「好きだけど別れる」と男性が言う時の心理&復縁の可能性&好きだけど勇気を出して自分から別れる時の後悔しない判断ポイント

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「好きだけど別れる」と言われてしまえば、彼のことをますます忘れられなくなってしまうものです。

未練は日ごとに募り、その悲しみは、あなたをのみこんでしまうこともあります。

そんな時に彼の本音や復縁の可能性が分かれば、あなたの恋愛の納め方も分かるというものです。

今回は、「好きだけど別れる」という男の心理や本音、好きなのに別れることを選んだ男性が後悔する瞬間、元彼と復縁できる可能性、お互い好きなまま別れた元カレとやり直せる確率を高める方法、好き同士でもよりを戻さず別れたままでいる方が幸せになれるケースをご紹介します。

この記事をヒントに、元彼の不可解な行動を解析しましょう。

彼の心理を暴けば、元彼の心の中に入り、別れの真実にたどり着けるのです。

あなたと彼の本当の幸せを見つけることが出来ますよ。

目次

「好きだけど別れる」と言う男の心理や本音

自分には手に負えないという考えから

考える男性

「好きだけど別れる」という男性心理には、自分の手には負えないという考えからくるものもあります。

彼女のことは好きだけど、彼女との未来を守り抜くだけの力量が自分には足りないという考えがあるからです。

そんな彼は「結婚したいね」と言ってくる彼女の言葉が彼の胸に重くのしかかります。

「早くプロポーズしてあげなくては」と考えますが、プレッシャーを与えられているようにも感じるのです。

男性が女性を守り抜く自信というものを失ってしまえば、恋愛に尻込みしてしまうこともあります。

彼女を愛しているという気持ちと恋愛感情で付き合って行くというものが別々の次元で存在しているのです。

その為、恋愛イコール彼女への愛情と、なりづらい状況にあります。

自分で彼女と一緒に居る未来を切り開く考えがないので、別れるという選択が先行して頭の中に入ってしまうことも少なくありません。

そして、恋愛に尻込みした気弱な自分というものを彼女に見せる事にも抵抗があります。

男たるもの凛々しくいたいという男としてのプライドというものが出てきてしまうものです。

男性の中では気弱な自分といつも強くいたい自分が合わせ鏡のように混在しています。

彼女と付き合う上で、二人の自分を見せることができず、もしそうなった場合、情けなく思われてしまうのではないかと感じ、別れてしまうこともよくある事なのです。

好きだけど彼女より夢中になるものを見つけた

ギター男性

好きだけど彼女よりも夢中になるものを見つけたということも考えられます。

男性の中には「恋愛感情」と「男のロマン、夢」というものは別に存在することも少なくありません。

「バイク旅がしたい」「起業するためのセミナーに行きたい」「海外留学するために英会話を習いたい」と視野は無限大です。

男性は未知なる世界を求めて旅をする生き物だと言えます。

自分の興味の湧いたものには、一目散に駆け寄りたい衝動にかられるものです。

その時には彼女のことなど気にしている余裕はありません。

好きだけど、別れたいという思いの中には、気負う物など無しにして、自分のすべての力を目の前の物に注ぎ込みたいという男性心理が隠されているからです。

男性は元来、二つの物を追い求められるようにできていません。

「私と仕事どちらが大切なの?」と問い詰めたら口ごもってしまうのもそのためです。

彼女のことも好きだけど、蔑ろにしてしまうよりは、別れてしまった方がお互いにわだかまりを持たずに済みます。

彼の中では、今は目の前の目標が一番得たいものなので、あなたとの別れを選んでしまうからです。

別れてしまった以上、あなたのことを考えなくても済むので彼は存分に、好きな事に没頭できます。

自分の夢に向かい努力をしている姿が好きだと言うこと。

そして、精一杯楽しむことが出来たのならば、満足感で幸福を味わえます。

別れに隠された理由がそこには存在しているものです。

周りの人とそりが合わない

言い合い

周りの人とそりが合わないのも、彼が「好きだけど、別れてしまう」理由です。

「○○しなさい」「うちに家はこういう家系だから」と上から目線で攻め立てる親族がいては、彼も肩身が狭くなります。

彼女のことをいくら好きでも、彼女一人とだけ一緒に居ることはできません。

生きていく上で、彼女の周りにいる人とも付き合って行かなくてはいけないのが事実です。

人間なので、どうしてもこの人とは付き合えない、同じ場所にいたくないという人は必ずいます。

その人物が愛する彼女の身近にいたとしたら、耐え難い苦痛なのは考える余地もありません。

彼女といることで、大好きな人と大嫌いな人と両方が交わってしまうとなれば、好きな彼女をあきらめてまでも、縁を切ってしまいたいと願ってしまうものです。

彼はあなたといる事で好きなのに苦痛を感じてしまうことが許せなく、忘れてしまいたいと考えています。

遅かれ早かれ、そりの合わない人がいれば、結局仲違いや揉め事も起こしてしまうものです。

未然にそれらを防ぐには、あなたとの別れしかないのだと彼は答えを出してしまったのだと言えます。

あなたが嫌われているものではないので、「別れたくない」と嘆願したところで、彼の気持ちが変わることはありません。

自分の運命を呪うほかないのだと言えます。

遠距離で寂しい思いをさせてしまう

階段 悲しむ

遠距離恋愛で寂しい思いをさせてしまうから別れるというものもあります。

会社の事情により、転機をしなければならないこともあるものです。

しかし、自分の事情だけで彼女を見知らぬ土地へは連れていけません。

離れてしまえば、今まであっていた時間も会えない時間に変わってしまいます。

「寂しい」と思ってもすぐに会えない距離が、更に彼女が苦しんでしまうのではないかと彼は心配してしまうのです。

彼女の元へ容易に駆け付けることも出来ず、電話で「ごめんね」と謝るだけでは、なんだか物足りないと思うことも少なくありません。

近くで慰めてあげられない自分は彼女の前から立ち去るべきだと考えてしまいます。

「一緒に居て、辛い思いをさせてしまいたくない」「いつも笑顔で幸せに生きて欲しい」という願いから、あなたに思いを残しつつも彼は身を引いてしまうものです。

彼の心には、まだあなたが確かに存在しています。

しかし、もう自分からあなたを欲することはありません。

遠距離という物質的な距離が、彼の心を持ち去ってしまったと言えます。

彼はあなたのことを心から愛しているからこそ、この決断を下しました。

愛する人の幸せを奪うことはどうしてもしたくはないという思いがあるからです。

彼の心の中で、あなたがどれほど、支えになり大切な存在かが分かります。

自分と居れば不幸になるのではないかという不安から

悩む男性

自分と居ることで不幸になるのではないかという不安から、別れを選択することもあります。

「彼女のことを理解してあげられない」 「気持ちを読み取るのも彼氏の役目、それができないなんて彼女が可哀想」と一緒に居ても彼女が不幸になってしまう。

彼はそのことが急に怖くなってしまって、彼女をどこか遠くに逃がすために、別れを選んでいます。

彼自身、良くない事はすべて自分のせいであると思っている為、彼女を不幸にしていると感じているからです。

幸せな人生を歩んでほしいからこそ、あえて自分ではなく周りの人に彼女を託したいと考えてもいます。

不幸の連続で彼はあなたの人生を巻き込んでしまう事に怯えているのです。

そして、これ以上危害が及ぶ前に、なんとか「悪縁を自分だけが受けるようにしたい」と考えています。

幸せにしたい相手だからこそ、自分といることはプラスにならないと考えてしまうのもよくある話です。

彼はあなたを遠ざけるために手段を選びません。

ひどく傷つけてしまうような言葉も使いますが、その裏側は彼の愛情で溢れているのです。

「好きだから別れる」と彼に言われた時、あなたは嫌だと食い下がってしまっては、彼はますます遠い人となってしまいます。

一度は別れを受け入れて、二人の想いの着地点を見つけることも大切なことなのです。

好きだけど遠距離が辛くて別れる男性の本音

会いたいのに会えない状況に耐えられる自信がない

「今すぐに会いたい」と強く望んでも、すぐに行動が出来ない状況になることが分かっていると、どうしてもそのまま交際を続ける事は難しくなってしまいます。

大好きな人と付き合う事が出来ているなら、いつでも会える権利を持っているのと同じ。

家も知っていたり生活リズムを把握していたりすることで、隙間時間を見つけやすくなっています。

遠距離恋愛になると、「仕事から帰ってきたくらいかな」「休みだけど、何をしているのだろう」と思いを馳せる事は出来てもすぐに行く事がなかなか出来ません。

会えるとしても、移動時間がある分、もどかしさが募ってしまいます。

彼女の顔を見ることが彼にとって一番必要な事なのであれば、すぐに会えないのは苦痛過ぎるはずです。

もどかしさが苦痛になって苦しくなるのが先に予想できるからこそ、「そんな状況に耐えられるわけがない」と別れを選びます。

離れている間に浮気をされる心配が苦しすぎる

「浮気をされるのが怖い」という考えに囚われてしまう時には、遠距離恋愛を続ける決意は出来ずに別れを選びます。

信じあっていても、いざ物理的距離が離れてしまうと、身近な人の方が一緒にいる時間は長くなっていくものです。

同性の友達の中でも、特別仲が良い人が出来れば一安心ですが、誰と交流が深まるかなんて生活をスタートしてみなければ分かりません。

近くにいれば、異性の気配がすれば彼女の気持ちを確かめたり、心が離れて行かないようんいデートを工夫したりとすぐに対処できますが、離れているとそうもいかないのがもどかしいところです。

メールで連絡を取り合ったり電話で声を聴いたりするだけでは、リアルな様子を全部把握するのは難しく、「浮気されても気付かないかもしれない」という心配と、「信じ切れないのが辛い」と自分を責めてしまうため、離れてしまう前に別れてしまった方がいいと結論付けます。

一旦それぞれの道で精一杯頑張って再会したい

遠距離の前に終わりを決める男性は、新しい環境に入ることで「それぞれの道で出来る事を精一杯やってみて、また再会したい」と願っています。

遠距離恋愛になる理由の多くは、仕事が関係していたり、実家との関わりが影響していたりするもの。

ビジネスに関していえば、会社から転勤を命じられたり、やりたいことがあって自分から退職して新しい目標に向かって頑張ろうと決意したりなど。

実家との関わりは、家族や自身の調子が悪くなったり、家業を継ぐタイミングがやってきたり等がありますが、いづれにしても新しい環境で一からスタートしなければいけません。

ライフスタイルも変わるし、人間関係も変化するので、自分の努力次第で未来を輝かせることが可能です。

今までの様に会ったり連絡を取り合ったり出来なくなるのは分かっているので、どっぷり新天地で頑張ってみようとポジティブな考えを持っています。

傍に居られないのに相手の時間を奪うのが申し訳ない

長い目で見ている男性ほど、遠距離恋愛を消極的に考える人が多くいます。

心から大切に思っている彼女だからこそ、「自分の手で幸せにしてあげたい」と強く望んでいるものです。

離れてしまう事で、「辛い時に傍に居てあげられない」「困っている時にサポート出来ない」と思ってしまい、苦痛に感じています。

自分が実際に何かをしてあげられないのに、交際を続ける事は「相手の時間を拘束し続けているのと同じだ」と考えると、人生を奪っているような気分になってしまうわけです。

大事な彼女の人生を奪い続けてしまうのなら、自分のために我慢するのではなく、「幸せになる為の可能性を広げるために、フリーにしてあげるべきだ」と考えます。

本人もかなり辛い選択ではありますが、「きっと、これで良かったと思えるはず」と言い聞かせて、好きなままでも終わりを告げるのです。

彼女が遠距離は無理な事を理解しているから我慢するしかない

「遠距離なんて、あの子が絶対無理だ」と考えている男性は、自分の気持ちを押し殺してでも彼女のための判断を下します。

彼氏に依存している人や寂しがりの人、触れ合いを大事にしている人、感情のアップダウンが激しく恋人の存在自体が安定する役割を持っていた人など、近くにいなければ不安定になってしまうのが予想に容易い場合には、先に離れる事を決めておくものです。

離れる事で、不安定になるのも分かっていますが、恋人関係を解消しておけば他の人や事で自分を立て直す方法を見つけてくれます。

付き合い続けていると「会えないのが辛い」「私の事が嫌いなの?」と言い争いが増えてしまう事が想像出来ているため、少しでも負担を減らすためにしっかりと話し合いをして先に別れを決めておくわけです。

「感情が不安定になるのが分かっている状態のまま、自分がどうにも出来なくなる事が可哀相だ」と考えています。

好きだけど別れなくてはいけなくなる確率が高い原因

親からの交際反対

親から交際反対された時には、好きだけど別れなくてはいけなくなる確率が高くなってしまいます。

人権問題がかなり浸透してきたとはいえ、まだまだ悲しいことを言う人はいるものです。

「あんなろくでもない子と付き合っちゃダメ」「あなたには幸せになってほしいんだから、親が決めた人と付き合いなさい」など、親から恋愛に口出しをされることも少なからず怒っています。

ましてや結婚を前提に交際している人となれば、この先親戚になることを考えたら、付き合っている段階から反対をする親も珍しくありません。

「今すぐ別れないと親子の縁を切るよ」「あの子と別れなさい、もうきちんとした彼女を決めてるから」など、親の指示で恋愛を断ち切られてしまえば、当人たちは本気で愛し合っていてもどうにもならないことがあるのです。

いくら愛し合っていても、この先一生受け入れられることがない、祝福されることがない、と分かってしまえば、辛くて別れを選んでしまいます。

会うたびにケンカになってしまうのに疲れた

会うたびにケンカになってしまうカップルは、好きだけど別れなくてはいけなくなる確率がどうしても高くなるものです。

ケンカをするカップルは、恋愛感情がなくなってしまっているわけではありません。

離れているときは、「もっと一緒にいたい」「色んな事を一緒に乗り越えたい」と思っているのに、会えばなぜかケンカになってしまうだけ。

これは、お互い「一緒に過ごすためには何でも言い合える関係がベスト」と思っているからです。

何でも言い合える関係が素晴らしいというのは間違っていないことですが、自分の主張を通すことであまりにも意見が合わなければ、それは価値観が違う人だと受け入れる必要があります。

恋人同士であれば価値観は自然と合わせられると思っていることも多く、話し合いで解決しようと思っているのに、どうしても感情的になってしまい、ケンカに発展してしまうのです。

あまりにもケンカばかりになるのは、お互い譲る気持ちが弱いということなので、一旦別れて冷静になったほうが上手くいくと判断して別れる結論を出します。

女性の方が社会的地位やスペックが極端に高い

好きだけど別れなくてはいけなくなる確率が高くなる原因には、女性の方が社会的地位やスペックが極端に高い場合があります。

恋人同士の間で社会的スペックに格差が生まれてしまうと、男性は劣等感を抱いてしまうものです。

最近では、女性の昇進・昇格も珍しくなくなり、バリバリのキャリアウーマンの姿もよく見かけるようになりました。

「恋愛よりも仕事」と仕事一筋で頑張ってきた女性、「恋も仕事も充実」とリア充に力を注いできた人など、今まで培ってきた仕事のキャリアを保ちつつ現在の恋愛を進めている人も少なくありません。

男性が年下で、キャリアが彼女より少なかったり、女性の職場が実力主義の企業でどんどん出世できる人であれば、そんな恋人を見て彼氏は自信を失ってしまいます。

男性は一度自信を失ってしまうと全ての気力を奪われてしまうこともあり、いくら好きだと思っていても交際を続けていくことは難しくなってしまうのです。

仕事の転勤で「最低3年は帰れない」と言われている

仕事の転勤で「最低3年は帰れない」と会社から言われている時には、好きだけど別れなくてはいけなくなる確率が高くなってしまいます。

世の中には、転勤族という呼び方がありますが、転勤が多い職種というものも存在するものです。

職種や企業によって転勤の頻度や、転勤先に異動してからその後の動きがどうなるかはまちまち。

例えば、大手企業であれば研修で1年間は他の支社で勤めてから、本社に戻ってくるという流れもあるし、金融関係などは同じところに留まってはいけないルールがあるので、3年ごとくらいであちこち異動することになります。

ただ、恋愛中に転勤が決まり「最低3年は帰れないよ」と言われてしまうと、交際を続けるか悩むところです。

「最低」と言われているので、年数はそれ以上になる可能性もあります。

一緒に転勤先に行ければいいですが、彼女も今やっていることを辞めるわけにいかなければ、別れるという選択肢も出てくるはずです。

遠距離恋愛に自信がないカップルは、好きだけど別れを選びます。

ずっとやりたかったことをスタートさせるチャンスが目の前にきた

ずっとやりたかったことをスタートさせるチャンスが目の前にきた時には、好きだけど別れなくてはいけなくなる確率が高くなってしまうタイミングです。

夢として持っていたことや、仕事の目標として掲げてきたことが、目の前にやってきたときには、人生大躍進のチャンスにもなります。

憧れの部署に異動の話が来たけど、そっちに行ったら寝る暇もないほど忙しいことが予想される、夢にまで見た海外遠征の話が来ている、などの状況であれば、恋人も嬉しいと感じるお祝いの話です。

しかし、状況が変わる事は今の関係を続けられるかどうか約束できないことでもあります。

苦渋の決断を下し、別れることを選ぶカップルは多くいるのです。

男性が「好きだけど疲れたから別れたい」と考える時

好きすぎるのにケンカが絶えない時

好きすぎるのに、どうしてもケンカが絶えない時には「疲れたから別れようかな」と考えます。

大好きな人ほど、「何をしているのかな」と思い出す頻度は多く、連絡を入れたり質問量が増えたりするものです。

関わる時間が増える分、ちょっとした事が気になったり、自分の思いを押し付けてしまいたくなったりと、衝突も多くなってしまいます。

大好きだから一緒にいたいだけなのに、なぜかいつもケンカになってしまう時には、「どうしてこうなるのかな」「言い争いしたいわけではない」と落ち込むものです。

思いを伝えようとするほど、理解してもらいたいと願うのは当然ですし、同じ気持ちになってもらいたいと考えるのは自然なこと。

それぞれの考えや想いがあるため、自分でも知らないうちに押し付けになってしまい、ケンカになってしまうわけです。

相手の事を束縛したくなる自分が嫌になる時

好きすぎて相手の全てを手に入れたいと思うのは、仕方がない事です。

思考回路も時間も過去も未来も、全てが自分で染まって欲しいと願ってしまうからこそ、つい束縛したくなってしまいます。

一日何があったのか、誰と話をしたのか、楽しい事はあったのか、困ったことはなかったのか、あらゆることを知りたくて質問攻めになってしまうものです。

心の中では「彼女が思うままに話をしてくれたらいい」と思っているのに、気が付けばいつも自分があれこれ質問するばかりで、まるで尋問しているようになっていることにハッとする時も。

声が聞きたいだけなのに、隙間時間もすべて連絡を取り合ってずっと束縛しているような感じになっている状態に、自分でもほとほと嫌気が差してしまいます。

「もっと気楽に会えるようになりたい」「彼女の自由を奪うのではなく、イキイキと輝いている姿を見たい」と考えると、離れたところから見守る立場になる事を選ぶようになるわけです。

相手が大きな夢に手が届きそうな時

彼女が夢を持つ人の場合、大きなチャンスがやってきたときには恋愛よりも優先して欲しいと願います。

「芸能関係に進みたい」「ずっと夢だった音楽家になりたい」と大きな夢を持っている人であれば、チャンスがやってきたという時は環境が激変する可能性を持っているものです。

遠方に引っ越ししなければいけなかったり、海外に留学する必要があったりと、簡単に会う事が出来なくなることもしばしば。

「行かないで欲しい」「もっと会う時間が欲しい」と願うのは、彼女の夢を応援していないことになります。

会えない時間が増えても「応援したい」と思っているなら、会いたい気持ちを我慢しなければいけない事が多くなり、心のバランスがとりづらくなるのも事実。

気兼ねなく頑張ってもらい、チャンスを掴んでもらうのがカレの望みでもあります。

恋愛が足かせにならないよう、自ら身を引く決断をする人も少なくないのです。

傷つけないように慎重になりすぎて精神的に疲労が大きくなってきたとき

恋人がかなり繊細さんの場合、傷つけないように最善の配慮が必要で、気を配りすぎて疲労が大きくなってしまうことも。

言葉のチョイス一つで、奥深いところまで感じ取ってしまう繊細さんと付き合っていると、会話の流れや雰囲気など、細かな部分にまで気を配る必要があります。

男性自身がかなり鈍感なタイプであれば、そこまで気を遣わないこともありますが、彼女の事をより理解しようとしたり、「大切にしていきたい」と思いが強かったりすると、カレ自体が繊細になっていくわけです。

「今、何を考えているかな」「どう感じているかな」と常に彼女の視点に立って考えていると、自分の伝えたいことを我慢したり、タイミングを考慮したりと思い通りに動けない事も増えていきます。

恋人でありながら、一番気を遣わなければいけない相手になっていると、精神的疲労は蓄積され、大好きでも「これ以上頑張れない」と無気力になってしまうのです。

大好きだけど彼女のワガママが激しくて合わせるのに精一杯だと感じた時

好きな人のワガママでも、我慢の限界が訪れると受け入れられなくなります。

物欲が激しい彼女、拘束したがる人、気持ちを求めすぎる女性と付き合っていると、「大好きな彼女の求める事はなるべく応えてあげたい」と可能な限り対応していても、いつかは我慢の限界が訪れるのは当然です。

彼女の事が大好きであれば、ある程度の事は喜んで引き受けたり、「役に立ててうれしい」と感じたりするもの。

金銭面で負担がかかる事であれば、経済的な部分で厳しくなってきたり、時間を使うものであれば自分の生活との両立が難しくなってきたりします。

お互い思い合っている恋人同士のはずなのに、「○○買ってよ」「迎えに来て」とワガママばかりが続けば、召使にされているような気分になって、対応しきれなくなるのです。

好きだけど相手のために別れると決心してしまう男性の性格

責任感が強くて一人で抱えてしまうタイプ

まだ好きなのに別れを決心する男性の性格は、責任感が強くて、何でも一人で抱え込んでしまうタイプです。

大切な人を自分の手で幸せにしたいと願う気持ちが人一倍強く、見通しが立てれなければ情けなさを感じてしまいます。

「自分では無理だ」「どうにか、してあげられる事はないだろうか」と考えるけれど、誰でも、許容範囲というものがあるところ。

金銭的な援助や親族間のトラブル、行政の手続きからの進捗など、恋人としてはある程度以上は出来ない事もあります。

自分が手出しできないことが増えると、「役に立てない」と悔しさを感じて、大事に想っても足かせの様になっていると自分を責める事も。

足手まといになる事は避けたいので、「情けない自分は撤退するべきだ」と極論に至ります。

責任感が強い人ほど、自分を責め始めると視野が狭くなってしまうものです。

悩みを共有する事もせず、結論を勝手に決めてしまいます。

自信がなくて消極的な性格

自分に自信がなく、消極的な性格の男性は、好きな人と自ら別れようと決心することがあります。

自信がない男性は、どんな考えが浮かんでも、「これは間違っているかもしれない」「上手くいくはずがない」と考えてしまって、自己否定をしてしまうのです。

彼女と一緒に幸せになりたくても、「自分と一緒にいない方がいいかもしれない」と不安が確信に変わってしまったり、「付き合っている限り、不幸にしてしまっているのかも」と恐怖心が出てきたりします。

周りのカップルはみんな、幸せそうに見えて、男性がたくましいから彼女も満たされているのだと思い込んでいるはずです。

付き合ってはいるけれど、完全にパワーバランスは彼女の方にあります。

「あの子が決めた事には、何も文句を言わない方がいい」と思いつつも、自信がない自分を見せ続けるのも恥だと考えるところ。

好きな人に自由を与えてあげるために、別れを決意します。

優柔不断で彼女の決断を大事にしようと思うタイプ

優柔不断な彼は、彼女の決断を大事にしたいので、好きな人にお別れを告げる決心をします。

普段から何も決める事が出来ないため、彼女の幸せを近くで見られている状況がありがたいと感じているはずです。

恋人が夢に向かって動き出そうとしている時や、他に想いを寄せる人が出来ているかもしれないという場面では、自分で決断する事が出来ません。

混乱している状態の恋人から「どうしたらいいかな」と問いかけられても、答える事が出来ないため、彼女の本当の願いを推測して尊重してあげるしか方法がないと考えます。

決断を邪魔しないよう、自ら「君は、この問題についてどうしたいの?」「決めた事に従うよ」と別れを覚悟で告げるため、相手からは背中を後押しされたように受け取られて、破局の結果を導くのです。

立場を気にして権威ある人に逆らえないタイプ

置かれている立場を気にしてしまうため、権威を持っている人に逆らえないタイプの男性は、好きな彼女とさえ終わっても仕方がないと考える傾向にあります。

仕事の中でも、上司や取引先、エースと呼ばれる後輩など、周りの人に対して、自分の中で優劣をつけて上の立場にあると思う人に、強気になれない性格です。

恋人と付き合っていて権威ある人というのは、仕事に熱心な女性であれば、その職場の上司や親兄妹などが、それにあたります。

普段、権力者の顔色を見て、嫌われないように、ご機嫌を損ねないように振舞っているため、彼女の親しい友人などの周辺から「別れて欲しい」と言われたり、「あなたがあの子を不幸にしている」と罵られたりすると、委縮してしまうところです。

基本的に逆らう事が出来ず、意見を主張するのが苦手なので、言われたことに従うような思考回路が出来上がっています。

しゃべることが苦手で想いを素直に表現できない性格

大切に思っている人との終わりを決心する男性は、しゃべることが元々苦手で、想いを素直に表現できない性格という特徴を持っています。

男性は、感情を言語化するのが苦手な人が多いですが、心にある感覚を人に伝えることが特に「難しい」と感じてしまうタイプであれば、「自分の事を何もしゃべってくれない」と不満を抱かれがちです。

感情を言葉で表現するのが得意な人は、語彙力があり、イマジネーションが豊かなので、心の中にあるフワフワしていたり、ドキドキしていたりする感覚を今までの経験と一致させて言語化する事が出来ます。

逆に、苦手な人は、他人との語り合いの経験値が少なかったり、自己分析をしなかったりするので、「これはどう表現すればいいのかな」「どういう気持ちなんだろう」と自分のこともよく分からない状態でフリーズしてしまうのです。

恋人とすれ違いが起きても、うまく想いを伝えられないので、責め立てられる場面が増え、「このまま争うばかりになるなら別れよう」と決意します。

付き合ってても別れてもきっと辛いまま…と逃げ場のない苦しみに囚われる女性のタイプ

何でもネガティブに考えて希望を見つけられない

逃げ場のない苦しみに捉われる女性のタイプは、何でもネガティブに考えてしまい、未来に希望を見つけられなくてどん底から這い上がる事が出来ない人です。

思考は、どこまでも自由であり、願いのままに現実が作られます。

いつも苦しんでいる女性は、何もなくてもネガティブな事を考える癖があるのです。

デート中も「彼の気持ちが離れてしまったらどうしよう」と悩みだすし、家に一人でいても「どうして連絡してきてくれないんだろう、嫌われてしまったのかな」と落ち込みます。

四六時中一緒にいたとしても、不安を見つける天才です。

無からマイナスを生み出して、落ち込んでしまいます。

プラスに考えられる要素を持ち合わせていないので、希望が見つけられないどころか、二人が幸せになれる方法を見つけられないまま、付き合い方に悩み続けるのです。

ポジティブに言えば用意周到。様々なリスクを予測するタイプ

様々なリスクを予測するタイプの女性は、一人で苦しみを持ち続けると言えます。

ポジティブな言い方をすれば、用意周到。

リスク管理は、仕事が出来る人にとって最低限のスキルです。

これから何かをしようとする時には、常に、最高と最低を考える癖を持っています。

良いように転がれば、見えてくるメリットや相乗効果、悪いように動いた場合には何が起こるのか想像できていれば、準備しておくべきことが分かるはずです。

人の考え方や捉え方は千差万別なので、何が起こるかは本当にわかりません。

リスクを予測しておくほど準備をしておけますが、「もし」が増えるほど、気分は落ち込んでしまいます。

交際においても、自分一人で完結しないものなので、「もし」を考え始めると、ネガティブな結末をたくさん脳内で思い浮かべることになるのです。

現実では起こっていなくても、頭の中ではいつも最悪の状況を想定しているため、気分が滅入ってしまいます。

関わる人全てと仲良くなることが絶対条件だと思い込んでいる

人付き合いに関しての考え方が狭い女性は、一人で苦しみを抱えやすいと言えます。

付き合っている人と関係ある人全てと仲良くならなければいけないと考えていれば、自由な時間が少なくなったり、気を張り続けたりして、疲れてしまうところです。

結婚すれば、お相手の職場の人や家族、友達関係と全て把握しながら、上手に付き合いをしていかなければいけないと考えるのは、よくあるパターンですが、恋人の段階でもそこまで責任を感じる女性もいます。

「彼のために、いい彼女でいなくてはいけない」「周りの人にも気に入られて、上手くいっているアピールをしないとダメだ」と気負うほど、プレッシャーに感じて、優先順位を間違い始めるのです。

先のイメージを想像するのが苦手な場面直面型

先のイメージを想像するのが苦手で、その場ごとに直面してから考えるタイプの女性は、思考に囚われてしまいがちです。

女性は、感性が豊かで、起きてもいない事をあれこれ想像して、不安になる人が多いのですが、未来予測が苦手な人も困りごとを抱えやすいと言えます。

見通しを立てられないので、自分が言葉に出したことがどう相手に響くのか、影響を与えているのかが分からず、無鉄砲に発言したり行動を起こしたり。

彼氏が怒ったり、「これからの事を考えよう」と不穏な空気を醸し出したりすると、その時になって初めて「大変なことになった」と慌てふためきます。

場面直面型であれば、あらゆることに追い立てられて、いつもバタバタとしてしまうため、すぐにキャパオーバーになってしまうのです。

恋愛感情だけでは一緒にいられないのだと思い、自分の計画性の無さや想像力の欠如を嘆きます。

苦しむ自分をどこかで望んでいるメンヘラタイプ

囚われてしまって抜け出せない女性の中には、苦しむ自分をどこかで望んでしまっているメンヘラタイプという人もいます。

誰も、苦しい思いはしたくないものですが、幼少期のトラウマや傷付いてきた経験から、「愛されるためには、辛い顔をしておいた方がいい」と知恵をつけてきた人もいるものです。

この女性にとっては、とても重要な生命線であり、「こうでなければいけない」と自分で呪縛をかけています。

苦しむことで、幸せになれると無意識レベルで捉えているので、なかなかハッピーな考え方になれません。

嬉しい事があっても、もう一人の自分が「喜んだら誰も構ってくれなくなるよ」と囁き始め、すぐに気分が落ち込んでいきます。

好きな人と幸せになる事も、呪縛の範囲内。

「幸せになってはいけない」と思い込んでいるので、どうにかして不幸になるために、好きな人にも迷惑を掛けたり、自分から離れようとしたりします。

好きなのに別れることを選んだ男性がその後別れを後悔する瞬間

いい事が起きても報告できない時

男性 後ろ姿

好きなのに別れることを選んだ男性は、自分に起きた良い事を報告できない時に後悔することがあります。

自分にとっていい事が起きると、嬉しさのあまり好きな人にも報告をしたくなるものです。

ふっと気が付くと、携帯で彼女のページを検索していたということもよくあります。

しかし、別れてしまったからには、もう嬉しさを伝える人がいないことが現実味を帯びてわかり、後悔をしてしまうことがあるのです。

彼は一緒に喜びを分かち合い、共感してくれていた彼女がいない事がひどく寂しく感じてしまう事も少なくありません。

そのことにより、彼の嬉しいという気持ちは、次第に冷めていってしまいます。

そして「彼女が恋しい」と、寂しい気持ちになり、嬉しさも消えてしまうものです。

彼の心は彼女がいなくなってしまった事を再認識します。

別れてしまったことへの後悔が身にしみるのです。

「昔は良い事が起きれば、すかさず彼女に連絡していたな」と仲良き日の二人を思い出すこともあります。

思い出は美しく花開き、彼の後悔を大きなものへと変えてしまうのです。

いい事が起きても報告する相手がいないということが彼の心に穴をあけて、その隙間から後悔の念が入り込みます。

彼の心は、あなたへの未練で埋め尽くされてしまう事になるのです。

いい事は分かち合えるからこそ、嬉しさになるのだと彼は気が付くことになります。

彼女に新しい彼氏ができてしまった

ドライブ デート

彼女に新しい彼氏ができてしまったら、彼は別れたことを後悔するもよくある話です。

違う男性と仲良く歩く姿は胸を締め付けて離しません。

未だに彼はあなたのことが好きだという気持ちを持っています。

好きだけど別れたということは今もあなたのことをあきらめきれない未練を抱えているということなのです。

好きな女性に新しい恋人ができてしまったら、その隣に立てないもどかしさや悔しさが湧きあがります。

「何故、手をはなしてしまったのか」と後悔ばかりが頭の中を通り過ぎることも少なくありません。

彼はあなたも自分のように、忘れられない恋心を抱いてくれていると思っています。

しかし、期待が見事に裏切られてしまって、ショックを感じているものです。

別れてしまって、心変わりされたことが今でも信じられないという気持ちも持っています。

あなたが新しい恋人と一緒に居る姿を見れば、本当に彼女は遠い所に旅立ってしまったのだと彼が後悔する瞬間でもあるのです。

彼はあなたと泣く泣く別れてしまった為、愛情は当時のまま持ち続けています。

その愛を伝えるすべがない事も彼が後悔してしまう一因になっているのです。

あなたと彼が完全に離れてしまったことが分かってから、彼は自分の行動が愚かなものであったと感じてしまいます。
 

どんなに魅力的な人と出会っても好きになれない

素敵な人

どんなに魅力的な人に出会っても好きになれないというのもその一つだと言えます。

好きだけど別れることは、少なからず相手への未練を残すものです。

あなたと彼との終わりが、きれいに色づいたものであったのならば、なおさら良い思い出として彼の心には焼き付いてしまっています。

その為、いくら彼がフリーの身で、素敵だと称される人にであっても彼の心は少しもなびきません。

その事を一番感じているのは彼自身でもあります。

彼は、周りがうなるほどのとびっきりの女性に出会っても心の中には元カノが居座ってしまっているので、目移りすることもできません。

そんな自分を見て取った時に「やっぱり、彼女でなければダメだ」と感じて後悔をしてしまうのです。

好きな人を作れなければ、彼の中であなたとの思い出を過去の物にはできません。

ずっとあなたのことを想い続けてしまい、一歩も前へ進むこともできず、後悔ばかりが募るのです。

好きな人が出来ないからと言って、彼はあなたの事を嫌いにもなれません。

同じ時間の中をいつまでも彼だけが彷徨っている状態になり、辛いという気持ちをヒシヒシと感じてしまうものです。

彼は好きなのに別れてしまった自分を絶えず憎んでしまいます。

仕事で失敗して落ち込んだ時

落ち込む男性

仕事で失敗して落ち込んだ時は別れたことを後悔してしまう瞬間だと言えます。

落ち込んでいるときは、誰でも優しい言葉をかけて欲しいということも少なくありません。

「大丈夫?元気出して」と愛する彼女から労ってもらっていたことを思い出すものです。

愛しい恋人からの言葉は、仕事を行う上で、モチベーションを取り戻す力に変わります。

そして、彼が彼女と別れてしまったダメージを最も受けやすいのは、この時だと言えるのです。

自分が落ち込んでしまって、誰かの助けが欲しい時、彼女と別れてしまっていることで、どうしようもない憤りを感じてしまいます。

「彼女がいてくれれば」と悲しい感情が支配して、後悔をさせてしまうのもこのことが影響を与えているからです。

好きだけど別れた彼女ならば、助けてもらった記憶や慰めてもらった言葉を鮮明に覚えていこともあります。

その言葉を一つ一つ思い出してしまうことが、後悔がばかりを引き起こしてしまっているのです。

彼が落ち込んでしまえば、その都度元カノへの後悔を瞬時に呼び起こしてしまいます。

気落ちしてしまう事が後悔に繋がっていると言っても過言ではありません。

いやな事や辛い事を励まし合う関係であったからこそ、別れてしまってから後悔をたくさん感じてしまいます。

「好き」は実は嘘!彼女に別れを納得させるために好きだけど別れると言う男性の見抜き方

嘘ほどベラベラと饒舌に…言い訳が長い

彼女に別れを納得させるための嘘の「好き」を語る男が、好きだけど別れると言う時には、ペラペラと饒舌になり、言い訳がやたら長くなります。

嘘ほど饒舌になるのは、人間の心理。

多くの情報を相手に与えることで、納得させようとする心理が働くからです。

「俺は本当はこんなに好きなんだ」「どうしても別れなきゃいけない理由がある」ともっともらしい言い訳を並べ立て、相手に反論できなくさせます。

こんな男は、「だって」「だから」「しょうがないじゃん」という、言い訳3ワードを連呼するはずです。

やけに感情に訴えてくるので「俺だって寂しいよ」「好きな気持ちは分かってくれよ」「離れたくないって本当は思ってる」と何度も繰り返します。

リアクションがオーバー

好きだけど別れると言って彼女を納得させようとする男性は、リアクションがやたらとオーバーになるので、本当は好きな気持ちがないことを見抜くことが出来ます。

男性は、感情を表現するのが苦手な人が多いものです。

だからこそ、「好きだけど別れよう」と彼女に伝える時には、言葉の不足分を体で表現することでバレないようにします。

体全体で悲しみを表現し、悩み苦しんだことを表現するために、頭を抱え涙を拭う仕草をする男性もいるほど。

嘘をつきとおそうと決めた人ほど、行動は潔く、オーバーリアクションで相手の同意を得ようとします。

「こんなにも好きなのに離れないといけないなんて、悲劇だ」「神はいないのか」と外国映画さながらのリアクションは、端から見るととてもバカバカしく見えますが、彼のことが好きな彼女にとっては、思わず引き込まれるボディランゲージです。

「彼はこんなにまで悩んで決断したんだ」と思わせることで、納得して別れてもらうことが出来ます。

他の友達の話が出る

本当は嘘だけど、好きだけど別れると言って彼女を納得させようとする男性は、説得の中に他の友達の話がよく出るので見抜くことが出来ます。

別れると決めた男の人は、なんとしてでも彼女を説得させようと奮闘するものです。

コミュニケーションツールである言葉をうまく使いこなすことが出来ない男性は、いかに自分以外にも同じ状況の人がいるか、今のままだとどうなるか身近な事例は何か、友達の話を例え話として出すことで情報量を増やします。

多くの情報を彼女に出し、「ね、だから別れた方が良いでしょ」「友達の○○もそうしたんだし」と共感を得ようとするはずです。

女性は共感に弱く、「あの人もそんな感じなのか」「みんなそうなら好きでも別れなきゃいけないか」と納得していきます。

スマホを気にしている

好きだけど別れると言って彼女を納得させようとする男性は、スマホを気にしている仕草を見つけることでその気持ちが嘘だと判断できるものです。

何とか穏便に彼女と別れたい彼氏は、他に好きな人が出来たり、気になる女性が現われたりしていても、恋人に「好きだよ」と伝えながら、やんわり別れる提案をします。

別れることを決めていても、既に新しい女性と連絡を取っている男性は、その相手から連絡が来るかもしれない、とスマホをしきりに気にしているはずです。

「どうしたの?」と質問をしても、「何でもないよ」とはぐらかし、彼女のことを好きだけど別れなければいけないと伝えます。

言葉数がある割に内容が伴っていないことが多く、話に集中していないことが人目で感じ取れるところです。

本当に好きだと気持ちが伴っていれば、話に集中して「本当なら別れたくない」「この辛い気持ちをなんとか分かってほしい」と懸命に話をします。

友達として関係を続けたがる

好きだけど別れると言って彼女を納得させようとする男性は、友達として関係を続けたがるので、隙という気持ちが嘘だと判断できます。

男女問わず、本当に好きなら別れを選ばなければいけない現実を受け入れることは、そうとう辛いことです。

どうにか繋がり続けていたいと願ったとしても、すぐに会える関係であれば当然、今すぐ別れる必要がないと考えます。

なぜなら二人は相思相愛だから。

好き同士の二人が会ったり連絡を取れる関係でいられるなら、どんな状況であれ恋人という肩書のままいたいと思うのは当然の願いです。

「恋人との関係を終わらせようとしているけど、友達としては続けたい」と求めてくるのは、本当はすでに恋愛感情がなくなっていて、適度な距離感を保ちつつ関わりたいと思っているからと言えます。

「好きだけど別れる」と振られた元彼と復縁できる可能性

好きだから、すぐにでも付き合える

近い距離

好きだけど別れると振られたのならば、その思いから復縁することも可能です。

「彼女が好きだ!愛していている」という思いが彼の中には残っています。

愛おしい思いが絶えることは無いので、あなたへの気持ちはさめません。

好きという感情さえあれば、付き合うという枠に囚われない関係でいられます。

お互いが求め合うことで復縁を導き出せるのです。

彼と必要にしあえる関係であれば、付き合うことも自然に行えます。

別れたことでの抵抗感も好きという感情がある限りありません。

会いしている彼とならば、障害も超えて行ける希望の方が強くあるというもの。

それは復縁する事への勇気にも変わります。

勇気があることで、壊れる事のない二人でもいられるのです。

好きという感情は、恋愛をする上で一番重要な想いだと言えます。

この感情がなければ、あなたと彼とは一緒になることはできないといっても過言ではありません。

好きという感情があれば、彼のために尽くせるからです。

尽くされた彼もあなたのことが好きであるからこそ、守りたいと強く思います。

愛し愛される縮図がそこにはあるのです。

そして、復縁の可能性は二人に愛がある以上、すぐにでも成り立つものだと言えます。

振られたからと言って、愛が消えてしまった訳ではなく、付き合うという形上の物が消失してしまったに過ぎません。

二人の心が通い合えば、すぐにでも戻れる関係だと言えます。

価値観を合わせれば復縁できる

手 ハート

価値観を合わせ合えれば復縁もできると言えます。

価値観とは思っている事そのものを同じにすることです。

例えば「彼女はこう思うだろう」という推定を立てるのもその一つと言えます。

相手の立場で考えれば自然と意見は一致する事も少なくありません。

好きだけど別れた二人は差ほど価値観に違いはないものです。

しかし、彼の考えと合わない部分が存在してしまったからこそ、悔いを残す別れとなってしまっています。

そこの少しの違いを修正出来ることが出来たのならば、復縁の可能性も十分にあり得ると言えるからです。

彼は好きだけど別れるという究極の選択をしました。

それは、普通の別れとは真逆の物だと言えます。

好きだという気持ちがあるのならば、困難や苦境も乗り越えられるものです。

しかし、彼は別れてしまう事によりあなたを守る手段を選んでいます。

恋人を守るという考えではなく、一緒に立ち向かうという考えを彼に植え付ける事ができたのならば、話しも変わって行くのです。

価値観という考え方を同じにして、二人の向きを合わせることで意思の疎通が図れます。

同じ目標を掲げ、努力できれば自然と二人の仲も良いものへと変わって行くはずです。

同じ道を歩むことは共に人生を進むことでもあります。

二人の歩幅を合わせ楽しみながら人生を送れるのです。

二人がまた元の関係に戻れるには、最終的な目標を一緒にすること、考え方を合わせる事だと言えます。

心の距離を近づけると彼との実質的な距離も突破できる

抱き合う

心の距離を近づけると彼との実質的な距離も突破できます。

心と心、すなわち意思を共有できれば、感じる事やその場面での気持ちが分かり合えるという事も少なくありません。

心と心が繋がれば、彼と思いが通じ合え、例え離れた場所にいたとしても、あなたの心は温まります。

「二人が遠距離だから」という理由で別れてしまっていても、好きだという理由で集まったあなたと彼の心のつながりは、遠距離の不安を解消し、絆を深めることができるからです。

深まった絆は二人を繋ぐ太いパイプになります。

二人の心はいつでも行き来できるような感覚でいることができます。

心で繋がれば、ちょっとした不安もすぐに取り除くことができるものです。

信頼関係で固まった、防壁は揺るぐことはありません。

離れていても心で彼を感じることができて、更に彼への愛情も蓄積されていくのだと言って過言ではありません。

あなたの愛は彼と繋がっている以上、永久に溢れ出し続けることになります。

それは、終わらない不滅の愛となるのです。

心が彼と通じ合うということは、彼のすべてを受け入れる事でもあります。

あなたは彼という存在のすべてを受け入れて納得している為、二人の間にはすれ違いは起きる事がありません。

末永く幸せな未来を歩いていけるのです。

それが復縁への大きな可能性になります。

別れてしまったとあきらめたら、そこで終わり

別れる男女

別れてしまったからとあきらめたらそこで復縁の可能性は絶たれてしまいます。

付き合うという目標があるから、彼と付き合う為に、過ちを改善しようと努力できるのです。

「彼好みの女性になろう」「束縛しないように彼を信頼する」といった努力目標も出てきます。

希望は持ち続けるからこそ叶うものです。

あきらめるということは望みを放棄することと言っても過言ではありません。

あなたが彼との復縁を願えば、あなたの気持ちも彼に届きます。

しかし、あきらめてしまえば彼とのゴールは見えないのです。

希望を持ち続けて「彼を好きでいる」ということはいかに大切かが分かると思います。

あなたの彼をあきらめない心が、元彼のあなたを「離したくない」という衝動にかけ巡らせることも少なくありません。

復縁したいという気持ちを持っていれば「好きだけど、別れてしまった」彼も必ずあなたの元へ帰って来てくれます。

別れるということは、一度関係が終了してしまう、悲しく辛いものです。

しかし、それをバネにして、もっと良い自分を彼に見てもらえば、彼は振り向くかもしれないと思うことで変えていく事ができます。

ポジティブな考えを取りいれることでプラス思考になりあなたは前を見据えて歩いていけるのです。

そして、今でも大好きな彼と新たな物語を始める事も叶います。

可能性は諦めたら終わり、望みを持ち続けるから達成できるものなのです。

復縁までの冷却期間を別れた理由ごとに徹底検証!どのくらいがベストかお答えします

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

お互い好きなまま別れた元カレとやり直せる確率を高める方法

冷却期間を設けて緩急をつける

傘

好きなまま別れた元カレとやり直すには、冷却期間を使って二人の関係に緩急をつけることです。

まったく会えない時間には「彼に会えない事はさみしいな」という気持ちも出てきます。

「次会えた時は、今までのことを謝ろう」「会えること自体が必然ではないんだ」と思えるのです。
二人の関係に波をつけることによって、お互いの大切さや他の人ではいけない理由が見つかります。

「最良のパートナーはこの人しかいない」と思える事で、好きで別れてもやり直せることができるのです。

そして、何よりも二人でなければ幸せになれないという現実が復縁の確立を高めてくれます。

「この二人でなければ」という気持ちを見つけるのが冷却期間なのです。

冷却期間はお互いが離れて、もう一度恋愛を客観的にとらえることができるものだと言えます。

はたから見た関係性、相性の良さ、離れて見て分かった恋しさ、総合的な判断が下せるのも、冷却期間があるからなのです。

二人の愛が唯一無二のものであれば、この冷却期間の最中にあなたの心に革新づけてくれるものが生れます。

それはあなたの信念となり、彼との関係をうまく運ぶことができるのです。

彼もあなたとの離れた時間に、冷静な自分と対等に向き合い、一時の感情に流されることなく物事を考えることができる貴重なひと時になります。

その折には、寂しさや愛おしさも倍増してしまうもの。

そういった過程があるからこそ、よりよい時間を過ごせることにつながります。

そして、冷却期間を設けることで復縁の可能性を高められると言えるのです。

ストレートに愛の言葉をぶつける

ハート 渡す

ストレートに愛の言葉をぶつけることも復縁の可能性を上げるものです。

愛の言葉を聞く機会はそれほど多くはありません。

「好きだよ。私には○○くんだけだよ」「胸がぎゅーってなるくらい、愛してる」など「好き」や「愛」という言葉を入れれば効果的だと言えます。

むしろ日本人の傾向として、直接伝えるのが「恥ずかしい」と思ってしまう事も少なくないのです。

その為、愛の言葉を聞けば、あなたから彼への愛情の重さを感じられます。

彼のことを心の底から愛していなければ愛の言葉をささやくことなどできないからです。

愛しいという感情を彼にぶつければ、あなたの本気度も彼に伝わります。

「これほどまでに、愛してくれる人は、彼女だけ」だと彼が理解することもできるのです。

そのことから、あなたの愛を受け取った彼も復縁という言葉を身近に感じます。

好きだけど別れた彼女に対しての未練も、大きな愛を受け取った事により放出されるのです。

ストレートな愛の言葉は彼が悩んだ挙句、決意した別れも溶かして行きます。

あなたの愛にほだされた彼と再び愛し合うことも夢ではありません。

愛されているという実感は愛の言葉によりいつも感じることが出来ます。

それはゆるぎない愛の誓いとなり、彼に復縁したいと思わせるのです。

まだ好きだけど別れたことに納得する

横顔

まだ好きだけど別れたことに納得する姿勢をみせるのもやり直す可能性を高めます。

「あなたがそう言うのなら仕方ないね」と言えば、彼女の気持ちも同じものだと彼も分かるものです。

彼の意見に賛同していることが一目瞭然だと言えます。

彼の意見に同意することで、一度丸く収めてしまっておけば、急展開も起こすことができるからです。

まだ好きだという気持ちをお互いに持ったまま、別れに納得することで、彼への理解を深めます。

彼もあなたが納得したことで「好きだけど、別れてやってみよう」となっているものです。

別れることをした後で「やっぱり、あなたでなきゃダメなの」と彼に伝えることで、今のままではどうにもならないもどかしさを伝えることができます。

お互いが好きだという感情を残しているので、再び恋愛に発展するスピードはかなり速いからです。

彼への気持ちを爆発させて、諭せば、元彼も心が動きやすいと言えます。

「彼女がここまで言ってくれているのならば」と重い腰を上げることができるのです。

二人の間で交わされた約束が、やっぱり守り切れないものだと思えたことで、復縁の可能性はどんどん上がっていきます。

彼の心を動かし、二人の未来を重ね合わせるように動かせるのです。

「好きだけど」という気持ちが、押し黙ってしまっている彼を動かします。

復縁は彼の動き次第で決まるのです。

成長や変化を形にする

女性 笑顔

あなたの成長や変化を形にすることで、やり直して復縁する可能性を広げられます。

「あなたのチャレンジ精神は見習わなきゃね」と彼を認めることも一つです。

今までは褒めてももらえなかった事を彼女が言ってくれると嬉しくなります。

人は失敗や成長を繰り返して強くたくましくなるものです。

彼との別れで学んだことを生かしている姿を見せる事で「成長と変化」を彼に提示することができます。

あなたの変化は彼が復縁を考える良いきっかけになるものです。

「好きだけど、別れてしまった」という元カレの後ろめたい気持ちに希望の光で照らすことが出来ます。

「変わった彼女となら、もう一度うまくいく道に出会えるかもしれない」という思いが彼の中で芽生えるからです。

少なからず彼もあなたに未練を感じているのも確かな事だと言えます。

そして、今の苦しい状態から何とかして抜け出したいと、彼もまた思っているということも少なくありません。

二人で協力して同じ道を歩めるのならば、これほどまでに素晴らしい答えは他には無いものです。

愛している女性とまた一緒になれることを考えれば、彼の悲痛な想いも消え去ってしまいます。

彼とあなたが今のツライ現状から抜け出すには、成長あるのみなのです。

そして、成長と同時に変化も必ず訪れます。

二人の未来を幸せなものへと変化させて一緒に居る道を探せることもまた、幸せだと感じる一つなのです。

復縁の可能性がゼロから80%以上に!10項目の確率診断シート&成功率大幅アップの秘策

好き同士でもよりを戻さず別れたままでいる方が幸せになれるケース

好きすぎて彼のことばかり考えてしまうなら別れたままの方が幸せ

後ろ ハグ

好きすぎて彼のことばかりを考えてしまうのならば別れたままのほうが幸せです。

「彼のことを思い過ぎて、眠れない」「ご飯が食べれない」と考えているようでは生活自体が成り立ちません。

好きという感情が、お互いを壊してしまう事もあります。好きだから彼のことを考えます。

しかし、良かれと思った意見でさえ否定されてしまえば、悲しくなるものです。

その悲しさは好きだという気持ちが強いほど、引きずってしまうこともあります。

あなたは否定されてしまったばかりに辛さに押しつぶされてしまう事も考えられるのです。

別れてしまえば、彼とは一線を引いて付き合えます。

その方が心を傷つけることなく、彼を大切に思う気持ちだけ持つことができて幸せなのです。

彼のことばかりが頭の中に合っては、あなたがすべきことも見失いがちになってしまうこともあります。

恋愛以外にも日常生活においてしなければならないものはたくさんあるものです。

それらを差し置いて、恋愛に没頭してしまったところで何もいい事はおこりません。

自分の道をちゃんとすすむことができるからこそ、恋愛も煌びやかに輝きます。

そして心から愛し合うことができるのです。

あなたの人生において、やらなければならないものに精一杯に取り組めれば、あなたは魅力的な女性へと昇り詰める事ができます。

それから恋愛を初めても遅くはないのです。

幸せになる為に生きる事が大切だといえます。

依存心を捨て去ることができ、自立した人間になれる

水面にたたずむ

彼と依存し合う関係ならば、別れたままの方が、自立した人間になれ、幸せだと言えます。

恋愛の良い所でもあるのが依存心です。

彼がいるから頑張れることも多くあります。

しかし、依存が行き過ぎた関係であったのならば、それを捨て去ることで幸せになれるのです。

「彼がいるから」と周りを寄せ付けないでいると、あなたは孤立してしまうこともあります。

彼がいなくなってしまった時、あなたは一人で立ち上がることもできずに、途方にくれてしまうのです。

そして、周囲の人とコミュニケーションも取れず、困ることもあります。

依存してしまう関係で、彼のことばかりになってしまうと大切なものを見失ってしまうこともあるのです。

彼と円満な関係を築けなかったのは、あなたの依存心が原因なこともあります。

お互いの幸せのためには、依存が増す関係は良い事を生まず、崩壊を招くだけだと言えるのです。

あなたが彼と一緒に居る以上、依存し続けてしまいます。

それはあなた自身の将来も真っ暗にしてしまうことにつながるものです。

その為、二人は別れたままの方が幸せになれるのです。

一人で自立した女性になれば世界は違った色で見えます。

あなたの瞳には美しい色が戻ってくるのです。

尽くしすぎても相手をダメにしてしまう

朝ごはん

尽くしすぎても相手をダメにしてしまうので別れたままの方が幸せです。

「タオル出しておいたよ」「明日の服はこれを着てね」と言えばやってくれることに従うことが多くなります。

次第に彼は自分で考えて動くということ忘れてしまうのです。

彼に未練があってもあなたが尽くすことにより彼を堕落させていることもあります。

自分の力では立ち上がれない人間作り出してしまっているのです。

彼はあなたと居れば、なんでもしてもらえることが楽で「好き」という感情を持っていることもあります。

それは本来の恋愛関係というものではありません。

恋愛とは求め合い、慈しみ合って、成長していくものなのです。

助け合うことで絆が生れ、信頼できるパートナーになれます。

いつでも助けてくれるから好きというようなものではないのです。

彼もあなたも一緒に居ることでダメになっていっています。

お互いがつぶし合ってしまっていて、良いところを出し合えていないのです。

二人でこれから先、一緒に居た所でそのことは変わることはありません。

お互いがつぶれてしまう今の関係は、即刻離れるべき関係だと言えるのです。

別れてしまうことで、必要としない関係になれば、あなたと彼は自由に羽ばたいていけます。

大切なもののために努力し、精一杯人生を楽しみ、幸せとはなにかを追い求めることができるのです。

互いに求め合い過ぎて、恋愛の成長を妨げてしまう

パソコン 夢中

お互いに求め合い過ぎてしまうと恋愛の成長を妨げてしまい、別れたままの方が幸せだと言えます。

うまくいくカップルはお互いのバランスがよく取れているという特徴があるものです。

しかし、個々の個性が強すぎてしまうと、自己主張が強すぎてしまい、バランスをとることが難しくなります。

「好きだから、一緒に居て」「私は今一緒に居たいの」とわがままに繋がりかねません。

好きだから求め合うという普通の愛情も行き過ぎてしまう傾向にあるのです。

求め合い過ぎてしまうと、お互いが歯止めをかけて、良い落としどころというものが見つけられません。

そうなれば、パートナーとして不満が募るようになります。

好きだけど、喧嘩してしまうという矛盾が生れてしまうのです。

仲良くしたいと思って近寄ってみても、自分の意見ばかりを通してしまう事から、二人の見解は合いません。

好きという気持ちだけでは、どうにもできない現実が突き付けられるのです。

それは二人がうすうす感じ取っている、離れていた方が幸せになれるというものだとも言えます。

好きということがぶつかり合うと共倒れの危機に陥ってしまうのです。

相手に自分の意思が伝わらずもどかしくなることもあります。

恋愛とは、お互いの足りないものを補えるからこそ、一緒に居て幸せを感じられるものです。

一緒に居ることで成長が出来ない関係は、恋愛をしてもお互いを伸ばすことも出来ず、苦労ばかりしてしまいます。

それは二人の心労になり、一緒に居る事が辛いということになってしまうのです。

離れることで、気持ちは変わって行き、二人は友となり支え合うこともできます。

恋愛とは違うジャンルを切り開くことで、自分の本当の幸せと向き合うことができるのです。

好きだけど自分から別れを言うべきか悩んだ時の後悔しない判断ポイント

一緒にいなければ成長できないことがあればどんな困難があっても別れない

「彼のことやっぱり好き」と思っていても自分から別れを言うべきか悩んだ時の後悔しない判断ポイントは、恋人と一緒にいなければ成長できないことがある、と感じるのならどんな困難があってもこの先も別れることはないはずです。

あなたにとって、今の彼は特別な人。

「彼だから」「この人じゃないと」と彼氏のことを唯一無二の存在だと感じることが出来ています。

恋人同士は、恋愛をして二人で色んなことを経験することで人間として成長することが出来る関係です。

彼氏を通じて今まで出会ったことのない人と出会う、まったく違う価値観を体験する、愛や許しなど人として大事な感情を学ぶ、自分の人生に対してチャレンジする勇気、など彼氏と交際する前よりも人として大きな飛躍をしていきます。

別れを求められる局面においても、「彼じゃないとこれから乗り越えられないことがある」と感じるなら、絶対に逃してはいけない人と離れないために、しっかりと手を握りましょう。

彼が依存してきていると感じるならいくら好きでも別れるべき

彼が依存してきていると感じるなら、いくら好きでも別れるべきだという選択をすることが、悩んだ時の判断ポイントです。

依存症は、様々な種類がありますが、どの依存であっても恋人であるあなたにとってはいいものだとは言えません。

例えば彼氏が恋愛依存症であれば、あなたに異常な執着を見せ、あなたからの恋愛感情を感じられなければ狂気じみた様子を見せることもあるものです。

セックス、ギャンブル、アルコール、たばこ、親など、依存症になってしまうことで一番身近な人は苦労をすることになります。

彼があなたに依存しているなら、「恋愛がうまくいくからメリットだ」と思う人もいますが、実は恋人に対して依存することのデメリットは、自分自身の人生を歩いているとは言いにくい状態を生み出すところです。

全てのことに対して「彼女のために」と理由を付けることで、自分の意思がなくなります。

依存し、尽くすことが彼の幸せになっているかもしれませんが、彼自身の自立とはかけ離れたものなので、一旦離れたほうが良いと言えるのです。

お互い成長するために離れたほうが良いと思うなら離れる

好きだけど自分から別れを言うべきか悩んだ時には、お互い成長するために離れたほうが良いと思うなら離れるというポイントで判断しましょう。

人間関係、ましてや恋人関係は離れることで学べることもあるものです。

一緒にいる事ばかりがすべてではありません。

本気で好きになって、相手の幸せや成長を願うことが出来る関係だからこそ、背中を押して応援することが出来る関係性でもあります。

お互いの人生や生き方を応援するために、「今は離れたほうがいい」「彼の成長のためには私がそばにいたらダメだ」と感じる時には、素直に身を引くことが愛情です。

好きという気持ちを伝えることばかりが愛情ではなく、時には離れて見守ることも愛情の一つ。

それは。大切に育てた我が子の巣立ちを見送る母親のようだとも言えます。

離れることが相手のためになると思うなら、あなたの「やっぱり好き」「離れたくない」を押し付けることは、ワガママになってしまうからです。

人生の中でまたとない夢への切符が目の前にあるなら優先度を考える

人生の中でまたとない夢への切符が目の前にあるなら、まずは優先度を考えることが好きだけど自分から別れを言うべきか悩んだ時の後悔しない判断ポイントです。

人生の中には、「絶対に逃してはいけないタイミング」というものが存在します。

この時が来たら、何が何でも絶対にチャンスを掴むために全力で挑まなければいけない時です。

例えば芸能人を目指して何年もオーディションを受けているとして、合格通知とともに事務所の近くで住むことを条件にされた時などは、「彼氏のこと好きだけど、行くとなると別れることになる」と悩んでいる時間もありません。

今、この瞬間に訪れているチャンスは、今掴まなければ二度と訪れないからです。

あなたの人生において、何を成し遂げたいのか、今の恋愛と夢を並べて優先順位を考えてみましょう。

あなたの生き様を決める夢への切符があるのなら、苦しくても恋愛を諦める時です。

誰かを不幸にしているなら別れることも一つの幸せ

好きだけど自分から別れを言うべきか悩んだ時には、誰かを不幸にしている恋愛なら別れることも一つの幸せだと考えましょう。

恋愛における幸せとは、二人が一緒に過ごすことで感じる幸せと離れて相手の幸せを願うことで自分も感じる幸せとがあります。

例えば相手が既婚者だったり、別の本命彼女がいて自分は浮気相手だったりすると、あなたと彼が恋愛をすることで、他の人を悲しませていることになるはずです。

バレていなくても、人を裏切ってだましていることに変わりはありません。

あなたが恋人を好きでい続けることは自由ですが、関係を続ける事が幸せとは限らないのです。

一緒に過ごす幸せを選ぶよりも、少し大人になって離れて見守る幸せを選ぶことも、一つの恋愛の形と言えます。

好きだけど別れたほうがいいのか診断!チェックポイント一覧

チェックポイント1:会えない時間がやけに長く感じて辛い

付き合っている間、会えない時間があるのは当然ですが、その時間がやけに長く感じて、辛すぎるという場合には、別れるという選択肢も出てきます。

好きなら、離れている時間がもどかしくて辛いと感じることもあるものです。

「早く仕事が終わらないかな」「週末デートが待ち遠しい」ともどかしいながらも楽しみに替えられるなら、恋愛を充実させるスパイスとなりますが、日々の暮らしが退屈になってしまって、カレの事しか考えられなくなるなら、依存傾向にあると言えます。

好きな人との時間は大事ですが、人生は自分で舵を取らなければいけません。

会えない時間が長く感じて、頭の中が「辛い」ばかりになると、日常も全て悲しみに覆われてしまいます。

チェックポイント2:相手の言葉を全てネガティブに捉えてしまう

彼氏との会話の言葉をすべてネガティブに受け取ってしまうようになった時には、別れ時に入っていると言えます。

好きな人との時間がいくら幸せでも、離れる事を考えたら不安になったり、起こってもいない現実を想像して悲しくなったりとネガティブ思考になることもあるものです。

「この時間も長くは続かないかもしれない」「愛してるって言ってくれているのも、今だけかもしれない」とどれだけ大切にされていても、好きな気持ちのバランスが取れていなければ、相手の事を信用出来ていなくて、不安が付きまといます。

「どうせいつかは別れるんでしょ」という考えでいると、恋人も本気で愛してくれなくなるのも当然です。

チェックポイント3:友達との時間や仕事の方が大事に感じてきた

恋人がいても友達の時間や仕事の方が、最近は大事に感じてきたと思うなら、相手の気持ちを蔑ろにしてしまっている可能性もあります。

マルチタスクが出来るのが女性の特徴ではありますが、条件が変わらない状態で気持ちを入れる比重が変化してくると、前のように戻すのは難しいはずです。

好きなのは変わりなくても、愛情の濃さは変化してしまっている事を認めるべき。

何でも集中するべきタイミングというものがありますから、今は友達関係や仕事に対して打ち込むことも悪い事ではありません。

必ず別れなければいけないという訳ではありませんが、相手が寂しがっていないか確認する必要はあります。

チェックポイント4:お互いに共依存だと感じることがある

好きだと思っている状態が、共依存であると感じるなら、恋愛関係を解消したほうがお互いのためになると言えます。

共依存は、相手がいなければ自分に価値を見出せない考え方をお互いがしているという事です。

「私がいなければあの人は何もできないから」「求めてくれる人がいるから自分の時間は全て注ぐ」という考えで一緒にいると、自己肯定感を持つことが出来ず、恋人がいなければ自分の価値はないと考えてしまいます。

期待に応えることだけが生きがいとなってしまい、共に幸せを創り上げる考え方が生まれませんので、その日暮らしの幸せを追う事になり、苦しい状態に追いやってしまうのです。

チェックポイント5:どちらか一方あるいは両方が既婚者

既婚者との交際、もしくは自分自身にパートナーがいるなら、もう恋愛は終わりにした方がいいタイミングがやってきたはずです。

好きだけど別れなければいけない判断をしている訳ですから、あなたの心の中にはすでに「終わりにした方が良いんだろうな」という考えがあります。

法律的に許されない事だとは誰もが知っていることですが、抜け出せないのは愛情があるから。

外側の理論だけでなく、あなたが今後、今以上に苦しむことになることに目を向けてみましょう。

報われない恋愛、常に二番手であることで、傷のなめ合いのような関係だと感じているはずです。

本当に必要な絆を作る事は難しいので、終わりを予感した時点で、二人の関係は終わっています。

チェックポイント6:結婚に対しての考え方の違いに悩んでいる

結婚に対して、タイミングや計画的な部分で違いが生まれている事に悩んでいるなら、このまま一緒に過ごしていても苦しいばかりです。

男性にとっては、生涯の内いつでも叶えられる可能性のある事ではありますが、妊娠を望む女性にとっては、タイムリミットが決められています。

明確な年齢ではなく、体の機能の問題ですから、なるべく早いうちに進展させたいところです。

好きな人と一緒にいて、「このままずっと二人は離れないよ」と約束している状態と、入籍をして夫婦として暮らしているのとでは、精神的にも社会的立場としても全く状態が異なります。

特に、同棲をしていると同じに思えるかもしれませんが、入籍をする事で名前の変更という分かりやすい部分だけでなく、社会的に遺産や資産の権利を得る事や保険の関係、家族として扶養される対象になるなど、様々な面で認められるようになるのです。

親との関係性も恋人と配偶者では、家系が関係してきますから関わる時の気持ちの入れ方も変わります。

結婚に対して考えが一致していないのであれば、今後一緒に過ごし続けるのは難しい相手だと言えるはずです。

チェックポイント7:相手に浮気癖がありどうしても許せない

相手の浮気癖を許せないと思うなら、別れを覚悟するべきです。

「浮気は男の甲斐性」と考える人もいますし、芸を磨くための経験だと割り切って受け入れられる人もいますが、「どうしても許せない」と思うのなら、我慢する必要はありません。

あなたが悲しんでいても、彼の性癖とも言えるものなので、治る見込みは薄く、本当の気持ちは伝わらないはずです。

チェックポイント8:大事な場面で相手の意見を聞いて全て頼り切る

大事な場面において、相手の意見に全て頼り切ってしまう習慣があるなら、好きな人でも離れた方があなた自身の成長や幸せに迎えると言えます。

女の人は、好きな人の意見を聞きたいものですし、その人の意向を汲んであげたいと思う人も多いものです。

しかし、あまりにカレの言葉に頼り切っていると、自分で物事の分別が出来なくなったり、完全に依存してしまって何もできない女性になってしまいます。

チェックポイント9:自分のやりたい事や考えを否定される

交際相手からやりたい事や考えを否定される場合には、信頼関係が上手く築けていないと言えます。

いくら好きな気持ちがあっても、お互いに理解し合ってそれぞれの考えや価値観を認め合っていなければ、付き合っていても苦しいばかりです。

あなたの意見を否定されたり、考え方を聞いてもらえなかったりすると、一番の理解者であるはずの恋人なのに、やりたい事を邪魔する人になってしまいます。

あなたの想いを拒否されてまでカレの考えにコントロールされる必要はありませんから、本当に理解し合える人を探して、夢を応援してもらえる環境を自身で作っていきましょう。

チェックポイント10:殴られたり蹴られたりしたことがある

殴られたり蹴られたりなどのDV経験がある彼氏であれば、迷いが出た時点ですぐに別れを決意しましょう。

デートDVの怖い所は、「他の時には優しい人だから」と相手を良いように評価するところです。

確かに優しい面もあるかもしれませんが、本当に恋人の事を考えてくれている人なら、優しさも安定しています。

今は暴力を振るう事は亡くなったとしても、カレのメンタル面で本当のケアが終わっていないのであれば、いつ再開するか分かりません。

「好きだけど別れるべき?」と迷いを感じた時点で、早々にYESと結論を出し、離れることを決意するべきです。

別れを切り出すときには、周りに人がいる環境を選び、破局からしばらくは家から離れてストーカー被害も予防する準備をしておきましょう。

チェック結果:〇が1~3個

上記10個のチェックの結果、〇の数が1~3個の人は、まだカレとの時間を楽しめる可能性が十分にあります。

違和感を抱いているかも知れませんが、関係を築き直すことも十分可能ですし、お互いの事をもっと深く知る努力をする事で、歩み寄ることが出来る関係性です。

破局という選択肢が出てきて、戸惑っている最中だとしても、考え方の切り替えやデート方法を工夫することで、まだまだ愛情を育てられるカップルだと言えます。

好きすぎるがゆえに考えすぎている傾向がありますので、もっと相手の事を信用して、かけてくれている愛をしっかりと感じ取りましょう。

チェック結果:〇が4~7個

上記10個のチェックの結果、〇の数が4~7個の人は、慎重に別れについて考え、実行に移すためのステップを進めていくべきです。

既に、今の関係を続けるのは難しくなっている二人。

付き合い始めた頃とは、環境も心の状態も変化しているはずです。

今のまま付き合い続けても、お互いに苦しい思いをする可能性は高いと言えます。

これからの二人のために、どんな自分であるのがベストなのか、一度二人の将来を話し合ってみるべきです。

お互いに相手の事を大切に思いやることが出来るなら、手探りでもしっかりと好きな人の事を想って動ける関係を作っていきましょう。

チェック結果:〇が8個以上

上記10個のチェックの結果、〇の数が8個以上の人は、残念ながらいくら想いを持っていても別れた方がいい相手だと言えます。

気持ちの面において、今まで付き合ってきた記憶や楽しかった時間が二人の関係をとどめているだけです。

実質的には、破綻してしまっているので、取り繕ったところでいつかは完全に崩壊してしまいます。

好きな気持ちだけでは、どうにもならない事もあるのです。

お互いの事を嫌いになる前に別れを決意して、それぞれの道を歩き出しましょう。

今のままではモヤモヤは募るばかりですが、離れてみる事で相手に感謝の気持ちを抱く事ができ、苦しみから解放されつつ、好きな気持ちが昇華されていきます。

好きだけど別れると告げる勇気を奮い起こす方法

別れた後のメリットを最低10個見つける

好きな人に終わりをお伝えする為の勇気を出すには、別れた後に訪れるであろうメリットを最低10個見つける事です。

付き合いを終了すると決めていても、相手への気持ちが残っていれば「寂しい」「もっと他にいい方法があるかもしれない」と考えて、なかなか言葉に出来ないもの。

後ろ髪惹かれる理由は、一緒にいたいと思う気持ちがあるからこそです。

未練を断ち切るためにも、離れた方がいい理由をたくさん見つける必要があります。

少なくとも10個は、メリットを見つけて、自分をしっかり納得させてからでなければ、相手に考えを伝えられるはずがありません。

メモ用紙でも、ノートでも、白紙でも、何でもいいので、二人が別れた方がいい理由やメリットを書き出し、誰がどう突っ込んで質問をしても切り返せるだけの理屈を見つけておきましょう。

自分の人生は一度しかないから迷っている暇はないと理解する

想いが残っている人に終わりを伝えるには、自分の人生が一度きりであることを自覚する事です。

人は、生まれたら必ず死を迎えます。

生きている間の時間は、人によってまちまちですが、必ず訪れる終わりがあるのは確実です。

やりたい事がたくさんある女性にとって、恋愛の優先順位が低いというケースも珍しくないこと。

朝から晩まで仕事をしてから、夢に向かって勉強したり、人脈を広げて次のステップに繋げたりと、一日24時間では足りないと感じている人も多くいるはずです。

いくら好きな人でも、あれこれ抱えている時には、デート中も頭の中で違う事を考えてしまい、上の空になってしまいます。

あちこち考えが散っていては、彼氏にとっても失礼です。

相手の時間を使わせてもらっているのだから、全力で愛を育む時間に当てるのが誠実さというもの。

時間は命です。

恋愛に集中できないのなら、好きな人でも離れるべきだと考えれば、勇気が湧いてきます。

相手に自由を与えると考える

相手に自由を与えてあげようと考えてみると、勇気が出なかった別れ話も、切り出すことが出来ます。

交際している状態は、気持ちという見えない糸で繋がれているだけでなく、相手を束縛することでもあるはずです。

もちろん、彼氏がいるからといって、何もかも我慢しなければいけない訳ではありませんが、相手に合わせて不安にさせない努力や歩み寄る姿勢は必要となります。

何もかも報告して欲しい彼氏と、自分の好きな事を思いつくままに動きたい彼女では、報連相一つとっても考え方が異なるところ。

あなたの事を考えている間、彼はずっと時間と場所に拘束されている事になります。

付き合っているだけで、束縛している事と同じだと考えれば、自由なあなたがのびのびと過ごすほど、カレは苦しんでいる事になるわけです。

解放してあげて、自由を与えてあげようと考えれば、お互いウィンウィンな状態で、幸せを掴むことが出来ます。

分刻みのスケジュールを組んで考える時間を潰す

分刻みのスケジュールを組んで、朝から夜まで飛び回っていれば、考える時間を潰して、あっさりと終わりをお伝えする事が出来ます。

悩みが浮かぶときには、時間の余裕があるからだと言われているもの。

時間があれば、違う事を考えていても、つい彼氏の事をあれこれ思い浮かべてしまいます。

好きだけど、どうやって離れようかと悩んでいるなら、終わりのない問答に疲れ果ててしまう事も。

考える時間を極限まで失くしてしまえば、次に会った時「そうだ、さっさと伝えないといつまでも同じことを繰り返してしまう」と、あまり深く考えずに言葉に出すことが出来ます。

タイトなスケジュールをこなすようになっている時には、悩みはすぐに手放していくのが楽になるコツ。

ポンポンとリズムよく悩みを手放して解消していく事の一つに、彼氏と離れる事が含まれています。

お風呂で好きな気持ちと別れる理由を言葉に出す

未練が残っている相手にお別れを言うのに、なかなか勇気が出ない時には、お風呂で好きな気持ちと別れなければいけない理由を言葉に出していくことで、一歩踏み出せるようになります。

お風呂は、一日の中でも最もリラックス出来る場所です。

湯船につかりながらボーっとしていると、筋肉が緩んでいき、緊張から留まってしまっていた血流が流れやすくなり、とても快適な状態になります。

リラックスしている時には、脳も緊張が解けているのでアイデアも浮かびやすくなっていて、考えをまとめるのには適しているのです。

ゆったりと過ごしていると不安が落ち着くので、彼の事に付いて考えていきましょう。

言葉に出すと、彼の事を好きな気持ちはどの部分なのか、何に惹かれ続けているのか、最初の頃より魅力が増えたと感じるか、などと共に、なぜそう感じるのか理由まで明確になっていきます。

好きだと思い込んでいただけだったり、魅力よりも離れたい気持ちの方が上回っていたりと、新たな発見があると、勇気が沸き上がってくるはずです。

別れると決意したら彼氏を振る前にやっておくべき事

目標を明確にしてすぐ行動に落とし込めるようにする

別れると決意した時に、気持ちを伝える前には、目標を明確にして、即座に行動に落とし込めるようにしておくことです。

好きな気持ちを心の中に持っていると、いつまでもカレに執着する原因となってしまいます。

お互いに思いが残っているなら、なおさら。

強制的にでも、物理的に離れる準備を整えていきましょう。

叶えたい夢がある時、相手の幸せを願っている時など、思いがあるなら、「いつまでにこうなる」という目標を明確にします。

いつか復縁してもいいと思えるなら、「5年後に夢をかなえた状態で、会おう」と決めておく事です。

数年後、胸を張って会えるように、今できることを考え、すぐに実行に移せるようにします。

最後の挨拶ををしてすぐに、住んでいる土地を離れるために、飛行機や新幹線のチケットをとったり、新しい環境でスタートが切れるように仕事を決めておいたり。

次にやるべき行動が定まっていれば、感情に流されて動けなくなることを回避できます。

自分から告げるにしても、好きなヒトとはなれるのは辛い事なので、集中出来るものを用意しましょう。

彼の家に置いている私物の整理

関係を終わらせることを決意したら告げてしまう前に、彼の家に置いている私物の整理をしておきましょう。

物質による繋がりがあると、気持ちまでその場に留まっているような気がするもの。

恋人同士は、モノの貸し借りをする機会も多くあります。

自宅デートをするカップルなら、「今日は荷物が多いから、次に来た時に持って帰るね」「お泊まりの時に毎回持ってくるのが面倒だから、彼の家にもスキンケアセットを置かせておいて」と徐々に、私物が残留する事も。

別れを考える時には、気持ちの面にばかりフォーカスするので、置きっぱなしのモノに関しては、後回しになります。

「もう会わない」と決めてから、「置いたままにしているものは、捨ててもらおう陽に連絡をしようか」「あれだけは、返してほしいな」とまたやりとりをしなければいけなくなると、決意が揺らいでしまうはずです。

先に、私物を片付けておいて、後から困らないようにしておきましょう。

会う頻度を減らして寂しさを軽減させる

会う頻度を減らして、一人になってからの寂しさを軽減させるためのシミュレーションをしておくというのも、終わりを決めた時にしておくべき事。

好きな気持ちが残っていれば、「昨日までと違う世界に迷い込んだみたい」「いつもならこの時間は、彼と一緒にいるのにな」と、習慣化した毎日とは違う時間を過ごす事に、違和感を抱いてしまいます。

少しづつ自分だけの時間を織り交ぜながら、日常にグラデーションを作っていきましょう。

ぷっつりと世界が変わってしまうのとは違い、徐々に会えない日が増え、一人で考える時間が多くなることで、自分の人生と向き合いやすくなるはずです。

彼にとっても、「明日から顔も見れないの?」と驚きを与えるよりも、「また今日も会えない」と慣れてもらった方がショックが少なくなります。

連絡の返信を遅くする

連絡の返信を遅くするというのも、別れを告げる前にしておくべき事です。

嬉しい事や面白い事があると、すぐに「彼に教えてあげよう」「彼女を笑わせよう」と思い、電話をしたりメールやラインで伝えたりします。

恋人同士では、いつでもコンタクトが取りやすいというのが特徴。

そのため、連絡が取りづらくなると、気持ちが離れたと思われやすいとも言えます。

好きなまま恋人という関係を絶つにしても、あなたの気持ちを知られるよりは、「どうしても離れなければいけない状況なんだ」と思ってもらう方が、スムーズです。

いつもスマホを持って待ち構えているように返信をしていても、数時間から1日ほど既読無視をしてから反応したり、少し電波製品から離れ、未読のまま少し放置したりすれば、連絡が取りづらい状況に慣れていきます。

恋人の事を考える時間も少なくなり、自立の助けとなるはずです。

好きでいてくれたことへの感謝を伝える

彼が、あなたを好きでいてくれたという、紛れもない事実への感謝を言葉にして伝える事は、会えなくなる前にぜひしておきましょう。

あなたが今も恋人の事を想っているなら、どうして離れなければいけないのか伝える前に、二人で過ごした時間があったことをきちんと伝えるべきです。

人を好きになると言うのは、とても素晴らしい事。

そして、相手からも愛されるというのは、奇跡と呼べる煌めく時間です。

たくさんの思いを共有し、語り合い、本気で向き合ったことも全て、あなたの心と人生を豊かにしてくれたはず。

経験の一つとして、これからも必ず活かされていきます。

愛されたことで、やる気がみなぎったり、毎日が楽しかったりした時間を過ごせたことは、かけがえのない幸せです。

恋人として傍に居てくれたこと、思いを持って接してくれたことに感謝し、言葉で伝えましょう。

好きなまま別れを告げた後の心の傷を癒やして前を向く方法

一日のスケジュールを確認して毎日未来を意識する

心に抱えた傷を癒し前を向くためには、その日のスケジュールをしっかり確認し、未来に向かって生きる事です。

悲しい事があると、そのまま時が止まってしまう事が良くあります。

好きなままなら、尚更「選択は本当に正しかったの?」「またいつか、笑顔で会えるかな?」と考えてしまい、立ち止まるものです。

自分の選択や行動に後悔しないためにも、大切な一瞬の積み重ねをしていきましょう。

同じ毎日だと思っても、本当にコピーしたような日は一度もありません。

あなたの気持ちは秒で移り変わり、状況も変化するはずです。

今の瞬間を楽しむことが一番大切。

一日のスケジュールを確認し、ただこなすだけではなく、下準備をしていかにスムーズに取り組めるか、一つの出来事から何を学ぶか目標を決めるなど、充実させていきます。

過去ではなく、未来を意識し、一人でも多くの笑顔を生み出し、あなたが満足できる日常を送りましょう。

新しい服を買って違う自分を楽しむ

思いが残ったまま終わりを告げた後の傷を癒す方法は、新しい服を買って、違う自分を楽しむことです。

ファッションは、鎧だと言われることもありますが、身にまとう人は、服の印象のように内面まで変わろうとします。

カチッとしたものなら、背筋を正して格好いい自分を見せようとするし、フリフリのレースなら、可愛く表現しようとするものです。

今までの自分からグレーでアップするためには、新しい表情を見つける事も大事。

買った事のないようなタイプや選んだ事のない色味にチャレンジし、自分という一人の人間を着飾って楽しみましょう。

パンツばかり履いていたのなら、スカートに挑戦し、ベージュや黒が多かったなら現職を取り入れてみるなど、服装を変化すると、ウキウキしたりドキドキしたり、様々な感情を体験できるはずです。

「着飾る理由なんてない」「ちゃんとした格好なんて必要ない」と思ったとしても、気にしているのはあなたくらい。

何もない休日に、オシャレなスーツを着てもいいのです。

外側から新しい自分を発見し、反応する心を楽しみましょう。

断捨離をして過去の記憶を整理する

傷付いている心を癒すには、断捨離をして過去の記憶を整理する事です。

目から入ってくる情報は、心への影響力がとても大きく、時に映像が頭から離れない等の状況を引き起こすこともあります。

普段は見えない場所に置いてあっても、旅行の時のお土産や一緒に映っている写真など、ふと目に入った瞬間に、気持ちが逆戻りしてしまうはずです。

前を向くためには、過去を整理する事が近道。

まずは、元カレとの思い出を全て一点に集めます。

断捨離と言っても、無計画に全て捨ててしまうと、後悔が生まれたり、執着心を強めてしまったりする可能性がでてくるところです。

見ていて幸せな気持ちになるものや、「あの時、背中を押してもらえたな」「彼のおかげで頑張れた」とこれからも勇気が湧いたり、力づけるきっかけになったりするものは、残しておいて大丈夫。

思い出して悲しくなるもの、幸せ絶頂期の象徴などは、手放してしまいましょう。

愛を伝える歌を思い切り歌う

心の傷から解放されるためには、愛を伝える歌を思い切り声を張り上げて歌いましょう。

ポイントは、失恋ソングではなく、愛を捧げる歌です。

あなたは、まだ心の中に彼がいます。

無理に忘れようとしても、苦しみが増すばかり。

ならば、今傍に居られないあの人に、想いだけでも届けるつもりで心を込めて歌いましょう。

声を出すことは、体の中のネガティブな感情やマイナスエネルギーを吐き出すのにとても最適です。

血液の巡りやエネルギーの循環もよくなり、思考回路にも変化が起こります。

「大好きと思える人に会えてよかった」「未来に進みだすためには、この恋愛は必要だった」と想えるようになるはずです。

全ての想いを手紙に綴ってから焼く

心の傷の回復には、書くという方法もあります。

太古昔から、人間は書くということで様々な記録や想いを残してきた歴史があるもの。

後世に伝えたいものから、状況を整理するため、誰かに気持ちを伝達するためなど、様々な場面での手段の一つです。

心の中に今もまだ輝いて存在している彼に向かって、思いをすべて伝えるつもりで、手紙を綴りましょう。

知り合ってからの事、付き合っている時の幸せだったことや嬉しかったこと、悲しいと感じた出来事や喧嘩をした時の事など。

思う存分文字で書き綴ったら、封筒に入れて留め、火で燃やしましょう。

モノが燃える時には、思いも空に舞い上がっていくと信じられています。

どんど焼きやお焚き上げなど、日本人にもなじみの深い風習を思い浮かべる人も少なくないはずです。

思いが届くよう、願いを込めながら、燃やしたら、気持ちもすっきりします。

別れたあとの男女の違い。失恋後それぞれの特徴的な行動から男性と女性で異なる心理が見えてくる

思い切って別れて正解だった…と感じた女性の体験談

愛を盾にお金が目的だった

私の思い切って別れて正解だったという体験談は、お金が目的だと分かった元カレの話です。

私は、会社を経営しており、従業員を抱えて仕事をしています。

仕事は順調で、多くの人にも恵まれ、とても幸せを感じていました。

彼と出会ったのも、仕事を通じてだったので、信頼していましたし、他にも共通の知り合いが多かったので、異性として問題がある人だとは全く思っていなかったんです。

今考えると、カレ自身も悪気はなく、単なる性格の一つということだったのでしょう。

現金派のカレですが、財布の中身には無頓着で、使った分を補充するなどという細かい作業は苦手でした。

デート代も私に出させないように、いつも気を遣ってくれていましたが、うっかり中身が入っていないという事もよくあったのです。

彼の現金が不足している時は、「そんな時もあるよね」と笑いながら、私が支払いをしていました。

いつも愛を伝えてくれて、優しい人。

一緒に旅行に行こうと計画を立てていると、「会社の人にお土産買って帰るよねついでに俺が配る分も買っておいてよ」と買い物をお願いされ、お金を渡されることはありませんでした。

飛行機のチケットを取ってくれたのは彼ですが、「グレードアップしておいて」と値上げ分を私に依頼し、食事のコースも先払いしていたようで、追加で頼んだ飲み物などは「払っておいて」と。

その場を楽しもうと、あれこれ良い状況にグレードアップしてくれるのはいいのですが、その費用はなぜか私もち。

お金に関して細かい所が雑な人だと分かり、将来が不安になり別れました。(T・O/女性/会社経営)

初めての彼氏で浮かれていた乙女心を遊ばれた

私は、大学生になって初めての彼氏が出来ましたが、今考えると本当に最悪な相手だったと思います。

初めての恋人で、付き合うというものがどういうものか、右も左もわからなかった私。

彼にお願い事をされるのも、「役に立てるなら嬉しい」と思っていました。

お互い車を持っていたのですが、付き合ってすぐくらいから迎えに行くのはいつも私でした。

彼の方から「今日は〇時に仕事終わるからね」と連絡があるので、早く会いたくて、何の疑問も持たずに迎えに行っていました。

「お腹が空いた」「今日は離れたくない」と甘えてくれるカレは、小さな子供みたいで、とても愛おしかったのも事実です。

喜んでくれる顔が嬉しくて、お弁当を作って行ったり、食事に連れて行ってあげたり、ホテルを予約する事も。

そういった手配は彼女がするモノだと思っていたし、私が嬉しかったからしていたことです。

友達と飲みに行くと言っていれば、お小遣いを渡すこともありました。

ある時、友だちと一緒にダブルデートをしている時、「俺の彼女、何でもしてくれるんだよ」と自慢していたのを聞いて、とても嬉しい気持ちになったんです。

次の瞬間、驚愕のセリフが。

「彼女がいたら、俺は何もしなくても生きていける」と言ったんです。

その時、私は彼をダメにしてしまうと理解したのですが、「俺をこれからもよろしくね」と確実に生命線として頼られていると感じ、別れる事を決めました。(M・F/女性/アルバイト)

愛情表現の違いを甘く見ていた

私が別れてよかったと感じる体験は、外国の元彼です。

英語講師をしていることもあり、外国の方と触れ合う機会が多く、国民性により恋愛に対する価値観が違う事も理解していたつもりでした。

とてもオープンな愛情表現をするカレで、会った瞬間にハグや人前でキスする事もよくあり、慣れるまでは恥ずかしさとの葛藤。

いつでも愛を伝えてくれる彼に、すっかり安心していました。

彼の表現が激しいのは分かっていたし、感覚が違うことにも戸惑いながらも嬉しいと感じていたんです。

たくさんの友達とパーティーをした時、彼が私以外にもハグをしているのを見て、ショックを受けました。

「ただの挨拶だよね」と自分に言い聞かせながら友達に聞くと、あちこちに恋人がいるとのこと。

ビックリして、カレに話を聞いてみると、「君の事は大好きだよ」「彼女の事も大切だよ」と続けたことに衝撃でした。

彼の中では、「好きなヒトを一人に絞る必要はない」「気持ちに正直なのはいい事だ」と考えている事が分かりました。

私の中では、恋人は一人が当然だし、好きなヒトがいれば他の異性に興味が湧かないのが普通だと思っていたのですが、必ずしもみんな同じ考えではない事を学ぶ機会となったのです。

理解はしても、受け入れることは出来ず、毎回ショックを受けていては心が平常を保てないので、別れる事を決意。

彼は、「どうして?」「君はもっと心を広く持った方が良い」と言いましたが、愛の価値観が違う人とは一緒にいられないので、別れてよかったと思っています。(A・S/女性/英語講師)

「好きだけど別れる」の裏側にある彼の本心を汲み取って

胸に手を当てる

「好きだけど別れる」の裏側に迫れば、別れの原因を探れます。

彼の本心を汲みとることで、復縁する事もあなたが幸せになる違う道を見つけることも出来るのです。

彼の気持ちを知れば、彼の言葉に隠されていた、本当の真実が見えてきます。

あなたが彼を理解する努力をしなければ、二人の関係は平行線を辿ってしまうのです。

付き合っていても、お互いに本音を言い会えなければ、分からない事はたくさんあります。

別れてしまったら、なおさら分からないものです。

彼の気持ちになって、彼ならばどんな気持ちになり、どう対応するか考えることが出来たのならば、彼が考えていることが見えてきます。

あなたが知った彼の考えを、自分なりにかみ砕き、あなたの答えと調合出来れば、二人の運命を変えることができるのです。

二人の未来には、いろいろな道がある事を知り、それぞれの幸せに向かって生きることができます。

【期間限定・2022年5月29日(日曜)迄】コロナに戦争…悩みを抱えている方へ。

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

少しずつ出口が見え始めたコロナ…始まってしまった戦争…荒れ狂う時代のうねりに恋愛、仕事、お金…悩みはつきないと思います。

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら【復縁の母】を是非試してみてください。

あなたの抱える悩みが、嘘のように消えていく「実感」を今、体験してください。

>>復縁の母で占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG