離婚したくない…絶対に回避するための説得方法と奥の手&離婚を拒否する時にやってはいけない悪い行動例

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐタロットカードを引いてください。

あなたの引いたタロットカードの結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

幸せな結婚生活を送っていたのに、夫から突然離婚を切り出されたら、驚いてしまうものです。

「私は離婚したくないのに」「離婚を何とかして回避する方法はないの?」と夫との夫婦関係の改善を望んでいるあなた。

そんなあなたの為に、離婚を回避するための説得方法と離婚を拒否する時にやってはいけない悪い行動例をご紹介します。

また、夫との話し合いが上手くいかなかった時の離婚回避の奥の手もあわせてお伝えしていますので、夫との効果的な復縁術を身につけてください。

離婚したくないと思っているのに何もしなければ、夫との離婚を避けることはできません。

夫婦関係を立て直し、幸せで溢れる家庭を再構築する為に出来ることを今すぐ実践して離婚問題を切り抜けましょう。

目次

夫からの離婚話をどうしても受け入れられない妻側の理由

金銭面で夫が必要!子供にお金で苦労させたくない

悩む女性

夫からの離婚をどうしても受け入れられない妻側の理由には、子供をお金で苦労させたくないというものがあります。

夫と別れてしまったら金銭面での苦労は目に見えているもの。

共働きの夫婦だった場合でも、今まであったはずの稼ぎが半減し、子供の教育や日々の生活に不自由さを感じることも少なくありません。

その為「夫と別れたくない」「子供には苦労をかけたくない」と感じてしまいます。

特に、自分が幼少期にひとり親家庭で金銭的な苦労をしたことを、身をもって知っている場合には「あんな生活を我が子には経験させたくない」と思うもの。

例え夫の愛がなくなってしまっていたとしても、今から努力をしてでも「もう一度夫の愛を取り戻したい」と願わずにはいられないものです。

突然、夫の離婚の意思を聞いた妻にとっては、離婚する準備もしていなければ、一人っきりで子供を育て養っていく度胸もありません。

「夫と別れたくない」「子どもの父親は彼しかいない」と別れを到底受け入れることはできないのです。

金銭面で夫がいてくれることの素晴らしさを痛感しているあなたが、やるべきことは夫が離婚を切り出した理由を知り改善させることの一択。

夫と愛で溢れる夫婦にもう一度戻り、共に子供の成長を喜び「やっぱり別れなくてよかった」と思える夫婦にならなくてはいけません。

あなたの望みを叶えるためには夫の心の内を知り、二人で改善させる努力をしましょう。

浮気相手の女と幸せになる事が許せない

夫からの離婚をどうしても受け入れられない妻側の理由には、浮気相手の女と幸せになることが許せないというものがあります。

夫が離婚を切り出す理由に心当たりがある事もよくある話。

「夫が浮気しているのを前々から察知していた」「きっと浮気相手の女と結婚したいと思っているんだ」とあなたは夫が自分だけ幸せになろうとしている考えがひどく許せないのです。

その為「何が何でも離婚だけはしたくない」「絶対に別れてやるものか」と意固地になっていることも。

浮気だから許せていたことでも、夫の愛を一身に受けている浮気相手の女には殺意が芽生える程に憎んでしまうこともあるのです。

夫の愛をもう一度取り戻せることができれば、一発逆転で自分が夫に愛され、選ばれる唯一の女性になれると思っているので、別れることではなく復縁という形で離婚問題を葬り去りたいと考えています。

夫の中にある浮気相手の女性の影を、どうにかして排除しようとしても、状況はどんどん悪くなるばかり。

浮気相手の女よりも自分が勝っている所を夫に見せて、あなたの隣に帰ってきてもらう事で離婚が回避できます。

頑なに夫や浮気相手に敵意を見せるのではなく、すべてを包み込むような懐の大きな女性となって彼の気持ちを取り戻しましょう。

夫との不仲を反省してやり直したい気持ちでいっぱい

夫からの離婚話をどうしても受け入れられない妻側の理由には、やり直したい気落ちでいっぱいだからというものがあります。

「夫をないがしろにしていた」「もっと優しく接すればよかった」と夫から離婚話をされた後に、自分の態度に問題があった事を反省する女性も多いものです。

「夫がそこまで追い詰められていたなんて知らなかった」「もっとできることは他にあったはずだ」と後悔ばかりが募り、悔やむ気持ちが抑えきれません。

夫の真剣な離婚への決意を初めて知った妻は「私が悪かったよ」「ダメなところは直すから別れないで欲しい」と嘆願することも。

「夫と別れたくない気持ち」と「まだ二人はやり直せるはず」という思いでいっぱいなので、早々に離婚話を持ち掛けてきた夫に縋り付いてしまう事も少なくありません。

夫側もそんな妻の態度に「反省してくれているんだ」「ちゃんと気持ちを伝える事が大切だ」と自分たちのコミュニケーション不足を反省するものです。

「もう一度しっかりと向き合おう」「別れるのは惜しい」と夫の考えを変えられるのも、すべては夫婦の話し合い次第。

二人の気持ちが寄り添い合えば、離婚話が一時中断することも珍しくありません。

周囲の人に夫から捨てられた自分を見られたくない

一人で立つ女性

夫からの離婚話をどうしても受け入れられない妻側の理由には、周囲の人に夫から捨てられた自分を見られたくないというものがあります。

夫との離婚が成立してしまえば「あの人はご主人に捨てられて可哀想だ」とか「これから一人で生きていくのは寂しいよね」などと、同情的な目で見られてしまうことも考えられます。

悲劇のヒロインのように見えて、周囲の人はあなたに優しく接してくることも。

しかし、そんな未来を想像して「私は同情をかけられたくない」「惨めな思いはしたくない」と夫との離婚問題の解決を切に願う女性も多くいます。

「夫に捨てられた」ということで「女性としての魅力がない」と言われているのと同義と考えるのです。

女性にも「女としてのプライド」というものがあります。

「女性としていつまでも愛されていたい」「求められていたい」と思えるからこそ、結婚して夫婦生活が長くなったとしても変わらない愛を欲しがるのです。

そして、周囲の人にも同様に「あの夫婦はラブラブね」「旦那さんが奥さんをよく愛しているわ」とみられていたい気持ちは結婚当初から変わることはなく、女性として夫に捨てられたくないという思いが勝り、離婚話はどうしても受け入れられないのです。

あの頃が良かった…幸せだった時に戻りたい

「夫婦が幸せだったあの頃に戻りたい」という気持ちから、夫の離婚話をどうしても受け入れられなくなります。

結婚当初から不仲な夫婦はいません。

それは、愛し合っていたからこそ「この人と家庭を築きたい」「幸せな人生を送りたい」と思い結婚したから。

新婚時代は、不仲になる事など想像がつかないくらいラブラブ時代を過ごしてきた夫婦がほとんどです。

その為、幸せだった時間は妻側の心の中にいつまでも留まり続けています。

「あの頃に、もう一度戻りたい」「幸せを心から感じていたい」と夫が離婚話をしてきたときには考えずにはいられません。

夫と仲の良かったときの記憶は女性にとってかけがえのない宝物。

「これからあの頃に戻るにはどうすればいいかな」「まだ、間に合うはずだよね」と思ってしまうものです。

早々に見切りをつけて、夫との愛を諦めるなんて女性側にはできません。

幸せな時代を思い返しては「あの頃は良かった」と思ってしまいますが、過去に縋り付いてもどうにもできないもの。

夫との関係を新たに作り出す努力をしなければ、二人の気持ちは混じり合う事はないのです。

その為の夫婦の改善策を探し、もう一度夫婦が愛し合う為のきっかけを見つけましょう。

自分から旦那に別れを切り出したけどやっぱり離婚したくない!と心変わりする理由

夫なしでは自分の生活が成り立たない事にやっと気が付いたから

自分から別れを切り出したのにやっぱり離婚をしたくないと心変わりする理由には、夫なしでは自分の生活が成り立たないことに気が付いたからというものがあります。

結婚生活を共に歩んでいると、相手がいつも一緒にいることが当たり前であるかのように思えてしまうものです。

「やってもらって当たり前」という考えが定着して、夫に感謝できなくなることも。

そのせいで「夫はなにも分かってくれない」「私ばかりこんなに尽くしているのに」と不満が続出。

「もう別れてしまいたい」と衝動的に別れを告げてしまうものです。

しかし、失ってやっと夫の有難さや優しさに気が付くことも。

「いつも黙って洗濯物を畳んでいてくれたんだ」とか「ストック用の非常食を買い足してくれていたのは夫だった」と夫との別れを決めてから、夫の行動の評価すべき点に気が付いた時には「私は一人ではやっていけない」「夫がいなければ、日々の生活を順調に暮らしていけない」と考えるのです。

別れようとしてから夫ナシの生活を想像した妻は「夫は必要な人だった」と思い返し「私が悪かったわ」と謝る事も珍しくはありません。

.

お互いの気持ちを知ったら「まだやり直せるかも」と思えた

お互いの気持ちを知ったら「まだやり直せるかも」と思えたことで心変わりすることがあります。

夫婦間が不仲になっていけば、自然と会話量が減っていきコミュニケーション不足に陥る事も少なくありません。

「夫の気持ちが分からない」「なんで何も伝えてくれないの?」とイライラが募ります。

そして、二人の間の話難い雰囲気が「しゃべりずらい」「いつもどうやって話しかけていたか忘れてしまった」と次第に夫との会話を避けるようになるのです。

「話を聞いてもらえない不満」と「夫との会話が成り立たないジレンマ」があなたを襲い「もう別れてしまおう」「私たちはやり直せない」と離婚の意思を強めてしまいます。

離婚話を夫にした時に「きちんと話し合おう」「実は今まで言えなかったけど…」と夫から歩み寄ってくれて自分たちの気持ちを伝え合うことができた時には「コミュニケーションが不足していただけだった…」「私の方も夫に伝えたいことを話してなかった」と反省できるもの。

「まだ、やり直しがきくかも知れない」と思えるようになり、離婚から復縁へ心変わりしていくのです。

お互いの気持ちを伝え合う事で夫婦の絆が生れ、もう一度心と心が寄り添う事が叶います。

一人の男性として夫を見たときに素敵だなと思えた

黒い服の男性

一人の男性として夫をみた時に「素敵だな」と思えた瞬間には、自分から離婚話をしていた妻は心変わりするものです。

夫と結婚してから付き合っていた時のように旦那のことを一人の男性として見られなくなっていることも。

そのせいで毎日の生活がかすんでしまい、付き合っていた時のように「恋をしてドキドキする」という楽しさを失ってしまいます。

女性は恋をしたり、愛されたりして自分の生きがいを見つけるもの。

夫のことをそもそも男性として意識する事を忘れていれば、結婚生活がつまらなくなり「別れたいな」と考えてしまうものなのです。

しかし、夫婦間で離婚の話をした後に友人に「夫と別れるんだ」と伝えたとき「カッコいい旦那さんなのに勿体ない」とか「男性として魅力的な人だよね」と夫を褒められた場合には、男性として夫のことを見ていなかった自分に気が付きます。

一人の男性として考えれば「包容力のある素敵な人だ」「他の男性と恋をする自分は考えられない」と夫への未練が沸き上がる事も珍しくありません。

「一家の大黒柱として」や「良きパパとして」みるのではなく、夫と別れる前に自分が愛していた一人の男性として見れるように視点を変えてみることで、離婚問題を解消でき「夫婦として仲良くやっていきたい」という気持ちが芽生えるのです。

自分のよき理解者をなくすのは惜しいと考える

暗闇の女性

夫に別れ話を切り出したけど心変わりをする妻の理由には、自分のよき理解者をなくすのは惜しいと考えるからというものがあります。

長年夫婦として連れ添ってきた夫はあなたを受け入れてくれるよき理解者です。

子育てでいき詰まった時や、会社で問題が起きたときなども、あなたの悩みを真剣に聞いてくれ「こうすればいいんじゃないかな」と解決策をみつけてくれた人。

この先、夫という後ろ盾を失ってしまえば、悩みを聞いてくれる人も問題を解決に導いてくれる人もどちらとも失う事になります。

友人たちに悩みを打ち明けるよりも家族として自分のことを一番近くで見てきてくれた人を「失うのはとても惜しい」という気持ちになり「離婚するのをやめた」「夫婦仲を改善して一緒に生きていきたい」と思えるようになるのです。

自分の身近にいる理解者は夫。

その気持ちを離婚問題を考えている時は忘れてしまっているので「夫と別れても平気」と思ってしまいがち。

しかし、あなたが本当に大切にすべき存在は家族として、夫婦として一緒にいてくれる夫だという事も珍しくありません。

夫がいてくれたからこそ今のあなたは存在するのです。

その事を忘れずにいれば、離婚という言葉はあなたの中から消え去ります。

絶対離婚したくない思いをそのままぶつけて離婚を回避できるケース

自分の反省点を素直に伝えられる

絶対離婚したくない思いをそのままぶつけて離婚を免れるケースは、自分の反省点を素直に伝えられる時です。

離婚という決断はそこに至るまで、結婚した男女の間に一つだけ大きな問題があっただけではありません。

日頃から小さなすれ違いが積み重なったことで「もう一緒に生きていくのは無理だ」と三行半を突きつけた形となります。

片方が一方的に悪いばかりではありませんが、自らの非を素直に認められるかどうかが関係修復のカギとなるところです。

今までの夫婦生活を振り返って、至らなかった点、理想の夫婦に向かうために努力したけど上手くいかなかった点などを、夫に分かりやすく伝えます。

離婚を決意した旦那の気持ちを変えることは簡単ではありませんが、反省している部分が的を得ているのであれば、未来に向けての希望も出てくるものです。

夫が「最初からやり直してもいいかな」と思うことが出来れば、離婚を回避できます。

夫が浮気相手よりも妻の愛情の方が上回っていると実感した

絶対離婚したくない思いをそのままぶつけて離婚を回避できるケースは、夫が浮気相手よりも妻の愛情の方が上回っていると実感した時です。

夫の浮気は、夫婦にとって離婚に値する問題であり、たいていの妻は愛想をつかして自分から離婚を言い渡すことが多くあります。

浮気に気が付いているのに離婚を言い出すことなく、妻が耐え忍んできたのは夫のことを心から愛していて手放したくないと願っているから。

不倫相手に本気になった旦那が離婚を言い出しても、今まで耐えてきた妻からすれば大した問題ではありません。

「絶対に離婚したくない」と夫をどれだけ愛しているかという言葉と共に伝えることで、夫婦として歩んできた時間を振り返ってくれるきっかけとなるのです。

「奥さんとの生活も嫌なことばかりではなかったな」「浮気に気づいていたのに黙っていた妻は、自分を本当に支えてくれた人なんだ」と夫婦としていてくれたことへの感謝が芽生えます。

夫が妻に構ってもらえない寂しさから離婚を考えていた

絶対離婚したくない思いを伝えて離婚を回避できるケースは、夫が妻に構ってもらえない寂しさから離婚を考えていた場合です。

言葉にしてしまえば「そんなことで?」と思ってしまうようなことでも、本人にとっては重要なこと。

夫の立場から見れば、大好きな人と結婚して「これから一生ラブラブでいられる」と思っていたに違いありません。

ところが子供が出来た途端に妻は母となり、まったく相手をしてもらえなくなることで、夫は寂しさを募らせていくものです。

子供に対して嫉妬をして「俺の妻をとられた」と感じる気持ちも沸き上がってきます。

女の人と違い、男の人が父親となるには多くの壁が存在しているのです。

育児に専念している妻とセックスレスになり、会話も子供のことばかりで自分の話は適当にあしらわれるようになり、姿があってもなくても同じだと感じることで家庭の中での存在価値を見失います。

心が折れてしまって離婚を切り出したとき、妻から「絶対離婚はしたくない」「あなたが必要なの」と言われることで、自己肯定感が生み出され離婚を回避できるわけです。

父としてではなく夫として一緒に居たい想いが伝わった

離婚したくない思いをぶつけて回避できるケースは、父としてではなく夫として一緒に居たい思いが伝わった時です。

男の人はいつまでも男としての自分にこだわるもの。

「格好良くありたい」「惚れた女を幸せにしたい」と願う気持ちは結婚しても変わりません。

一方母親は、結婚して夫婦生活を送っている時には恋人から妻へとなり、子育てを通して母となり、多面的な生き方を送ります。

夫に対しても「旦那として愛して欲しい」と願うこともあれば「父親としてしっかりして欲しい」と思っているものです。

父親として求めることが多くなると、男として見る事がなくなり稼ぎや家事の分担など求めることが外面的なものばかりになってしまいます。

「自分の中身を見て欲しい」「男として愛して欲しい」とすれ違っているため、自分が何者なのか分からなくなるわけです。

男として魅力があることを褒めることで、関係をやり直そうという気持ちに変化します。

やり直すきっかけが分からなくなっていただけ

離婚したくない気持ちをそのまま伝えると回避できるケースは、やり直すきっかけが分からなくなっていただけという時です。

生涯のパートナーと言えども何でも分かり合っているわけではありません。

元々他人同士なので、生活習慣や好みが違って当然です。

お風呂に入るタイミングや掃除をする時間など、些細なすれ違いが不満を生み出し、相手の良いところまで受け入れることが出来なくなってしまうと離婚を考え始めます。

「もうやり直すことは無理」と思っていても、やり直すきっかけがないだけで、お互いに本当は愛し合っていることもよくあることです。

考え方も行動も生活も何もかもすれ違っているせいで「やり直すことは出来ない」と考えている夫には、愛を伝え歩み寄る姿勢を見せることで離婚を回避できます。

絶対離婚したくない主張を強くしてしまうと逆効果になるケース

想いが強すぎて相手を責めてしまう言葉を使ってしまう

どうしても離婚したくないと主張しすぎると逆効果になるケースは、想いが強すぎて相手を責めてしまう言葉を使ってしまう時です。

人は感情的になると、あらゆる言葉を使って相手を説得しようと動き始めます。

旦那のことを心から愛しているし、離れたくないと思っているのに「どうせ一人で生きていくなんて無理でしょ」「私のこと好きなクセに離れられるわけないじゃない」と攻撃して、気持ちが変わってくれることを望むのです。

本当はその言葉で相手の気持ちが変わるなんて思えないのに、どこかで「そうだね」「やっぱり君が必要だよ」と言ってほしいと願っています。

言われた側は、責められていい気がするはずもなく、売り言葉に買い言葉でどんどん話し合いがヒートアップするはずです。

「決めつけるな」「お前なんかいなくても平気だ」とあなたを否定する言葉を浴びせられ、決裂してしまいます。

思っていないことまで言ってしまって相手を傷付ける

想いが強すぎて主張が逆効果になるケースは、思っていないことまで言ってしまって相手を傷付けてしまう場合です。

女の人はコミュニケーションの生き物。

言葉をたくさん使う事で、自分の感情を伝えようとします。

故に窮地に追い詰められた時には、言葉数が膨大になり思ってもいないことまで言ってしまうという事態に陥ってしまうものです。

「離婚したくない」と伝えるだけでは事足りず、「離婚したらあなたは生きていけないよ」「あなたみたいな人は、他に拾ってくれる人なんていないから」「ダメな男だって分かっていても一緒に居られるのなんて私だけだよ」と相手を傷つけながら自分の存在が唯一無二だと伝えてしまいます。

余計な言葉の数々が、夫の心をズタボロにしてしまい、離婚を免れなくなるところです。

嫉妬させたかったのに逆効果!「私も他の人のところに行っちゃうよ」

離婚したくない主張をしすぎて逆効果になってしまうケースは、嫉妬を狙った場合です。

恋愛感情が色濃く残る妻の脳裏には、「嫉妬をさせることで離れないのではないか」と恋の駆け引きが行われます。

夫婦であっても恋心をいつまでも持っていると、女として彼の傍にいたいと願うからです。

やきもちを妬いてもらって、独占欲を駆り立てようとする作戦で「私も他の人のところに行っちゃうよ」と言ってしまうと、夫の気持ちが一気に冷めてしまいます。

離婚したい人に対して、離れたいと発言することは「お好きにどうぞ」と言われかねません。

浮気をして離婚を言い出した人ならなおさら。

「俺も自由の身だ」と喜びを与えてしまうことになり、逆効果となります。

親を引き合いに出して引き留めようとする

離婚したくないからといって親を引き合いに出して引き留めようとすると、逆効果になります。

親が決めた結婚相手であっても、生活をしているうちに本気で好きになっていく夫婦というものもあるものです。

結婚する時に「うちの娘を泣かせたら許さない」と親心から婿に固い約束をさせることも多くあります。

権力を持っている両親であれば、その約束は半分”脅し”のようにも感じられ、不仲になったところで離婚を決意出来ないストッパーの役割にもなるところです。

「離婚するなんてうちの親が許さないから」「お父さんを説得してから偉そうに言ってよね」など親を引き合いに出して「親を差し置いて離婚なんてできないでしょ」と強気に出る行動は、逆効果となります。

男の決意がどれほど固いものなのか「親がどうなんだ」「俺は自分の意思で人生を決めるんだ」と余計に決行するように動くはずです。

離婚しなくてもいい解決案を次々と冷静に並べ立てる

相手の言う通りにしたくない気持ちでも逆効果になってしまうのは、離婚しなくてもいい解決案を次々と冷静に並べ立てることです。

男は理論派、女は感情派と言われますが、女性であっても冷静沈着に物事を考えることが得意な人もいます。

「あの人を手放したくない」という気持ちが強くなると、なおさら冷静に分析を行い、彼を説得しにかかるものです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

理路整然と理屈を並べて「だからあなたは私と一緒に生きるべきなの」「あなたには私が必要、私にもあなたが必要。メリットしかないんだから離婚なんてありえないわ」と状況を細かく伝えたところで、離婚を決意した人の心に理論は伝わりません。

この時ばかりは男の人も感情の生き物となっていて「理屈なんてどうでもいい、一緒に居られないんだ」と感情をぶつけてきます。

奥さんが冷静でいればいるほど「俺の意見なんて聞いてくれやしない」「彼女は人委でも生きていける」と離れる決意を固くするものです。

絶対に離婚を回避するための説得方法

知人を交えて夫婦関係の改善方法をアドバイスしてもらう

絶対に離婚を回避するための説得方法には、知人を交えて夫婦関係の改善方法のアドバイスをもらうというものがあります。

夫婦関係が悪化していれば、お互いの話に聞き耳を持たなくなっていることも珍しくありません。

あなたがいくら夫との関係を修復したくとも「話を聞いてもらえない」「自分の意見に同意してもらえない」となれば、二人が寄り添う未来は遠い夢。

そんな時こそ彼とあなたの知人にお互いの話を聞いてもらい、客観的な視点からアドバイスをもらえば、お互いが「相手の為に譲歩しよう」と思えるものです。

妻から言われたことを聞きたくないと耳を閉ざしている夫にとって最も効果的な策。

知人から「もう少し二人で話し合うべきだよ」と言われてしまえば「世間一般的な夫婦よりも会話が減っていたのか」という事実に気が付きます。

自分の中で納得のいく答えが見つかるからこそ「夫婦として歩み寄る努力」ができるのです。

「夫との会話が成立しない」「もっと歩み寄りたい」と感じている時は、迷わずに知人に助けを求めましょう。

そうすれば、夫婦関係が良好に改善されるきっかけが掴めます。

お互いの不満を言い合いとことん話し合う

二人で話をする

絶対に離婚を回避する為の説得方法には、お互いの不満をとことん言い合うというものです。

夫婦仲が悪くなっていけば、言いたいことも言えずに不満を蓄積させてしまうもの。

「どうせ何を言っても聞いてくれない」とか「話すのも面倒だ」と思う事もよくある話なのです。

しかし、その不満を貯め込んでいたままでは、離婚問題を解決する事はできません。

お互いが不満をぶつけあうことが大切。

言いたいことを、すべて相手に伝えて自分の中にあるモヤモヤした気持ちを吐き出しましょう。

あなたが夫に不満を抱えているように夫側も妻への不満を持っています。

もし、どちらかにしか不満がないのなら、ここまで冷え切った夫婦仲にはならなかったはず。

離婚の話はちらつき始めたからには、すべてを出し切って改善させる方法をとらなければ、お互いの気持ちが離れていく一方なのです。

その為、どんな些細なことでも夫に「コレは嫌だったよ」と伝えて下さい。

もちろん、夫からもあなたの不満は続出しますが、すべてを受け止めてお互いがスッキリした気持ちになれば「離婚するまでもない」「また、お互いに不満を抱えたときは話し合って解決すればいい」と思えるようになります。

それは、絶対に離婚を回避できる最善策だと言っても過言ではありません。

外出して気分を変えながら夫婦仲の改善策を提示

絶対に離婚を回避する説得方法には、外出して気分を変えながら夫婦仲について話をするというものがあります。

家で夫婦関係の改善策を話してしまえば、お互いに都合が悪くなった時に、自室に籠ったり、逃げてしまったりすることも少なくありません。

住み慣れた我が家だからこそ、周りに気を使う事もなく自由な振る舞いをしてしまいます。

しかし、一旦外出してしまえば、周囲の目が気になったり、慣れない場を新鮮に感じたりするもの。

「そういえば、最近は二人で出かけていなかったよね」「昔はこうしてよくデートをしていたよね」と仲良かった頃の自分たちを思い出し、話しに華が咲くものです。

そして「またあの頃のように戻りたい」「お互いに歩み寄っていなかったね」と反省点を見つけることも。

二人で出かけるという行動から、相手への気遣いを学べるのです。

お互いの懐かしい思い出があり、仲が良かった頃の二人との違いを感じて「今のままではいけない」「昔のように幸せで溢れる家庭にしよう」と同じ目標をもって進めるので、離婚問題など頭によぎらないほどに夫婦の幸せや将来について夢や希望を抱けるようになります。

子供の将来を考えて夫婦二人で揃っているメリットを伝える

子供の将来の事を考えて夫婦二人で揃って暮らすメリットを伝えることで離婚を回避する為の説得ができます。

「離婚したいな」と思っている夫に対して、最後の心残りとも言えるものが二人の子ども。

子はかすがいとよく言いますが、他人同士が寄り添い合っている夫婦の唯一の共通点は血を分けた子どもなのです。

その為「子どもの為に、夫婦仲良くするべきだと思う」とか「この子には夫婦関係が悪い事を伝えたくない」と素直な気持ちを夫に伝えて下さい。

離婚して一人親になってしまえば「パパや、ママの愛に飢えた子供になってしまう」「私たちのせいで子供に迷惑をかけたくない」という気持ちを伝えれば、自分たちの子どもに「寂しい思いをさせたくない」と夫の良心は痛みます。

離婚を視野に入れていた夫も「できることなら夫婦そろっていよう」「もう一度、やり直そう」と心から思えるのです。

子どもの為を思って離婚をしない選択を選んだ二人は、夫婦関係を再構築できます。

限られた状況での幸せを切に願うからです。

いくら話し合っても分かり合えなかった二人も、子供への愛情は一緒。

子どものために自分達の関係を良くしたいと思えるので離婚問題が終息し、仲の良い夫婦へと歩みを進めていけます。

夫婦の復縁の全て。7割が叶わないという復縁率の真実や仮面夫婦・別居中・離婚後のやり直し方

話し合っても無駄…それでも離婚したくない場合に使える奥の手

「離婚したくない」という気持ちを押し付けない

話し合っても無駄だった時にそれでも離婚したくないと思った場合の奥の手として、自分の気持ちを押し付けないというものがあります。

離婚回避の話し合いも上手くいなかった場合いは、夫が妻側の意見を「どうしても聞き入れたくない」と意固地になっている事も少なくありません。

あなたがいくら「離婚したくない」と言っても無駄。

あなたの意見を聞き入れようとしない夫側の態度を改善させなければ、離婚問題を回避できないのです。

その為、あなたが夫の意見を聞き入れるような姿勢を見せることが大切。

「私の気持ちばかりを押し付けていたね」と一旦引くことで「妻が聞き入れてくれた」「歩み寄ってくれた」と夫の心は満足します。

頑なに離婚問題を進めていた夫の態度が軟化し「夫婦として歩み寄れた」と夫とのコミュニケーションを取ることができるのです。

そして、自分お意見を聞き入れてくれた妻の態度に「自分も離婚で頭がいっぱいになっていた」「悪い事をしたな」と反省する気持ちが生れます。

一度あなたが夫の気持ちを理解してあげることで夫婦関係改善の一つの希望の道筋が現れ、もう一度寄り添える夫婦へと変化する事ができるのです。

夫の両親に助けを求めて仲裁してもらう

両親に泣きつく

話し合っても無駄な時、それでも離婚したくない場合に使える奥の手には夫の両親に助けを求めるというものがあります。

「何を言っても夫が話を聞いてくれない」「絶対に別れたくない」という時にだけ、夫の両親に助けを求めましょう。

この方法は最終手段。

うまく使い分けなくては「あなたが悪いわよ」と夫の両親が手助けをしてくれないこともあるからです。

その為、「ここぞ!」という時にだけ、夫の両親を頼りましょう。

夫を生み育ててくれた両親の言葉なら「そこまで言うなら聞いてみようか」と耳を貸すもの。

夫は自分の両親から言われた言葉を無下にはできません。

「もう一度、ゆっくり考えてみなさい」「離婚したらもう二度と会えなくなるのよ」と当たり前の事でも、より鮮明に自分の離婚について考えるきっかけになります。

しかし、離婚問題を両親に助けてもらっても、それが幾度となく繰り返されてしまえば、夫も両親の言葉に耳を傾けなくなってしまうもの。

「一度目は聞いたけど、やっぱりうまくいかなかった」「何度話し合っても無駄なんだ」と考えてしまうからです。

夫との離婚問題で助けてもらえるのは一度きりだと心に刻みましょう。

そうすれば、夫との関係が修復された後に「二度と同じ過ちを犯さない」という決意の元夫婦関係を継続させて行けます。

冷たい態度を取られてもめげずに笑顔で接する

それでも離婚したくない時の奥の手には、冷たい態度を取られても笑顔で接するというものがあります。

離婚問題に直面した夫婦というものは、お互いの気持ちのすれ違いから相手のことを思いやれなくなり、会話がなくなっていたり、笑う事すら出来なくなっていたりするものです。

夫はそんなあなたの態度をよく見ています。

妻から笑いかけることすらされなくなっていることに「やっぱりやり直せない」と感じているのです。

その為、夫がどんなに冷たい態度を取っても、普段通り話しかけたり、笑顔で接したりすることを心がけましょう。

夫は「こんなに冷たい態度を取っても、未だに妻は笑いかけてくれるのか」とあなたの愛の深さに気が付きます。

笑顔で話してくれる妻の問いかけに応えることも。

まったくなかった夫婦の会話が一つ、二つと増えていき、離婚問題を話し合っていた時とは見違えるように二人の仲が改善されることも珍しくありません。

コミュニケーション不足に陥っていた夫婦には、離婚の話し合いよりもお互いのコミュニケーションを高める方が先決。

話し合いでどうにもならなかった場合には、日々の態度を変えて、よりコミュニケーションを深められるように改善していくべきなのです。

伝えたこともなかった夫への日々の感謝を手紙にしたためる

話し合っても離婚問題を改善できなかった時には、夫に対して伝えた事がなかった感謝の気持ちを手紙で伝えることです。

心の中では夫への感謝の気持ちがあっても、言葉に出しては、中々伝えづらいもの。

言葉で言えないのなら手紙でその言葉をきちんと伝えるべきだと言えます。

例えば「私と出会ってくれてありがとう。あなたと夫婦になれて本当に幸せだった」とか「いつも家族のために一生懸命働いてくれて感謝しているよ」と照れ臭い感謝の気持ちを手紙に書きましょう。

毎日顔を合わせている妻からの突然の手紙に夫は驚きます。

「こんな風に思ってくれていたんだ」「自分も妻と結婚できなければ、男としてここまで成長できなかった」と結婚生活の大切さや、出会えたことへの感謝の気持ちを知るのです。

お互いへの感謝の気持ちが二人の胸を熱くさせ「もう一度やり直したい」という気持ちで夫婦の考えを合わせられます。

お互いへの感謝があるからこそ「よりを戻して離婚問題を解決し夫婦関係を修復しよう」と思えるのです。

離婚のことばかりを考えていた夫の気持ちを変え、夫婦関係を改善できます。

余計に離婚へと突き進んでしまうやってはいけない悪い行動例

夫との冷却期間を設けるために一度離れて暮らすこと

余計に離婚へと突き進んでしまう、悪い行動例には、夫と離れて暮らすというものがあります。

夫との離婚問題を解消したくて「ちょっと距離を置こうよ」「離れて暮らしてみない?」と提案する女性も多いものです。

しかし、離婚したいと考えている夫に対して夫婦が別々に暮らすということを提案してしまえば、夫の望みを叶えるだけ。

「妻と離れられてよかった」と増々離婚の意思を強めてしまうことに繋がるのです。

「私がいなかったら寂しいはず」「妻や家庭の有難さを感じて欲しい」と女性はつい思ってしまうものですが、それは女性の考えであり、夫は自由な生活に大満足。

「やっぱり離婚したい」と考えます。

その為、冷却期間を置くために夫と離れて暮らす行為は取り返しのつかないほどの夫婦の崩壊を招く大変危険な行為なのです。

夫と冷却期間を設けたいのであれば、離れて暮らさずにお互いが心の距離を離す方法を試してみるべき。

例えば、生活のリズムを夫婦で変えるなど物理的な距離ではなく、精神的な距離を置くだけでも夫の離婚願望を抑える効果があります。

「妻と話せないのは辛いな」「同じ家にいるのだからもっと歩みよりたい」と改めて感じることも珍しくありません。

夫のことを追い詰める言動や「結婚しなければよかった」という後悔を口にしない

余計に離婚へと突き進む、やってはいけない悪い行動例には「結婚しなければよかった」と後悔を口に出さないというものがあります。

離婚したい夫に対して、妻から結婚生活への後悔を聞けば「妻も離婚したいと感じているんだ」「俺たちは別れるしかない」と更に離婚願望を強めてしまうのです。

そして「このままいけば離婚できる」「態度を改める必要はない」と夫は今の行動を変えようとはしません。

夫婦仲は悪化の一途を辿り、ついには夫の方から記入された離婚届けを渡されてしまうことも考えられます。

夫に「結婚生活を続けたい」という意思がまったく伝わらなくても、結婚生活への後悔を口に出してはいけません。

それよりかは、夫と暮らせてよかったという思いを口に出して伝える事。

彼も少なからず「結婚出来て良かった」と思えていた時期があったはずです。

その頃の気持ちを思い出してもらう事で「今からでもやり直したい」「結婚生活を続けていきたい」と思ってもらう事が出来ます。

夫と離婚問題を回避したいのであれば、前向きな発言を心がけて夫との不仲を改善しましょう。

そして、あなたの夫への未練を余すことなく伝えてください。

言葉に出さなくて後悔するよりも、離婚問題を回避しようと努力すれば、あなたの悔いは残りません。

離婚後の生活を思い描いた生活スタイルを作る

離婚後の生活を思い描いた生活スタイルを作るというものも、取ってはいけない悪い行動例だと言えます。

「もし、このまま離婚してしまったらどうしよう」「夫は離婚に突き進み出している」と離婚が間近かに迫っている事を痛感して焦ってしまうことも少なくありません。

しかし、離婚を受け入れるかのように離婚後の生活を思い描いてしまっては、夫の願いを叶えているのと同じこと。

離婚も秒読みという段階まで進んでしまいます。

例えば、「夫との離婚後の生活を思い描いて断捨離を始めた」「夫からの贈り物をすべて捨てた」などは、夫からしてみれば「妻も別れる気があるんだ」と思わせる行動。

その為、あなたが「離婚したくない」「別れたくない」と思うのならば、離婚後の生活など微塵も考えてはいけません。

その反対に「二人が仲良かった頃の写真を飾る」とか「夫への贈り物をする」など夫婦関係を改善させたい気持ちを存分に表に出すことが大切です。

夫は、そんなあなたの行動から「離婚したくないんだな」「夫婦関係を改善したいと思っているんだ」という妻の気持ちを読み取ります。

「もう少し結婚生活を頑張ってみようかな」という微かな希望を抱くのです。

「今は話したくない気分なのかも」とコミュニケーションを全くとらない

余計に離婚へと進んでしまう、やってはいけない悪い行動例には、夫のコミュニケーションを全くとらないというものがあります。

「今は話したくないのかもしれない」「そっとしておこう」と夫婦関係が壊れていけば夫とのコミュニケーションを減らしてしまう女性もいますが、それはやってはいけないNG行動。

冷え切った夫婦仲を改善させる方法はコミュニケーション取ることしかありません。

話さなければ、それだけ相手が何を感じて、何を思っているかも分からないもの。

相手のことが理解できなくて「別れてしまいたい」という気持ちを高めてしまいます。

夫から話をしてくれなくても、あなたからは普段通り話しかけることが重要です。

あなたが話しかけてくれたことで夫は「見捨てられていない」「まだ興味を持ってくれているんだ」と妻の気持ちを理解します。

夫婦仲を深めるためには、自分の思いを相手に伝え、理解してもらう事が最も大切にすべきことなのです。

夫にたくさん話しかけて、少しずつ夫婦の会話を増やしていきましょう。

そうすれば、離婚の意思を固めつつあった夫も心変わりして「もう少し妻と一緒にいてみよう」と思ってもらう事が出来ます。

離婚しないで済む可能性が高まる別居の活用方法

週末別居で一人の時間を確保する

離婚しないで済む可能性が高まる別居の活用方法は、週末別居をすることです。

仕事と家庭の往復を繰り返す平日は、一緒の家に居てもすれ違いが多く、顔を合わせないという夫婦も珍しくないもの。

週末になると子供の用事で忙しくする妻、仕事が休みでゆっくりしたい夫と温度差が生まれ、奥さんの「私だってゆっくりしたい」「休みの日くらい子供の世話をしてよ」と小言が増えてしまいます。

毎週末の小言を聞くことから気持ちが離れてしまい、夫婦としていられないと考える夫が多いのです。

週末別居は毎週末、夫だけが実家に帰るなど一緒に居る時間を平日に限定することで、適度な距離感や相手に対する期待を薄くすることが出来ます。

その場にいない人にあれこれして欲しい願望は生まれないので、離れて過ごすことで「一人の時間を満喫出来てゆっくりできる」「今度遊びに連れて行ってあげようかな」と幸福感と共に家族への思いやりが生まれるわけです。

同じマンションやアパートで違う部屋に住む

離婚しないで済む可能性が高まる別居の活用方法は、同じマンションや同じアパートの違う部屋に住むというものです。

一軒家に住んでいる人は難しい方法ですが、アパートやマンションに住んでいる人ならぜひ試してみて欲しいこの方法。

同じ建物で生活することで、それぞれの暮らしに過干渉になることなく、それでいて時には相手のサポートをすることも可能になります。

子供が父親に会いたがっていたら、お泊まりをさせてあげたり、時々掃除や洗濯を心配して手伝うことを申し出ることで、「離婚したいと言い出したとはいえ、男の一人暮らしにはありがたい」「子供と過ごす時間が持てて嬉しい」と感じることに。

生活を別にしているので、「離れている」と認識しやすく離婚したい願望も和らいでいきます。

別居中もご飯の工面をする話をしておく

離婚を免れる可能性が高まるのは、別居中もご飯の工面をする話をしておくことです。

別居するとはいえ、いきなり男性が一人暮らしをするのはとても苦労が増えるもの。

一人暮らし用のアパートを借りるにしても、今住んでいる一軒家に残るにしても、掃除や洗濯、ごはんの準備など妻がしていた仕事が一気に増えることで、家には寝るためだけに帰るようになってしまいます。

仕事で疲れているのに家で何の楽しみもなく、家事までしなくてはいけないとなると、わびしくなるはずです。

特に自炊することが難しいと感じる人であれば、「食事だけは一緒に食べよう」「週に一回作り置きおかずを作りに行くから」と約束をして、会う機会を設けましょう。

食事は毎日の鋭気を養うために重要なものです。

コツコツと食事きっかけで夫を支えていけば、ふと疲れ切った時に「奥さんのご飯があるから元気が出る」「作ってくれる人がいるってありがたい」と妻の心遣いに気が付いてくれます。

家庭内別居で空間を仕切ることで存在を感じながら生活

離婚を回避できる可能性が高まる別居の活用方法には、家庭内別居で空間を仕切る方法があります。

別居は別居でも、同じ屋根の下で別々に暮らすというのも一つの離れる方法です。

空間を仕切って、家事も生活も分けることで、一旦夫婦としての距離をとります。

お互い干渉をしないことをルールとしていても、同じ建物の中であれば当然、子供との会話や物音などが聞こえてくるところです。

一人で寂しく晩酌をしているときに、子供の笑い声や今日一日あったことを話し合っている様子が窺えれば、寂しさを感じて「家族ってやっぱりいいな」と思いを馳せます。

近くにいると見えなくなってしまうことも、距離をとることで客観的に見ることが出来、「うちの奥さん、頑張っているんだな」「いい女だよな」と気が付いてくれるはずです。

別居中の夫と子供をテレビ電話で繋ぐ

離婚を回避できる可能性を高めるには、別居中の夫と子供をテレビ電話で繋ぐことです。

仕事の中でリモート会議も普及してきた現在では、カメラ付きのパソコンやタブレット端末を使ってビデオ通話する人も増えています。

ラインやズームなど、アプリを使ってのビデオ通話も多くなっているところです。

離婚や別居は夫婦の問題でも、必然的に子供たちはその事情に付き合わされることになります。

子供から「パパに会いたい」「お父さんに相談がある」と言われても、両親の感情で「会えないから無理」「ママでいいじゃない」と伝えたところで、子供にとって必要な相手はその都度違うものです。

父親として存分に役割を発揮してもらうために、テレビ電話で繋いでコミュニケーションを密に取るようにしていきましょう。

子は鎹(かすがい)と言いますが、夫婦の中を取り持ってくれる存在になってくれるはずです。

夫と離婚したくないのなら夫婦のコミュニケーションを増やしてお互いの気持ちを知ろう

夫と離婚したくないのなら、今すぐに夫婦のコミュニケーションを増やすべきです。

毎日の生活に慣れ親しんできたからこそ、相手への思いやりや感謝の気持ちを伝え忘れてしまうもの。

段々と夫婦の会話が減っていき「今日は話してもいないな」と思う事も少なくありません。

そんな妻の態度に夫は常々不満を抱いていることもあります。

もちろん、妻側の夫への不満も数多くあるもの。

しかし、その気持ちを伝え合わなければ、いつまでも経っても互いの気持ちは理解できず、すれ違いが生じます。

夫とあなたは愛し合って結婚した唯一の相手。

夫婦関係を改善して、やめる時も健やかなるときも共に幸せを分かち合える夫婦になりましょう。

そして、夫といつまでも幸せで溢れる人生を歩んで下さい。

【期間限定・12月6日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG