子供が欲しくない男性心理と子供がいらない理由・後から欲しくなる可能性が高いケース&考えを変えてもらう方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

結婚したら当たり前のように子供を産み育てるものだと感じている女性は多いものです。

女性の幸せな家庭像には愛する人との子供というものが存在します。

結婚前にパートナーが「子供は欲しくない」と思っていることを知ったら、戸惑いを隠せません。

子供が欲しくない男性心理と、子供がいらない理由をご紹介します。

また、後から子供が欲しくなる可能性が高いケースもあわせてお伝えしますので、ぜひ参考にして下さい。

男性が結婚してもパートナーとの二人きりの生活を望む理由を知れば、その答えに納得出来たり、彼を説得することが出来たりすることも。

あなたが望む幸せな家庭を手に入れる為の方法を見つけましょう。

目次

結婚しても子供はいらないと思っている男性の深層心理

「奥さんを独り占めしたい」

結婚しても子供はいらないと思っているのは、男性に「奥さんを独り占めしたい」という心理が働くからです。

男性は甘えん坊な人が多く「結婚したら自分だけを愛してもらえる」「もっと夢中になってもらいたい」と考えています。

男性にとって結婚は、今まで以上にパートナーを独り占めできる絶好の機会。

好きな人に添い遂げるのと子供を持つことは彼の中で無関係です。

彼氏から「将来は二人きりの生活をしたい」という気持ちを聞けば不安になりますが、実はあなたのことを愛しているからこその言動だと言えます。

その愛を受けて、彼に「子供がいる生活も悪くない」「二人の意志を将来に繋ぐ希望が子供だ」というあなたの思いを分かってもらえたのなら、相手の気持ちを変えることは可能です。

「自由な時間が欲しい」

自由な時間が欲しいという深層心理が働くので、結婚しても子供を欲しがらない男性は多くいます。

自由な時間をこよなく愛するのが男性です。

子供が生まれたら自由な時間は当然、奪われます。

子育てをすべてパートナー任せにするわけにはいきませんし、一人になりたい時も簡単には作れないもの。

だからこそ、結婚しても端から子供を望まない男性が多いのです。

ただ、そんな男性こそ実は子供が生まれたらガラリと価値観を変えることも。

自由な時間よりも家族や子供と関わる時間の幸せを感じ、子育てに積極的になります。

彼が今は結婚後に子供を望んでいなくても、あなたの説得次第では「子供を持ってもいいかもしれない」と考え直してくれるのです。

出来る限りの努力を行うことで、あなたにとって幸せな未来を引き寄せられますから、子供が欲しいという気持ちを諦めずに彼に伝えましょう。

そして、自由な時間を奪われるだけが子育てではないことをしっかりと理解してもらえたのならば、子供について真剣に考えてもらえます。

「身軽なままでいたい」

身軽なままでいたいから、結婚後に子供を望まない男性がいるのも事実です。

子供を作ってしまったら、お互いに愛情が冷めてしまった後、別れに踏み切れないことも少なくありません。

愛情がすでにないのに、子供の前では偽りの夫婦愛を示すことも。

愛は目には見えないものです。

そして永遠にその愛を維持していけるかも分かりません。

男性は、お互いの幸せを思って、あえて一時の感情で子供を作ることを拒んでいます。

彼が子供を欲しがっていないという事実を深堀していくと、二人の関係に不透明さがあるから。

「妻の愛が永遠に続くとは限らないし、信じきれない」という気持ちが彼の子供を持つことへの拒否反応を起こしているのです。

いつでもお互いにとってベストの選択ができるように、あえて子供を作らず夫婦関係を続けたいという思いが強くなります。

そんな男性には、どんなに子供が欲しいとねだっても頷いてもらえません。

ねだるよりも「絶対に途切れない深い愛が二人の間にはある」と感じてもらうことが先決です。

愛おしい人との遺伝子について、本能が「残したい」と叫びます。

彼があなたと結婚した後に本能が共鳴して、子供を欲しがるようにすれば、否定的だったパートナーの意志を変えることが出来るはずです。

「本当に愛せるのか自信がない」

「本当に愛せるのか自信がない」という深層心理から子供が欲しくないと考えるのが男性です。

男性には母性本能というものがありません。

子育ては女性の仕事と思っている場合は特に、子供に対しての関心が持てず「興味がないから欲しくない」という気持ちになっていることも。

だからこそ、結婚しても子供を持つ自信がなかったり「本当に自分は子供をかわいいとおもえるのか?」と思ったりしています。

女性に気を持たせるのを避ける為に「子供は欲しくない」と公言しますが、実は今も本心では迷いの中にいるということも。

そんな男性には、我が子への関心を誘う方法を試しましょう。

小さな子どもたちとの交流の場を設け「自分の子供だったら一層、可愛いんだろうね」などと、あなたが彼との愛の結晶を欲しがっている様子を伝えると、考えを変えてくれる場合もあります。

一度拒絶されたからといって、諦めてしまうのはまだ早いのです。

色々な方法で彼に働きかけると、あなたの望みを叶える未来を手に入れます。

子供というかけがえのない存在は二人にとって、まだ見ぬ幸せを運んでくれるはずです。

経験したことがないから不安になっているだけですから、二人で新たな人生の一ページを踏み出しましょう。

「親としての責任にストレスを感じる」

親としての責任感じるからという理由で子供を望まない男性がいます。

子供が生まれるということは、その命を守り、責任を持って育てる必要があるもの。

一人の人間を生み出すのですから「きちんとした大人に育てなければ」とか「子供への教育を徹底しなければいけない」とプレッシャーを感じます。

男性は特に、一家の大黒柱として働いているという自負がありますから、家族が増える事への恐怖心が襲うと「子供を持ちたくない」「自分には子育ては向かないんだ」と決め込むこともあるのです。

パートナーとは愛情一つで一緒になれますが、子供はまた別の話であり、責任の重さが違います。

絶対に責任を生涯に渡って取らなければいけない子だからこそ、子供を持つことへの抵抗感が男性の気持ちに深く影を落としているのです。

「良好な親子関係を築けない」

良好な親子関係を築けないという不安から、子供を望まない男性の心理。

自分の人生に置き換えて考えた場合、両親との関係が険悪なものであると「自分は子育てに向いてない」「血のつながった親子でも仲が悪くなるもの」という憶測を持ちます。

パートナーとなら険悪になった時点で別れを選べますが、子供とは一緒の付き合いをしなければなりません。

連絡を取り合わなくても、血で繋がった縁は切っても切れないのです。

今の彼にとって子供を持つことは恐怖心しか抱けないもので、当然結婚してもパートナーとの二人の生活を望みます。

男性に親子関係への恐怖心を解消してもらわなければ、あなたが望む彼の子供を持つという夢は儚く散ります。

結婚しない彼氏に見切りをつけるベストタイミング!結婚願望を強力に引き出す方法も紹介

子供は特に欲しくないと考える男性の主張や理由

経済的に不安だから

子供が欲しくないと考える男性の主張は「経済的に不安だから」というものです。

子供を育てる為には、多くのお金を必要とします。

子供を作ったからには「困らない生活を送らせてあげたい」と思うのが親心。

更に、幼少期から大学卒業までにかかるお金は何千万とも言われています。

そんな多額のお金を用意することは出来ないと考えていたり「社会情勢が不安定だからいつリストラされるか分からない」と感じていたりした場合には、金銭的な不安が付きまとうもの。

「自分たちに子供を育てるのは無理だろう」「そんな大金は用意することが出来ない」と男性は、子供を諦める方向で話を進めます。

ただ、子育ては長い道のりであり、一気に何千万というお金を費やすわけではありません。

その事実を彼に伝えると、考えを変えてもらえることも少なくありません。

夫婦二人だけのスローライフに憧れて

夫婦二人だけのスローライフに憧れているという考えで、子供を望まない男性がいます。

大人だけで完結する世界は楽ですし、お互いの時間をゆっくりと堪能できるもの。

結婚してからも、何十年先も変わらない時間の流れがそこにはあります。

「子供を持たなくても十分幸せに暮らせるよ」と彼から説得されたら、子供ありきで考えていたあなたの気持ちが揺らぐことも。

「私は彼と結婚したいんだ」「相手が望まないのなら仕方ない」と諦めることは簡単です。

一度は諦めがついた気持も後になって「あの時、子供を作っていれば」と心残りに変わることがあります。

完全に諦めきれない思いがあるのなら、やはり二人で真剣に話し合うべきです。

なかなか決着がつかなくとも、お互いの思いを伝え合えば夫婦として悔いなく歩める道が拓けます。

子供の扱い方が分からない

子供の扱い方が分からないという理由で、頑なに拒むケースがあります。

彼にとって子供は未知の生物。

「子供との関わり方がわからない」「親になることが出来ないかもしれない」という不安が少なからず男性の中にあります。

女性は母性本能を持っていますから、子供を持つことへの憧れがありますが、男性は違うのです。

子供を持つことへの恐怖感が先走り「彼女を説得しよう」「親になることを諦めてもらおう」とあなたに譲歩を求めます。

「結局、彼女は意見を変えてくれるはず」「俺の気持ちを最後は変わってくれる」と考えている彼。

彼は、あなたの気持ちを知る前に、子供を持てない理由をあなたに伝えて諦めてもらう方向で話を進めます。

ただ、子供の扱い方が分からなかったり、初心者だったりするのは当たり前です。

子供が生まれてからでなければ、その生活に慣れることは出来ません。

そんな当たり前の事実から目を背けている彼の心を変えることが出来れば、あなたの希望を叶えられる未来に進めます。

いつまでも恋人気分でいたい

いつまでも恋人でいたいという理由から、パートナーに理解を求める男性がいます。

全ては愛から生まれた関係です。

結婚した後も仲良く暮らしたいものですし、愛が一生続くと感じているからこそ家族になることを望みます。

その考えを逆手に取られると、女性が反発できない状態になることも。

「確かにラブラブでいたい」「子供がいなくても、それ以上に愛されたら幸せ」という思いに変わります。

お互いの同意がなければ、子供を望むことは出来ません。

その現実が重くのし掛かれば、子供を諦める考えに変わることも。

世の中にはラブラブな夫婦でも子育てに協力して取り組んでいるカップルが多くいます。

夫婦間の愛情を大切にしながらも、家族として仲良く暮らしていけているのです。

そんな先輩カップルの例を挙げ「それでも子供が欲しい」「あなたの子供だから愛したい」と素直な気持ちを伝えましょう。

お互いの思いを尊重した結果に彼を導けるはずです。

プライベートを充実させたい

子供を欲しくないという男性は「プライベートを充実させたい」と考えています。

子供がいれば、行事などが多くなり自分たちのプライベートな時間を確保できません。

それを煩わしく感じる男性は特に、子供を望まず「夫婦二人だけの生活がいい」と考えるのです。

子育てへの関心がなく、自分の時間を守ることに必死になっています。

「プライベートな時間が欲しいなら子供を作らない方が良いよ」とアドバイスされることも。

ただ、プライベートな時間を確保しても、子育ては出来ます。

二人で協力して行えば、どちらかが子供と過ごすときにリフレッシュに出かけたり、趣味に時間をかけたりすることが可能。

プライベートな時間が守れると彼が知れば子供はいらない派の彼の気持ちを動かすことが出来ます。

子育てに注ぐ体力がない

子育てに注ぐ体力がないという理由で、子供を作らないと主張する男性もいます。

子育ては重労働です。

結婚した年がお互いに若くなかった場合には「これから子供を育てるのは大変だろう」「体力も若いころに比べれば減ったから心配だ」という気持ちになります。

彼は、初めての子育てに追われ、疲労困憊の日常生活を選びたくないのです。

子育ては大変なものというイメージが定着していますが、子供を持ってみないと分からない幸せがそこにはあります。

良い人生だったと振り返られるのは、苦労した過去と充実した現在を見比べられるからです。

体力面の不安だけならば、工夫をすることにより補えます。

家族を持つことの意味をしっかりと二人で話し合いましょう。

今は子供を望んでいない男性が後から欲しくなる可能性が高いケース

男としての自信がついたケース

結婚した後に男としての自信がついたケースは「子供が欲しい」と望みます。

結婚すれば「彼女を支えてあげたい」という気持ちが強くなり、男性は仕事に励むもの。

仕事で成果を上げ、周囲の人から認められる存在になれば、男としての自信がつきます。

「子供が出来ても家族を支えていくことが出来る」「妻と自分の子供なら可愛いに違いない」と感じるようになるのです。

結婚する前は子供なんて考えられなかった男性ですが、結婚後の生活で魅力を磨くと、一人の親として立派に使命を全うする決意に変わります。

あなたは望んでいた未来を見事に手に入れることが出来るはずです。

家族愛に芽生えたケース

家族愛に芽生えて、子供を作ってもいいかなと思えるケースがあります。

結婚する前の恋人に対する愛と、パートナーと添い遂げた後に感じる思いは違うものです。

家族となり、常に一緒にいる二人には家族愛というものが芽生えます。

一緒にいて落ち着く存在や安心感を抱き「このまま幸せな時間がずっと流れればいいのに」「更なる幸せを手に入れたい」と望むことも。

家族愛が彼に子供を意識させ「子供が出来たらもっと素敵な日常になるかもしれない」という希望を抱きます。

家族としての感情が彼の心を動かして、子供への興味に変わることも珍しくありません。

信頼できるパートナーとなら家族としての絆が強くなります。

「二人なら子育てに協力し合えるはずだ」という確かな思いが彼の中で芽生えますから、子供を作ることを考えるのです。

妻の夢を叶えてあげたくなったケース

妻の夢を叶えてあげたくなったケースは、結婚後に子供を望むことがあります。

結婚する時に「子供を持たない夫婦になろう」と約束してもいても、妻が子供を欲しがっている本心に気が付くことも。

「本当は子供が欲しいんだ」「母親になることを彼女は望んでいる」と知った彼は、妻の望みならば、叶えてあげたいという気持ちになります。

今までは自分に合わせてくれていた妻の壮大な愛に応えたくなるのです。

愛しているからこそ、パートナーの望みを叶えたくなり「子供を持ってもいい」「二人で一緒に育てて行こう」と伝えてくれます。

彼からの申し出は、あなたとの結婚生活がうまく行っている証拠です。

結婚からお互いに対する愛情が更に強まり、相手の為に尽くしたいという感情が生まれます。

結婚する時に子供を持たないと決断したカップルでも、後から男性側の意見が変わることもよくある現象です。

子供を諦めてしまうのではなく、結婚により、更にお互いに対する愛を深める方法を探せばあなたの願いが叶います。

友人に子供が生まれて自分も欲しくなったケース


友人に子供が生まれて自分も欲しくなったケースがあります。

今までは子供という存在を身近に感じていなかった彼でも、周りの友人が結婚し、子供が生まれる過程を近くで見ているうちに「俺も子供が欲しい」「みんな子育てに精を出しているから自分も同じ経験をしたい」と思うようになることも。

彼の置かれた環境が変われば、気持ちも変化します。

初めは子供を望んでいなくても、後になって「やっぱり欲しい」という気持ちになることも少なくありません。

あなたが子供を望むのならば、家族が増えることでの利点をパートナーに理解してもらいましょう。

「○○ちゃんの子供がすごく可愛いんだよ」「子供の笑顔を見ると、どんなに辛くても頑張れるって思えるらしいよ」など。

結婚生活の中で子供がいるといないのでは違う感情を伝えるべきです。

妻からの言葉と、彼の周囲の環境が子供への興味へと変わります。

二人の意見を一致させて子供を望めるはずです。

経済的な余裕が出来たケース

経済的に余裕が出来たケースは、結婚後に子供を望めます。

お互いに結婚後もバリバリと働くことが出来ていたら、収入が若かりし時よりも増え、経済的に安定するもの。

二人で働くわけですから、貯金もしっかりと出来ます。

経済的な不安があった結婚当初とは、見違えるような金額を稼げるようになり「子供を持つのも良いかもしれない」「立派な大人に育て上げるだけの経済力がある」と感じることも。

子供は欲しくないと考えていた彼ですが、お金のゆとりが出来たことで心に余裕が生まれます。

十分な収入が確保できれば、子供が生まれても余裕を持って日常生活を維持できるはずです。

彼の意志を変える原動力となりますから、結婚後にあなたが仕事を頑張ることにより子供を望む環境へと変化させます。

夫婦二人だけの生活に物足りなさを感じたケース

夫婦だけの生活に物足りなさを感じたケースは、結婚後に子供を望めます。

新婚の時は二人だけの生活が新鮮であり「十分今の生活で満足だ」と思えるもの。

ただ、結婚生活が長くなれば「二人だけでは寂しい」とか「子どもがいれば、もっと幸せなんだろう」と感じます。

結婚生活での物足りなさから、当時の気持ちとは変わり、子供を持つことを前向きに考えるのです。

二人だけの生活を楽しんだ後で子供に意識が向きますから、自然とあなたの望みが叶う環境が手に入ります。

子供が欲しくないと言う彼氏や夫に「やっぱり子どもがいたら良いかも…」と考えを変えてもらう方法

ホームコメディのドラマを見る

彼に子供を持つことを考えてもらえる方法は、ホームコメディのドラマを一緒に見るというもの。

家族の大切さを実感できるのがホームコメディのドラマです。

シリアスな場面を交えつつも、笑い合える家族の絆が描かれていますから「こんな家族関係も良いな」と憧れを持てます。

彼と一緒にドラマを見ることにより、家族というものを意識するきっかけになるはずです。

「二人だけの生活も悪くないけど、家族っていいよね」とさりげなくアピールすると更に効果的。

「彼女もこんな風に和気あいあいとした家庭を望んでいるんだ」と感じてもらえるのです。

結婚後に子供を意識してほしい時こそ、試してみるべきだと言えます。

老後の話を二人でする

老後の話を二人ですると、やっぱり子供がいた方が良いかもという気持ちになります。

今は二人きりの生活に満足していますので、彼の子供に対する興味はありません。

ただ、将来的な話をすると「このままでいいのかな?」という気持ちになります。

老後も続く結婚生活が、二人きりのものだと想像した時は、寂しいものです。

二人きりの生活だと、家族に囲まれて賑やかに団らんすることもありません。

お互いに年を取りますから、どちらかが先に旅立てば一人きりになる未来も見えます。

しかし、子供がいたり、孫の存在があったりすると賑やかなものです。

「子供がいたら老後も活気のあふれた生活を楽しめる」とポジティブな考えを彼が持つと、「やっぱり子供が欲しいな」という気持ちになります。

真剣に二人の老後について話しましょう。

あなたと彼の将来を変えるきっかけとなるはずです。

家の購入を考える

家の購入を考えると、子供を望まない夫の気持ちを変えられます。

手狭な家よりも、マイホームの建築を考えれば、男性は「やっぱり子供がいたらいいな」と思う傾向にあります。

今は二人の生活に満足している為、必要最低限のスペースで暮らしているはずです。

マイホームを購入すれば、格段に広い家へと変わります。

「二人だけでは寂しいな」「こんなに広い家があるのだから、子供が欲しいな」と感じるようになるのです。

マイホームへの引っ越しにより、彼の気持ちを変え子供へ興味をもってもらえます。

更にあなたが、子供を望んでいる様子を示すと「彼女も望んでくれているから真剣に考えてみよう」という気持ちが芽生えるのです。

まずは、二人でマイホームの購入について話し合いましょう。

マイホームに住めば、男性は自然と子供について意識し始めます。

上司や先輩に説得を頼む

どうしても彼との子供が欲しい場合には、パートナーの上司や先輩に説得を頼みましょう。

上司や先輩の既婚者に家族がいることへの幸せや子供の存在の大切さを話してもらうことで、彼の考えを変えられます。

先輩や上司は彼がリスペクトしている人。

「あの人の話だから信じられる」「家族を持つとそんな風に変わるんだ」と今の生活よりも素晴らしい未来があるのだとしたら「自分もそこに向けて進みたい」という気持ちになります。

あなたから直接「子供が欲しい」と伝えるよりも、第三者の意見だからこそ、彼は素直にうなずいてくれるのです。

数多くの人生経験を積んできた人たちからの説得は、彼の価値観を変えます。

更に同性という立場からのアドバイスから親近感を持ち「自分も親になってみたい」と興味が湧くことも少なくありません。

子供を持つことに否定的な男性に効果的な方法だと言えます。

家族から後押ししてもらう

家族から後押ししてもらうことで、彼氏や夫に考えを変えてもらえます。

彼の家族に「子供が欲しい」というあなたの意志を伝えましょう。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

彼の両親は「二人だけの生活では可哀そうだ」とか「孫の顔が見たい」という気持ちになってくれるはずです。

「子供を持つことに消極的で困っているんです」と伝えると「私たちからも、説得してみるわ」と心強い協力者を得ることが出来ます。

彼も自分の両親からの切なる願いを無下にすることは出来ません。

あなたと両親という身近な人からの声掛けが彼の心を動かします。

「子供は欲しくないと思っていたけど、みんながそこまで言うのなら」と考えを変えてくれますから、あなたの行動次第で望みが叶うのです。

自分から積極的に動いて彼に子供を持つ将来についてしっかりと考えてもらいましょう。

赤ちゃんに触れ合う場を設ける

赤ちゃんに触れ合う場を設けると、子供を欲しくないと思っていた夫の考えを変えられます。

男性は赤ちゃんに触れ合う機会が少ないものです。

友人に子供が生まれたとしても、わざわざ会いにいきません。

それは友人の奥さんに気を使って「おめでとう」という言葉で済ませることが多いからです。

そんな時こそ「ちょっとだけお祝いに行こうよ」と彼に赤ちゃんと触れ合う機会を作りましょう。

もちろん相手側の予定や無理のないスケジュールを組むことが大前提です。

彼が赤ちゃんと触れ合うと「子供ってこんなにも可愛い存在なんだ」と気づいてもらえます。

「自分達にも赤ちゃんが欲しい」「子育てに興味が湧いた」と子供を持つことに前向きになるはずです。

彼は今まで赤ちゃんと触れ合う機会がなかったからこそ、その可愛さに気づいてなかっただけ。

あなたが彼と赤ちゃんを引き合わせる役を補うと、求めていた理想の未来に進めます。

絶対に子どもを持ちたくないと言って譲らない彼氏や旦那と別れるべきか悩んだ時の考え方

いつか子供が欲しくなるかもしれないと気長に待つ

絶対に子供を持ちたくないと譲らない旦那に対して、彼の意見が変わる日を気長に待ちましょう。

あなたは彼のことが好きで結婚したわけですから、簡単には嫌いになれません。

子供を持てないからと別れると彼への未練があふれ出します。

「やっぱり好きだった」と別れてから後悔することになりますから、彼の意見が変わるのを待つべきです。

人の気持ちは変わります。

昔は子供を欲しくないと思っていた旦那も、ふとしたことがきっかけで「子供っていいな」と言い出す場合も。

人生何があるか分かりません。

旦那への愛情を失っていないのなら、今は夫婦二人の生活に満足するべきです。

彼と二人きりで生きていく決意を固める

パートナーが子供を持ちたくないと言って譲らないのなら、潔く子供をもつのを諦めて生きるべきだと言えます。

夫婦二人きりの生活の利点について考えましょう。

「彼と思う存分旅行に行ける」「贅沢な生活をしても困らない」と前向きな考えを持つと気持ちが楽になります。

好きな男性と結婚できたわけですから、幸せな現在の生活を守るべきです。

欲を出さず、目の前の幸せをしっかりと育んでいけば、子供が欲しかった意欲を下げられます。

彼と暮らす人生について、あなた自身が納得することにより、輝ける未来へと変えて行けますから、別れを考える必要はありません。

楽しい人生を送る為の方法は、数多く存在します。

「この人と一緒になりたい」と共に過ごす人生を決めたのですから、二人だけの幸せを探しましょう。

二人の生活だからこそ楽しめる生きがいを見つける

二人きりの生活だからこそ、楽しめる生きがいを見つけましょう。

お金に糸目をつけずに自由な生活が夫婦二人きりなら叶います。

結婚後に新たに二人で楽しめる趣味を見つけると「子供がいない生活も案外楽しい」と思えるものです。

別荘を所有したり、定期的に引っ越しをしたりして、生活に変化をもたらすのも効果的。

より趣味の世界を広げる為に、二人で楽しめる人生に変えていけば、有意義な時間を過ごせます。

子供が欲しかった考えが遥か昔のように思え、次第に周りの友人たちも次々に子育てを終えていくはずです。

周囲の人と変わらない環境で生活できますから、子供への執着心が消え今の生活を思う存分に楽しめます。

長い間二人で過ごすことにより、絆がより深まり唯一無二の存在になるのです。

「彼と結婚してよかった」という満足感を得られますから、子供がいなくても後悔することはありません。

子供の代わりにペットを飼う

子供の代わりにペットを飼うという方法があります。

ペットを家族として迎えれば、子供への執着心が薄れるものです。

ペットをお世話していくことにより、母性本能が芽生えます。

「この子の為に尽くしたい」「楽しい生活を送らせてあげたい」という気持ちになり、まるで自分が生んだ我が子のような感情を持つのです。

子供を持つことを望まない彼でも、ペットならば許してくれるはず。

「子供を持つことを諦めてもらったから」とあなたへの罪悪感が夫にはあります。

子供の代わりにペットを飼うと今の生活に満足できますから、あなたの執着心を向ける対象を変えましょう。

夫と仲良く暮らしながらペットを共に育てることにより、夫婦で子育てをしている気分になれます。

言葉や血の繋がりがなくても、家族として楽しく暮らしていけるはずです。

二人が喧嘩した時でも、ペットが仲直りをさせてくることも。

家族としての絆が生まれていますから、あなたと彼を繋ぐ最後の砦となります。

ペットセラピーというものもありますから、二人の生活に癒しを当ててくれる存在になるのです。

彼と別れる決意をする

どうしても子供を作りたくない旦那とは別れる決意をするというものも一つ。

あなたがずっと「子供が欲しい」と考えていた場合は、旦那が拒絶しているからといっても容易には受け入れられないはずです。

「彼のことは愛しているけど、どうしても子供が欲しい」と願うのならば、今は辛くとも別れを決意するべき。

あなたの気持ちを素直に旦那に伝えると「そこまで思い詰めていたのなら」と、子供をもつことを前向きに考えてくれる場合もあります。

ただ「どうしても子供を持ちたくない」という人も一定数存在しますから、この場合は二人の意見が一致することはありません。

お互いの幸せのために、離婚話を進めるべきだと言えます。

結婚生活は我慢するものではありませんから、お互いが納得できる環境を継続できない時には別れを決意しましょう。

周囲の人に子供を持たないことを断言する

周囲の人に子供を持たないことを断言すると、別れるべきか悩んでいた気持ちがスッキリします。

旦那が子供を持つことに否定的な考えであることを理解しようとしても、なかなか受け入れられない場合も少なくありません。

そんな時こそ、周囲の人に「私たちは、子供を作らないことにしたわ」と公言すると、あなたが抱えていた、胸のモヤモヤが消えます。

自分自身に言い聞かせると同時に、周囲の人にも夫婦としての考えを示したわけですから、今さら気持ちを変えられません。

子供を持たないと決めた夫婦に「そろそろ良い時期じゃない?」と不用意に探られることもありませんから、二人の決断にあなたは納得できます。

周囲の人へ伝えたことで、あなたが子供を欲しがっていた事実と上手く決着をつけられるのです。

旦那の意志を尊重した形にはなりますが、あなたの深い愛が彼に伝わっています。

「一生大切にしていかなければいけない人だ」と絶え間ない愛を注いでもらえるので、子供がいなくても幸せな人生を歩めるのです。

腐れ縁の彼と結婚を目指すべき?別れて縁を断ち切り別の男性と付き合うべき?後悔せず幸せになれる究極の判断方法

本音は産みたくても子供を作りたくない男性と結婚したほうが良いケース

体の機能的に妊娠が極めて難しいケース

体の機能的に妊娠が極めて難しい女性のケースは、子供を望んでいない男性との結婚話をそのまま進めても良いと言えます。

「子供は勝手にできるもの」「欲しい時に作ればいい」と考えている人もいますが、妊活女性は年々増えており、不妊で悩んでいる人が相当数いるのは事実です。

病気やホルモンの状態、元々病気がちで自然妊娠が望めない人や命のリスクが高くなってしまう人など、あらゆる理由で妊娠が難しい女性がいます。

「命がけで挑めば出来ない事もないかもしれない」という女性が、「どうしても子供が欲しい」と願うのは、切なる想いであり、大事にしたい所ではありますが、彼女の事を大切に思っているカレからすると、とんでもない恐怖です。

子供と引き換えに愛しい人を失う可能性があるなら、「絶対に産まないで欲しい」と望むのは当然。

本気で体の事を心配し、傍に居てくれると信じられる人なら、子供を諦めるのも一つの選択です。

誰よりも大切にしてくれる相手のケース

誰よりも女性の事を大切にしてくれる男性なら、子供を諦めてでも結婚する価値はあるケースと言えます。

男女の関係性においても、考え方は様々であり、どちらかが幸せにしてあげるのが良いと言う人もいれば、対等を求めるカップルもいるので、何が正解という事でもありません。

自分自身の幸せを考えた時に、パートナーとなる人がどんな考え方で、どういうスタンスでいるのかは、求める未来への影響に直結します。

温かい家庭を求める女性は、居場所を求めていたり、愛されたい欲求が強かったりもするはず。

誰よりも大切にしてくれて、何よりも優先してくれる男性から、無性の愛を存分に感じられるのであれば、子供がいなくても安らぎと充実感は得られます。

「どうしても彼がスキ」他のパートナーは考えられないケース

「誰が何と言おうと別れたくない」「どうしても彼がスキ」と、他の人と一緒になる事が考えられないのであれば、妊娠は諦めて二人で生きる事を選択するのも幸せの一つです。

「好きな人との子供が欲しい」と願う気持ちは、多くの女性が持っているものですが、その当人が望んでいないのなら、想いを汲み取って叶えてあげるのも愛と言えます。

家族を作ることを望んでいる他の人とパートナーになるか、唯一無二のあの人が望んでいないからその通りにするのか、の選択となるはずです。

あなたが大好きなカレは、この世にたった一人。

「絶対にカレ以外と結婚するなんて、ありえない」と思うのであれば、考えが変わることに僅かな希望を抱きつつ、自分の気持ちを満たす方が先決と言えます。

心から愛している人を手放せば、将来望んだとおりの家庭を築いたとしても、浮気のきっかけになったり、いつまでも未練が残ったりするからです。

実家の経済まで面倒見てくれるケース

実家の経済面まで視野に入れて、将来にわたって面倒を見てくれると約束してくれる男性とは、子供に関しての考え方が違っても、結婚してもいいと言えます。

「人生はお金じゃない」とは言うものの、実際に、この世の中で生きていくためには、金銭が必要と痛感する出来事が山ほどあるものです。

生まれ育った環境では、金銭的ゆとりがなく、いつも我慢ばかり強いられてきたのなら、「豊かになりたい」「お金持ちになりたい」と望むのも自然な流れとなります。

貧困生活の過去を持っている女性が、財を築いている人と結婚話が出ている時には、出産の希望を押し通すよりも、自分が幸せを実感できる選択をすることが優先です。

「この人と幸せになれば、家族も豊かになる」「お金の心配をしなくていい人生を歩めば、本当の自分を見つける時間を作れる」と未来に希望を抱けます。

お金がなければ、その日を生きていくのに必死になり、夢を見る心のゆとりさえなくなってしまうからです。

心配事が減れば、時間の使い方が変わり、周囲の人に与えられる幸せの幅が広がります。

彼の親が過剰に孫に期待しているケース

彼の親と会ったことがあり、過剰に孫という立場の人間に期待してるケースは、結婚したもの勝ちということもあります。

結婚を考えている相手が、大企業の後継者や長男であれば、親から大きな期待を持たれている事も少なくありません。

「早く後継ぎを作りなさい」「あなたは一人の体じゃないんだから、家の事を考えなさい」と言われている男性ほど、うんざりして「子供が欲しくない」と言っている可能性が高いはずです。

使命や義務のように言われてしまうと、一人の男としての人権を無視されているようで、反発したくなるのも無理はないもの。

結婚後、そんな彼の親と上手くやっていけるかどうかは、課題になりそうですが、妊活については、親に従わざるを得なくなったり、実際に夫婦生活を始めると自分のために子供が欲しくなるという事もあり得ます。

現段階の言い分だけで判断するのは、もったいない相手です。

彼を余計意固地にさせてしまう子供がいらないと言われた時のNG返答

「子供がいたら簡単に離婚出来なくなるでしょ」

余計に意固地にさせてしまうNGな反応は、「子供がいたら簡単に離婚は出来ないでしょ」「別れたくてもすぐには無理だよ」というもの。

「子は鎹(かすがい)」と言いますが、子供がいる事で離婚を躊躇ったり、家族としての形を持続させる選択をしたりと、夫婦の絆が揺らいでも生涯のパートナーとしてあり続ける人も多くいます。

絶対に離れたくないという想いから出た言葉でも、カレにとっては衝撃の発言です。

結婚する前から、離婚の事を考えている事にショックを受けてしまいます。

女性の真意は素直に受け取られることなく、束縛されたと思われてしまい、彼の心が離れてしまう可能性が高まるのです。

本当に妊娠を望んでいるのかも疑われてしまい、束縛するためのツールに聞こえてしまいます。

「親になりたいわけじゃなくて、好きな人の子供が欲しいだけなのに」

「親になりたいわけではなくて、好きな人の子供が欲しいだけ」という返答は、彼を怒らせてしまう原因となってしまいます。

子供が欲しくないと思っている男性は、何も「親になりたくない」と思っているわけではありません。

自分が子孫を残す事と、世の中の親という立場を尊敬する気持ちとは別物です。

聡明な人ほど、人を育てるということが、どれほど大変で尊敬に値するべき労力かという事を理解しています。

望んでいないと伝えた時に、彼女が「私だって親になりたいわけじゃない」「あなたの愛の証が欲しいだけ」と反応されれば、親になる資格はないと判断するはずです。

出産と育児を通して、親になるつもりもない彼女が直面する現実は、地獄絵図になってしまうと想像せざるを得ないと言えます。

簡単になれる立場ではないからこそ、覚悟がない女性には「絶対に子供を作らせない」と誓いを立てるところです。

「私が出来なかったことを子供に託したいの」

「私が出来なかったことを子供に託したい」と言ってしまえば、彼は意固地に意見を固めてしまいます。

人間は、育ってきた環境や両親との関係などから、後天的な性格が作られていくものです。

親が過干渉であれば、同じように誰にでも世話焼きになる事もあるし、逆に、人に対してクールに接して「何を考えているのか分からない」と言われるようになることも。

一つの出来事を通して、その時の選択次第で人生は大きく変わっていきます。

成長するにつれて「あの時、こうしておけば」「他に選択肢がなかった」と後悔する事も少なくありません。

出産を望む女性の中には、自分の人生の身代わりとして成功を望んでいる人も多くいます。

本心からの願いなので、つい言葉に出てしまうわけです。

「私の代わりに」「出来なかったから」と聞くと、彼は「君の分身を作るための手段ではないはずだ」と怒りを感じてしまいます。

「あなたがいらなくても、私が欲しいの」

彼氏の考えを頑なにしてしまう反応は、「あなたがいらなくても、私が欲しい」という言葉です。

現段階で家族を持つことを望んでいない男性でも、「好きな人と一緒に未来を考えたい」という気持ちは持っています。

「意見が違っても、話し合っていれば、いつかはお互いに理解し合える」と思っている人にとって、最初から自分のワガママを押し通そうとする女性の言葉を聞くと、信頼度が激減してしまうのは当然です。

「だったら、何で一緒に居なければいけないのかな」「精子が欲しいだけかよ」と利用されそうな気配に、怒りすら覚えます。

彼女が一人で望んでいても、いざ妊娠すれば、男性には養わなければいけない責任感が生まれるのは、自然な流れです。

二人の子供なのに、始まる前から蚊帳の外扱いされていることに、虚しさを感じます。

同時に、体目当てやDNAだけを絞り取られそうな勢いに、恐怖を抱いているはずです。

「結婚するなら子供は作るものでしょ」

「結婚するなら当然、子供は作るものでしょ」という反応をすると、男性は頑なに考えを固定してしまいます。

「生涯、隣にいて欲しい」と願っている人と過ごしている時間は、とても幸福に感じられて、穏やかな気持ちになれるものです。

「この人といると幸せだな」「これからは、ずっと満たされていくんだろうな」と思って喜びに浸っている時に、さも当然というように「結婚イコール、子作りはマスト」と義務感丸出しに言われると、愛情も興醒めとなります。

二人の愛はどこへ行ったのか、義務感のために夫婦となるのか、本質を見失ってしまい、結婚そのものへのモチベーションを失ってしまうところです。

誰のための結婚なのか、夫婦とは子作りのためにするものなのか、もはや彼女の愛情が分からなくなり、不安が押し寄せます。

見抜いて結婚を回避!本当は子供がいらないのに嫌われたくなくて「欲しい」と嘘を吐いている男性が出すサイン

同調するだけで具体的な話が全く出てこない

男性が嫌われたくない理由でウソをついている時には、彼女の話に同調しているだけで、彼の方からは全く具体的な話が出てこないという部分で見抜くことが出来ます。

将来の話をしている時に、笑顔で頷きながら「いいよね」「家族欲しいよね」と言っていると、「同じ気持ちだ」と安心するものです。

想いは膨れ上がり、結婚のタイミングからどのくらいの期間二人だけの生活を送り、いつから妊活をはじめ、その後の家族計画はどうするのか、楽しみでワクワクしてきます。

彼が同じ気持ちではないと知っていれば、考え方も変わるし、早々に家族計画の話をして希望をすり合わせることが出来るはずです。

彼の方から、具体的に「2人は欲しいな」「男の子はやっぱり絶対いてほしい」など希望が出てこずに、女性の話に同調して「そうだね」「家族って幸せそうだよね」と言っているだけの状態では、心から思っていない事がわかります。

心に何も浮かんでいなければ、言葉にならないのも当たり前です。

エッチの回数が多くて女性にも避妊を強要する

エッチの回数が多いだけでなく、女性にも毎回きっちり避妊を強要する男性は、「子供が欲しい」という言葉が、その気にさせるための誘い文句だと言えます。

セックス大好きなカレは、どうやって彼女にその気になってもらうか常に考えているものです。

結婚前の交際で、順番を大事にしたかったり、お互いの考えを尊重しようとしていたりするなら、避妊はとても大切な事。

誠実な人として、好感ポイントでもあります。

望まない妊娠を防ぐためのツールなので、過剰に求めてくるときは、本気で事態を避けたいという願いが込められている事があるというわけです。

セックスが始まる前からコンドームを装着するだけでなく、避妊リングを入れるようにお願いしてきたり、毎回ピルを飲んでいるか確認してきたり。

「欲しい」と言えば、体を求めやすくなるため、上辺だけの口実だと言えるはずです。

経済的な負担をアピールする

経済的な負担をアピールしてくる時には、いくら言葉で妊娠について共感していても、原の奥底では違う事を考えていると言えます。

「主夫」が、まだまだ少ない日本。

男性の方が稼ぎが多く、夫婦共働きでも夫に養ってもらっている家庭が多いのが、現実です。

当たり前のシステムのようになっていますが、男性からすれば一家の大黒柱になると言うのは、とてもプレッシャーを感じるもの。

子供が増えれば、責任はどんどん重くのしかかってきます。

自分の収入で、家族が衣食住を満足に手に入れる事が出来、プラスアルファの心の豊かさまで得られる生活が出来るのか、不安で仕方がない人も多くいるはずです。

「小学生になったら、習い事どのくらいするかな」「最近は、留学する子も多いんだよね」と将来的な経済の不安ばかり言葉に出している時には、内心で家族が増えることに対して抵抗を持っている状態と言えます。

子供を見かけると嫌悪感が出る

子供を見かけると嫌悪感を隠せない男性は、本当は欲しいとは思っていない人です。

将来の事を考えている相手がいて、「家族が増えたらいいね」「子供がいたら楽しいだろうね」と楽しく話をしている時でも、子供が好きか嫌いかは別の話。

好きな人と過ごしている時に、未来の話をしている事が楽しいのであって、小さい子が好きではない男性も多くいます。

子供好きなタイプでなければ、ただ彼女の望みを聞いているのが幸せ、願望を叶えてあげられたら良いな、と思っているだけです。

待ちですれ違ったり、お店で見かけたりした子供に嫌悪感を隠し切れなかった時に、彼の本当の気持ちが表れます。

「うるさいな」「親は何をやってるんだ」「汚いから嫌いだ」とこぼしていれば、彼自身の願いは、二人の子供が欲しいというものではありません。

子供が欲しい女性を馬鹿にしている発言がある

心底、妊娠を願っている女性をバカにしている発言が見られる場合、あなたに「赤ちゃんが欲しいね」と笑っていても、本からの声ではないと言えます。

男性は、体つきの違いから本能的に「男の方が偉い」と思っている節があるものです。

妊娠という神秘のイベントは、女性にしか許されていない事。

尊敬され、愛されるべき事ですが、出産の苦痛も、妊婦生活の苦難も理解できない男性にとって、寄り添う気持ちがなければ、到底、別世界の事のようにも感じられます。

世の中の女性に対して「勝手に母親になっている」「簡単に男に体を赦すからだ」など、見下した発言をする人は、彼女の妊娠も喜べないし、父親になる資格もない人です。

理解できないことを理由に、突き放すことで自分を正当化しようとしている人なので、今後なんでも理由をつけて困難から逃げてしまう可能性があります。

彼の不安を取り除いて幸せな人生を歩もう

男性の不安を取り除けば、二人の子供を望んでもらえる可能性は高まります。

子供という存在は、ただ可愛いだけではありません。

我が子にはその生涯を持って責任を取らなくてはいけないものです。

だからこそ、子供を持つこと意味を重く受け止めているのが男性。

彼の不安や悩みをあなたが解結してあげることが出来たら、二人が子供を作り、幸せな家庭生活を送れます。

子供を持つことの素晴らしさを彼に話して理解を得ましょう。

その先には幸せな未来が待ち受けているはずです。

【期間限定・2022年1月30日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたが欲しかった情報は見つかったでしょうか?

知りたかったことに出会えたのならばとても嬉しいです。

しかし、復縁についてアレコレ必死に調べてみても、「これだ!」という内容がなかなか見つからない…と感じているなら、

あなたが探している答えは、残念ながらネットの記事には書いていないのかもしれません。

自分たち専用の診断結果やオリジナルの復縁ノウハウをどっさり手に入れる唯一の方法は、あなたと彼の2人について占うこと。

そこで、恋愛の悩みについて本格的にプロが占ってくれる【復縁の母】を初回無料でプレゼントします。

彼と幸せになるための道筋がはっきりして、うまくいっていない現状が驚くほど前に進んでいくのを実感できるでしょう。

所詮は占いでしょ?と思っている方にこそ試してほしい『当たる』体験を今から【復縁の母】でしてみてください。

他の占いとは全然、違います。

>>復縁の母で占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG