元彼と結婚してたらどうなったんだろう…?そう思う瞬間や理由、未練を断ち切る方法をご紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、予言鑑定を試してみてください。。

あなたの予言鑑定の結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

結婚生活を送り始めたものの、現在の旦那に対する不満が溜まってきて、「元彼と結婚してたらどうなったんだろう」「あの人と結婚すればよかった」と思う日があることにモヤモヤしているあなた。

恋愛と結婚は違うと言われますから、いざ新しい人生が始まったら旦那と比較したり後悔したりすることもあるものです。

不満を抱えている時には、過去の別れの原因さえも「大したことなかったな」と思えてしまいます。

元彼と結婚してたらどうなったんだろうと疑問を感じる瞬間や理由など、詳しくご紹介していきましょう。

相手が違えば本当に上手くいっていたのかなど、考えるべきポイントを明確にすれば、あなたにとっての幸せをしっかりと受け止めて前に進むことができます。

目次

元彼と結婚してたらどうなっていたんだろう…。そのように考えてしまう瞬間

自分の意見を否定されてばかりの時

夫から自分の意見を否定されることが続いていると、つい昔の人の事を思い出します。

恋愛をしている時には、何でも望みを叶えてあげたいと思うことが多いものです。

意見が合わなくても代替の提案をするなどで、お互いが歩み寄ろうとします。

結婚生活では、毎日顔を合わせて生活をしているわけですから、恋愛とは少し違って、パートナーと人生そのものを共有している事になるわけです。

自分の考えを理解してほしいし、出来ればマイペースに生きていく中にパートナーが寄り添ってほしいと望んでいる人も少なくないはず。

自分の生き方だけにフォーカスしているときには、意見が合わない時「それは違うよ」「そんなの間違っているよ」と主張を貫こうとしてしまいます。

言われる側は、「否定ばかりしなくてもいいのに」と嫌な気持ちになりますから、現実から目をそむけたくなるのです。

恋愛していた時代を思い出し、話し合いで物事を決めていた元カレなら、否定されることはないと信じたくなります。

亭主関白で一緒に居ても自分を出せない時

結婚したパートナーが亭主関白で、一緒に居ても全然自分らしさを出せない時には、他の人との結婚を想像してしまいます。

今時、亭主関白の人は珍しいと思う人もいるかもしれませんが、案外多いものです。

男性にとって結婚は、一家の大黒柱としての責任を負う重要な決断と言えます。

共働きだとしても、「自分の稼ぎが安定していなければ、守ると決めた妻を幸せにすることが出来ない」と思っているので、フェアな関係性ではないと無意識のうちに考えているわけです。

自分が頑張っているのだから、妻はサポートをして当たり前だという考えであれば、悪気はなくても命令口調になったり、自分の主張ばかりを押し通したりしてしまいます。

女性側はフェアな関係性だと思って結婚するケースがほとんどですから、虐げられているような気持ちがして、自分の考えも意見も言えない状態にストレスを抱えるのです。

理由も言わず夜な夜な遊びに行ってばかりの時

夫が理由を告げずに、毎晩のように遊びに行く時には、夫婦を続けていくべきか迷うきっかけにもなりますし、元カレとの結婚を想像して後悔する場面でもあります。

いくら好きになった人だからといっても、結婚してみなければどんな生活を送るのか、恋愛以外の考え方や生活の送り方がどうなのかは、分からないものです。

同棲をしてから結婚を決めたとしても、「前はこんなことしなかった」と思う出来事は多々あります。

理由も言われないことで浮気を疑いますし、放置されている感が強くなりますから、なぜ結婚したのかが分からなくなるわけです。

「元カレだったら、そんなことはないだろうな」と想像の域を超える事はありませんが、違う未来だったらどうだったのかと考えずにはいられません。

呆れていたり、愛情が薄くなったりしていますので、この先の結婚生活も継続が危ぶまれるケースと言えます。

夫婦仲良く過ごす時間が少ない時

結婚したにもかかわらず、夫婦で仲良く過ごす時間が少ない時には、考えが散漫になってしまいます。

新婚の時もですが、長くなって同居人のようになってしまっている時にも、「このままでいいのかな」と思い始めるところです。

仲良く過ごしているかどうかは、夫婦にとってとても大事な問題と言えます。

共に生活をしているだけでは、支え合っている実感も湧きにくいですし、相互感謝が生まれませんので、結婚という形自体に疑問を抱き始めるはずです。

好きな人と生涯を共にすると決めたのですから、お互い幸せになるための努力を尽くしたいと思っています。

喧嘩ばかりの日々はもちろん、いるのが当たり前になっている時にも、仲良く過ごしているとは言い難いですから、心が迷い始めるきっかけは十分あると言えるのです。

あまりにも大きなトラブルが起きなければ、夫婦は続けられます。

しかし、「これって仮面夫婦?」と思い始めた時には、既に心の中がざわざわしている状態ですので、脱却する必要があるわけです。

こちらの記事では、仮面夫婦を修復するためのノウハウがたっぷり詰まっていますから、ぜひ活用してくださいね。

仮面夫婦を修復したい!夫との関係を再構築するために必要な行動&絶対にやってはいけないこと

元彼との家族の方が仲が良かったと感じる時

元カレとの家族の方が、義両親よりも仲が良かったと感じた時には、別の幸せを考えてみることがあります。

家族との関りは、非常に大事です。

家同士の結びつきが行われるわけですから、関係性が悪ければ夫に対しての見え方も変わってきます。

親や兄弟など、身近な人ほど仲良く出来れば、生活における精神状態も安定するものです。

義両親とトラブルがあったり、考えが掴みにくくて他人行儀になってしまったりしていると、「元彼と結婚していれば、あの家族とならうまくいくのにな」とつい考えてしまうのも無理はありません。

特に、夫の母親の性格は非常に影響が大きく、上手くいくかどうかの要となるところです。

家計が大変で元彼の金銭感覚があっていたと感じる時

生活をしている中で、家計が大変だと思った時には、金銭感覚のあっていた元カレとの日々を思い返します。

金銭感覚は、幼少期から刷り込まれたものと、社会人になってから自分の経験で積み上げるものとあるはずです。

両方が合わさって築き上げられた金銭感覚は、なかなか他の人と擦り合わせてもぴったり一致する事は難しいと言えます。

近い感覚で捉えている人と一緒にいると、お金を使う場面や料金の相場が似ているので、違和感を抱くことなく買い物が出来たり、話が出来たりするものです。

家計を任されるようになると、生活費という恋人の時にはなかった項目を見ていく必要があります。

外食の頻度や水道光熱費に対する意識など、細かい部分も含め、余計なものを購入するクセや結婚しても好きなモノにつぎ込むなどの行動は、「分かり合えない」と思いやすいポイントです。

元カレと過ごしている時に、特に困ることが無かったなら、「あの人とだったら、上手く家計も回せたかな」と想像してしまいます。

元彼との結婚が夢に出てきた時

元彼と結婚する様子を夢に見た時には、現実で起きたらどうだろうかと考えてしまうきっかけとなります。

人間は、欲深い生き物ですので、現実で起きていない事を望むものです。

特に、今の生活に不満がなくても、目の前にあり得ない状況を夢で見た時や想像してしまった時には、「そんな未来があったのかもしれない」とイメージします。

人生は選択の連続ですから、夫との未来を選んでいなかったら、どんな今を送っていたのか考えるのは当たり前です。

寝ている時に見る夢は、様々な情報がランダムに組み合わさっていたり、願望だったりなど、必ずしも予兆しているものではありませんが、映像として見ることが出来ますので、つい思いを馳せてしまいます。

映像で見てしまったことで、心を奪われて繰り返し考えてしまう事も珍しくない事です。

友人から元彼の方が良かったと言われた時

仲のいい友達から「あの人の方が良かったんじゃない」と言われた時には、その気になるものです。

先ほどもありましたように、選択の連続の毎日ですから、「もし」の未来を体験する事は出来ません。

けれども、良い状態を求めて常に選んでいるわけですから、「あっちの方がよかったのかも」と言われると「そうなのかな」と考えてしまうのが人間です。

仲のいい人が言う言葉は、すぐに信用に値しますので、すんなりと心の中に入ってきます。

「この人が言うんだから、そうかもしれない」「確かに、どうだったのか気になる」と考え始めたり、夫に対する不満部分が目立つようになったりしてしまうところです。

このパターンには落とし穴があって、友人の好みも若干影響を受けています。

冷静に「あなたなら、前の人の方が合っていたよ」と教えてくれる場合もありますが、友人が元カレの方が人間的に気に入っていて、「いい人」と思っていたり、夫の事を深く知らなかったりすれば、安易に比較して適当に発言することがあるのです。

家事を全く手伝ってくれない時

夫が全く家事を手伝わない時には、つい違う未来を想像します。

今は、共働きが主流です。

専業主婦であれば、自分の役割として家事を楽しんだり、仕事を取られないようにプライドを持って家の事に取り組んだりする人もいますが、共働きの家庭の女性は、家の中もフェアでありたいと願うケースが多いと言えます。

お互いに時間を削って働いているわけですから、家の中でも出来る人がやれることをすればいいという考えを持っているケースが多いものです。

男性側からすると、男の方が仕事量も時間も多いので、早く帰る方がすればいいと思っています。

考えが食い違っていますので、勝手に協力体制になる事は期待できませんが、全く手伝う気配がない時には、「あの人だったら、もっと私の事を考えてくれたかな」と現実逃避の一つとして思い浮かべるところです。

元彼と結婚してたら…。元彼が忘れられない理由

元彼が好きで未練があるから

未練がある時には、つい結婚する場面を考えてしまいます。

別れた事で、今の夫と夫婦となっているわけですが、それとこれとはまた別の話です。

好きな思いを抱えたままでも、違う人と結婚すれば、別の未来を想像するのはムリもありません。

元彼が結婚したと噂を聞いてショックを受けたり、悔しい気持ちが沸き上がったりするところから、未練に気が付くケースもあります。

幸せそうだと感じれば、自分との未来はなかったのか、悔し紛れに考えてしまうものです。

大好きだった人と必ずしも一緒になれるとは限りませんから、過去の事を悔やんでも仕方がないのですが、好きという気持ちに気が付いてしまうと、これからも頻繁に思い出してしまう可能性が高まります。

やり直したいとまでは思っていなくても、好きな部分を鮮明に覚えていると、未練となって想いを揺さぶるところです。

声や優しい所、笑顔、美味しそうに食べる姿など、思い出すだけで胸がキュンとなります。

今の旦那に何らかの不満があるから

夫に対して不満を抱えている場合、つい元彼と比較してしまいます。

前の男性と結婚生活を送っていたわけではありませんから、夫婦として感じている不満を持たないかと言えば分かりませんが、目の前にある現状に、心がストレスを感じているので、思わず別の状況に身を置いた自分を想像するわけです。

家事を手伝わない、脱いだ服がそのまま放置されている、お金遣いが荒い、マザコン気質がある、命令されている感じがある、料理に文句を言われる、ごみの捨て方が嫌、予定を何も教えてもらえない、隠し事がある、など。

夫婦となってから抱く不満は、細かい様で毎日の出来事ですから、かなり精神的ダメージが大きいものです。

小さなことを気にしないように頑張ってはみても、なかなか気持ちを切り替えることは難しいと言えます。

不満があれば、解消する方法を考えますが、すぐに変化するわけでもありませんからもどかしいところです。

今の旦那と性格や価値観が合わないから

性格や価値観が合わないと感じている時には、違う人との未来を想像するのも無理はありません。

何度も出てきていますが、結婚してからでなければ分からないことがあります。

恋人の時には、性格も価値観もピッタリ合うと思っていても、いざ生活を始めてみると、微妙な食い違いが精神を圧迫し、どうしても譲れない部分として見つけてしまうものです。

食器の洗い方や選択の干し方、掃除の仕方など何でもいいものでさえも、ルールやルーティンを崩されると「合わない」と思ってしまいます。

些細な違いどころか、大きく性格が変貌するケースも。

結婚して自分のものになると、途端に頑張る事を辞めて本来の性質が出てくることがあります。

本当はズボラだったり、細かすぎたりする性格なのに、恋愛をしている時にはよく見られようと自然に隠していることがあるはずです。

ダメな部分も見せるのが夫婦ですから、ありのままの姿に戻った時、思いがけない一面を見つけます。

家事を全くしてくれないから

全く家事をしてくれない夫であれば、元カレを忘れられないと感じる一因となります。

生活面での未練。

付き合っていたり同棲していたりした元恋人が、とても几帳面で、自立した生活をしていたのであれば、元カレの普段を思い出しては、「あの人と一緒になればこんなにイライラしなかったのにな」と後悔します。

人は、ないものねだりをする生き物ですから、生活力の高い男性を見た事があれば、不満点を見つけた時に、良い方を選びたいと思うものです。

「あの人だったら一緒に料理をしてくれた」「片付けまで楽しかった」と家事の分野で元彼との思い出があれば、余計に現状と比べてしまいます。

気軽で楽しい生活を求めるものですから、思い出はどんどん美化され、掃除も洗濯も、元彼となら楽しめたと思うようになってしまえば、後悔を止めることが出来ません。

趣味や仕事を否定されて尊敬してくれないから

夫から自分の趣味や仕事を否定されてしまい、人として尊敬してくれない状況が度々あれば、元彼に思いを馳せて忘れられなくなります。

毎日同じ家で生活しているわけですから、人として尊敬している方が上手くいくものです。

恋愛期のラブラブはいつまでも続かないと分かってはいても、家族としての愛情が育っていけば、不満を持つことはありません。

一人の女性として、人間として大切に扱われていると感じれば、相手の良い所も尊重したくなるものですし、全力でサポートしたくなります。

仕事や趣味など、自分が楽しんで取り組んでいる事に対して、文句を言われると、人格や想いそのものを否定されている気持ちになるのです。

「あの人なら、きっと応援してくれた」「一緒に趣味も楽しんでくれた」と比べる事で、夫のことが酷い男として強調して見えてきます。

当然、相手のことも尊敬できなくなりますから、次々と不満が増えて、「どうしてこの人と結婚したのかな」と疑問を払しょくできなくなるわけです。

元彼との結婚していたら…どうなっていた?結婚がうまくいっていたカップルの特徴

前提として、恋に落ちるのに理由はないのに別れる理由は必ずある

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

最初にお伝えしておきたいのは、どんなカップルでも別れる時には理由があるという事です。

元カレとのゴールインを考えてみても、別れた相手ですから、必ず何か上手くいかなかった理由があります。

「もし」「あの人なら」と想像するのは自由ですが、元カレと別れた理由をもう一度思い出してみるべきです。

破局の理由が、二人の関係の修復可能なものだったり、未来を作る希望があるものだったりすれば、その人との結婚もあったかもしれません。

今の夫との恋愛のスタートも、思い出の人より優れていたからではないはずです。

恋に落ちるのに理由はありませんから、そもそも比較して好きになったわけではないということ。

上手くいっていたかどうかは、別れた理由が明確で、改善できるものだった場合、可能性はあったと言えるところです。

お互いの良い所を褒めあっていた

付き合っていた当時、お互いの良い所をいつでも言葉に出して褒め合う事が出来ていたカップルであれば、夫婦になっても上手くいっていたと言えます。

想いを伝えるのは、なかなか難しいものです。

言葉にして伝えなければ、どれだけ親しい間柄でも分からない事の方が多いのが事実。

大好きな部分や尊敬できるところ、キュンとした場面や嬉しかった所など、言葉にして常々伝え合えていたカップルであれば、夫婦になってもやりとりが続いていたと考えられます。

毎日の事ですから、小さなプラスの積み重ねが大事です。

どれだけ心地いい時間が長いかで、幸せか不満が生まれるかに分かれます。

夫があまり褒めてくれない場合には、習慣となっていた元彼氏とのやりとりを思い浮かべ、会いたくなることも。

心に沸き上がった衝動をそのまま相手に伝えていいかどうかは、こちらの記事を参考にして決めてくださいね。

我慢するべき場合やその方法も分かりますから、実践してみましょう。

元彼に会いたい気持ちはなぜ生まれる?正直に伝えてOKな場合と我慢すべき場合、会いたいと思った時に取る手段

束縛もない自由な関係だった

束縛もなく、お互いに自由な関係だった恋愛をしていたのなら、上手くいっていた可能性が非常に高いと言えます。

夫婦というのは、婚姻関係を結んだ段階で束縛をされているようなものです。

法律で縛られている事を、様々な場面で感じてしまいます。

それでも、お互いの関係性が「相手の好きなようにさせてあげたい」「自分もとやかく言われたくない」と一致しているのであれば、夫婦となっても息苦しさを感じる事は少ないはずです。

変える時間を連絡するよう強要したり、仕事の事を全て聞き出そうと質問をしたり、休日には家族の予定を入れるよう勝手に決めるなどの暗黙のやりとりが増えると、それだけで結婚した事を後悔し始めます。

自由な状態をそのままキープできるかどうかは、お互いを信頼しているかどうかにかかっているはずです。

前の人がいつも信頼してくれている人だったのなら、幸せな毎日だったと想像できます。

感謝や謝罪が素直に言い合えていた

褒め合えるだけでなく、感謝や謝罪の言葉もちゃんと言い合えていた二人なら、夫婦になってもお互いを大事にすることが出来たはずです。

「ありがとう」や「ごめんなさい」は、大事な場面では言っているようで、意外と心から言えているカップルは、とても少ないと言えます。

有難いと思っている、申し訳ないと感じている、と胸の内でちゃんと持っていても、相手に伝えなければ誠意として伝わりません。

デートをする時に、いつでも「会ってくれてありがとう」「私の事を考えてくれて嬉しいよ」と伝えていたり、喧嘩をした後に「悪かったよ、ごめんなさい」「申し訳ないと思っている、次からは気を付けるね」と声を掛け合っていたり出来るのは、相手を大切に思っているからです。

失いたくないという感情だけでなく、人として経緯を持っているからこそ、時間や思考を使ってくれたことに感謝の気持ちが浮かびます。

別れた理由を思い出して!元彼との結婚は考えない方がいいパターン

ギャンブルや借金が理由で別れた

元彼と結婚したいと思ったとしても、別れた理由が、ギャンブルや借金であれば、これ以上考えない方が良いです。

好きという気持ちと上手くいくかどうかは、また別の話。

恋人同士であれば、完全にお財布は別ですし、お互いに趣味に口を出す必要はありませんから、ギャンブルが好きでも、借金があっても、自分の責任としてあまり考えなくてもいいものです。

夫婦となると、全てが二人の責任となりますから、夫のお金の不始末は妻もどうにか工面に走らなければいけなくなります。

誰かに頭を下げてお金を借りなければいけないかもしれませんし、好きだけでは仕事を選べず、何個も掛け持ちで働いて心身ともに疲弊することも考えられるところです。

お金に関する苦労は、多少は経験したほうが良いですが、ギャンブルや借金などケタが大きくなるものを抱えている人であれば、最初から一緒になる事は考えない方がいいと言えます。

独占欲が強くてわがままだった

好きだった人が、独占欲が強くて、とてもワガママだった人なら、夫婦としては成り立たなかった可能性が非常に高いと言えます。

夫婦になれば、毎日確認をしなくても夫と結ばれているという確約をされているわけです。

独占欲の強い男性は、それでも自分のものとして主張したがり、束縛が激しくなることが考えられます。

「結婚したんだから、誰にも渡したくない」と余計に独占欲が強くなり、何でも思い通りにしようと行動さえも管理されるようになることも。

付き合っている時に束縛していたのであれば、カレとの未来はなかったと受け止めておいた方がいいと言えます。

毎日、束縛され続けるところを想像してみましょう。

結婚すれば和らぐどころか、激しくなることを考えたら、夫でありストーカーであるという状況を招きかねません。

専業主婦として家に閉じ込められ、社会とのつながりが立たれてしまう可能性もあります。

家庭に対しての価値観が違った

家庭に対して、親族に対してなどの価値観が違った人とは、別れを選んで正解だったはずです。

誰でも、幼少期を経験していますから、家庭環境や関わってきた大人により、価値観が刷り込まれています。

自分の中では、当たり前だと思っている事でも人から見ると非常識だと思われることも多々あるものです。

大した問題でない事なら、「そうなの?びっくりした」という話で終わりますが、結婚するとなるとお互いの考えや生活の前提が近くなければ、成り立ちにくいと言えます。

「夫婦は、何も隠し事をせず全てをさらけ出すものだ」と考えている人であれば、嬉しい事はもちろん、失敗したことや過去のトラウマ、心のモヤモヤも全部話をして共有しようとするはずです。

しかし、「大事な人だからこそ、心配を掛けたくない」と考えている人であれば、今しゃべったところでどうしようもない過去の事やトラウマに関しては、黙ったまま相手にも関係のある今や未来の事について語る時間を大事にします。

家庭での価値観が違えば、家の中の雰囲気や一緒にいる時に求めていることも変わりますから、幸せとは限りません。

楽観的すぎて計画性のなさが顕著だった

元カレが、かなり楽観的で、計画性がない人であれば、夫婦となるのは難しかったかもしれません。

楽観的であるというのは、生きていく中でとても大事です。

何でも深刻に考えていたり、神経質になりすぎたりするのは、妻としても疲れてしまいます。

楽観的に考える人といると、とても楽しくて「結婚したら毎日幸せだろうな」と思うことも多いですが、余りにも計画性がない人であれば、家族という社会を持った時には、不都合なことが出てくるものです。

望む子供の人数やタイミング、親との同居や介護問題、仕事に対する熱心度など、心のままに動いて「どうにかなる」とケセラセラ精神でいると、家庭を持った時に非常に不安定な生活になり、精神衛生的にもよくないと言えます。

それでも結婚したかった元彼への未練を断ち切る方法

元彼との思い出は美化しないようにする

未練を断ち切るには、思い出を美化しないように意識する事です。

記憶の構造的に、何度も思い出すことで情報を取り出しやすい場所に格納し、引っ張り出す度に美しく整えて、またしまうという作業が起こっています。

思い出す頻度が多いほど、勝手に美化されるという事です。

頭の中に浮かべるだけでも美化されるのに、思い出の品を眺めたり、楽しかったデートスポットに出向いてみたりすると、幸せだった時の記憶が蘇ります。

「あの人といるといつも笑っていたな」と、幸せだった状態が常に続いていたと錯覚するようになるのです。

終わったのですから、いつでも楽しかったわけではありません。

何かしら合わない部分があったし、納得できないところもあったはずですから、両面持ち合わせていたことを理解しておきましょう。

元彼も性格が変わっていると考える

想像してみたところで、カレ自身も性格が変わってしまっていると想定しておくべきです。

人は、同じところに留まらないもの。

あなたが、ステップアップして今の夫と結婚したように、元カレにも考え方や日々の過ごし方など、変化が起きています。

あのまま付き合い続けていても、幸せな結婚にはたどり着かなかったはずですし、加齢とともに意固地になったり、めんどくさくなったりするところも受け入れられたのか、合せて想像してみましょう。

「相手が誰でも、不満を抱える時があるのは一緒か」「あの時は、若かったからあんな性格だったんだろう」と思う事が出来れば、過去の恋人に固執する事もなくなります。

成長してくれていなければいけませんし、現在のあなたと相性が良いかどうかも分かりませんから、考えても仕方がないと割り切りましょう。

未練を断ち切るには、状況が変わったことを受け入れるべきです。

相手はもちろん、自分の心の状態も変化していますから、お互い幸せになれたかどうかは、なってみなければ分からないと受け止めておきます。

元彼の家庭や人間関係も考える

あの人自身の事ばかりを考えて、「パートナーになればよかった」と思っているかも知れませんが、家庭や友人などの人間関係も含めて考えてみるべきです。

結婚して初めて、「家同士の結びつきだ」「家族との約束が行われている」と実感した人も少なくないはず。

二人だけの問題ではありませんから、相手の両親や友人にどんな人がいるのか、上手くやっていけそうな人たちか、感謝の気持ちを持っているか、など考えてみましょう。

人の時間や生活を当たり前のように指図する人もいますが、感謝の気持ちがあって、思いやりのある人なら、人と関わる中でどれだけ労力を費やしているか想像できます。

遠慮して距離を取るばかりが良いわけではなく、家族となったことで色々なかかわりも増えてきますから、「わざわざ来てくれてありがとう」「忙しいだろうに、大変な事をお願いして悪かったね」と声をかけあえる人と付き合っていきたいところです。

今ある幸せを見つめ直す

あなたが身を置いている、現在の幸せをしっかりと見つめなおすと、元彼への未練も断ち切ることが出来ます。

過去にばかり目を向けている時には、今の状況を見ていないという事です。

夫があなたのどんな部分を好きになってくれて、どう大切にしてくれているか探してみましょう。

直接聞いてみてもいいです。

結婚したくらいですから、歴代の彼氏とは違う魅力があるはず。

夫婦となったことで生まれる幸せもたくさんあります。

毎日、安心できる居場所がある事もありがたいことです。

家族として受け入れ、守ろうと考えてくれている夫、子供のパートナーとして認めてくれた義両親など。

元彼が結婚して悔しいと思う時には、現状を忘れてしまいがちですから、こちらの記事から悔しさを打ち消すコツを手に入れて、実践してみてくださいね。

元彼が結婚して悔しい!ショックを受ける意外な理由と思った以上に傷つく複雑な女心の正体&悔しさを打ち消すコツ

今の旦那のいいところを探す

しっかりと、夫に目を向けて最大限愛する事を心がけましょう。

頭の中が元カレで一杯になっている場合ではありません。

あなたを幸せにすると決意してくれたのは、その人ではなく、今の旦那です。

結婚を決意してくれて、一生共に生きていくと覚悟を決めてくれた素晴らしい人。

カレの熱意と決心に敬意を表するところから、夫婦はスタートするのかも知れません。

「私を選んでくれてありがとう」「愛してくれてありがとう」と言葉に出しながら、夫の良い所をたくさん見つけていきましょう。

社交性や経済面など、対外的な部分は後回しで、どれだけあなたに対して向き合ってくれているか、会話の節々に想いが隠れていますので、探してみてくださいね。

「私の為」という視点で夫と会話をしてみると、言葉にはしていなくてもどれだけ大切にしてくれているのか分かることも多々あるはずです。

元彼じゃないとどうしてもダメな理由を考えてみる

なかなか忘れることが出来ない時には、「なぜあの人でなければいけないのか」と限定的な理由を探してみましょう。

多くの場合、楽しかった記憶に引っ張られています。

あの人である必要性は何か、具体的に出てくるのなら、しっかりと未練が残っていますので、夫への感謝の気持ちで愛情を補っていくべきです。

最後の時はどんな状態だったのか、一緒に過ごしていた時のままでいられるわけがない、と今回の記事を参考にして様々な角度で元カレの事を考えてみると、案外あっさりと記憶を手放せることもあります。

どうしてもダメということは、大抵の場合はないはず。

あなたも今の夫との結婚を選んだわけですから、忘れかけている愛する理由を思い出すことも必要です。

経済面、優しさ、自由、真面目さなど、「あの人が良かった」と思う理由は、今の旦那に不満を抱いている部分ですから、改善点を見つけやすくなります。

元彼と結婚していたらどうなっていたか後悔する女性は多い!未練を断ち切り今の幸せを噛みしめよう

夫との関係が上手くいかなくなってきたり、平凡な毎日がつまらなく感じてきたりすると、元彼と結婚してたらどうなったんだろうと後悔する女性は多いものです。

未練を持っていたとしても、離婚をするほどのものか、よくよく考えてみる事はとても大事な時間と言えます。

心の状態を切り替えることが出来れば、沢山の幸せにも気づけるようにもなりますし、相手の未来の幸福も願えるようになるはずです。

不満部分を夫に打ち明けて、話し合いをするのも一つの方法。

過去に目を向けるのではなく、これからの夫婦関係をどう充実させていくかに力を注ぎましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG