頼んでいないのに助けてくれる人の心理とは?好意があるか見極める方法もご紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「頼んでいないのに助けてくれる人の心理が知りたい」「ただの優しい人なのか裏があるのか見極められるのかな」と手を差し伸べてくれる人に対して疑問を感じているあなた。

困っている時にサッとスマートに助けてくれる人が近くにいると、とても心強いですし、頼りたくなるのも当然です。

ピンチの時に手を差し伸べてくれる人がいると「恋愛に発展するのかもしれない」と期待も沸き上がりますので、この先どうなるのかを考えるためにも、こちらから頼んでいないのに助けてくれる人の心理について、詳しくご紹介しましょう。

恋愛対象だから助けてくれているわけではない人もいますので、見極められる力を付けることも大切です。

男女別の心理や助けてあげたくなる人の特徴、好意を見極める方法まで詳しくお伝えしていますので、あなたがベストだと感じる関係性を築いていってくださいね。

目次

頼んでいないのに助けてくれる男性の心理

話すきっかけがほしい

こちらから願っているわけではないのに助けてくれるのは、男性があなたと話をするきっかけが欲しいと思っているからです。

仲のいい同僚、元々長い付き合いの友達など、繋がりがある人であれば、突然話しかけたり言葉を選ばず冗談を言ったりしても、違和感なく楽しい時間を継続できます。

ところが、一方的に知っているだけの間柄や挨拶程度は交わすけれど世間話をしたことがない顔見知りであれば、第一声に何と声をかけようか迷うものです。

共通点を見つけられている相手であれば話題もありますが、何も知らない状態であればどんな話をすると興味を持ってもらえるのかもわかりませんので、一層話しかけづらさを感じます。

サッと手を差し伸べてくれるのは、あなたと話をしてみたいという気持ちを抱いていて、きっかけを探しているからです。

接点を持つ所から、仲良くなるための一歩を踏み出そうとしています。

気になっている

あなたのことが気になっているから助けるという行動を起こしています。

人間的な魅力や異性として関心を抱いている時、どうにかしてあなたのことを知りたいと思うものです。

話しかけるにしても、盛り上がりそうな話題がなければ一歩踏み出すのも難しいところですが、気持ちはどんどん近づきたいと思うようになります。

心と体が一致しないと感じることもあるほど、緊張するけれども体は近づいていくという動作を起こしているところです。

頼まれごとをされるともちろん嬉しいですが、あなたからの行動を待っていたらなかなか近づく事は出来ません。

カレの方から「手伝うよ」「何でもするよ」とコンタクトを取る事で、感謝される対象になると同時に会話のきっかけも掴めますし、「頼りになる人」というイメージも持ってもらえます。

少しでも異性として優位になりたいので、頼ってもいい人だと認識してもらうため、カレ自身から態度で人物像を見せているわけです。

かっこいいデキる男アピール

「俺ってデキる男だろ」とアピールしたい心理があります。

人から指示を受けて動くのは誰でもできますが、自主的にできる事を見つけて動くことが出来る人は、案外少ないものです。

特に、頼まれてもいないのにサポートできる部分を見つけて、そっと手を差し伸べる姿は、まさにヒーローそのもの。

「これが得意です」「やってあげるよ」と行動する事で、「ありがとう」「まさか助けてくれるなんて思ってもみなかった」と感動が生まれます。

男性は、ヒーローになりたい願望を持っていますので、相手に喜ばれるほど自己満足度が高まっていくのです。

自分の中のヒーロー願望を満たすための行動ですので、苦労だとも思っていませんし、疲れるものだとも考えていません。

上司や友人として助けている

上司や友人など、関係性上仕方がなく助けているという意味の場合もあります。

個人的に気に入っていたり、毛嫌いしていたりという感情を抜きにして、関わりがあるから助けるという行動を起こしただけの場合、相手が感謝をしても、「余計なお世話」と罵っても、関係がないと割り切ることが出来るのです。

例えば、新入社員の女性を育てているような上司や先輩などの立場であれば、何に困っているのかは容易に想像できますし、対処の仕方も心得ています。

また、古い付き合いの友達であれば、あなたの行動だけでなく考えている事も分かるから、わざわざ言葉で「手伝ってほしい」「助けてほしい」と言われなくても、察する能力が身についているわけです。

言葉にしなくても分かる関係性であれば、本人が望んでいなくてもサッと手を差し伸べ、問題解決へと導いてくれます。

友人として心配している

あなたのことを友人として親身に心配してくれている人がいるなら、何も言わずに助けてくれることもあります。

先ほどの、言わなくてもわかるというパートと似ていますが、親密度が深い関係性に当たる方です。

あなたの精神状態が落ち込んでいる事を知っていたり、一人でいろいろ抱え込んでいるのを見ていて黙っていられなかったりなど、心配している気持ちを態度で示したときに、何も言わなくても助けてくれるという行動を起こします。

あなたからのヘルプの一声を待ちたいところですが、友人としては待っていられないという心理です。

我慢強かったり、人に頼ることが下手なあなたであれば、余計に周りの友達は心配する傾向にあります。

「大丈夫って言っても、放っておけない」とつい手助けをしてしまうのです。

尊敬しているので役に立ちたい

あなたに対して尊敬の念を持っている男性であれば、役に立ちたいという心理から何も言わずに手を貸してくれることがあります。

尊敬する人に対しては、「自分を高めさせてくれてありがとう」「出来ない事をしていて素晴らしい」など感謝の気持ちを持っているものです。

感謝の気持ちを抱いていると、何か役に立つことで恩返しをしようと考えます。

そのため、普段から自分が何か尊敬する相手に対して出来ないものかと注意深く観察し、少しでも手伝えることがあれば積極的に動きたいと願っているわけです。

恩を売りたいわけではなく、役に立てることが感謝を返す恩返しになると信じていますし、自然と体が動き出すのも事実。

困っている様子を見ると、助けずにはいられません。

出来ることがあるなら喜んで手を差し伸べますし、面倒などとは一切思っていませんから、次々と「他にお手伝いすることはありますか?」と質問を投げかけます。

誰に対しても優しい

誰に対しても優しいから、あなたに対してだけ特別に接しているわけではないという事もあります。

何も言わないのに助けてくれると、意味があるのかと考えるのが普通ですが、無意識レベルで自然に人の役に立つことが習慣化している人もいるのです。

子は親を見て育つと言いますが、両親が慈善事業をしていたり、普段から優しくて誰に対しても親切にするのが当たり前の環境で育ってきた人であれば、見返りを求めることなく行動に移すことが出来るようになることも多いもの。

反面教師という言葉もありますから、周りの人からの助けを一切借りずに自力で様々な試練を乗り越えてきた人が「自分は、誰かの役に立つ人間でありたい」と積極的にサポート出来る性格になっていくということもあります。

また、周りの人からたくさん愛されて育ってきた人は、優しさが循環することを知っていますから、いつも誰に対しても優しく接することが普通になっている人もいるのです。

男の人が優しくしてくれたり、心配してくれたりすることに不安になってしまう場合は、相手の心理を知ることも大切。

好意のサインや見極めポイントをまとめているこちらの記事もおすすめです。

心配してくれる男性を好きになるとき!ときめく前に知っておきたい男性心理と好意のサインと見極めポイント

下心がある

男性ですから、下心を隠して近づいているケースもあります。

下心というと、かなり厭らしかったりエッチな妄想をしてしまったりと、マイナスイメージが膨らんでしまいますが、恩を売って仲良くなることでメリットがあるという立場になりたいという考えを持っていることも。

あなたと仲良くなることによって、男性に何らかのメリットが生まれるのであれば、意図的に優しくしておくのは今後の投資行動と言えます。

例えば、あなたが上司で男性が部下などの関係性で、頼んでいないのにあれこれ助け舟を出せば「出来る人だな」と思われて評価が高まるはずです。

昇進や昇格の評価に値しますし、栄転というチャンスが巡ってくる可能性も引き寄せます。

また、男女の関係において下心があるのであれば、仲良くなるきっかけを掴んで、この先都合のいいように持ち込んだり、デートに誘ってワンチャンス狙おうと考えている事もありえるはずです。

職場の場合は部下・新人だから

男性が部下や新人であれば、頼んでいなくても初動が早いということも不思議ではありません。

先ほどの、昇進や昇格などのメリットとは別に、「頼りになる右腕として認められたい」という気持ちや「言われなくても出来ることを証明したい」という承認欲求のケースもあります。

早く一人前だと認められるためには、上司に実力を認めてもらう必要があるのです。

言われたことをするだけでなく、何も求められていない状態でいかに先を見越して行動を起こせるかで、今後のビジネスマンとしての活躍に対する期待度が変わってきます。

頼んでいないのに助けてくれる女性の心理

好きだから力になりたい

女性の場合には、恋愛感情があれば自然と「あの人の力になりたい」と思って行動するケースは多いものです。

女の人は、男性に比べて「私があの人に出来る事は少ない」と思い込んでいるケースが非常に多い傾向にあります。

そのため、何か役に立てそうなことを見つけたら「私にも出来そうだわ」と喜んで、彼のために動こうとするわけです。

好きな人のためには、いくらでもバイタリティーが湧いてくるのが女性。

どれだけ自分の仕事で疲れていても、悩みを抱えていても、大好きなカレのためなら何も苦だと思わずに動くことが出来ます。

自分の得意分野で男性が困っていたり、経験したことがある事に躓いている様子を見つけたりすると、「これなら私に任せて」と喜んで手を差し伸べるはずです。

困っている人を見ると放っておけない

困っている人を見ると、放っておくことが出来ない根っからの事前体質の女性もいます。

男性は、基本性格が優しくて行動に移してくれるのに対して、女性の場合は「助けてあげたい」「私に任せて」という母性が元になって動いているケースが多いはずです。

「何故か、放っておけない」「まるで弟が困っているように感じる」など、胸のあたりがキューっと苦しくなって、手を差し出さずにはいられません。

恋愛感情とは別で、助けてあげたいという気持ちが満たされるまで、「何かできる事はないだろうか」と救いを生きがいにまでしようとします。

人の役に立てる自分に酔っているというケースもありますから、本当に相手が望んでいることとピッタリマッチしているとは限らないのが問題点となるケースもあるところです。

女性らしさをアピール

女性らしさをアピールするためには、優しさを演出することが効果的だと考えている人もいます。

自分に自信がなくて、どうにか女性らしさを身につけることが出来ないかと考えている人にとって、困っている人を見つけると大チャンスだと感じるところです。

人の役に立つことは、女性としての優しさを身につけているという何よりもの証拠と言えます。

人に寄り添い、サポートする白衣の天使のように考えており、困っている人の特別な人として君臨したいという願望を持っている事も。

困っている人を助ける姿は、周りから見るととても優しくて輝いているように見えるはずです。

周囲からの評価を得ると、女性としてモテることにも繋がります。

何も言わずに助けるけれども、自分のした行動を静かにSNSでアピールしたり、「行ってくるね」と周りの友達などにはサポートする前に宣言をしたりして、全然自然的な行動ではないという事もあるところです。

母性本能がくすぐられた

母性本能がくすぐられると、どうしても困っている状態の男性を気にしてしまいます。

「何か役に立ちたい」と思うだけでなく、「喜んでくれる顏が見たい」「助かったと思ってくれるだけで嬉しい」など、相手の為になれたと思う事自体が心を満たしていくのです。

母性で「愛しい」と感じる対象は、小さいもの、弱いもの、困っている人、肩を落として嘆いている人など。

自分の持つ全てのノウハウを発揮して、助けてあげたいと願います。

見返りを求めているわけではなく、喜んでくれることが何よりも幸せだと感じることです。

メリットがあるならば、必要とされたという相手の気持ちを掴み取ったこと。

頼りにされたり、甘えてもらえたりしたことが、人格を承認された証であり、自己肯定に繋がる嬉しい出来事です。

近くに意中の男性がいる

手助けをしたその場の近くに意中の男性がいたという理由もあります。

好きな人の役に立ちたいという気持ちはもちろんありますが、自己アピールの一つとして誰かのサポートをしている姿を見てもらうという方法を選択しているわけです。

好きな人の仲のいい友達、いつもいるはずの場所の近く、噂として話が耳に入りそうな関係性の相手など、女性が動いたことを意中の相手に知られることが目的となっています。

「気が利く女性だね」「優しい人だね」という印象を持ってもらってから、本人とコンタクトを取れば「ステキな人だという噂は聞いているよ」「仲のいい友人を助けてくれてありがとう」といいスタートを切れるはずです。

本人を目の前にすると緊張してしゃべれなくなったり、固まってしまったりする女性が、周囲の人を介してアピールしようと考えます。

助け合うのが当たり前だと思っている

助け合う精神を常に持っている女性であれば、何も言わなくても助けてくれることも不思議ではありません。

人は、一人では生きられないものです。

特に、苦労をした経験がある人や困っている時に誰かから救われたことがある人などは、温かな記憶を持っています。

自助と共助は、災害大国の日本において大事にしたい心持ちです。

人間は、腕力で言えばさほど強い方でもありませんし、超音波や直感などの第六感がとびぬけて秀でているわけでもない生き物。

長い歴史の中で助け合い、知恵を出し合って工夫をしてきたからこそ共存繁栄してきました。

誰かが困っていたら助けるのが当たり前だと考えている人にとって、手を差し伸べる事に大きな意味はありません。

必要だからしているだけのことで、人間は全て優しいと信じ切っている人の行動と言えるところです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

好感度を上げたい

中には、好感度を上げたいという気持ちを持って接している人もいます。

モテたいと考えるのは、男性ばかりではありません。

女性だって、異性からモテたいと思う願望は持っていますし、周囲から魅力的に見てもらうためには好感度も重要な要素です。

芸能人や政治家などが好感度を気にしていると考えている人も多いですが、誰しも周りの人から好かれたいのは同じ。

みんな、自分が大好きですし人から嫌われたくないものです。

好感度を上げると、発言の影響力が大きくなったり、自分の要望が通りやすくなったりします。

なるべく敵を作らずに好印象のまま職場や友達回りと過ごしていたいと考える女性は多く、頼まれてもいないのに誰かを助ける行動は、他の人の目線から見ても「イイ人だな」と思われる要因となるはずです。

なんか気になる…助けてあげたくなる人の特徴

抜けているところがある

される側に着目してみると、抜けている所がある人は多くの人からサポートをしてもらえる傾向にあります。

全く能力がなくて何をやっても全然ダメな人ではなく、全般的にそつなくこなせるけど時々拍子抜けしてしまうようなミスをするタイプです。

スキル不足や頑固で人の意見を聞かないようなタイプは、周りから敬遠されてしまいがちですが、普段は周囲との関係性もよく、問題なく何でもできそうな人が、時々スコンと出来ない場面を見かけた時に、ギャップで思わず助けたくなる心理になります。

手を貸すと同時に「どうしたの」と笑い話として話しかける事も出来るので、一層仲良くなることもあるものです。

たまに抜けている所があるのを周囲が認知し始めると、「周りでサポートしようね」という風潮が生まれたり、仲のいいひとが自主的に気にして、困っていないかチェックする視線で見られたりするようになります。

一生懸命頑張っていて真面目

一生懸命何事にも頑張って取り組んでいて真面目な人は、頼んでいなくても周りの人が助けてくれる場面が増えてきます。

人は、とにかくがむしゃらに頑張っている人を見ると、応援したくなる心理になるものです。

「頑張れ」「大丈夫」と心の中で励ましながら、困った時には手を貸そうという気持ちになっています。

恩を売りたいという意味ではなく、頑張っている人がどうにかして目指しているゴールにたどり着けるように、応援したい気持ちから出てくる行動です。

全く知らない子供でも、運動会や発表会などで感動するように、真剣な姿は大人でも胸にグッときます。

努力したことが人の心を動かせば、サポーターは増えますし応援の声が聞こえるほどやる気がみなぎって、プラスの循環が生まれるはずです。

素直な性格

素直な性格の人は、多くの人を味方につけることが出来ます。

お願いしなければいけない事があっても、素直な人は周りの人の意見を尊重したり、教えを乞う相手を尊敬したりしているので、気持ちよく力を貸したくなるのです。

「はい、大丈夫です」と返事をする事だけが素直という訳ではありません。

誰かにアドバイスをもらったら、主観を入れ込むのではなく、とりあえずそのままやってみるという行動や注意や警告をされたら言い訳をせずに対応するということです。

口先ばかりの返事は、素直とは言えませんので、周りの人の協力が得られるかどうかは行動や態度を見ればわかります。

出来ないことがあると、経験したことがある人に質問したりアドバイスをもらったりしますが、そのまま実行している人はごくわずかです。

真っすぐ受け止めている人に力を貸したくなり、頼まれなくても「頑張れ」とサポートする行動を起こすようになります。

笑顔で礼儀正しい

いつも笑顔で礼儀正しい人は、自らお願いをして回らなくても、いつも好印象を与えているので助けてくれる人が多くいます。

日本人の美学とも言えるべき礼儀。

挨拶やお辞儀、言葉遣いや年長者を敬う心などは、全て言葉や態度に表れます。

現代社会においては、様々な部分でグレーになってきている事も多いからこそ、礼儀を重んじながらも笑顔を絶やさない人は、とても喜ばれるのです。

人との関わりを丁寧にするという事。

目を見てしっかりお辞儀をしながら挨拶をし、笑顔で会話を行っていると、周りの人に好印象を与えますし、「困っている時にはいつでも言ってね」「頼ってくれていいからね」という気持ちになります。

自発的にサポートしてくれる心を持ってくれる人が増えるので、自ら発信しなくてもいざという時には、いくつもの知恵を借りて乗り越えることが可能です。

いつも周りを助けている

いつも周りを助けている人は、困っている時に手を借りることが出来ます。

ボランティア精神や優しさとはまた違った形で、人の役に立つためならいくらでも動くことが出来るタイプの人もいるものです。

皆で力を合わせて頑張る時、自身の担当部分が早く終わったら、遅れているパートや悩んでいる人をサッと見つけて駆け付ける事が出来る正義感の強い人。

困っている時には、自分が動いてどうにかなるなら、いくらでも手を貸すつもりでいる人なので、誰かの力を借りようというつもりはありません。

しかし、いつもどこかに助けられている人がいるので、感謝の気持ちを持っている人から、お礼のように動いて助けてもらう事が出来ます。

頼んでいないのに助けてくれる人って脈アリ?好意があるか見極めるポイント

積極的に連絡をくれる

好意があるか見極めるには、連絡頻度を確認してみましょう。

普段顔を合わせる人や連絡を取れる関係性の人であれば、改めてラインや電話をしてもいいか聞く事もなく自分の気持ち次第でネットを介して会話をする事が出来ます。

何か助けてもらったその日に、改めてメッセージが届いたとしても、そこには特別な意味はあまりありません。

「あれから大丈夫だった?」「どうにかなったかな?」と関わった相手のその後が気になるのは当然だからです。

一度連絡が入ったその後が肝心。

頻繁に連絡が入ってきて「困っている事はない?」「いつでも頼ってね」など、関わりを増やそうとしているのであれば、恋愛に発展する可能性はあります。

「遠慮しなくていいよ」と言われたけれど、それきりこちらからコンタクトを取ろうとしなければ、やりとりが出来ない様であれば、親切心で手を貸してくれただけの可能性が高いですので、あまり期待は出来ないと言えるところです。

二人きりで会いたいといわれる

二人きりで「会いたい」と言われることがあれば、脈ありと判断できます。

いくら親切にしてくれたとはいえ、ただの通りかかりくらいで施した手助けであれば、その後どうなったか気にする事もありませんし、「もう困っていなければいいな」と考えるくらいです。

仮に、恋愛の可能性を秘めているなら、大人の世界ですから、次にどんな展開が起こるのかを期待して動くのか考えているのが普通です。

「先日の件がどうなったのか気になって」というのは、全くの口実。

頻繁に連絡をとりたい人でなければ、少し手を貸しただけで会うという行動にまで動くものではありません。

だからこそ、どんな場面にもチャンスが転がっていると知ってほしいのです。

ボディタッチをしてくる

ボディタッチをしてくる人であれば、関係性を深めたいという心理が含まれていますから、恋愛にしても友人関係にしても、相手がさらなる一歩を望んでいると言えます。

このご時世ですから、安易にボディタッチをしてしまったのであれば、セクハラと訴えられたり「変態」と罵られたりするのも目に見えています。

ただの親切心なら、そこまで面倒な事が降りかかってくると予想できれば、触れ合うことはありません。

体に触れると、心の距離も一気に近くなるように感じるので、好きな人には積極的に行いたいアプローチ方法です。

相手が触れてくる頻度が多く、周りの人に同じようにボディタッチをしていないのであれば、脈ありな行動と判断できます。

他の人に対しても同じようにしているのであれば、コミュニケーションの一つとして習慣化されたものですから、あなたに対してだけ特別な感情を抱いているとは言えません。

前に話したことをよく覚えている

以前話した会話の内容をしっかりと覚えているのであれば、気に掛けてくれているサインです。

人との会話は、たった数分であってもものすごく話題数も多く、全てを覚えておくのは不可能。

しかし、興味のある事に関しては、絶大な記憶力を発揮します。

特に、好きな人との会話は、一言一句覚えておきたいと思うものです。

何度か会話をしている状態で、結構前のことを覚えてくれていたり、久しぶりに言葉を交わすことがあったのに、前にあった内容を持ち出してくれたりするのは、しっかりと記憶に定着しているからと言えます。

関心を持って話を真摯に聞いてくれていたり、離れてからも繰り返し頭の中で思い返していたりということをしていれば、覚えていることもあるのです。

質問をたくさんしてくる

質問を沢山なげかけてくれるのは、あなたに関心を抱いてくれているからです。

先ほどもお伝えしましたように、関心がある相手のことは記憶の容量が膨大に広がります。

なるべく多くの情報を得ようとして、質問量も増えるものです。

関係性を構築するためには、相手の事をよく知らなければいけません。

質問を繰り返して、性格や考え方などを理解すると、信頼が生まれて「何かできる事はしてあげたい」という気持ちになります。

恋愛感情ではなかったとしても、これから十分心の距離を近づけることは可能ですので、お付き合いにステップアップするのも夢ではないはずです。

あなたからも「知りたい」という気持ちで接していれば、意気投合したり共通の趣味を見つけられたりしますので、受け身で待つばかりでなくこちらからも質問をたくさんするようにしてみましょう。

いつも助けてくれる人が助けてくれなくなった…なぜ?

お礼を言わない失礼な人だと思っている

いつも何かしら手を貸してくれていた人が、パタリと行動を止めてしまった場合には、あなたの態度を振り返ってみる必要があります。

最初は驚いて感動し、感謝の気持ちがあふれていたことでも、何度か繰り返し助けてくれていると、受け取り側のこちらも慣れが生じてくるものです。

心では「嬉しいな」と思っていても、感謝を表現する事を忘れてしまったり、「してもらって当然」という気持ちが大きくなってシレっとその場を終わらせてしまったりすると、とても失礼な人だと思われるようになるのも当然。

感謝されるためにしていた行動ではなかったとしても、行動したことを無かったかのように振舞われると、腹が立ってきます。

「お礼も言わないなんて失礼だ」「してもらって当然だと思われるなら、もうやめよう」と考えて、行動は変化しますし、あなたへの気持ちも評価も下がるのは必然です。

やってもらって当たり前だという態度に感じた

やってもらって当たり前だという態度に感じると、「成長してもらうためにも、自力で頑張ってもらおう」という考え方が生まれるものです。

困っている様子だったから助けたという単純な動機だったしても、何度も同じように繰り返されると「自分はこの人の補助をするためにいるわけではない」「いい加減、自身で乗り越える能力を身につけてほしい」と思うようになります。

改善しない態度や「問題が解決できたのは自分の力だ」と思っているようなそぶりを見せると、成長させるために突き放すような態度を見せるわけです。

親子でもありませんし、そもそも恋人という関係性でもないわけですから、無償で力を借りようとするのは虫のいい話。

誰かの力を借りるというのは、それほどまでに当然ではないのだと理解しておくべきです。

助けようとするといつも断られるから

「助けようとすると、いつも断られる」と感じた人は、行動する事を止めてしまいます。

あなたとしては、遠慮や謙遜だったり、尊敬する人の手を煩わせるなんて申し訳なさすぎるという遠慮だったりしても、行動を起こしてくれようとしている人にとっては、拒絶と感じるケースもあるわけです。

気持ちよくギブアンドテイクが成り立つ関係性であれば、何度でも助けてあげたくなりますし、見返りなど求めずにすぐに動いてあげようと思うもの。

テイクの部分が「こっちが困っていたら何かしてほしい」という見返りではなく、単純にお礼や素直に受け取るという態度でも、成り立ちます。

いつも「そんなことしてくれなくてもいいですよ」「悪いから止めてください」と遠慮し続けていると、「そんなに嫌ならしない方がいいな」と思ってしまうところです。

あなたから嫌われていると思ったから

嫌われていると思ってしまうと、助けるのを止めてしまうのは仕方のない事です。

先ほどの様に、拒絶したと感じた場合やそもそもの人間関係に亀裂が入ってしまったと思った時には、「関わらないようにしよう」と考えるのも仕方のない話。

例えば、助けてくれたけれど物事がうまくいかなかったり、ヘルプしてくれたことで余計に事態がこじれてしまったりなどの事が起きると、「最初からやらなければよかった」と自分を責めてしまいます。

また、あなたの態度や表情が余りにも悪ければ、「嫌われたのかな」「余計な事だったかな」と稀有して、「次からは遠くから見守ろう」と決めてしまうのです。

人間関係において、何が正解などはありませんから、助けを借りたから悪くなったとは一概に言えませんが、性格や物事のタイミングなどで、責任を感じすぎてしまえばその後は関わりが薄くなります。

一人前に仕事ができるようになったから

あなたが一人前に仕事が出来るようになったのであれば、必然的に助けは不要となります。

職場において、困っている所を助けてもらっていたり、悩みを抱えていることの相談を買って出てくれたりしていたのであれば、ビジネススキルの向上によって初期のトラブルは無くなっていくものです。

例えば、コピー機のつまりやエラーなどは、最初の頃は機械自体に慣れていないのでオロオロして何もできなかったとしても、何度か助けてもらっているうちに要領が分かったり原因を見つけられたりするようになるので、人の力を借りなくても簡単に対処する事が出来るようになります。

多くの人の悩みとして挙げられるのが上司や部下、チーム内の人間関係の悩みですから、困っている時に助けてくれていたとしても、日々の変化で良好になっていけばトラブルになる事も減ってくるものです。

頼んでいないのに助けてくれる人に感謝を忘れずに!

頼んでいないのに助けてくれる人は、あなたを心配してくれるほど大切に思ってくれている人です。

あるいは、日頃から多くの人を助けるという慈善意識の高い方。

もちろん受け取る側のあなたは、「してくれるのが当たり前」と思ってはいけませんし、行動してくれたことがどれだけ有難いことなのかを理解しておく必要があります。

相手の気持ちを汲み取り想像すれば、自然と感謝の気持ちが沸き上がってきますので、しっかりとお礼を伝える習慣を付けておきましょう。

【期間限定】あなたの誕生日で分かる成功への最短距離、知らないともったいないかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで幸せへの一歩を踏み出したあなたのために、誕生日を元に詳しい運命を導き出す『大人の誕生日占い』をお届けします。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、幸運を開花させる方法、反対に避けたほうがいい危険な道など全てが明らかになります。

さらに大人ならではの複雑な恋愛や人間関係の悩みまでも解決に導き、願望成就に向けて全力でサポートしてくれます。

最大2000文字にもおよぶボリュームの精密なメール診断を読めば、成功への最短距離がはっきり分かりますよ。

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG