑顔でフレンドリーだけどそれが愛情表現ではない事も

フレンドリー男女

アメリカ人男性ならではの恋愛観には、笑顔でフレンドリーだけどそれが愛情表現と繋がらないという事もあります。

アメリカ人の男性の特徴として「女性には絶えず紳士でいるべき」「優しく接してあげよう」というレディーファーストな一面は必ず誰もが持っているものです。

そんなアメリカ人の元カレがあなたに笑顔でフレンドリーにしてくれていても、恋愛感情があるとは限りません。

何故ならば、先でも述べたようにアメリカ人男性はその血筋にレディーファーストのエキスが調合されているからです。

「決して女性を悲しませない」という気持ちを生まれ持った使命として抱えています。

アメリカ人男性は恋愛に限らず、女性を大切に慈しむように接するものなのです。

日本人男性には足りない「女性を大切にする気持ち」という部分を前面に出してくれるのが、このアメリカ人男性の特徴でもあります。

「彼がいつも笑顔でいてくれる」「そっと寄り添ってくれる」と喜んでいても彼の本心は別にある事もよくあることなのです。

文化の違う日本人女性の大和なでしこに憧れている

着物 女性

アメリカ人男性ならではの恋愛観には日本人女性の大和なでしこに憧れているというものもあります。

アメリカの女性はレディーファーストに慣れている為「男性が女性を立てることは当たり前だ」と感じているものです。

その為、男性に対しても「はっきりと自分の感じた事を伝える」傾向にあります。

「好きな人だから遠慮してうまく喋れない」という事はありません。

アメリカ人男性はそんな同じ国の女性に「自己主張が激しい」と常々感じているものなのです。

アメリカ人男性にとって、日本人の女性のしたたかさや男性の後ろにいつも控えている姿勢は新鮮に感じています。

「大和なでしこ」という女性が現実に存在するという事にカルチャーショックを受けると共に、その存在にあこがれる感情すら抱いているものなのです。

アメリカ人男性は、例え自分と意見が違う人と出会っても感情的にならず、一歩下がって男性の意見も真剣に聞いてくれる日本人女性の姿に感動してしまいます。

自分がしてきたレディーファーストな姿勢を女性側が行ってくれているからです。

そんな初めての出来事にアメリカ人男性は「日本の女性は素晴らしい」「こんな女性と付き合えば幸せだ」と感じます。

「文化の違いがここまで男女の差となって現れる」という事を知ることができるのです。

「初めから大好き」と付き合うことは稀でお試しの付き合いから進展する

外人 写真

アメリカ人男性の恋愛観として、初めから大好きで付き合うという事は稀というものもあります。

「付き合ってみれば好きになるかもしれない」というアメリカ人男性の恋愛観が少なからずあるものです。

何故ならば日本人女性から告白された時に、「彼女のことは好きではないから」と断ってしまえば、自分の今後の恋愛を発展させるかもしれないという選択肢を狭めてしまう事になるからだと言えます。

「今は好きだと思っていなくても、未来は好きになるかもわからない。とりあえず付き合うことで気持ちの変化を知ることができる」そんな希望を恋愛に持っているものです。

その為「初めから大好き」な相思相愛の状態での恋愛をアメリカ人男性がすることは稀だと言えます。

アメリカ人男性にとって恋愛は自分にとって未来を切り開くチャンスです。

そのチャンスを見す見す潰すような真似をアメリカ人男性は好みません。

お試しで付き合っているうちに「彼女のことが愛おしい」と感じ、本気で彼女のことを愛し真実の愛へと進んでいきます。

始めは何とも思っていなかった人でも、友達以上の関係を築けるのがアメリカ人男性の特徴です。

女性のことを常に好意的に見初めていることで、いつでも恋愛のスイッチが入ります。

日本人の恋愛観と違う所として恋愛に無限の可能性を見出しているからこそ、この恋愛も「素敵な出会いになる」と感じているのです。

相手に気を使うことはなく自分の意見をストレートに言ってしまう

指さして笑う

アメリカ人男性ならではの恋愛観として、自分の意見をストレートに言ってしまうというものもあります。

わざと相手のことを傷つけるという意図はありませんが、アメリカ人男性は何に対しても隠し事をせずにストレートに物事を発言する事こそが相手の為になると信じているのです。

その為にアメリカ人男性の彼の言葉には「気遣いがたりないな」「日本人とはちがう」と感じてしまう事も少なくありません。

しかし、彼の発言はすべてが「彼女のため」であり、ストレートな言葉の裏には大きな愛が溢れています。

例えば、アメリカ人男性が女性に対して「ちょっと太り過ぎではないかな?」という事があってもそれは単に意地悪で言っているのではありません。

自分の容姿で彼女が悲観してしまう前に自分が発言することで自らがヒール役になる事を買って出ているのです。

「彼がそんなことをいうから」と一念発起してダイエットができれば、簡単には諦めることの出来ない熱い思いで女性は頑張ることができます。

「彼を見返してやる」という気持ちはあなたの意思を強いものへと変えるのです。

そうやってダイエットが成功したときも「さすがだね」「美しくなったね」とストレートに褒めてくれるので女性は一層嬉しさを感じることができます。

体の相性はとても大切にしている為セックスの相性も恋愛の最重要事項になる

体の関係

アメリカ人男性ならではの恋愛観には、体の相性もとても大切にしているというものもあります。

アメリカ人の彼にとって体の相性は無くてはならないものの一つです。

何故ならばアメリカ人男性は体を使っての愛情表現を欠かしません。

愛を伝える一つの手段に体を使い女性を喜ばせることができれば、二人にとってかけがえにない絆に繋がると信じているからです。

もし体の相性が悪かったり、女性を思うように喜ばせる事ができなかったりすれば、途端に彼女への愛情を失ってしまうという事も珍しくありません。

アメリカ人男性の中でセックスアピールは自分のことを女性にもっと好きになってもらう為の手段であり、愛をダイレクトに感じて喜ぶことのできる恋愛の醍醐味でもあるのです。

アメリカ人男性がそこまでして体の相性に執着してしまうのは、常に結婚を意識しているからだとも言えます。

「彼女とうまくいった暁には結婚したい」という考えをいつも持っているという事も少なくありません。

アメリカ人男性は未来を見据えた恋愛を意識的にしているので、体の相性に強いこだわりを見せます。

日本人女性にはリアクションしづらいアメリカ人の彼氏の愛情表現

愛の言葉が大げさ「君に出会えた奇跡に驚くよ」

日本人女性には、リアクションしづらいですが、アメリカン人彼氏は、愛の言葉が大げさです。

国籍が違っても、愛情の深さに違いはないものの、表現の違いはやはり否めません。

日本人の男性は、好きな人にさえも言葉で伝えることを躊躇う人が多く、「言わなくても分かるだろう」「いちいち分かり切っている事を言わせるなよ」と表現することを遠ざけます。

けれども、アメリカ人は主張の国。

自分の思っている事ははっきりと言葉にして伝えます。

愛の深さが大きいほど、愛しい気持ちを伝える事は当たり前のことだとし、日本人からすれば大げさだと感じられる表現も容易く使うのです。

「君と出会えたことは奇跡だよ」「こんなに素敵な人と一緒にいられるなんて幸せだ」と伝えることは、彼なりの誠実さの証でもあります。

言葉で表現することの苦手な日本人からすれば、彼の愛の囁きがくすぐったくもあり、「そんなに大げさに言わなくても」と恥ずかしさを感じることもあるところです。

スキンシップは基本中の基本!常にどこかに触れている

スキンシップに関しては、アメリカ人彼氏を持つ人が、リアクションしづらい愛情表現として戸惑いを感じる部分です。

好きな人と触れ合えることは嬉しい、という感情は、男女ともに国籍関係なく感じる事ですが、思ったままに行動できるかどうかは別の話。

アメリカ人彼氏にとっては、好きな人に触れ合うことはごく自然なことであり、誰もがしている事です。

「夫の後ろを三歩下がって歩く妻」の精神が根付いている日本人からすれば、恋人と一緒にいても、人前に出れば少し距離を取っておくことがマナーだと思っている人もいます。

日本人同士が人前でイチャイチャするカップルも増えていますが、彼が常に彼女の体に触れている状態に比べれば、スキンシップの習慣の違いを感じざるを得ません。

とてもナチュラルに頭や頬を触っていたり、肩を組んだりしている姿は、ただのイチャイチャではなく、心の底から大事にされている様子がにじみ出るものです。

あまりにもスマートなスキンシップに慣れない日本人彼女は、どう対応していいのか戸惑ってしまいます。

友達と遊ぶだけなのにどうして?どこに行くにも一緒に行動

リアクションしづらいアメリカ人彼氏の愛情表現は、友達と遊ぶだけでも一緒に行動するところです。

心から好きになった人とは、ずっと一緒にいたいと思うもの。

思ったことを即行動にするアメリカ人彼氏は、いつでも一緒にいたがります。

女友達と遊びに行くだけ、ちょっと用事を済ますだけ、というときでも、当然のように「OK、じゃあ行こう」と身支度を始めるものです。

「一人でもいいよ」「別に一緒に行かなくても平気だよ」と伝えても、好きな人と一緒にいてはいけないといわれる理由が分かりません。

ちょっと彼氏と離れて遊びたいと思っても、常に一緒にいるので、ベタベタするのが苦手な女性は、困ってしまいます。

彼女の家族は既にファミリー!親との関係も大事にする

彼女の親とすぐに会いたがるのは、日本人女性にはリアクションしづらい愛情表現と言えます。

好きな人の家族は、仲良くしたいと思うのがアメリカ人彼氏の自然な感情です。

アメリカでは、ファミリーをとても大切にする文化なので、彼女の家族といえども、好きな人の親や兄弟と一緒に食事をしたりお出かけをするのはよくある光景。

家族と一緒に暮らしている家に遊びに行く事にも、何も抵抗がないので、彼女から「今日は親が帰ってくるの遅いから、遊びに来る?」など聞かれると、違和感を覚えます。

「いけない事をしている訳でもないのに、どうしてコソコソしないといけないの?」と信用されていないような気持になるものです。

親に対しても、明るく「お父さんも一緒に旅行行きましょうよ」と誘う姿に慣れない彼女からすれば「親にまで声かけなくていいよ」と思ってしまい、戸惑いを感じます。

彼女のことは何でも知りたいからいつも質問責め

彼女のことは何でも知りたいから、いつも質問責めになるのは、彼女としてはリアクションしづらいところです。

「本気で大好きな彼女のことは何でも知りたい」と思うのは、自然の気持ち。

日本人男性なら、根掘り葉掘り聞くのは恥ずかしいと思ってしまい、何でも分かっているふりをして格好つける人が多いのも事実です。

しかし、アメリカ人は他人からどう見られるなどという思考回路はありません。

好きな人のことを知りたい、心に浮かぶのはそんな純粋な気持ちのただ一点のみ。

「休みの日は何をする予定なの?」「その友達とはすごく仲良しなんだね。もっと聞かせて」「どんな事をされるのが好きなの?」と何でも言葉にして質問します。

彼女に喜んでもらえるよう、何でも知っておいて、最善を尽くしたいと思うのが彼氏の心境です。

アメリカ人の彼氏が彼女に対して不満に感じたりされると不機嫌になる事

クリスマスなのに家族との会話を理解してくれない

クリスマスなのに、家族との会話を理解してくれない彼女の態度に、不満を感じます。

アメリカは、キリスト教が幅広く信仰されている宗教です。

クリスチャンにとって、クリスマスは神聖な日であり、特別だからこそ家族と一緒に過ごすことが習慣となっています。

恋人と過ごす日となっているのは、クリスマスがイベント事としてお祭りのような扱いとなっている日本くらいです。

アメリカ人彼氏からすれば、恋人と過ごしていても、家族から電話があればお互いの近況を話し合う時間は欲しい所。

「私と一緒にいるのに家族と長電話なんて信じられない」「せっかく二人で過ごしているのに、家族の方が優先するのね」など不貞腐れた態度をされてしまえば、なぜ理解してくれないんだろうと不満を抱きます。

家族と仲良く過ごすことや連絡を取り合う事を疎まれる事自体が、理解しえない考え方の違いです。

友達へのハグに嫉妬してくる

友達へのハグに嫉妬して来られると、「そんな大したことでもないのに」と不機嫌になってしまいます。

スキンシップの中でもハグは、コミュニケーションの基本とも言える動作であり、欧米諸国では挨拶として交わすのが普通だという事は、よく知られている事実です。

しかし、日本人女性の感性としては、好きな人が他の異性とハグをしている姿を見るのは、いくら挨拶だと分かっていても穏やかではいられません。

「分かっているけど、日本にいるんだから、ハグはしないで欲しい」「相手の女の子がその気になったらどうするの?」と心がモヤモヤしてしまいます。

理解を示そうと言葉にしないように気を付けていても、心のモヤモヤは態度に表れるもの。

不満を持っている彼女を見て、「嫉妬しないで欲しい」「挨拶にいちいち反応しないで欲しい」と彼氏の方も不機嫌になってしまいます。

親しい人とあいさつをする時くらいは、ハグを許してほしいと思っているところです。

過激なダイエットは止めて欲しい

過度なダイエットは止めて欲しいと思っているのが、彼氏の不満です。

日本人は容姿に対する理想を、モデルや女優に照準を合わせている事が一般的で、「痩せている人が綺麗」と思い込んでいます。

テレビも雑誌もマスメディアはどれも、やせたモデルを起用しており、可愛いファッションも小物も「細くないと似合ない」という洗脳をされているのです。

アメリカ人からすれば、その感覚が理解できず、「日本人はやせすぎている」というのが本音。

好きな人が痩せすぎている事やダイエットをしてまで体重にこだわることに、不安を隠せません。

アメリカ人彼氏は、どんな容姿でも好きな人はどうあっても好きな人。

見た目よりもフィーリングや考え方の方が重要なので、過度なダイエットをしている姿を見ると、体を壊してしまわないか心配なのです。

幼稚さを感じる髪型や服装

実は、幼稚さを感じる髪型や服装に不満を抱いているのが、彼氏の心境です。

日本人は、他国から比べると女性がとても幼く見えます。

アメリカでは特に大人の女性は、グラマラスでセクシーな人が多いため、日本人の体形も相まって、年齢不詳の顔はとても子供のように見えてしまう事も。

それにも関わらず、前髪をパッツンと揃えて切ったり、ツインテールをしたりと、幼く見えるファッションも若者の間では不動の人気です。

服装に合わせて、色々な髪型にアレンジするものですが、どれも幼すぎる印象を強めてしまいます。

その人に似あっていれば基本的には問題ありませんが、日本人女性は流行に敏感であり、誰もが同じようなファッションを目指す傾向にあるので、カリスマ的モデルやタレントと同じような恰好をしたがるものです。

似合っていなくてもお構いなしで、幼稚すぎるファッションや髪型を取り入れるのは不満に感じます。

日本人独特の曖昧な表現

日本人独特の曖昧な表現は、アメリカ人彼氏にとっては、不満に感じる部分です。

自分の意見をハッキリ言葉にすることが出来る彼は、日本人彼女の曖昧な日本語表現が理解できません。

食事に行ってオススメの料理がいくつかあり、どれも食べてもらいたい時、「全部頼んでみる?」と打診して返ってきた返事が「大丈夫」だったら、彼はYESかNOか判断できないのです。

日本人同士の会話なら、この場合「大丈夫だよ」は「いらない」という意味である場合が多いはず。

「あれこれ注文かけて全部食べ切れなかったら申し訳ない」「次に来た時別のを頼んだらいい」と残ってしまう事を懸念して遠慮する気持ちが働くからです。

本当に食べたければ「いいね、頼もうよ」とハッキリと意思が伝わる表現をします。

日本人は、YESの時にははっきりと伝えることが出来るけれども、NOの時に曖昧な表現になるのです。

彼にとってはその使い分けが分からず、彼女の本心を知ることが出来ないことにストレスを感じます。

アメリカ人男性ならではの恋人とのケンカの仕方

小さな不満を溜め込まずにすぐに伝える

アメリカ人男性ならではの恋人とのケンカは、小さな不満をため込まずにすぐに伝えることです。

我慢する習慣が常習化しているわが国では、小さな不満は一旦自分の中に収めてしまう癖がついています。

「まあいいか」「まだ怒るほどの事じゃない」と我慢しますが、小さな不満が募ると爆発させ、ケンカに発展するものです。

ところが、彼は我慢するということがないので、不満を感じたら即座に言葉にして伝えてきます。

そのため、「そのくらい我慢してよ」「いちいちうるさいな」と細かな喧嘩が多くなり、器が小さい男だとも思ってしまうもの。

小さな不満をため込まないカレならではのケンカは、毎日のようにマイナス感情を発散させるので、スッキリするメリットがあるだけでなく、後から蒸し返して面倒な喧嘩になる事はありません。

ケンカをしているのに褒め言葉が入る

「アメリカ人ならではだな」と、つい思ってしまうケンカは、言い合いの最中なのに誉め言葉を入れてくるところです。

国内の恋人同士なら、ケンカの時には罵倒してしまう人も多く、心がズタボロになってしまいます。

しかし、彼の場合はケンカをしている時であろうが、基本的に「好き」という気持ちがぶれる事は一切ありません。

意見が合わない、イライラするという時でも、「君が素敵なのは分かっているよ、でもここが嫌なんだ」「あなたが美しすぎるからいけないんだ」など、責められても嬉しくなってしまうような言葉が含まれます。

彼の気持ちがストレートに伝わる言葉の数々に、「お互いを大切にするための道を探す」という初心に戻ることが出来るので、怒りの感情が収まっていくのです。

ただ、普段から好きなポイントを明確に持っていて、頻繁に表現してくれるので、女性側の性格によっては、「またそんな調子のいいこと言って」と聞き流してしまうこともあります。

急かされただけで怒る

急かされただけで怒ってしまうことが原因で、ケンカになるのが特徴的。

一緒に買い物や遊びに行くために出掛ける時、女性は準備に時間がかかるものです。

オシャレをしてメイクや小物の準備に、余念がありません。

日本人の彼女は、彼氏と出かける時にメイクをする事が当然のようになっていますが、アメリカ人の女性は、改まった場面でなければあまりメイキャップに重きを置いていないのが現状です。

そのため、出掛けたいときに気の向くまま恋人と出かけます。

男性は、予定を決めて時間通りに動くという習慣があまりないので、時間ぴったりに出かけられないことを彼女に急かされると、それだけでストレスを抱えて怒ってしまうのです。

自分のペースで動きたいので、時間に追われる生活は難しいといえます。

逆に彼女の準備を待つことはいくらでも平気で、急かすという事はなく、オシャレをしている彼女を愛おしそうに眺める事が好きです。

自分が悪くても謝らない

自分が悪くても謝らないのが、ケンカの時のあるあるです。

アメリカ人彼氏は、細かい事にうるさいくせに、自分に非があっても謝ることをしません。

実は「I’m sorry」を言うという事は、全面的に「俺が悪い」と請け負う事になるからです。

カップル同士のけんかはどちらかが全面的に悪いわけではなく、お互い歩み寄ることが出来ないことで勃発するものと言えます。

そのため、日本人カップルでは折り合いをつけるためにも、「ごめんね」と言う事で、自分の悪い部分を認め、相手の言い分を少し受け入れ、妥協する提案の意味を持つものです。

「全て俺のせいにされたくない」と思っているアメリカ人彼氏は、謝ることが出来ないので、その態度が余計に彼女の苛立ちを大きくさせます。

謝らない代わりに、話をすり替えることが上手なので、いつの間にか論点が変わっていることもしばしば。

許し合いたいと思う時には、言葉の意味を曖昧にできる日本語で謝りあうことを提案してみましょう。

彼女を理解したいという思いが強い

彼女を理解したいという思いが強く、ケンカの原因となります。

我が国のカップルは、空気を読むという風習があり、何もしゃべらなくても相手の考えている事を推測して行動することが出来ることが特徴です。

「こんな風にして欲しいのかな」「今は放っておいて欲しいのかな」など、彼女の顔を見て理解し、自分なりの行動に落とし込みます。

しかし、空気などという見えないものを理解できないのが、アメリカ人彼氏。

彼女が何も言わなければ何を考えているのか分からない、理解できない事がストレスとなります。

「君が考えている事を教えてくれよ」「言葉にしてくれないと分からないだろう」と理解したい気持ちから、空気を察して欲しい彼女のことを責め立てる事でケンカが勃発するのです。

日本人にはわかりにくい!?アメリカ人流の別れ方と本音

彼女が幸せならそれでOK!自分の好きな人の幸せを本当に望んでいる

笑う男性

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

日本人に分かりにくいアメリカ人流の別れ方には、彼女の幸せを心から望んでいるというものがあります。

彼女の幸せを一番に考え、自ら身を引くというアメリカ人流の男の美学がそこにはあるものです。

「何があっても女性の幸せを考える」という観点から「随分とあっさりとした別れだ」と感じる女性も少なくありません。

しかし、アメリカ人男性はそこに守り抜きたいポリシーがあり、ゆるぎない信念となってシンプルな別れを持ち合わせているものです。

そんな男性に対してあなたは「私のことは本気じゃなかったのね」と辛い思いをする必要はありません。

彼はあなたのことを本気で愛していたからこそ別れをスマートにして、新たに元カノの門出を祝っています。

「彼女が幸せならばそれで納得がいく」というものがアメリカ人男性の持つ本音です。

日本人女性からすればシンプル過ぎる別れに「もっと別れを悲しんで欲しい」と感じてしまう事もあります。

しかし、元彼はあなたの気持ちと真逆の感情を持ち合わせている為、日本人には分かりにくい別れになる事もしばしばあるものです。

アメリカ人男性があなたとの別れに感じているものは、彼女のこれから先の幸せだけだと断言できます。

「さよなら」した次の瞬間から友人として普通に付き合える

キッチン 男女

アメリカ人流の別れ方には別れた次の瞬間から友人として付き合えるというものもあります。

アメリカ人男性は人とのつながりを大切にしているものです。

「彼女と別れたからそこで終わり」という気持ちは持ち合わせていません。

何故ならば元カノも自分と一緒の時間を過ごしてきたよき理解者であり、大切な人という分類に入るからです。

その為、一旦別れてしまえば元カノですら「友人の一人」という気持ちを持っています。

友人としての付き合い方はアメリカ人男性の得意とするものです。

隣にいる人でも、いつでもフレンドリーに接することが出来るアメリカ人男性には元カノと友人関係に戻ることなど容易い事。

別れた後に「彼女は友人になった」と自分に言い聞かせ次の瞬間にも「じゃあ、またね」と今度会う約束をすることも珍しくはありません。

そんなアメリカ人の元彼が友人として普通に笑っていることが「軽率で許せない」と感じる女性も多いものです。

しかし、そんなあなたは、彼に初めて出会った時を思い出して見てください。

元カレはとてもフレンドリーに歩み寄ってくれたはずです。

それがアメリカ人男性にとって普通のことであり、逆に日本人の男女が別れて疎遠になってしまう事も彼にとっては驚くべき現実だと言えます。

アメリカ人の彼の心が冷めてしまったら、周囲のことなどお構いなしで別れる

別れ男女

アメリカ人流の別れ方と本音には、心が冷めてしまえば、周囲のことなどお構いなしで別れるというものもあります。

自分の心の内を隠すことはアメリカ人男性には無いものです。

すべてを打ち明けて本音を言う事が良い事であるという考えがそこにはあります。

アメリカ人男性は自分も回りくどい言い方をされる事を嫌うもの。

その為、感じた事や気持ちの変化を正直に話すことを求めているのです。

「彼女と別れたい」という気持ちが心の中に芽生えたのならば、それは自分が彼女とは付き合えないと判断したからだと言えます。

その気持ちを正直に彼女に話さねば心がモヤモヤしてしまい、自分も辛く感じてしまうだけです。

その為、心が冷めてしまった事を伝え、例え彼女側が泣いて縋りついてきても「もう付き合えないから」ときっぱりと断ってしまうことも少なくありません。

「自分がされて嫌な事は相手が誰であろうとしない」という信念があります。

立場が逆転したときでも、相手の感情に騙されて付き合う事ほど、後々に辛い事はありません。

この思いがあるからこそ、尚更彼女との別れを決めればすぐに話し合いの場を設け別れ話に進めてしまうものなのです。

予期せぬ別れ話には感情的になり思いのままを伝えるけど言いたいことを言えば即終了

男性 後姿

アメリカ人流の別れ方と本音には、予期せぬ別れ話に感情的になってしまうというものもあります。

「うまくいっている」「彼女との相性は抜群だ」と感じていれば、彼にとって別れ話は無縁と感じていることも少なくありません。

そんな時に彼女の方から別れ話を切り出されたとすれば、それは彼にとって寝耳に水。

「なんでそんなことを言うんだ!」「僕たちはうまくやっていたじゃないか」と感情的になってしまう事もあります。

しかし、それは彼が思いもよらない事態にびっくりしていただけに過ぎません。

自分の気持ちを吐き出してスッキリしたのならば「彼女の幸せは別にあるのか」と諦めもつき、ヒートアップしていた彼の感情は静けさを取り戻し、二人の別離を受け入れます。

彼は伝えるべきことを言い終わった時点で、すでに気持ちの切り替えが付いているのです。

その為、感情的に白熱した別れ話もすぐに終息し、別れという事態も双方が合意したものに変わります。

後からネチネチと「やっぱり別れたくない」というようなアメリカ人男性はいません。

自分の気持ちを伝える事で悔いのないものへと変えるので、別れ話ももつれる事が無いのです。

「元カレが熱くなっていたのにすぐに話が終わってしまった」と驚くかもしれませんが、それは彼がすべて吹っ切れた証拠でもあります。

「好きだけど別れる」と男性が言う時の心理&復縁の可能性&好きだけど自分から別れる時の後悔しない判断ポイント

アメリカ人の彼氏が元カノに抱いている感情

別れてからはお互いが別人であり一人の尊敬できる人物になる

握手する女性

アメリカ人の彼が元カノに抱いている感情には、別れてからはお互いが別人であり一人の尊敬できる人物だと見ることができるというものがあります。

何故ならば、付き合ってきた時間に元カノの良い所も悪い所も一番近くで見てきたのが彼だからなのです。

そんな彼氏はあなたのことを「受け入れられないところもあったけど、良い所をたくさん持ち合わせた彼女であった」と高く評価していることも少なくありません。

良い所がたくさんあった彼女と付き合えたという事は、彼の中での自慢できる一面でもあります。

その為、元カノのことを悪くとらえる事はなく、むしろ「素敵な女性だった」と元カノのこと尊敬するものなのです。

もしも、元カノのことを悪く言ってしまえば、「そんな悪い彼女と付き合った自分が間違いであった」と否定する事になりかねません。

自分自身で否定してしまえばその付き合ってきた時間すべてを貶すことにもなり、「なんでそんな決断をしたのか」と惨めな思いをしまうことになります。

ネガティブな感情は明るい未来を歩みたい彼にとって邪魔なものに他なりません。

彼女を一人の女性として尊敬できれば、自分の歩んできた道のりが間違いではなかった事の証明になり、うまく切り開ける未来への扉にもなるのです。

未練などはなく気持ちをうまく切り替えて新たな未来を考えている

未来都市

アメリカ人の彼が元カノに抱いている感情には、未練などはなくうまく気持ちを切り替えているというものもあります。

アメリカ人の彼は真っ直ぐ前だけを見て進んでいるものです。

それは国民性というものも関係していますが、理論はとても簡単で「過去を悔やんでも何も生まれないから」ということが念頭にあります。

アメリカ人の元カレが元カノに未練を抱かない理由は、彼女と付き合ってきた出来事は、既にすべて終わってしまった事だと気持ちを切り替えることができているからなのです。

その為、未練を感じるどころか「次の出会いを常に探している」という事も珍しくありません。

過去を振り返る時間があるのならば「次へ進みたい」という新たな未来を見据え前向きに取り組みます。

アメリカ人男性は元カノのことはあまり話したがりません。

それは、昔のことを話しても変えられない事実がそこにはあるからです。

「話しても仕方のない事をあえて話題にしない」ただそれだけのこと。

日本人のように昔の栄光に縋り付き「こんなことがあったんだ!」と自慢話を繰り広げるようなことはありません。

「元カノは大切な友人だ」と友達としてかけがえのない人というスタンス

友人 男女

アメリカ人の彼が元カノに抱いている感情として「彼女は大切な友人だ」というものもあります。

アメリカ人は出会いを大切にしているものです。

「彼女とは何かの縁で繋がっていたからこそ、出会えた」と常々感じています。

その為、別れてもすぐさま「大切な友人の一人」というスタンスは崩しません。

「恋人としては未熟だったけれど友人としてはより良い人間関係を構築していけるものだ」と新たに違う分野の関係をスタートさせたいと願っているものなのです。

別れてからも付き合っていける人は、とても信じあえる仲だからできることだと言えます。

付き合ってきた長い時間があったからこそ元カノのことを理解することができ、友人として傍で見守って欲しいという感情を持ってしまう事も少なくありません。

彼はあなたに対して「絶対的な信頼」を寄せています。

元カノ事を、別れてからでも友人として傍に置いておきたいほどには、彼はあなたの人間性に惚れているのです。

元カレがあなたと別れたときに「これからもいい友人でいよう」と言ったことに対して違和感を持つかもしれませんが、それはあなたのことが恋人関係を取り除いても魅力的であると見初めている証拠でもあります。

元カノと別れた彼は「友人としてかけがえのない人である」というスタンスを崩したくないのです。

特に何も思わない過去の人「昔の懐かしい親友」

男性たたずむ

アメリカ人の彼が元カノに感じていることには、特に何も思わないというものも含まれます。

アメリカ人の彼にとって、元カノの存在というものは、空気と同化してしまうほど透明な色となって彼の視界から消えてしまうような存在です。

それは過去を振り返らないという彼の性格から、目には見えないものへと変化しているからだと言えます。

「過去は振り返らない」というアメリカ人の彼のポリシーは元カノであるあなたの存在を消してしまうのです。

その為、彼が元カノに感じる事も特に何もありません。

例えば、日本人ならば元恋人を思い出すと同時にその頃の心情が溢れて出てくるものです。

「あの時元カレはこんな言葉言ってきた」「元カノはすごく辛そうな顔をした」といったことが蘇ってきてしまいます。

しかし、アメリカ人の元カレは過去を振り返る事に無意味だと思っている為、別れた元カノに思いを馳せることはありません。

そんな彼が唯一思い出すのは、友人関係を結んだ遠い昔の記憶のみです。

友人関係は除外してしまえないほどの深いつながりだと言えます。

彼にとってもあなたにとってもそれは出会いの始まりであり、かけがえのない友ができた瞬間でもあるからです。

従って元カノについてではなく、あなたを友人の一人として「昔の懐かしい親友」と感じます。

アメリカ人の元彼との接し方:復縁したい場合

結婚への願望や将来の夢などは語らずに同じ空間にいることを楽しむ

楽しむ 男女

復縁したい場合のアメリカ人の元彼への接し方には、結婚や将来の夢などは語らず同じ空間にいる事を楽しむというものもあります。

アメリカ人の彼との破局には国際恋愛ならではの壁があるものです。

それは「結婚したらどうなるのかな?」「将来は外国で生活するの?」といった不安が積み重なりできた溝という事も少なくありません。

その為、復縁に導く関係を築く為にはまずは、その不安を無視した上で「この人ならば、ずっと一緒にいたい」と思えること関係になることが重要になってきます。

お互いの気持ちを高めた上で将来を考えなければ「やっぱり彼女とはやっていけない」と感じてしまう事も少なくありません。

同じ空間にいる事が自然に楽しめる関係になれば、自然と将来のことを考えられるようになります。

無理をして先々のことを考えてしまえばあなたの気持ちを伝える前に彼の心が折れてしまい、復縁までの道のりが途絶えてしまうということもよくあることなのです。

結婚や将来の夢は彼と一緒に過ごす先に待っています。

焦ることはなく、彼と一緒にいて楽しむことだけを考えて下さい。

二人が深く会話できるように言語能力を可能なまでに高めて理解し合えるコミュニケーションを取る

話す 男女

アメリカ人の元彼と復縁する為の接し方には、言語能力を高めるというものもあります。

生まれ育った国が別にあるという事は必ず、言語の差というものが生じてしまうものです。

お互いの国の言葉を勉強していても「分かり合えない」事はあります。

「私はこう伝えたつもり」と思っていても実際には「うまく伝わっていなかった」という事もよくある事なのです。

言葉が伝わらない不自由さにヤキモキしてしまい、破局してしまうカップルも珍しくありません。

「なんでわかってもらえないのかな」「いつまで経っても理解してくれない」と互いの意思疎通もうまくできなくなってしまうからです。

しかし、そんな二人の間にある隔たりを埋めるのもまた、言葉だと言えます。

自分ができる最大限で言語能力を高める事により、彼との距離も縮めることができるものです。

今までよりも聞き取りやすい言葉でコミュニケーションを取ることができれば「彼女は僕のために頑張ってくれたのか」と彼から温かい眼差しで見てもらえるようになります。

あなたの頑張りは彼に伝わり、それは愛情となって返ってくるのです。

コミュニケーションが深く取り合えるという事は彼の気持ちもよく理解できるということ。

今まで以上に心の距離は縮まり、彼はあなたとの復縁も考えてくれるようになります。

国が違えば言葉が別なのは当然のことです。

しかし、どのように向き合うかを考えることであなたの好意を彼に伝える事ができます。

フレンドリーに徐々に距離をつめて「相性の良さ」をアピールする

ハイタッチ

アメリカ人の彼と復縁する為の接し方には、フレンドリーな関係から相性の良さをアピールするというものもあります。

アメリカ人の元彼とは別れた後もその愛想の良さから仲良くできているものです。

それは、彼自身が元カノでも友人の一人と換算してくれているからだと言えます。

しかし、このまま友人の一人という立ち位置を続けてしまっては、いつまで経っても復縁することは叶いません。

何故ならば、彼はあなたのことを友人以外には見据えていないからです。

しかし、その友人から再び恋人候補になる接し方が一つあります。

それがあなたと彼の相性の良さを友人という立場からアピールする事です。

友人がとてつもなく相性の良い女性であることを知れば、彼の価値観を変えることができます。

「私たち、こんなにフィーリングが合うね」「一緒にいて楽しいね」と彼に伝える事で「そうだな」「彼女は特別だ」と彼は自分が見向きもしなかった事実を知ることができるのです。

それは彼を復縁へ進める後押しになります。

友人と恋人の境界線を作る事で彼に恋愛を意識してもらう

境界線

アメリカ人の彼と復縁する為の接し方には、友人と恋人の境界線を作る事で彼に恋愛を意識してもらうというものもあります。

恋人と友人の境界線を明白にすることで「ここから先は恋人の世界」というものを彼は感じやすくなるものです。

その為には「恋人ならこんな感じだね」と恋人だったらどうするのか「友達だからあなたのことが心配なのよ」と友達ならどこまで彼と接する事ができるのかを彼に直接伝えるという事も大切だと言えます。

「この辺まではOK」と彼の勝手な判断に委ねては、恋人と友達の間はあやふやなものです。

そこをきっちりと分ける事で、彼にあなたとの恋愛関係というものを理解してもらう事ができます。

彼が「彼女とはもっと深い関係になりたい」と思った時に「やっぱり好きだから付き合ってほしい」と彼に告白させることもできるものです。

アメリカ人の彼と復縁する為には自分たちが今はどんな関係なのかをきっちりと示すことだと言えます。

この接し方をマスターして、アメリカ人の彼と復縁という二人の恋の続きに足を踏み入れましょう。

彼の手を取り、歩むべき道へ進む事であなたの願いは叶います。

アメリカ人の元彼との接し方:友達として連絡を取り合いたい場合

新たな彼氏や好きな人の恋愛相談を「信頼されている」と思わせる

話をする 男女

アメリカ人の元彼と友達として連絡を取りたいときは、新たな彼氏や好きな人の恋愛相談をすることもその一つだと言えます。

別れた元カノからいきなり連絡が来れば「もしかして、俺の事に未練があるのかな」とアメリカ人の彼が感じる事も少なくありません。

それは連絡をした時点で元カレは恋愛を絡めてあなたのことを見ているからです。

このまま恋愛を絡めた見方をされてしまえば、あなたが望んでいない恋愛関係に進展してしまう危険もあります。

その為にも初めに連絡する時から恋愛相談を持ち掛ける事で、あなたの気持ちに「未練がない」という事を彼に分かってもらう事が出来るものです。

恋愛の相談を持ち込んできた元カノに対して彼は「信用されているんだな」と二人の間の信頼関係が出来上がっていることに喜びを覚えます。

「元カノの為に力になってあげたい」と友情が芽生え、友達として密に連絡を取り合える関係へと進展する事も珍しくありません。

あなたは彼に何でも話せる「相談役として」ずっとそばで見守り続けてもらう事が出来るのです。

別れたからといって完全に離れるのではなく一緒に切磋琢磨して支え合える友人として、これからも連絡を取り続けていけます。

ホームパーティーに誘って友達や家族と大勢いで楽しむ場を設ける

ホームパーティー

元彼と連絡を取り合いたい場合の接し方は、ホームパーティーにアメリカ人の元彼を招待するというものもあります。

アメリカ人である彼はホームパーティーに慣れ親しんでいるものです。

ホームパーティーは友人や家族と和気あいあいとして過ごすことで、同志のような親しみを感じる事も少なくありません。

アメリカ人の彼も別れてもなお友人としてパーティー呼んでくれる元カノに、自分のことを気遣ってくれて「ありがたい」という気持ちになるものです。

「家族や友人と同じように扱ってくれているという事は、彼女の周囲の人になれたという事だ」と彼もあなたの友人の一人になれたことに安堵してしまう事も珍しくありません。

何故ならば、彼はあなたと別れてから、もの悲しさに襲われていたからです。

一緒にいた元カノがいないだけで「寂しい」という気持ちになる事も少なくありません。

当たり前にいた存在が消えるという事は居心地の悪さを感じてしまうものです。

いつもと違う日常は自分の中での違和感に通じ、寂しさとして現れてしまいます。

彼とこの後も連絡を取り合いたいのであれば、パーティーに呼べる仲間の一員に据え置くことで、連絡を取り合う事もスムーズにできる仲になれるのです。

ストレートに意見を言い合って「別れてからも友達でいたい」と伝える

友人 男女

アメリカ人の元彼と友達として連絡を取り合いたい場合の接し方には「別れてからも友達でいたい」と伝えるというものもあります。

アメリカ人の元彼に回りくどい言い方は似合いません。

あなたの気持ちを素直に伝える事で、彼は理解を示してくれるものです。

アメリカ人の元彼に「あなたとは別れてからも友達でいたい」と直接伝えましょう。

素直な気持ちを言ってくれたあなたに対して彼は「彼女の言うことに偽りがない」と、その潔さを称賛してくれるものです。

日本人は言葉一つとっても、回りくどい言い方をするわりに、少ない言葉ですぐに真意を察してほしがります。

そんなところはアメリカ人の彼にとって分かりづらく「なんでそんなことをするのか?」と理解できない言動になることも少なくありません。

彼とあなたの間に食い違いができてしまえば、これから先も連絡を取り合う友達になる事は難しくなります。

「相手のことが理解できない」という事は不信感に繋がり「付き合いたくない相手」というレッテルが貼られてしまうからと言っても過言ではありません。

アメリカ人の元カレは分かりやすい言葉程、実は素直に理解を示して応じてくれるものなのです。

ポジティブに接する「楽しいね」「もっと盛り上がろう」と楽しい雰囲気を作る

ゲームをする

アメリカ人の元カレと友人として連絡を取り合いたい場合、ポジティブに接するというものもあります。

アメリカ人の元カレは楽しい事が大好きです。

元カノと一緒にいても、友人として楽しむことができればハッピーだと考えています。

その為、元カノの方から「楽しいね」「もっと盛り上がろう」という言葉を聞ければ、更にテンションを上げて楽しむことも珍しくありません。

そんな関わりは元カレにとっても楽しい日々であり、元カノであるあなたとの新たな一ページでもあるものです。

「恋人としては適合しなかった元カノは、実はめちゃくちゃ息の合う友人の一人」という事に彼自身気が付くことで、あなたと唯一無二の親友としてこれからも、仲良く楽しく関わり合っていく事ができます。

あなたも元カレも恋人のままではなり得なかった大切な遊び仲間を手に入れる事に成功したのです。

そんな楽しい時を共に出来る仲間とならば、いつでも気軽に連絡を取り合う事ができます。

恋人と破局した直後のようにナーバスな雰囲気を吹き飛ばし、いつでも楽しく笑い合える関係へと進んでいけるのです。

彼と一緒に楽しめる雰囲気を作る事で彼との縁は切れないものへと変えることができます。

国際恋愛でアメリカ人の彼としかできない恋愛を楽みましょう

アメリカ人カップル

日本で生まれ育ったあなたに巡り合ったアメリカ人の元カレは運命を感じています。

その導き出された運命に逆らうことなく国際恋愛の楽しみを見つけ出すことで、とびっきりのラブロマンスを手にすることができるのです。

しかしこのチャンスに「彼はアメリカ人だから」と自分の気持ちにセーブをかけて諦めてしまっては、本当に大切にするべき存在を失ってしまう事もあります。

あなたがアメリカ人の彼に惹かれた事は偶然ではありません。彼だったからこそあなたは心に響くものを感じたのです。

アメリカ人の彼の愛を手に入れる事であなたは一層女性としての美しさや愛情表現の豊かさを身につけることができます。

ビューティフルウーマンになり、彼を虜にしましょう。

【期間限定・2021年7月25日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

草原 若い男女
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG