【復縁体験談】元カレと復縁し幸せになった女性たちが辿った奇跡の道

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ神言鑑定をご利用ください。

神言鑑定は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

復縁したいあなたにとって参考になるものは復縁成功者の体験談だと言えます。

復縁を望んでいても、1人で考えて見てもなかなかうまくはいかないものです。

今回は、そんなあなたのために、とても参考になる復縁エピソードを選りすぐりながらご紹介します。

ドラマティックな復縁体験談や復縁するために学べるもの。

社内恋愛の元彼との復縁秘話、20代、30代、40代女性が実際によりを戻すことが出来た復縁体験談から絶望的だったのにやり直せることが出来た奇跡のエピソード、高校生や大学生の元サヤエピソードが多数です。

あなたに希望を与えてくれること間違いなしの体験談と言えますよ。

この復縁成功体験を参考にすれば、あなたも元カレとの復縁に近づけるのです。

試してみる価値のあるエピソードばかりですから、是非復縁の参考にしてください。

復縁体験談:社内恋愛の元カレとのエピソード

同じプロジェクトチームに抜擢

同僚 チーム

復縁を成功させた私の体験を紹介します。

彼とは同じ会社の同期でした。

いつも気さくな笑顔を振りまく彼に私は次第に惹かれていきます。

お互いに気になる存在になり、いつしか社内恋愛をするようになりました。

付き合い始めとても順調にいっていて、このままゴールインもありかな?と考えていた時に彼から突然、別れを切り出されてしまったんです。

別れるなんて考えてもいなかった私は、とてもショックを受けて意気消沈。

しかも、元彼は職場にいるため、いつも顔をあわしてしまい簡単には忘れる事ができません。

元彼の温厚な性格が大好きだった私は彼の事をあきらめきれずに、密かに思い続ける選択をしました。

そんなある日、元彼と同じ職場のプロジェクトチーム選ばれたのです。

同じプロジェクトチームに入ったことで、今までよりも仕事面でのやり取りが増え、密に連絡を取り合う中になりました。

別れてしまって離れていた元カレとの距離は次第に近くなっていきます。

そして、同じ仕事を協力して仕上げていくうち元カレとは、付き合っていた時のようないい雰囲気になっていったのです。

私は彼の事をずっと好きでいましたが、告白する勇気がありません。

このまま、元彼と近い距離でいられるならそれもいいかと思い始めた頃、彼から復縁したいと話が来たのです。

もちろん私の返事はYES、彼とは見事に復縁することができました。

未だに復縁の決め手は分かりません。

でも、一所懸命仕事に取り組む姿が彼に考え直す機会を与えてくれたのかなと思っています。

(29才/女性/広告代理店勤務)

後輩男子のお世話をしていたら

後輩男子の世話係になったら、元彼と復縁できました。

彼と別れてしばらくたった時、上司から新入社員の世話係を任命されたのです。

新入社員はイマドキイケメン風の男の子。

ただ、私の好みのタイプとは違っていました。

さよならした元彼のことが今でも恋しい私は、彼への未練を捨てきれません。

元彼とは同じ職場ですが、在籍するフロアが遠いのでそんなに接点がない所が悲しくありました。

いつも自分のことだけ考えていればよかった仕事面でも、後輩ができたことによって「しかっりしなきゃ」と責任感も増します。

少しは尊敬できる先輩として認めてもらいたいと言う思いから後輩を可愛がり、私の持っているスキルのすべてを教えることにしたのです。

そんな時に別フロアに行く機会にめぐまれました。

行先はなんと元カレがいる階です。

後輩を伴い、担当者のところに行ったとき、たまたま元カレと目が合ったような気がします。

「気のせいかな?」と仕事に戻り、退勤時間になった時、元彼から連絡があったのです。

「後輩?仲良さげだね」と短文のメール。

そのすぐ後に「やっぱり、もう一度付き合いたい」と嬉しい言葉が並びます。

急いで私の気持ちを伝え、復縁することができました。

後から聞いた話によれば、後輩にかいがいしく世話をやく姿に嫉妬してしまったのだそうです。

その言葉も私を喜ばせることとなりました。

(27才/女性/会社員事務)

元彼の仕事のミスを未然に防いだ

元彼の仕事のミスを未然に防いで復縁成功です。

元彼とは社員10名の小さな会社で働いています。

少人数のため繁忙期にはオーバーワーク気味になり、キャパオーバーになることもしばしばです。

自分で言うのも難ですが、私はそんな無理している人を見抜くことが得意。

いつもは完璧に仕事をこなす彼でも、なんだか普段と様子が違うことに気が付きました。

血眼になり、仕事を抱えて四苦八苦しているようです。

これは無理しているなと直感で気が付きます。

さりげなく彼の仕事をサポートできるように上司に直談判し助手の座をゲットしました。

元彼の抱えているものを少しでも軽くするために、一つずつ必要書類のチェックをすることに。

すると、発注に関する重要な記入漏れを発見したのです。

急いで元カレに確認を取りミスは公になる事がありませんでした。

そのことで、私たちの離れた心は近寄り、新たな絆が生れたのです。

彼も私の事を必要な存在だと認めてくれて、再び付き合うことに成功しました。

元カレのことをよく観察していたことが、重大なミスを防ぎ、更に彼が私の事を見直す、良いきっかけになったと思っています。

(30才/女性/デザイン会社事務)

辛い時も笑顔で接した

感謝する女性

元彼に振られてしまって、辛い時期に笑顔でいる事で復縁できたエピソードです。

職場恋愛の辛い所は、二人の関係が壊れてしまってもそこに居続けなければいけない事といえます。

私もそのことをまじまじと痛感させられたうちの一人です。

社内恋愛をしていた彼とお別れした次の日も仕事があったため、出勤していました。

前の日にいっぱい泣いてもう涙が出ないと言うくらい泣きつくして、目は真っ赤、お化粧もうまくできず、モチベーションもどん底というところです。

しかし、辛くとも彼の事はまだ大好きという気持ちがあります。

ならば、彼には「とびっきりの笑顔をみせたい」と精一杯の「おはよう」を笑顔で繰り出しました。

元彼は驚いたような表情で「おはよう」と返事をしてくれます。

その彼を見て「私の変わらない愛情を気のすむまで伝えよう」と決意できました。

それから、彼に会ったときは必ず笑顔でいるように心がけたのです。

痛む心の傷口に蓋をする日々は決して楽なものではありません。

しかし、私の意思も変わることのない強いものとなっていったのです。

この行動をとって一か月たったころに彼から復縁の申し出がありました。

「きみの笑顔をまた好きになってしまった」と新たな恋心が彼の中で芽生えたのです。

辛くとも信念を貫いた成果がそこにはありました。

願いはいつか叶うとは本当のことだったのです。

(32才/女性/IT関連会社勤務)

退勤時間が重なるとさりげなく世間話

同じ勤め先の元カレのことを拭い去ることの出来なかった私が復縁した時の話です。

彼に思いが残っている私は、同じ職場にいられたことが本当に幸せだと思っていました。

付き合うことが出来なくなってしまっても元カレに合うことができるからです。

遠くから見かけたときは思わず微笑んでしまうくらい、私はまだ彼の事が大好きでした。

そんな彼との別れを受け入れても、自分の気持ちにだけは嘘つくことが出来ません。

毎日何気なくできていた会話も今では皆無。

なんとか彼と話すことだけでもできないかと、思考を巡らせていたら、良い案を思い付きました。

それは、彼の出退勤の時刻にさりげなく話しかける事です。

二人だけの空間ではありませんが、変に構えられることなく話す頃が出来るのは私にとって利点であると考えられました。

さっそく翌日より作戦を決行します。

出退勤が重ならなければできない為、毎日は無理ですが、今までよりも格段に話す機会が増えました。

仕事のことを中心に世間話程度ですがコミュニケーション取る機会をゲットできたのです。

二人の中も昔のような関係に戻りつつあるなと確信を持った私は彼に「もう一度付き合ってはくれませんか?」と気持ちを素直に伝えました。

彼からは「良いよ」と返事をもらうことが出来て、晴れて復縁が出来たのです。

コミュニケーションは人と人との関係を近くします。

私も元カレと話す機会を増やしたことでより親密な関係に戻れたのだと思います。

(25才/女性/会社受付)

復縁体験談:20代、30代、40代女性がよりを戻したエピソード

20代「楽しいことをみつける」

20才の時に出会った彼とは4年間交際しました。

しかし、5年目を迎える春に「好きな人が出来た」と別れを告がられたのです。

その瞬間4年分の思い出が私の中を一気に駆け抜けたことは今でも鮮明に思い出されます。

当時の私は元カレのことを何よりも大切にして一番に考えていました。

友達と約束をしていてもキャンセルしてまで彼のことを最優先にしていたのです。

その私の執着に嫌気を指したのか元カレは好きな人を作って離れていきました。

悲しいと思う反面、彼のことしか考えられない私は空っぽだなともおもうようになったのです。

このままでは私の存在意義が失われてしまうのでは?と危機感を持ちはじめます。

「何か自分のために出来ることをしよう」と、元カレのことを好きな気持ちはひとまず置いておいて、自分にとって楽しい事は何かを見つけ出すことにしたのです。

何かに夢中になっているときは、彼のことを忘れることが出来ます。

悲壮感にくれることなく今を生きることができるのです。

その生活が私にはとても合っていて、悲しい事も忘れただ、ただ楽しいと思うことに没頭していきます。

その姿を見た元彼は、私がとても輝いて見えたらしく、私の事が恋しくなってしまったそうです。

彼の方から「あんな別れ方をして、言いづらいけど、復縁しよう」といわれました。

なんでも、好きな人ができたと言うのは別れる口実だったようです。

彼以外の事に目を向けたら元カレは私の隣に帰って来てくれたという出来事でした。

(22才/女性/アパレル勤務)

20代「自分磨きをした」

彼とバイバイした後に、自分磨きをしたら復縁する事ができました。

元彼と別れた原因は何か、対策はできなかったのかと考えたとき、自分が魅力のある女性ではなかったという答えにたどり着いたのです。

彼が私のことを心から愛し惚れていたのならば、手放すはずがありません。

別れの原因が自分にあったと気がついたので、改めて自分を立て直すことにしたのです。

まず、美容やファッション雑誌を読み漁りました。見てくれから変わることで女性としての自信を取り戻したかったからです。

次に内面を輝かせる方法として、女性向けの習い事を始めました。

一つはお料理教室、もう一つはホットヨガ、男心を掴むには胃袋と抜群のプロポーションだと感じたからです。

そんなことから、私の生活も一変し、とても忙しく活発になっていきます。

出来る女や魅力的な女性はいつも時間に追われていて制限されない女性であると私は思っていたので、思い描く理想に近づく努力をしたのです。

見かけも中身も一新したことにより、彼と復縁することができました。

やっぱり、魅力ある女性に男性は吸い寄せられるのですね。

(26才/女性/公務員)

30代「仕事を楽しむ決意をして」

私もいよいよ30代というある日、ゴールイン間近で振られてしまうという失態をおかしてしまいます。

楽しみつくした20代を経て、そろそろ結婚や出産にも興味をもっていた矢先の出来事でした。

彼は三つ上の会社員で、仕事もできてレディーファーストな一面に惚れ彼となら素敵な家庭を築けると確信していたのに関わらず、残念な結果に。

元カレ以外の人なんて考えることが出来ず、とりあえず目の前にある仕事に没頭することを決意します。

仕事のキャリアも上の方になってきた為、大きな仕事も任せてもらえるようになっていました。

振られたことはなかったことにできません。

元彼のことを思うだけで涙がでそうになります。

しかし「メソメソと泣くような女にだけはなりたくない」と、仕事に集中しました。

すると「元カレの方からよりを戻したい」と言ってきたのです。

別れてしまって、私が隣にいない寂しさに襲われたそう。

そして、私から連絡も来ない為、焦って連絡をしてきたという事実を知りました。

彼には今でも恋愛感情があるので、一つ返事でOKを伝えて復縁を叶えることができたのです。

(33才/女性/雑誌編集者)

40代「わがままを反省し誠意を見して」

信じる女

40代になり、不自由ない生活が送れていた私はついついわがままな性格になっていました。

彼に、私の気分で「デートしよう」「今からごはんに行こう」と誘うこともしばしばあったのです。

まったく彼に合わせることもなかった私は「君をお姫様にしてあげることは僕にはできない」と振られてしまいました。

その瞬間初めて、私は彼との付き合いの中で自己中心的な振る舞いをしていたことに気が付いたのです。

元彼は私の事を大切に扱ってくれていたと思います。

しかし、私のひどすぎたわがままや他人を思いやらない心に触れるうちに愛情がもてなくなっていったのです。

あんなにやさしかった元彼からの決別宣言は私を初心に戻してくれました。

付き合いたてのころのように、元彼のために尽くすことが出来れば、彼と復縁する事が出来るのではないかと思いついたのです。

私から告白して彼の心を取り戻すと決意します。

まず、元彼に連絡をして彼の都合に合わせてデートの約束を取り付けました。

いつもはレストランを予約していましたが、今回はお家デートを企画します。

彼のために、手料理を振る舞い今までの非礼を詫び、自分の気持ちを伝えたのです。

元彼は「二人で話す時間が足りなかったね。

どんな試練でも二人で力を合わせれば乗り換えていけそうな気がするよ」と復縁を承諾してくれたのです。

長い付き合いでも、お互いを思いやる心だけは忘れてはいけないことをこの年になって教えられて気がします。

(40才/女性/社長秘書)

復縁までの期間が平均より早い人と遅い人はココが違う!知らないと3年掛かることも

復縁体験談:元カレのほうから「やり直そう」と言われた体験談

彼と別れた寂しさで友達の環を広げたら

彼と別れて寂しさに耐えきれなかった時、思いついたのが「友達を増やそう」ということでした。

友達がいてくれれば、元彼との関係も相談にのってもらえるし、一緒に遊ぶことで気もまぎれると思ったからです。

私自身、彼と繋がりを絶つことで辛気臭くなることを望んではいませんでした。

例え元カレを思う気持ちが残っても、私は明るくいたかったのです。

それには、友達に囲まれた生活が必要だと私は判断します。

そして、周りの友人たちに頼みコミュニティを広げる活動を始め、いろんな集まりに顔を出して、知り合いを増やして行きました。

次第に仲の良い友達も増えていきます。

元彼とさよならしたときの悲しい気持ちも癒えてきた頃、また元カレが私の目の前に姿を現したのです。

彼に恋心はまだあった私は、胸の高鳴る思いを感じます。

次の瞬間「やり直そう。やっぱり一緒にいたい」と彼から告白してくれたのです。

私は嬉しさでいっぱいになり、元カレのことを忘れよう、気にしないようにしようとしたことが報われたんだと悟りました。

彼に必要以上に連絡しなかったことで、私の事を考えてもらえる時間になったんだと思います。

今は彼とラブラブな日々を過ごせています。

(31才/女性/書店店員)

元カレの妹と仲良くして

褒める

元彼と別々の道を歩くことになっても彼の妹と仲の良かった私は、お互いによく連絡を取り合っていました。

元々、一人っ子で姉妹願望が強かった私。

元彼の妹とは本当の姉妹のように言いたいことを言い合える、フランクな関係を築いていました。

彼女もまた私を慕ってくれていて、相談事もよくしてきてくれていたんです。

そんな姉妹のような関係は彼と別れたからといって終わるものではありません。

元彼の妹にお茶に呼ばれたある日「実はお兄ちゃんに復縁して!ってお願いしたの」と彼に私との復縁を進めたことをカミングアウトされたのです。

妹の気遣いがうれしい反面、元彼からは連絡がありません。

「無理かもしれないよ」と妹に話しているときに私のケータイが鳴りました。

「妹からも後押しされてけど、もう一度やり直さない?」彼は少し気弱な感じで復縁を打診してきたのです。

元彼の中では、一番近しい家族と円満な関係を築けていたことが考えなおすきっかけを与えたのだとか。

私は彼の妹の力を借りて、見事に復縁することができたのです。

(22才/女性/大学生)

家の都合で引っ越しが決まり、さよならのあいさつをしたら

彼と別れた直後、急遽両親の都合で住み慣れた土地からの引っ越しが決まりました。

引っ越し先が遠かったこともあり、私も一緒にいくことになったのです。

彼と別々になっても私の気持ちは元カレの方を向いていました。

しかし、もう簡単には会えそうもありません。

一応、挨拶をするべく、引っ越しの日取りが決まった段階で元カレに連絡を取り、時間を作ってもらいました。

「両親の都合で引っ越すことになったの。今までありがとう」と私の気持ちも少しだけ込めてあいさつをし、その日は別々に帰路に就いたのです。

いよいよ引っ越しの日、住み慣れた我が家にあいさつをしていた時、元彼が私を訪ねてきました。

「離れ離れになるってわかってから、離れたくないって気持ちが日ごとに増していくんだ。遠距離恋愛になるけど、会いに行くからやり直そう。」と言ってくれたのです。

今までよりもずっと遠くに行くと分かってから、本当の気持ちが自分のなかではっきりしたと彼は教えてくれました。

その言葉は私と彼の教訓として今も生きています。

(28才/女性/派遣社員)

復縁体験談:絶望的だったのに…!?奇跡のようなエピソード

クリスマスの日に街で偶然出会って

クリスマス

彼と別れたのはお互いが納得しての別離でした。

仲の良い関係も時を重ねるごとに建設的で冷たさを感じる関係になっていったと思ったのが原因の一つです。

そんな元カレも、ひとまず姿を見なくなってしまうと悲しくなりました。

私の中で元カレの存在は思っていた以上に大きなものだったのです。

そんなことを思いながらも、後悔しても遅く、取り返せない事も明白。

ただ私の中には、元彼への未練がずっとくすぶり続けていたのです。

そして、季節は恋人たちのイベントクリスマスへ。

友人たちの誘いを断り今年のクリスマスは一人でひっそりと迎えようと思い、街中のクリスマスツリーを見に行った時のことです。

クリスマスツリーは色とりどりの装飾で「これでもか!」というほどに輝きを放ち、キラキラとそれはとても幻想的な世界を作り出していました。

ただそこに佇んでいる私は、なんだか不釣合いな気がして、帰ろうと足を進めたら、誰かにぶつかってしまったのです。

とっさに「すみません」と声を上げ、顔を見れば、そこには元カレがたっていました。

とてもびっくりしていたら彼の方から「久しぶりだね。元気にしてた?」と声をかけてくれたのです。

私は嬉しさでいっぱいになり、思いのたけを彼にぶつけました。

別れてから元カレを恋しく思ったこと、未練がありできればやり直したいことを伝えたのです。

そうしているうちに、実は彼も同じことを思っていたということが判明します。その後二人は復縁を果たしたのです。

偶然が重ならなければ起こりえない奇跡の体験を私はすることが出来、復縁という最高のプレゼントを手にすることができました。

(29才/女性/公務員)

迷い犬が繋いだ縁

蝶

ある日、迷い犬が公園のベンチに座る私の足元にすりよってきました。

私はこの日、別れた元彼に思いを馳せながら、たまたま近くにあった公園のベンチに腰掛けていたのです。

元彼との別れは1か月ほど前の出来事で、中々傷が大きなものでした。

二人の関係がうまくいっていると思っていた私が突然彼氏に降られてしまったからです。

来る日も来る日も「何がダメなのかな」と落ち込み、前をみることができません。

そんな失意のどん底に、一匹の迷子犬が現れたのです。

犬には首輪がしてあり、リードが付いています。

完全に飼い主から逃げてきて、迷子になった迷い犬でした。

幸いにも首輪には住所が記載されています。

この住所にこの迷い犬を届けられれば、なんとかなりそうなことに安どして、さっそくこの犬をお家に送って行こうとした時です。

向こうの方から見覚えのある、シルエットが現れます。先ほどまで脳裏を埋め尽くしていた、元彼です。

彼は私に「この犬、俺ん家の」と、偶然の出来事に大変驚きました。

彼のうちの犬を届けるところだったのです。

元彼に詳しい経緯を離して、「よかったね」とリードをたくしました。

すると、彼は私の手を掴み「やりなおさないか?」と言ってきたのです。

私は彼からの告白で胸がいっぱいになり、うなずくだけでした。今でも彼の犬が復縁のキューピットとなってくれたと感じています。

(34才/女性/医療事務)

足の悪いおばあちゃんの荷物を届けたら彼の家だった

キラキラ

駅のプラットホームで荷物を抱えて、困っているおばあちゃんを見かけ近寄ります。

話を聞けば、遠方から遥々、娘さんのお家に遊びに来たのだとか。

慣れない土地で困っていたとのことでした。私は幸い土地勘があったので、おばあちゃんを娘さんのお宅まで連れて行ってあげる事にします。

不思議なことにおばあちゃんの雰囲気が2週間前に別れた元彼にそっくりだったことも一つのきっかけでもありました。

他人の空似かな?と一人納得しながら、おばあちゃんとわいわいと女子トークしながらゆっくりと道を進んでいきます。

途中私の元カレの話しになり、別れたことを後悔しているだとか連絡する勇気もないと愚痴を履いてしまいましたが、そのたびにおばあちゃんは「大丈夫よ。素直になりなさい」と優しく諭してくれます。

目的地に近くなると、見知った姿を発見します。元彼です。

彼は振り向き「ばあちゃん?」と声をあげました。

そう、このおばあちゃんは彼の祖母だったのです。

偶然に絶句中の私におばあちゃんは「頑張りなさい」と小声で声をかけてくれました。

おばあちゃんは一足先に彼の家へ、残された私と元カレは二人で少し話すことのなったのです。

元彼との別れを受け入れる事が出来なかった私はおばあちゃんの言葉通り、素直な気持ちを伝えました。

「彼は、ずっと好きでいてくれてありがとう」と抱きしめてくれたのです。

その瞬間、彼と私は復縁することができました。

大勢の人が行き来する街の中での偶然の出会いにただ感謝するしかありません。

「おばあちゃんありがとう」と。

(30才/女性/図書館司書)

復縁エピソードに学ぶ『成功』の極意5つ!元彼から告白・結婚・遠距離も成功します

復縁体験談:高校生や大学生も!学生の元サヤエピソード

功を制した友達からの助言

私は彼氏のことが大好きな束縛女でした。

いつどこで誰と会うのか、私と友達どっちが大切なの?とよく彼に詰め寄っていたのです。

そんな私に耐えかねた彼に別れを告げられてしまいます。元彼の決意は固く、泣いてもわめいても元に戻ることはなかったのです。

しかし、元カレのことをあきらめきれない私は、友人に相談しました。

今までの私の行いや彼の態度を事細かに説明していきます。

友人は一通り聞き終わったところで一言「あんたが悪い」と言い放ったのです。

うすうすは気が付いていたものの面と向かって言われると少々傷つきます。

それでも彼女の助言は続きました。

「元カレともう一度付き合いたいって思うなら、彼のことを信じてあげなきゃだめだよ。

反対の立場にたったら、どう思う?束縛されたい?私の事、信じてくれないのかと思わない?」友人の言葉は私の心に刃となり次々と刺さっていきました。

しかし、すべて正しいと率直に思えたのも事実です。

彼のことを信じていなかった自分と辛い思いをさせってしまったことへの後悔が募ります。

最後に友人は「すべてを誤ってきな」と背中を押してくれました。

私は早速、元彼に今まで彼にしてきたことは、愛情表現であっても彼に嫌な思いをたくさんさせてしまった事を誤りました。

そして、今でも好きだよという気持ちも付け加え伝えます。

元彼は「ありがとう。気持ちを分かってくれて。元の関係に戻ってみよう。」とそう言ってくれたのです。

私は友人の助言で反省することにより、彼と元サヤになる事が叶いました。

(17才/女子/高2)

yahoo知恵袋をバイブルに復縁成功

さよならした元カレが忘れられなかった私は、Yahoo知恵袋で復縁するのに役立つ知識を端から熟読していきました。

私の別れと似たパターンを探しだし、成功者の体験談を読み漁ったのです。

すると、復縁が不可能に思えていた私に一筋の光が差し込みます。

成功体験が私を後押ししてくれたのです。

中でも「元カレのことが忘れられないのであれば、別れた原因をひも解くことで解決できる」という一文は印象的で忘れられません。

復縁はやり直しのきく唯一の方法だったのです。

その為に、彼には私との未来を想像してもらわなければなりません。

変わった自分、反省した自分、をどんどん元カレにアピールしていきました。

そして決して私からは、やり直そうとは言わない。

そのことで彼からもう一度復縁したいという思いを引き出そうと思ったのです。

この作戦は大成功します。「また付き合おう。」と彼の口から言ってもらうことが出来たのです。

Yahoo知恵袋は改めて「知識の泉」だと感じる事ができました。

成功を参考にすれば、引っかかっていた問題も解決できたのです。

彼と元さやに戻り復縁する事も夢ではありませんでした。

誰もが幸せになるチャンスを示してくれるバイブルが今の時代にはあったのです。

(19才/女子/専門学生)

サークル活動を真剣に取り組んだ

元彼とは、大学のサークルで出会い付き合うようになりました。

入って間もない頃、一つ上の彼が親切に教えてくれたのがきっかけだと言えます。

しかし、私たちは些細なケンカが多くなり別々の道を進み始めたのです。

最初の方は、納得して別れを選択していたつもりでしたが、日に日に彼への未練が募ります。

元彼との連絡手段を絶っていたので、彼と顔を合わすには、サークルに行くしかありません。

その為、私は今まで以上にサークル活動に没頭していったのです。

元来サークルが大好きな彼に、夢中でサークル活動をする私は好印象に映ったと後から聞きました。

その成果もあって、二人の仲はまた元のように近い関係へと変化していったのです。

些細な事でもケンカしていた二人が、今度は些細なことで笑い会える仲へと変わりました。

二人でいる事がとても居心地よくなっていたのです。

自然な空気感がふたりを離れられない関係へと変化させていきます。

次第に「復縁しよう」と二人が声を合わせて言い出して、元さやに納まったのです。

今では、それまで以上に仲良しな二人になれました。

そして私が大学を卒業する年に入籍することが決まっています。

(21才/女子/大学3年生)

一緒の志望校目指して予備校通い

変わらない問題

私には高一から高2の夏にかけて付き合っていた元カレがいます。

彼とは、元々地元が一緒の幼馴染のような関係で高校生になりました。

いつもつるんで遊んでいて、一緒にいる事が楽しかったという理由で付き合いはじめました。

付き合っていた頃も割と仲良くいっていたような気がします。

しかし、私たちは長らく友人関係でいたために、恋愛と友情の狭間で揺れ動き身動きが取れない状態になっていたのです。

恋人なのか友人なのかよく分からない関係が私たちを困惑させました。

しかし、お互い華の高校生、今しかできない「青春をしよう」ということになり、一旦は別れる事になったのです。

いつの日も隣にいた彼がいない事で、私は心の支えが彼であったことに気が付きました。

それでも、彼の青春は邪魔できないとの思いから静観し続けていたのです。

そんな私にも、転機が訪れます。

それは高校3年生の大学受験です。

予備校に通うべく塾の門をくぐったら、隣には元カレがいました。

彼も大学受験のために予備校に通う事にしたとのこと。

そして偶然にも志望校は同じ大学だったのです。

そのこともあり、受験勉強をよく二人で行いました。

成績が伸びず落ち込んでしまっても、必ずどちらかが励まし合います。

その結果見事、大学に合格。

そして切磋琢磨した彼から「ずっと好きだった。復縁してほしい」と告げられたのです。

「私も同じだよ」と彼に伝え、二人は復縁する事ができたのです。

長い間、お互いの事を思い合いながらいたからこそ、今の私たちがあると思います。

じっくりと自分と元カレを見極められたことが復縁に繋がったのです。

(18才/女子/大学一年生)

復縁体験談を読むとやり直すために何が大切なのかが分かります

復縁できる手のハートの待ち受け画像

復縁をその手に掴むには、まず復縁を成功させた偉人たちの足跡をたどることです。

そのことにより、成功させた人たちに共通するものがわかります。

同じ「やり直したい」という気持ちでも、成功した人と今の自分を見比べることで元彼とやり直すのに足りないものが明確になるのです。

彼と復縁したいけど思い悩んでいる今、大切にすべきものは先人たちが行ってきた成功体験だと言えます。

この復縁成功エピソード活用し、自分の体験に取り入れることが出来れば、なかなか叶わなかった元カレとの復縁も思い通りにすることができるのです。

成功談を読むにつれ、あなたの「元カレとの復縁は無理かもしれない」という落ち込んだ気分をぬぐうこともできます。

復縁成功体験はあなたを前に進ませるための恋愛指南書でもあるのです。

その復縁成功体験談に、押されることで前に進む道が開けます。

そして、彼と元サヤに戻り、新たな未来を切り開けるのです。

あなたのオリジナルエピソードこの復縁体験談に加えましょう。

明るい明日があなたを迎えてくれますよ。

【期間限定・11月24日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【真実のキセキ】の占いを初回無料でプレゼントします!

【真実のキセキ】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【真実のキセキ】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG