復縁の告白が成功する言葉(line)と失敗する言葉(line)・タイミングの見極め方

彼と復縁するために避けて通れないのが、やり直したい気持ちを伝える告白です。

私の本心を伝えたい!という強い想いを抱えながら、いつどんな風に伝えればOKをもらえるだろう…と悩んでしまうことでしょう。

そんな悩みを解決する一番の方法は、復縁の告白が成功する言葉と失敗する言葉の間にある大きな違いを理解することです。

この違いをしっかり理解したうえで元彼に「復縁をしたい」と告げられるかが、復縁が叶うかどうかの大きな分かれ道です。

今回は、復縁の告白が成功する言葉やlineと失敗する言葉やlineをそれぞれご紹介しますのでどうしてもやり直したい元彼のことを思い浮かべながら読み進めてください。

復縁を叶えやすいタイミングや復縁したい元カレから振られた時の対処法も詳しく紹介していきますので、元カレと復縁したいけどどう伝えたらいいのか分からない、と悩む前に元カレと復縁できるよう前向きに行動していきましょう。

元カノから復縁の告白をされると元カレはこう感じる

女から告白するなんてよっぽど俺のことが好き

男性にとって女性から告白されることはやっぱり嬉しいものです。

例えよく知っている元カノからの告白であってもそれは同じといえます。

男性は告白の返事はさておき、自分に好意を寄せられることはとても嬉しいものだと感じているのです。

特に元カノからの復縁の告白は、かなりビックリするためすぐにはなんとも言えなくなってしまいます。

しかし、次に出てくる感情は「女から告白するなんてよっぽど俺のことが好きなんだな」という優越感です。

一度はお互いに愛し合った元カノが復縁を求めてくるということで「自分の存在がどれほど大きかったかやっと気付いたのか」と男のプライドをくすぐることになります。

恋愛では男性から告白することが多く、女性から想いを告白することはよっぽど元彼を思う気持ちが大きいことを示しているという意味です。

女性からの告白は、男性からの返答をどうするか選択する優位な立場に誘導することになり、恋愛関係において自分自身を誇示出来るようにも感じます。

ただ、元カレ自身がまだ元カノとの関係に気持ちの整理がついていなかったり、タイミングが違うと感じたりするようであれば、元カノからの復縁の告白は嬉しいけれど少し返答に困るといった具合に返事がしにくいものでもあるのです。

男性のタイプ次第では「復縁を元カノからスタートしたらもう一度付き合っても尻にしかれそう」「まだ気持ちが追いついてないのに振り回すようなことをして平気なほうがおかしい」と引かれてしまう可能性があります。

元カノである女性からの復縁告白は元カレにとって嬉しいと気持ちの上では受け取られても、再び付き合うことに直結するとは限りません。

面倒くさいことが嫌いな元彼であれば、尚更復縁後の二人のことを考えて面倒なことになりそうだと思ってしまう人もいるので要注意します。

告白の仕方による

元カノが元カレに復縁の告白をする時に、告白の仕方で大きく印象が変わってきます。

告白の仕方とは、ずばり告白の言葉です。

告白するときに元カノは元カレのことをよく知っているがために、つい彼女だった時の口調やコミュニケーションが出てしまうことがあります。

しかし、一度別れた二人はすでに恋人ではなくただの男女です。

「やり直そうよ」や「私がいいって本当はあなたも思ってるでしょ?」なんて上から目線は絶対にNGとなります。

一度別れてしまったカップルはどんなに長い期間付き合っていたとしても、遠慮や尊重を取り入れるべきです。

今更恥ずかしいと言わず、元彼と復縁を願うならば元カレの気持ちを尊重できる言葉を使う必要があります。

いつも家デートだったカップルであれば、改めて面と向かって話をすることも照れくさいものですが、元カレとの復縁を叶えたいのであれば元カノの馴れ馴れしい態度ではなく、一人の女性として丁寧に接するべきです。

電話にしてもLINEにしても「今時間大丈夫?」とお伺いを立てると、元カレの都合を尊重していることを伝えていることにもつながります。

別れた元カレにとって元カノからあれこれ優位に事を運ばれることは「彼女面するな」と反感を買うことにもなるのです。

復縁を願う前に元カレに距離を置かれてしまいます。

付き合っていたとはいえ、元彼はあなたの「好きな人」そのものです。

好きな人の都合や受け取り方を十分に考慮して告白をするステージを準備します。

思いを伝える前に「今更なんの用?」と冷たくあしらわれない様に最大限の注意が必要です。

例え元カレの浮気が原因で別れたとしても、別れた元カノが図々しい態度であれば嫌な気持ちになります。

復縁をしたいなら告白の仕方には十分気をつけるのです。

嬉しいけど付き合うかどうかは時期による

元カノからの復縁の告白は元カレにとっては嬉しいと感じるものです。

しかし、それが復縁につながるかどうかは元カレ自身の心のタイミングとどれだけ元カノに今現在惹かれるかの状況に大きく左右されます。

喧嘩別れであれば、別れてすぐ復縁の話が持ち上がるのは「どれだけ俺を弄べば気が済むんだ」と余計大きなケンカになりかねないのです。

また、倦怠期で別れたのであれば「俺としては元カノのことを好きかどうか分からない」という状態が続いている可能性があります。

どちらかの浮気が原因であれば、そのことについてまず解決する必要があるのです。

女性の方が浮気をしたのであれば、全身全霊で謝らないと復縁は難しいといえます。

元カレの浮気が原因であればその浮気について触れないまま復縁を願っても「浮気してもいいの?ラッキー」とダメな男性に育ててしまうことになるのです。

そもそも女性は恋愛に関して常に感情で動いているので「別れたけどやっぱり好き!」と気持ちの変化をすぐに受け止められます。

しかし、男性は何が破局の原因となったのか、そのことについて自分はどう思っているのか、これから自分はどうしていきたいのか、一つ一つ理論的に結論を出していかないと次へは進めません。

別れてから自分の気持ちの整理に大体一ヶ月程度は要すると言われています。

自分の気持ちもちゃんと見えていないのに、元カノの感情だけに付き合うことは男性には出来ない事です。

交際中の二人をきちんと整理して記憶の中に留めてから、復縁の話も改めて別物として考えることができます。

元カレの頭の中で考える準備期間が十分にないうちは、元カノと同じような熱量の恋愛の気持ちになって復縁するということにはならないのです。

復縁の告白が成功する言葉やセリフ、line

ストレートに「あなたが好き。もう一度付き合ってください」

好きな人に告白するときにはとにかく思いをストレートに伝えることに限ります。

交際期間が長かったカップルで、お互い何が言いたいのか何となく分かるような二人であっても、やはり「好き」という気持ちはしっかりと言葉に乗せて伝えることが一番大切です。

「何となく察して欲しい」という思いはただの傲慢な気持ちであり、言葉で伝えないことには人とのコミュニケーションの一番肝心な部分が抜け落ちていることになります。

特に女性から告白する場合には「もー言わせないでよ」「分かるでしょ?」と相手に察してもらうように伝える人も多くいるのですが、元カレにとっては「何偉そうに言ってるの?」と不満を抱く原因となってしまうのです。

元カレの気持ちがどうなのか確認出来ないうちは、とにかく誠意を持って気持ちを伝えることが第一優先となります。

ストレートに伝えた思いは元彼の気持ちも動かす可能性を高め、一生懸命に自分の気持ちを言葉にしようとする姿は健気で可愛気があるものです。

男性自身が感情に対してストレートな言葉を選ぶ人が多いため、元カノからの告白がストレートな言葉で伝えられるとそのまま元彼の気持ちに届きます。

ストレートな告白はもちろん直接するのがベストです。

「やっぱりあなたのことが好きなの」と伝えたあとはきちんと「もう一度付き合ってください」と復縁したい気持ちをあわせて伝えます。

「好き」という気持ちだけを伝えると復縁したいことまで伝わらないことがあるのです。

元彼から「ありがとう、じゃあお互いにいい人をみつけようね」と言われてしまわないように、きちんと復縁したいことまで元カレに伝えることを途中でやめずに復縁の告白をやり遂げます。

可愛い声で「あなたのここが大好き」

人間というのは五つの感覚、つまり“五感”で復縁が出来るかどうかの物事を判断します。

目、耳、鼻、口、皮膚の五感の中で最初に出来上がるのが聴覚です。

そして最後まで残る感覚も聴覚と言われています。

人間の“音を聞き取る”という感覚はとても本能的と言えるのです。

男性の本能である「自分のものにしたい」という部分に働きかけるために、復縁の告白をする時には声で勝負します。

男性は女性の可愛い声というものが好きなのです。

「やっぱりあなたが好きなの」「もう一度やり直せないかな?」と自分の気持ちを伝えながらも決して上から目線にはならず、元彼の気持ちを引き出す言い方を選んで伝えます。

その時の伝え方として“可愛い声”を意識して伝えるのです。

あなたがもし、可愛い声が似合わない、キャラじゃないと自分自身で思っていたとしても言われる側の男性は元カノの可愛い声が嫌いなわけがありません。

「あれ、こんなに可愛かったかな」「こういう女の子っぽいところ好きだな」と元カレは復縁を考えていなかったとしても告白をきっかけに復縁に前向きになるのです。

今まで元カレはあなたの様々な表情を見てきています。

キャラにない意外だと思える姿だとしても、それがまた可愛く感じるものです。

耳から入る情報は元彼の脳をコントロールしていきます。

元カレの好きなところを続けて伝えていくと、元カレの気持ちも元カノへと向き合うようになっていくのです。

まだ心の準備が出来ていなかったとしても「そんなに俺のことを見てくれていたんだな」と知ることで「他にそこまで俺のことをわかってくれる人はいないかもしれない」という気持ちになっていきます。

可愛い声で「好き」と「あなたのここが大好き」と伝え続けることで、復縁の告白は成功です。

気持ちを押し付けずに「あなたはどう思う?」

男性は女性に優位な立場に立たれることを嫌がります。

交際が終わりを告げれば、彼女は元彼女となり立場が全く変わるのです。

別れたあとに元カノから連絡が入っても優先順位はぐっと下がっていますし、別れた時の状況によっては友人よりも遠い存在となっています。

しかし、女性にとって元彼は友達より少し優先される立場で考えている人が多く、元カレに対していつまでも自分の思い通りになると思っているのかととれるような態度で接している人も現実には多くいるのです。

元カレにとって、いつまでも彼女面されることはとても迷惑なことであると同時に元カノがどういうつもりでいるのか分からなくなります。

復縁の告白をするときには、彼女だった自分の姿は一旦忘れてしまいただ純粋に彼のことを好きな女性の気持ちを優先することです。

復縁の告白を成功させるには彼女面することなく「ちょっと時間いいかな?」と都合のお伺いすることから始め、「もう一度やり直したいと思ってるんだけどあなたはどう思う?」と元カレの答えを彼自身の言葉で聞き出せるような言葉を選んで伝えます。

LINEで伝えるときには「読んだら返事してね」「復縁するつもりあるの?」など返事を強要したり元彼の気持ちを決め付けたりする言葉を避けて送るのです。

そして「時間がある時でいいから読んでください」「お返事待っています」と相手の都合にあわせて返事を出してもらっていいことを丁寧に伝えておきます。

元カレの都合をきちんと考慮することで、元カノの彼女面という印象はなくなり元彼は「自分の都合を考えてくれている」という元カノの誠実さを感じることが出来るのです。

元カノは彼女ではないという状況をきちんと理解した上で復縁の告白をすることで成功へとつながります。

復縁の告白が失敗してしまう言葉やセリフ、line

「私がいないとダメでしょ」

元カレと復縁したい、やっぱり一緒にいたいと思っていてもついつい彼の前で強がってしまう女性も多いものです。

本心でなくても強い口調や上から目線で話してしまい、後で後悔することもよくあります。

しかし、復縁の告白をするときにはしっかり自分をコントロールして言葉を選ぶことが大切です。

うっかり「○○くんは私がいないとダメでしょ」などという言葉は元カレをとても嫌な気持ちにさせてしまいます。

このタイプの言葉が有効なのは姉さん女房タイプととっても甘えん坊彼氏でお互いがその立ち位置に満足している場合に限りです。

例え元カレの方が「やっぱり元カノがいないとダメだ」と思っていたとしても、それを元カノから言われてしまうと自分が弱いと宣言されたようで男性は惨めな気持ちになります。

そんな気持ちになってしまった元彼はとても素直に復縁に踏み切ろうとは思えません。

謙虚な姿勢が大切な場面で、うっかり口を滑らせてもあなたの強がりのせいで相手を落ち込まることのないように気をつけます。

復縁の告白の時に、別れた時以上に元カレを追い詰めるような気持ちにさせてしまうと復縁どころかもう二度と埋まらない溝を作ってしまうことにつながるのです。

復縁のタイミングを見ながら元カレと友達を続けることができていれば、いつかベストなタイミングがやってきます。

友達として関係を続けることが出来ていたとしても、その間にも「もうやっぱり一人じゃ何もできないんだから」「私がいないとダメだね」という言葉を出してしまうと一気に心の距離が離れてしまうことになるのでいつまで待っても復縁は失敗です。

元カレを見下した態度で見ていたり、かまってあげるといった上から目線で見ていたりしている間は復縁の告白は失敗してしまいます。

「絶対私と復縁して!」

男性はいつでも自由でいたいと思っている人が多くいます。

恋愛中でも束縛されることを嫌がる男性がほとんどです。

一度は愛し合って何でも許し合えた二人であっても、交際が終わってしまえば今までのようにはいかなくて当然といえます。

女性は元カレの「許してくれる」ボーダーラインを知っているので、別れてからも無意識に元カレの許せる範囲のわがままがでてしまうことがあるのです。

復縁の告白をするときに「○時に○○に絶対来て」「私の言うことちゃんと聞いてね」と相手を拘束するような言葉を使ってしまうと元彼は話を聞く前から「嫌だ」と思ってしまいます。

付き合っているときは可愛いと思っていた束縛や嫉妬も別れてしまえば可愛くもなんともないと思う男性がほとんどです。

「なんであんなに束縛されていて平気だったのか」と別れてから気がつく男性も多くいます。

あなたからすれば全く束縛をしているつもりのない言葉であっても元カレからすれば縛られている感じがする言葉というものがたくさんあるのです。

交際中に少し束縛していたと感じる女性は、復縁の告白をする前には一度一言一句紙に書き出してみると分かりやすくなります。

初めから紙に書き出すと丁寧になりすぎてしまい自分らしさがなくなる場合があるので、告白する言葉を録音してから紙に書き起こすことで、元カレにどんな言葉で話をしていたか客観的に見ることができるのです。

言葉の端々に「○○してね」「○○のはずだから」と相手の行動を決めている言葉が入っているようであれば、それらは全て束縛されているという感覚を受け取られてしまいます。

元カレにとって元カノの束縛ほど窮屈なものはありませんので、冷静に自分自身を知る機会として告白の言葉を見直すことです。

「なんでもしてあげる」

交際中のカップルは付き合っているうちにだんだんと依存していくことがあります。

「あの人がいないとダメ」「彼が決めてくれないと動けない」「全部してあげなきゃいけない」と依存していることに気がついていない人も多くいるのです。

特に世話焼きタイプの女性は付き合っているうちに元カレが何にもできないと勘違いするようになり「なんでもしてあげるから、お願いだからもう一度やり直して」と周りのことを全て引き受けることを提案します。

元カレにとって彼女に周りの世話をしてもらえることは助かるけれど、恋愛関係において身の回りの世話という役割を求めているわけではないのです。

付き合っている間に色々やりすぎてもらったな、と反省している元彼にとってその提案は逆効果になります。

むしろ、元カノが自分のことを色々世話しすぎるせいで元カレが何も出来なくなってしまうという現実を引き起こしていることを彼は理解しているのです。

男性として自立することも大切な大人への道と考えている元カレにとって、元カノと離れることが自立のための方法だとわかっています。

復縁の告白をする時に「なんでもしてあげる」という言葉は優しさでもなく、ただの自己満足です。

男性は自分のことを人に世話されることでプライドが傷つく人も多く自分のことは自分でしたいと思っています。

復縁の告白の時には依存する関係を提案するのではなく、お互いが成長するための二人のあり方の提案をすることが一番元カレの心に届く言葉です。

LINEで復縁の告白をする際に「なんでもしてあげる」と何度も送ってしまうと、ストーカーのようになってしまい、全くそのつもりがなくてもただの怖い元カノになってしまうので注意します。

告白すると復縁が叶いやすいタイミング

冷却期間をおいてから

元彼と別れてから、復縁したい場合女性の場合感情に従ってすぐに自分の心の状態を考えることができます。

しかし、男性は感情に従って行動するということはなかなか難しいことで、頭で整理をする時間が必要です。

告白するタイミングはしっかり元カレの頭の中を整理できる冷却期間をおいてからにすると、復縁が叶いやすくなります。

別れてからすぐ復縁したいと伝えても「じゃあなんで別れたのか分からない」と元カレの混乱を招くことになり、愛想を尽かされる可能性があるのです。

男性にとっては感情よりも理論的に別れを受け入れる作業というものが必要で、自分の反省すべき点や元カノに求めすぎていた部分を振り返り次の交際相手への心の準備としていきます。

十分に整理ができていない状態で復縁の告白をしても、元カレの頭の中は「そうはいっても好きかどうか分からない」状態に突入しており、復縁してもいいものかどうか判断ができないのです。

男女の交際が始まると男性は好きな女性で頭がいっぱいになり他の女性のことは目に入らなくなるため、別れたことで他の女性と元カノにどんな違いがあるのか比較し始めるきっかけになっています。

冷却期間を置くことで、元カノがどれだけ自分の事を好きでいてくれたのか、二人の思い出がどれだけ楽しいものだったか美しい記憶となりきちんと心の中で整理されていくのです。

この作業に男性は最低でも1ヶ月は必要だと言われています。

「元カノのことがやっぱり好きだな」「自分の中でも大きな存在だった」としっかり認識した頃に復縁の告白をすることで復縁が叶いやすくなるのです。

元彼の心の整理ができていくまで離れすぎず、しつこく追い回さず様子を見ていきます。

恋をしたくなっているとき

交際をしていた男性が別れを迎えた時には寂しさと同時に自由を手に入れたスッキリ感を味わっています。

男性には自由だと感じる時間が必要です。

彼女がいるときの元彼はデート優先になっているため友達と遊ぶ約束も断ることが多く、仲のいい友人には「付き合いが悪くなった」と言われています。

出かける場所も女性が少ないところを選び、飲み会への参加も減らしていたはずです。

彼女がいるというだけで、男性同士の付き合いには制限ができています。

別れたことにより元カレは自由を手にいれ、友達と好きな時に好きな時間まで遊び、彼女に連絡を入れる心配もせずにいられる開放感を楽しんでいる最中です。

そして、少し慣れてきた頃には心配してくれた彼女の言葉や連絡を待ってくれる人がいることにありがたみを感じるようになり寂しさが募っていきます。

「恋人が欲しいな」という心理は自分のことを見つめてくれる人がいる安心感と居場所があることに対する癒しを求めているのです。

元カレの友達から今彼がどんな心理状態にあるのか時々確認することで、タイミングを図ることが可能になります。

男友達に対して「やっぱり彼女っていいよな」「恋したい」と漏らしているようであれば復縁の告白のタイミングです。

そのタイミングで居心地の良かった元カノから復縁の告白をされれば、交際をリアルに想像出来るため元彼も復縁を受け入れやすくなります。

また、元カレの周囲の男友達に続けて彼女ができてくれば元彼も自然と彼女が欲しくなってくるため復縁の告白が叶うタイミングです。

復縁を叶えるためには、しっかり元カレの現在の状況確認をしておきます。

記念日やイベント

別れを迎えたカップルでも二人の記念日や世の中のイベントの時には元カノのことを思い出すものです。

交際が長くなっていた二人であれば記念日はなおさら元カレにとっても記憶にしっかり刻まれています。

記念日やイベントは恋人と向き合うきっかけとなる行事です。

記念日には元彼もあなたのことを思い出している可能性があります。

「今どうしているかな?」「今年は一緒に過ごせなかったな」と思い出している時に元カノから連絡が入れば、元彼の心はドキッとして「自分も彼女のことを求めているのではないか」という気持ちになるのです。

「もしかして自分は元カノのことをまだ好きなのではないか?」と思ってもらうことが出来れば復縁が叶う可能性はかなり高まります。

交際中に「クリスマスは一緒に過ごそうね」や「誕生日は楽しみにしていてね」など未来のイベントの約束をしていたのであれば、その約束の日には元カノのことを思い出していると予想できるのです。

「こんな約束したんだけど、覚えてるかな?」と交際していた時の会話を思い出させることで交際中の気持ちまで思い出してもらうことができます。

元カレの頭の中にはとても楽しかった記憶がとっさに浮かんでくるのです。

二人の記念日やイベントは思い出してもらっているチャンスと言えるため、何気なく過ごしてしまうのは勿体ありません。

復縁の告白のタイミングはまさに思い出してくれている時にちょうど連絡が来ることが叶いやすくなるのです。

二人が出会ったイベントで出会った場合もこれと同じ効果が言えます。

出会ったイベントが開催されるたびに、元カレの頭の中には元カノとの出会いが思い出されているのです。

復縁の告白が成功するタイミングといえます。

復縁したい元カレから振られた時の対処法

復縁告白の返事がない

あなたがせっかく勇気を出して復縁の告白をしても、元カレが何の反応もしない場合があります。

復縁告白の返事がない場合、あなたは「振られた」とガッカリして過ごしていることでしょう。

しかし、復縁告白をしても返事をしないだけで実は元彼は振ったつもりがなく返事をできずにいるだけの場合があります。

元カレが返事を出来ずにいるのは、まだ頭の整理が出来ていない、元カノのことが好きかどうか自分の中ではっきりさせたい、二人がどう付き合えばうまくいくのか考えている、断る理由を考えている、新しい彼女が出来ていて復縁告白のことを忘れたい、など様々な理由が考えられるのです。

また、告白したつもりになっていても実は元彼には復縁したいとは伝わっていなかった、という場合もあります。

男性はハッキリと言葉で言われないとわからないのです。

「あなたと別れたことは間違いだったと思うんだ」と自分の反省だけを伝えて終わっていたとしたら復縁告白を成し遂げたとは言えません。

復縁の告白はきちんと返事をもらえるような伝え方をしたのか、また「待って欲しい」などの返事を先延ばしにするような言葉や行動が全くなかったかどうかを思い出すのです。

あまりにも返事がないまま時間だけが経過しているようであれば、振られたと判断するのではなく柔らかく返事を聞いてみます。

返事を聞く際にも「なんで返事くれないの?」「どうしたいの?」と責め立てるような口調で言ってしまえば元彼は復縁するつもりがなくなってしまうので、あくまでも下手に伺うように尋ねるのです。

考えているうちに毎日が忙しくて後回しにしてしまっていた、なんてこともあるので返事がないことは振られたと判断するには早いと言えます。

ダメ元で友達からやり直そうと提案する

復縁の告白をしてハッキリ元カレから「復縁することはできない」と振られた場合でも諦めるのはまだ早いです。

それは元カレにとって復縁の告白のタイミングが合わなかっただけという可能性があります。

冷却期間を置かなかったか、または短すぎたかということが考えられるのです。

元カレにとってまだまだ気持ちの整理が出来ておらず、自由な時間をまだ十分に楽しめていないと元カノとの復縁は考えられないと答えます。

諦めないといっても何度も同じように告白すればいいというわけではありません。

元彼の「付き合うことはできない」という気持ちをきちんと受け止めて「じゃあ友達からやり直せないかな?」とダメ元で提案してみます。

友達というポジションであれば、元彼も断る理由もなく、話しやすく心を開いている女友達がいることは元カレにとっても楽な人物であるため元カノとの友達関係を受け入れやすいのです。

気が楽な女友達になったからといってセフレになってしまうと復縁は難しくなるので今後の友達関係の中では特に注意します。

友達からやり直すということは元カレのそばにいながらも冷却期間を伺える絶好の関係です。

元カレに好きな人が出来るかどうかも友達でいれば気軽に聞くことができます。

もし、元カレにあっという間に次の彼女が出来てしまったとしても焦らなくても大丈夫です。

苦しい状況にはなりますが、恋愛相談を引き受けることで元カレの安心感を再び得ることが出来、気持ちを自分に向かせることができます。

復縁を叶えるには長期戦を覚悟して挑むことが大切です。

元カレと絶対に復縁したいという思いがあれば色々と方法が浮かぶことがわかります。

友達としてそばにいることができるのであれば、元カノにとっては最高の復縁のチャンスです。

中学生・高校生の気持ちになって駆け引きをしない

復縁の告白をして元カレに振られたとしても大人独自の駆け引きのあるやりとりは通用しないと覚えておきます。

一度は愛し合った二人はお互いの考えていることがよくわかるため駆け引きをしようとしてもその心理まで伝わってしまい逆効果です。

中学生や高校生の恋愛は駆け引きなく、好きになった人と一緒にいたいというストレートな気持ちで向き合っています。

そのため相手の気持ちも自分の気持ちもまっすぐに自分の心に響いてくるのです。

大人になるにつれて言葉に駆け引きが増えていき、中学生や高校生のような恋愛とは違う形になってしまいます。

復縁の告白で振られてしまっても素直な心というものはいつだって人の気持ちを動かすのです。

大人の駆け引きをせず、「好き」「一緒にいたい」「離れて悲しい」「寂しくて苦しい」とストレートに伝えることが一番元彼の心にまっすぐ伝わります。

悲しくても平気なフリをしても相手には伝わりませんし、本当は心がボロボロなのに言葉で強がっても元彼には可愛げがなく写ってしまいがちです。

復縁の告白が振られてしまっても、その後も駆け引きなく気持ちのままに動くことで元彼の気持ちも動かすことにつながります。

「中学生や高校生だったらどう伝えるかな?」「こんな時どうするかな」と自分の心の中でシミュレーションをしてみると新たな元彼の気持ちが見えてくることがあるのです。

少しくすぐったいくらいの距離感が元カレにとっても新鮮で嬉しいこともあります。

振られてもティーンエイジャーのように自分の気持ちに素直になることで新たな二人の関係のスタートです。

振られたことをチャンスと捉えて、自分自身の新たな発見をするためにも少し視点を変えて元彼との恋愛を見てみると視野も大きく広がり女性としての成長にも繋がります。

保留や返事待ちも付き物。復縁の告白をしたら後は大らかに構えましょう

別れを告げた二人が復縁をするには、元彼の冷却期間や自分自身の整理する時間も必要です。

二人が別れることとなった原因を解決する努力をしなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。

恋愛関係においてもお互いが人として成長することで二人の恋愛の価値が大きくなり離れられない関係へと成長するのです。

恋人との時間が元彼にとってとても有意義だということが伝われば復縁も叶いやすくなります。

復縁の告白が成功する言葉を選び、元彼の都合をきちんと考えられる女性として接していれば元彼もきちんと向き合って考えてくれることでしょう。

いつまでも彼女面するのではなく、別れたらもう一度ピュアな気持ちでストレートに思いをぶつけることで元彼にも気持ちが伝わるのです。

付き合っているときにあなたが反省すべきところがあれば、素直に謝ります。

気持ちを素直に表現するということは「好き」という気持ちばかりを押し付けてはいけません。

元彼の考え方、想いも十分に受け入れることが出来てこそ叶う復縁です。

別れてからも彼女面するのではなく、元彼の気持ちをきちんと引き出す伝え方を意識します。

元彼の中で気持ちの整理が出来るまでは保留や返事待ちは付き物です。

復縁の告白をしてからは、元彼の気持ちがきちんと整理されることをおおらかな気持ちで待ちましょう。

しっかり冷却期間が必要であれば、思い切って友達からやり直すことも元彼には負担なく関係を続けることが出来ます。

友達であれ関係が続いていくことが復縁したい人には必要といえる条件です。

元彼の心理状態を見ながら復縁を諦めずにそばにいて見守っていましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG