旦那と別れて再婚したい!再婚するメリットとデメリットと成功させる方法を徹底解説

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「旦那と別れて、再婚したい」「いざ、もう一度結婚と考えると、何を押さえておくべきか知りたい」と思っている方は、未来への不安も相まってなかなか一歩踏み出せないものです。

メリットやデメリットなどを把握したうえで現状と向き合う事で、明るい未来に向けての方向性を決めることが出来ます。

同じ失敗を繰り返さないためにも、旦那と別れて再婚する時のメリットやデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

どんな未来を選択するべきか、あなたの思う通りの人生を歩むために、必要な知識を取り入れることができれば、悩みを解消させていけますよ。

目次

再婚するメリット

誰かと一緒にいるだけで孤独感を感じにくくなる

再婚には、孤独感を感じにくくなるメリットがあります。

結婚していた人が離婚を経験すると、恋愛が終わっただけの人よりも孤独感を強く感じるものです。

結婚していた人とは、愛を確かめ合うだけの関係ではなく、生活を共にしていたわけですから、日々の日常の中に当たり前のように存在がありました。

もはや自分の一部となっていた存在を失ったのと同じなので、物足りなさや寂しさを強烈に感じても不思議ではありません。

それでも、どうしても譲歩する事が出来ない部分があったので、終わりを迎えることになっています。

そんな経験をしているあなたを受け入れて、結婚まで考えてくれている人ですから、孤独感から解放されることは予想できるはずです。

愛情をじっくり確認し合いながら、生活を共に歩んでいける人がいるというのは、とても心強いもの。

失敗をしたからこそ優しく出来るところも、新しいパートナーだからこそ実現するところです。

こちらは、それでも旦那の事が忘れられない時に読んでほしい記事となります。

新しい生活を手に入れても、昔の事がふと頭によぎることがありますが、なぜなのかその理由や忘れる方法をご紹介していますので、心の整理にご活用ください。

元彼のことが忘れられない!結婚してからも未練が残る理由と元彼を忘れる方法

将来的な孤独感からの脱出!家族がいるという精神的な安定を得られる

人間、誰しも一人で生まれて、体一つで死んでいくものですが、再婚すると孤独感から抜け出し、精神的な安定を得ることが出来ます。

自分の人生ですから、誰かが介入してコントロールしてくれるわけではありません。

地に足をつけて、自己責任で選択と決断を繰り返していくわけですが、多くの人の支えの上で成り立っています。

「一人で生きていく」と決めたとしても、やはり手を取り合って支え合える自分の居場所となる家族がいるのは、心強いものです。

年老いて体が弱くなった時にも、一人でいると様々な危険と隣り合わせとなります。

誰かと一緒に生活をしていると、もし倒れていたとしても見つけてもらう事が出来るはずです。

最期の時でさえ、見守られて逝くことが出来るのは、本当に幸せな事。

将来的に、一人で生きて死んでいく恐怖から解放されることは、とても大きなメリットと言えます。

小さくても家族という社会があるだけで、居場所が確保されて精神的な安定となるのです。

子供がいると尚更顕著な問題。経済的な安定が望める

子供がいるのであれば、経済的な安定はとても深刻な問題となります。

今の夫と別れてしまえば、子供を一人の経済力で養わなければいけなくなるのは必須。

親と同居をするとしても、社会から引退していたり、退職間近だったりすると、金銭的な援助はあまり期待できないところです。

子供の年齢にもよりますが、まだ学生であれば成人までかなりお金がかかります。

学費だけでなく、食費や水道光熱費、現代ならスマホ代も安くはありませんし、通学のための交通費もかかってくるとなればかなり高額な出費が定期的に出ていくことになるはずです。

生きていくだけなら何とか収入を得ることが出来ていても、プラスアルファのサポートをしてあげられないのは、親として辛いもの。

再婚をすると単純に経済力が増しますので、子供にしてあげられる金銭的援助が増えるのです。

物価の上昇やライフラインの値上がりなど、社会情勢で仕方のない支出はどうしても変動ありますから、生きていくだけでも精いっぱいになる生活を考えると、再婚で経済面の確保をするのも重要な選択と言えます。

今いないならパートナーが変われば子供を授かれる可能性がある

子供がいないことに悩んで離婚を考えているなら、パートナーが変わる事で授かれる可能性も出てきます。

不妊に関しては、夫婦のどちらかに問題がある場合もあれば、どちらも健康体であるにも関わらずなぜか授かれないケースもあるものです。

後者の場合、ハッキリとした原因があるわけではありませんが、体の事ですので精神的な部分も少なくとも影響していると考えられます。

女性自身の体が完全に妊娠を諦めなければいけない状態を除き、少しでも可能性があるのであれば、パートナーが変わることで精神的にも変化が起こり、授かれることもあるわけです。

どうしても子供が欲しい場合には、夫を変える方法もないとは言い切れません。

愛情が無くなってしまったのであれば、他の人と新しい生活をスタートさせる上でも妊娠を望むのはいいことですが、今の夫の事をまだ愛しているのに、妊活という理由で離婚を求めるのは、結論を出すのが時期早々でもありますので、よく検討しましょう。

子供がいる場合は父親ができるからワンオペに悩んでいる状態から解放される

子供がいる状態で離婚を考えている場合、ワンオペ育児に自信が無かったり、父親の存在の有無を迷っていたりする不安から解消されるメリットがあります。

日本では離婚率が上昇しているため、ワンオペ育児をしている人も多くいるものです。

しかし、一人で子供を育てるのは、言葉でいうほど簡単ではありません。

親としての責任がありますし、役割も母と父の両方をしなければいけないので、子供も混乱する可能性があります。

母親というのは、小言を言ったり仲良くなりすぎたり、マルチタスクをこなしながらの育児なので、片手間に思われがちだったりと、それなりのメリットもデメリットもあるものです。

「こんな時に父親がいたらな」と思う場面は、必ずあります。

再婚をすると、子供にとっての父親という役割を持つ存在が出来るので、育児に対しての分担が出来るだけでなく、関わり方も分けることが出来るわけです。

締めるところと和やかに関係を作るところ、頑張る姿を見せるところと本音を打ち明けるところ、など男親と女親を使い分けるのが子供。

一人で何でも抱え込まなくてもよくなります。

再婚するデメリット

同じことの繰り返し…再度離婚する可能性がある

二つ並んだ結婚指輪ペアリング

現在の夫と別れて再婚したとしても、同じことを繰り返してしまうデメリットもあります。

離婚の原因や覚悟にも関連する事ですが、「相性が合わない」「飽きて愛情を感じなくなった」など、恋愛と同じような理由で離れることを決めたのであれば、同じ未来が待っている事も考えられるところです。

恋愛の延長に結婚が来るのが女性の理想であり、夫婦になってもずっとラブラブしていたいのが本音ではありますが、経済面や生活を同一にしていくことで、人生を重ね合わせるのがパートナーシップだと理解を深めていく必要があります。

お互いを信頼するのはもちろんのこと、強みと弱みを分かったうえで全てを受け入れて、愛情として返していく中で、成長していくことも大事です。

上辺だけの善し悪しだけで判断すると、根本的な夫婦の在り方が身についていないので、再婚しても同じように恋愛を求めるばかりで数年経過したらマンネリで別れを向かえてしまう可能性があります。

受け入れ方はそれぞれだから子供と良い関係が築けない場合がある

子供がいる場合には、いい関係が必ずしも築けるとは限らないのがデメリットです。

男女がお互い愛し合っていて、子供がいる事も理解していても、義理の親子となった時に上手くいくかどうかは、それぞれの受け取り方次第となります。

どんな困難でも一緒に乗り越える覚悟がなければ、親は務まりませんし、母が選んだ男性を尊重する気持ちが子供側になければ、コミュニケーションも上手く取れなくなるものです。

それぞれが人権を大切に想い、尊敬と感謝を持っていれば、いい関係を築くことも出来ますが、まだ未熟な子供にそこまで求めるのは難しいこともあります。

反発されても、受けいれ続けられる男性かどうか、またそんな状態を横で見ていて、子供の味方でいられるかも母としての姿を見られているものです。

自分の都合で子供を付き合わせている自覚と、「大人になるまで育てる」と責任を全うする覚悟をもって、バランスをとっていく存在にならなければいけません。

好きな人を優先させるばかりでは子供の気持ちを蔑ろにしてしまいます。

我が子ばかりを可愛がっていても、温かい目で見てくれる男性を選ぶ事が出来ていれば、円満な再婚生活が送れるはずです。

自分の時間が少なくなる

もう一度結婚することで、自分の時間は少なくなりますので、自由が欲しい人は決意が必要です。

誰かに縛られるのが嫌だったり、自分だけで動ける時間が欲しかったりするのなら、新しい人と結婚すると確保できるかどうかはわかりません。

お相手もあなたのことが好きなわけですから、なるべく一緒に居たいですし、夫婦ですから家に帰ったら共に過ごすのが当たり前だと考えています。

今の夫の場合、妻が夜に出歩くことを容認している人だとしても、新しい人が同じように許してくれるとも限らないはずです。

付き合っているだけでは見えない部分が、新しい生活をしていく中で見えてきます。

一人の時間が欲しいと思っても、意外に束縛が強かったり、カレの中の夫婦の常識が違っていたりすると、時間の使い方でジレンマを感じることがあるところです。

自由を求めて離婚を考えているなら、好きな人であってもすぐに結婚するのは、また不満が生まれる原因となってしまうので、しっかり考えた方がいいといえます。

年齢や子供の事を理由に周りから反対されるかもしれない

周りから反対される可能性もあるのが、再婚です。

熟年離婚や早い年齢の初婚の場合、年齢を理由に親から反対されることもあります。

熟年離婚であれば、「いい歳して、もう恋愛とか言っているのはおかしい」「わざわざ結婚しなくても、二人で暮らしていればいいじゃない」と周りから言われることも。

また、最初の結婚がかなり早い年齢でしていて結局離婚に至った場合、「またすぐに別れるよ」「見る目がないんだから、すぐに一緒にならなくていい」など、否定的な意見を投げつけられます。

本当に好きな人が出来ても、女としての魅力がないと勝手に判断されていたり信頼されていなかったりすると、周囲の反対が起こるのです。

余計なお世話ではありますが、心配してくれている気持ちが根底にあるというのも事実。

幸せになってもらいたいという想いが、周り巡って酷い言葉となっているだけですので、反対している人の気持ちも考えてみましょう。

離婚歴は、人生の失敗として記録に残りますので、回数を重ねる程信頼が弱くなっていく事も覚えておくといいところです。

長い目で見た時の相続の問題がめんどくさい

もう一度結婚した時には、相続の問題が面倒というデメリットも出てきます。

離婚したあなた自身は、他人となってしまうので関係ありませんが、子供に相続がかかってきますので、将来的に面倒な事が起こる可能性があるのです。

初婚相手が長男だった場合、授かった子供は資産の継承者として重宝されます。

夫の実家の相続問題に大きく影響してくる人物です。

離婚してあなた自身は縁が切れたとしても、長男の息子は、本籍をどうしようか、故人が出た場合には連絡が来るのか、遺産の話し合いには参加できるのか、などの問題が浮上します。

再婚したことで苗字が変わったり、本籍が変更されたりすると、血縁でありながら戸籍上は義父の息子として扱われるようになるわけです。

どこまで、権限を有するのか難しくなってきます。

また、結婚しようとするパートナーが亡くなる時にも、子供を養子縁組していなければ法律上は親子となっていませんから、相続する事は出来ないのです。

再婚相手にも子供がいる場合には、さらに複雑になりますのでしっかりと相続の勉強も必要となります。

再婚を成功させる方法

交際期間でしっかり相手のことを理解する

交際している期間に、しっかりと相手の事を理解し、先のことまでイメージを膨らませる事でよりよい未来を掴むことが出来ます。

人の事を完全に理解して、受け入れる事はほぼ不可能です。

しかし、「知らなかった」「考えていなかった」ということを一つでも減らす努力は必要。

考えた上で選択した道なら、後悔はありません。

相手の事を知るためには、たくさん質問する事と観察する事です。

どんなことに反応し、自分や周りの事に対してどの程度考えている人なのか、言葉遣いや態度、優しさだけでなく、親切さや目配り、努力する姿勢、外出した時の人当たりなど、細かい部分までチェックして、人柄を確認していきましょう。

好きが先立っている時には、全てがよく見えてしまうものですし、欠点さえも「可愛い」と思えるはずです。

結婚を考えるなら、長い目で見てお互いが幸せになれるかどうかを想像しながら一緒に過ごす事で、新しい発見をしていくことが出来ます。

お互いに幸せになれるように努力する

お互いが幸せになれるように努力をする事が大事です。

「頼りになる人だから、任せてみよう」「信じられる人だからついて行こう」と結婚を決めると、結局自分の考えがないので、失敗することになります。

任せたりついて行ったりするのは、自分がしっかり自立した状態でなければいけません。

お互い人生に責任を持ち、自立した状態で愛情を育んでいるのなら、ふと力を抜きたいときに肩を借りるのもアリです。

しかし、自分の人生の舵も取れていないのに、全部お任せのスタンスは、失礼ですしただの甘えとなりますので、上手くいかなかった時に全部相手のせいにしてしまいます。

責任放棄をしているため、自分を省みることが無いので、また同じことの繰り返しをするのも目に見えているところです。

幸せになりたいなら、あなた自身も相手を満たしてあげる気持ちで接していきましょう。

幸せになる為には、相手の事を理解し、尽くすための努力も必要です。

自分が苦手とする事もチャレンジして、「役に立ちたい」という気持ちを大きくしていきましょう。

常に感謝の気持ちを忘れない

次の結婚生活をうまく送るためには、常に、感謝の気持ちを忘れずに、言葉に出し続けることが大切です。

夫婦となるとどうしても当たり前になってしまいがち。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

家庭内の安全を守るのも、収入を得るのも、お互いが「当たり前」と思っていれば、出来ていない部分に目が向き始めます。

「どうして効率よく家事が出来ないんだ」「働いているだけで育児は丸投げなのに、偉そうにしないでほしい」など、相手に求めている部分が目について、攻撃的な態度でぶつけてしまうのです。

夫婦であれ、家族であれ、当たり前の事なんて何一つありません。

家族のために収入を取ってくれて、自分だけの為に使うのではなく生活をさせてくれていること、健康を維持するために衛生面に気を付けて食事や掃除をしていること、お互いに当たり前だと思わなければ、「ありがたい」「居てくれて幸せ」と感謝がこみ上げてくるはずです。

思っているだけでも相手には伝わりませんから、全て言葉にして表現する事も大切。

「いつもありがとう」「本当に助かっているよ」と伝えるだけで、言われた方も幸せになりますし、もっと頑張ろうという気持ちにもなります。

愛し続ける覚悟を持つ

もう一度結婚するなら、その人を生涯愛し続ける覚悟を持つことも必要です。

離婚率が高くなっている現状では、「上手くいかなかったら別れたらいい」と考えている人も増えています。

実際、結婚する際に親から「ダメだと思ったら帰っておいで」と言われるケースも少なくありません。

一度や二度の失敗はあってもいい、との考えが浸透し始めたからこその許容ではありますが、やはり信念がなければ続くものも続かなくなります。

「無理かな」と思っても「私が決めた人だから、どうにかして一緒に問題を乗り越えたい」という気持ちをどれだけ抱けるかが、結婚生活を長続きさせるコツです。

一生隣にいる覚悟がなければ、そこまで問題に対峙する事も難しいはず。

次に結婚する時には、絶対に一緒にどんな困難も乗り越えるという覚悟で、愛し続ける決意をしましょう。

生涯の愛を本気で誓えれば、何があっても乗り越えていけます。

周りを巻き込んで幸せになる

周りを巻き込んで、みんなで幸せになるのも上手くいく秘訣です。

結婚は、当人同士だけの問題ではありません。

核家族が増えている今、家同士の結びつきと考える人も減って来ていますが、多くの支えがあったり、関わってくれたりするのが結婚です。

住まい一つにしても、ご近所さんとのお付き合いや子供の学校関連の人との関わり、お互いの友達、親族など、人が多くなるほど幸せが膨らんでいきます。

二人だけの愛情だったものが、家族愛や親族でのまとまった大きな想いになり、周りの人を巻き込むほど安定した幸せになっていくはずです。

パートナーの友達と仲良くなったり、親族と一緒に食事に行ったりと、関わる人を増やし、沢山の目の中で二人で過ごすようにすれば、「この人たちも裏切りたくない」という信頼感が育っていって、繋がりが強くなります。

幸せの形は色々ありますから、こちらの記事では復縁から得た奇跡の体験談を見てみましょう。

共通点や上手くいくコツが見えてくるはずですので、次の結婚にぜひ活かしてください。

【復縁体験談】元カレと復縁し幸せになった女性たちが辿った24の奇跡の道と共通点

今の旦那と別れたいと思う原因

価値観や金銭感覚が合わないから

夫婦関係を解消したくなるのは、価値観の違いや金銭感覚が理解できないという部分で我慢できなくなった時です。

何度も申し上げている通り、結婚生活は日常そのもの。

日々のちょっとした積み重ねが、違和感として表れますし、どれだけ受け入れられるかがストレスに関わってきます。

完璧に一致する人間なんて存在しませんから、凸凹を補い合える関係になるのがベストです。

多くの夫婦やカップルは、居心地の良さから一致を求めるケースが多いから、合わないことに目が向いてしまいます。

価値観の違いも、最初は「大したことない」と思っていたとしても、積み重なるとどうしても許せない事案にまで発展してしまうものです。

金銭感覚に至っては、生活がかかっていますから、大きな問題と言えます。

タバコを吸う人と吸わない人でも、500円程の感覚の違いが重くのしかかってくるケースも少なくありません。

愛情とは別の部分で、「どうしても受け入れられない」「小さい事だとは分かっていても、毎日のことだから嫌になってしまう」と思ってしまえば、夫婦を続ける事は難しくなってしまいます。

旦那が不倫をしたから

旦那が不倫したことをきっかけに離婚するケースは珍しい事ではありません。

男の人は、不倫が甲斐性と言われることもあるほど、他に目が向いてしまうタイミングがあります。

妻の妊娠中や育児に専念している時、仕事で自分の価値を見失ってしまっている時、環境が変わって新しい人と出会った時、自信がない時に頼りにされた時など。

自制できるかどうかは別として、クラっとくるタイミングがあった時に、夫婦関係がどうあるかが結果を左右します。

家の中で夫を粗雑に扱っていたり、居心地のいい空間を用意していなかったりすると、妻にも不倫の要因はあるといえるはずです。

実際に体の関係を結ぶ事に対しては、どうしても許せない部分が出てきますから、「同じ空気を吸うのも嫌だ」「もう信じられない」と別れを選ぶようになります。

最初から容認する人はほとんどいないものですが、数回の浮気を許してでも離婚しない人は、添い遂げる覚悟がある人だといえるところです。

DVをされているから

DVをされていることが原因で、離婚するケースは、結果オーライで周りからも安堵されます。

家庭内での暴力は、社会からは見えない部分で起きている事なので、なかなか気が付きにくいケースです。

夫から暴力をされているとは言いづらい事もあり、「世間体的に恥ずかしい思いをしてまでカミングアウトが出来ない」と我慢をし続ける人も少なくありません。

「一度でも手を上げたら、離婚するよ」と最初から条件を付ける夫婦もあるくらい、暴力は信頼関係を壊しますし、傷つけていいわけがありませんから、別れるきっかけとなっているところです。

本人に言い出せないとしても、暴力を受ける時には「絶対に早く逃げ出そう」と思っていますし、身を守るためにどこに駆け込むか考えています。

無になって考えることを放棄する人も多いですから、結果につながるケースは、本当にラッキーと言っても過言ではないはずです。

身体的な暴力だけでなく、言葉による攻撃でも、離婚を考えるきっかけとなりますし、一緒にいる事の意味を一瞬で失くしてしまう出来事でもあります。

相手の家族との関係が悪いから

相手家族との関係が悪い時に、「早く別れたい」と思うようになります。

家同士が結びつくわけですから、相手の家族との関わりも増えるものです。

パートナーと同じくらい大切に思えたらいいのですが、親を好きになったわけではありませんから、どうしても分かり合えない部分や好き嫌いが出てしまいます。

夫は本当にいい人でも、お姑さんがイジメてくることもありますし、お舅さんの愛想がなくて関わりづらいタイプのこともあるものです。

義理両親や義理兄弟などは、行事の時に会う可能性も高いですし、近所に住んでいると全部把握されているなど、居心地の悪い住環境となります。

ご機嫌を取ろうにも、パートナーの家族についてあまり深く知らないのが実情。

関係が上手くいかなければ、「これが一生続くのか」とウンザリしますし、お姑さんとの関係性が悪ければ、夫とのコミュニケーションもスムーズに取れなくなってしまいますので、頑張る気力がなくなってしまいます。

親や兄弟など、家族と上手く付き合っていくのはとても大変ですので、匙を投げるの無理はありません。

生活習慣の違いから

生活習慣が違う暮らしをずっと続けていくと、「別れてもいいかな」と思うようになります。

例えば、仕事のリズムでずっとすれ違いでまともに顔もみれていない、という状況や、単身赴任が続いていてワンオペ育児が定着しているという時など。

生活が重なっていなければ、結婚していても意味がないように感じてきます。

一人で様々な困難を乗り越えてきた分、「一人でもやっていける」「どうにでもなる」という考えが定着しているものです。

ずっと違う生活を送っていれば、自分のせいで崩すのも申し訳ないと思うようになりますし、自身も「ペースを崩されるのは絶対に嫌だ」とこだわりを持つようになっていますので、夫婦関係を続けていく意味が分からなくなります。

無理をしてまで夫婦を続けるメリットもありませんから、お互いの人生を尊重する意味でも別れを選択することが多いところです。

食事の環境も然りで、食の好みが全く違う二人は、日々のストレスが大きくなってしまいますので、離婚を考えやすくなります。

再婚で後悔しないためにチェックしておくこと

お互いの将来への考え方に不一致はないか

再婚する際には、お互いの将来への考え方を確認しておくべきです。

いつぐらいの年齢で一緒になるのかにもよりますが、人生設計を大まかでもいいので話し合っておくことをお勧めします。

年齢が若いのであれば、子供の人数や進学の方向性、仕事についての考え方や退職後の過ごし方など。

中年以降であれば、親の介護や自分達の老後の過ごし方、不自由になった時にお世話をしてほしい人、親族とのかかわり方、終活に際してのお金の方向づけなど、具体的であるほど実際に計画を遂行していくだけになりますので、トラブルが少なくなります。

「こんなことを言っていたな」「あんな考えを持っているんだな」と知れるだけでも、関係性は大きく変わるものです。

何も知らない状態で、次々新しい情報を出されると、その度に困惑し、擦り合わせの作業が大変になります。

一度結婚しているからこそ、見えてきたことを活かすことが大事です。

共に人生を歩むという観点で物事を捉えて、家族の単位で幸せになれる方法を一緒に探しましょう。

子供のことについて話が合うか

子供の事について、パートナーと話が合うかどうかはチェックしておきたいところです。

子供の有無は、最低限事前にチェックしておく必要があります。

お互い離婚経験があれば、それぞれに子供がいる可能性があるはずです。

今は、関わることが少なくても、子供の年齢が大きくなり、孫が出来た時に突然関わりが始まる事もあります。

どんな事態が待ち受けているか分からないのが人生ですので、分かる情報はなるべく得ておくことが大事です。

子供の事について考えが大きく違えば、夫婦ケンカに発展することも珍しくありません。

公立に通わせる、私立の受験を早い年齢から受けさせる、習い事をたくさんさせる、「やめたい」と言った時にどう対応するか、問題が起きた時にどの順番で話をしてどこをゴールとして進めていくか、細かい部分ですが話を擦り合わせておく方が、迷いもありませんし堂々と子供と接することが出来ます。

夫婦で考えが違えば、言われている子供は困惑して、大人を信じられなくなるのです。

才能を発揮して、伸び伸びと幸せに向かってもらうには、夫婦の意見の擦り合わせが大事になります。

生活習慣が合うか

生活習慣が合うかどうかは、日々の暮らしにかかわってくることですので、とても重要なポイントです。

結婚したからと言って、毎日ベタベタ一緒にいる必要もありませんが、あまりにもすれ違うことが事前に分かっているのであれば、知っておくべき。

出張が多い、頻繁に転勤の辞令が出る、朝がいつも早い、弁当が必要、など一緒に暮らしていく上で「知らなかった」では、なかなか調整がすぐには難しいことであれば、それだけでストレスになってしまいます。

「何で言ってくれなかったの」と事前に言えることなのに黙っていたのなら、最初から不満になりますし、不信感にも繋がるのです。

生活習慣が合うなら、夫婦としてのコミュニケーションも取りやすいですし、困ったことがあっても一緒に乗り越えていくことができやすいところ。

なかなか生活を合わせることが難しいのなら、どのくらい融通が利くのか、無理でも婚姻関係だけ結びたいのか、確認していきましょう。

結婚観が合うか

結婚観が合うかどうか、チェックしておきましょう。

結婚観とは、「こうあるべきだ」という考えの事です。

夫婦の立場や仕事の在り方、家事に対する考え、親族との付き合い、など全てがここにかかってきます。

恋愛をしている時には、とても楽しくて「ずっと一緒に居たい」と思っていた人でも、結婚すると全く違う価値観の持ち主だったというのは、よくあることです。

女性もバリバリ働きたいのに「家庭に入って欲しい」と言われると、それだけでストレスですし、たまには外食がしたいと思っているのに「毎日手料理が当たり前だから、外で食事はあり得ない」という頑固な考えを持っているのなら料理下手にとっては苦行でしかありません。

どんな夫婦でいたいか、メンタル面もですが、生活を実際に想定した時の話までしておくことがベストです。

長く一緒にいるためには、お互いの事をより深く知っていくことが必要になります。

とにかく相手の話をよく聞き、カレの本質を見抜き、居心地のいい距離感を理解したうえで過ごす事が再婚には必要です。

再婚理由をはっきりさせておく

お互いに再婚の理由をハッキリさせておくこともチェックしておきたいポイントです。

一度結婚した人は、「もう恋愛だけで十分」という人もいます。

なぜ、自分達は再婚という道を選んだのか、そこには想いがあるはずです。

先ほどから出ている結婚観や子供に対しての考え方など、全てを含めてどうして再婚をすることを決めたのか、お互い腹の底から本音を出し合って話し合っておくべき。

「一緒にいると楽しいから」という理由ももちろんステキですし、十分結婚のきっかけになることではありますが、この先どう生きていきたいのか重要な部分もしっかりと共有していきたい所になります。

意義目的がはっきりしていると、何となく過ぎていく毎日が、明確な目標や意味がある日々になるのです。

幸せになる為には、それなりの覚悟と信念がいります。

二人で居心地のいい空間をつくり、頼り合いながら支え合い、人生を歩むパートナーとして過ごせる相手かを見極めましょう。

イチャイチャしたいだけの男性であれば、子供がいる場合冷たく当たって、虐待事件を起こすケースもありますから、状況と想いが一致出来ているかも確認しておきます。

過去の経験があるからこそ幸せになれる!

旦那と別れて再婚したいと願っている人は、失敗した経験から憶病になってしまう事もあります。

色々な不安が巡るのも、それだけの体験をしているからです。

「また上手くいかなかったらどうしよう」と心配しなくても大丈夫。

過去の経験があるからこそ、幸せになる為の手順を踏むことが出来ます。

あなたのことを丸々受け入れてくれる人を選んでいれば、手を取り合って未来に進むことが可能です。

思いを共有し合い、未来を一緒にイメージして、二人で幸せを作っていきましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG