復縁したい人必見!男性に聞いたどうしても元カノと復縁したくなるきっかけや男心を動かす方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ真実のキセキをご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「元彼とどうしても復縁したいけど、どうしたらいいの?」一度別れてしまうと、途端に相手の男性の気持ちが分からなくなってしまい、復縁したくても勇気が出ないという女性も少なくありません。

しかし、それは復縁とは何かということを知れば、悩みは解決するものです。

今回は、復縁とは何かを知るところから始め、男性が復縁したくなるきっかけや男心が動く方法を詳しくご紹介します。

彼の気持ちを知ることで、どんなアプローチをすれば復縁するためのデートをすることができるのか、参考にして行動に移してみてくださいね。

復縁するためには、自分磨きも必須となりますので、そのポイントも伝授しますので、復縁して二人で幸せな時間を手に入れるために、努力をしていきましょう。

目次

復縁したいと思ったら「復縁とは何か?」をまず知ろう

復縁とは罪悪感を取り払ってから叶うもの

復縁するためには、復縁とは何かを知る必要があります。

復縁とは、振った側の罪悪感を取り払うことで、二人は新しいステップに進むことができるものです。

交際を終える時に、自然消滅でない限りはどちらかが相手に別れを告げるという行為が行われます。

別れを告げるというものは、どんな理由であれ罪悪感を伴うものです。

自分の気持ちが冷めてしまった、他に好きな人ができた、価値観の違いを感じてしまった、親に反対された、遠距離になることに耐えられない、相手のことを信じられなくなった、など様々な理由がありますが、別れを告げるときには「彼女は傷つくだろうな」「泣いてしまうかな」「たくさん思い出作ったのにもう終わってしまうのか」「幸せにしてあげたかったな」など複雑な気持ちを抱えながら伝えます。

罪悪感を抱えたままであれば、いくら復縁を望んだとしても「悪いことしたな」「傷つけたこと根に持っているかな」と気にしてしまい、どうしても恋愛に集中できません。

元カノであっても、相手に集中できなければ愛情が育つことはなく、結局再び別れが訪れてしまうのです。

振った人の罪悪感を払拭するという作業は、復縁にとってとても重要になります。

復縁は寂しさや手に届く範囲にいる相手だからといってするものではない

別れてしまうと、それまで当たり前のように隣にいた恋人がいなくなり、ぽっかり穴が空いてしまったかのように感じます。

スケジュールも白紙ばかりになり、「今まで何していたかな?」と恋愛をする前の状態を思い出そうとしても、別れた恋人と過ごした時間ばかりが脳裏に蘇るものです。

別れてから少しして気持ちが落ち着いてくると、その空いた隣の空間に吹く風の冷たさや、暇な時間が心をえぐるような感覚になってきます。

そして、寂しさが募っていくと復縁したいと思うようになるものなのです。

しかし、復縁を果たしたとしても寂しさを埋めるための復縁であれば、寂しさが埋まってしまえば退屈さを感じてしまいます。

また、元カレ元カノという立場は、友達よりも心の距離が近いため、別れてからも連絡が取れる状態にあれば、手に届く範囲にいる異性ということです。

手に届く範囲にいる相手だからといって復縁をしてしまうと、別れた意味がないと感じてしまい、早い段階で再び別れが訪れることになります。

復縁をするということは、寂しさを埋めることでも、近い人だからとそばにいてもらうことでもありません。

あなたが本当に好きだと思っている相手であるからこそ、復縁したいと願い行動するべきなのです。

別れた原因を解消していなければ復縁しても同じことの繰り返しになる

恋人同士が交際を終えるとき、そこには理由が存在します。

別れた原因を解消していなければ、復縁したいと思って復縁しても、結局別れた原因と同じことで破局するという繰り返しになってしまうはずです。

相手との価値観が合わなかったことが原因であれば、合わない価値観をどうすり合わせるか、会う時間がなくなって別れたのであれば、どうスケジュール管理をするのか、二人で話し合う前に復縁したいと願う側が提案をするべきだといえます。

お互いに好き同士で別れてしまったのであれば「もう一度やり直したいから一緒に話し合おう」と言って話し合いをすることが可能ですが、一方的に振られた場合「話し合おう」と言っても相手からすれば「話すことなんてない」と拒否されてしまうものです。

誰が、どんな場面で、どう感じていたのか、二人の交際の問題点は何だったのか、復縁を切り出す前によく分析して考える必要があります。

例え、大好きな彼がどう考えても悪いと思える場合であっても、彼を夢中にさせる手立てがなかったか振り返ってみましょう。

彼の浮気で別れたのであれば、いくらあなたが好きだとしても、そのまま復縁をするのではなく、彼がしっかり反省することが復縁するためには絶対必要です。

復縁すると一度目の交際よりもお互いを深く知ることができる

復縁するということは、一度目の交際よりもお互いを深く知ることができます。

彼の好きなこと、好きなもの、考え方や生活スタイル、価値観など、お互いの事をよく知っているからこそ、さらに関係を深めることが可能です。

同じことで衝突するのではなく、「彼は○○が苦手だから私がフォローしよう」「私が甘えすぎたから少し自立しよう」など改善しながら、お互いが気持ちよく付き合うことができるポイントを探すことができます。

考え方も知っているからこそ、人間としての器を広げるきっかけにもなり、「前の時はこのことでイライラしていたけど、分かっていたらなんとも思わない」という状態にもっていくことができるようになるのです。

長続きさせようと思えば、お互いの価値観や人生観を知り歩み寄るという作業は必要不可欠であり、許容範囲を広げるということは、自分の受け入れる愛を広げるということにもなるので、他の人に対しても優しく接することができるようになります。

お互いの事を深く知ることで、より深い愛情を育むことができるものなのです。

復縁したい相手の気持ちを動かすには純粋に相手のためになることを考える

復縁とは、最初の交際よりも愛情が大きく磨かれていくことになるものです。

復縁したい相手の気持ちを動かすには、純粋に相手のためになることだけをしっかり考える必要があります。

通常、一度別れた人ともう一度交際しようと思っても「どうせまた上手くいかない」「トラブルになることが分かっているのに同じことを繰り返したくない」という心理が働くものなのです。

だからこそ、よりピュアな愛情が必要になります。

復縁したいと思う相手が、どんな気持ちになれば心地よく感じ、一緒にいて嬉しいと思ってくれるのか、お互い尊重しあえる関係になることができるのか、しっかりと相手のことを考えなければ復縁は難しいものです。

相手が思わず「ありがとう」と言ってしまうようなやりとりが、当たり前に行われる関係性になることが理想になります。

相手が望むことを常に考え、さらにそのことは彼にとって甘えにならないか、考えるのです。

恋人同士は、好きという気持ちだけでなくお互い成長できる関係でいるのが一番の理想といえます。

理想を目指して、成長できる関係性とはどうあるべきなのか、常に考えて行動するべきなのです。

復縁がうまくいかない時に見落としているものと今からでもうまくいく方法

別れてしまった元彼は今こんな事を考えています

一人になると時間がたくさんあって寂しい

恋人と別れてしまった元彼は今、一人になると時間がたくさんあって寂しいと考えています。

男女ともに、恋人ができると生活の比重が恋愛重視になる人というのが多くいるものです。

恋愛重視でいると、恋人ができた途端からずっと彼女と一緒にいます。

そのため、寝ても覚めても元彼女が隣にいたのに、今はもういないと思うと、寂しくてたまらなくなるのです。

自分は何をすればいいのか分からなくなり、日常に気力がなくなってしまいます。

時間を持て余すため、最初は片っ端から友人に電話をかけて空いた時間を埋めようとするものです。

しかし、友人も忙しいため、いつまでも付き合ってくれるわけではありません。

時間の使い方がわからず、早く寝てしまうなど生活が大きく変わってしまいます。

寂しいと思いながらも、誰かに弱音を漏らすこともできず、一人でじっと耐えているのです。

スマホゲームの時間が増えたり、漫画を読む時間が増えたりと、ひとり遊びをしながら没頭できるものに夢中になります。

SNSで暇アピールをして、遊んでくれる友人を募ったり、誰か反応してくれることで時間を埋めようとしたりするものです。

同じ一日がこんなにまで時間が長く感じるものか、と実感している最中だと言えます。

自由を楽しみたい

男の人にとって、彼女がいる状態というのは自由が奪われると感じている人もいます。

好きな人と一緒に過ごすことが苦痛なわけではなく、一人の時間が少なくなることが苦痛だと感じているものです。

そのため、別れた後の元彼は、愛情と引き換えに得た自由を楽しみたいと考えています。

せっかく自由を手にしたのだから、フリーの時期にしかできないことをしていきたいのです。

彼女がいれば、食事やデートとお金を使うことも多く、自分の趣味も我慢しなければいけないこともありました。

しかし、破局した今お金を全て自分のために使うことができるため、趣味にも友人と遊ぶために使うことにも後を気にすることなく自由に使うことができるものなのです。

時間もお金も自由に使えることで、別れた切なさよりを感じながらも「何をしよう」というワクワクした気持ちが湧き上がってきます。

彼女のことを気にすることなく、合コンやナンパをすることもでき、しばらくはフラフラとしていたいと思う気持ちも生まれるものです。

また、仕事が好きな彼にとっては、思う存分仕事に打ち込むことができると考えるようになります。

残業が多くても「デートする時間がない」と彼女に不満を言わることもありません。

彼女と別れたことをきっかけに、思い切り仕事に打ち込みキャリアアップを狙おうと考える男性もいます。

今更いい女だったと気づいた

大体、付き合っている恋人のよさというのは、別れてから気がつくものです。

別れて離ればなれになってしまってから、「今更だけど、いい女だったな」と気づきます。

後悔先に立たずとは、まさにこのこと。

元カノがどれだけ自分のことを愛してくれていたか、尽くしてくれていたか、心配してくれていたのか、思い知ることになるのです。

男の人は容姿で一目惚れをすることもあり、自分から好きになって付き合い始めたにも関わらず、一緒にいると慣れてしまって好みの容姿であることも忘れてしまいます。

しかし、離れてから「やっぱり理想の外見だった」「他にあんな美人いない」と気づくものです。

別れてから気づいても、遅いとは分かっていながらも、忘れることができず、記憶のメモリーにそっとしまいます。

中には、彼女との思い出の品を処分することができずに、見えるところにおいたままにしておくこともあるものなのです。

一度心を鷲掴みにされた相手というのは、悪いところがあったとしても、離れてからはいいところばかり思い出します。

次の彼女では失敗したくない

男の人は彼女と別れると「失敗したな」と考えます。

そのため、次の彼女では失敗したくないと思うものなのです。

人は同じことを繰り返すことを嫌います。

しかし、ほとんどの人が同じことを繰り返しながら、少しずつ学んで成長していくものです。

心の中では一気に変化を望むため、元カノと全く違うタイプの女性と付き合おうとします。

束縛が強い彼女であれば、次は何日も連絡をしなくても文句を言わない彼女、明るくて行動的な彼女に嫉妬をして別れたのであれば一途に自分のことだけを想ってくれる相手、など「次こそは上手くいく」と考えて彼女を探すのです。

次の彼女を探しても都合のいい女性が簡単に見つかる訳もなく、また違うタイプの女性だからといって問題が起きないわけでもありません。

次の彼女は失敗したくない、と考える男の人は、相手が悪かったと考えていることになります。

本当の問題点を見つけることができていないため、同じことを繰り返す原因が自分にあることも気づいていません。

彼女と別れてさみしい気持ちから次々と新しい彼女候補を増やそうと行動します。

幸せにしてあげられなかったことを後悔

きちんと話し合いができないまま別れてしまった場合、もしくは彼女が彼の元を去っていた場合、元彼は「幸せにしてあげられなかった」と後悔しています。

男の人は彼女が出来た時に「この子を幸せにしてあげたい」「笑顔を隣で見ていたい」と願っているものです。

しかし、その笑顔を曇らせてしまった、自分が幸せにしてあげられなかったという気持ちがとても大きくなり恋愛から遠ざかろうとします。

後悔から自信をなくし、彼女に顔向けできないと考える人もいるものなのです。

真剣に彼女のことを好きだったからこそ、幸せにしたいと願っていた気持ちは強く、別れてしまったことで、彼女を傷つけたという事実にも後悔しています。

別れる前にもっと何か方法があったのではないか、話し合いをして解決すべきだったのではないか、と一人で悶々と考えるのです。

真面目な人ほど「女の人は男が幸せにしてあげるべき」と考えている人が多くいます。

男の人は彼女を幸せに導くことが使命だと感じており、男のロマンなのです。

また、親の反対などの外的要因で別れを迎えたカップルはどれだけ彼女のことを好きでも、自分が幸せにしてあげることができなかった、と後悔と悲しみでいっぱいになっています。

復縁にまつわる男性心理を徹底解説!振った側の男の気持ちや別れを後悔する時期など

男性に聞いた!どうしても元カノと復縁したくなるきっかけ

時間が経ってから別れを実感した一人ぼっちの部屋

女性は破局という出来事で、一気に悲しみを感じ、ゆっくりと心の整理をしていくのに対して、男性は別れという事実をすぐには認識できません。

時間が経ってから別れを実感した一人ぼっちの部屋を「寂しい」と感じた時に、初めて別れを実感します。

同時に、元カノとの別れを受け入れることができず復縁したくなるものなのです。

例え自分から振っておいたとしても、一人ぼっちの部屋を見て「本当に別れたのか」と自分が出した答えにも関わらず、悲しくなっていきます。

男の人は心の整理がゆっくりで、時間の経過に任せようと思っている人が少なくありません。

いつも一緒にいた彼女がいない、と急に実感したとき「別れるんじゃなかった」「やっぱり好きだ」と感情コントロールができなくなってしまいます。

自分から別れたとしても、気持ちを割り切ることができず、孤独感に苛まれるものです。6630

復縁したいと思って、別れた彼女に復縁を申し出るということはプライドを捨て去るということと一緒だと考えます。

終わったことを引きずる女々しい男だと思われたくないのです。

そのため、一人ぼっちの部屋で復縁したいと思いながら、過去の写真を見て過ごすようになります。

一人でご飯を食べているとき

一人でご飯を食べているとき、ふと寂しさを感じて復縁したいと考えます。

ご飯というのは、一人で食べるのと恋人と二人で食べるのでは全く雰囲気も味も変わってくるものです。

よく「みんなで食べるご飯は美味しい」といいますが、食事という生理欲求を満たすこと一つとっても、心の満足度が判断しているのは、食事をしている状況になります。

誰かと食べるご飯は心を満たしてくれるため、とても美味しく感じると同時に、一緒にいる相手のことを愛おしいと感じるようになるものなのです。

いつも当たり前のように彼女と一緒にご飯を食べていた元カレにとって、一人で食べる食事は味気なく感じ、「彼女とご飯食べているといつも楽しかったな」「美味しそうに食べていたな」「よく笑っていたな」など次々に元カノのことを思い出します。

彼女が料理上手であれば、確実に彼女の手料理を思い出し、食べたくなるのです。

料理は胃袋をつかみ、人の心をつかみます。

美味しいご飯を食べたいと願うとき、「元彼女と一緒に食べたい」と思い、復縁したいと考えるものなのです。

お袋の味を食べた時に母親に会いたくなる心理と同じといえます。

元カノに新しい男の気配があると知ったとき

男の人は支配欲があり、既に交際が終わった元カノであっても新しい男の気配があると知った時には、復縁したいと考えます。

一度は愛し合った人が、誰かに取られるということを想像するだけでも、嫌な気持ちになるものです。

復縁して阻止したいと考えます。

また、新しい彼氏候補が彼女を幸せにすることができるのかどうか、見極めようと考えたりもするものなのです。

別れたあとも、変な男に引っかかって欲しくないという気持ちが働きます。

この状況になっているとき、元恋人である自分の立場や性格は頭にありません。

とにかく、他の人と付き合うという事実を受け入れられないのです。

別れていても嫉妬心というものが働くため、「なんで他の男になんてなびくんだ」と怒りを感じる場合もあります。

また、別れた彼女にはずっと自分のことを好きでいてほしいという願望も持っているものです。

そのため、新しい男の気配がすると、自分のことをすっかり忘れてしまわれたような気持ちになり、孤独感が大きくなります。

元彼女と復縁することで、「やっぱり俺のことが忘れられないだろう」という優越感を持ちたいと考えるものなのです。

「やっぱり俺のことよくわかってくれている」と思った瞬間

別れた元カノに対して復縁したいと思うきっかけは、「やっぱり俺のことよくわかってくれている」と思った瞬間です。

一緒に過ごした時間が長い彼女だからこそわかる、彼の生活スタイルや考え方、趣味嗜好など、わざわざ言葉にしなくても分かってくれているとわかった瞬間は、とても嬉しいと感じます。

例えば、職場恋愛で元彼女がみんなに飲み物を聞いている時に、自分だけ何も聞かれなくても好きな飲み物が出てきた、という場合や、大事な会議の日の朝に電話で起こしてくれて「こういう日はだいたい遅れちゃうから」と一言言ってくれたときなどは、心の底から自分のことを理解してくれていることに感謝し、愛おしいと感じるものなのです。

自分のことを、本当によくわかってくれている相手というのは、そんなに多くはいません。

自分の生活スタイル、考え方、癖や失敗など、知ってくれているからこそフォローしてくれるありがたさが身にしみたとき、初めて相手のありがたみがわかるものです。

そして、それは付き合っている時には、当たり前だと感じてしまうため、別れたからこそ「ありがたい」と思うことができます。

元恋人に感謝の気持ちを持ったとき、復縁したいなと思うように気持ちが変化していくのです。

復縁のきっかけが欲しいあなたへ!元カレが復縁したくなる言葉やline

元彼とやり直すために必要不可欠な自分磨き

ポジティブな考え方になるための言葉変換

元彼とやり直すためには、ポジティブな考え方になっていく必要があります。

誰でもネガティブな人よりは、ポジティブな人と一緒にいるほうが楽しいと感じるものです。

一緒にいる時間で、学びや気づきがあり、今ある幸せに気づくことができる人であれば、これからもずっと一緒にいたいと思うようになります。

そのためには、練習が必要なのです。

ポジティブな考え方になるための、言葉変換をして自分の言葉と考え方を変革していきます。

「仕事面倒だな」と言ってしまうのであれば「今日も働くことができる仕事があってありがたい」と変換しましょう。

「寂しい」なら「ひとりの時間を学びに使おう」と変換し、「疲れた」は「一日充実していた」と変換します。

一日に使う言葉を全て意識的にポジティブな言葉に変換していくことで、次第に考え方そのものがポジティブに変わっていくものです。

「あの人嫌い」と言う前に「私とは違う考えを持っている」と言葉にするだけで、相手のいいところを探そうという気分になります。

最初は言葉を探しながら生活することに疲れるかもしれませんが、慣れてくれば元彼も驚くほど輝く表情になっているはずです。

ポジティブな言葉を使う人は、必ず輝いており、一緒にいる人も同じような人が集まるため交友関係も有意義になります。

自分の理想の女性になるための外見磨き

元カレとやり直すためには、あなた自身が自分のことを好きになる必要があります。

これは、復縁をするうえで必要不可欠です。

あなたの理想の女性を一人思い浮かべましょう。

芸能人でも、身近にいる憧れの人でも構いません。

その人の外見を真似していくのです。

自分の理想の女性になるための外見磨きは、ファッション、メイク、姿勢、雰囲気、などトータルで追いかけていくことで、自分磨きができます。

内面のことを理想と思っていても、外面を真似することで自然と内面も理解できるようになるものなのです。

理想の人が身にまとっているファッションや雰囲気を真似することで、それに見合う自分とはどんな姿かを考えるようになります。

将来のことを見据えている自立した女性、清楚で純粋な女性、可愛らしくて愛嬌のある女性、個性的で自分をしっかり持っている女性、などあなたのなりたい女性になることで、元カレに会うための自信を付けることができるのです。

理想に向かって努力する女性は、どんなタイプであっても輝いています。

男の人は努力する女性のことが好きです。

ましてや一度交際していた相手が、理想に向かって努力している姿というのは、なんとも愛おしいと感じます。

世界を広げるためのコミュニティ作り

元カレと復縁するために、必要なのは視野の広さです。

今までと同じあなたのままでは、考え方も彼を受け入れる器も、何も変化がありません。

あなた自身の世界を広げるためのコミュニティ作りをしてみましょう。

元恋人の彼が趣味にしていたことを学ぶために、新しく始めることもその一つです。

あなたが今まで知らない世界を知るために、一歩踏み出します。

あなたの中の世界が広がることで、世の中にはどんな考え方の人がいて、どんな言葉で傷つく人がいるのか、不器用な人、世渡り上手な人、たくさんの人を自分の目で見ていくことが重要です。

視野が広がり、世界が広がることで、彼とケンカになっていたことも何が原因だったのか理解でき、受け入れることができます。

また、男女の思考の違いを知ることで、彼がどんな考えだったのかを知ることができ、復縁を叶えたあとの交際をスムーズにすることができるはずです。

世界を広げるコミュニティを作るということは、復縁するためには絶対欠かせません。

自分を輝かせるためのファッション

元彼と復縁するためには、自分自身を最大限魅力的に見せる方法を知っておく必要があります。

そのためには、自分を輝かせるためのファッションを知ることです。

客観的に見て、あなた自身がどんな人なのか、雰囲気は、言葉遣いは、考え方は、どうなのか書き出してみましょう。

また社会的タイプは社交的なのか、控えめなのかという分類も見てみます。

主観ではなく、あくまでも客観的に見ることが大切です。

必要であれば、カラー診断や骨格診断を受けてみましょう。

年齢、肌の色、雰囲気、スタイル、全てをトータルで見て、さらに自分の理想を重ねてベストなファッションを見つけます。

ファッション分析をすることによって、自分自身を知ることもでき、また目指すべき自分の姿を見つけることもできるものです。

自分を輝かせることができるファッションを知っているということは、自分自身をよく理解しているこということ。

彼との関係を築く上でも、自分がどんな人でどうコミュニケーションを取るタイプなのか、理解しておきます。

自分が輝くファッションを身に付けることで、自信がつき、表情も明るくなるものです。

彼と復縁したいのであれば、女性としてもひとりの人間としても自信を持って挑みましょう。

復縁エピソードに学ぶ『成功』の極意5つ!元彼から告白・結婚・遠距離も成功します

男心を動かすlineや誘い方、デートプラン

彼の空き時間に合わせて「今LINEいい?」

男心を動かすLineをするためには、彼の空き時間に合わせて「今LINEいい?」とお伺いをします。

これは、元恋人である彼のルーティンを知っているからこそ出来るテクニックです。

例えば、仕事が終わってジムに通い、家に帰ってからお風呂に入った後、ゆっくりする時間を設けている元彼氏の場合、仕事、ジム、お風呂の時間にメッセージを入れても、読むのは後からになります。

入っているメッセージを読んでも、そのまま放置してしまうことが多くなりますが、リアルタイムに空いている時間を狙ってメッセージを入れることで、すぐに返信をしようという気持ちになるのです。

男の人は、自分がすぐに見られない時に入っているメッセージよりも、すぐに読めるときに入ってきたメッセージに重要性を感じます。

「久しぶりだ」「嬉しい」と感じてくれれば、返信とともに、近況の話まですることができるはずです。

見られない時にメッセージが入っていても、返事をする気になれず、再びメッセージが入ると「返事もしてないのにまた連絡が来た、重いな」と感じてしまうことになりかねません。

必ず彼の行動を考えてからlineしましょう。

「前に教えてくれた○○がすごく楽しかったからもう一度行きたいな」で彼のデートチョイスが良かったことを褒める

彼にデートを申し込む時には、少し変化球を投げてみましょう。

「前に教えてくれた○○(場所)がすごく楽しかったから、もう一度行きたいな」とデートに誘います。

この時、以前交際していた時に、彼が見つけて連れて行ってくれた場所であることが重要です。

男の人は自分が立てたデートプランを相手が喜んでくれるかどうか、とても気にしています。

その時喜んでくれたとしても、交際中なので当然といえば当然。

しかし、その場所をもう一度改めて「楽しかったからまた行きたい」と言われることは、そのデートプランに対する最大の褒め言葉になります。

そう言われた元カレは「そんなに喜んでくれたのなら、もう一回行こう」と受けてくれることになるはずです。

彼のプライドとくすぐったい照れた気持ちを引き出すことで、デートに誘うことができます。

ましてや、自分が考えたデートプランなので、他の人とのデートとして行って欲しいとは言うハズがありません。

自分が考えたデートプランでは、自分が彼女を満足させたいと考えます。

別れても思い出してもらえるほどの場所を教えることができた、ということに優越感を持つものなのです。

「一人で不安だから付いてきてほしいな、お昼ご飯はごちそうするからお願い」と用事に付き添ってもらう

別れた彼氏と再び会おうと思うのであれば、ストレートにデートへ誘うこともひとつの方法ですが、用事に付き添ってもらうという方法もデートと換算することができます。

元恋人なので、二人で会うきっかけさえあれば、それはデートとなるのです。

どこか、行ったことがない場所に行く用事を作りましょう。

「一人で不安だから付いてきてほしいな」と相手の男性にお願いします。

どこへでも一人で行けてしまうタイプの女性よりも、いつも元彼氏にどこでも付いてきてもらっていたタイプの彼女である方が、有効な方法です。

どこかについてきてもらう、という用事を了承してもらったとしても、そのままデートとして元恋人に食事をご馳走してもらってはいけません。

「お昼ご飯はごちそうするからお願い」と先に伝えておくことで、男の人は別れた相手に対してお金を使う心配をしなくて済みます。

男の人は好きな人や恋人に対してはいくらでも尽くすことができますが、別れた相手に尽くすほどの余裕はありません。

余程お金にゆとりがあれば別ですが、先にお昼をごちそうするとあなたから持ちかけたほうが、気持ち的に行きやすくなります。

また、元恋人の彼の方も復縁を少し考えている場合、「元カノがご飯ご馳走してくれる」ということが再会する理由にもできるものです。

お互い無理をしないように会う予定を組むことが重要になります。

「服を買いたいんだけどアドバイス欲しいな」と彼好みのファッションになろうとする

元カレとヨリを戻したいとき、彼好みの服を選ぶというのも、ひとつの方法です。

「服を買いたいんだけどアドバイス欲しいな」と伝えることで、彼好みのファッションになろうとすることを遠まわしに伝えることもできます。

誘った時に伝わらなくても、一緒に選んでいる時にどんどんあなたが彼好みのファッションになっていく姿を見れば、相手も胸が高鳴るはずです。

また、服を買いに行くという体ですが、これも立派なデートとなります。

一緒にあれでもない、これでもない、とお店を巡りながら何度もあなたのことを見つめてくれる時間を作ることで、彼もあなたのことをもう一度考えてみようという気分になるものなのです。

最初はあなたに似合う服を探すためだけに再会したとしても、何度も元彼女のスタイルを見ながら服装を考え、来ている姿を想像してみることを重ねるうちに、自分がデートをしている様子を勝手に想像してくれます。

「この服着て駆け寄ってくれたら可愛いな」と思うことがきっかけで、復縁を身近に感じ始めるのです。

復縁デートでご飯に行くのはタブー!?やり直せる誘い方・過ごし方の全て

どうしても復縁したいのであれば彼の気持ちをよく考えよう

復縁したいと思うのであれば、別れてから気づく彼の気持ちをしっかり考えることが必要です。

別れたからこそ見えてくることがたくさんあるはず。

いろんな角度から自分磨きをして、彼とともに成長できる関係として復縁できれば、長続きすることもでき、愛情を深めることも可能です。

幸せなふたりになるために、よく知っている元彼だからこそ出来る付き合い方を提案してみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG