セフレから本命になる唯一の方法!本命になるには男の本能を利用して「彼女にしたい」と思わせること

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「セフレで居続けるのは辛い」「セフレだけど本命になりたい」と思って一人悩んでいる人も少なくありません。

本気で恋愛するよりも先に、体を許してしまったことで、今後彼との本気で恋愛することは無理なのではないかと諦めている人は、セフレになりやすい女性の特徴と本命彼女候補の女性との違いを知ることで、関係を進展させることができます。

あなた自身を本命の彼女にしたいと思わせる女性に変化させ、男の本能を利用して彼から「彼女にしたい」と思わせる唯一の方法を実践しましょう。

セフレとして関係から本命の彼女になった後には、再びセフレに戻らないよう付き合い方の秘訣があるので、気をつけながら彼と幸せな時間を積み重ねていってください。

目次

恋人になりたいのに…男性とセフレになりやすい女性の特徴

自分の意思を伝えることが苦手

男性とセフレになりやすい女性の特徴としては、自分の意思を伝えることが苦手だということがあります。

セフレになることが嫌だ、もっと自分を見て欲しい、セフレの中でも一番大事にして欲しい、など女性が心の中で願うことは「もっと愛されたい」ということです。

しかし、セフレ止まりとなってしまう女性は、自分の心の声を歌えることができないため、彼の好きなように扱われてしまいます。

彼からしても、最初は女性として興味を持っていたとしても、あなたが簡単に体を許してしまったら、本気になることを止めてしまって当然です。

彼の目線では、自分の意見を言わないあなたは「何を考えているのかわからない人」「男から都合良く使われても平気な人」というレッテルを貼られてしまいます。

自分以外にも意見を言わないのであれば、セフレ扱いしている男性は他にもいるのではないかと考えてしまうのです。

彼のことを好きなら好きと意思表示しなければ、あなたの意思は相手に一生伝わることはありません。

特に男性は、相手の心情を読む、乙女心を理解するという分野が苦手である人が多いため、「都合のいい女でいい」と思われて、すれ違ったまま弁解をしないでいるということは、肯定していることと同じなのです。

押しに弱く男性の思うままに動いてしまう

押しに弱く男性の思うままに動いてしまう女性は、セフレ候補ナンバーワンです。

男の人は、自分の都合を他人に決められることが嫌いであり、女性からあれこれ言われると母親に小言を言われているような気分になってしまいます。

対照的な人としてはエッチに限らず、食事や何か荷物を持ってきてほしい時など、チャチャっとLINEで「今すぐ来て」と言ってしまことができ、そのLINEに対してすぐに行動してしまう女性は自分のペットくらいに思ってしまうものです。

自分に忠実なペットを手にした男性は、愛情や慈しみという考えはなくなり、ただ自らの都合のみセフレを動かそうとします。

「無理じゃないよね、お願いね」と言われて、最初は「嫌だよ」と言っていたとしても、2・3回同じことを言われると「仕方がないな」と行動してしまう女性は、男性の思うままに動いてくれると認識されているものです。

自分の思うままに動いてくれ、押しに弱い女性であれば何でもささいなことを頼みやすく、セフレとのセックスは性欲を満たすための一つの自己都合に過ぎません。

母親のように小言を言われるよりも、簡単に言う事を聞いてくれる女性の方が、エッチをするには楽な関係なのです。

愛情に飢えていて「会いたい」と言われると必要とされていると思ってしまう

人は誰でもトラウマの一つや二つはあるものです。

幼少期に親から愛されなかった人や、学生の頃大切にしてもらえなかった経験から愛情不足の状態となっていると、恋愛面でもトラウマが引き金となり、恋愛依存症になってしまうことがあります。

セフレとはいえ、男性からの「今日会える?」という連絡は、自分自身を必要としてくれているはず、と思い込むものです。

「必要としてくれているから、呼ばれる」「会いたいと思うからセックスする」と、セフレである自覚を持たない状態で関係が続きます。

自分自身が愛情不足であるという認識もないため、自然に相手の意のままに動くようになり、男性に尽くすことこそが愛だと信じているのです。

本当の愛、優しさは何もかも世話を焼くことでもなく、「今すぐきて」と言われて駆けつけることでもないはず。

しかし、愛情不足が根底にある女性は、男性が求めることは全て提供してあげないと、愛される資格が無い、と考えたり、少しでも必要とされているのなら気持ちに答えなければいけない、と考えたりと、二人の関係がなくてはならないものへと変化してしまいます。

自己価値を低く見積もっている

セフレになりやすい女性は、自己価値を低く見積もっている人です。

「自分のことなんて誰も見てくれていない」「誰かから何をして欲しいか言われないと自信がない」と、自分自身の意思や行動に全く自信が持てず、常に弱気になっています。

「彼が私を好きになるはずがない」「セフレにしてもらっているだけありがたい」とエッチだけの関係であっても、自分に自信がない女性にとっては、それが当然の扱いだと思ってしまうものなのです。

しかし、男性は自分に自信がない女性を見ているとイライラする人も少なくありません。

「なんでオドオドしているのかわからない」「何で全部言うこと聞くの?」と彼女の心理を掴めずにいます。

長年自分のことを「ダメな人間」「いなくてもいい人」だと暗示をかけてきた人が、このような状態になりやすいと言えるのです。

友達と喧嘩をして、仲直りの仕方が分からず離れてしまった人や自分のやりたいことを何一つ成し遂げることができていない人は、このように自己価値が低い状態になりやすいと言えます。

しかし、自分のことを卑下して、安売りをしている女性をみて「好きだ」「本気で付き合いたい」と思う男性はいないものです。

「なんかイライラするからセフレにしておこう」「どうせ言うこと聞いてくれるから気持ちなんていらない」など都合のいいように振り回しても平気になっていきます。

辛い恋愛ばかりしてきているため優しくされると好きになる

辛い恋愛ばかりしてきている女性は、男性に対して「もう騙されない」と強く誓っているにも関わらず、なぜか同じように辛い恋愛を繰り返してしまいます。

それは、過去の男性に対して新しい恋愛で辛い記憶を塗り替えようとしているからなのです。

「前の彼氏は優しさがなかったから、次は優しい人と恋愛したい」「前の人はどこにも連れて行ってくれなかったからアクティブな人と色んなところに行きたい」など、関係があった人の欠点をクリアしてくれる人を、恋愛の条件として見てしまいます。

つまり、目の前にいる男性ではなく過去の体験しか見ていないということです。

今この瞬間を見ていないため、少し優しくされたり、一緒にいて楽しい思いをさせてくれたりする人に出会うと「次こそ運命の人かもしれない」と、恋愛をしようと気持ちを高ぶらせます。

男性からすれば、少し世話をしたくらいで目をハートにして擦り寄ってくる女性を見ると、「遊びやすい人」だと考えてしまうものです。

過去の恋愛で辛い思いをした人ほど、優しさや楽しさに弱く、居心地よくさせてくれる男性の言う事を聞いてしまいます。

本命彼女や結婚も狙える脈ありのセフレ女性の特徴

男に媚びることがない

本命彼女や結婚も狙える脈ありセフレ女性の特徴には、男に媚びることがないというものがあります。

セフレと言っても、その女性のタイプや性格は千差万別。

しかし、男に媚びることなく自分の意思でセフレとして繋がっている女性のことを、男性は都合のいい女と思うことはできません。

あくまでも相手の女性と自分の性欲が一致した時に、交わることができる人というセフレの中でも別格な存在です。

物欲があるわけでもなく、恋愛依存しているわけでもなく、かといってセックス依存というわけでもないので、非常にさっぱりとした関係性となります。

男に媚びないクールな感じが、男性にとって負担になることもなく、「もう少し一緒にいたい」という心理を湧き上がらせるのです。

セフレを持つ男性の多くは「適当に遊んでやっている」という上から目線で女性を見ている人が多い中、自分の性欲や都合だけでは会うこともままならない、一筋縄ではいかない女性と関係を持つことで所有欲がムクムクと大きくなります。

「俺だけの女にしたい」「俺にメロメロにしたい」と所有欲が大きくなることで、夢中で追いかけるようになるはずです。

セックスで繋がっていることに依存しない

本命彼女や結婚も狙える脈ありセフレ女性の特徴には、セックスで繋がっていることに依存しないというものがあります。

セフレがいる男性が抱えているのは「セフレが恋愛を求めてくる」という悩みです。

多くのセフレは男女共に恋愛面に対して本気にならない前提となっている認識ですが、体を重ねているうちに恋愛感情が芽生えてしまい「他の人に渡したくない」「本気で好きになって欲しい」と求め始めてしまう人も少なくありません。

しかし、心と体が別として処理できる男性にとっては、例えセフレのことを好きになるとしても、セックスをしているから好きになるというよりもセフレとして過ごしているうちに相手のいいところを見つけるから好きになる、という仕組みです。

恋愛を求められても「重い」「もうこのセフレとは終わりだな」と思ってしまって終了となってしまいます。

男性の恋愛感情を引き出すためには、セックスを通して好きになってもらうことよりも、自分自身を見てもらえるよう努力したほうが早いのです。

エッチをしているから他の子より有利ということではないので、彼とは「セックスで繋がっている」という事実に縛られることなく、セフレの彼に「もっと知りたい」と思わせる女性が本命になることができます。

セックスの前後にデートがある

本命彼女や結婚も狙える脈ありセフレ女性の特徴には、セックスの前後にデートがあるというものがあります。

男性側が女性に対して「セックスだけじゃなくてもっと一緒に過ごしたい」という欲望を持っていることがわかるはずです。

女性はセックスをすると、彼との関係がセフレであっても「大事にされてる」と思ってしまいますが、実は男性目線では、大切な人とのセックスももちろん重要ですが、その他の時間で感じる空気感を大切と思っている人は多くいます。

セフレとしてお互い合意をしていても、「あそこに行きたい」「この日は一緒に過ごしたい」という気持ちが芽生えていることこそが、本命になることができる彼女に対する男性の態度です。

セックスだけでなく、セフレの二人がするデートのプランがある、前後で一緒に食事に行く、セックスが終わっても帰りたがらない、などの様子が見られたら、本命になれる可能性が非常に高いと言えます。

「セックスだけで過ごすにはもったいない」と考えていたり「もっといろんな表情を見てみたい」と思っていたりするので、一気に距離を縮めるタイミングがいくらでもあるのです。

会えない日が続いても求められる

本命彼女や結婚も狙える脈ありセフレ女性の特徴には、会えない日が続いてもセフレ相手の男性から「そろそろ会えるかな?」と求められるというものがあります。

セフレというのは、相手に執着をしていない関係でいることが特徴です。

会えない日が続いてしまえば「もうこの子とは終わりだな」とセフレ関係も自然消滅となってしまうことも珍しい話ではありません。

しかし、脈ありセフレは「どうしてもこの子がいい」「あえない日が続くと寂しい」という感情が芽生えています。

恋人同士ではないため、会えない日が続いても責めることも出来ず、一人で会えない日々を悶々と過ごしているはずです。

「会えない日が続いても関係を断ち切りたくない」「会えないって言われても待ち続けることができる」と思っている気持ちは、もはやセフレだけという枠に収めることができていないということ。

会えない日が続いても待てる人、セフレが何人もいるのに会えない日が続いている間に他のセフレと会う気持ちにならない、という男性は本気になりつつあるサインです。

相手のサインを見逃さなければ本命彼女も結婚も狙えます。

付き合うのは無理かも…本命になれない脈なしセフレ女性の特徴

突然の呼び出しに合わせることを強要される

付き合うことは諦めたほうがいいと判断できる、本命になれない脈なしセフレ女性の特徴は、彼からの突然の呼び出しに合わせて動かないといけないことを強要されることが挙げられます。

セフレのことを何とも思っていない男性は、自分の性欲が高まっている時にセフレを呼び出すことを当たり前と思っており、相手が合わせてこないとイライラしてしまうものです。

性欲が高まるきっかけなんて人それぞれで、どんなタイミングで「エッチしたい」と思うかは事前に分からないため、連絡が入ってくるのは、いつも突然。

しかし女性側からすれば「今日いつもの場所に集合ね」と突然の連絡が入ってきても、いつも暇なわけではありません。

「今日は友達とご飯に行くから無理だよ」と断っても「なんで空けとかないんだよ!今すぐ集合な!」と強引に約束を取り付けます。

そして、脈なしセフレ女性はその強引な約束に付き合ってしまうことが特徴なのです。

「あの人っていつもそう。私の都合なんてお構いなしなんだから」と腹を立てながらも、約束の場所に行ってしまうことで、相手の男性は余計に都合のいい女扱いをしてしまいます。

次の約束は絶対されない

付き合うことは諦めたほうがいいと判断できる、本命になれない脈なしセフレ女性の特徴は、次の約束は絶対してもらえないというものがあります。

セフレと言っても、セックスが非常に盛り上がって気持ちが高ぶったり、エッチ関係なく会いたいと思えたりする相手であれば、男性側もすぐにまた会いたいという気持ちが芽生え、次の約束を切り出すことがあるものです。

セフレはエッチをすることが目的なので、約束をするというパターンはあまり見られないものですが、女性側から「一週間後、また会える?」と切り出すと、性行為自体男性は好きな人が多いので、次の約束に繋がります。

しかし、体目的以外に全く興味がなく、自分のしたいことを最優先したいという男性であれば、セフレから次に会える日の提案があっても、「会いたい」という気持ちがわかないため「その日の予定はどうだったかな」「忙しいから無理かも」と話をはぐらかすはずです。

約束として自分の時間を拘束されてしまうことが嫌なので、次につながることを話しをすること自体嫌だと感じています。

「セックスしていないと男を忘れそう」という理由で求められている

付き合うことは諦めたほうがいいと判断できる、本命になれない脈なしセフレ女性の特徴は、「セックスしていないと男を忘れそう」という理由で求められているというものがあります。

男性は自分のセックスに自信を持っている人が多いものですが、中には「常に刺激を受けていないとエッチが出来なくなりそう」と本気で思っている人もいるもの。

しかし、本当にそれだけの理由ではなく、セフレ相手との境界線を引くために「君自体を求めているわけではないよ」という伏線として言葉を選ぶ人もいます。

「常にセックスしていないとダメなタイプなんだよね」「彼女いない間、セックスの相手してくれないと忘れそうだから困るんだよね」など、相手の女性とエッチをすることだけが目的だということを明確に言葉にしている人に、本気の恋愛を求めることは難しいのです。

セフレで居続けて欲しい、キープと分かっていてエッチをしていて欲しい、という願望をストレートに言葉にすることで、「ちゃんと割り切って対応してよ」と念押しをしています。

こんな男性に「私だけを見て」「彼女なんて作らないで」など言葉に出してしまうと、一瞬にして相手はドン引き。

すぐにあなたの元を去っていくことは確実です。

ご飯の誘いを断られる

付き合うことは諦めたほうがいいと判断できる、本命になれない脈なしセフレ女性の特徴は、ご飯の誘いを断られることが挙げられます。

セフレと会うのは、誰もがいつも夜というわけではありません。

昼間に時間が空いていれば昼間からセフレに連絡を取ることもあれば、仕事の関係で夜は会えない人もいます。

また、朝起きてすぐ性欲が湧いて急遽呼び出すことも…。

セフレと過ごす時間の中で食事を挟むことも、よくある話です。

「お腹も空いたしご飯も一緒に食べようよ」とあなたが誘った時、友達以上恋人未満という範囲で認識していたり、一緒に過ごすことに居心地の良さを感じていたりするのであれば、ご飯の誘いもすんなり受け入れてくれます。

「そうだね、ご飯食べに行こうか」と恋愛でなくても、そんな流れになるはずです。

しかし、全く脈なしセフレの場合は、相手の男性がご飯を食べに一緒に行ってくれず、「いや、俺はお腹すいてない」「何か食べてくれば」と好きに食事を済ませてくればいいと答えることで、一緒に行動することを嫌がります。

セックス以外で一緒に過ごすことに全く価値を見出してくれていないので、本命彼女になることは難しいと言えるのです。

男性が女性を恋人にせずセフレにしようとしている時に見せるサイン

「楽しいことしようよ」というセリフ

男性が女性をセフレにしようとしている時に見せるサインは、「楽しいことしようよ」というセリフです。

遊びで体の関係を持ちたいとき、彼にとってセックスはレジャー的感覚になっています。

本当は自分が楽しみたいだけですが、女性を喜ばせる自信もあるので、相手もきっと嬉しいはずだと考えているのです。

楽しい事と表現する中には、ノーマルセックスではなく、少しトリッキーなプレイや複数人と一緒にエッチする事も含まれます。

女性を快楽に溺れさせる自信があるだけでなく、自分が興味のある分野を試したいときにも、頃合いのいい相手に声をかけて実行しようと試みるわけです。

相手の同意がなかったとしても、自分が気持ちよければ、楽しい事であり、男性主導の関係に持ち込みたいときにこのセリフを使います。

このタイプの男性は、デートを面倒だと考えることが多いため、遭ってすぐホテルに直行する事も少なくないはずです。

出会いの奇跡をやたら誇張する

男性が女性をセフレにしようとしている時に見せるサインは、出会いの奇跡をやたら誇張して伝えてくるというものです。

確かに人との出会いは、運命的なものがあり、無意識レベルで惹かれ合う事はよくあります。

スピリチュアルな見方をすれば、今世で出会う人は前世でも必ず関わりがあった人で、近い関係になるほど繋がりが強いと考えられているほどです。

世界中の人口のおよそ半分が異性ですが、出会える事、また相手と親しくなる確率はかなり低いと言えます。

「僕らって絶対に運命で繋がっているよね」「二人が出会ったのは紛れもなくミラクルだよ」とやたら奇跡と誇張して伝えてくるのは、特別な存在だと洗脳させるため。

運命で繋がっているから、全てを任せてくれていいのだと刷り込んでいる最中なのです。

身も心も捧げられるほど特別な人だと思えれば、セックスに持ち込むことは容易くなります。

無駄な労力を使わずにセフレになる事が可能です。

お気に入りのホテルを聞いてくる

男性が女性をセフレにしようとしている時に見せるサインは、お気に入りのホテルを聞いてくるというものです。

ドライブを楽しんでいる時や、夜景を見ている時など、ムードが高まってくると異性として体の関係を意識し始めます。

女性に対して、これから大切に関係を育んでいきたいと思っている男性であれば、いいムードになったからといって、軽はずみにセックスを連想させる事は発言しません。

「この後どうする?」「時間が許すなら、まだゆっくりお話しがしたいな」など、女性の意向を伺おうとするなら恋人に繋げたいと思っている場合です。

「今まで行ったラブホで一番お気に入りの場所とかある?」「どこかで休憩しようか、週末はどのホテルも満室かな」など、女性の気持ちも確認せず雰囲気のまま流してしまおうという発言があるなら、体の関係だけでいいと考えています。

彼の家に入れてくれない

男性が女性をセフレにしようとしている時に見せるサインは、彼の家に入れてくれないというものです。

男の人の一人暮らしは、片付けも出来ていなかったり自炊をしていないことがバレバレな台所だったりと、いつでも他人が踏み入れていい状態にあるわけではありません。

けれどもデートをして、「家に行ってもいい?」と女性から聞かれた時、好きな相手ならどれだけ散らかった部屋でも受け入れるはずです。

もちろん心の中は、あれこれ片付いていないモノを思い浮かべて焦りがマックスになっていますが、「もしかしたらエッチが出来るかも」「家に来るってことは許してくれているという事かな」と期待が膨らみ、気分が舞い上がります。

相手を恋人にする気のない男性にとっては、家は完全にプライベート空間であり、心を許した相手でなければ足を踏み入れて欲しくない場所。

当然セックス目的だとしても、自分のプライベート空間は嫌がるという人も少なくないのです。

彼女がいるなら、女性の気配があるため、面倒な事に発展してしまいます。

「今家族が来ているから、君の部屋に行こうよ」など、言い訳をして女性側の自宅を提案してくるところです。

女性からデートに誘うと「仕事が忙しい」と言われる

男性が女性をセフレにしようとしている時に見せるサインは、デートに誘うと「仕事が忙しい」と言われて断られるというもの。

セフレ候補であれば、女性に主導権を握らせたくないのが男性心理です。

最初から自分のペースでデートを重ねたり、行く場所を決めたりすることで、これから先も思うように会う頻度をコントロールできます。

その人にとって、女性側からデートに誘われても、基本的にはお断りするのが立場を確立するうえで重要なステップです。

仕事を理由にすれば、大抵の女性は諦めてくれることを知っているため、詰問されないよう多くは語らず、忙しいと伝えて、自分なりのペースを作ります。

セフレと毎日LINEする男性の心理や本音

付き合うほどでもないけど気に入っている

セフレと毎日LINEする男性の心理や本音は、付き合うほどでもないけど相手の女性のことを気に入っている、というものです。

セフレとして過ごしていても、空気感や価値観が合えば楽しい会話を続けていたいと思うもの。

付き合うという気持ちまで恋愛感情を持っているわけではなくても、「話してたら面白いんだよな」「今までの人生で初めて会ったタイプだからもっと話を聞いていたい」とセフレ女性に対して興味を抱いています。

毎日LINEをしている中でも、セフレ男性からの質問が多かったり、二人独特の会話の流れが成立していたりとお互いの空気感が自然だと感じる状態です。

ドキドキは感じていなくても、「友達として付き合いを続けていきたい」と思っている相手であれば積極的に連絡を取り合います。

相手が異性だということで、体の関係も受け入れてくれることをラッキーくらいに思っているはずです。

体の関係から始まったことで、相手の女性のことを友達として気に入っても「わざわざ体の関係を切るまでのことでもないか」と考えています。

暇な時間を一人で潰すことができない

セフレと毎日LINEする男性の心理や本音は、暇な時間を一人で潰すことができないというものです。

女の人は一人の時間を持つことで「どこに行こう」「何をしよう」楽しみを探してワクワクするタイプと、「一人じゃ何をしても楽しくないよ」と時間を持て余してしまう人がいるもの。

男の人でも同じで、一人の時間が平気な人と苦手な人というのがいるのは当然の摂理です。

一人が苦手な人で独身の一人暮らしの男性の場合は、学校や仕事が終わって家に帰っても一人きりで過ごさないといけない寂しさに耐え切れず、すぐ友達を誘ってお酒を飲みに行ったりご飯を食べに行ったりしてしまいます。

そんな人にセフレがいるとなれば、時間を潰す格好の相手となるのも必然です。

家に帰って寂しい時間に誰かが相手をしてくれるということだけで、孤独を感じなくて済ます。

彼女じゃなくても自分の寂しい気持ちを埋めてくれる相手であれば、立場は気にしていません。

おしゃべりが好きで、常に誰かといたいタイプの男性です。

セフレとして一緒にいる時間も、孤独を感じない嬉しさからとても楽しそうな表情を見せてくれます。

好きな人がいて女性の気持ちを知りたい

セフレと毎日LINEする男性の心理や本音は、あなたではない他の女性で好きな人がいてあなたとやりとりをする中で女性の気持ちを知りたいというものです。

男性にとって女性という生き物は、まるで宇宙人。

男の子の常識が全く通用しない女性という生き物のことを理解しようと思っても、想像も出来なくて苦労しています。

しかし、セフレという立場で女性と仲良くできることで好きな人が何を考えているのかヒントを得ようとするのです。

自分がどんな会話をしたらどう反応するのか、どう誘えば答えてくれるのか、セフレ相手を通して女性というものを研究しています。

相手がセフレなだけに「恋愛相談をするのは失礼かな」という遠慮も持ち合わせているため、セフレの女性に好きな人のことを相談せずに観察していることも多いはずです。

女性の喜ばせ方や、楽しませ方をセフレ相手から学ぼうとしています。

毎日LINEすることで、いつも外ではキレイに身なりを整えてオン状態しか周囲の人に見せなくても、家に帰ってオフ状態になっている女性がどんな感じになるのか、見たことのない家での様子なども「女性の生態」という視点で観察しているのです。

刺激をもらえる相手だと思っている

セフレと毎日LINEする男性の心理や本音は、刺激をもらえる相手だと思っているというものです。

セフレでありながら人として、女性として尊敬する部分があり、言葉や文字を交わし合うことで考え方や生き方に対して刺激を受けたいと感じています。

セックスにおいても、今まで経験した女性とは違うタイプのセックスを経験したことで、女性がどんなセックスを求めているのか、エッチ中に何をすることが男として成長できることなのか、セフレ相手とLINEのやりとりをすることで感慨深いものを感じているはずです。

人生の指南、生き様、他人とのコミュニケーション力、など相手から得られるものが大きいと感じているため、毎日LINEをしても飽きることがありません。

相手と言葉を交わし合うことで、自分自身が成長し、他の人にも優しく出来たり一歩先を見据えた行動を積極的に出来たりすることが、嬉しいと感じる向上心旺盛なタイプです。

セフレという立場であっても、学べる相手からはしっかり学びたいという勤勉家であり、自分のスキルアップを喜びとしています。

刺激がもらえる相手というのは、人生経験値が違うと感じているので、相手からたくさんのことを学び、刺激を受けることが二人の関係性の中で重要と考えているのです。

男が考える本命彼女候補の女性にあってセフレの女性にないもの

生きていく自分のビジョン

男の人は自立している女の人のことが好きです。

頼ってくれる女の子も可愛いけれど、何でも頼られてしまうと負担に感じていきます。

自分自身が決意をして、結婚を申し込む場合のみ、すべてを引き受ける覚悟ができるものなのです。

そのため、本命彼女にしたい女性は生きていくための自分のビジョンがある方が
「応援したい」「共に歩みたい」という気持ちを持つようになります。

自分の意見を言わず、ただ黙って付いてくる女性は自分の都合だけで動くことができる上、何をしたいのかがわからないためサポートしたくてもできないのです。

生きるビジョンを持っている女性は、今自分が何をすべきかを常に明確にしようと行動します。

そのため、いつ会っても生き生きとしており、自分軸で生きていることを実感できるものです。

夢や目標、また「こんな風に人生を歩みたい」「こんな人で有り続けたい」という信念を持ち続けている人は、男女問わず人を惹きつける魅力があります。

そういった女性と一緒にいることで、男性自身もポジティブに人生を歩める気持ちになってくるものなのです。

プライド

プライドが高い人は嫌われる、とよく言われることですが、人にとってプライドというものは必要なものです。

プライドは自分自身に自信を持つことで培われ、それは過去の成功体験から得ているということがわかります。

成功体験を積み重ねている人というのは、少なからず努力をしており、自分が精一杯努力した末の結果に満足しているという状況です。

プライドが高い女性は鼻につくということも言われたりしますが、それは同性から見た場合になります。

身なりをきれいに整えている、自分のことを軽く扱われることを嫌がる、少しでも成長しようとする、という姿勢が、同性から「男の気を引くため」と言われてしまうのは、単なるやっかみです。

ただの見栄を張っているだけはなく、自分を大事に扱うということはとても重要なことであり、右倣え(みぎならえ)の習慣がある日本ではとても大切なことだといえます。

男性をはべらすことが美徳としている人を除いて、プライド高く自分自身に価値を持っている女性は、性においても軽々しく男性とベッドを共にするようなことはありません。

簡単には本気にさせることができない、ということこそ男性を虜にしてしまう原動力となります。

恋愛の駆け引き

恋愛の駆け引きが上手な女性は、男性にとってセフレではなく本命彼女候補として四苦八苦しようと頑張ります。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

恋愛の駆け引きは、自分が仕掛けたことに対して上手く進まないからこそ盛り上がるものであり、思い通りにならない事実が本気の恋愛を引き出していくものです。

ちょっと気のある素振りをすると、すぐセックス出来る人と本気の恋愛をしようにも、そこまでの魅力を感じる暇がありません。

逆に恋愛の駆け引きをたっぷり使って、相手が好きなのかそうでもないのか、両想いか片思いか、ヤキモキしているその時間こそが、相手の女性を考えている時間であり、長い時間空想にふけることで、脳の中が彼女でいっぱいになっていくものなのです。

男性は恋愛を一つのエンターテイメントと考えている人もおり、振り向かせてセックスに持ち込むまでの過程をいかに楽しめるか、でその後の付き合い方が変わります。

だからこそ、すぐにエッチ出来る人とはセフレとなり、駆け引きを楽しめる相手ほど夢中になっていくのです。

たくさん悩んでたくさん手間をかけた相手ほど、振り向いてもらえた時の達成感が大きくなり、同時にその分愛情へと変わっていきます。

本当に大切に思ってくれる友達

本当に大切に思ってくれる友達がいれば、女性は自分を大切にするものです。

親は自分のことを心配してくれますが、大人になると過剰な親からの愛情は鬱陶しいと拒否してしまうようになります。

しかし大事な友達というのは、いけないことはいけない、と叱ってくれ、本当に自分のことを大切にしてくれていることを感じることができるものです。

さらには、自分の人生に責任を持つのも自分自身だということもお互いにわかっているため、過剰に責めたり心配したりということもありません。

相手の男性が自分にとってどう影響しているのかを客観的に見てくれます。

そして、男性目線ではそんな大事な友達が居る女性こそ、下手にセフレにしてしまうとその友人から責められて面倒なことになってしまうことが目に見えるのです。

心から信用している友達が居るという女性は、心も安定しており、自分を大切にするということを見失いません。

セフレにしやすい女性は相談相手がいなくて、一人で抱え込む人だからこそ、誰かに相談できるという女性は安定感が有り、自立している女性だと感じます。

大事な友達がいるということは、その友達からも大切にされている証です。

同性から大切にされる人の方が、恋人候補にしたい女性として魅力を感じます。

守りたいと思える純粋さ

男性は華奢で純粋な女性が大好きです。

純粋というのは、何でも言うことを聞くという従順さではありません。

心の中に汚れがなく、人のことを悪く言ったり、何でも諦めてしまったりしているようなネガティブなところがないということです。

人の目をまっすぐ見つめる、相手のことを信用したいと願う気持ちを持っている、ポジティブにチャレンジしたいと思うことができる、など男性が見ていて、胸がキュンとする要素をたくさん持ち合わせています。

何でもチャレンジしたいと思うからこそ、少し危なっかしい部分もあり、それも含めて「守ってあげたい」と思うようになるものなのです。

男性がそばにいることで、彼女のいい部分を伸ばしたい、そばで見ていたい、というような気持ちにさせてくれます。

また純粋な女性というのは、感情表現が豊かであるため、一緒にいると泣いたり怒ったり喜んだり楽しんだりと見ていて飽きが来ることがないものです。

エッチの時も、恥ずかしがったりウブだったりと男性の嬉しい場面をたくさん見ることができます。

女性が喜ぶ姿を見たい、自分の手によって感情を引き出したいと思うことは男心をくすぐることにつながるのです。

セフレから本命になる唯一の方法:男の本能を利用して「彼女にしたい」と思わせる秘策

セフレから本命にSTEP1・一緒にいるだけで自慢できるルックス

男性の本能を刺激するには、なんといっても見た目を磨くことです。

一緒にいるだけで自慢できるルックスになるということは、常に自分の身だしなみとスタイルに気を配っていなければいけません。

男性は、周りが振り向くほどのいい女を連れて歩くということが一つのステータスであり、「自分はいい男だ」というアピールにもなります。

そのため、周りが振り向くほどのルックスを手に入れることが必要です。

元々の顔に自信がない、と言って諦めてしまうことは簡単ですが、女性はメイクやファッション、内面を磨くことで驚く程美人に変化することができます。

姿勢や言葉使い、マナーなども含めて美人度をあげるステップなのです。

彼の理想を上回るほどのいい女にならなければ、自慢するほどの女性になることはできません。

彼の自慢になるほどの女性になるための、ルックスリストを作り、そのために必要なスキルアップをしていきましょう。

理想の外見を手に入れるためには、生活習慣や食事も見直す必要がありますので、健康的に自分の素材で勝負できるよう磨いていくのです。

セフレから本命にSTEP2・もう少し一緒にいたいと思えるほど話が合う

ステップ2は、彼と過ごしている時間に交わされている会話です。

彼の話を聞くということは、非常に重要なことになります。

男の人は自分のことを認めて欲しい、話を聞いて欲しいという願望を持っているものです。

仕事の愚痴、頑張っていること、話を聞いてもらって、慰めてもらえると癒されると思っています。

しかし、セフレと一緒にいる時には、その慰めの場面で体を重ねることで「現実から目を背ける」という意味を持たせているものとなっているのです。

男性が求めてきて、それに答えることで「癒されるならいいか」と考えてしまうのはセフレの欠点といえます。

本命の彼女を狙うのであれば、そこからもうひと押し会話を楽しみましょう。

彼が楽しい、好きだと思える会話を積極的にしていきます。

趣味や男性のこだわっている部分に対して、またセックス以外でどんなことをしている時に癒されるのか、ということを掘り下げて話をしていくことで会話を楽しむ時間をつくることができるのです。

男性は趣味の話が大好きであり、彼が話したいであろう話題を振ることで、相手が自主的に話を続けたいと思うようになります。

その話題をあなたが深く知っていれば、彼は「もっと一緒に話がしたい、楽しい」と思うはずです。

一緒にいる時間に楽しむことが増えることで、あなたに対して興味がわいてきます。

セフレから本命にSTEP3・もっと知りたくなるほど私生活が充実している

本命彼女になるために準備が必ず必要になるものが、女性自身の私生活です。

いくら好きになって欲しいからといって、セフレである彼からの連絡をひたすら待っている女性は、男性にとってどう考えても重荷になってしまいます。

彼から連絡が来ても、断ることが出てくるくらい私生活を充実させていく必要があるのです。

それも、絶妙なバランスが重要になります。

スキルアップを目指すからといって、資格取得ばかりに熱を上げてしまえば、硬い女性として付き合い辛くなってしまい、連絡も遠ざかってしまうものです。

逆にリア充をアピールしたくて、毎日友達と遊んだり、次々と合コンをしたりしていると、セフレ街道まっしぐらになってしまい、本命彼女になることはありません。

自分の趣味を見つけたり、体を鍛えたり、習い事や友人と旅行に行ったりと、常に明るく私生活が充実しており、世界観が広がるようなことをしていくことが最適です。

連絡をするたびに違うことをしていて、時々会っても私生活の話を聞くことが面白いと思ってもらうことで、あなたのことをもっと知りたいと思います。

「今度はいつ会えるんだろう?」「次はどんな面白いことをした話かな?」と考える時間が増えるにつれ、彼はあなたに対して好意を膨らませていくものなのです。

セフレから本命にSTEP4・「大好きだけど両思いでないとセックスしないことにした」と離れる

セフレから本命に格上げするために、最も重要で勇気がいることが最終段階です。

「大好きだけど両思いでない人とセックスしないことにした」という宣言をして、セフレから離れます。

セフレから離れるという行為は、セフレをしている女性からすれば、彼を失うかも知れないという非常に大きな賭けに出ることです。

彼に呼ばれるたびに飛び出してきた女性は、「嫌われるかもしれない」「二度と会えなくなるかも知れない」「呼んでもらえなくなると忘れられてしまう」と不安な気持ちでいっぱいになります。

しかし、今までステップを踏んで彼の心に印象を強く残し、「会いたい」と思ってもらえるような努力をしっかりしていれば、彼からの連絡はやってくるはずです。

例えば、何も努力をせずにこの言葉を伝えたとしても、彼に伝わることはなく、再びなしくずしにセフレへと戻ってしまいます。

しかし努力をして、自分自身の魅力を底上げしたからこそ、「彼女は本気だ」ということが伝わるのです。

もっと話したい、興味がある、という心理になった状態で、この言葉を伝えられると、彼も性生活を見直すきっかけになります。

セフレから本命になった後幸せに付き合っていくための秘訣

面倒な女にならないために束縛しない

セフレから本命彼女に昇格した後、急に束縛をし始めると彼は「やっぱり付き合うと面倒な女だ」とすぐさま離れていってしまいます。

興味を持って、好きになってくれたとしても、セフレから彼女になったばかりは、まだまだ好きの度合いが浅いものだと思っていましょう。

付き合ってからが本当の正念場です。

彼と幸せな交際をしていくために、二人ならではの心地よい関係を探していかなければいけません。

それは当然、セックスだけではなくデートや会話といった、恋人同士として必要不可欠のことです。

間違ってしまいがちなパターンとしては、女性側は元々セフレになりやすい素質を持っている人だからこそ、彼に合わせてしまうということが起きてきます。

体を求められれば「付き合ってくれるって言ったからいいか」と、そのまま委ねていると、セフレの時と何も変わりません。

束縛はしない、そうかと言って彼の言うとおりにだけ動かない、ということが大切です。

セックス以外に相手のことをたくさん知る努力をする

実はセフレの関係で、お互いの事をよく知っているという人はあまりいません。

女性が男の人のことを好きになったからといって、なんでも素直に話してくれることもなく、セフレと面倒なことになりたくないという理由でプライベートを明かさないという人が多いのです。

彼の興味を引くことができ、付き合うことができた時には、何度体を重ねていても、二人の関係は白紙からスタートしているということを知っておきましょう。

セックス以外に相手のことをたくさん知る努力をすることで、少しずつ見えてくるものがあります。

男性側は今まで何も明かすことなくセックスが出来ていたので、今更自分の何を知りたいのかが分からないはずです。

そのため、細かな質問を投げかけることで、「あなたのことを知りたい」ということを伝えていきましょう。

「何をしている時が楽しいの?」「好きな食べ物は?」「仕事が終わったら何をしているの?」など知らないほうがおかしい、と思えるような質問ですら、あまり知らないことに気がつくものです。

二人の共通の楽しみを見つける意味でも、会話に重点をおいて、彼を知る努力をしていくことが大切になります。

彼の都合に合わせて動くばかりでなく自分の時間も大切にする

本命の彼女になれたからといって、彼の都合に合わせて動くことでデートをしているのであれば、それはセフレの延長と言わざるを得ません。

カップルになったということは、お互いが尊重しあうべき存在となったはずです。

そのことをセフレから立場が変わった、女性自身が自覚するためにも自分の時間も大切にすることが重要となります。

セフレとして彼と一緒に過ごしたいが故に、連絡がくれば飛んでいっていた頃のことは、一旦忘れてしまいましょう。

彼のこと好きであれば、あなた自身も愛してもらうために、自分が自分のことを大切にしなければいけません。

彼との時間が生活の全てになってしまえば、恋愛依存となってしまい、一人で行動することができなくなってしまいます。

また、彼がいない時に何もできない人というのは、彼女としての魅力がありません。

自分が楽しいと思えることを、彼との関係以外にも見つけていく必要があるのです。

例え新しい何かを始めて彼と会う時間が減ったとしても、ちゃんと愛されているのであればそのくらいで嫌われたりすることはなく、むしろ応援してくれる存在となっています。

彼に応援されるくらいのことを、始めることで彼への依存ではなく、対等に恋愛ができるようになるものなのです。

自分自身のステージアップを常に目指して女性として輝く

男性は、頑張る女性が大好きです。

セフレから本命彼女に昇格した暁には、自分自身のステージアップを常に目指して、女性として輝きましょう。

夢や目標を定め、自分の生き方を考え、その中で彼とどう寄り添って時間を過ごすかということが、重要なのです。

あなたの人生に彼がいることはあっても、彼のために何もかも捨てて生きることを相手の男性は望んではいません。

どんな女性になりたいのか、その理想を決めるために有効なのは、理想の芸能人を見つけることです。

ドラマの配役でも構いません。

見た目、仕草、喋り方、イメージ、想像するプライベート、それらを真似していくことです。

また、ドラマの役柄であれば、キャラ設定をしっかり把握して、その通りの人になれるように振舞っていきます。

理想を明確に掲げることで、確実に近づいていくことができるものなのです。

この方法に完了はありません。

常にステージアップを目指し、女性として輝き続けたいと願うことから、彼があなたに夢中になるというミラクルが始まります。

現状に満足すればそれは衰退です。

彼と幸せに交際を続けていくためにも、理想の女性像を目指して輝きましょう。

本命彼女からセフレに逆戻りしないために気をつけること

セックスしないデートの日を作る

セフレはセックスありきの関係です。

だからこそ、逆戻りしないためには、彼とセックスしないデートの日を作ります。

彼があなたとの関係でセックスのみを求めているのであれば、それはすぐに終わってしまうはずです。

恋人となった二人は、体の繋がりだけでなく心の繋がりが必要になります。

心の繋がりがあるからこそ、セックスが幸せに満ちたものへ成長していくのです。

セフレだった頃は、彼から連絡が来ればすぐに支度をして、あまり見られることもないセクシーな下着をまとい、買ったばかりの服も褒められることなく脱がされてしまい、エッチが終わればすぐに帰っていました。

しかし、恋人はその些細な一つ一つが重要なコミュニケーションとなります。

髪型や服装が変われば褒めてもらう、彼の仕事が上手くいけばお祝いをする、手をつないでデートをし、一緒においしいものを食べて幸せを感じる、そんな時間をともに過ごすことでお互いの存在が愛おしいものへとなっていくはずです。

エッチをしないデートの日があっても、責められる要素は何もなく、一緒に過ごすことが幸せだと彼にも感じてもらえるような空間を作り続けましょう。

彼の言動に左右されない

本命の彼女になれば、彼の言動に左右されることはやめましょう。

セフレの時は、エッチのために呼び出されることが、唯一彼と一緒にいられる時間でした。

彼のご機嫌をとって、彼の都合に合わせて、感情のままに抱かれる、ということを繰り返してきたはずです。

しかし、恋人はそんなことをしなくても大丈夫。

不安になることはありません。

彼が不機嫌であれば、放っておけばいいし、会わなくてもいいのです。

ストレスの捌け口や性欲処理のために、抱かれる必要はなく、あなたはあなたの主張をしても受け入れてもらえるという自信を持ちましょう。

本命の彼女になった時点で、彼とのセックスは快楽のためだけでなく、恋人同士のコミュニケーションの手段となっています。

彼の言動に左右されて、顔色を伺ってばかりいると、そんな彼女に余計イライラしてしまい、セフレへ逆戻りしてしまうことになるはずです。

あなた自身を大切にして、彼と対等であるということを自覚し行動することで、恋人からも大切にされるようになっていきます。

もうセフレだった頃のあなたから、一歩前進して彼が受け入れてくれたといことを自覚しましょう。

会話を大切にする

長続きする、幸せなカップルに共通していることは会話がいつまでも続くことです。

また、会話がなくてもお互いに感覚がわかることで、自然と居心地のいい空間を作ることができます。

セフレだった頃には、空気感や会話はあまり重要ではありませんでした。

しかし、恋人となれば会話こそ二人の今後を決める大きな要素となります。

仕事はどうだったか、次の休みの日は何をしたいか、女性のどんなところにドキッとするか、最高のデートプランを組むとしたら何をしたいか、など日々のことから彼の女性の好み、デートの妄想など言葉で楽しむことは十分可能です。

体を重ねなくても、相手のことを愛おしいと思うことは無限にあり、無償の愛を感じる瞬間が多いほど幸せは大きくなっていきます。

恋人となればセックスは、愛情を交換し合うためのツールであり、デートの目的でも相手を支配するための手段でもないはずです。

会話という大人のコミュニケーションを使って、いかに幸せを感じてもらうことができるか、どれだけ愛を伝えることができるか、ということにチャレンジしてみましょう。

会話を積極的にしようと思うと、相手の気持ちを汲み取ろうとすることにもつながり、恋人の意見や考えを深く知ることにもつながります。

恋愛依存にならないように仕事やプライベートを充実する

セフレから本命彼女になれた時には、彼を手に入れた嬉しさがあふれて恋愛依存になりやすい状態です。

「自分から連絡をしてもいい」「次に会う約束をすることができる」ということは、今までセフレで我慢していた頃を考えると、特別な出来事のオンパレードとなります。

しかし、一歩間違えば「彼さえいてくれればいい」「好きだと言ってくれるだけで幸せ」「嫌われることをすると離れて行ってしまうかもしれない」という気持ちで、自分自身の心が支配されてしまうものです。

恋人であれば、そこまで心配するようなことではなくても、彼が外出するたびに「他の女性と会うのではないか」「彼から連絡が来た時にすぐ出られるように家から出ないようにしよう」など、セフレの時以上に彼の存在に縛られてしまいます。

そんな状態では、恋人関係を続けることも疲れてしまい、悲しい思いばかりが募り別れが訪れるはずです。

セフレから恋人になったならば、今まで以上に仕事やプライベートを充実させるようにしていきましょう。

自分のすべきことをしていると、恋愛依存にはなりません。

この世の中は彼だけがいるのではなく、楽しいこと眩しいことがたくさんあるので、自分の時間を生きていくために、やりたいことをみつけるべきなのです。

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニング

NOと言えるようになるために友達との会話で練習

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニングは、NOと言えるようになる絶えに、友達との会話で練習することです。

体の関係を迫られて、つい流されてしまったり、断る理由が見つからず自分でも受け入れざるを得ない状況になってしまったりする人は、典型的なNOと言えない人。

仕事をしていても、短い期日で仕上げるように言われて、心の中では「無茶苦茶だよ」と弱音を吐いていても、「分かりました」と受けてしまいます。

友達と遊んでいても、行きたい場所を自分から発信できず、いつも決めてもらうのを待つタイプです。

セフレ体質から抜け出すためには、「自分の体を守る」「プライドを持つ」という重要な理由があるので、断固として拒否する事が大切となります。

友達と一緒に過ごしていても、少しの違和感を持ったら、「ちょっと待って欲しい」と一旦動きを止めてもらい、思考を整理してから「やっぱり私はそれじゃなくて、あっちがいいな」と願望を見つけて言葉にするトレーニングを繰り返しましょう。

呼び出されてもアポなしには対応しない

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニングは、呼び出されてもアポなしには対応しない事を徹底することです。

体目当ての男性は、暇なときや疲れている時、性欲が高まった時など自分の都合のいいタイミングで、女性を呼び出します。

誘い方が上手な人は、「寂しくなっちゃったな」「急に○○の顔見たくなっちゃったよ」など、今にも抱きしめたくなるような甘え方をするため、つい当日連絡でも出向いてしまうものです。

大切にされる女性は、自分を安売りしません。

突然連絡してきても、あなたは自分の大切な時間を生きているので、安請け合いしてはいけない訳です。

アポなしの時は、どれだけ心揺さぶられる誘いがあっても、心を鬼にして対応しないトレーニングを重ねましょう。

断る事の罪悪感が薄れてくるころには、本当に求められているのか体だけなのか、見極められるようになります。

「私は愛される」と言葉に出し恋愛に困らない意識を高める

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニングは、「私は愛される」と繰り返し言葉にして、生涯恋愛に困らない意識を高める事です。

男の人の筋肉質なボディや同じ血が通っている温かさを求めてしまう人や、抱かれることで安心感を抱く人は、恋愛に対して依存傾向があります。

「大切にされたい」「求めてくれるだけで、幸せ」と考える癖があるのです。

寂しさや自己否定などから生まれた、恋愛依存体質は、心を満たす事で解消されていきます。

毎朝朝日を浴びた時に「私は必ず愛される」「必要とされる人が分かる」と言葉に出し、マインドをリセットしましょう。

繰り返すことで、目先の温もりではなく、本当に生涯添い遂げてくれるパートナーを見つけられ、恋に盲目にならずに済むはずです。

恋愛ステップのプログラムを作る

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニングは、恋愛ステップのプログラムを作る事です。

誰でも、「頭では分かっているんだけど、ついダメな事をやってしまう」と反省する場面があるもの。

心とカラダは別物だと言う人も多いほど、思考だけでの理解は、行動に反映されない事がよくあります。

そんな場合には、理想の恋愛ステップをプログラム化して、実行する事がお勧めです。

「デートは3回以上してから、キスをしてもいい」「付き合い始めて1か月はセックスをしない」「初めて一緒に食事をした日はそのまま帰る」など、今後真剣に付き合い続けられると思える理想のプログラムを作成します。

恋愛はセオリー通りではない場合がほとんどですが、自分がセフレ体質だと思うなら、まずはプログラム通りに実行することです。

理想のプログラムを実行する中で、心が折れて諦める男性は、それまでの関係という事。

あなたのために我慢してくれたり、合わせてくれたりする人が現れるのを待ちましょう。

孤独からの脱却!ぬいぐるみに名前を付けて話しかける

セフレ体質を抜け出すために行うと効果的なトレーニングは、ぬいぐるみに名前を付けて、毎日話しかける事です。

大人になってまでぬいぐるみに話しかけるのは、端から見るとイタイ人とされがちですが、誰にも見られなければ家の中で何をしようが関係ありません。

人肌恋しい時、というのは誰にでも訪れるもの。

体だけの関係でも「仕方がない」と思ってしまうのは、人肌が恋しくなる頻度が高く、寂しさに打ち勝つ術を持たないからです。

ぬいぐるみで温もりは得られませんが、孤独感はかなり解消されます。

名前を付けて、毎日起きた事を話したり、それこそ「今日は寂しいよ」と切実な悩みを打ち明けたりしてもOKです。

一人ぼっちだと感じる辛さを緩和出来たら、仲良しの友達にハグの相手になってもらい、「私には大切な友がいる」と言葉に出して自分を肯定しましょう。

繰り返すうち、誰にでもホイホイついていく事は、なくなります。

セフレのまま適度な距離感で繋がり続ける事のメリット

女性ホルモンがたっぷりでて魅力がアップする

適度な関係性であり続けるメリットは、女性ホルモンがたっぷり出て、女性らしい魅力がアップする事です。

セックスは、快感を得られる事で女性ホルモンがしっかりと分泌されます。

女の人にとって、女性ホルモンは美容はもちろん健康も左右する大事なものです。

月の半分以上は、ホルモンの影響を受けて、体調が悪かったり、精神面が不安定になったりしていますから、セックスを通して快楽を得る事は、健康を手に入れるのと同じと言えます。

たくさん快感を得て、幸せを感じる事で、イライラが収まり、肌つやが良くなり、常に異性の目を意識した仕草が出来るわけです。

他の異性から見ても魅力的だと感じられるようになるため、セフレがいる事でモテるようになります。

セックスは軽い運動。ストレス発散になる

適度な距離感で繋がり続けるメリットは、セックスという運動を通して、ストレス発散が出来るというものです。

ストレス社会でありながら、解消する術を持たない人が多い現代社会。

生活習慣の中に、意識的にスポーツやストレッチを取り入れなければ、慢性的な運動不足となるのも特徴的な社会です。

ストレスは溜まる一方だけれど、発散するための運動をする機会があまりない中で、定期的にセックスをする相手がいるというのは、とてもいいリフレッシュ方法と言えます。

ノーマルセックスでも、全身運動となり、汗をかく程普段使わない筋肉を動かす行為です。

体だけの関係であれば、相手に嫌われる心配をしなくていいので、本命彼氏とはしないであろう遊び的プレイも取り入れられます。

体位によっては、足や背中が攣(つ)りそうになる様な格好になることもあり、全身のシェイプアップにもなるほどです。

体を動かして、ストレス発散し、清々しい表情で毎日を過ごすことが出来ます。

経済的負担が少ないけど楽しめる

適度な距離感で繋がり続けるメリットは、経済的負担が少なく食事やエッチが楽しめるというものです。

気さくに話したり思い立った時に連絡したりできる仲のいい男女が、恋愛感情抜きで体を重ね合わせるとしても、食事やホテル代などは、男性が出してくれる場合が多くあります。

男性としては、支払い行為は男らしさの象徴であり、格好つけられる場面。

「俺がリードして、楽しませる」というプライドを保持するためにも、重要な役割となります。

女性側としては、食事代くらいは割り勘でもいいと思えるほど、美味しい料理をお気に入りのメンズと一緒に出来て、快楽も得られるなんて、嬉しい話です。

経済的にお財布が寂しくなる事なく、疑似恋愛を楽しめ、本気になる人が現れれば関係を終わらせればいいという後腐れない相手。

お互い合意の元であれば、楽しい関係性と言えます。

エッチのテクニックを向上させられる

いい関係を続けるメリットは、エッチのテクニックを向上させられるというものです。

テクニックに関しては、男性ばかりが気にしていると思われがちですが、実は女性もかなり気がかりになっている人は多いと言います。

「変な顔していないかな」「本当に気持ちよくなってくれているのかな」と本命彼氏とのセックスでは、恥ずかしくて確認できないため、自分の実力がどの程度なのか知りたいと思っている女性も少なくないのは事実。

セックスだけの人なら、一般的な男の人がどんな行為を求めているのか、何をしたらどう感じるのか、女の子がエッチに見える角度や仕草は何か、質問を投げかけることが出来ます。

本当に好きな人と体を重ねる場面で、最高に綺麗な自分を見せたいと思う女の人こそ、セフレでのエッチでテクニックを向上させられるように練習をしているところです。

一人でいたくない時に気軽に呼び出せる相手がいる

適度な距離感で繋がり続けるメリットは、一人でいたくない時に気軽に呼び出せる相手がいるというものです。

一年も終わりに差し掛かった頃や、肌寒くなる時期、イベントでカップルが街にあふれる時など、一人でいるのが辛いと感じることがあります。

また、仕事で失敗した、友達と喧嘩をした、親に酷い事を言ってしまった、など誰か傍に居て欲しい瞬間というのもまたあるもの。

例えセックスだけの相手だとしても、気軽に呼び出せる人がいるだけで、心が救われるのです。

心に空いた穴はエッチで埋められる事があり、余計なことまで語らなくてもいい分、気持ちが楽であり、人の温もりで辛さが消えていく事を実感できます。

「誰にも必要とされていない」と孤独感が高まっても、「今この瞬間だけは、温もりを感じさせて」と疑似恋愛に浸って現実逃避が出来るところです。

いつか呼び出さなくてもいい日が来るまで、心の安定剤となります。

セフレから本命になるためには不安症から抜け出そう

セフレになりやすい女性の特徴を見てもわかるように、自分の意見がなかなか言えない、彼のためにといそいそと動いてしまう人がいい女性がセフレになります。

彼の本命の彼女になるためには、自分自身の人生を見つめ、理想を掲げ、彼だけでなくどんな男性からもモテるような女性を目指して生きていくことが重要です。

不安でいっぱいの不安症から抜け出し自ら女性として輝こうとする努力をすることで、彼の気持ちを掴むことができます。

セフレの彼を振り向かせて、幸せな恋人生活を手に入れましょう。

【期間限定・2022年5月29日(日曜)迄】コロナに戦争…悩みを抱えている方へ。

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

少しずつ出口が見え始めたコロナ…始まってしまった戦争…荒れ狂う時代のうねりに恋愛、仕事、お金…悩みはつきないと思います。

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら【復縁の母】を是非試してみてください。

あなたの抱える悩みが、嘘のように消えていく「実感」を今、体験してください。

>>復縁の母で占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG