叶わない恋の相手は既婚者…きっと報われない、どうにもならない…と諦め方を探る前に考えるべきこと

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ真実のキセキをご利用ください。

真実のキセキは初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。

「どうして私は結婚している人を好きになってしまったの・・・」と叶わない恋をして気持ちの整理を付けることができなくて悩んでいる女性は、人知れず涙を流していることがあります。

恋をした相手が既婚者だと、「きっと報われない」「どうにもならない」と、諦める方法を探してもなかなか気持ちを整理することができないものです。

そんな時には、既婚者に恋をしてしまう女性の特徴や心理を知ることで、自分の心を整理することができます。

同時に未婚独身女性から恋愛感情を持たれた既婚男性の気持ちを知ることで、これからあなたの心の行方を決定づける考え方がわかるはずです。

既婚者と恋愛をするとどんなことが起きるのか、諦め方だけを見るのではなく、頭の中で擬似恋愛をしてみてから気持ちを整えていきましょう。

目次

既婚者相手に叶わない恋をしてしまう女性の特徴や心理

周囲の独身男性が幼く見える

既婚者相手の叶わない恋をしてしまう女性には、ある共通の特徴があります。

それは、周囲の独身男性が幼く見えるということです。

独身男性と既婚者男性には、“配偶者がいる”という決定的な違いがあります。

その背景には、「人生をかけて幸せにしよう」という大きな決断をした経験や、自分以外の人の為に「頑張ろう」と思える底力、他人と生活を共にすることで出てくる許容範囲の広がりを持っているからです。

結婚をすることにより経験できることは全て、人としての成長をすることができ、懐の深さや落ち着き、貫禄を付けることができます。

未婚独身女性にとって、配偶者を持つ人の懐の深さや落ち着き、貫禄は、大人の男性としてとても魅力的に見えるものなのです。

独身男性も優しい人、落ち着きがある人はいますが、自分のためだけに頑張る人や自分の思うように動けないと不満を持つ人のほうが圧倒的に多くいます。

そのため、どうしても女性から見れば幼く見えてしまうのです。

女性が求める男性はいつでも「包容力がある」「優しい」「気遣いができる」など、とても経験豊富でないと出てこないような条件ばかりといえます。

結婚という人生の一大イベントを経験した男性は、それだけで経験が豊富になり、理想の男性となるものなのです。

困難な状況でも愛してくれる本当の愛を与えてくれる人が欲しい

女性は、愛情を感じることで自分の価値を確認したいと考えている人が珍しくありません。

今までロクでもない男とばかり付き合ってきた女性であれば、余計に本物の愛を求めてさまよっているものです。

既婚者のことを好きになるという、到底叶わぬ恋と思える恋愛であっても、「こんな状況だからこそ本当に愛してくれる人を見つけることができる」と希望を見出します。

困難な状況でも、ひたすら自分を愛してくれる本当の愛を与えてくれる人が欲しいと願うからこそ、わざわざ叶いそうにない恋愛である既婚者、立場が違う人、年齢がはるかに違う人などを好きになってしまうのです。

「これだけハードルが高い恋を乗り越えてくれる王子様は誰だろう」という夢を持っている夢子ちゃんでもあります。

常に男性の愛情を試したい、どれだけ愛されていても不安、という女性に多い傾向です。

このタイプの女性は難しい恋愛を叶えることが目的の一つであり、相手がどれだけ愛してくれているかは、態度や言葉から繊細に感じ取っています。

ネガティブに感じやすいため、不満が多く、男性を怒らせて別れるパターンが多くなるものです。

人から奪うことが快感

略奪という言葉が大好きな女性は、常に妻がいる人や彼女がいる人、仕事で未来が約束されている人、などを狙って恋愛をするものです。

自分のことを見て欲しい、受け入れて欲しい、愛してほしい、という承認欲求と独占欲が非常に強いタイプであり、過去にトラウマを抱えている人に多く見られる特徴だといえます。

大好きな人に裏切られた、絶対的愛情を与えてくれるはずの母親に愛されなかった、父親のことが異性として好きだった、など心に傷を持っていたり、両親との関係性に不満をもっていたりなどの背景が見られるものです。

「絶対に自分のものにしないと気がすまない」という心理から恋愛をしているので、相手の性格や気持ちはあまり重要視していません。

誰かの“大切な人”である男性を、自分に振り向かせることが目的なので、あらゆる方法を使って振り向かせようとするものなのです。

自分の魅力を全て使って、女性として振り向かせる、トラップをしかけて男性をパートナーと別れさせる、などその方法に対するヒラメキは才能が開花します。

心の奥底では、自信がなく愛情を求めているにも関わらず、表面的にはとても自信を持っているように自分でも感じているため、「奪うのは簡単」と思っているのです。

自分に劣等感があるから幸せそうに見える人と近づきたい

人は幸せそうな人、満たされていそうな人を見ると、その人の福や充足感を分けてもらえるような気持ちになり、仲良くなろうと試みます。

特に既婚者に恋をしてしまう人の特徴として、自分に劣等感があるからこそ幸せそうに見える人と近づきたいという願望から恋愛感情に変わるのです。

家庭を持っている人は、それだけで世間的に満たされている人の代名詞と言えます。

妻がいて、子供がいて、周囲に祝福され、愛情も安定も手に入れているように見えるのです。

もちろん家庭の内情はそれぞれ違いますが、家庭内のことまでは他人が知る由もありません。

そのため、結婚しているというだけで、その人の近くには「満たされている人に満たして欲しい」と思っている人が近づいてしまうのです。

家庭を持っている人は、満たしてくれるという印象から、優しくしてくれたり、関わったりするだけで好きになってしまいます。

自分に劣等感を持っている人は、他人が幸せを運んできてくれると考えてしまいがちなので、新しい趣味を増やすなどに目を向けるよりも、幸せな人と一緒にいたいと考えるのです。

既婚者という立場が見えないほどタイプ

恋は盲目とは、昔から言いますが、どうしても好きになってしまうということもあるものです。

その代表として言われるのが一目惚れ。

既婚者だという立場が見えないほど、女性にとってタイプである男の人であれば、好きにならないようにコントロールすることは不可能です。

顔や雰囲気だけでなく、ピンとくるタイプもあります。

「全然タイプの顔じゃないのに、なんだか分からないけど大好き」と思ってしまう状況です。

一目惚れは、あれこれ考える時間もなく好きになってしまうので、好きだと思った瞬間から頭の中は相手のことでいっぱいになります。

奥さんがいようとバツイチであろうと、変な癖があっても、気になりません。

ときに、周囲をびっくりさせてしまう人を好きになることで、大反対をされてしまうこともあるほどです。

ミーハーな女性や、恋する理想の男性がハッキリしている人、声や手や喉仏など体のパーツフェチを持っている人などが一目ぼれしやすいと言えます。

「俳優の○○に似ている」「好きになる人はだいたい同じ見た目」「あの手に抱きしめられたい」など、自分の中で感情が昂ぶり、止められなくなるのです。

未婚独身の女性から恋愛感情を持たれた既婚男性の気持ち

実際には口にできないけど妻に自慢したい

男の人はいつでも自分がモテることを証明したいと考えています。

結婚してしまうと、大恋愛していた妻も「結婚当初はあんなに格好良かったのに」「今じゃタダのおじさんだね」など小言を言うようになるものです。

当然毎日一緒にいることで、慣れからドキドキがなくなってしまうこともありますが、なんといっても自分のものとなったという安心感が大きいものになります。

妻から異性として見られなくなり、結婚したことで男と女ではなく、ただのパートナーとなってしまったことに、不満を持っている男性も少なくありません。

未婚独身の女性から恋愛感情を持たれたことを知った既婚男性は、実際には口に出せないけど「妻に自慢したい」という気持ちでソワソワします。

「俺だってまだ男としてイケてるだろ」「嫁はどれだけ幸せか分かってないんだ」といった気持ちで、心の中で妻に胸を張って自慢しているのです。

もちろん、直接言葉にしてしまうと、余計な誤解を招いたり、奥さんを怒らせたりしてしまうことが予想されるので、トラブルを避けるためには言葉にしないことが一番平和だということを男性は知っているからだといえます。

奥さんを怒らせてしまうメリットは何一つないので、言葉にはしませんが、自分はモテるということを言いたくて仕方がありません。

もっとよく見せようと努力する

嫁がいてもモテるというのは、既婚者男性にとって悪い気はしません。

むしろ好意を寄せられていることだけで、非日常な気持ちになっているので、その状態を維持したいと考えます。

せっかく自分のことを好きだと思ってくれている独身の女性に、もっとよく見せようと努力を始めるのです。

今まで無頓着だった見た目を小綺麗にしたり、ジムに通って筋肉を育てたりとモテ男になるために努力を始めます。

「もしかしたらもっとモテるかも知れない」という期待を持っているのです。

なぜ自分に好意を持たれたのか、何が良かったのか、とても不思議に思っていますが「自分を分析することでもっといい男になれるのではないか」と考えるようになります。

モテると実感することで、同じ毎日でも緊張感を持つことができ、異性を意識することで仕事でも印象がよくなる事を実感するようになるものです。

嫁がいるということで、モテることとは無縁だと思っている男の人にとって、独身女性から恋愛感情を持たれるという事実はとても衝撃的であり、人生観が変わる出来事となります。

好きかどうか分からないけど気にかかる

恋愛感情を持たれるということは、少なくとも相手は自分に対して関心を持っているということです。

常に見られていた、という事実は、既婚者の男にとっては驚きの事実となります。

「今も見られているかもしれない」という気持ちが、何気ない行動さえ緊張感を高めていくものなのです。

未婚独身女性が恋愛感情を持ってくれている、と知った時点から、相手の女性のことを男性自身は好きかどうかわからないけど気になるという不思議な感情に囚われてしまいます。

学生でも女子高や男子校など異性を意識しない空間と、共学では男女の行動が大きく違うものです。

特に羞恥心に対して大きな影響を与え、「見られて恥ずかしいことはしたくない」という心理が働きます。

昼食後も欠かさず歯磨きをしたり、香水をつけたりなど、異性としてどう見られるかという視野が広がるものです。

その結果、より男性として魅力的になり、多くの異性から好感を持ってもらうことができる男性へと成長します。

好きだと言ってくれる異性のことを気にしているうちに、好きになってしまうということはよくあることです。

「あの子、俺のこと好きなんだよな」と思うだけで、チラチラと目線を送るようになります。

そのうち自然と「何をしているのかな」「どんなことが好きなのかな」と興味を持つのです。

気持ちに応えることができないことが申し訳ない

心の優しい男の人というのは、何歳になってもモテるものです。

そして、同時に傷つきやすい人でもあります。

恋愛感情を抱いてくれている女性がいると知っても、自分が既婚者だということで気持ちに応えることができないことが申し訳ないと心を痛めるのです。

優しい男性はどんな人に対しても親切丁寧なので、非常にモテやすい男性だと言えますが、同時に奥さんのこともとても大切に出来る人だとも言えます。

奥さんが毎日家事や育児をしてくれて、さらに仕事までして一緒に生活をしてくれるからこそ、夫として仕事に専念することができると、考えているため休日も家事や育児を積極的に参加しているはずです。

時には家族分の食事を作ったり、子供と一緒に過ごす間奥さんにリフレッシュに行ってもらったりと、家族サービスも旺盛になります。

好意を持ってくれて嬉しいとは思うけれど、奥さんを裏切ることは出来ないので、申し訳ないと思いながらも何もアクションを起こさないことが一番相手の女性に気を持たせない方法だと分かっているので知らないふりを貫くのです。

家庭ある男性との恋愛が始まったら起こること

会いたいときに会えないことが苦しくてたまらない

家庭ある男性との恋愛が始まったら何が起こるのかを考えておくことは、恋愛感情を持つ上で今後の判断材料にすることができます。

家庭がある人と恋愛をすると、会いたいときに会えないということが、とても苦しくてたまらないという状況が続くはずです。

大抵の不倫カップルはその苦しさに耐え切れず、恋愛初期に別れることになります。

好きな人と思いが通じ合ったにも関わらず、会えないという苦しさは片思いの苦しさよりも辛いものがあるはずです。

片思いであれば、相手の気持ちは関係なく自分が好きでいるだけで幸せな気持ちも感じることができるから。

だけど、両思いになってしまうと途端に見返りを求めてしまうようになります。

「愛している」って言って欲しい、「会いたい」って同じ様に思っていて欲しい、と相手の気持ちを求めるからこそ苦しさが募っていくのです。

家庭がある男の人に気持ちを求めても、簡単に確認することはできません。

両思いだと確認したくても、奥さんがいるという状況であるだけです、既に完全に自分だけを見てくれていると信じることができないからです。

常に愛情不足だと感じる恋愛は、とても苦しく会いたいという思いばかりが積み重なっていきます。

電話帳に本名で登録してもらえない

家族がいる人と恋愛をすることで、誰にも言えない悩みでありながらとても心を傷つけることがあります。

それは、相手のスマホの電話帳にあなた自身の本名で登録してもらえないということです。

恋愛をしているということをひた隠しにしたい既婚者であれば、基本中の基本である証拠隠しとも言えます。

連絡を取り合うことが頻繁になれば、その分奥さんにその相手を怪しまれてしまうものです。

電話の通話履歴をうっかり見られてしまった時に、女性の名前が出ていればすぐに不倫だと疑われて恋愛は終了してしまいます。

そのため、恋愛が始まっても、彼女の登録は本名ではなく「○○さん(職場)」「○○商事」などあくまで仕事で関わりがある人だという登録をされてしまうものです。

あなた自身の名前を登録してもらえないという事実は、「分かっていても傷つく」ことの一つとして、既婚者との恋愛ではのしかかってきます。

もちろん家にいる時に電話をすることは御法度ですが、もし家にいると気がつかずに電話をしてしまえば、当然相手の男性は仕事口調で対応することになるはずです。

その瞬間に「そうだ、この人には奥さんがいるんだ」と実感せざるをえなくなり、虚しさと悲しさが胸に広がります。

友達との恋バナが楽しくない

女子が楽しむ会話の代表格が恋バナです。

友達同士で話す話題は、最近の恋愛事情や彼氏の不満、結婚への不安など異性との恋愛のことばかりになります。

そんな友達との恋バナが楽しくないと感じてしまうことになるのです。

家庭がある男の人と恋愛をしていることなど、友達であっても話せるはずがありません。

友達を失うことになるかもしれないからです。

自分の恋愛事情を話すことができないため、常に話題を持っていない状態となり、友達に「早く彼氏つくりなよ」「恋愛しないと忘れちゃうよ」などはやし立てられて、悔しい思いをします。

「本当は彼氏いるのに話せない」と心の中で感じるモヤモヤは、言葉でコミュニケーションを取り合う女性としては相当なストレスとなるはずです。

ストレスがたまってくると、誰かに言いたくて仕方がないという衝動にかられてしまいます。

次第に友達と過ごす時間が楽しくないと感じ、会えない既婚者男性のことばかりを一人で考える時間が増え、余計に苦しい時間を過ごすことになってしまうのです。

女性は会話の内容に関わらず、喋るということで快感ホルモンが出るので、誰とも会話をしなくなるということは、ストレスが溜まる一方でネガティブな思考になりやすくなり、一人で落ち込んでしまうことになります。

後ろめたい気持ちから親に会う頻度が減る

独身未婚女性が妻帯者と恋愛をするということは、あなたにとってはとても罪悪感を伴う恋愛となるはずです。

後ろめたい気持ちが常に付きまとい、親に会う頻度が減るようになります。

親の存在は、大人になっても大きいもの。

裏切りたくない、嘘をつきたくない、嫌われたくないという心理が働くはずです。

既婚者と恋愛をするということは、親に対しても嘘をつかなければいけません。

子どもの変化に敏感な親であれば、交際相手に何か問題があるということに気がついてしまうこともあります。

「まさか結婚している人じゃないでしょうね?」「不倫なんてしないでよ」と親に言われるたびに、心がズキズキと痛むものです。

「とってもいい人よ、もちろん独身」など答えながら、心は「ごめんなさい」と謝っています。

そんなやりとりを続けることも苦しくなるため、親に会う頻度を減らし、現実から目を背けるようになるのです。

「結婚していても愛があれば関係ない!」と考えて恋愛していたとしても、親に釘を刺されるとやはり罪悪感があることは隠しきれません。

親に嘘をつきたくない、という気持ちが大きくなるにつれ、親との距離が離れていきます。

「一緒にいられるだけで幸せ」と思っていたはずが独占欲でいっぱいになる

結婚しているとわかっている人を好きになってしまった、という片思いの段階では「一緒にいられるだけで幸せ」と感じ、少しだけ話せたこと、目があったこと、会議室で二人きりになれたこと、など些細なことで幸せを感じることができます。

しかし、恋愛関係になると今まで感じていた幸せだけでは満足できなくなってしまうものです。

「一緒にいられるだけで幸せ」と思っていたはずなのに、いつの間にか独占欲でいっぱいになってしまいます。

「私のことだけを見て欲しい」「奥さんの元に帰らないで欲しい」「嫁を抱いた証拠にもなる子供と遊ぶ姿なんて見たくない」と、彼のことを独占したいという気持ちで自分の心をコントロールできなくなってしまうのです。

暴走していく心に、現実がついていかず、あなたの心は疲れきってしまいます。

「ただ、見つめ合えるだけで幸せだったのに」と自分の暴走する独占欲に翻弄され、奥さんに嫉妬したり恋愛自体楽しめなくなったりと片思いの時のドキドキよりもネガティブな感情の方が上回り、悲しみが大きくなってしまうのです。

恋愛が苦痛になってしまうことで継続することが難しくなります。

報われない恋ばかりではない!既婚者との恋が叶う場合

奥さんとの愛情が冷めている場合全力で愛してくれる

家庭のある男の人に恋愛をすると、どう転んでも苦しいことばかりに目を向けがちですが、実はその中でも報われない恋ばかりではないエピソードもあるものです。

既婚者との恋が叶う場合の一つに、奥さんとの不仲な男性が相手である場合が上げられます。

奥さんとの愛情が冷めている場合、家庭があっても全力であなたのことを愛してくれるようになるのです。

夫婦生活は、独身時代の恋愛だけが全てではありません。

ともに生活をする中で、人生で重要だと感じている部分の違い、食生活の違い、感覚の違い、など恋愛の時には見えなかったことをたくさん目の当たりにすることになります。

結婚生活とは我慢と忍耐だという言葉がありますが、今まで全く違う環境で育ってきた二人が共に生活をするということは、とても難しいことです。

お互いが折り合って歩み寄っていかなければ、夫婦生活は順調に進むことができません。

生活をしていくうちに、奥さんとの間にある愛情が冷めてしまい、ただの“子供を育てる協力人”や“家族という枠組みにハマっている人”という立場になってしまいます。

奥さんとの愛情がない分、恋愛欲求を満たしてくれるあなたは、最高の恋人なのです。

常に気を張っている人であれば絶対的に欠かせない癒しの存在として弱音を見せてくれる

男性にはプライドという重要な気持ちがあります。

会社でも家庭でもプライドが高い男の人にとっては、緊張の連続です。

常に気を張っている人であれば、時には心の安らぎが欲しいという願いを持っています。

そんな心の安らぎを求めている男の人にとって、奥さん以外の女性との恋愛は、絶対に欠かせない癒しの存在として弱音を見せてくれるようになるのです。

人間は、緊張状態が続くことで精神が疲労してしまいます。

脳疲労は病気や思考力の低下、集中力の低下を引き起こすため、体にも重要な影響を及ぼしてしまうのです。

常に頑張り続けている男の人は、ふとした瞬間に「ホッとする場所が欲しい」と癒しの重要性に気がつきます。

その時恋愛関係にある女性が、癒しの場となり居場所となり、唯一安心できる人という存在になっていくものなのです。

家庭でもいい夫、いい父親という役割を全うしようとすると、いくら苦楽をともにしようと決めた妻であっても弱音を吐けなくなってしまいます。

恋愛をしていると、夫でも父親でもなく、またビジネスマンとしても頑張らなくてもいいので、甘えることが出来るようになるのです。

運命の人との出会いで略奪婚

婚姻関係というのは、あくまでも書類上の契約のようなものだと考えている男の人もいます。

恋愛の末の結婚でも、親同士が決めた相手でも、配偶者となった相手に対して「その時の決断」という考えを持っているので、結婚生活をしていても運命には逆らえないと考えているのです。

「あの時は、妻と結婚することが全てだったけれど、運命の人と出会ってしまったのだから仕方がない」と思うことで、家庭があっても恋愛に発展したことを受け入れています。

運命の人との出会いで結婚している自分を何度も後悔しているはずです。

前世から繋がっていた、出会うことが決まっていた、と思うことができるほど本気で愛することができる彼女と恋愛をしていると、婚姻関係を解消してまでも一緒にいたいと願うようになります。

その結果、現在の妻と離婚という選択をし、恋愛関係にいる人と略奪婚するという形へと進むのです。

離婚をしてまで恋愛を優先させる男性は、本気で愛してくれていることは確かですが、注意すべき店があります。

彼女に対してのみ本能的な運命を感じた、という場合と、すぐに本気になる流動型タイプがあるのです。

後者であれば、略奪婚をした場合も他の女性に目移りする可能性もあるので、彼の言う運命が本当かどうか、しっかり見極めましょう。

浮気相手の女性が妊娠で現在の家庭と並行して家庭を持つ

家庭を持っている男の人との恋が叶う時には、三パターンあります。

一つは、不倫関係として家庭と恋愛を分けて考えている場合、二つ目は本気になって略奪婚になる場合、三つ目はもう一つの家庭として並行して安定する場合です。

実は家庭を持つ男性と恋愛関係になった後、独身未婚女性が彼の子供を妊娠するというケースも珍しくありません。

もちろん十分に気をつけて避妊をしていれば、そういった事態も極力避けることはできますが、可能性をゼロにすることは不可能なのです。

既婚者である男の人の子供を妊娠した場合、女性は大きな決断を強いられることになるのですが、その後家庭があるにも関わらず、子供を認知し、養育まで面倒を見たいという男性も現れています。

現在の家庭では今までどおり、旦那と父親としての役目を果たしながら、第二の家族として内縁関係の妻と子供をもつということになるのです。

二つの家庭を持つということは、パターン化した生活が必要であり、通常の家庭とは違う形になりますが、お互いが理解して納得している場合には、その生活が成り立ちます。

妻と彼女、どちらも大切で幸せにしたいという思いがある男性で、経済力があれば可能な方法なのです。

やっぱりどうにもならない…忘れよう…と思った時の諦め方

海外旅行に行く

恋をした相手が既婚者であれば、考えるべきことはたくさんあり、そのまま恋愛をしてもいいのかどうか本当に悩むものです。

悩みに悩んだ末、出した結論が「やっぱりどうにもならない・・・忘れよう」と思ったのであれば、諦める方法を試しましょう。

それは、海外旅行に行くことです。

近場のハワイやグアムなど行きやすいところで新婚旅行の定番となっている場所はタブー。

カップルを見るたびに余計に苦しくなってしまいます。

アメリカのグランドキャニオンやオーストラリアのエアーズロック、アフリカのヴィクトリアの滝など、有名な世界遺産がオススメです。

海外の街でも十分異国を感じることができますが、この海外旅行の目的は世界観を広げるということになります。

壮大なスケールで人間の脳みそで考えるちっぽけな思考、人間関係、「あの人じゃないとダメだ」と思ってしまう恋愛を吹き飛ばしてくれる力があるのです。

自然の偉大な風景を前に考えることは、目の前にある苦しい恋愛ではなく、「これから与えられた命をどう生きるか」という大きな展望になります。

恋愛にクヨクヨしている場合ではありません。

世界にはこんなに大きなパワーがある、ということを肌で感じることで、叶わない恋のことよりも自分自身の未来のことをポジティブに考える思考だけが残るようになるものなのです。

二度と恋はしないと決意する

「あの人への気持ちがどうしても忘れられない、苦しい」とばかり考えてしまう時には、思い切って「もう二度と恋はしない」と決意しましょう。

家族がいる彼のことももちろん、これから誰とも恋愛をすることはない、と決意することで心の中で恋愛感情を切り離すことができます。

もちろんスムーズにいくハズはありませんが、二度と恋をしないと決意することで、少なくとも彼との距離感を離そうと努力するはずです。

他の男性とも仲良くならないように男の人を避けることで、叶わない恋を続けようという気持ちはなくなっていきます。

「もう私は恋愛をしない人なんだ」と決意することは、とても悲しいことではありますが、不思議なことに彼のことを本当に諦めることが出来るまでは次の恋愛は訪れません。

逆にフッと現れた人に恋が出来たとき、完全に諦めることが出来たという証拠にもなります。

この方法を取ることで、男性を見るたびに彼のことを思い出して辛くなることや、彼との恋愛が実っていたらどうなっていただろう、と考えるような苦しみはなくなるものなのです。

似た人と付き合う

ちょっと相手に失礼かな、と思うことであってもあなたの心を癒すためには必要なこともあるものです。

叶わない恋の相手が既婚者で、どうしても忘れたいと思うのであれば、彼と似た人で独身の人と付き合うことが忘れる方法の一つになります。

「他の誰かに似ているから交際している」ともし知られてしまえば、とてもショックを受けてしまうような理由ではありますが、実はあなたの心の整理には重要な役割をしてくれる人なのです。

既婚者であるあの人と似ているという部分が顔なのか、喋り方なのか、考え方、雰囲気、背格好、などどの部分でも構いません。

「あ、この人彼に似ているな」と思うことで、叶わぬ恋の相手と擬似恋愛をすることができます。

もちろん、デートをしている相手は違う人間なので「あの人はこんなこと言わない」「あの人はそうじゃない」と思うことも出てきますが、人は一緒にいる時間が長い人ほど慣れていくものです。

「恋愛をしたかった彼ではないけど、今の彼も好き」という状態になるまで時間が掛かるかもしれませんが、愛着が沸くように愛しい存在へと成長していきます。

奥さんとのラブラブ話を引き出す

「こんなに好きになったのに、なんで結婚しているの!?」と怒りさえ覚えてしまうのも、叶わない恋の特徴です。

どうしても忘れなければ、あなたの苦しい思いは募るばかり。

それでも忘れられないという時には、奥さんとのラブラブ話を引き出すことをしてみましょう。

もちろん、大好きな彼と奥さんのラブラブな話を聞きたい人なんていません。

それでも彼を諦めたいのであれば、やるのです。

奥さんとの馴れ初め、休日の夫婦の会話、子供との接し方、妻の得意料理、結婚を決めた理由、など奥さんにまつわることをとことん聞き出します。

最初は驚いて「そんなこと言わないよ」と拒否していた彼も、何度も聞かれることで質問されることに慣れてきて、少しずつ答えてくれるものです。

社会人としての彼を見るだけでなく、プライベートな部分を垣間見ることは、なかなかできることではありません。

奥さんへの思いがどのくらいあるのか、家族として大切にしている様子などを彼本人の口から聞くことで、あなたに諦める勇気が出てくるほどのショックを与えてくれることになります。

この方法は、自爆しにいく方法なのです。

とことん傷ついて、打ちのめされて、「到底敵わない」と知らしめることで、諦めざるを得なくなります。

恋愛を辛いと感じるのはこれが原因!抜け出し方と辛い恋を終わらせて幸せになるとっておきの秘策

既婚男性と独身女性が復縁するカギはタイミング!男性が出す復縁OKのサインを見逃すな

叶わない恋の相手が既婚者であれば擬似恋愛をして心の整理をしよう

叶わない恋の相手が既婚者であれば、誰でもすぐに諦めようと方法を探すものです。

しかし、何もしていないのに諦めることはできないはず。

あなたの心の中には「もしかしたら恋が叶うかも知れない」という希望が消えていないからなのです。

そんな時には、すぐに諦める方法を探すのではなく、一度頭の中で彼と擬似恋愛をしてみましょう。

彼との擬似恋愛で見えてくること、起きるかもしれない未来、を知って心の整理をした結果、やっぱり諦めようと思うのであれば諦める方法を試して綺麗さっぱり諦められるよう頑張ってくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG