復縁デートでご飯に行くのはタブー!?やり直せる誘い方・過ごし方の全て

復縁したい彼とデートの約束。

しかし「復縁デートの場所はご飯でいいのかな…」と深く考えずに決めてしまっていいのか迷ってはいませんか?

実は定番だと思われている行動が間違っていたために、復縁を望んでいた彼とやり直すことができないという事態が起こってしまうこともあるのです。

復縁デートでご飯に行くのはタブー!?やり直せる誘い方・過ごし方をしっかりご紹介していきます。

彼と復縁するためには、普通のデートと復縁デートの違いを知ることで、効果的な復縁デートを重ねた後に告白が出来るようになるのです。

復縁デート後の連絡や告白の仕方も、ここで学べば予習はバッチリで復縁デートに望むことが出来ますよ。

最高のデートから復縁を果たして、素敵な二人のスタートを切りましょう。

目次

復縁デートと普通の恋愛デートとの違い

元彼元カノだから復縁デートはドキドキすることはない

復縁デートと普通の恋愛デートとの違いは、まず二人のデートに向かう気持ちが違います。

元彼、元カノの二人だからこそ復縁デートは、片思いのときや両思いになりたての恋愛デートの時のようにドキドキすることはないのです。

普通の恋愛デートでは、相手がどう感じているかわからない、嫌われたくない、少しでもよく思われたい、と心の中で相手との距離感を測ったり様子を伺ったりと緊張することで胸がドキドキします。

しかし、元彼と元カノの間では一通りそのドキドキの儀式は通過して終わっているものです。

ドキドキする気持ちは、片思いや両思いになりたての恋愛デートの醍醐味になっています。

付き合っていた二人にもそんな時期はありましたが、交際の中でお互いを知っていくことで幸せを掴んでいくかわりに、お互いがドキドキする感覚を失ってしまいました。

別れてしまった復縁デートは、嫌われているようであれば実現していないし、少しでもよく思われたい時には、彼の好きなタイプに近づくなどの対処法を心得ているものです。

そのため緊張するドキドキする感覚というよりは、自分が考えた復縁が成功するかどうかの作戦が上手くいくかヒヤヒヤする感覚になっています。

普通のデートは純粋な気持ち、復縁デートは腹の探り合い

普通のデートでは、二人は純粋に「会えることが嬉しい」「楽しい時間を過ごそう」という気持ちで過ごすことができます。

しかし、復縁デートでは、「どういうつもりのデートだろう?」「別れたことの理由を蒸し返して怒られたりはしないかな?」と腹の探り合いになってしまうものなのです。

デート中の行動一つ一つにしても、腹の探り合いは続きます。

普通のデートでは、男性が「飲み物を買ってくるよ」と席を一人で立ち去っていく姿を見て、「優しい人だわ」と女性は喜んで待っているものです。

しかし、同じ行動でも元彼が席を立つと「私と離れたいのかな?」「いいところ見せようとしているのかな?」と元カノは行動の意味を探り、「機嫌よく帰ってもらおう」「一緒にいる時間が疲れる」と元彼は意味を持って立ち去っていきます。

何を考えて行動を起こしているのか、考えながら復縁デートは進んでいくため終わった後には疲れていることもしばしば。

あんなに純粋に楽しかったデートはどこにいったのか、と記憶を遡っていくはずです。

復縁デートを純粋に楽しむためには、駆け引きと同時に思っていることを素直に言葉に出す純粋さを持たなければ、腹の探り合いだけで終わってしまいます。

お互いを知り尽しているから気が楽なのが復縁デート

付き合っていた二人が復縁デートをする時には、お互いのことを知り尽くしているからこそ気が楽に時間を過ごすことができます。

普通のデートでは、緊張が付き物で帰ったあとにどっと疲れが出てくることもありますが、復縁デートでは付き合っていた時の二人の距離感の心地いい感覚を覚えているものです。

どんなものが好きで、どんなことを望んでいるのかを知り尽くしている間柄だからこそ、復縁デート中もリラックスしたまま時間を過ごすことができます。

お互いを知らないままするデートのように食べるものも、行く場所もいちいち顔色を見ながら「気に入るかな?」と気にすることもないのです。

むしろ、復縁したいが故に彼の好きなものばかりをチョイスしてデートプランを立てることも出来るため、デート中の時間は安心して楽しく過ごすことができるようになります。

定番デートの映画館に行ったあとに感想を言い合ったりすることが嫌いな元カレに、わざわざ元カノは感想を聞き出すこともしないし、居酒屋デートが好きな元彼にわざわざオシャレなイタリアンレストランを予約することもありません。

お互いを知り尽くしているからこそ気を使わないデートは、好き嫌いを確認しなくても自然と気が楽なデートを過ごすのです。

終わった恋を引きずっているのならネガティブな気持ちを持ちがちな復縁デート

普通の恋愛デートでは、緊張でいろいろな事を考える余裕がありません。

しかし、復縁デートをする心の中に終わった恋を引きずっているのならネガティブな気持ちを持ちがちになってしまいます。

「私のどこが嫌だったんだろう?」と今考える必要のないことを考えてしまい、デートに集中できずにいるものです。

「あの頃、よくここに言っていたんだよね」と以前の記憶を思い出してしまうこともあります。

記憶というものはいい思い出ばかりではなく、嫌な思い出も思い出してしまうものです。

「あの一言がなかったら、上手くいっていたはずなのに」「どうしてあんな別れ方になってしまったのか」と、終わった恋を引きずっているためにデート中も前の二人を思い出すばかりになってしまいます。

別れてから相手の良さを再確認したとしても、別れ際の悪かった雰囲気に引っ張られて、元彼の魅力を見るということよりも「ケンカばかりだった時のままの気持ちでいるんじゃないか」という不安が募るのです。

復縁デートが出来るチャンスがあることを喜び、今この時を楽しめればいいのですが、「私が尽くしすぎたから飽きたんだわ」「浮気したのは私の魅力がなくなったせいかも」とネガティブな気持ちでデートを楽しめなくなります。

復縁デートをしている最中に交際への可能性を肌で感じる

付き合っていたころ、言葉で気持ちを確認しなくても想いを通じ会えていた二人だからこそ、復縁デートをしている最中にも交際への可能性を肌で感じることがあります。

彼が何を考えているのか、彼がどんな気持ちで会話を受け取っているのか、そんな目に見えない気持ちの部分が言わなくてもわかるものなのです。

二人が積み重ねてきた時間が、愛情と信頼を育て空気で会話をする呼吸を培ってきました。

小さなすれ違い、環境の変化、マンネリなどで別れてしまったなどしても、お互いのことを理解している状態は変わりません。

久しぶりに二人で過ごす時間が、心地よく安心感があれば再び交際することの可能性を肌で感じるほど勝手に分かるのです。

彼が見せる微笑みの意味、自然と手を繋ぐことができる感覚、深く語らなくても見つめてくる瞳の奥に見える彼の気持ち、彼が何も言わなくても「また私たちは付き合うのね」と理解することができます。

別れる時には確かに理由があったはずです。

しかしその別れた理由が、過去二人が培ってきた信頼にとって大した問題ではない場合には、復縁デートの中で交際する可能性が見えるので、復縁も難しいことではありません。

復縁デートをする時の元彼の心理

「彼女は何を考えているのだろうか」と疑心暗鬼な気分

復縁デートをする時の元彼は「彼女は何を考えているのだろうか」と疑心暗鬼な気分になっています。

「もう俺たちは終わったはずなのに、このデートは何か企んでいるのか」と交際が終わったことが心の中で整理ができている元彼は、元カノがどういうつもりなのかわかりません。

「友達として遊ぶのか?」「もしかしてやり直したいって思っている?」「まさか、今更責められたりする?!」と疑惑たっぷり。

一度恋愛が終わってしまうと、なかなか整理をつけられない状態の人もいますが実は逆のタイプの人もいます。

終わった恋は、きっぱりと過去のことにしてしまうことができる人もいるのです。

そんな元カレは、終わった恋から何か発展をさせようとは思ってはいません。

デートに誘われた、嫌ではなかったし予定が空いていたから受けた、という元彼は完全に友達モードだといえます。

しかし、元カノはあくまでも元カノです。

普通の友達同じように遊ぶことはなかなか難しいといえます。

疑心暗鬼の心が「なんでもいいや!今日はこの時間を楽しむぞ」と切り替えができなければ、デートの時間で楽しい時間を過ごすことは難しいといえるのです。

あなたの態度から「復縁したい」と悟られないようにすることが、デートを楽しく終わらせるコツとなります。

「友達として?」「元カノとして?」「彼女候補として?」と頭が混乱

復縁デートをするときに、元彼は元カノからのデートの誘いの意味を考えます。

「友達として?」「元カノとして?」「彼女候補として?」と頭が混乱するものです。

元彼からすると、元カノの心づもりが分からないと、どう対応しようか考えることができません。

友達として遊ぶのであれば、全てがフィフティでただ楽しめばいいし、元カノとして会うのであればもしかしたら現在の恋愛相談を持ちかけられるかもしれない、彼女候補としてデートになるのであれば、男として女性の気持ちを汲んであげたいと対応策に“オレ仕様”が変わってくるのです。

男性として女性に恥をかかせるのはプライドが許さないし、友達として遊ぶのであれば男女の性別も何も気にしなくていいということになります。

元カレとしては「ちょっとどういうつもりか、先に言っといてよ!」という気分です。

元カノがどういうつもりで会うのかによって、男性としても出かける服装も変わります。

行く場所も食べに行く場所も、全てが友達と元カノと彼女候補ではプランが違うものなのです。

混乱した元カレは全部のプランを一応考えておこう、と気を揉んでいます。

復縁を希望している彼ならば「このチャンスは絶対に逃さない!」と意気込んでいる

復縁デートをしたいと誘った時に、元カレの方も実は復縁を望んでいる場合があります。

そんな彼であれば「このチャンスは絶対に逃さない!」と意気込んでいるに違いありません。

別れてしまったカップルが、実はお互い復縁を望んでいるということは珍しいことではないのです。

ただ、復縁を行動に移すかどうかでそのまま離れてしまうか、復縁できるかの違いが出てきているだけになります。

元彼も復縁を希望している彼であれば、別れてからまた二人で会えるチャンスがあるなんてラッキーで仕方ありません。

バッチリプランを立てて、二人で会うこのチャンスに一気に交際に持ち込もうと頑張ります。

ちょっと背伸びして、いいお店を予約してしまうこともあるものです。

夜景の見えるところで復縁告白、と最後の告白まで考えています。

そんな元カレとのデートは、再会した瞬間に両思いを肌で感じるものです。

デート中はとても楽しい時間を過ごすことができます。

しかし、別れた原因としっかり向き合って話し合いをしなければ、成長した復縁を遂げることは出来ないのです。

気合タップリの元カレが現れたら、早い段階で復縁の話に向けて原因解決の話し合いをするのも一つの成長の証となります。

「絶対に絆(ほだ)されてはいけない」と警戒心を持っている

元カノとの別れで嫌な思いばかりが残っている元彼であれば、会う約束はしたけれど「絶対に絆されてはいけない」と強い警戒心を持っている状態でデートにやってきます。

元カノの浮気、決定的な価値観の違い、大きな喧嘩、などハッキリとした別れの原因があるはずです。

しかし、こんな元彼はあなたのいいところも知っているということを自覚しています。

だからこそ、あなたの長所や魅力的なところを目の当たりにすると「また惚れてしまうかもしれない」という不安があるのです。

元カレから見たあなたには確かに魅力があり、それを理由に付き合うことに対して警戒心を持っています。

例えば、あなたが無意識に行うさりげない優しさがドストライクで元カレの心に響くことばかり!だったり、仕草や言動に色気があって本能が抑えられなくなってしまう!だったり、と元彼氏が強く意識していても、どうしてもあなたに惹かれる魅力があるということです。

その魅力とともに、「どうしても食べ物の好みが合わない」や「浮気がどうしても許せない」など、心が受け入れる準備が出来ないことがあるという意味を示します。

復縁を叶えるためには、少し時間がかかりますが彼と別れる原因となった点についての歩み寄りをすることで警戒心も次第に溶けていくはずです。

知りつくした相手と会えることを心から「嬉しい」と思っている

男性にとって社会は戦場です。

いつでも緊張することの連続で、気が休まることはありません。

そんな元彼にとってあなたと過ごす時間は、安らぎの時間でした。

しかし、別れを迎えてしまい、彼にとって安らぎの時間がなくなってしまったのです。

再び会えることとなり、元彼は自分のことを知り尽くした相手と会えることを心から「嬉しい」と思っています。

男性が心の内をさらけ出すということは、かなり勇気がいることで、簡単に他人に自分の全てをさらけ出すことはしないのです。

しかし、あなたは元カレの全てを知り尽くしている数少ない心を打ち明けた相手。

自分のことを知ってくれている相手と過ごす時間は、嬉しいものなのです。

あなたは、社会の中での彼とは、違う姿の彼を見てきたはず。

彼は、そんな自分を知るあなたといる時間が、とても心地いいと感じていました。

「元カノといるとホッとするんだよな」と感じることになります。

元カレと再会した時の、安心したような微笑みにその嬉しさがにじみ出ているはずです。

あなたはあなたのままのペースで、復縁デートを過ごすことが元彼は一番居心地がいいまま過ごすことができます。

元カレとの復縁デートに効果的な場所

公園など自然が感じられるスポット

元カレとの復縁デートでは、気持ちを開放させることとリラックスさせることが、余計なことを考えずに過ごせるデートを可能にします。

付き合っていた頃には、偏りがちだったデートスポット。

交際期間が長くなればなるほど、近場でデートを済ましたり、どちらかの家でまったりデートをしたりと、デートでわざわざ遠くまで足を運ばなくなってしまいます。

そうなると不思議なことに、人工的な物ばかりに囲まれて本当のリラックスができていないことも多くあるものです。

公園などの自然が感じられるスポットでは、木々の緑や湖に太陽が反射してキラキラ輝く様子を見ているだけで、心が穏やかになっていきます。

自然の力は、囲まれているだけで十分に感じる取ることができるものなのです。

公園などで、緑に囲まれて元カレと横に並んで座っていると、何も話さなくても穏やかな時間を過ごすことができます。

それだけではなく、目に映る自然の姿そのものが話題になるため、復縁デートで相手の気持ちを探らなくても、自然に和やかな会話へと流れていくことができるのです。

気持ちをリラックスして自然を感じながら、純粋にその場を感じているだけで、不思議と別れた理由さえもどうでもよくなります。

ショッピングなど誘う理由がつきやすい場所

復縁デートでは、ハッキリと目的場所がわかった方が誘いを受ける側は答えやすいものです。

ショッピングや人気のカフェ、一人では行くことをためらってしまうボルダリングなどの娯楽施設は元カノからはデートに誘いやすく、元彼は誘いを受けやすい場所といえます。

特に女性は、彼氏ができると女友達と遊ぶ機会が減り、交際期間が長くなると遊ぶ友達が少なくなる傾向にあるものです。

彼氏と別れてしまった後に、一緒に出かける相手がいないという話も少なくありません。

「ショッピングに行きたいんだけど、他に誘える人がいなくて」と言えば元彼も納得しやすいはずです。

例え、誘える女友達がいたとしても会う理由がハッキリしていたほうが、元彼も困らずにすみます。

理由は何であれ、復縁デートでは二人で再び会えることが重要です。

ショッピングに付き合ってもらったら、帰りにどこか別のところにも寄ることもできるし、別の日にまた「お礼がしたいから」と会う約束をすることもできます。

誘う理由がつきやすい場所を復縁デートに選べば、自然な形で元彼と一緒に過ごすことができるのです。

ランチなディナーを二人で

定番だと思われている食事デート。

しかし、復縁デートでは食事タイムの過ごし方がとても大切になります。

ランチを一緒に食べるのは、遊びのプランの通過点のようで記憶に残りません。

復縁を求めている元カノであれば、ぜひともディナーを計画したいところです。

しかし、ディナーデートというのも元彼からすれば少し重たいものになってきます。

ディナーと言えば、大切な話が出てくるセオリーがあり、食べ終わったあとの時間を「どうする?」と次へ誘う決まり文句のようなイメージがあるものです。

そのため、ディナーデートに誘うと元彼からすると色々と想像を掻き立てられ、警戒心を持たれるとデートそのものがキャンセルされてしまう可能性があります。

食事に誘うのはいいけれど、実はここでちょっとしたテクニックが必要です。

ランチのような気軽さを醸し出しながら、ディナーをするランチディナーを二人で過ごしましょう。

ディナーの後は解散する、などのその後の予定も先に伝えておくことで、元カレの余計な気遣いを減らすことが出来ます。

元彼が色々考えることがなければ、一緒に楽しく食事をすることも可能です。

何を食べたか記憶に残りにくいランチよりも、きちんと食事として楽しめるディナーをデートプランの一つに組み込んでおけば、元彼も構えることがなく向かうことができます。

一緒に向かい合って食事をすれば、心の距離も近づきやすい作戦だということは、彼には内緒。

過去に二人で訪れた思い出の場所

マンネリや遠距離で別れてしまったカップルに特に効果的なデートは、過去に二人で訪れた思い出の場所です。

付き合っていた頃の思い出が風化してしまいがちな別れには、当時のことを思い出すキッカケを作ることで感情が動き始めます。

記憶の中で残っている景色でも、実際に目にすると感動は大きく沸き上がってくるものです。

昔から、プロポーズの場所は一生忘れない場所だと言われるように、二人で訪れた思い出の場所は、心の中で特別な場所に変わっています。

ラブラブだった時には、恋人の聖地だと言われるようなところやパワースポットと言われるようなところにも行ったはずです。

もしかしたら、その当時の二人の記録も残っている可能性もあります。

「あの時、すごく人が多くてはぐれそうだったからって手をつないでくれたよね」とその時の思い出を話しているうちに、その時の気持ちが再び蘇ってくるものなのです。

気がつけば二人は、あの頃のように自然に手をつなぐなんてことも、夢ではありません。

元彼と会うなら思いでめぐりも兼ねてデートすれば、当時は彼しか見ていなくて全然見られていなかった景色も、再発見があるなどの嬉しいこともたくさん訪れます。

復縁できるデート回数と2回目・3回目以降へのつなげ方

復縁デートは5回目を超えれば相手の警戒心が恋愛感情に変わる

実は、復縁デートには警戒心が恋愛感情に変わるポイントがあるのです。

一度別れたカップルが復縁デートをするとなると、相手の警戒心は大いに高まっています。

別れた時点で彼女ではなく、元彼女となり会う約束をした時からどういうつもりで会うのか探り始めるものです。

しかし、ただ終始一緒に楽しい時間を過ごしただけで終わった1回目のデートを終えると、再び元彼氏は「なんだったんだろう?」と疑問が大きくなってきます。

そして2回目3回目と同じように警戒心と、疑問を繰り返していくうちにだんだんとそれらの気持ちが薄まっていくのです。

同時に、何もトラブルのない楽しいデートを繰り返していくうちに「そうだ、この子と過ごす時間は楽しいものなんだ」と改めて気がつくようになります。

復縁デートは5回を超えると、警戒心はなくなりデートを純粋に楽しめる恋愛感情へと変わっているはずです。

元彼も次のデートが楽しみになり、自分から楽しいプランの提案をするようになります。

5回のデートで警戒心から恋愛感情へ気持ちが変化していくまでは、徹底して楽しいデートをやりきることを完遂しましょう。

元彼を誘う1回目の復縁デートは相談などを持ちかけよう

別れ話をした元彼をデートに誘う事は、元カノにとってはとても勇気がいるものです。

元彼も別れてしまってからあなたのことを気にはかけていても、一度別れた彼女に連絡をすることは、なかなかできることではありません。

そこで、元彼を誘う1回目の復縁デートは相談などを持ちかけるのがベター。

仕事のことでも、趣味のことでも何でも大丈夫です。

元彼にとっては、突然「会える?」と言われるよりは「ちょっと仕事のことで相談したいことがあるんだけど」と言われた方が会いやすくなります。

しかも、相談を持ちかけられるということは、男性からすれば信頼されている証。

元カノとはいえ、女性からの信頼は元彼の気分も良くなるものです。

誰にでも話せるわけでもない相談事は、元カレを信用しているからこそ打ち明けられるという捉え方もできます。

逆に誰でも答えられる相談事は、元カレは「こんな誰でも答えられる相談をしてくるなんて、やっぱりオレは必要とされているんだな」と嬉しくなるはずです。

ここは元彼に好きなように受け取ってもらって喜んでいる間に、次のデートの約束を取り付けることができます。

【2回目・3回目以降への繋げ方】会えない時間の連絡の頻度を上げる

1回目の復縁デートが済んだら、その後のフォローが重要です。

会えない時間に放置しておくことは、「単に別れたけれど1回会いたかっただけだ」と思われ元彼はあなたへの興味がなくなります。

会えない時間の連絡の頻度を上げることで、元彼の気持ちが逸れていくことを防ぐことができるのです。

破局を迎えてから1回目の復縁デートまでは、二人は連絡をしていませんでした。

しかし、再会したことにより連絡を取ることへのハードルが低くなり、会うことへの抵抗が少なくなっているはずです。

その感覚を忘れないうちに、連絡の頻度を上げてあなたの存在を彼の心にコンスタントに残していきましょう。

かといって、いきなり毎日連絡をするようになることは御法度です。

別れたカップルだということを忘れず、彼に迷惑がかからないことが大前提で連絡を入れていきます。

1週間に1回くらいがちょうどいい頻度です。

元彼氏が別れた彼女と連絡を取り合うことに抵抗がなくなってしまえば、次のデートも受けやすくなります。

そのため、連絡を取り合っているとしても、1回目の復縁デートからすぐ次の週など、頻繁に会う約束を取り付けるのは、別れたことがうやむやになってしまうため元彼は困惑してしまうのです。

次の復縁デートも1回目から1ヶ月は空けてから誘いましょう。

【2回目・3回目以降への繋げ方】復縁への警戒心を抱かせないために友達として接する

復縁デートをしても、元彼に復縁を狙っていると気づかれてしまうと、次のデートをすることが難しくなります。

元彼から会うことを拒否されるということは、やはり復縁も難しい状態へとなってしまうに違いありません。

元恋人がすっかりあなたに心を開いて、本来の本音で向き合う関係にまで戻るまでは、復縁デートをしても警戒心を抱かせないために、友達として接することを徹底します。

付き合っていた頃の話は一切出さない、やたら一緒にいようとしない、元彼がリードしてくれて当たり前だと思わない、など友達であれば当然のことを淡々とこなしていく必要があるのです。

付き合っていた期間が長ければ、友達の距離感を保つのは難しいと感じますが、話をするときに過去のことに触れそうになれば、一度ぐっと言葉を飲み込みましょう。

そして、付き合っていた頃の二人の直接的な話でなければそのまま会話をしても大丈夫です。

一緒に見た映画、思い出のプレゼント、記念日、過去の会話、など直接二人の身に起きた話は元カレの頭の中で交際を思い出し、「また付き合おうっていう気?」と警戒心を強めてしまいます。

一度別れた男女は、既に恋人同士ではないということを自覚して、友達として接することが大事です。

復縁デート後の連絡の仕方と告白タイミング

【連絡の仕方】あの人が興味を抱く話題や情報を提供する

復縁デート後には、少しでも存在を思い出してもらえるために、あなたが切り出す話題が興味深いものでなければいけません。

そのため、あの人が興味を抱く話題や情報を連絡の中で提供していきます。

野球が好きな彼なら、シーズン入りしたプロ野球の話、サッカーが好きな彼ならサッカー観戦ができるバーの情報など、彼が話題に身を乗り出してくるような情報が望ましいものです。

男性の好きなものに、女性が興味を持つことは難しいものも多いですが、同じ話題をあの人と同じだけ知る必要はなく「今度○○で野球の試合があるみたいよ」や「○○にあるバーはサッカー観戦できるからすごく盛り上がるんだって」など、調べたらわかるものでも話題としては十分になります。

最初は話題自体が嬉しくて答えていた彼も、次第にあなたが調べていることに気がつくはずです。

自分が好きな話題を提供してくれるあなたのことを「よく調べてくれているな」と思うようになり気持ちが徐々に変化してきます。

【連絡の仕方】直接のやり取りの前にSNSでの絡みを積極的に

元カレとのやりとりは、直接LINEや電話でできますが、別れてしまったことをきっかけにひと工夫します。

連絡を直接やり取りする前に、SNSでコメントを入れたり、リアクションをしたりと絡みを積極的に行うのです。

そうすることで、深いメッセージのやり取りをしなくても繋がっている感覚はあり、よく見てくれているという事実が信頼関係を結んでいきます。

直接メッセージを送ると、必ず話題が必要になり、最後まで会話が終わるまで拘束されている感覚になってしまうものです。

その点SNSは完全に任意なので、コメントに彼が返信しないという選択もできます。

SNSでの絡みが増えるほど共通の話題も増えるため、次の復縁デートでも話題が尽きることがありません。

ただし、アップ記事は必ずチェックしている、と思われるほど毎回1番に反応されると、元彼も引いてしまうので頻度とタイミングには要注意です。

【連絡の仕方】連絡こない場合はしばらく時間をあけてから心機一転したメールやlineをする

復縁デート後に連絡をいれて、連絡こない場合は元彼も少し復縁デートについて考えているか、忙しくて返すことができないかという状況なので、無理に即レスポンスを要求しないようにします。

しばらく時間をあけてから心機一転したメールやlineを入れることにしましょう。

この時のポイントは心機一転した内容なので、期間を明けたにも関わらず再び「この前は会ってくれてありがとう」や「あれから返事ないけど私いけないことした?」など復縁デートを蒸し返すような話題は避けることです。

「最近忙しい?」「この前共通の友達の○○と久しぶりに遊んだよ」など、彼が深く考えることがないようなメールやlineの内容にします。

本当に忙しいだけで返信がなかったのであれば、彼とタイミングが合えば普通に返事が返ってくるものです。

連絡のやり取りに強制をしないようにしましょう。

【告白のタイミング】彼から「また会いたい」という気持ちを感じ取った時

復縁デート後に、連絡をやり取りしている間に焦りは厳禁です。

じっくりと元彼の気持ちが動いていくのを感じながらタイミングを待ちます。

そして彼から「また会いたい」という気持ちをあなたが感じ取った時に、告白のタイミングを迎えるのです。

彼がどう思っているのかは、元カノあなただからこそ分かることといえます。

復縁デートが成功し、彼がやり取りを楽しいと感じていることをあなた自身が肌で感じているはずです。

彼から「また会いたい」という気持ちを感じ取ったのであれば、あなたに対して恋愛感情として向き合えた証拠。

しっかりあなたの気持ちを伝え、「恋人として会いたい」「もう一度やり直したいと思っている」とハッキリと伝えることで彼の胸にもしっかりと届きます。

このタイミングより早まってしまえば、もう会えなくなる可能性があるので、しっかりと彼の気持ちがどうあるのか、息を潜めて探りましょう。

【告白のタイミング】彼があなたを頼っている時

二人が破局を迎えた時点で、二人の依存関係も解消されました。

しかし、復縁デートを重ね、連絡のタイミングがうまくいっていれば自然と彼の方からあなたのことを頼ってくるようになります。

心に距離がある相手に対して、何かお願いをしたり頼ったりすることはないからです。

頼る内容が重要であればあるほど、あなたの存在が重要になってきている証拠と言えます。

元カレが何かお願いをしてきて、会わなければ渡せないものや満たすことができないものであれば、彼の中のあなたは確実に必要な人になっているのです。

彼があなたを頼っていると感じた時に、復縁の告白タイミングがやってきたといえます。

お願い事を聞いたついでに告白しても、成功率は高いはずです。

復縁デートが上手にできるほど脈ありになっていきます

復縁デートは普通の恋愛デートとは違い、少し注意点やテクニックが必要です。

それはお互いを知り尽くしているからこそ、純粋さをなくしているからだとも言えます。

元彼が警戒心をいかに解いてくれるかが重要なポイントなので、復縁デートが上手にできるほど脈ありになっていき、復縁告白成功へと近づくことが出来るのです。

復縁デートを重ね、上手に連絡のタイミングを測って告白のタイミングまでは復縁を気づかれないようにすることが警戒心をなくしていくことにつながります。

上手に復縁デートをし、新しい二人の交際が始められるようゆっくりと行動していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG