手をつなぐ

好きだけど復縁したくない、でも忘れられない…好きなのに復縁しない決断が幸せをもたらすケースと不幸になるケース

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐオラクルカードを引いてください。

あなたの引いたオラクルカードの結果から初回無料で、難しい復縁や不倫の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

彼のことが大好きだという気持ちはまだ持ち合わせているけど、復縁したところで幸せになれるとは限らない!友人に話しても理解してもらえない…そんな複雑で解読しにくい乙女心で悩んでいるあなた。

あなたの幸せは復縁することがすべてではありません。

幸せの形は一人一人違うものなのです。


今回は、好きだけど復縁したくない…そう感じてしまう理由、戻りたくないけど好き…そう思われやすい男性の特徴、好きなのに復縁しない決断が幸せをもたらすケースと不幸になるケース、復縁したくないけど元カレに会いたいときの上手な誘い方
をご紹介しています。

あなたに合った一番の方法を見つければ、幸せになる法則が見つかるはずです。

もし、自分の気持ちをないがしろにして、うまく向き合うことができなければ、あなたのモヤモヤと胸の奥でくすぶる感情は解消されることは無いでしょう。

あなたが幸福に感じる方法を自分の直感を信じて選んでください。

そうすれば、あなたが求めていたものも見つかるはずです。

目次

好きだけど復縁したくない…そう感じてしまう理由

元カレの言葉にそそのかされて、自分を見失うから

孤独を感じる

好きだけど復縁したくないと感じてしまう理由には、元彼の言葉に自分を見失うからというものもあります。

「彼のことをまだ好きだ」という気持ちがあれば、彼の言葉がまるで参考書のように思えて「そういえばそうだな」と感じてしまう事も少なくありません。

自分の意見を持っていても「それは違うよ」と言われれば、「彼の言う通りにしよう」と考えを改めてしまう事もよくあることです。

「コレは流されているのかな?」とあなたがふとした瞬間に感じても、彼に言い返すことも出来ずに思いとどまってしまいます。

結果的に二人の意見ではなく、彼の一存を通してしまうことも多いのです。

心の内で考えていたことが実現できず、「思っていたのと違う」と感じてしまうこともあります。

しかし、彼への愛情から、彼に否定的な言葉をぶつけることができないので、あなたの気持ちは流されたままとなってしまうのです。

その一連の流れが頭の中で把握できてしまう「私は彼の意見に頷いてしまう」という事が、あなたが復縁したくないと感じる理由になってしまう事もあります。

恋愛に臆病になり「もう懲り懲りだ」と思っているから

モノクロ

復縁したくないと感じる理由に、恋愛に臆病になり、懲り懲りしているからというものもあります。

辛い失恋を経験すれば「もう一度恋したい!恋愛したい」という気持ちが起きにくくなってしまうものです。

「またひどく辛い思いをするのかも」と恋愛に怯えてしまうという事も珍しくありません。

「恋に傷つき、ボロボロになってしまうくらいなら、恋愛はもうしない!」決め込んでしまう女性も多いのです。

どんなに彼から「復縁しよう」と誘われても「ついこの間、傷ついたばかりだし…」「また、あの時のようになる」と元カレからの誘いも頑なに拒んでしまうという事も少なくありません。

「本当に大好きだった…」からこそ、一度目の失敗でも落ち込み臆病になってしまうこともよくあることなのです。

元カレとの恋愛が最高に輝きを見せていたからこそ、失われた時の悲しみは計り知れないものがあります。

「彼との復縁を考えたくない」という背景には、うまくいっていた恋愛が根こそぎ崩れている様を間近で感じていたせいでもあるのです。

彼を好きな気持ちと復縁が重ならないのは、やり直してしまえば自分の気持ちだけではどうしようもないものがあることを知れたからというものも大きく関係しています。

彼とは恋愛をしても成長し合えないと感じてしまった

よく考える

好きだけど復縁したくない理由として、彼とは恋愛しても成長し合えないと感じてしまったからというものもあります。

「この人が大好き」と感じていても、あなたと彼の意見を交り合わせて二人の未来が切り開けるかと言えば、そうでもありません。

折り合いがつかない関係はいくつも存在しているもの。

「いくら彼を好きだ」と思っていても、うまくはいかない関係もあるものなのです。

付き合っている最中に感じた「彼との価値観のずれ」による、分かり合えないという気持ちが膨らめば、いくら素敵な男性でも、その先を望むことも叶いません。

彼に対する恋愛感情はまだ存在しているのにも関わらず、「二人はうまくいかないから」と端から諦めしまう事もよくあることです。

「彼と居れば、力を合わせて何でも乗り越えられるような気がする」と多くの女性は述べることでしょう。

しかし、復縁ともなれば、初めに抱いていた感情は、幻想だったのだと感じ落ち込んでしまう事も少なくありません。

結果的に「二人で恋愛しても頑張る気が起きない」と復縁を望まない女性も多いのだと言えます。

大好き過ぎて、彼のことをまた、愛してしまったら自分が壊れてしまいそうになる

冬 傘

復縁したくない理由として、彼のことをまた愛してしまったら、自分が壊れそうになるというものもあります。

「好きすぎて辛い…」そんな感情が別れてから尚さら、積み重なるという事も少なくありません。

元カレに「やっぱり好きだから、付き合おう」と復縁を迫られても「私、彼のことが好きすぎて何をするか分からない」「また、あんな別れ方になれば自分がどうなっちゃうんだろう」と恐怖に怯えてしまうこともあります。

「彼のことを好きだけど、付き合えない」という理由の中には、これ以上彼を好きになってしまえば自分の制御が効かず、暴走してしまいかねないという事も考えられるのです。

彼への愛があふれ出してしまえば、止めることもできません。

戻れない状態になる前の危険回避として、彼との復縁を望まないという女性もいるのです。

「彼しかいない世界で、彼だけを考えて生活する事に至福を感じてしまえば、あなたが自分の幸せや人生というものすべてを彼に託すことになります。

そこに自分に意思はなく、彼のことしか考えられないあなたは「自分のこともろくに決められない、ロクデナシの彼女」という汚名を着せられる事さえあるのです。

そうなれば彼は嫌気がさし、離れて行ってしまうでしょう。

彼との関係を自分の行為で終わらせてしまう事も考えられるのです。

もう一度彼のことを純粋に愛せる自信がない

戻れない 過去

もう一度彼のことを純粋に愛せる自信がないというのも復縁したくない理由の一つに挙げられます。

愛に傷ついてしまった女性の多くは「彼に捨てられてしまったのは何で?」「彼は私の愛を信じてくれていなかったの」と感じてしまうものです。

一心に注いだ愛を返されることなく去っていった、愛する人が再び出戻り帰ってきたところで「彼を信じられない」「また、どこかへいってしまうのでは?」と感じ彼のことに疑い深くなってしまうという事も少なくありません。

元カレに対する感情の奥に「裏切られる」という疑心があるために、昔のような純粋に恋愛を楽しむ気持ちになれず、復縁に消極的になる女性もいるのです。

彼のことを好きだと感じていても、元彼のことを疑うばかりで信じてあげられない自分にも嫌気がさしているものです。

「彼と復縁する資格はない」と自分を卑下して、復縁を拒んでしまうこともあります。

彼への愛は本物でも「彼のことが好きだから、どんなことになってもいい!」と捨て身で行ける度胸も無くなってしまっているものです。

恋愛がうまくいかな時の苦しさを知っているから、ただ単純に彼の言葉だけ信じるという事も出来なくなって復縁の願望を失ってしまいます。

復縁するべきか迷ったら占いではなく彼の○○で診断!後悔しない決心の仕方

別れた彼に未練があるのに復縁しない女性のタイプ

恋愛にも負けず嫌いな性格が現れるタイプ

未練があるのにやり直すことには消極的な女性は、何にでも負けず嫌いな性格が影響して、恋愛においても復縁イコール負けだと思ってしまうタイプです。

一度関係が終わった恋人は、次のステップに向かって進むことが、正しい姿だと考える人も珍しくありません。

関係を修復するのも、成長の証ですが、負けず嫌いな女性は、後退と捉えてしまいます。

昔に捉われる、終わった関係を蒸し返す、と考えてしまい、どうしても元彼と新たに恋愛をする気になれないのです。

彼女の中での正しい姿は、互いに次の恋愛相手を見つける事。

未練があっても、前に進めないうちは、現状にとどまっているだけだと考えます。

元彼を想う気持ちも、いつかは立ち消えるはずだから、そこからがスタートだと信じて、忘れようと必死になっているところです。

好きな気持ちと忘れないといけないという義務感が、心の中でせめぎ合い、未練に打ち勝つことを目標に様々な方法を試します。

向上心やチャレンジ精神がなく流れに身を任せるタイプ

元カレの事がまだ好きなのに、よりを戻さない女性は、向上心やチャレンジ精神がなく、いつも周囲の流れに身を任せるタイプです。

行動を起こすときも、考えをまとめる時も、自発性がない人というのは、周囲の人に合わせようとします。

多数派であることに安心感を抱き、自分の意見は誰かに影響を与えないという考えを持っている人です。

恋愛に発展した時も、彼からの告白がほとんどで、自分から好きになった人も、流れで両想いになれなければ諦める事が出来ます。

別れを切り出されたり、自分から終わりを告げたりした場合も、「○○がしたい」という理由ではなく、相手の気持ちを受け入れたり、「何となく終わった方がよさそうな雰囲気だったから」「付き合い続けることに友達が心配しているから」など、周囲の影響が大きいはずです。

好きな気持ちが残っていても、自分の力でどうにかなるとは思っておらず、漠然と「このまま終わった方がいいんだろうな」と感じています。

好きな人の判断には別れてからも従いたい…根っからの奴隷タイプ

「好きな人の判断には、恋人でなくなってからも従っていたい」という、根っからの奴隷タイプの嗜好を持っている女性は、積極的に関係の修復を望もうとはしません。

嫌われている状態でも呼び出されたり、「近づくな」と言われたりすることが、嬉しいと感じます。

彼の言う事は、何でも従いたいため、自分からやり直したいと考えたり、復縁を望んで行動を起こしたりはしないことが美学です。

人にはそれぞれ感性や考えがありますが、どんな風に想われていても、快感に受け取れる人もいるという事。

二人の関係性は、自分が行動する事でコントロールしようとするのではなく、全て相手の意思にゆだねている状態が幸せに繋がります。

恋人としての対等な関係でなくても、関わりを持てているだけで十分だと感じているのです。

「終わったことは覆るはずがない」思い込みが強いタイプ

「終わったことは、決して覆るはずがない」と強い思い込みを持っているタイプの女性は、いくら好きでも、元カレの元に戻ろうとは考えません。

多くの人が、毎日時間に追われ、朝から夜、昨日から明日へと流れていく日々を過ごしています。

時系列を意識して過ごしている私達にとって、昨日までの出来事はすべて過去。

誰にも覆す事の出来ない、どうしようもない事です。

二人がそれぞれ成長し、再び向かい合う事が出来れば、それは新たな関係の始まりと言えますが、過去に対して切り捨てるようような考えを持っている人は、「別れた人とはもうやり直せない」と強い思い込みを持っています。

破局したら、早く忘れるしか方法はないと思っているので、気を紛らわせる方法ばかりを実行するはずです。

元カレとのことは、覆る事のない出来事であり、振り返る事はありません。

悲しんでいる自分が好きな陶酔タイプ

好きだけどやり直さない女性は、悲しんでいる自分が好きな、陶酔タイプです。

人には、承認欲求というものがあります。

「認められたい」「注目を浴びたい」「肯定されたい」という自分の存在に価値を見出すための欲求です。

仕事で成果を上げて評価をもらいたいと思う人もいれば、SNSで誰もが共感できるような言葉や流行のファッションなどを取り入れて「いいね」をたくさんもらいたがる人など、方法は様々。

会話に自慢話を織り交ぜる人、他の人をさげすむ発言をする人なども、自分に注目を集めたいからです。

その中でも、幼いころから愛情が不足していたり、劣等感を抱えて育ったりしたことで、弱い自分を見せる事で構ってもらおうとする方法を身に着けた人もいます。

好きな人と結ばれない運命を嘆いたり、どれだけ努力をしても受け入れてもらえない悲しみをアピールしたりと、哀れで可哀相な女を演出し、周囲からの同情を引く方法です。

彼の事を好きな気持ちはウソではないにしても、過剰なほどに悲しんだり、いつまでもやり直せない状況だったりすることで、周囲から構ってもらえて、心が満たされます。

戻りたくないけど好き…そう思われやすい男性の特徴

「大切にできなくてゴメン」と過去の過ちを反省して伝えてくれる

手を取り合う

戻りたくないけど好き…そう思われやすい男性の特徴として、過去の過ちを反省して伝えてくれるというものもあります。

元カレから「大切に出来なくてゴメン」と言われれば彼のやさしさが感じ取れるものです。

「彼は反省してくれた」「私のことを大切にしようとしてくれていたんだ」という思いが伝わってきて、あなたの心も暖かいものへと変わってくる事も少なくありません。

彼の心残りがあなたの心を刺激して「素敵な人だ」と感じる事も多いものです。

しかし、彼の良さは伝われど、あなたの恋愛への恐怖心は薄れることなく、「彼と復縁したい」という気持ちにはなりません。

元カレがすごくいい人であり、魅力的な物を秘めていることは十分に察知できます。

彼は端から見ているだけでもあなたの心を惹きつけて離さないので「彼のことが好き」という事をいつまでも思い続けてしまう傾向にあるのです。

男性が自らの過ちを認めて、謝ることは珍しいもの。

今まで出会ってきた男性とは違ったからこそ、好意そのものを忘れることなどできないのです。

別れによって改めて彼の良さを知った事も彼のことを好きだと思う事に繋がっています。

コマめに連絡をしてくれて、気遣いの出来る人

ビジネスマン

コマめに連絡してくれて、気遣いの出来る人もその特徴を持ち合わせています。

いつも「今日は大丈夫だった?」「体調わるそうだから、病院にいきなよ」と別れてもあなたのことを気遣ってくれるカレに「優しい人だ」という印象を持つことも少なくありません。

「彼はいつも私のことを見ていてくれている」「一番理解してくれる人」と感じてしまうものです。

彼が頻繁にとってくれるコンタクトに心がほだされて「元カレのことが好き」という感情も湧いてきてしまうもの。

コマメな連絡を取れる彼はとても信頼における大切な人だと思ってしまいます。

いつも彼のやさしさに触れる事で周りの男性にはない気使いの出来る彼がすごく良い人と見えてしまうものです。

結果的に次の恋愛へ進む事もままならず、いつまでも今の立ち位置に佇み、彼への恋愛感情を抱き続けてしまうという事にもなります。

元カレの何気ない一言は、あなたの胸に刻まれて、忘れられないものとなってしまうものです。

「彼はあんなことを言ってくれた」「私のことを忘れないでいてくれて嬉しい」という感情までも刺激されるので、愛情もまたとめどなく溢れてしまう事も珍しくありません。

「あの人、凄いね!」と周りからもうらやむ声が聞こえる

噂話

戻りたくないけど好きな男性の特徴として周りからうらやむ声が聞こえるというのもその一つです。

「あの人、すごいね」と言われれば、元彼と言っても嬉しくなることもすくなくありません。

「え?なになに?」と彼の周りを魅了する部分を探し出してしまうことも多いものです。

「彼の良い所」を改めて見直せば「私も付き合っている時に良いと思っていた」「周りの人もそう感じてくれたんだ」と自分の感覚が正しいものであった事を感じずにはいられません。

彼のことを改めて観察したことにより彼の良さに触れ合うことが出来、「やっぱり好きだな」と感じてしまう事も多いのです。

周りの人が気付くほどに彼が素晴らしい人であることに誇りを持てます。

「こんな人と付き合えていたのだ」と過去の恋愛も素晴らしいものになってしまう事も少なくありません。

「もう一度付き合いたい!」という感情は湧かないけれど、彼の昔からの良い所を痛感させられて、「そういう部分が好き」と彼のことを改めて好きになる事も考えられます。

元カレのことが好きになれれば、昔の恋も無駄ではなかったことの証明になり「私は心のままに生きていていいんだ」「間違いない」と感じることも多いのです。

「いつも、ありがとね」と褒めてくれる男性

優しい 男性

戻りたくないけど好きと思われる男性の特徴として、褒めてくれる男性というものもあります。

「いつも、ありがとう」と褒められる事により、嬉しさが湧くものです。

「私のしていることが彼の為になったのだと感じられれば、温かい気持ちになれます。

「感謝されてうれしい」と恋心が再燃するという事もよくあることです。

嬉しい気持ちというものはずっと持ち続けてしまうもの。嬉しさが重なる事により、いつしか愛情に変化し「好き!」という気持ちがより強いものへと変化していきます。

しかし、もう終わった関係でもある元カレの存在は復縁を後押しするものではありません。

「一度、終わったこと」「二度目はない」という感情も持ち合わせているので、「好きだ」と感じたとしても、それ以上に何かしよう「付き合う為にどうすればいいか?」と考える事も少ないのです。

彼がかけてくれる誉め言葉は、そのままあなたの心へストンと落ちてきます。

「彼の気持ちが嬉しい、愛おしい」と感じて、元彼の印象がどんどん好意的になっていく事も珍しくありません。

好きという感情を作り出すのは案外簡単な物なのです。

恋愛に発展させればいろいろな複雑な感情を持ってしまいますが、それ以外はごくごくシンプルだと言えます。

意地で「元彼が好きだけどよりを戻したくない!」と思い込んでいる場合の見極め方

「彼はそう望んでいるはず」と相手の気持ちばかりを言葉にする

意地でよりを戻さないと決め込んでいる場合は、「あの人は、やり直したくないはず」「カレが望んでいることだから」と相手の気持ちばかりを言葉にしている時です。

好きな人について考えている時、多くの女性が、自分のことよりも相手の気持ちばかりを優先して、望まれている事や嫌われない方法を選ぼうとします。

「あの人が、この方がいいって言ったから」「きっとカレは、やり直したいとは思わないはず」と相手の気持ちを考えるあまり、決めつけてしまう事も少なくありません。

好きな人の意向に合わせたいと思う気持ちは、間違いではありませんが、自分の感情を押し殺してしまうと、結局どうなれば幸せを感じられるのかが分からないはずです。

一緒にいることを望んでいるのか、離れて自分を磨きたいと思っているのか、心と向き合えば、意地がなくなり、やり直したい気持ちが膨らみます。

「離れていた方がお互い幸せになれる」と繰り返している

意地を貫いている時には、「離れていたほうがお互い幸せになれる」と繰り返し言葉にしている場合です。

幸せになりたくて好きな人と一緒に過ごしますが、別々の人生を歩んでいたので、当然食い違う部分があるし、分かり合えない考えを持っているのも当然。

好きだからこそ、受け入れたいという気持ちと、手放しで受け入れられないもどかしさが心を苦しめ、離れる方がお互いの為だと考え始めます。

「傍に居て傷つけてしまうくらいなら、離れていよう」「酷い言葉を言ってしまうから、別れた方がいい」と言いますが、全ては自分を納得させるための言葉にすぎません。

自分が幸せと感じるなら、無理して離れる必要はありません。

ケンカの時の言葉にまだ腹を立てている

意地でやり直そうとしないのは、ケンカの時の言葉を音に持っていて、腹を立てている状態の時です。

言葉というのは、目に見えないものだからこそ、処分のしようがありません。

一度聞いてしまえば、忘れてしまわない限りは、心に残り続けてしまいます。

恋人同士の喧嘩は、冷静に話し合えるカップルもいれば、感情に任せて何も考えずに言葉をぶつける時もあるもの。

怒りは、マイナスエネルギーの塊なので、感情のままに投げつけられると、酷く傷ついてしまい、トラウマとなってしまう事も少なくありません。

「こんなこと、言うつもりではなかった」「言い過ぎた」と後から謝られても、傷付いた心が癒えるには、時間が必要です。

「あんなことを言った人を許すわけにはいかない」と怒りが静まらないうちは、好きな気持ちも隠れてしまうので、やり直したくないという想いは正確さがないと言えます。

付き合っている時に悲しい想いばかりしていたことを自覚している

付き合っている時に、悲しい想いばかりしていた事を自覚している女性は、そのまま離れていようとします。

好きになった人が全て素晴らしい男性であれば、何も問題はありませんが、理想の相手と恋愛感情はいつもピッタリという訳ではありません。

思いがけない人の事を好きになったり、どれだけ酷いと思う事をされてもいつまでも想いを捨てられなかったりするもの。

未練が残っていても、ギャンブル依存症で金銭的に苦労ばかり掛けられてきた人や、浮気性でいつも平気で裏切ってくる人などを好きになってしまっていれば、簡単にやり直そうとは思えないところです。

離れなければいけない相手であると自覚している場合、どれだけ好きでも、理性がストップをかけています。

「どうせ○○だし」と付き合い方が変わらないことを前提に考えている

「どうせ○○だし」と付き合い方が、以前と変わらないことを前提に考えている場合には、復縁しないように無理に考えを強制している可能性があります。

やり直さない方がいいと考えている時には、どうにか自分が納得できる理由を見つけ出そうとするものです。

「彼は、マザコンだから大事にされない」「やり直しても、前みたいに、すぐ連絡が面倒になって放置されるはず」と不満に思っていたことを、絶対的な理由として挙げます。

対策を考えたり、気持ちを素直に伝えれば、回避できる可能性の高いものであっても、一度の失敗に囚われて、柔軟に考えられなくなっているからです。

冷静に話し合いを行い、悲しかった思いや不安に感じていることを伝えられれば、良好な関係が作れる可能性が高いため、諦める理由をわざと自分で作っているケースだと言えます。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

復縁したいようなしたくないような…と自分の気持ちがわからない時の判断方法

「○○してあげたい」が日常の世話をメインに思い浮かぶなら情

自分の気持ちが分からない時には、「○○してあげたい」という場面を想像しましょう。

「してあげたい」の感情に伴うイメージが、日常の世話をメインに思い浮かぶのなら、それは愛ではなく情だということです。

女性は、母性を持っていますので、好きな人の世話を焼きたくなるもの。

「料理を作ってあげたい」「部屋の掃除をしてあげたい」など、身の回りの世話も、確かに愛情からくる場合もありますが、そればかりであれば、情からくる心配と言えます。

「栄養のあるものを食べているかな」「出張が多いから洗濯をしておかないといけない」と、母親の様です。

このまま付き合いを再開しても、一方的に愛を伝えているような気分になり、なぜ一緒にいるのか分からなくなってしまいます。

精神的に「支えてあげたい」「悩みや苦しみを分かち合って、乗り越えていきたい」など、目に見えない部分を望む場合には、サポート出来る恋人の立場に戻る事が望ましいと言えるのです。

元彼をイメージした時に「顔を見たい」か「いてあげたい」か

元の関係に戻した方がいいのか分からない時には、元カレをイメージしてみましょう。

付き合っていた時によく見ていた笑顔や、優しい行動などが思い浮かんで、「顔が見たいな」「またあの頃みたいに笑い合いたいな」とあなたの気持ちが沸き上がるなら、未練が残っていると言えます。

悩んでいる姿や、弱音を吐いているカレが浮かんで、「傍に居てあげたい」と思うなら、情や心配の気持ちです。

「いてあげたい」という寄り添う姿勢は、言い換えれば「私がいなければいけない」という責任感となります。

「一人にしたらいけない」「支えてあげるべき人」と、強迫観念を持っていたり、彼に対して恋愛依存をしていたりすることで、離れられないと思い込んでいるのです。

カレ自身が乗り越えるべき問題を、奪ってしまったり、あなたがいなければ生きられない人間に育ててしまったりと、共依存を生み出してしまうので、やり直すべきではありません。

二人が笑顔の未来が想像出来て嬉しいと感じるか

二人が笑顔の未来が想像出来て、「嬉しい」と感じられるかどうか向き合う事で、復縁すべきかを考えられます。

復縁するべきかどうか判断できない時は、自分の中に愛情が残っているのか分からないからです。

そんな時には、「やり直したとしたら」という仮定で、1年後の二人の姿を想像してみましょう。

二人が笑いあっているのか、前と同じようにぎくしゃくしてしまっているのか、新たな問題が出てきて頭を悩ませているのか、出てくるイメージと、その映像を浮かべた時の感情を分析します。

「困った」「どうしてもトラブルが浮かんでしまう」と感じるなら、ネガティブなイメージしか出来ていない証拠です。

「何かがあったとしても、乗り越えて笑顔になっている」「向き合って手を取り合っている」と明るいイメージが出来ていて、そんな様子が嬉しいと感じるなら、愛情が残っているサインとなります。

どんな毎日が待っているかはわからなくても、ポジティブなイメージが出来るなら、手に入れられる姿に違いありません。

一歩踏み出して、幸せを掴みましょう。

期間を設定して仲のいい友達として過ごす

やり直した方がいいのか分からない時には、期間を設定して、仲のいい友達として過ごしてみましょう。

好きな気持ちはあるけど、やり直すのが正解なのかは、誰にも分かりません。

お互いに気持ちが残っていると分かったなら、交際を再チャレンジするのが妥当だと思う人もいれば、両想いでも上手くいかないはずだと考える人もいます。

お互いに大切に思っているとしても、慌てて関係を再開させる必要はないのです。

3か月ほど、友達期間を設定して、思った通りに過ごしてみましょう。

連絡をしたいときにして、会いたいときに約束をする。

友達なので、体の関係にはならないことがポイントです。

恋人ではない付き合いをしていて、「もっと心の奥底から分かりあいたい」「触れ合いたい」と思うなら、恋人として再スタートしましょう。

交際と破局を経て学びがあったか

やり直した方がいいのか分からない時には、交際と破局を経て学びがあったかどうか振り返り、ノートに書いてみましょう。

好きな人と過ごせるだけで幸せな事ですが、恋愛では学びがある人と過ごすと、より人生を濃くする事が出来ます。

付き合い始めて知ったこと、心の交流で気付いた事や困ったこと、社会と自分の世界の境界線や衝突した時の解決方法など、彼と過ごした時間や破局という経験から学んだことをすべて書き出すのです。

ノートに書きだした内容が、どれを見ても「時間の無駄だった」「悲しい想いしかしていない」「後悔することばかり」と思うなら、カレとの間にこれ以上の学びは見込めないと言えます。

これからの道に、必要な相手かどうかを見極める事も、心の整理となるはずです。

好きなのに復縁しない決断が幸せをもたらすケース

彼への気持ちを振り切ることで、素敵な女性として生まれ変われた

歩く 女性

好きなのに復縁しないことが幸せをもたらすケースとして、彼への気持ちを振り切ることで、素敵な女性になれたというものもあります。

「彼のことはまだ好き」「この彼への思いを吹っ切れば、女性としてたくましくなれる」という思いから、彼への未練を断ち切って次なる幸せを見つけたという女性も多いものです。

「もっともっと幸せになりたい」「後ろを振り向きたくない」と奮起することで、復縁する道を断ち切り、自分の弱さと真剣に向き合って行くことで前を向いて進むことが出来ます。

前進あるのみだ」と、直向きに自分の持ち合わせている課題と向き合えば、必ず道は開けるもの。

「彼のことはもういい!」とあきらめをつければ、未練たらしく「彼しかいない」という思いも捨て去ることが出来ます。

「あんなに大好きだったカレの事も忘れることが出来た」と自信が持てるのです。

「私はそんなに弱い女じゃない」「いつも自分で道を切り開いて行ける」と確信に変わります。

自分の行く道を前へ突き進む姿は輝きに満ち溢れているものです。

今までは考え付かないようなポジティブ思考になり「これで良かった」と納得できる自分に出会えます。

元カレの気持ちは冷めきっていて、いくら好きでもこの先の未来が交わらない

さむがる

復縁しない決断が幸せをもたらすケースとして、元彼の気持ちは冷めきっていて、終わりが見えているというものもあります。

あなたが彼のことをどれだけ好きだとしても、彼の方にその気が見えない事もあるものです。

「彼の気持ちはもうないから、この恋は終りね」と、彼を深追いすることなく諦めてしまえば、結果的にはすぐに前を見据えて歩くことができ、あなたの幸せに繋がることもあります。

一方的な思いを彼に抱き続けては次に進む事はありません。

元カレの気持ちを知って、早々にけじめをつけることが出来たからこそ終わらない不の連鎖から抜け出すことが出来、幸せをつかめたという事も少なくありません。

「彼に気持ちはなくてもずっと好きに居続ける」というものが、素晴らしいラブストーリーだともてはやされる風潮にもあります。

しかし、そこをきっちりとけじめをつけて終わらせることができたからこそ「この恋はつらい」という気持ちとも、さよならすることが出来て、辛い思いをすることのない未来を手に入れる事ができたのです。

あなたのなかで彼への気持ちをきちんと整理することができれば繋がる未来があるのだと言っても過言ではありません。

別れた原因を反省して「次に生かそう」と自分の糧にできた

笑顔 女性

復縁しない決断が幸せをもたらすケースとして、別れた原因を反省して自分の糧にできたからというものもあります。

別れた原因はその事により人生を崩しかねない大問題であることも少なくありません。

そのため、原因そのものがあなたの欠点になっていることも多いものです。

元カレとの別れた原因を分析して「あの時はこうすればよかったな」「彼が嫌がっていた束縛をしない、人を信じられるようになろう」と自分の悪いと思った場所を改善させることで、あなた自身いい方向に転換させることができます。

元カレと復縁せずに自分の欠点と向き合えたことで、更に磨きのかかったイイ女になったと言えるのです。

元カレを選ばずとも引く手数多のあなたは、素敵な出会いの後に幸せになれるといっても過言ではありません。

別れの原因の解決策が自分自身で出来たことは、「私の感は当たっている」「間違いを自分でみつけられた」という自信につながります。

自分の行いに責任を持てる女性になれるのです。

そんな女性ならば「彼女しっかりしている」「この子と付き合えば、二人で学び合って行ける」と男性にも好意的にうつります。

これからの出会いをたくさん引き寄せるモテる女になるのです。

「彼とは合わない」と結論付ける事により、楽になり活き活きできた

別れる カップル

復縁せずに幸せになったケースとして、結論付ける事により、活き活きと生活が出来たというものもあります。

好きな元カレに「彼とは合わない」と客観的に見ることが出来れば復縁という言葉を意識しなくて済むものです。

復縁の為に「彼の為にしてあげる事」を考えなくてもよくなります。

元彼の人生と自分の人生を分けて捉えることが出来れば「自分の為だけに、大切な時間を使う」ということができるのです。

意固地になり「彼と絶対復縁したい」と精を出したところでうまくいかなければ、それは不幸そのもの。

今までやってきたことは水の泡になってしまうといっても過言ではありません。

その為、彼との価値観や性格の違いを真摯に受け止めて「彼とは、もともと会わないのだ」とあきらめてしまうことも肝心です。

そのことがあなたにとってかけがえのない結論になります。

無理に彼に合わせる事も自分の意見を曲げて変えてしまう事もしなくていいのです。

そう考えれば、張っていた肩の力が抜けて、一気に楽になります。「無理をしなくていいよ」と優しく諭された気分になるのです。

「私らしく生きよう」「自分の考えで生きてもいいんだ」とモチベーションを上げてデ威喝していくうちに「生きやすさ」というものも感じずにはいられません。

彼との別れがあなたにとって最高のモチベーションと人生の解放感を与えてくれたのです。

幸せとは彼に縛られて生きる事ではありません。

自分で感じ取るものなのです。

冷めたから?倦怠期?2つの違いとそれぞれの特徴&自分の気持ちの確かめ方・上手な距離の取り方

好きだけど戻りたくない元彼と復縁せずにいると不幸になるケース

意地を張って、「私は彼とは無理」と復縁を拒否していたら、恋愛できない体質になった

一人身

好きな気持ちを抱えて復縁せずにいると不幸になるケースとして、意地を張って復縁拒否していたら恋愛できない体質になったというものもあります。

「私は彼とは無理だ」と決めつけてしまい、好きな気持ちもまだあるのに諦めてしまっていては恋愛事態に億劫になる事も少なくありません。

彼のことが好きである以上、次の恋に進む事はできません。

しかし、目の前にいる元カレを見ようともしなければ、恋愛というものを忘れてしまうという事もよくあることなのです。

あなたが自分の気持ちにあらがって彼と向き合うことをやめてしまえば、この先幸せになるはずだった未来も閉ざされてしまいます。

「私は彼とは無理」と決めてしまうのではなく、なにが「無理だ」と思う原因なのかを探れば、案外あなたの頑なな意見に筋道が通ることも考えられることなのです。

元カレとの間に隔てるものが何もないと知れたとき、あなたは真の幸せというものを手にすることが出来ます。

「反省したんだ!やり直そう」という彼の言葉を信じ切れず、疑い深くなり身を亡ぼす

悲しみを背負う

好きなのに復縁しなくて不幸になるケースとして、彼の言葉を信じ切れず、疑い深くなることで身を亡ぼすということもあります。

元カレがあなたとの別れを深く反省して、自ら言い寄って来てくれることもあるものです。

「反省したんだ!やり直そう」と言ってきてくれる彼に対して「本当かな?」「コレは都合のいい関係へ誘っているんじゃないかな?」と疑い深くなることもままあります。

しかし、彼の心からの言葉を信じることができず、疑いばかりをかけてしまっては、折角の幸せになる機会を壊しているといっても過言ではありません。

疑う事を優先すると、誰も信用が置けなくなり「この人は私に危害を加えようとしているのだと感じてしまう事も多いものです。

その為に、信じる事を忘れてしまい、周りの人全員を敵に増してしまう事もあります。

疑い深くなると口調も態度もキツイものになってしまうものです。

そのあなたの態度を見た彼や周囲の人から「近づくのは、やめておこう」と距離をとられ、気づけば支えてくれる人は誰もいないという事態になりかねません。

彼以上に波長の合う人はいないと気付いたときには手遅れに

カップルをうらやむ

好きだけど戻りたくない元カレと復縁せずにいると不幸になるケースとして、彼以上に波長の合う人はいないと気が付いたときには手遅れになっているということもあります。

一度目の別れを経験して以降、消極的な姿勢になってしまう女性も多いものです。

「彼のことは、まだ好きだけど、次に進むべきなのか悩んでしまう」「もう少し考える時間が欲しい」と彼のことを吟味しているうちに、「ものすごく時間が経過してしまった」という話もよくあります。

しかし、彼とあなたの時間間隔は違うものです。

「いくらアプローチしても、なびかない元カノをあきらめてしまう」男性も多くいます。

「やっぱり彼のことが好き!彼しかいない」と感じた所で、「彼の気持ちは離れてしまっていた」という事も珍しくありません。

復縁を決めるのに、悩んでいる暇はないのです。

あなたに彼を想う気持ちが少しでもあるのであれば、それは復縁を選んでも間違いではありません。

心の奥にある「彼をまだ好き」という気持ちは、確かにある、あなたが彼と愛を紡ぎたいと願う証なのです。

「彼のこと、よく考えたいから」という中途半端な気持ちは捨てて、全力で彼を愛する決意を固めることで、報われる思いがあります。

「やっぱり復縁を選んでよかった」「私は幸せだ」と思える日も近いものです。

手遅れになる前に、自分から動き出しましょう。

いつまでも彼のことを思い出してしまい、次の恋愛ができず、一人取り残されてしまう

女性 シルエット

好きだけど戻りたくない元カレと復縁せずにいると不幸になるケースとして、彼のことを思い出してしまい、次の恋愛ができず、一人取り残されてしまうという事もあります。

「彼のことが好きだな」と感じることはあっても、復縁はしたくないという気持ちに純粋に従ってしまうと、常に彼のことで頭がいっぱいになり、一人取り残されてしまうという事も珍しくありません。

彼のことを好きでいる事は自由です。

しかし、思い続ける事によりあなたの中の恋愛対象者は元カレだけとなってしまいます。

元カレことが好きだという気持ちに囚われて前に進めないのです。

元カレはあなたとの復縁という道が絶たれてしまっている以上、次の恋愛に前向きに動きます。

「彼は新しい恋人ができたけれど、私はまだ彼のことが好き」と一人別れた当時のまま彼を想ってしまう事も少なくないのです。

好きという思いがある以上、先に進む事もできません。

復縁したくないという思いもある以上は復縁する事もできないのです。

そんな感情の板挟みな状態では幸せになどなれません。

「何で、私は不幸なの…?」と落ち込み泣いてしまう事も止められないのです。

【復縁体験談】元カレと復縁し幸せになった女性たちが辿った24の奇跡の道と共通点

復縁したくないけど元カレに会いたい時の上手な誘い方

「BBQしよう!」と元カレを含めた仲間内で集まる

BBQ

復縁したくないけど元カレに会いたいときは、元彼を含めた仲間内で集まる提案をするというのもその一つです。

彼に会いたいけれど、あなたが復縁を望んでいない以上彼に気を持たせることは避けなければなりません。

「久しぶりに、みんなでBBQしようよ」と誘えば、「元カノはみんなでわいわい盛り上がりたいんだな」「自分だけを誘っているのではない」ということがわかり、気持ちの持ちようも違うものです。

「元カノは俺に会いたがっている」と感じてしまえば、彼の恋愛熱を上げてしまうことも考えられて大変危険であるといっても過言ではありません。

みんなで楽しく盛り上がれば、変に彼を刺激せず、自然なコミュニケーションが取れて、あなたの彼に会いたいという感情を満足させることができます。

「楽しかったね!また、遊ぼうね」と次に遊ぶ約束をみんなですれば、あなたは彼とまた会う事もできます。

自然に会える関係を作っておくことで、彼への愛は消えたものだと思わせる事で恋愛に発展してしまわない元カレとの仲を作ることもできるのです。

大人数の中の一人として付き合えば「復縁しよう」と元カレから迫られる事もありません。あなたの求める関係がそこには存在しているのです。

「友人である、あなたを見込んで相談したいことがあるの」と友人であることを強調する

相談する

元彼と復縁せずに会いたいときの上手な誘い方として、友人であることを強調するというものもあります。

「友人である、あなたを見込んで相談したい事があるの」と彼に伝えれば、友人だという自覚を彼に持たせることができるからです。

元カレは自分のことを「友人の一人としてみてくれている」と元カノへの見方というものを完本的に変えてくれること珍しくありません。

「今までは元カノの一人だと思っていたけど、友人として接しよう」とあなたのことを友人というポジションに下げてくれるものです。

あなたからの真剣な相談も「友人として」の意見で支えてくれます。「また、相談に乗ってね」とあなたからも会いやすい環境を作れます。

そして友人という事が刷り込まれている為、例え二人で会っていても恋愛感情を持つ事もありません。

あなたは彼と会いたいときに会え、話を存分に楽しむことができる関係になれたといっても過言ではありません。

元カレであり、なんでも相談できる頼れる人を手に入れることが出来たのです。

彼のことを好きだという気持ちを隠しながら、彼の近くに居る事も可能だと言えます。

あなたは、ゆっくりと彼への気持ちの整理をつけていけるのです。

「○○君のこと、人として好きだから」と愛情ではなく人望に惹かれていることを伝える

男女 ペア

復縁したくないけど元カレに会いたいときの上手な誘い方として、愛情ではなく人望に惹かれていることを伝えるというのもその一つだと言えます。

「○○君の事、人としてすきだから、会ってたくさん話したいの」と元カノから打診されれば、彼も嬉しくなるものです。

「元カノは恋愛感情を抜きにして、そんなことを思ってくれたのか」「俺も恋愛云々というのをやめて彼女と真剣に人として付き合って行こう」と恋愛関係から抜け出すこともできます。

偏った感情だけが男女の関わりではないという事を彼に知ってもらえば、これから先に「付き合う。付き合わない」という、煩わしい議論もしなくて済むのです。

あなたは密かに彼のことを思っていても、うわべは人として彼を好きだという好意に見えます。

「俺に熱い視線を投げかけてくれるのは、人望なのだ」と彼は勘違いをしてくれるのです。

別れたカップルはその後うまく付き合うことができないのは、どちらかが「また付き合いたい」という好意をもって接しているからだと言えます。

「そんな思いはないですよ」とアピールすることで彼との関係もうまく構築されるのです。

あなたと彼の新しい道を開通させれば、いつでも気軽に彼と会う事もできますよ。

「新しい出会いを探そう!」と元カレと一緒に出会いの場に赴く

合コン

「新しい出会いを探そう」と元彼と一緒に出会いの場に赴くのも、復縁したくない彼をうまく誘う方法だと言えます。

あなたから彼への愛は消え去ったことを明確にすることが大切なのです。

彼もあなたから普通に「会いたい」と誘われてしまえば「こいつ、まだ俺の事すきだな?」「もしかして復縁を望んでいるのか?」ともう一度恋愛しようと近づいてきていると誤解してしまうことも考えられます。

「あなたと付き合いたいと思っていないよ」という事が彼に初めから伝わっていれば、元彼も変に気を回すことなく、誘いにのれるものです。

その簡単な方法が「共に出会いを探す」ことだと言えます。

お互いがフリーである今、別々のいい相手を見つける為に協力しようと声をかける事で、彼からあなたに対する恋愛感情を削ぐことができるからです。

前向きな二人になり「楽しい話を笑い合いながらできる」関係へと変わっていけます。

彼と何気ない会話のやり取りで「やっぱり好きだな」と彼に密かに抱く感情もあるものです。

あなたは隠しながら彼への恋心をたためることが可能になります。

元カレと出会いを見つける場に赴き、同志としてアピールすることで彼に親近感を抱かせて、恋愛対象者から除外することで、元彼でも、ごく自然に接することができるのです。

あなたが幸せになる為に決断すれば、後悔する事のない人生を送れます

真冬

あなたが幸せになる為には決断力も必要です。

「私にはこの道だ!」というものを選べば、この後の人生をかけがえのないものに変えてくれます。

「私の幸せは本当にこれでいいのかな」「彼の元に戻った方が幸せなのかな」と自分の気持ちに迷いが生じてしまえば、あなたが不幸を背負う人生を歩んでしまう事もあるものです。

彼との別れであなたは成長しなければなりません。

そして悔いのない決断をすることで「これでよかったんだ!」と前を向いて歩けるのです。

成長を繰り返せばあなたは素晴らしい女性として飛躍できます。

元カレとの別れも気に留めずに、過去に振り回されることなく、自分の人生を歩いて行けるのです。

そんな、芯の強い女性になり、かけがえのない将来を手に入れて、本当の幸せというものに出会って下さい。

【期間限定・2021年9月26日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【神言鑑定】の占いを初回無料でプレゼントします!

【神言鑑定】とは、期間限定で復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【神言鑑定】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

手をつなぐ
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG