復縁できるラインの全て。送る前の準備や最初のライン、頻度、元彼と続くコツなど

「元カレは今私のことどう思っているのかな?」別れてしまったけれど、まだやり直したいと思っている元彼氏の状況って、なかなか知ることができなくてモヤモヤしてしまって塞ぎ勝ちになってしまうのも当然です。

復縁したいけどLINEって使ってもいいものなの?と思っている女性は、復縁のためのLINE活用術を知ればその悩みも解決することができます。

しかし、単にlineを使って復縁を迫れば成功するというものでもありません。

ラインで復縁するためにしっかりした準備や最初のラインを考えることでまた彼と復縁出来る可能性がぐっと高くなります。

LINEをうまく活用すれば復縁を相手から告白してもらうことだって出来るのです。

そのための駆け引きやLINEのやり取りの終わらせ方も詳しく伝授していきますのでぜひ実践して彼と復縁を成功させましょう。

目次

復縁にラインが必要不可欠な理由

準備や確認が出来るから失敗がない

LINEは直接会って話しをするよりも会話に時間が掛かります。

復縁したい時に話をする相手が目の前にいるときには、相手の目を見たり仕草を見たり雰囲気を感じ取りながら会話を進めることができるので気持ちを感じ取りやすいメリットがあるものです。

しかし、元カレの話した言葉に対して即座に返答をしなければいけないという点があり言葉をじっくり選ぶ余地がないデメリットもあるといえます。

言葉を選ぶ猶予がないということは、しゃべったあとに「しまった!この言葉は余計だった」という反省が出てくるものなのです。

その点LINEでは会話の返事に時間をかけても不自然さはなく、そもそも会話をする前にどんなことを話そうか相手はどんな気持ちでいるか十分考えてからスタートすることができるという大きなメリットがあります。

元カレと復縁するためにどんな会話を投げかけたらいいか、なにが付き合っている時に問題だったのかしっかり頭の中で準備をすることが可能です。

そして、消えてしまう言葉ではなく会話が全て記録されているので元カレにどんな言葉を投げかけたのかを後から確認することができます。

LINEのやり取りの流れをいつでも確認してから返信する言葉を考えることができるため失敗することがありません。

距離を保ちながら戦略が打てる

LINEというツールを使うことで、実際に会わなくなってしまった元彼とも関係性は繋がったままでいることができます。

LINEにはタイムラインという近況を知らせるツールもあるため、頻繁に連絡を取り合うことがなくても彼の近況を知ることができるものです。

彼がどんな心理状況にあるのか、最近はどうしているのかなど直接聞かなくても分かることであなたは復縁のための効果的な戦略を練ることができます。

元カレが仕事やプライベートを忙しそうにしているようであれば、彼の邪魔しないようにタイミングをずらすこともできるし、もし新しい彼女が出来たようであればそっとふたりの様子を伺いながら連絡する時期を考えることもできるはずです。

どんな別れ方をしたとしても、復縁という交際の中でも繊細なきっかけ作りには慎重に戦略を練ることが必要になります。

一度別れてしまったカップルであれば、いつでもすぐに会って直球勝負!となることばかりが正解ではないはずです。

人と人のコミュニケーションはより繊細で複雑になっている現代だからこそ顔を見ない方が素直になれることもあります。

Lineであれば適度な距離を保ちながら関係を繋がったままでいられるのです。

今のこの便利な時代に乗っかって賢く元カレとベストなタイミングで復縁できるようにラインを活用しましょう。

連絡をするハードルが低い

復縁したい!という気持ちがあっても、それを伝えることはかなりの勇気が必要なことです。

会って少し話したい、ちょっとだけでも様子が知りたい、と思っていても彼女でなくなった今では会うことすらハードルが高いものになってしまっています。

もちろん「会おう」と誘うことですら、なかなか踏み出せないものです。

その点lineであれば会わなくても元カレの近況を尋ねることができます。

電話であれば、繋がったあとの会話でこれからの関係のすべてが決まってしまうことにもなりかねません。

その電話で言葉選びを失敗してしまって、元カレを怒らせてしまえば復縁どころではなくなってしまいます。

Lineであれば、少しの勇気と送る文章を考えれば後は指先でポチリとしてしまえば終了です。

返事が来るか来ないかドキドキしますが、彼の返信から連絡をすることがまずそうな感じが見られればまた少し期間をおくことができます。

気軽に連絡ができるラインの最大限の特徴を活かして「ダメだったらまたにしよう」というくらいの気持ちで連絡をすることができるのです。

こうして連絡を取りやすい時期に到達するまで、気軽に連絡を取るチャレンジをすることができます。

連絡を送るハードルが低いということは、元カレも返信をするハードルが低いということです。

別れた彼女といきなり会うということは気が引けても、lineの返事なら平気で返せるという男性の心理も知っておくことでさらに連絡をしやすくなります。

元カレに思い出を振り返る時間ができる

別れた彼女からlineが入ってくれば一瞬ドキッとしてしまうのが男性心理。

それがたとえ「今更なんの用事だよ!」と怒った感情が沸き起こったとしてもLINE送信者の名前を見たときに入ってくるはずがないと思っている元カノからのlineであれば不意打ちされたことでドキッとするものなのです。

人は予想できる物事に対しては冷静にその先の先まで予想しようとしますが、予想外のことにはなかなか反応できません。

もう連絡が入ってこないと思っていた元カノからのラインはメッセージを開いてみるまで「何が書いてあるんだろう?」「元気にしてるかな?」「別れたけど楽しいこともいっぱいあったな」と想像が展開していくはずです。

元カレは元カノとの楽しい思い出はたくさん覚えています。

なんの用事だろう?と開けてみたメッセージが元彼女のいいところが垣間見えるような明るく優しいものだったら、元カレはあなたとの楽しかった思い出をどんどん思い出していくものなのです。

元カレの心がしっかり整理されている状態であれば、その時点で美しい思い出に変わっているはずなので元カノらしさを感じることだけでも好印象を残せます。

すぐに返事をする必要のないLINEでは、元カレにその記憶を思い出す時間を与えてくれることになるのです。

復縁ラインは送る前から始まっています。まずは準備

アイコンから勝負!ひとことを有効に使えるステータスメッセージを活用

ラインはメールとは違いプロフィールでアイコンを設定することができます。

アイコンは個人の特徴を表すとても有効なものです。

例えば魚釣りが好きな人であれば魚のイラストを設定している人もいますし、好きなアーティストを設定している人もいます。

もちろん自分の顔を設定している人もいるので、顔を見ながらのメッセージは本当に会話をしているような気がしてくるものです。

アイコンの変更は簡単にすることが出来るため、気持ちの移りゆく様子をアイコン変更で表現することも可能になります。

別れてすぐ落ち込んでいる状態の時に、ダラリとやる気のない猫のアイコンにしてみたり何にも出来ない様子が感じられるイラストにしてみたりすることで「何か元気ないみたい」「何に対してもやる気が出ない感じなのかな」と心理を感じ取ってもらうことが出来るのです。

少し元気が出てきて気持ちを切り替えるタイミングで、張り切っている様子の写真や一生懸命な様子のイラストに変えてみると「やる気が出てきたのかな」「なにか吹っ切れたのか」と思ってもらうきっかけになります。

アイコンの変更に合せて一言設定できるステータスメッセージを添えれば、気持ちの変化は一層わかりやすくなるものなのです。

元気な写真とともに「あの時間があるから強くなれた」や「忘れられない思いを胸に」など元カレだけが「僕とのことかな?」と分かるようなメッセージにしておけば隠れメッセージとして伝えることができるため上手に心理戦として活用しましょう。

文章は短くするのが鉄則!読んでもらえる文章を考えて

LINEを送る時に、気をつけるべきポイントは実は文字数です。

復縁したいからといって、気持ちをただダラダラと長文を作ってしまっては逆効果。

あなたの気持ちは元カレとコンタクトを取れるようになってからゆっくり伝えていくことができます。

それよりも最初にするべきなのは、確実に読んでもらえるLINE文章を考えることです。

スマートフォンの画面いっぱいに文字が並んでいると、誰でも読む気持ちがなくなってしまいます。

特に復縁をしたいという気持ちが目一杯溢れている文章が送られてくると、受け取った元カレは別れ話がなかったことにされてしまったような感じがしてしまい戸惑うはずです。

彼が振ったにしても、あなたから別れを切り出したにしても別れ話をうやむやにしてしまっては今後の信用が作られなくなってしまいます。

確実に読んでもらえる短い文章は鉄則で、受け取った元カレが一目見て返事が思い浮かぶようなことを送ることです。

かといって「おはよう」や「おやすみ」は既に彼女でなくなった女性から送られてきても意味がわからないので、返信する気にはなりません。

「最近、元気にしてる?」「暑くなってきたけど体調大丈夫?」などパッと見て聞きたいことが分かるものにしましょう。

ラインを送るタイミングは慎重に。元カレの心が整理出来てから

元彼と別れてから女性は気持ちの整理がつきやすいため、新しい恋をすると決めるのか復縁したいと願うのか自分の中の結論はすぐに出ています。

しかし男性は恋愛に関しての気持ちの整理はつきにくいものだと覚えておくことです。

元カレの気持ちの中では「もっと幸せにしてあげられたはず」や「自分には無理だったけど彼女は幸せになれる人だ」など元カノに対しての自分の行動を反省したり、身を引くために気持ちを我慢したりと自分が好きだと思って付き合っていた女性のことを悪く思う人はあまりいません。

しかし、プライドが傷つけられたりワガママ放題されてきたりと付き合っている時に余りにも苦しい思いをたくさん我慢してきたのであれば怒りの感情をなかなか整理できずにいる人も珍しくはないのです。

どちらにしても別れてしばらくの元彼の心境は、とても複雑なものと言えます。

そんな時に「やっほー!元気?」などLINEが入ってくれば元カノの気持ちが全く分からず混乱と怒りを招いてしまうことになるのです。

元彼の気持ちの整理がきちんと進んでいないと、余計なケンカを招く原因にもなってしまうので注意します。

LINEを送るタイミングは慎重になるべきところで、きちんと元カレの心が整理出来てからにしないと復縁のきっかけ作りは難しいことなのです。

しっかり期間を空けて、元彼氏の明るい表情がタイムラインでも見られるようになってからラインを送るようにしましょう。

同じことの繰り返しはお互いに嫌。自分磨きも忘れずに

男女の恋愛では、出会いって恋をして別れて、という全ての中で人は成長をしてくものです。

特に別れという事実の中にはたくさん学ぶべき点があり、反省し改善し成長することが人間としての器を大きくすることにもつながり、人にも優しくできるようになります。

元彼も元彼女には幸せになって欲しいと願っているはずです。

相手の幸せを祈るからこそ自分もきちんと過去の自分と向き合うことができ反省することができます。

復縁を願っているのならばなおさら、自分自身の成長した姿を見せることで二人の間に安心と信頼を生み出すのです。

好きだからと復縁しても、同じことを繰り返すつもりのカップルはいないはず。

別れてからの期間でしっかり自分磨きをして一段と素敵な女性となって彼の前に現れることでもう一度好きになってもらえるよう努力しましょう。

男性は付き合っている女性のいいところはとてもよく見てくれています。

そして別れてからもいいところはちゃんと覚えてくれているものです。

復縁の話が出たときに「彼女はこんないいところがあったけど、もっといいところが増えている」「会わない間に努力したんだな」と感じ取ってもらえたならばあなたの気持ちは十分に伝わります。

成長する人を見ることは誰でも嬉しくなるものです。

自分磨きの中に「相手のいいところをどんどん見つける」という視野を身につけておくと復縁した時にますます素敵なカップルになれます。

最初のラインは慎重に。復縁したいとは言わずに送る

内容は重くならないように、返信しやすいものを

別れてしばらくして久しぶりに元彼女からLINE。

何かと思えば「復縁したい」「好きすぎて死ぬ」など入っていたら元彼氏も気分が重くなってしまいます。

このlineをきっかけに連絡が取れなくなってしまう可能性もあるのです。

復縁したくて仕方ない、という気持ちの状態で回りくどいことをするのはいじらしく感じられるかもしれませんが、ここはぐっと我慢して最初のラインはサラッと返信出来るものを用意しましょう。

簡単に返事ができるラインであれば、元彼氏も嫌な気持ちになるはずもなくきちんと返信を返してくれます。

おまけに元彼女のいいところを思い出してくれて、次の会話に繋げることができるというメリットばかりです。

ラインを受け取った彼の方も返信しようと思える内容であることも重要となります。

「おはよう」や「おやすみ」「今日は暑いよー」など独り言にもなりうるメッセージは返信する必要性が見えないため既読無視されてしまう可能性が高いものです。

「最近何してるの?」「忙しすぎて体調崩してない?」など彼の近況を質問するメッセージにすると返信しやすくなります。

体調ばかりを気にされても母親みたいになってしまうので「新しく○○を始めたよ、今度一緒にしない?」など新しい趣味を見つけたことを報告するついでに誘ってみることも返信を促すメッセージの一つです。

本当に彼とその趣味をただ一緒にしたいだけ、というわけではないので彼が忙しければ時期延ばせばそれで済みます。

返信を促せて重い内容でなければ、彼も深く意味を考えることなくやりとりが出来るのです。

そっけない返事が来たら元カレの準備はまだ。再度タイミングを見よう

別れてから復縁したい自分自身の正直な気持ちに気がついてから、初めてのライン。

心を込めてドキドキしながら送ったはずです。

その緊張の一通に対しての元カレからの返事がそっけないものだった場合、彼はまだあなたとの別れに対して心の整理が出来ていないといえます。

彼はまだあなたと向き合う心の準備が出来ていないため、どんな些細な言葉であってもきちんと返事をすることができない状態です。

ケンカ別れをしたのであれば、まだ怒りが收まっていないのでしょうし彼女から別れたのであればまだ別れを受け入れることができていないのに元彼女からのラインが届いたことに戸惑っています。

元カレの浮気が原因で別れたのであれば、既に浮気相手と付き合っていることもあるのです。

どの理由にしても元彼女と笑顔で話せる時は“今”ではないことがわかります。

繊細なサインですが、この“そっけない”態度を無視して気持ちをどんどん押し付けるような行動をしてしまうと復縁は難しくなってしまうものです。

しっかり彼の気持ちが整理できる期間を待つことで、再びアプローチすることは出来ますのでそっけない態度がラインの返事からなくなるまで再びそっと距離を取りましょう。

焦りを見せてしまっては台無し、復縁したいことは隠しておく

最初のラインで復縁したいことが付き合っていた彼氏にバレてしまえば、それからのやりとりは全て「復縁したいから反省しているつもり?」「復縁したいから会おうとしているのか?」とやり取り全てが純粋に受け取ってもらえなくなってしまいます。

今すぐにでも復縁したい、という気持ちは十分に分かりますが別れた相手にとっては心の整理や信頼の回復などが必要な場合があるのです。

復縁したいと思えるほど大好きになれることは、本来とても素敵なことなのですが彼の気持ちをないがしろにしてしまっては「復縁したい」という気持ちさえも、彼にとっては困惑してしまうものに変わってしまいます。

彼を好きだという気持ちを純粋に受け取ってもらうためには、元彼自身の気持ちに余裕があることが大前提です。

余裕を持って元彼女と向き合うことは、しっかりとあなた自身を見てもらうことになります。

前に付き合っていたから、ほっとけないから、という情だけで復縁するのも悔しいはず。

せっかく一度離れたのには理由があります。

しっかりと彼のいいところを再び見つけ、あなた自身のいいところを伸ばして以前付き合っていた頃以上に熱く愛し合える関係になれるようゆっくりと距離を縮めていきましょう。

彼のことをよく知っているからこそ会える口実を作ることも出来る

元彼氏のことは元彼女だからこそ分かることがたくさんあります。

好きな食べ物、好きなこと、好きな音楽、趣味、普段よく行く場所、やってみたいことなど彼の好きなことを一度リストアップしてみましょう。

そして最初のラインは彼の好きなことにちなんだものを送ることで、返信が返ってくる確率が格段にあがります。

「○○のライブに行こうと思うんだけど、友達が来れなくなっちゃったから一緒に行かない?好きだったよね?」と彼の好きなアーティストのライブに誘うことも可能です。

誘われた元彼は元カノからの久しぶりのLINEに対して余計な勘ぐりをすることなく、好きなアーティストのライブに行けることを純粋に喜んでくれます。

こうしたピンポイントの誘いは、付き合っていた元カノだからこそ彼のことをよく知っているおかげだといえるものです。

こうした彼の好きなことにちなんだライン作戦には不自然さはなく、返信もしやすい、彼の気持ちも上がるといった、メリットづくしとなっています。

同時に「さすが俺のことをよく分かってくれているな」「僕の好きなものをちゃんと覚えていてくれて嬉しい」と好印象をもたらすのです。

そういった喜びから復縁への道のりが近づくことになります。

lineが続く頻度の見極め方。元彼の返信タイミングも意識して

元カレからの返信のタイミングが短ければ復縁成功可能性は大きい

付き合いが終わりを告げて離れてしまうと、ラインの返信に対しても「すぐ返信しよう」といった積極性がなくなってしまいます。

女性でも同じことが言えますが、興味があることに関しては自分からどんどん質問をしたり積極的に発言をしたりしますが、興味がないことに関してはあまり話を聞かないことも多いはずです。

元カレにラインをした時に、彼の心の整理がしっかり出来ていて付き合っていた頃の思い出がキレイになっていれば元彼女からの連絡に返信をすることに抵抗はありません。

Lineの返信頻度が多くて早ければ、彼の気持ちは元彼女であるあなたからの発信に対して興味を持っていると言えるのです。

勇気を出して送ったlineに対して、どのくらいの返信速度で、文章量はどのくらいか、というところに着目して観察してみると彼の中にある興味度を測ることができます。

ラインの返信が早く、返ってくる返信量も多いようであれば元彼女のあなたに対してわだかまりはなく、もっと話したいと思っている、もっと言えば彼の方ももう一度やり直したいと思っている可能性も高いと汲み取ることができるわけです。

復縁を成功させるためには、第一前提として“楽しく会話をする”ことが必要になるためラインの返信でこの基準がクリア出来ているかどうかの確認ができます。

lineが続く関係を保つためには適度なところできちんと終わらせる

ドキドキしながら勇気を出してラインを送ったあとに元恋人が返信を返してくれた!

そんなときは嬉しくて次々にラインを送りたくなるものです。

最初が元彼氏にとって返信しやすい内容だったため、返事を返しても次々とラインが入ってきたら彼は「え、そんなにやりとりするつもりじゃなかった」と思ってしまうことになります。

やりとり自体は楽しく過ごしてくれていても、終わり時がわからなくなるほど返信が続くと「そろそろやめたいんだけどな」と飽きてきてしまう可能性もあるものです。

特に彼のいつものリラックスタイムであれば返信をくれる可能性はありますが、あまり長い時間やりとりが続くと元恋人のリラックスタイムを奪ってしまい疲れてしまいかねません。

嬉しいからといって、彼の今の生活スタイルを崩すようなことをしてはラインが来ること自体嫌がられてしまいます。

「元彼女からLINEがきて、楽しくやりとりができた」と余韻を残すことが復縁につなげるためには一番効果的です。

余韻を残すためには、彼が飽きてしまったり重たく感じたりする前に元彼女の方から「そろそろ寝るね」や「私次の用事があるから終わるね」などハッキリとその日のラインをやめることが重要になります。

終わりがスッキリしていることで、彼も「これは返事がいるのかな?終わっていいのかな?」と余計な気を使わせなくて済み、次のやりとりが楽しみな気持ちにすることが出来るのです。

LINEを返信できる時間帯を考慮する

久しぶりのラインを送ろうと決めた時から早くメッセージを送りたくてたまらなくなってしまいます。

しかし、彼のライフスタイルの中できちんとラインメッセージを見ることができる時間帯に送るつもりでいるか今一度確認しておくべきです。

仕事中にメッセージが入ってきても、すぐに見られるとは限りません。

元カノからラインが入ってきた、という情報だけ伝わってしまい「何の用事?」とソワソワ不安をあおってしまうこともあります。

送ってしまった彼女側は返事が今か今かと待ち構えているため、実際には見られていないメッセージの返事を待つために長い時間ドキドキするはずです。

そして、メッセージが入ってきた時から確認する時まで時間があけば空くほど、返信をためらってしまう傾向にあります。

お互いにソワソワする時間を過ごすよりは、確実にlineに返信できる時間帯を見定めて最初の一通を送りましょう。

そうすれば、彼がメッセージを読んでから返事をするまでにどのくらい時間がかかるかということもよくわかるのです。

彼が寝ているとき、朝の忙しい時間に送ることは返事が返ってくる確率が下がってしまうのでやめておきます。

元恋人の彼の仕事が終わる時間、お昼の休憩をしている時間などがLINEを返信できる時間帯なのでしっかり時間の狙いを定めて送りましょう。

lineの返信頻度が遅ければ興味のある内容を材料集めしておく

復縁したい彼からのlineの返信頻度が遅くても心配することはありません。

彼には彼のペースでやり取りしたいという思いがあります。

そんな時にはゆっくりでいいので、以前好きだったことが今もまだ好きなのか、最近は新しい趣味を見つけていないか、何をしている時が癒されるのか、最近の彼の気持ちの部分を聞いて情報収集の期間に当てることが出来るはずです。

付き合っていた頃の彼と全く同じであればよく知っている元彼氏ですが、人間少しの時間が経過するだけで新しい情報を手に入れながら日々を過ごしています。

新しく興味を持ったものなどが一つや二つあるに違いありません。

一気に距離を詰めるだけが復縁成功の秘訣ではないので、じっくり今の彼を知っていくことで新たな魅力を発見することになります。

そしてさらに復縁したくなる気持ちも大きくなるものです。

付き合っていた頃は意見が食い違ってケンカになっていた部分も、時が違えば意見も変わってくるもので今では意気投合できることに変わっていることもあります。

成長した元恋人のことを知りながら、新しいあなた自身を伝えていくことも出来るので新鮮な状態で再び両思いになることだってあるのです。

最後はラインで駆け引き。告白は元カレから引き出すのがベスト

交友関係が広いけれど、彼氏はいないことをさりげなくアピール

復縁の告白をするのはもちろん元彼女のあなたの方からしていいのだけれど、ちょっとした駆け引きで元カレから復縁告白を引き出すことが出来ればそっちの方がベスト。

ラインを使って最後の駆け引きをしましょう。

別れてしまって落ち込んでいることを伝えるアピールが出来て、気持ちを切り替えて明るくなるために進んでいるアピールが出来れば最後は充実しているアピールをするのです。

タイムラインのアイコンやステータスメッセージを活用することもできます。

ラインのやりとりを少し出来るようになれば、長文でなくても気持ちを盛り込んだ一文を入れるだけで恋人だった彼には十分伝わるものです。

「ボチボチ、元気かな」から「最近ちょっとやる気が出てきてね」そして「新しい趣味を見つけたんだ」と段階を追って小出しで伝えておくことで彼の中で「もう気持ちを切り替えてきてるんだな」と思ってもらうことができます。

元恋人の彼に少しずつ本音の感情が織り交ぜてある一文を読んでもらっておくことで、元彼女の心の動きを感じてもらうことができるはずです。

そして「最近すごく充実してるよ!彼氏と一緒に過ごせたらもっと幸せなんだけど」と彼氏がいないアピールを伝えておくことで自然と彼の方から気持ちが動き始めます。

それまで保護者のように別れてからの様子を見守っていた彼にとって、あなたの心の中で彼氏がほしいと願っていることに「やっぱり僕が守ってあげたい」と思うようになるに違いありません。

元カレの好きの気持ちを盛り上げる

付き合っていた元彼女であるあなたなら、元カレの好きな女性のタイプをよく知っています。

復縁したいと思ったと同時に少しでも元恋人が好きなタイプに近づこうと思ったはずです。

自分に嘘をついて無理をする必要は全くありません。

彼は今のままのあなたを好きだったから付き合っていたのです。

今のままのあなたがに理想の女性がプラスされれば、元恋人の恋心は掴みやすくなります。

そして、その努力を彼にもちゃんと伝えておくことが大切です。

押し付けがましい伝え方をしてしまうと、復縁したいことが丸分かりになってしまいますが偶然を装っていればわかりにくくなります。

長い髪で料理上手の女性が好きな彼であれば「最近、髪伸ばしてるの」「時間が空いたから料理教室に通い始めたんだ」とさりげなく伝えておくことで元カレも心の中でドキッとしているに違いありません。

そして同時に変化をしようとしている女性の姿は、とても愛おしく感じるものです。

彼の好きがいっぱい詰まった女性にグレードアップして元カレの好きの気持ちを盛り上げることで「戻ってきて欲しい!」を引き出すことができます。

今だから言える「本当に大好きだった」

自分から告白しなくても好きと伝えることは彼の気持ちを動かすのに十分です。

ここでポイントとなるのは、少しだけ過去形にしてしまうことにあります。

好きと過去形で伝えるには、元カレと十分連絡が取れるようになってからでないといけません。

連絡頻度が不十分だと、タイミングが早すぎて元彼の気持ちがまだ不安定です。

ライン返信が途切れてしまったり、返信をするためにものすごく内容を考えてから送ってきたりするようになるため頻度が極端に落ちてしまう可能性があります。

テンポのいいラインのやりとりができ、時には何かに誘ったりしあえるくらい関係性が十分回復してから「今だから言えるんだけど、本当に大好きだったんだ」と一言伝えるのです。

Lineのやりとりが楽しい、時々会っても楽しい状態になっている時には元恋人は別れてしまった理由は薄れてしまっています。

そもそも気が合うことがあったから付き合っていた二人なので、そこまで関係が戻っていれば楽しいはずなのです。

楽しいと感じている時に「大好きだった」と言われるとその言葉をきっかけに「もう一回付き合えないかな?」と彼の方の恋愛の気持ちを引き出すことができます。

タイミングを間違えなければ、大きく関係が近づく一歩になりますのでしっかり彼を観察しながら信頼度の回復を見ていきましょう。

LINEが無視されたりブロックされたりしないよう彼の本音を引き出す

先程も出ましたが、タイミングというのはとても大切になります。

ケンカ別れして、すぐ謝りもせずに「やっぱり別れたくない」とラインを送っても彼の怒りを買うだけになってしまうことになるものです。

遠距離恋愛で自然消滅のような形で別れた場合に、何の変化も起きていないまま「もう一度付き合って欲しい」と言われても「状況が変わってないのに、どうやって?」と疑問に思うにちがいありません。

元恋人がきちんとlineの言葉一つ一つに丁寧に返してくれるようになるまでは、彼の心を動かすことは難しいと言えます。

タイミングを失敗すればLINEが無視されたりブロックされたりと連絡を取ることさえできなくなってしまうものです。

しかし、小さなアピールがしやすいラインではちょっとした工夫をすることで彼の本音を引き出すことも可能になります。

ありのままのあなたも大切ですが、少し文章に気をつけるだけで彼の心を開くことができるはずです。

ケンカして直接謝りにくくてもラインであれば「この前はごめんなさい、ちゃんと反省しています」と普段使わない言葉であっても丁寧さが伝わる文章を送ると誠意が伝わるものに変わります。

LINEは顔が見えない分、文章で誠実さを意識して伝えることで驚く程関係性が良くなるのです。

彼に信頼してもらうことで、本音を引き出すことができますので丁寧さに気をつけてlineのやりとりを心がけましょう。

復縁の告白が成功する言葉(line)と失敗する言葉(line)・タイミングの見極め方

復縁までlineは戦略的に。終わり方や終わらせ方も重要です

ラインを使っての復縁は始めるきっかけ、やりとりの文章、送る頻度など自分の設計図通りに進めることができることが最大のメリットです。

line機能もしっかり活用して戦略的に復縁までの設計図を作りましょう。

思いを伝えることはとても重要ですが、やみくもに伝えても十分伝わらないことがあります。

人と人のコミュニケーションはツールを使っても結局は気持ちが通じ合わなければいけません。

ラインを使って気持ちが通じることで復縁したいと元彼から引き出すことも可能なのです。

あなたのいいところもたくさん知っている元恋人だからこそ、ラインで気持ちを整理することで好きだった頃の気持ちを呼び覚ますことができます。

今の彼の生活も大切にして、気を使わせない終わらせ方をあなたの方からすることで元カレに対する思いやりもちゃんと伝えることが大切です。

丁寧に誠実に思いやりのあるやりとりをしていれば、あなたの魅力もさらに向上するので復縁して二人で幸せになるためにゆっくり着実に行動に移していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG