驚く女性

元彼に依存し続けるとやってくる恐怖の未来・将来!不幸な執着をやめたいなら必読するべし

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ神言鑑定をご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「元カレのことが忘れられない」という気持ちは、本当の愛だとは限りません。

そんな彼への気持ちも「元カレに依存しているだけ」だという話もよくあることです。

元カレに依存し、執着心を持ち続けてしまうことで、あなたに恐怖の未来や将来がやってきます。

元カレへの依存を抜け出して幸せを手に入れましょう。

今回は、元彼に依存していると分かっているのにやめられない女性心理、元彼に依存し続ける事であなたが逃してしまっているチャンス、元彼に依存し続けるとやってくる恐怖の未来や将来と元カレ依存症から確実に抜け出すための方法、不幸な執着をやめた女性達がその後手に入れた幸せをご紹介しています。

元彼依存のままでは幸せな未来は訪れません。

この記事を読んであなた自身が変わるチャンスを手に入れて下さい。

目次

元彼に依存していると分かっているのにやめられない女性心理

失恋で心が弱ってしまったせいで職場内にいる身近な存在の元カレに頼ってしまう

職場 同僚

元彼に依存してしまっている女性の心理として、職場内にいる身近な存在の元カレに頼ってしまうというものもあります。

失恋というものは、今まで心を支えてくれた人を失ってしまうことで、とても心を傷つけてしまうものです。

そのせいで「苦しい」「辛い」「助けて欲しい」と思ってしまう事も少なくありません。

しかし、誰かに助けを求めても、いつもあなたの目に映るのは、職場内で働いている彼の姿。

いつもあなたの傍にいてくれて心を支えてくれた、別れたばかりの元カレなのです。

近くに元カレの姿が見えてしまうからこそ、他の男性に興味が向くこともなく「私には彼しかいない」と思い込み、彼に縋り付きたい気持ちになってしまいます。

そんなあなたは、別れてしまってからというもの、悪い思い出は封印され、過去に彼からもらったやさしい記憶を思い返して、「彼は味方なのだ」と感じる事も少なくありません。

別れたカップルでも復縁することがあることを知っているあなたは「もしかするともう一度、彼と一緒に歩んでいけるかも知れない」と感じて、諦めようと思う気持ちが薄くなってしまうものです。

失恋の痛手によりあなたの心が余裕のない状態になれば、彼のこともまるでいつでも困ったときには助けてくれる身内のように感じてしまい、依存を高めてしまうこともあります。

付き合ってきた期間があるから元彼のことを「単に他人とは割り切れない」そんな心も生まれてしまうものです。

人生の転機には必ず応援してくれたり、仕事で悩んだ時には「自信を持って大丈夫だよ」と励ましてくれたりと、いつも味方になってくれた彼との交際を思い出せば、元カレのことが「頼れる存在だ」と脳裏に焼き付いているので、「私を助けてくれるのは彼なのだ」と元彼への依存を高めてしまいます。

「別れてしまったけれど、私の尽くせる相手は彼しかいない」と感じているから

微笑む 男性

依存してしまう女性の心理には、「尽くせる相手は彼しかいない」という考えを持っているというものもあります。

「私は彼のことしか尽くせない」「彼が全てだ」と勝手に決めつけてしまっていることもよくあることです。

あなたの中では元カレに尽くし続けていれば「いつかふり向いてくれるだろう」という気持ちが芽生えています。

その為、常に彼の存在を考え続けていることを自覚しているので、自分自身が元彼へ依存をしているということを分かっていてもなかなかやめることができません。

もしも、「今彼への思いを振り切ることができたら彼は去っていってしまうってしまう」と思う一方で、「愛する事を辞めてしまわなければ、まだ私のところに帰ってきてくれるかもしれないという希望がある」と、自分の気持ちにけじめをつけられず悩んでしまう事もあるのです。

そんなあなたは彼だけに執着しているため、他の男性があなたに好意を抱いてくれていても気づくことができません。

「私には彼だけなの」と思い込んでいて、彼のことしか見えないように自分の目線にフィルターがかかっているので、元カレの姿しかとらえる事出来なくなっています。

自らの意思で離れることを決めた彼を、あなたは追いかけたい衝動に駆られているのです。

例えば、自分が大切にしていた宝物を、壊してしまった気分に似ています。

そこに安定してあった愛情がなくなってしまった事で、あなたの心は「愛情を常に与えてくれた彼を取り戻したい」という気持ちになってしまうのです。

友人関係を蔑ろにしていたので恋人と別れてから一人になるという孤独が耐え難い

一人 女性

執着を辞められない女性の心理に、別れてから訪れる孤独が耐え難いというものもあります。

恋愛している時は盲目になり「彼のことだけを考えて過ごす」という女性も多いものです。

恋愛に一生懸命になる女性ほどその傾向は強く、別れてから一人になったとき、彼が傍にいないことで感じる寂しさはとても大きくなります。

失恋したことで自分の周りには親しい人がいない環境になってしまい、“気が付いたら一人になっていた”と感じる状況は、まさに竜宮城から戻ってきた浦島太郎の気分です。

彼を取り除く生活環境に適応することができず、「私は、なんでこんなに寂しいのかな」と感じてしまう事も少なくありません。

そして、自分が感じていた以上に友達関係も希薄になってしまっているものです。

「親友だと思っていたのに、いざ連絡してみると素っ気ない返事をされた」など、自分が恋愛にのめり込んでいる間に、いつの間にか友人関係が破綻していたという事も珍しくありません。

友人がいないことに気がついたあなたは、孤独な自分が周囲からどんな風に見られているのかも気にしてしまいます。

「“一人”イコール“寂しい人”と思われているかも知れない」と周りの人に同情されたくないという気持ちが働くものです。

周囲の人に同情されたくない為「私には彼がいるから大丈夫」と、彼に執着することで一人ではないと思い込むことができ、突きつけられた孤独と戦っている女性も少なくありません。

初めての彼だから思い入れが深く、他の相手を考えられないから

夕日 カップル

初めての彼というものは思い入れも深いものです。

女性心理には「この人に全て捧げた」という気持ちから「最後まで添い遂げたい」と強く思ってしまう事もあります。

初めての彼ができたとき「これから恋愛を楽しみたい」という気持ちに胸が膨らみ、ワクワクした思いをもっていたはずです。

その未来を想像して待ち遠しいと感じる気持ちは、恋愛をしたからこそ獲得することができたかけがえのない財産だと言えます。

知らなかった感情を知る事であなたは人生経験が増え、またひとつ大人になった気分になれるものです。

そこで成長を感じる事で嬉しさもこみあげてきます。

彼と交際したから感じることが出来た気持ちではなく、彼が関わる記憶全て「彼がいたから」と結論を出してしまう事もあるものです。

“比較対象が他にいない”ということが、「恋愛そのものへの憧れ」という思い込みだと気がつくまでに大きな壁となり立ちはだかります。

恋愛をして楽しかったこともすべてが「彼のおかげ」となり、彼がいなければ「楽しい気持ちや嬉しい気持ちも持つことができないのだ」と彼への依存はエスカレートしていくのです。

恋愛の経験が乏しいと、彼への思いと恋愛というものを混合して考えてしまうようになります。

他の恋愛を知らないからこそ、元彼のことが諦めきれずに依存状態になってしまうのです。

「何もできないダメな彼が好き」と彼の欠点を愛してしまっている

男性を抱きしめる

依存を辞められない女性の心理には、彼の欠点を愛しているからというものもあります。

ダメ彼を好きになってしまう女性も少なくありません。

そんな女性は、「彼を放っておけない」「守ってあげたい」「手を尽くしてあげたい」と思ってしまう母性豊かな人です。

しかし、その母性というものが間違った方向に進んでしまうという事もよくあること。

「彼は私がいないとダメ」と思ってしまう事で「彼から必要とされたい」「彼に尽くしてあげたい」とつながりを求めてしまうものなのです。

自分では何もできない欠点だらけの元カレに、愛しさが満ち溢れ「放っておくことなどできない」と彼を見放すことができません。

「私がカレを捨てたら、誰が相手にしてあげるのか」といらない心配から、彼になんでも尽くしてしまう依存状態が生れてしまうものです。

元彼の欠点が目立てば、彼がモテることもなく、他の女性と一人の男を奪い合うという事もありません。

その競争率の少なさも、恋愛から付き合うというプロセスに進む為には必要不可欠な事なのです。

不人気の彼ならば倍率が少なく、「私が彼を支えてあげる事でまた付き合える」と感じる事も少なくありません。

彼への依存がやめられないという背景には「こんな彼を好きになる人なんていない」という、彼を見下した感情も隠されています。

元彼に依存し続ける事であなたが逃しているチャンス

フィーリングがぴったりと合う素敵な男性との出会い

ハイタッチ 彼女

元彼依存であなたが逃しているチャンスには、フィーリングの合う素敵な男性との出会いというものもあります。

今のあなたには現状を変える勇気がありません。

その為元カレとの恋愛に縋り付き、彼に執着する事で自分を保っている状態だと言えます。

しかし、彼だけを恋愛対象にしてしまう事はあなたが幸せになるチャンスを奪っているのと同じことです。

この世界のどこかには彼よりもあなたに合う人が存在しています。

彼以外の素敵な男性との出会いで、今までに感じた事のない幸せ得られるものです。

「元カレと一緒のときには感じなかった」という思いも生まれてきます。

今まで体験したことがない出来事も、可能性を信じて進まなければ、あなたに明るい未来は開けないものです。

もし、自分の未来に希望を持ち彼のことをきっぱりと忘れる事ができたのならば、元彼への執着を捨て、過去も忘れ去ることができます。

いつまでも報われない気持ちを抱えたまま、無駄な時間を過ごすことは無くなるのです。

心と心が通い合うそんな素敵な出会いのチャンスを、元カレへの執着で潰してしまっています。

大切な時間や貴重な青春時代を元カレへの執着で無駄に

青春写真

あなたが逃しているチャンスには、貴重な青春時代を無駄にしているというものもあります。

あなたが人生の中で、最も美しく咲ける時間というものは限られているものです。

それと同じように、恋愛に集中し最も楽しむことができる時間も、いつまでも無限にあるわけではありません。

あなたが元カレに執着している間にも、輝くべきあなたの大切な時間は刻一刻と過ぎ去っているのです。

恋愛を楽しめる時間を、元カレに囚われる事で逃してしまえば「あの時、もっと早くに違う男性を見ていれば」という後悔に繋がります。

いつまで経っても結婚も出来ず、想像していた未来とかけ離れてしまっているという事も少なくありません。

執着をしてしまう事で、あなたの時間も奪われてしまうのです。

女性として花開ける時に恋愛を出来れば、あなたの人生そのものが華やいだものになります。

「悔いのない人生だ」と心から思えて、充実した日々を送れるのです。

しかし、元彼への執着でその時間を無駄に使ってしまえば、あとから「あの時は」と自分が割いた時間の虚しさを感じずにはいられません。

青春時代とは人生の貴重な一ページです。

青春は何度も経験できないからこそ、その時の恋愛を全力で取り組めたのならば、相応の成果が生れて、晴れ晴れとした気持ちになれます。

彼にあげたプレセントや彼の為に使ったお金も痛手となり貯蓄できない

散財する女性

元彼への執着で逃しているチャンスに貯蓄というものもあります。

元彼へ執着するばかりに「プレゼントだよ」とか「これ差し入れ」と彼の為に散財してしまう事も少なくありません。

彼への愛情と貢ぐという事を同等に考えてしまっている人も多いものです。

「元カレに振り向いてほしいから」とお金を彼の為だけに使い過ぎていては、あなたの将来を棒にふっているようなものです。

彼に使っているお金で、あなたが将来に向けて備える準備ができていたという事も少なくありません。

「夢の海外留学」や「マイホームを購入する」といった資金源も失ってしまうもの。

もし、彼があなたの前から消えてしまえば、たちまちその大きなミスに気が付いてしまう事もよくあります。

そんな時は、良かれと思って元カレに使っていたお金がすべて無駄な物であったことに気が付いてしまうのです。

あなたが彼への執着をし続けてしまう以上は、貯蓄という蓄えを増やすことはできません。

逆に「彼に好意を感じて欲しいから」と、お金を使うことでどんどん蓄えは目減りしてしまう一方なのです。

お金で買える感情はありません。

彼への執着がある限り、間違った考えを持ち続け愛情と偽ったお金を使い続けてしまうのです。

仕事も元カレが気になって集中することができず出世への道も絶たれてしまう

キャリアウーマン

彼への執着で逃してしまうチャンスには、出世への道というものもあるのです。

あなたは彼へ執着することがやめられません。

その為、いつでも脳内で彼のことを考えているはずです。

「元カレは今、何しているかな」「今度はいつ会えるかな」と仕事中でも絶えず彼のことを考えてしまうという事も少なくありません。

そのせいで、仕事中に上手く集中力を維持することができず、効率の悪い内容になってしまう事もよくあることです。

「今日も残業か…」と仕事を時間内に終わらせることも出来ず、睡眠不足と戦い更に効率を下げてしまうという悪循環になってしまいます。

元カレへの依存度が高ければ、その分彼のことばかりを考えてしまい、あなたは自分の時間を持てないものです。

オンとオフの切り替えもうまくできないので、公私混同の日々を送ってしまいます。

それはあなたの仕事面でのチャンスをことごとく潰してしまうことにつながるのです。

日常生活と仕事場での切り替えをはっきりと区別できる人は、一つのことへの集中力があがります。

集中できるからこそ効率も上がり成果が期待できるのです。

あなたは元カレのことを意識しすぎるあまり、全てのことを元カレに関連させてしまっています。

このままでは仕事面での成功も達成できません。

『絶対復縁できないケース』を全てご紹介。当てはまったら無理だと諦めるべし

元彼に依存し続けるとやってくる恐怖の未来・将来

「ここまで尽くしたのだから」と未練を残しあきらめきれず、彼のことを想い続けてしまう

願う女性

依存し続けることでやってくる恐怖の未来には、彼のことを想い続けて抜け出せないという負のループがあります。

どこまでも諦めがつかない事により「ここまで尽くしたのだから、もうちょっと頑張ってみよう」と投資してきたものが大きいほど簡単に投げ出すことも出来なくなってしまうのです。

「どんな方法が他にはあるだろうか?」とその方法を模索して、復縁にこぎつけるハッピーエンディングを期待しています。

しかし、実際は幸せな結末など待ってはいません。

何故ならば、一度二人の関係が壊れた時点で、何らかの欠陥があるという事だからです。

壊れたものを元通りに修復する事は困難なもの。

元々壊れているものを直そうとしても治らない事の方が多いのです。

あなたがいくら彼への気持ちを募らせたところで、それは所詮あなたの思いに過ぎません。

彼の心はあなたの方を向いていないので、あなたの未練だけが大きく膨れ上がってしまうのです。

彼へ依存してしまえば自分の意思だけで引き返すことは困難なもの。

依存していることで、一度進みだした道は、間違っているとは気がつかないものなのです。

モラハラ彼氏でも離れることができず、絶えず辛い思いをする

辛い思いをする

依存し続けると起こりうる将来には、モラハラ彼氏でも離れる事ができないというものもあります。

彼の傍に居すぎて彼のことを想い過ぎてしまうと、一般的には受け入れがたい関係もダメなことだと気がつかないまま、スルーしてしまうことがあります。

それは元カレが横暴な言動で、あなたのこと見下したり執拗に責めて非難したりする事も少なくありません。

うまくいかない事も全てあなたが原因だと決めつけて、無視してしまうという事もあります。

そんな彼の態度にあなたは傷つき悲しい気持ちになってしまうこともあるはずです。

本来ならば、このような状況になった時はすぐさま別れを切り出し、あなたの方からさよならをしてもいい状態といえます。

しかし、彼のことを近くで見過ぎていた為に彼の言葉がすべて正しいことのように聞こえてしまうのです。

「元カレの言葉を受け止めきれない自分は器が小さいダメな人間だ」と感じてしまいます。

それは自分のことをあなた自身で否定してしまう事につながり、余計に悲しい思いをしてしまうのです。

元カレに依存してしまうと自分の判断が鈍り、彼無しでは何もできなくなってしまいます。

彼に影響され続けているので、本当の自分が分からなくなってしまう

机にひれ伏す

彼に依存し続ける事で起こる恐怖の未来は、本当の自分を見失うというものもあります。

元彼に依存してしまうと“彼の意思”があなたにとっての絶対条件となるものです。

彼が「海へいこうよ」と言えば行き先は海になり、デート中でも彼氏が「この道は歩きたくない」と言えば違う道を探します。

彼が全ての行き先を決めてくれるので、あなたは後ろを歩くだけで済みとても楽です。

しかし、いざ一人で歩かなくてはいけない時が来ると「どうやって決めていたのかな」「何も思いつかない」という事態になってしまうことも少なくありません。

彼が決めていたものに身を任せていたので、自分の意思というものを見失ってしまったのです。

「本当はなにをしたいのか」ということが分からず「私ってなに?」と自分のことも分からなくなってしまいます。

元彼に依存して思考までも彼に吸い取られてしまうので、自分では何も決断できない人間になってこの先の人生を狂わせてしまうのです。

元カレのことを依存という形で負い続けてしまうと、次第にあなたの考えは元カレに吸収されてしまう事も少なくありません。

「彼に嫌われたくないから」と彼の意見に合わせていれば、あなたは本来の自分を失ってしまうのです。

共依存の状態となり、新たな未来を想像する事もできない

しがみつく

元彼に依存する事によりやってくる恐怖の将来は、新たな未来を想像できないというものもあります。

彼にすべてを委ねる依存という状態になれば、彼もまた「元カノから頼られている事が当たり前」と思うものです。

元カレは頼られることに生きがいを感じずにはいられません。

それは、共依存状態と言っても過言ではないものです。

お互いが依存し合うだけで復縁するわけでもなく、ずっとこの状態は続いていきます。

楽な環境で生活していれば、お互い心理的に苦しむことはありません。

そのため「今が一番いい」と感じてしまう事もあります。

お互いが付かず離れずの距離を保つので「これから始まる新たな未来を想像する」ということができないのです。

「今のままでいいのでは?」「困ることはなにもない」という状況で自分自身に不満を持つ事もないものです。

しかし、新たな相手とならば進めたであろう未来はずっとやってくることはありません。

新しく交友関係を作り、一から恋愛をすることも面倒になり恋愛事態を遠巻きにしてしまう事もよくある事です。

共依存状態では、常に二人が同じ場所に佇んでいて前に進むことができないので、幸せな将来とは無縁な二人になってしまいます。

元カレ依存症から確実に抜け出すための方法

元カレとの連絡を完全に絶ち自分の中から彼という存在を取り除く

眼鏡をあげる

元彼依存から確実に抜け出すための方法として、元カレとの連絡を完全に絶つというものもあります。

依存状態から抜け出すために絶対的に必要な事は、元カレへの依存心を取り除くことです。

「すがりたい」「連絡して繋がりたい」といつでも彼に連絡できる状況が依存症を作り出しています。

まずは彼への気持ちを、自分の心から切り離すためにも彼との連絡は遮断しましょう。

彼への連絡を絶つ事で落ち着いて考える時間と余裕が生れ、依存症から抜け出すための一歩となります。

いつもはせわしなく思考を巡らせて「彼の為に」と行動していたことも、連絡できない状況では何もできません。

依存体質を根本から取り除くことができるのです。

彼と接近しない状態を作れば、狭まっていた視野も広がります。

今まで見えていなかった元カレ以外の男性が新鮮に映り、「こんな人も素敵だな」「ずっとそばにいてくれていたのに気が付かなかったな」と感じるものです。

周りを見渡すこともしなかった癖もなくなり、あなたが本当にたどり着くべき素敵な存在の男性と巡り合う事が出来ます。

違う男性を見ることで元カレの欠点も見つける事ができて、彼への依存から抜け出せるのです。

自分の意見に自信をもち、強引に貫く姿勢を出す

意思をもつ

元彼への依存症から抜け出す方法として、自分に自信を付けるというものもあります。

そもそも依存症になってしまった背景には、自分に自信を持てないというものが関係していることも少なくありません。

「私は自信が持てないから、彼に聞く」という習慣が進化して彼への依存症になってしまったのです。

その為、この依存から抜け出すには、あなたが自分に自信を持つことが絶対条件だと言えます。

自信を持つ方法としては、自分で決めた事を何があっても貫くことです。

「このままではダメだと分かったから、彼から卒業する」という考えを持ちましょう。

あなたが彼からの卒業を固く誓い貫くことで「絶対に成し遂げる」という強い精神を養えます。

自分を信じる事でそれは自信となり、あなたが彼への依存状態を抜け出せる薬になってくれるのです。

「彼のことを考えなくても、十分楽しくやっていける」と分かれば、更なる自信に繋がります。

男性に対しても依存する事のない、強い芯をもった女性へと変わって行けるのです。

そんなあなたならばもう二度と元カレ依存症に陥ることのない素敵な女性になり、幸せを掴めます。

あなたは何もできないか弱い女性ではありません。

元カレよりも大切なものを無理やりにでも作ること

絵を書く女性

元彼よりも大切なものを無理やりにでも作る事は、元カレ依存症から抜け出すための方法だと言えます。

趣味を見つけ、交流できる場に足を運びましょう。

同じ興味の人と話を始めれば、初対面でも緊張することなく上手に話せるものです。

そこでたくさんの人に出会い新たな人脈をつくることで、元カレへの依存から抜け出せることができます。

元カレ依存症のあなたは非常に狭い人間関係の中で生きているという事も少なくありません。

新しい風に当たり、大切なものを作る事で元カレへの気持ちも和らいでくるものです。

元彼に固執していた執着心も薄れ、「なんでこんなにも元カレに囚われていたのかな」と感じる事も少なくありません。

大切なものを見つけることで、自分の意識の中で彼を切り離してしまう事ができるのです。

元カレへの依存をなくすにはあなた自身で「依存症とはどういうものなのか」を理解しなければ抜け出せないものだと言えます。

すぐに抜け出すことは難しくともあなたが「このままではいけない」「私は変わりたい」と思う事で未来を変えていけるのです。

この方法であなた自身が幸せになれる将来への道を開いて下さい。

辛い恋愛ではなく幸せを感じられる明日にしましょう。

環境を変えるために新しい街への引っ越しをする

引っ越し

元彼への依存を抜け出す究極の方法として、新しい街へ引っ越しをするというものもあります。

依存症はなかなか治せません。

それは彼への思いが根強く残っているので、無理やり気持ちを引き離そうとしても頭の中ではどうしても彼のことを考えてしまうということもよくあります。

そんな時に効き目抜群のとっておきの方法です。

それが知らない町への引っ越しだと言えます。

今住んでいる場所では彼との思い出で溢れていることも少なくありません。

忘れようとしても思い出してしまう。

そのせいで「元彼依存が辞めたくてもやめられない」という話もよく聞くものです。

そんな問題を根こそぎ解決してくれるのは、環境をすべて変えてくれる引っ越しが効果的。

新しい街に住めば希望と期待でワクワクするものです。

新しい部屋に新調した家具を並べれば、新しい未来へ歩き出したワクワクで、元彼への感情も忘れさせてくれるに違いありません。

何よりも実質的な距離が、あなたから元カレという存在を引き離してくれるのです。

新たな環境で新しく出会う人達に触れれば「彼が忘れられない」という過去を振り返ってしまう感情に蓋をすることができます。

あなたは元カレの存在など初めからなかった事のように、リスタートをきれるのです。

好きな人を忘れる方法。忘れられない未練を断ち切る究極のステップ

不幸な執着をやめた女性たちはこんな幸せを手に入れています

彼とさよならしたら、途端にモテモテになった女性

プロポーズ

不幸な執着に嫌気がさして サヨナラを決意した女性の話です。

彼女は元彼のことが忘れられず、毎日彼にメールするといった行動をとっていました。

しかし、彼は全く振り向いてくれることはなく、返って彼女への態度を悪化させていったそうです。

「もうこんな思いをするのは嫌だ」と彼女の心も折れる時がやってきました。

彼女は自分へのけじめもつけたいという思いから、自ら彼にサヨナラを告げる決意をしたのです。

彼を呼び出し思いの丈を伝えます。

「今まで色々と迷惑をかけてごめんね。サヨナラ」と彼と決別したのです。

彼女は自分からけじめをつけることで未練なく彼と別れることに成功します。

すると次々と彼女と「付き合いたい」という男性が現れたのです。

彼女は思っても見なかった好意の数々に戸惑いを隠せません。

そして、「自分のことを見てくれる人が、たくさんいるんだ」ということに救われます。

元彼とサヨナラしたことで彼への気持ちを吹っ切れた女性は告白してくれた男性の1人と今では幸せな恋愛を楽しんでいるそうです。

あなたの頑張りを見てくれている人は必ずいます。

元彼への執着に囚われて動けずにいることはもったいなことなのです。

依存状態になっていたから自分は無能だと思っていたけど

暗い部屋に一人

依存状態の後遺症により自分は無能なのだと感じていた、という女性が立ち直ることができたストーリーを紹介します。

以前より自分に自信がない女性は元彼へ執着することで自分を保っていました。

「彼に尽くせていることは私の誇りだ」と感じていたので、元彼への執着をどんどん強めていってしまいます。

そして、元カノが逆らわないことをいい事に元彼は彼女へのモラハラを繰り返していったのです。

そんな彼女も初めは彼からの言葉に悲しみながら受け止める努力をしていました。

しかし、偶然居合わせた彼女の友人が元彼からのモラハラを聞き、彼に言い返したのです。

「この子の何処がそんなに悪いのか、彼女の好意を知っていながらも軽率に付き合い続けているそっちに問題があるのではないか」と。

彼は何も言い返せないまま連絡を絶ってしまいます。

しかしながら、そんな時に彼女に友人は忠告したのです。

「依存関係を作ってしまったら終わりだよ」「もう、元には戻れない」と、彼女の言葉がストンと心に滲みました。

「確かにそうだな。私たちの関係は上下関係になった時点で既に終わっていた」と。

やっと彼への未練が解放されます。

彼女は友達の助言により彼への執着を手放し、それも一つの勉強であったと自分の人生の糧にできたそうです。

執着心を捨てたらすぐそばに愛してくれる人がいると分かった

愛される

執着心を捨てたら幸せを手にした人のお話です。

彼女の元彼は誰にでも気さくに話しかけられるタイプの人で、別れてからも友人関係を続けていました。

そんな彼の優しさにすっかり甘えてしまっていた彼女は「彼は私に未練を抱いている」と勘違いしてしまったのです。

元彼は単に友人の1人だという認識で関係を築いていましたが、元カノは好意だと受け取り彼への依存を高めてしまいます。

「好きでいれば、きっと直ぐに振り向いてくれる」そんな期待を彼女は捨て切れません。

しかし、いくら待ってみても、一向に進まない2人の関係は彼女をイライラさせてしまいます。

ついに「私のことをどう思っているの?」言わないでおこうとおもっていたことを彼女はうっかりと口を滑らせてしまいました。

そんな彼女に彼は「友人の一人だよ」と一言。

元カノは悲しさと勘違いしていたことへの恥ずかしさで落ち込んでしまいます。

しかし、そんなときに涙を拭いてくれる存在が現れました。

それが兼ねてから友人として悩み事を聞いてくれていたT君です。

彼から「早く元気になろう?」と励まされた彼女は、今では友人のTくんと付き合って幸せな日々を送っています。

しっかりと周りを見渡せばあなたの近くに元カレ以上の存在がいる事もあるものです。

自分の人生を切り開く術を見つける事ができた

笑顔な女性

元彼への依存を捨てる事で人生を切り開くことができた、という実例を紹介します。

元彼への執着心から何をするときも彼のことばかり考えていた女性がいました。

そんな彼女は大切な会議の最中ですら、いつも元カレのことばかりが浮かんでしまいます。

ある時、上司からの助言で「今抱えているプライベートな問題はすべて捨てなさい」と言われてしまったのです。

上司にも彼女が恋愛に取り込まれて元カレへの執着で仕事に身が入らない事を見破られてしまいます。

彼女は観念して「このままではダメね」「私は仕事に生きよう」と決意したのです。

彼への思いを絶つ決断を下した彼女は、元カレへの未練を捨てる為、ありとあらゆる思い出の品を捨て去りました。

今までは元カレのことばかりが気になっていましたが、彼との思い出を捨てる事によりスッキリして仕事に取り組めるようになったのです。

自分でも最高に気分よく仕事ができているのが分かります。

彼女は元彼への気持ちごと断捨離をして、見事その会社の管理職の座を手にすることができました。

今では恋愛のごたごたを仕事に持ち込んでいたとは思えないほどのキャリアウーマンに成長し、実績をどんどん上げています。

依存体質を卒業するとあなたの幸せも見つかります

落ち葉の中

依存体質はあなたの弱点だと言っても過言ではありません。

元彼に執着してしまう事で新たな出会いも次のステップへ進む事も拒んでしまっているのです。

別れは新たな出会いの場。

元カレに囚われてしまっていると、あなたは一歩も前に進めず暗闇の中で独りぼっちになってしまいます。

大切な事は自分で「ここから抜け出そう」と思う事です。

そうすれば人生は劇的に変わり「私はこんな才能があったんだ」と自分でも気が付かなかったような事も知ることができます。

それはあなたの経験値として刻まれ、深い人生を作り上げていく基礎になるものです。

これからのあなたの素晴らしい人生のためにも、元カレへの依存を卒業しましょう。

必ずあなたの幸せを見つけ出すことが出来ます。

そして幸せな未来へ進んでいけるのです。

元カレだけがあなたのパートナーではありません。

あなたを幸せにしてくれる人は他にもいるで、明るい未来を見て人生を歩んでいきましょう。

驚く女性
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG