家庭を捨てて再婚ってどう?起こり得る後悔やリスクと考えておくべきことを解説

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

家族を捨てて再婚をするとすれば、後悔してしまわないか、本当に踏み切っていいのか悩んでしまうのは当然です。

結婚しているのに本当に好きな人が出来た時、新しい人生を選ぼうかと迷っている人にとっては、家族と離れることが正解なのか答えを知りたくなります。

既婚者が一歩踏み出すために、家庭を捨ててでも再婚しようかと考えている人のために、起こり得る後悔や訪れるリスクなど具体的にご紹介していきましょう。

本当の深層心理と向き合い、実行に移す前に考えておくべき事や今後のメリットなども整理しながら、慎重に進めていくべきです。

全てにおいて納得できる道が見つかれば、あなたの幸せのために勇気を出して歩み始めましょう。

目次

家族を捨てて再婚したことで起こり得る後悔

想像していた結婚生活を送れないかもしれない

どれだけ幸せを夢見て「絶対にこの人でなければダメ」と信じ切って再婚したとしても、思い描いた通りの結婚生活は送れないかもしれない事を知っておきましょう。

パートナーがいる状態で恋愛をしていたのと、改めて二人が夫婦になるのとでは、状況が全く違います。

好きだから一緒にいたいのは当然ですが、恋と家族になるのとでは違うと経験しなければ分からない人もいるわけです。

形が変わり過ごし方が違ってきた中で、今まで恋焦がれていた好きな人と、すれ違いが起こるようになります。

わざわざ都合をつけて会う時間を作っていた頃と違い、家に帰れば顔を合わせられるので、懸命さがなくなるはずです。

愛情は変わっていなくても「愛されなくなったのかもしれない」「慣れてきたのかな」と感じてしまえば、結婚しても寂しさばかりを感じてしまいます。

一般的なお付き合いとは違い、濃密な時間を過ごしてきたため、堂々と一緒にいられるようになったことで、一気に家族感が出て、ラブラブを求めている人にとっては物足りないですし、「思っていたのと違う」と不満が生まれてくるわけです。

再婚相手の子供と上手くいかない可能性がある

お互いに家庭を持っていた場合には、子どもとの関わりの難しさを感じる事も多々あります。

自分の子どもとは縁を切ってしまっても、相手の子供と関わりを持つようになると、心の中も複雑な想いが渦巻くもの。

「私は捨ててしまったのに血のつながらない子を大事にしているなんて」と罪悪感と戦わなければいけない事もあります。

急に現れた新しいお母さんという立場ですから、お互いに社交的な性格でない限りは、たいてい心を開いてもらえるまで時間がかかるものです。

すぐに母親とは認められないですし、どんな人か知るところからですので、遠慮や警戒など、距離感が難しいと思ってしまいます。

当人同士は納得して再婚を進めていても、子供の立場からすると振り回している元凶と恨みを持っているケースも。

転校や引っ越し等を余儀なくされ、「世界を変えられた」と被害者意識を持っている事も少なくありません。

仲良くなっても、友達のような知り合いのような、親子という間柄になったにもかかわらず、接し方が分からないと感じてしまいます。

再婚相手との性格が合わないかもしれない

「この人でないとダメ」と大きな決断をしても、結果的に性格が合わないと気が付くケースもあります。

「恋愛と結婚は違う」と言われることも多いですが、付き合っている時には心の支えだったり、トキメキを感じて日々の生活の彩になったりと、これからの人生に不可欠だと信じ切っていても、暮らしを共にし始めると小さなほころびから価値観や性格の違いを認識し始める事も少なくありません。

仕事と家族の優先順位や食べ物の好み、家庭内の家事や掃除に対する考え方の違い、生活用品の購入の仕方やお出かけの頻度など。

結婚して暮らし始めると、恋人の頃には分からなかったことが次々と発覚していきます。

自分の事はちゃんとする人だと思っていたのに、洗濯物を脱ぎっぱなしにしたり食に関してこだわりが強くて料理を勝手に味変したりなど、「困る」「嫌な思いをした」と感じる頻度が増えていくと、後悔が大きくなってくるところです。

家族を捨ててでも新しい生活を手に入れた分、簡単に離婚も出来ずに性格の違いに苦しみ続ける事もあります。

前の家族のことが忘れられないかもしれない

再婚したものの、お互いに前の家族の事が忘れられない日々が続くと、辛い思いをする事になります。

どれだけ愛を育んでも、家族となった日々はやはり強い絆や情が積み重ねられていくものです。

元夫は元々他人ですから、愛情が冷めてしまえば気にかかる事もあまりありませんが、血のつながった子供と離れてしまうと、気がかりになってしまうのも仕方がありません。

家庭を捨てて再婚する時に、簡単に決めたわけではありませんから、何度も真剣に悩んでいますし、本当に後悔しないか考えて結論を出したはずです。

それでもやはり気がかりになってしまうのが親心というもの。

子供はどう感じているのか、離れてしまってからでは知る由もありませんから、後悔が浮かんできます。

長年、繰り返してきた生活のルーティンも体に染みついているものです。

「今の時間は、学校から帰ってきたかな」「そろそろお風呂に入るくらいかな」と頭に浮かんでは、切ってしまった悲しみをかみしめます。

将来偶然再会しても完全に縁が切れていると会話さえできないかもしれない

一度家族を捨ててしまうと、もう二度とまともに会話が出来なくなる可能性もあります。

同じ日本に住んでいれば、どこで偶然出会うかはわかりません。

「もう一生会う事はないだろう」と思っていても、10年20年後に偶然鉢合わせる可能性もあるわけです。

その時に、普通の友達で音信不通になっているくらいであれば「久しぶりだね」「最近、どうしているの」と話しかけて、再会をきっかけにまた仲良しになる事もあります。

縁を切ってしまった家族となれば、顔を合わせたところで瞬時に「合わせる顔がない」という罪悪感が鮮明によみがえり、そっぽを向いたり歩いているルートを変更したり、隠れるなどの行動をしてしまうことも。

家族なのに、まともに話も出来ないもどかしさや、後ろめたさがずっと自分を責め続け、虚しさや切なさが重く心にのしかかります。

母親と名乗れない辛さ、捨てたという後悔は、他に経験出来ないほどの苦しみを抱き続けることになるのです。

離婚しても子供といい関係を保てるのなら、再婚も新しい門出として心置きなくスタートできますが、家庭を捨てる覚悟で次を考えているのなら、今後の関係性まで想像力を働かせておきましょう。

家族を捨てて再婚することで起こり得るリスク

上手く行かず離婚するかもしれない

今は、ベストの決断だと思って家庭を後にしても、新しい夫婦生活が上手くいくとは限りません。

最終的に、再び離婚するという道もあることをリスクとして知っておく必要があります。

一度離婚を経験している人は、慣れるわけではありませんが、やはりタガが外れてしまうという部分はあるものです。

形が変わって夫婦として一緒にいられる事に、最初は嬉しくて仕方がないはず。

それでも毎日一緒にいると、どうしても気になる部分は出てくるものですし、悩みも生まれます。

後悔まではしなくても、過去の生活を比べてしまうのは、抗えない思考回路です。

「この人とやっていくしかない」と決めているはずなのに、一度経験をしているため”離婚”というハードルが低くなっていて、「もう無理かもしれない」と諦めるタイミングが早くなります。

「上手くいかなかったら、長くは続かない」と知っているので、離婚への踏ん切りも早いといえるはずです。

いつまでも罪悪感が残るかもしれない

何もかも新しい人生に切り替えが済んだとしても、心の中にいつまでも後悔として罪悪感が残ってしまうかも知れない事は、否めません。

家族を捨てるという決断は、道徳的に大きく心を傷つけています。

覚悟を持って決めた事ではありますが、罪を犯した意識は心の根底に黒い影を落とし続け、自分を責め続けるはずです。

「罪滅ぼしをしなければいけない」と思う感情は、「幸せにならないと意味がない」「もう後戻りはできないけど、何かできる事はないか」と心を束縛し続けます。

「手放してしまった夫や子供たちや義両親は、幸せだろうか」「恨み続けているだろうか」と気持ちがずっと繋がったままですので、夫への愛情もそぞろになってしまうところです。

罪悪感に苛まれ続けている時には、自分が無価値だと思いやすく、新しい事に対しても遠慮が出てきてしまうため、好きな人とも上手くいかなくなることも多いといえます。

心の中に「幸せになるべきではない」という気持ちもあるので、進むことも戻ることも出来ず、立ち止まったまま時間が止まるのです。

自分がしたように不倫される可能性がある

再婚して「ようやく堂々としていられる」と安心していたとしても、今度はあなた自身が妻という立場になったことを忘れてはいけません。

パートナーがいる状態の人と恋に落ちて、家族という一つの社会を解体してまで、選んでくれた人ですから、そう簡単に愛情が冷めるはずはないと思うのは当然です。

得てして、理想の願いと現実とは違うもの。

妻となった途端、手に入れた達成感で愛情が冷めてしまうかも知れませんし、今後の人生でまたステキな人に心変わりするかも分からないところです。

未来は、誰にも分かりませんから、二番から一番になれた喜びも、いつまで継続するかは未知の世界と言えます。

妻として追われる立場になり、「カレが浮気をしていないだろうか」「ちゃんと愛し続けてくれているかな」と心配が付きまとうはずです。

不倫の心配をしながらの夫婦生活は、幸せを継続するには精神的疲労が大きくなります。

「自分のしたことが返ってくる」という宇宙の法則を実感せざるを得なくなり、誰にも相談できない悩みを抱え続けるのです。

慰謝料を請求されるかもしれない

婚姻関係を解消するわけですから、慰謝料という問題が出てくる可能性は十分あります。

お互い既婚者であれば、2家庭分です。

家庭を捨てると考えている時点で、円満に終わりを迎えるわけではありませんから、パートナーとの話し合いを中断してでも自分の生き方を優先したという事実を受け入れておくことが必要。

縁を切っても、完全に姿を消すことはできませんので、意図的に目に入らないように生活していたとしても、たどり着くことは可能です。

パートナーに対しての裏切り、子供の養育、精神的苦痛、今後の生活であなたが欠けた分の負担など、様々な場面でいなくなった代償を主張されることは覚悟しておくべきだといえます。

慰謝料という形で請求されればまだ分かりやすい数値として出てきますが、最悪の場合は弁護士等を通さずにずっとこじれ続けて自己解決できないままの状態が長引く事です。

「離れてしまえばそこで終わり」ですべてリセットされるような考えは、幻想ですのでここできっぱり捨ててしまいましょう。

周りの人から信頼を失い孤独になるかもしれない

家族を捨てて再婚しても、初婚の頃とは全く違い、周りから人がいなくなっていくというリスクもあります。

人間関係の構築の仕方次第ではありますが、二回目の結婚までの期間やパートナーとの出会い方など、耳にした途端に離れて行く人も多いものです。

不倫だったとカミングアウトしなくても、離婚か結婚までの期間が早ければ、疑われても仕方がありません。

女性は、離婚から半年は次の結婚が出来ませんが、最短で踏み切るあたりが既に「出来上がっていた関係なんだな」と考えに及びます。

前の家庭での不満や上手くいかないことなど、誰にでも話すものではありませんから「仲良しだったと思っていた」「子供も引き取らないのはどうしてかな」など、勝手な憶測から非難中傷に発展する事も。

関係性を知っている人であっても、略奪までしてしまえば、祝福することはないはずです。

言葉では「おめでとう」と言ってくれても、頻繁に会ったり本音で付き合ったりすることはなくなり、気が付けば友達がいない状況に陥ります。

「私の夫を取られたくないから、会わせないようにしよう」と絶縁する事もあるのです。

再婚する前に考えておくべきこと

再婚相手と将来がしっかり想像できるか

衝動的な感情だけでなく、将来をしっかりイメージングできるかどうか、冷静に判断しておきましょう。

「この先もずっと一緒に居たい」「カレといられるなら幸せ」という気持ちは、長い目で見た想いのように感じますが、これらも一時的な衝動となります。

今、どう感じているかではなく、具体的に何年後にどんな二人でいるのかを数字を含めて想像してみるべきです。

ずっとという表現は、曖昧で、妄想的な思考が入っています。

「再婚したら、来年はこんなことを二人でしたい」「5年後はこんな関係性でいたい」「20年後にはこんな家族になっているはず」と周りの風景や環境も込みで、想像してみましょう。

どれだけイメージを膨らませても、別の人間が伴わないのはただの感情です。

誰と関わり、自分の大切な人にどう紹介して関わってもらうようになるのか、名前を出しながら考えていきます。

家族を捨てている分、親との関係性も悪くなっている可能性もあるはずです。

今後、分かり合うために動く予定があるのかもパートナーと話し合っておく必要があります。

家族や友人から祝福されなくても良いか

友達や親兄弟から祝福されたいのなら、再婚のタイミングはよく考えておくべきです。

あまりに早い再婚は、恋愛にのめり込んでいるロマンスガールと思われてしまいます。

恋愛の事で頭がいっぱいになっている人は、現実的な考えが乏しいといったイメージがあるものです。

「家族よりも恋人を選んだんだな」「結婚しても上手くいかないだろう」と予想されます。

祝福してもらいたいなら、あなたがしっかり考え抜いて選んだ答えだという事を納得してもらう必要があるわけです。

離婚しても自立して生活をして、生き方を定めた上で、好きな人との新たな一歩を歩み始めたというストーリーがあれば、周りの人も納得して祝福してくれます。

恋愛に生きるのもいいですが、どうしてカレが必要なのか、なぜ前の夫ではなかったのか、ハッキリと理由があるのかどうかは、周りの人から見ても感じ取れる部分です。

親しい人に「新しい人と一緒になれてよかったね」と思ってもらえるには、ある程度時間が必要となります。

残された家族の気持ちはどうか

残された家族について、しっかりと想いを巡らせることは忘れてはいけません。

再婚することは、前の家族の耳にも入る可能性が高いといえます。

家族の意見を聞かずに自分の考えだけで決断したのであれば、新しい道を歩き始めた事を「良かったね」「幸せになってね」と思ってもらうことは難しいはずです。

恨みを買うのか、悲しみのどん底に突き落としたまま放置しているのか、考えてみると胸が痛むことも多いもの。

こちら側が「申し訳ない」と思っても、現実が変わるわけではないので、前の家族がどう感じているかを想像した上で、少しでも傷が早く癒えるように考えてみることも必要です。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

生活圏が被らないようにする、元夫と職場が同じであれば退職するなどして見えないところに行く、友達周りにそっとしておいてもらえるようにお願いしておくなど、精神面に配慮をしておく事を忘れないようにしておきましょう。

再婚した後も、距離感や関係性の現状確認と今後の希望をパートナーと話し合っておくことも意識しておくべきです。

離婚をしてから冷静にゆっくり考える時間を設けられるか

再婚する前に、考える時間を設けておくことも意識しておきましょう。

半年間は再婚出来ないという法律があるとは言え、人生のパートナーが変わるわけですから、もっとしっかり思い悩む期間があっていいはずです。

一度家庭を経験しているわけですから、前の結婚では何が上手くいかなくなった原因なのか、クリアにしておくことが、次のパートナーとの生活を円滑にするコツと言えます。

ステキな人が現れたから、困っている時に助けてくれたから、とカレの存在が全てではないはず。

前の夫との関係性で、不足しているモノがなかったか、魅力が欠けていると感じて不満になっているところはなかったか、本音を言えずに我慢し続けているような日々ではなかったか、心変わりの本当の理由を知っている事は、幸せになる為の大切な一歩です。

もう一度結婚すると決めているとしても、同じ不満を抱えることはないか、新しい生活はどんな所に気を付けるべきかしっかり考えましょう。

考える時間が長くても、急かしたり怒ったりするようなことはないはずですので、言葉をたくさん交わして、理解し合う時間を作ることがお勧めです。

慰謝料をはらっても一緒に居たい相手か

以前の項目で出てきたように、慰謝料を払うことは覚悟しておくべきですが、そんな状態が続いても幸せが持続できる相手かどうか、しっかり考えておきましょう。

今まで、夫の稼ぎまたは共働きの収入があり、家族分の生活費、子供の教育費など、ある程度決まった支出でのルーティンで暮らしてきた経験があります。

新しい人と結婚しても、また次のルーティンに入るだけと思っているなら大間違いです。

慰謝料が必要になる分、形が残らない支出があります。

毎月、支払いをするたびに「申し訳なかった」との想いも蘇り、前の家族がどう思っているか、幸せになっているかが気になり、心にチクチクととげが刺さるものです。

金銭的余裕は、精神のゆとりに直結します。

お金の心配や罪悪感に押しつぶされそうになりながら、それでも純粋にカレのことを愛し続けることが出来るのか、想像力を働かせてみるべきです。

恋人でいる時には、生活のこともお金の事も考える必要はありませんし、単純に「好き」「生涯一緒にいたい」という感情面だけに浸っていれば幸せになれます。

精神的負担が大きくなっても、共に幸せになれるかしっかり考えましょう。

家族を捨てて再婚したい人の心理

夫婦関係が破綻している

夫婦関係が破綻してしまっている時には、恋愛を選びたいと考えがちです。

人は、安心できる環境に身を置きたいですし、自分を受け入れてくれる人と過ごしたいと思うのは当然の心理となります。

夫婦は、結婚してからずっと関わり合っているパートナーです。

会話が少なくても、それが二人のスタンスで居心地の悪さを感じていないのなら、破綻しているとは言えません。

いつもの二人であるだけです。

会話が無くなってずいぶん長くなり、日常となってしまって「これがいつもの私達だ」と言える状態になっていたとしても、本来は仲良く出掛けたり楽しく会話をしたりする二人だと知っていて、「変わってしまった」と悲しんだ時期があったのなら、関係が悪化してしまったという状態となります。

家にいる事も苦痛になり、お互いがいることにストレスを感じている時には、理由をつけて少しでも離れる時間を多くとりたくなるわけです。

恋愛をしているなら、家を離れる絶好の理由となりますし、「離婚すれば、ずっと苦痛から解放される」と考えれば、行動に起こそうと考えます。

誰かに必要とされたい

必要とされたいと願っている時には、叶えてくれそうな人と過ごすために、パートナーを代える選択肢が生まれます。

主婦をしていると、独身の頃よりも一日の中のタスクが増えるのは必須です。

完全に自立している夫婦は別ですが、ほとんどの家庭が女性に家事や育児の負担がかかっています。

自分のことだけでなく、家族の食事や洗濯、家の掃除などをしなければいけないので、毎日が時間との戦いです。

「やらなければいけないこと」と割りきってしていたとしても、当たり前と思われ続けていると、何のために頑張っているのか分からなくなります。

「あなたがいてくれてよかった」「いつもありがとう」と一言あるだけで、家族の中の存在価値が高まり、安心できるものです。

恋愛をしていると「君がいるだけで幸せ」と言葉で表現してくれるので、必要としてくれる人の元に行こうと離婚を選択します。

結婚生活を振り返りながら、「旦那と別れたい」と考えが離れない時には、メリットやデメリットを理解しておくことも必要です。

こちらの記事でしっかりと把握して、何がベストな選択なのかを知ってから、前に進んでいきましょう。

旦那と別れて再婚したい!再婚するメリットとデメリットと成功させる方法を徹底解説

異性としてみられたい

結婚しても、女性として見て欲しいと願う気持ちは抱いているものです。

ファミリーではなく、妻として愛され続けたいですし、共に過ごす時間でウキウキを感じていたいと願っている時には、叶えてくれる人と過ごしたくなります。

結婚すると、今までの恋人関係とは違い、「家族感が出てすっかり雰囲気が変わってしまった」と悩む人も少なくないところです。

男性は、家族を持ったという責任感が生まれ、養うために一層仕事に力を入れるようになります。

ラブラブしたくても、家族になってしまえば甘えにくくなり、スキンシップも減ってくるはずです。

異性として見られたい欲求を満たしてくれない夫に不満を持ち、「愛してくれなくなった」「こんなことならずっと恋愛が良かった」とリセットしたくなります。

家庭内に居場所がない

男女ともに、家庭内での居場所があるかどうかは、毎日のストレスに影響してくるものです。

「もう家族を辞めてしまいたい」「いなくなっても平気だろうから、楽しく過ごせる人と一緒に居たい」と思う気持ちが、離れたい願望を助長します。

毎日、疲れた心と体を癒すはずの家庭。

家族との会話やリラックスして安心できる時間帯があれば、居場所がないとは考えないはずです。

子供が反抗期でギスギスしている、夫からの愛情を感じられなくて話しかけても会話が成立しない、家事ばかりしなければいけない毎日にうんざりしている、という状況が続いていると離れたい願望が強くなります。

男性の場合は、あまりに仕事ばかりで長年やってきたという理由で、妻や子供から邪見に扱われるということも多く、家に居場所がないと感じやすいところです。

心の中は、時間や労力を費やして仕事を頑張ってきたのに、家庭内では蚊帳の外に追い出された寂しさと怒りがありますので、今の家族を捨てたいとまで思うことになります。

性欲が満たされない

性欲が満たされなくて不満が高まっている時に、夫婦を解消しようと考えます。

話題として、性欲が満たされないことやセックスレスで悩んでいる事はタブー視されやすいですが、誰もが持っている欲望ですので、満足できなければ辛いと感じるのは当たり前です。

誰かに相談するにも、プライベートな内容ですから一人で悩みを抱え込んでしまいます。

パートナーとのセックスに対する温度差があれば、愛されていないと感じたり、魅力がないと自己否定したりと、メンタルが落ちてしまうことも多々あるものです。

女性から誘うのは勇気が必要と思っている人も多いため、「いつも私から誘っては断られて、辛い」と逃げ出したくなります。

夫とは出来ないけど、恋人はいつでも抱きしめてくれて、セックスで十分愛情を伝えてくれる状況が整えば、夫婦を継続しなくてもいいと考えるわけです。

求められる行為は、存在価値を確かめられるものでもありますので、自分に自信がついて内面から輝いていきます。

「まだまだ求められたい」「セックスはとても大事」と思っているのに、満たされない時には叶えてくれる人を選ぶはずです。

再婚するメリット

本当に好きな人と一緒にいられる

再婚すると、心の底から好きと思えている人と一緒にいることが出来ます。

結婚生活が長くなってくると、愛情よりもお世話係になってしまっているケースも少なくありません。

同じ屋根の下で暮らしている同居人のお世話を毎日しているだけと考えるのは、何とも虚しいものです。

お互いの愛情を確かめ合える時間があるのであれば、気持ちが冷める事もありませんが、何においても「あって当然」というスタンスになってしまうと、面倒になってもやらなければいけない義務となります。

同居人のためにご飯を作ったり、掃除をしたりしている日々は、「家政婦か」「お世話人か」とツッコミを入れたくなるほどウンザリするところです。

好きな人と何でも一緒に楽しみながら分かち合える日々は、幸せを感じられます。

今まで離れていた世界ですから、全ての瞬間がキラキラして輝いて見えるはずです。

冷めきっているのに婚姻関係にあるだけで、毎日一緒に居なければいけない間柄を断ち切って、想いと動きを一致させられます。

試練を乗り越えたことで信頼関係が強まる

離婚という一つの大きな決断を向かえ、新たなスタートを共に過ごせたのですから、信頼関係がぐっと深まります。

再婚は、過去の失敗を改め未知なるチャレンジを行う第一歩です。

簡単に離婚は出来ませんから、共に苦難を乗り越えた分、相手に対して労いの気持ちが強くなりますし、理解者として認識していきます。

「カレがいたから乗り越えられた」「目指すゴールがあったから、今までの環境から抜け出す勇気が出た」とヒーローのように称えているはずです。

あなた自身の経験であり、実行したことによる経験値が高まったわけですが、全ておかげさま精神が加えられて、存在に感謝するようになります。

「全部、カレのおかげ」「出会えて本当に良かった」と信頼し、尊敬するからこそ、新しい生活も上手く進むようになるのです。

少々の事では動じなくなり、何でもできると考える思考パターンが身に付きます。

経験値が上がったから抱く感情ですが、自身の変化もカレのおかげと考えるのです。

経験があるからこそ相手の不倫にはすぐに気づける

再婚した後は、相手の不倫にすぐ気付けるようになっています。

理由は明白。

自身が不倫をしていたからです。

浮気していた側であり、夫の前妻から奪った立場でもあるので、するのもされるのも行動パターンを把握しています。

嘘のつき方、デートする予定確保の方法や時間帯、一回の外出時間、行く候補地、ソワソワした時の態度、浮気をしている時の隠し方など。

バレないように挙動不審になった時の態度も、事細かく察知出来ます。

パートナーと目を合わせ無くなったり、四六時中スマホを持って歩いたりと、浮気をしている人がどんな行動を起こすのか、またその時の理由を知っているので、すぐに見つけられるのです。

不倫から始まっている二人ですので、恋をしている顏もよく知っていますから、表情のわずかな変化でも見極めることが出来ます。

これから先、別の人を好きになる事はないと信じたいところですが、自分達が通ってきた道ですから、不安と戦うことになるのは覚悟しておくべきです。

ただし、すぐに見つけられるので、早期発見で女の影を感じた瞬間に対策を打って、本気の恋愛になるのを防ぐことも出来ます。

家に自分の居場所ができる

居場所がないと感じていたなら、初めてホッと出来る安心空間が出来るというメリットがあります。

再婚すると、生活をリセットできるのです。

苦しい毎日をリセットして、大好きな人と理想の未来に向かって一つづつ積み上げていけます。

夫婦仲が悪ければ、家にいることも苦痛で仕方がなかったかも知れませんが、出掛ければ「早く帰宅したい」と思うことも増えてくるはずです。

家が安心出来て、受け入れてくれる人がいると信じられる時には、何よりも居心地のいい場所となります。

出先から帰ってきたときの「やっぱり我が家が一番」と思えるかどうかは、一緒に暮らしている人との関係性が大きいといえるわけです。

愛する人と過ごす道を選んだわけですから、二人で出掛けるのも家に帰るのも嬉しくて仕方がない日々がやってきます。

お互いにパートナーに対して求めている事も理解していれば、阿吽の呼吸が生まれ、相手をサポートすることも十分可能です。

心の安心感がある

心の安心感は、結婚という形をとったからこそ手に入れられるとも言えます。

前の家庭を持ちつつ、恋愛をしている時には、再婚した後に得られる安心感はないはずです。

会える喜びや必要としてくれる幸せは感じていても、一時的なものだと分かっているから。

再婚して、法律的に夫婦だと認められると、「この人といていいですよ」と認められたことになります。

一時的にでも感じていた幸せや喜びが継続することで、「私は、幸せになっていいんだ」という安心感が大きく育っていくのです。

不安や恐れを手放し、安心感に包まれるとメンタルも安定します。

感情の起伏が落ち着いている状態は、胸の内も満たされていくはずです。

離婚という大きな決断をして、家族とも離れ離れになってでも、新しい未来に向かって行動を起こして本当に良かったと、自分を褒めるため、勇気を出せるきっかけとなった夫に感謝や尊敬の念を持つようになります。

お互いに理解し合えている夫婦ですので、一般的なパートナーシップよりも深い関係性を築けるものです。

家庭を捨てて再婚することで起こる後悔やリスクを知っておこう!

大好きな人と一緒になる為に、家庭を捨てて再婚すると悩んでいるなら、将来についてイメージをしっかりと膨らませて決意する必要があります。

どんな後悔があるのか、リスクは何か、知っておいても十人十色ですから、何があるかハッキリとは予言できません。

知っておくとあらゆる対策や心の準備が出来ますので、しっかりと熟読して対策を立てましょう。

恋愛の延長という単純な話ではありませんから、二人で相談する事、今の家族にしてあげられる事など、話し合って乗り越えていくのです。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG