男が冷めたときの行動はズバリこの20個!気持ちを取り戻す秘策も伝授

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ神言鑑定をご利用ください。

神言鑑定は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

女の人と違って、男の人はものの見方や考え方が違います。

彼氏や元彼、気になる男性が冷めたような気がするけれど、相手の気持ちが分からないときには、自分が次にどんな行動を取ればいいのか悩んでしまうものです。

男が冷めた時の行動をしることで、あなたが好きな人・気になる人の気持ちが冷めているのかどうか判断することができます。

彼の気持ちを知ることができれば、相手に対してあなたがどう接することがいいのか方法を考え実行することができるはずです。

男が冷めた時の行動をズバリ20個、一挙公開します。

恋人、元彼、気になる男性の気持ちを取り戻す秘策も一緒に伝授するので、ぜひ活用してくださいね。

男が冷めたときの行動・態度20個

電話やlineを無視される

電話という連絡手段を手に入れてから、私たちの生活はとても便利になり、恋人や片想いの彼とのコミュニケーションを取るためにも、スマホを使って電話やlineをすることが当たり前になりました。

毎日電話やlineをしている間は、両想いだと感じることができ、時間が経過することも忘れ話に夢中になるものです。

しかし、そんな毎日を送っていても、突然電話やlineを無視されるということが起きることもあります。

もちろん何か事情がある場合もありますが、どんなに少しの時間でもlineだけは返してくれていた人が、無視するようになるにはあなたとの関係の中にこそ理由があるはずです。

相手が不慮の事故に遭ってしまった、突然の多忙期に入ってしまった、となれば仕方がないことですが、そんな時にはどうにかしてその状況を伝えようとします。

何も音沙汰なく電話やlineを無視されるようになるのは、あなたに対して冷めてしまったという気持ちの表れなのです。

やりとりの中で少しずつ溝を感じているような人は、日々の連絡の中であからさまな態度はなく、我慢が出来なくなった時に急に無視するようになります。

態度が冷たい

一緒にいることに熱が冷めてしまった男の人は、横にいるだけでもなぜか態度が冷たいと感じるほどに行動が変わります。

冷たい態度をとっているときには、不思議と体温までも冷たくなってしまったかのように感じてしまうものです。

優しく気遣いができる人が、一切気を使ってくれることがなくなったり、ものを荒々しく渡したりと明らかに態度が違えば、嫌でも気持ちの変化を感じ取ります。

冷たい態度には、言葉遣いも含まれることです。

返事が「ああ」「ふーん」ときちんとした言葉で返してくれない、「おまえ」「あんた」などで呼ばれるなど、大切にしてくれないことが見て取れます。

冷たい態度と一口に言っても、行動が荒々しくなったり言葉遣いが変わったりという変化だけではありません。

会話はしてくれるし、きちんと向き合ってくれているような中にも冷たい態度はあります。

それは、とても冷静なことを言っている時です。

楽しい会話は、会話の中身がたいしたことなくてもノリで楽しく感じられます。

しかし、冷静に「いや、これは裏でこんなシステムがあるだけだ」など、楽しい会話に水を差すようなことを言うことは、普段のクセである言ってしまう人以外は気持ちが冷めてしまったから起きる行動なのです。

冷めた彼女の言葉に過剰反応する

恋人や気になる人、また恋人だった人が覚めてしまう理由に、あなたのある言葉がきっかけになることもあります。

その内容は、相手の大事にしている人やモノを軽くあしらうような言葉だったり、バカにしているように取れる言葉だったりというものです。

男の人というのは、自分が大切に思っているものを認めてもらいたいという欲求があります。

悪気はなかったにしても、あなたがそのことに対して知らず知らずのうちに軽率なことを言ってしまったのであれば、その言葉をきっかけに冷めてしまったはずです。

それ以降、冷めた彼女が放つ言葉に過剰反応するようになり、敵意を出してきます。

何かにつけて突っかかってくるようになり、特にきっかけとなってしまった、彼が大事にしている友人や趣味、仕事に関しての話題を、彼女が口にすること自体が嫌なのです。

怒らせてしまったことに気がついていない彼女に対しても腹が立ってしまっているので、何をしゃべっても会話が成り立ちません。

恋人は別れることをほのめかす

恋人同士であるのに、彼氏が冷めてしまった時には、別れることをほのめかすようになります。

今すぐに別れたいという決意が固まっているわけではないけれど、「もう終わりかな」と考えている時期です。

「このまま付き合っていて上手くいくかな?」「本当に幸せって思っている?」と、彼女の気持ちを探りつつ、自分はそうは思わないという内容の質問を続けます。

この場合、自分が振ってしまうことで彼女を傷つけることにも罪悪感があるので、「できれば自然に離れたい」「彼女が自分に興味をなくしてくれないかな」と考えているものなのです。

まだまだどっぷり彼女が彼氏のことを好きでいるうちは、別れ話をすると修羅場になったり、泣かれてしまったりと、悪者になってしまいます。

自分が悪者になることを恐れ、自然に彼女の中に自分のことを好きだという気持ちがなくなれば、スムーズに別れ話を進めることができるのです。

遠まわしに「離れた方がお互いのため」と伝え続けることで、彼女の気持ちが変わるのを待っています。

この時期は、はっきりと嫌いだという感情にまで至っていないため、どうにか穏便に済まそうと色々と考えているものです。

他の人との接し方が明らかに違う

真剣な男性

他の人との接し方が明らかに違うという場面は、プラスに働けば「あなたに好意がある」となりますが、マイナスに働けば「あなたと距離をとりたい」という意味になります。

今まで、両思いと感じるほどだった仲の良かった男の人が、急によそよそしくなり、他の人との接し方が明らかに違ってきた場合は、あなたとの距離をとりたいと考え始めたものです。

目が合えば近寄ってくる、毎日電話をしていた、というほど仲がよく「これは両思いだ」と思っていても、目が合うと逸らす、電話がなくなるなどの態度にプラスして、他の人とは笑顔で話しているのに、あなたが話しかけるとすぐにいなくなってしまうという態度があれば、冷めてしまった証拠となります。

距離が近すぎてしまったからこそ、気がつくこともあるものです。

付き合いたいと思っていたけど、仲良くなって「やっぱり何か違う」と感じてしまった場合にこのような急変化がおこります。

付き合う前であれば、引き返すことがいくらでも可能です。

彼氏でないからこそ、離れるのは早い方がいいという決断をしています。

会う機会が減った

恋人でも、気になる人でも、会う機会が極端に減ったというのは、あなたに興味が無くなってしまった合図です。

世の中にはたくさんの楽しいことがあります。

それでも、優先してあなたと会う時間を作っていたのは、一緒にいる時間が楽しいと感じていたからです。

しかし、会う機会を減らそうと考えたり、自然と会う気分になれずに予定を立てたくないと考えたりするのは、あなたとの時間に魅力を感じなくなったからだといえます。

恋人であれば、会った時にダラダラと一緒にテレビを見て過ごしたり、彼女の愚痴をずっと聞かされたりするような時間であれば、嫌になって当然です。

また、気になる人とよく会っていたにも関わらず、会う機会が減ったのは、相手があなたを避けるという行動をとっています。

偶然でも会う機会があった人というのは、相手があなたにわざわざ出会うように仕掛けていたからです。

あなたの行動をよく見て、動いていました。

しかし、よく見ていたからこそ、あなたと会わないように行動することが可能なのです。

あなたのことを嫌いになったということも考えられますが、アプローチしておいて相手に彼女ができてしまって気まずくなってしまったという場合もあります。

嘘をつくようになる

人と人とのコミュニケーションで大切なことは、誠実であることです。

相手の男の人が嘘をつくようになるという行動は、誠実さが感じられません。

優先順位が下がってしまい、適当なやりとりで大丈夫だという判断をされているのです。

相手が恋人であって、その嘘が巧妙であれば浮気をしている可能性があります。

冷めた相手が復縁したいと思っている元彼であれば、あなたとは本当にやり直す気はなく、距離をとりたいという気持ちの表れです。

気になっている男性であれば、今は両思いになれるタイミングではないというサインとなります。

嘘はたいてい人を傷つけてしまうものなので、嘘をつくこと自体、あなたを大切にしてくるとは言えません。

気持ちが冷めていることも、正面から向き合わず、どうにかして話題にしないまま逃れようとしているはずです。

今は離れたいという意味を強く持っている行為なので、無理に問い詰めて事実上離れてしまうよりも、そっとしておいてそのまま距離を取りながら、気持ちを取り戻すタイミングを見つけていくほうが、スムーズにやり直すチャンスを見つけることができます。

趣味に費やす時間が増える

男の人は大抵趣味を大切にしているものですが、趣味に費やす時間が増えるということが起きた場合は、気持ちの変化のサインとして捉えることができます。

今の気持ちを切り替えたい、嫌なことから目を背けたい、考え事をしたくない、逆に考え事に没頭したい、など心の整理のために趣味を活用する男の人も多くいるものです。

だからこそ、趣味に費やす時間が増えるということは、その分彼の心の中でモヤモヤしたものがあり、ストレスに感じていると判断できます。

男の人と女の人は、出来事の感じ方、処理の仕方までまるで違う生き物なので、相手がモヤモヤしているからといって、女同士のようにおしゃべりでスッキリするものではありません。

男子たるもの、孤独と闘いながら問題解決をしていくものなのです。

特に原因があなたに関することであれば、とやかく口を出すことは逆効果で、下手をすれば嫌われてしまいます。

趣味に没頭する時間が増えたのであれば、そっと彼の考えがまとまるのを待つことが一番の対応策と言えるものです。

愚痴ばかりを言う

愚痴っぽい人というのも確かにどこにでもいるものですが、二人でいる間の会話が全部愚痴ばかり言う人というのは、あなたに対して配慮がかけている証拠です。

好意がある相手に、愚痴を聞かせるのは、申し訳ないと思うものであり、多少の愚痴をいう事はあるものの、ずっと言い続けるということはしません。

愚痴というのは、自分の弱みを見せる行為と同じだと考えている人もいるくらい、話すことを嫌がる人もいます。

本当に落ち込んだ時、支えになってくれる人の前でこぼす愚痴と、冷めた人の前で話す愚痴では、言葉数が圧倒的に後者のほうが多いはずです。

愚痴を言い続けることで、ストレス発散のはけ口にされており、共感やアドバイスを求めているものではありません。

女の人は、その状況でも「頼りにされている」「私にだけ全てをさらけ出してくれている」と感じる人も多くいますが、男の人目線では決してそうではないはずです。

愚痴を言い続けることに相手の都合を考えているものはなく、イライラをぶつけたいという気持ちがそのような行動になっています。

他の女の子と仲良くする姿をわざと見せる

あなたからの好意を知っているにも関わらず、他の女の子と仲良くする姿をわざと見せる行動というのは、遠まわしに離れたいと伝えるという要素を含んでいます。

「気持ちに応えることができない」「もう飽きた」「冷めてしまった」という、気持ちを伝えるために、わざとあなた以外の女の子と仲良くしているものです。

仲良くしている姿が、こそこそしているようであれば、あなたに対して「嫌われたくない」という気持ちが残っている行動とも言えるものですが、わざと見えるところで仲良く会話したり、コミュニケーションをとったりしているということは、あなたに対してその姿を「見せている」と捉えることができます。

男の人は、一人の女の人とだけ、ずっと関わり続けることを苦手とするものです。

例え彼女であっても、他の女の子と話をしたいと感じることもあります。

わざと他の女の子と仲良くする姿を見せるのは、そんな目移りや気持ちが冷めたときに起こりやすい行動なのです。

興味が無くなった、ということをアピールするだけで、男の人は「伝えた」気分になり、堂々とした態度になります。

「ちゃんと話がしたい」と言ってくる

恋人の気持ちが離れてしまった時、真剣に彼女を愛していた男性ほど自分の気持ちに嘘が付けなくなってしまいます。

その結果、悩みに悩んで「ちゃんと話がしたい」と言ってくるものです。

気持ちが冷めてしまったこと、好きではなくなった人から愛されること、をそのままにしておくことが苦しくて仕方がありません。

嘘をつくことができない人ほど、きちんとけじめをつけたがります。

しかし、時として男の人の判断は早い段階で決断してしまうことがあるものです。

好きではなくなった、冷めてしまった、他に好きな人ができた、受け入れられない部分が出てきた、など自分の心が苦しくなってしまったときに、すぐに離れようとしてしまいます。

しかし、話し合いをして解決することもあれば、時が経つにつれお互いが歩み寄りよりよい関係が築けることもあるものです。

正義感が強い人ほど、「こんなモヤモヤした気持ちのまま一緒にいることは申し訳ない」「すぐに離れないと彼女が可愛そう」と考えてしまいます。

話がしたいと言われたら、一度彼の話を全て出し切ってもらうことが二人の関係を成長させる第一歩となるはずです。

話を聞いてくれなくなる

気持ちが相手の女の子になくなってしまうと、話している内容もどうにも入ってこなくなるものです。

一緒にいても、何に興味があるのか、どんなことがしたいのか、考えることもなくなり、話していることもただの雑音になってしまいます。

会話中に上の空だったり、考え事をしたりと話を聞いてくれなくなるのです。

一生懸命話をしていても、「うん」「そうだね」など当たり障りのない返事をして、明らかに楽しそうな返事が返ってきません。

また、時には無視をするなど全く耳に届いていない場合もあるものです。

男の人は特に興味のあるものに対してのみ、好奇のアンテナが向かう傾向にあります。

そのため、覚めてしまって興味を失ったものは、男の人のアンテナに引っかからなくなり、今まで気にしていたものでも全く気にならなくなってしまうものなのです。

元々一つのことにしか集中できない性分なので、よほど好きな人でない限りは、会話に対して女の人ほど集中できません。

つまり、話を聞かなくなるということは、よほど好きな人ではなくなってしまったということを意味しているのです。

スマホばかり見ている

スマホといえば、電話やlineで欠かせないツールですが、今やアプリで何でも楽しいことを手に入れることができます。

その一つにゲームがあるのです。

スマホが一つあれば、いろいろな機能やアプリを活用して、暇をつぶすことができます。

一緒にいるにも関わらず、スマホばかり見ている男の人は、その時間は暇を持て余している時間だと認識しているのです。

本来人とのコミュニケーション、一人の時間も楽しくするはずのツールであるものなのに、会話もなくただひたすらスマホを見ている姿は、現代病とも言える状況と言えます。

しかし、一緒にいる人よりもスマホに興味が向かってしまっているという現実は、コミュニケーションを取ろうと思わない、会話を楽しもうという気持ちになれないという表れです。

隣でゲームをしたり、他の人とlineをずっとしていたりと、会話はかろうじて続いているけれど、スマホばかり見ている状態では、振り向かそうと思っても興味を持ってもらおうと頑張っていても空回りしてしまいます。

体調が悪くても心配してもらえない

好きな人の体調が悪くなると、心配で居ても立ってもいられない状態になってしまいます。

ちょっとした風邪をひいただけでも、何か出来ることはないだろうかと、食べることができそうなおかゆや果物を用意して、そばにいてあげたいと思うものです。

しかし、彼が自分のやるべきことや目の前のことに手いっぱいになっている時などは、あなたの体調が悪くても心配してもらえないということも出てきます。

いえ、しかし本当は心配してもらえないのは、忙しいことが理由ではないはずです。

どんなに忙しい時であっても、好きな人が体調悪ければ、そばについてあげることはできなくても、連絡をして体調を気遣ったり、仕事を早く切り上げてかけつけたりと何かしらのアクションがあります。

仕事が立て込んでいる、などの理由で「早く寝てよ」という一言だけlineが入ってくるような状態であれば、それは心配してくれているとはいえません。

弱っている時ほど、好きな人の温もりを感じたいものです。

しかし、「行っても迷惑になるだけだから」と行くことを拒否するだけでなく、連絡もなくなってしまうのは、体調が悪くても心配してくれないということになります。

仕事が忙しくなる

恋人でも、元彼氏でも、気になっている人でも、あなたとのやりとりが出来ていた時と比べて、仕事が忙しくなる様子が明らかに見られるのであれば、それは仕事ではなく冷めてしまった可能性があります。

本当に仕事が忙しくなって、連絡が取りづらくなったり、会うための時間が出来なくなったりすることもありますが、その場合、相手の口から仕事の詳細を何かしら伝えてくれるはずなのです。

「今新しいプロジェクトが立ち上がって、これから忙しくなりそう」「今が頑張りどきで、認めてもらえたら成長できる」「この時期はいつも多忙期に入る」など、事前もしくは忙しくなってすぐくらいに「連絡が取りづらくなる」という旨を伝えてくれます。

それが、男の人が仕事を頑張る姿勢でもあり、連絡を取り合っている女性への配慮にもなるものです。

しかし、何の説明もなく連絡が取りづらくなり、聞いてみたら「今仕事が忙しいから」と答える相手は、ただ仕事を言い訳にして連絡を取り合うことを休みたいというサインにもなります。

相手の口調や言葉の熱量を感じ取りながら、仕事が忙しいことがどこまで信用できるものなのか判断しましょう。

デートの場所が近くばかり

付き合っている恋人同士に特に見られるのは、デートの場所選びが変わってくるということです。

デートの場所が近くばかり選ぶようになれば、冷めたときの行動といえます。

彼女とのデートは、男の人とすればプランから実行するスケジュールまで張り切るものです。

さらに、長年付き合っているカップルにもなると、お互いが落ち着く場所をよく理解していて、いつものスポットに行くことが習慣になっていたりもします。

しかし、どう考えても何も考えていない、近くの場所ばかりで済まそうとする、という傾向が見られれば、それはデートに対する熱量がなく、楽しみにしていないということがわかるはずです。

いくら付き合っている年数が長くなってきたからといっても、好きな彼女と会える日は楽しみになります。

その楽しみというワクワクがなくなってしまったということが、すでに冷めてしまったということなのです。

新しいことを二人で見つけたい、楽しみたい、一緒にいるだけで落ち着く、そういった感情を満喫することが恋愛というもの。

恋愛を楽しめていないカップルは冷えたカップルと言わざるを得ません。

本当にお腹がすいた時だけご飯に行く

デートでご飯に行くことが通例となっているカップルも少なくありません。

しかし、よくよく思い出してみると、最近のデートは本当に相手のお腹がすいた時だけご飯に行くようになっていないかということを考えてみましょう。

ご飯デートの大前提は、会いたいからデートをする、会える時間の中にご飯を食べる時間があるから食事に行く、というものです。

または、「食事の時間を好きな人と一緒に過ごしたい」と願っているからこそ叶うデートといえます。

しかし、どこに行くとも決めていないデートで「お腹すいた!何か食べに行こう!」と言われ食事をし、お腹がいっぱいになって次にどこへ行くか尋ねると「どこでもいい、決めて」と答える男性は、あなたに対しての思いやりが欠けているということです。

デートの行き先を彼女に決めてもらいたいという彼氏は多くいますが、ご飯デートがただの食欲を満たすためだけに行われているのだとすれば、それは恋愛感情という話とは違ってきます。

どんな時でも、相手を尊重するという言動が、恋愛の基本ルールなのです。

お金をかけてデートしなくなる

最初から静かなデートを好む男性ももちろん多くいますが、大抵の男の人は最初、お金をかけてでも見栄を張ろうとするものです。

服を新調したり、普段行かないような場所で食事をしたり、映画や遊園地など背伸びをしてデートを計画します。

しかし、慣れとともにいつまでもお金をかけてデートを続けられるものでもありません。

それはそれでもちろん、いいのですが、明らかに手を抜き始めていると感じるデートを続けるようになると、それは冷めてしまったサインなのです。

彼女や彼のお家デートに切り替わることも、その方がゆっくりできるし、そのまま体を重ねることも出来るため、付き合いが長くなるとお家デートが増えてくることももちろんあります。

しかし、好きな彼女であれば記念日はどこか食事に出かけたり、時々はプレゼントをしたくなったり、するものなのです。

彼女への愛の提供はお金では図ることはできないとはいうものの、ずっとお金を使わないデートを繰り返すようであれば、「デートでお金を使いたくない」という思考に切り替わっている可能性が大いにあります。

付き合う前のデートで驚いたような表情をした

恋人になる前の段階で、連絡先を交換してから毎日lineをしたり、電話をしたり、会うと話が止まらなくなっているような人は、誰だって脈アリだと感じます。

そして、ようやく初めてのデート。

オシャレをして、精一杯可愛く映るように気を配りながらのデートをしました。

その付き合う前のデートの中で、相手の男の人が驚くような表情をしたとき、その瞬間から彼は冷めてしまったという可能性が非常にあります。

そのデート後、明らかに連絡を取り合う回数が減ったり、もう一度デートをしようという話にならなかったりする時には、確実にデートの中で彼の中のアウトラインを踏んでしまったはずです。

普段の会話では話題にならなかった内容に触れたり、完全に二人の時間だと感じることで気がつく点があったりと、彼の中のアウトラインは様々あります。

それは、必ずしもあなたの言動が悪いということではありません。

好みが違ったり、良かれと思ってしたことが、相手にとってはして欲しいと感じていないことだったりすることはよくあります。

原因を追求しても仕方がないこともたくさんありますが、デートをしたことで彼との考え方の違いが現れてしまったことは明らかなのです。

片思いされていると気づいて意識しすぎて避けている

片思いの相手のことを、自分でも意識をしないうちに目で追いかけたり、彼がいつも通る道を多く通ってみたりという経験は誰にでもあるはずです。

恋愛というのは、理屈なく突然湧いてくるもので、コントロールできるような感情ではありません。

そのため、なぜだか分からないけど、心の中があの人でいっぱい、ということが起きてしまいます。

感情が表に出やすい人は、黙っていても気持ちが周りに伝わってしまうものです。

相手の男性からすれば、仲良くなり始めて友達だと思っていた人が、急に異性として意識しているのが伝わってくることにどう対応していいのかわからなくなってしまいます。

男の人自身の気持ちが恋愛感情にまでなっていなければ、「これ以上関わると両想いだと思われるかもしれない」「嫌いではないけど、意識されると気まずくなってしまった」などの気持ちが起こっているのです。

片思いされていると気づいたことで、お互いに意識しすぎて避けている状態になっています。

この状態が長く続くと、本当に好きなのか、仲良くなりたいだけなのか分からないまま離れてしまうことにつながるのです。

復縁にまつわる男性心理を徹底解説!振った側の男の気持ちや別れを後悔する時期など

一度冷めた男性の気持ちを取り戻すとっておきの挽回方法

一対一ではなく友達数人と鍋を囲む

気持ちが冷めてしまった時というのは、何かに理由をつけて離れていこうとしてしまうもの。

しかし、彼のペースに合わせて離れてしまうと本当に後戻りができなくなってしまいます。

一度覚めた男性の気持ちを取り戻すつもりがあるのであれば、そのタイミングでぐっと離れない覚悟を決めてしまうことです。

恋人でも、片思いの人でも会わなくなってしまうことで、心の溝が大きくなってしまう前に、食事を共にしましょう。

この場合、二人きりの食事だと理由をつけてキャンセルされたり、会話が続かず余計気まずくなったりしてしまいます。

彼の気持ちが冷めてしまった時こそ、一対一ではなく友達数人と鍋を囲むことです。

友達数人いることで、約束が確定され、行かざるを得ない状況になります。

そして、鍋という一つのものを囲むという食事スタイルは、古くから人間関係を円滑にしてくれるものとして親しまれているものです。

例え好きな人と会話がなくても、一緒に食事をするということでコミュニケーションがとれるようになります。

例え離れたいと思っていたとしても、「気にするほどのことでもないな」「こうしていると楽しいな」など離れたいという気持ちを和らいでくれる効果があるのです。

彼以外のことを相談する

「やばい!心の距離を感じる」という時こそ、あなたの方から懐に入っていくことが、上手に甘える方法です。

冷めてしまった気持ちを取り戻す、とっておきの挽回方法は、彼以外のことを相談するという方法があります。

本人に向かって「私に冷めたの?」と聞くことは、余計に離れたくなってしまうので聞かないようにしましょう。

心の距離を感じる本人に、あえて違う相談を持ちかけるのです。

生き方や仕事や好きなこととの両立、など自分自身の心の中の問題を相談することがポイントとなります。

あなたの心の相談をすることで、頼られた、相談したいと思える相手だと思ってくれている、など男の人のプライドを刺激することができるはずです。

頼られると、男性はどんな人でも何か伝えることができないか、と考えてくれます。

この時、友達や職場の人など他人のことを相談すると逆効果になってしまうので注意するべきです。

他人が絡んでくる相談に対しての答えは非常に難しく、関わる人がどんな人か分からなければ答えようがありません。

そのため、あなた自身が話しているうちに愚痴っぽくなってしまったり、聞いている相手が「好きなようにしたらいい」と思ってしまったりと、相談の出口がなくなってしまいます。

生きる希望、ポジティブなことに関しての相談は考えていてもワクワクするもので、一緒に考えようと思うことで、一体感へと繋がり気持ちを取り戻すきっかけにもなるものなのです。

LINEでギャグやボケを入れて面白いと思ってもらうようになる

「ちょっとやりとりするのが面倒くさいな」と感じてきた相手は、lineのメッセージも極端に減ってしまいます。

しかし、逆を考えれば面白いと思ってもらえる人になれば、今よりも興味を持ってもらえるはずなのです。

気持ちが冷めてしまった相手とのやりとりほど、あなた自身が楽しむことをオススメします。

LINEでギャグやボケを入れて面白いと思ってもらえるようになることで、メッセージのやりとりは少しずつ増え、また楽しいと思ってもらえるようになる挽回方法なのです。

この方法のいい点は、lineのメッセージがとても短い文章で遅れるということころにあります。

男の人は、長い文章をlienで送られることをとても嫌がるものです。

だからこそ、スタンプやギャグを活用して、一行に収まるメッセージを送ることで、受け取り手も読みやすく、テンポよく返信してくれるようになります。

一緒に運動をする

大人になるとなかなか運動をする機会が減ってしまいます。

しかし、好きな人の気持ちが冷めた時こそ、一緒に運動をすることで、結束力や仲間意識が生まれ、楽しいという感情の共有ができるため気持ちを取り戻すための、とっておきの挽回方法となるのです。

運動が苦手な人でも、気軽に運動ができるレジャースポットも今はたくさんできています。

学生時代に共通したスポーツをしていたのであれば、これを機に思い切り体を動かすために誘ってみることで、会う機会を手に入れることができるはずです。

二人で出かけたりデートに誘ったりできなくても、スポーツであれば「体を動かしたい」「運動不足を解消したい」という理由で誘うことができます。

本格的にしなくても、ボーリングなどの比較的汗をかかなくても出来るものは、たくさんあるものです。

バッティングセンターも効果的といえます。

スポーツは共通してルールと目標があり、例え個人プレーであってもゴールや目標を共有して応援しあうことができるものです。

だからこそ、気持ちが冷めた人と行くことで、喜びを分かち合い応援し合うことで距離が近づくようになっていきます。

復縁の可能性がゼロから80%以上に!成功率大幅アップの秘策

男が冷めたときの行動を見逃さず早めの対策を取りましょう

男が冷めた時の行動は、女の人と比べるととても分かりやすいサインがいくつもあります。

上記に挙げた20個の行動が見られるかどうか、見逃さずにチェックしてみましょう。

モヤモヤしているうちに、相手の気持ちがどんどん離れてしまう前に、早めの対策を取ることで、完全に見失ってしまうことはありません。

冷めてしまった男の人の気持ちを理解し、原因を納得することで、これからのあなたの会話や行動も変わってくるはずです。

楽しいコミュニケーションを心がけ、両思いになってくださいね。

【期間限定・11月24日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【真実のキセキ】の占いを初回無料でプレゼントします!

【真実のキセキ】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【真実のキセキ】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG