復縁したい男の行動やLINEを徹底検証!振った元カノと復縁したい時に見せる兆候

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐエレメントタロットをご利用ください。

エレメントタロットは初回無料で、あなたの復縁の悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「振ってきた元カレからのLINE。これってどういう意味?」

振られたのは元カノであるあなたなのに、どういうつもりで元カレがLINEをしてきているのか分からず返事に困っている人は、復縁したい男の行動やLINEを知れば解決するはずです。

実は元彼からのLINEや行動から、復縁のチャンスが隠れている場合があります。

LINEをしてくる元カレには、付き合っていた彼女を振ってしまったにも関わらず「やってしまった」と後悔し、復縁しようとする男性も少なくないのです。

この記事では、復縁したい男の行動やLINEを徹底検証!降った元カノと復縁したいときに見せる兆候をご紹介しています。

復縁したい元彼からLINEや謎の行動が見られるときは、復縁したいのかどうかを確認するために参考にしてください。

元彼氏の復縁したい兆候を見抜き、復縁のチャンスを掴みましょう。

目次

振った彼女と復縁したいと思う時ってどんな時?男の本音

逃した魚は大きい!元カノの可愛さを痛感した時

付き合っている時に、恋人の言動や時間は全て当たり前で自分のものだと思ってしまう男性も珍しいことではありません。

だんだんと欲が大きくなってしまい、飽きを感じたり、隣の芝生が青く見えたりと他の女性に目移りすることもあります。

元カノを振って別れた後に、新しく恋人を作ろうとしても全然できない、新しい恋人が出来ても憎らしいことばかり言う子だった、など離れてから元カノの可愛さを痛感すると別れを告げたことをひどく後悔するものです。

「逃した魚は大きい」とはよく言いますが、一緒にいた時には忘れていたあなたのいいところを次々に思い出します。

内面を重視する女性と反対に、男性は特に彼女にする女性には見た目的に好きなパーツがあることが多く、身体的特徴が似ている女性を見るたびに元カノであるあなたの姿を重ね「可愛かったなあ」としみじみ感じるものなのです。

クシャっと笑った笑顔、不思議そうに見つめる目、甘えた時の仕草など、あなたの「可愛い」行動をたくさん見てきた元カレにとって、別れてしまったことはそれらの姿が見られなくなってしまうこととなりました。

元カノの可愛い姿を実感するたびに、復縁したいと感じます。

楽しかった思い出が蘇ってきて心にあふれた時

好きな人でも、長く一緒にいると少し離れてみたくもなるものです。

離れてみると違う景色が見える気がする、新しい出会いが溢れている気がする、そう思い出すと彼女と離れてみたい気持ちでいっぱいになってしまいます。

導かれるように別れを選択してしまい、振った後に待ち構えている現実は、夢あふれるモテモテタイムでもなく、運命的な出会いでもない、後悔の日々です。

一度後悔が始まると、元カノとの楽しかった思い出や胸がキュンとした出来事などを次々思い出し、復縁したい気持ちに駆られます。

自分の欲望のままに、別れと復縁とをすることはさすがに失礼だとは分かっている元カレは、探ることで復縁のチャンスがあるかどうか調べようとするのです。

部屋のあちこちに元カノの思い出が残り、思い出の品を捨てられずにいる元彼はすぐ見える場所にわざわざ出して、思い出に浸ろうとします。

楽しかった思い出が蘇ってきて、心にあふれた時に復縁したいという想いを実行に移すはずです。

元カレの気持ちは「あんなに楽しかった思い出を捨てることなんてできない」と考えています。

一人きりの時間が虚しく感じた時

恋人と別れた男性の過ごす時間は、翼を手に入れた鳥のように自由です。

彼女に束縛されることがあった男性であれば尚更のこと、自分一人の時間が嬉しくて仕方がありません。

「今日は何をしよう」とウキウキと予定を立てます。

新しい趣味を始める、男友達と連日飲み会、合コンに行く、など彼女がいるとデートばかりでなかなか出来なかったことを次々にやり始めるのです。

しかし、新しい挑戦も尽きてきた頃、特段これといって欠かせないモノが見つかることもなく、時間だけが過ぎていくようになります。

その頃、コンビニで買った弁当を夜一人きりで食べていると、ふと無性に虚しくなるものです。

「あれ、俺何やっているんだ」「元カノと一緒にいた頃は、こんな時間なかったはず」と交際中の行動を振り返ります。

一人きりの時間に虚しさを感じた時に「元カノは何やっているのかな」「新しい彼氏できたかな」と考えるようになるものなのです。

実はこのパターン、復縁したくなる男性にとってはとてもよく見られる傾向といえます。

普段は頼もしく、リードしてくれるようなタイプであっても、男性は意外とさみしがり屋の人が多いものです。

さみしいと思った時ほど、友人が捕まらず虚しさは募る一方で、元カノとの復縁のことばかり考える夜が続いていきます。

正直体に惚れていました!体の相性が良かったことを別れてから後悔した時

付き合っている男女にとって、内面が好き、見た目が好み、など好きになるポイントも交際を継続するポイントも人それぞれです。

しかし、実際「正直体に惚れていました!」と思っている男性も少なくはありません。

カップルにとってセックスライフは、交際を長続きするためにも重要な役割を果たします。

別れた理由はあるけれど、体の相性が良かったということだけは、どうしても別れてからも後悔が残るものです。

体の相性がいい異性と出会うということは、とても貴重なことといえます。

体を重ねてみなければ、相性がいいかどうかは分かるはずがないので、体の関係になるまでにかなり相手は絞られるはずです。

恋人となって、どんなに愛していても、体の相性はイマイチで満足感に欠けるという声も珍しいことではありません。

自分から振ったにも関わらず、もうあの体に触れることが出来ないと思うと、体が疼いてしまいます。

体の繋がりというものは、心に根深く刻まれているものです。

絶対に相性がいいと感じていた元カノとの絡みは、簡単には忘れられるものではありません。

元カノの体を求めて、復縁したいという気持ちがうまれることも実際にはある話なのです。

元カノに新しい彼氏が出来て奪われた気持ちになる本音

自分勝手だと言われようが、それが恋心。

それは自分から振って別れておいて、元カノに新しい彼氏が出来たと聞くと「奪われた」という気持ちになってしまうのが、男の恋の本音です。

付き合っている時には、なんでも自分の思い通りになると思いがちで、離れてしまうとすがって欲しいと思いがちな男性は、意外と多く存在しています。

付き合っていくことで自分の人間関係に制限がかかることが疎ましくなり、別れを選ぶのですが、元カノは別れた後も自分のことを好きでい続けるだろうという妄想をしているものです。

それが、元カノに新しい彼氏ができたと聞けば「話が違うじゃないか」と思ってしまいます。

別れたあとは、もちろんあなたが何をしようと誰と付き合おうと自由です。

しかし、自意識過剰で自分勝手に恋人を操れると思っている男性には寝耳に水という話になってしまいます。

横取りされたような気持ちになり、予定通り自分のことを好きでい続けてもらうために復縁しようと考えるはずです。

あなたのことを本当に愛しているのかは、よくよく確かめないといけないタイプともいえます。

一番大切なことは、あなたが元彼と一緒にいられることが、心の底から幸せだと感じるかどうかなのです。

ケンカの勢いで振ってしまったけど完全に勢いだったことを伝えたい本音

男女の間には、意見の違いも考え方の違いもあって当然です。

長続きするカップルは、男性と女性それぞれの違いを受け入れ、話し合いをすることで歩み寄りが上手くできるため、交際も順調に進みます。

しかし、話し合いも歩み寄りも得意な人たちばかりではありません。

自分の意見が全てではないと分かってはいても、意見が違うことで相手を否定し責めてしまうカップルも多く見られます。

ケンカの勢いで振ってしまったけど、完全にその場の勢いだけだったと後から反省する元カレも多く存在するものです。

「そんなに責めることでもなかった」「別れるほどのことでもなかった」と冷静になった後から考えても、すでに相手は元彼女。

自分から復縁を言い出すこともプライドが傷つくため、切り出せずにいます。

でも、正直「勢いだけだったんです!別れるまでしなくて良かったと反省している!!」と全力で伝えたいと思っているのです。

復縁のタイミングを逃す人は知らない『復縁しやすい時期』の確認方法

脈アリ!復縁したい男の行動

元カノと一緒に映っている写真を見ている

男性は終わった恋愛を引きずりやすいとはよく聞く話ですが、未練があるないに関わらず、元カノの写真や思い出の品を捨てられずにいる人は少なくありません。

「終わった恋だからって、別に捨てなくていいじゃないか」と考えています。

しかし、復縁に脈アリの元カレは写真や思い出の品を捨てないだけでなく、見える場所に飾ったままにしておいたり、時々眺めたりして思い出に浸る時間を作っているものです。

特に元カノと一緒に映っている写真を見ている元カレは、未練大アリで別れたことを整理できずにいます。

元カノ一人で映っている写真や、大勢で写っている写真よりも、元彼と自分のツーショットの写真は、付き合っていた当時をリアルに思い出すことができるものです。

「楽しかったな」「可愛かったな」とあなたのことを思い出すばかりで、前に進もうとしていない証拠となります。

思い出す時間に勢いがつくと、彼女が映っていないけれどデートで行った思い出の場所をSNSに投稿することもあるものです。

「この場所良かったな、もう一回行きたい」など、他人から見ればただの思い出アルバムですが、元カノからすれば「一緒に行った場所だ」とすぐ分かります。

復縁したい元カレは「偶然にも元カノに見てもらえたら連絡が来ないかな」と淡い期待を持って投稿している可能性大です。

スマホ内の、元カノの連絡先を消さずに着信画像をツーショット画像にしている場合は、完全にやり直す気でいます。

ご飯に行くことを誘ってくる

「会いたい、だけど理由がないといけない」と復縁したい男性は、元彼女に会う口実を考えます。

ご飯に誘うなんてベタだとも感じますが、元彼氏もいろいろ悩んだはずです。

映画、ドライブ、レジャー、と様々悩んだ末やはりご飯が一番どんな関係でも行ける場所だという考えに至ります。

男性は恋愛に関して気持ちの切り替えが苦手で、別れてからもう一度会いたいという思いに至るまで時間がかかるものです。

自分から振っておいて別れたことにショックを受ける、落ち込む、後悔、反省、思い出に浸るという過程を経てから「復縁したい」「会いたい」に気持ちが進んでいきます。

気持ちの整理に時間がかかったおかげで、会うためにかなり勇気が必要になってしまうものです。

ご飯に行って「何を喋ろうか」「ご飯の後はどうしようか」「いつ告白しようか」と、会おうとアクションをお越し始めるとすぐに復縁したがることも、男性の特徴。

彼女がどう思っているかどうかは、会ってから雰囲気や会話をするまで考えもしません。

男性は、自分がどうしたいか、ということを最優先して考えているのです。

ご飯に行く約束をすれば、告白するチャンスがあると考えています。

「別れたこと後悔している」と言う

付き合っていた女性に本気だったのであれば、自分から元恋人を振って別れた男性であっても、別れたという事実にショックを受けます。

別れてしまった恋人と過ごした時間の重さを、別れた時に初めて感じるのです。

誠実で責任感のある男性であれば、元彼女を傷つけたこと、自分が傷ついていること、二人が離れている時間が必要ではないと感じていることをすぐに伝えようと考えます。

別れてすぐであっても、考えを整理している最中であっても、伝えずにいられない元彼氏は「別れたことを後悔している」と元恋人の女性に連絡をして、言うことでスッキリしようとするものなのです。

結果復縁したい、ということであっても、後悔していることを伝えることが最優先で、この時点ではまだ復縁については、考えが至っていません。

すぐに気持ちを伝えたい男性は、一つ一つ頭の整理を進めていくために元恋人の女性に伝えてくるものです。

元カノからすれば「え?何?どうしたいの?」と疑問に思いますが、質問しても「それはわからない」と返答します。

理解しにくい男性の行動、しかし後悔しているとワード自体があなたのことを大切に思っていたという証拠であり、傷つけたことを詫びたいと思っている証です。

今後の復縁は大いに脈アリと考えてもいい状況といえます。

周囲の友人に「やり直したい」とこぼす

別れた直後から時間が経過した時まで、共通の復縁で脈アリ男性の行動があります。

それは、周囲の友人に「やり直したい」とこぼすことです。

直接別れた相手に伝える勇気はない、そして「一度別れたらやり直せるわけがない」と考えている男性に多く見られます。

このタイプの男性は、後悔をしていても自分からあなたに連絡してくることはなく、「どうしたい」という意志が分かりにくいことにあることも特徴です。

「俺の彼女はあの子だけだ」と他に恋人を作らない宣言をしている場合もあります。

残念なことに、この宣言も直接元カノであるあなたに伝えてくることはありません。

共通の友人がいたり、間接的にでも関わる場所があったりする場合には、彼の想いを耳にするチャンスも出てくるものです。

付き合っている時も、デートの場所を積極的に決めることがない、サプライズをしない、不満があっても言葉に出さない、などの場面でこのタイプである傾向が見られたはず。

何考えているかわからない、と思うような元カレであれば、思っていることを内に秘めて関係のない場所でこぼすことをしている可能性が高いといえます。

SNSにいいね!やコメントでコンタクトをとってくる

SNSを駆使している若者世代は、なんでもSNSを活用して有意義な人生にしています。

ヨリを戻したい恋人に対しても、SNSにいいね!やコメントを残すことでコンタクトをとってくるものなのです。

SNSはもはやインターネットツールという認識よりも、会っている感覚の強いツールになっています。

コメントをするだけで、会話をしているような気分になるのです。

いいね!やコメントで繋がりを感じていれば、自然にヨリを戻せるとも考えます。

そのため、どうにかして繋がっていないと復縁は無理だと感じ、SNS上の絡みが頻繁になるものなのです。

今やLINEやフェイスブック、ツイッターは恋人たちにも復縁を望む元恋人たちにも、なくてはならないツールとなっています。

あなたも復縁を望むのであれば、コメントに返信をして会話を成立することを続けていくことで、自然に会う約束まで取り付けることが可能です。

いいね!やコメントは個別ラインよりもハードルが低いため、軽いノリでコンタクトを取ることができます。

もしかしたら自分から振ったこともなかったことにされてしまうかもしれません。

きちんとケジメをつけてから復縁を望むのであれば、一度ちゃんと話し合いをしましょう。

元カノに未練がある男はこんなLINEを送ります

「暇なんだけど、今何しているの?」と一人でいることをアピール

元カノに未練がある男は「暇なんだけど、今何しているの?」と一人でいることをアピールしてきます。

「自分から振っておいて何?」と思いますが、彼は一人でいるとあなたを思い出してしまうのです。

別れてからの時間を楽しんでいるのであれば、わざわざ元彼女に対して一人アピールはしません。

「一人の時間を持て余している」「楽しいと思える時間が少ない」と遠まわしに伝えてきています。

どうにか連絡を取り合いたいと思っている彼は、何の脈絡もなく連絡をしてしまうことに抵抗がないのです。

突然「元気?」「久しぶり!」と挨拶lineをしてくることも同じ意味といえます。

恋人だったあなたと、当時のように急に連絡をしても不思議に思われるということを考えずに連絡ができるアクティブタイプです。

構って欲しいという気持ちが強いため、すぐに会う約束をしようとしたり、内容がなさそうなLINEを頻繁に送ってきたりします。

「今○○(場所)に一人でいるんだけど、時間潰せそうなカフェ知っているかな?」など、一見お店情報を訪ねているように見えるlineでも、これも一人アピールです。

本当にお店が知りたいだけであれば、最初の一言は必要ありません。

一人、時間がある、などを頻繁に使ってくるようであれば、復縁したい男性です。

「あの時は本当にごめん」と別れたことを謝る

人とのコミュニケーションで大事なことは、素直であることです。

ケンカ別れや話し合いで別れても、後から考えたら「大人気なかったな」「自分にも非があったな」「あの時は余裕がなかったけど、今ならあの子の言っていたことも分かる」と考えを改めることもよくあります。

そんな時に、素直な男性は気がついたときに謝ることが出きるものです。

「あの時は本当にごめん」とLINEでひとまず先に謝ります。

謝った後に、どういう考えで謝ろうと思ったのか、当時はどう考えていたのか、何かきっかけがあったのか、と説明をするのです。

他にも、恋人時代に男性自身が浮気をしてしまって別れた場合、浮気相手の元に行かないまたは浮気相手と破局した場合、元サヤに戻りたいという考えから謝るという選択肢もあります。

あの時はあの時、今は今。

謝ることで、過去のことを精算しようと試みているものなのです。

謝るところから新しいコミュニケーションが始まると思っています。

元恋人であるあなた自身が「復縁はしたいけれど謝るだけだと流されている気がする」と思うのであれば、そこから話し合いをして今後はどう付き合っていくのかという未来に向かっていく必要があるはずです。

とりあえず謝る、という男性の行動は、とても潔くもあり、ずるくもある行動といえます。

「行きたいって前話していたイベントに行ったよ」と付き合っていたときのことを伝える

交際中のカップルは未来の話をたくさんするものです。

二人で行ってみたい場所、二人が共通で好きなアーティストのライブ、二人とも楽しみにしていたイベント、などが会話に盛り込まれていることは日常茶飯事といえます。

二人で過ごす時間は、一緒に思い出を重ねることで深く濃くなっていくからです。

しかし、訪れてしまった彼との別れ。

約束していた場所にも行けなかった、と残念に思っている女性も少なくありません。

しかし、元恋人の彼から「行きたいって前話していたイベントに行ったよ」とLINEがあった時には、彼も同じように二人で行きたかったという想いがあることが分かります。

「二人で交わした約束を覚えている、そして自分が行ったことを伝えたい」という思いはあなたへの未練がある証拠です。

仮に未練がない状態で、たまたま約束の地に行ったのであれば、頭の中で思い返すだけでわざわざ伝えてくることはありません。

連絡を入れるという時点で、彼の「知らせたい」という心理が隠しきれていないことは、彼の戦略なのです。

気付いて欲しい、一緒に行きたかったと言って欲しい、という目的で、あなたに伝えています。

自然消滅した元カノに「ちゃんと話しがしたい」

別れというもの全てにおいて話し合い、突然の破局宣言とハッキリ終わりが分かるわけでありません。

遠距離恋愛や環境が変わったことなどがきっかけで、自然消滅するという別れも存在します。

自然消滅の場合、終わりがハッキリしているわけではなく、モヤモヤした気持ちが残るものです。

しかし「今更連絡もできないし」と、気づいたときには連絡もしづらい状況にまでなっています。

どちらか一方または両方が忙しくなって連絡をしなくなった、目の前のことに一生懸命でlineの返事も出来ない事が続いた、遠距離になって会えないのに連絡することで話題が発展しない、など自然消滅の理由も様々です。

しかし復縁をしたいと考えている男性であれば、モヤモヤした気持ちをそのままにしておくわけにはいきません。

「ちゃんと話がしたい」と元彼から連絡があった時には、自然消滅にモヤモヤが残っていることに加えて、また会いたいという気持ちを伝えたいと思っているものなのです。

別れの気持ちが固まっていて、恋人とはもう別れたと思っている彼であればもう話し合いは不要になります。

連絡を入れてきたタイミングが、自然消滅から期間が空いている方が復縁したいという気持ちが強いものです。

脈ナシ…未練がない男の行動

元彼からlineを送ってこない

付き合っている彼女に、彼氏の方から別れを告げたときに、相手の彼女はすでに彼の人生の未来には存在しない人となります。

別れた恋人に未練がない男性は、別れた時点で恋人のことを考えなくなってしまうのです。

つまり、元彼からlineを送ってこないということは、彼の中のあなたの存在がなくなってしまったということ。

もっと分かりやすい場面では、あなたがlineを送った時に返事がない、lineを送っても既読にならない、なども元カノに未練がない行動になっています。

少しわかりにくい場面としては、あなたからlineをした時には返事が返ってくる時です。

優しい男性であるほど、元カノからのlineを無視できずに返信することが礼儀と思っています。

この場合は、あなたからのlineの返事はあるけれど、彼発信のlineがあるかどうかが判断材料となるものです。

返信があっても彼発信のLINEがない場合には、彼に復縁の気持ちはありません。

返信が返ってくるのは、彼の誠意からの行動と言えます。

優しい男性は分かりにくいので、復縁したい時には注意深くどんな時にlineのやりとりをしているのかを観察しましょう。

元カノに執着せず大勢の友達の一人として明るく振舞う行動

破局した恋人同士が大勢で一緒に遊ぶことが多い二人であれば、別れてからもそんな場面が訪れることがあります。

バーベキューやキャンプ、アウトドアなど、大人数で集まる遊びは多いものです。

彼に振られたあなたが、交際が終わってからでも「集まる時に少しでも隣に行けたら」「少しでも二人で話せたら」と思っているのであれば、元恋人の彼の態度をよく見てみましょう。

元カノという存在に執着せず大勢の友達の一人として、明るく振舞う元恋人の態度が見られれば復縁は難しいと言えます。

周りにいる友達と何も違いがなく接する態度は、あなたに未練がないということを表していることです。

落ち込んだり、二人でいることを避けたりしているという態度も、あなたを元恋人として意識しているということなので、この場合は頑張れば復縁ができる可能性があります。

しかし、全く意識していない状態で、明るく振舞うことは、元恋人としてではなく友人の一人として接しているということです。

彼に復縁の気持ちはなく「またみんなと楽しく出来て嬉しい」と感じています。

そんな相手に対して、未練を感じさせる態度をあなた自身が発していれば、疎ましいと感じられることにつながり、大勢の友達の一人としても会うことができなくなってしまうため、注意しましょう。

元カノに好きになった人の相談をする

好きな人が出来て別れる、恋人としての価値観が合わずに別れる、という最後であれば前の彼女であったあなたに対して、好きになった人の相談をすることがあります。

恋人だったからこそ、異性としての彼の魅力や恋人になったらどんな人と受け取られるのか、元カノであればよく知っているからです。

新しい好きな人が、自分と付き合ってくれるかどうか、うまくいくかどうか、元カノのコメントを元にジャッジをしたいと考えています。

あなたに対しての未練は、全くないと判断できる話題です。

それでも、別れた元彼女に相談してくる元彼にとって、あなたという存在は重要なことを相談したくなる、信頼できる異性として位置しています。

友達以上恋人未満、という表現をよく聞きますが、まさにこのパターンも当てはまるのです。

友達よりも信頼しているけれど、恋人としては見ることができないという立場でいる限り、再び恋人というポジションに戻ることは難しいといえます。

相談相手に選ばれたことは、復縁したいあなたにとってはとても辛いことなので、話を聞くことが本当に辛いことだと思うのであれば、無理をせず断りましょう。

元恋人のSNSをブロックしている

今や連絡するための手段の一つともなったSNS。

SNSを通じて、離れていても知りたい人の情報を知ることができます。

かつては愛し合ったカップルも、交際が終わってしまうと相手が何をしているのかわからなくなってしまうものです。

そこでSNSを通じて、どんな投稿がされているか見てみようとしたり、メッセージを贈ろうとしたりしても、見られない・送れないという状況になります。

これは付き合っていた恋人が、赤の他人になってしまった証を突きつけられたようで、彼のことを少しでも知りたいと思うあなたにとっては、ひどく傷つくことですが、SNSをブロックされているということなのです。

Lineがブロックされてしまえば、メッセージに既読がつきません。

フェイスブックは公開設定を変えることができますし、“友達”というフォローを外すことで相手に自分の投稿を流れなくすることができます。

インターネット社会に頼り切った現代の恋愛でSNSをブロックされるということは、本当に連絡手段が途絶えてしまったということを意味するものなのです。

元カレにとっては、連絡をしてほしくない、近況も知られたくない、という心理になっています。

この状況の中で復縁を望むことは、無理だと諦めましょう。

『絶対復縁できないケース』を全てご紹介。当てはまったら無理だと諦めるべし

振った元カノと復縁したい…自分から別れたことを後悔しやり直そうとする男性の行動

元カノと絶対に会える場所で待ち伏せ

男性は、頭で考えたことを行動しようとすると、体全体で行動することを選ぶ人も少なくありません。

アナログだと言われようが、好きな人に会いにいくという基本的姿勢は、一番ストレートに心に響きます。

元カノとやり直したい、と強く願っている元彼氏は直接会って話をするために、絶対に会える場所で待ち伏せをするはずです。

同じ会社に勤めているのであれば、二人で話せそうな場所で待ち伏せたり、違う職場であれば帰りに一言伝えるために元カノの職場に向かったりします。

かなり深い関係であったり、付き合いが長くなっていたりすると家の前で待ち伏せたりすることもあるものです。

これが続いてしまえばストーキング行為と言われてしまいそうですが、本気で復縁を望んでいる元彼氏であれば嫌われることを覚悟で、ワンチャンスというつもりで向かっています。

会った時に話ができなくても「一度話をするチャンスをくれ」とだけ伝えるために、わざわざ会いに行ったりするものです。

それだけのために会いに行くという行動を起こす男性は、やり直したいということを強く願っています。

自分が振ったからこそ彼女の手を煩わせない、という非常に男らしい行動です。

3日おきに連絡をする

復縁したいけれど、チャンスを伺っている男性は、こまめに連絡を入れてくるようになります。

振った立場から連絡をしてくるというのは、かなり勇気が必要なはずです。

だからこそ、元カノのご機嫌を伺いたいという不安と心配が見え隠れしています。

3日おきに連絡をすることで、自分のことを思い出して欲しいという意味で、少なすぎない頻度というものを意識していることも伝わって来るものです。

同時に、「本当は、毎日連絡したいけれど元恋人に嫌われたくない」という気持ちから、少し我慢が見られる3日おきの連絡となっています。

可愛らしい元彼氏の努力が見られて、ほっこりするものです。

彼の方から振ったことを考えれば、復縁をしたいとあなたが思っていても少し頑張ってもらいたいと思うことも仕方ありません。

しかし、あまり泳がせてしまっては、彼も復縁を諦めてしまうので、折を見て直接会って「なぜ連絡をしてくるようになったの?」と訪ねてみましょう。

彼の方から復縁したいと告白してもらうことで、長続きする交際へと進むことができるはずです。

元カノの誕生日や記念日に連絡をする

付き合っている男女のカップルには、ラブラブであるほどたくさんの記念日が存在します。

付き合い始めの記念日は、多くのカップルにも見られる特別な日です。

中には、初めて手をつないだ記念日、初めてキスをした記念日、ペアリング記念日など細かく記念日として楽しんでいるカップルもいます。

別れてしまえば忘れてしまう人が多い中、元カノの誕生日や記念日をしっかり覚えている場合は、未練があり復縁したいと望んでいる男性です。

本当に復縁をしようと決意した男性は、彼女の誕生日や恋人だった頃の記念日に連絡をしてきます。

彼女の誕生日、記念日が彼にとって、とても特別な日であり、どうしてもあなたと繋がっているという思いになりたいものなのです。

また、復縁したいと考えている男性にとって、好きな女性の誕生日は特別な日となります。

別れてしまったからといえ、お祝いできないということが辛すぎるのです。

彼女の誕生日をきっかけに、復縁に向けて動き出すということも考えています。

お祝いする機会ほど、告白しやすい日はありません。

付き合っていた頃の二人を思い出しながら、彼女の誕生をお祝いしたいと願っています。

少なくとも、復縁できるかどうか結果は求めていなくても、お祝いしたいから連絡してくるという意味はあるはずです。

男性心理はプライドが高くてやっかいな部分も。復縁はあなたがリードして

男性が振ったにも関わらず、復縁したいと思っている男性は、素直に復縁したいと言い出す男性は多いとは言えません。

自分が振ったからこそ、どうにか機会とあなたの気持ちを伺いながら、復縁のチャンスを慎重に考えています。

自分から振ったのに復縁したい男の男性心理は、プライドが高くてやっかいな部分もあるため、行動や送られてくるLINEをしっかりと観察して復縁の意思があるのかどうか確認しましょう。

振った元カノと復縁したい時に見せる兆候が見られるのであれば、言い出すきっかけが掴めていないだけなので、あなたがリードして彼が素直に気持ちを伝えられるための舞台を用意してあげることも優しさです。

あなたが彼の気持ちを汲んであげることで、スムーズに復縁成功し、以前よりもお互いを思い合える関係を作ることが出来るので、二人で支え合える交際を始めてくださいね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】復縁の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「元彼と復縁できる方法を知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

元彼との復縁の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG