デスク横プレゼント

ホワイトデーに彼からお返しがなくても復縁できる!元彼の気持ちやホワイトデーをやり直すきっかけにする方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

バレンタインに元カレにチョコを渡すことはできたけど返事はくるのかな?ホワイトデーのお返しを期待しても大丈夫かな?と悩んでいるあなた。

例え、ホワイトデーに返事が来なくとも実は復縁の可能性も期待できるんです!

男性がホワイトデーをどのように思っているか、や元カレがホワイトデーにお返しをくれなくても復縁チャンスがある理由、などお返しがないけど復縁の希望捨てなくてもOKなホワイトデーを紹介しています。

また、ホワイトデーに期待し過ぎなのがバレバレで元彼に幻滅される行動やリアクションも一緒に紹介しているので参考にして下さい。

彼からホワイトデーのお返しがないからと言って復縁を諦めてしまうのは勿体ない!あなたの希望はまだ途切れることなく続いています。

復縁のチャンスを感じ取ってあなたの気持ちを元彼に伝え続けていれば、必ず幸せな未来がやってくるのです。

このまま諦めてしまえば、バレンタインの勇気を捨ててしまうのと一緒だと言えます。

折角の頑張りを無駄にすることなく、あなた望みを叶えましょう。

目次

男性はホワイトデーについてこんな風に思っています

「なんで男は二倍返しのお返しを用意しなくてはいけないのか」とありがた迷惑な気分

迷惑を感じている男性

男性はホワイトデーをありがた迷惑なものだと思っています。

女性からバレンタインチョコをもらう事は嬉しいものです。

しかし、ホワイトデーになれば「なんで男は二倍返しのお返しを用意しなければいけないのか」とありがた迷惑な気分でいます。

今は男女が平等に扱われる時代。

そんな中でもホワイトデーだけに過大な期待を女性が見せる事に、嫌悪感を出している男性も多いものです。

働いて得る給料は変わらない。

しかし、女性に尽くしてなんぼのホワイトデーは彼らにとって理不尽極まりないものだということを忘れないでください。

男性はチョコをもらう事で「返さなければいけない」というプレッシャーを常々感じているものです。

「女性はどんなものを喜ぶの?」と彼女の欲しいものが分からない時のストレスもあります。

男性にとってホワイトデーとは一筋縄ではいかない面倒なものなのです。

いくら考えても分からなければプレゼントしたいという気持ちも下向きになってしまいます。

本命チョコをもらえたら思っていたよりもグンとテンションが上がり彼女の喜ぶ顔が見たくなる

喜ぶ男性

男性がホワイトデーに対して思っていることは、本命チョコをもらえれば思っていたよりもテンションが上がるというものもあります。

「バレンタインなんて所詮は女性のイベントだ」と感じている男性も多いものです。

それは自分が当事者になるという意識が薄いからだとも言えます。

しかし、一旦本命チョコをもらえば、彼のテンションは一気に急上昇するもの。

「めちゃくちゃ嬉しいよ」と女性にお礼を言い笑顔を見せて喜びを表します。

本命チョコをもらうのともらわないのとでは男性から見た視点も180度変わるのです。

そして、それは嬉しいという気持ちに比例して彼の女性への思いを変えていきます。

「ホワイトデーなんて面倒」と思っていた男性も、その立場になれば「次は自分が彼女を喜ばせたい」と女性が喜ぶホワイトデーの品をリサーチし始めることも少なくありません。

「嬉しかったことは共有したい」それが本命チョコをもらった男性が思う事でもあるのです。

本命チョコは男心をくすぐる薬になり、あなたのことを好意的に彼に捉えてもらい、彼にホワイトデーを楽しみにさせるものに変わります。

自分のモテ度の証明になり自慢できるイベントの一つ

自慢 男性

男性にとってのホワイトデーとは、自分のモテ度の証明で自慢できるイベントの一つというものもあります。

バレンタインにチョコをもらった男性は鼻高々です。

何故ならば、自分が本命に選ばれた証にホワイトデーに女性にお返しができるからだと言えます。

ホワイトデーに女性にプレゼントを渡すという行動は選ばれた男性にしか叶いません。

その為「俺は女性に選ばれた」と自信をもって周りに証明する事もできます。

普段の友人との会話でも「彼女にホワイトデーのプレゼントを選ばないといけない」と気合の入った会話をすることもあるものです。

女性に好意を抱かれていることでホワイトデーに予定がある男性は「この日は予定があるんだよね」と聞いてもいないのに話してくることもあります。

バレンタインを勝ち組の男性として経験できた元カレにとって、ホワイトデーは自分がバレンタインで良い思いをしたという事を公言できるイベントでもあるのです。

ホワイトデーに予定があるという事は男性にも嬉しい事の一つ。

女性は男性が嫌がっているのでは?と不安に思うことはありません。

男性も男性ならではのホワイトデーの楽しみ方を見つけ出しているのです。

そして、モテている自分に惚れ惚れしているということも珍しくありません。

日々の忙しさに忙殺されてホワイトデーを覚えていない

仕事に忙しい男性

男性がホワイトデーに思っていることは、実は何もないというものもあります。

仕事やプライベートが充実していればいるほどに「ホワイトデーどころではない」という男性も多いものです。

その為ホワイトデーを故意にではなく忘れてしまっている男性もいます。

「そもそもホワイトデーを返そう」と強い意欲が湧いていない限り、「来月か…」程度にしか考えていない男性もいるので、バレンタインの時にはなんとなくその時期を把握していたのにも関わらず、いざ三月に入ればすっかり男性の頭からは消えてしまうという事も。

やらなければいけない事や、考えなければならない事が次から次へと発生すれば自然と頭の中から消えてしまい当日になっても思い出せないこともあります。

女性側の期待を見事に裏切ってホワイトデーを返さない男性が発生するのもこの為です。

男性の中のホワイトデーの優先順位は下の方。

そのことがホワイトデーという重要な日すら覚える事なく忘れ去ってしまうことに繋がっています。

女性はホワイトデーにお返しをくれない男性に違和感を持ちますが、彼らは「そこまで重要なものではない」と考えているので、お返し自体がなくなってしまうという事も少なくありません。

女性が勇気を振り絞ったバレンタインも男性の中では淡い記憶となり消えてしまいます。

そして、多忙な三月の予定で男性はいっぱいになるのです。

特に女性側からなんのリアクションもなければ、男性はその非を認める事もなく普段の平日と変わらない日々を過ごしてしまいます。

元カレがホワイトデーにお返しをくれなくても復縁チャンスはある!その理由

ホワイトデーのイベントの後押しじゃなくて、自分から告白したい

手を前に出す男性

元彼からお返しがなくても復縁が成功する理由については、ホワイトデーのイベントの後押しはいらないというものもあります。

これはバレンタインのデーにチョコをもらってあなたの好意に気が付いた男性が「自分からの告白」を望んでいるからです。

しかし、告白するのも「ホワイトデーだからという理由にはしたくない」という考えも持ち合わせていることも少なくありません。

自分の気持ちが彼女の思いに共鳴して、純粋に「好きだ」という感情が溢れたという事を元カノであるあなたに伝えたいのです。

「ホワイトデーだから」とホワイトデーの後押しがあったから告白したという事に抵抗感を持っている男性も多いのだと言えます。

その為、ホワイトデーには何もせず、静観を貫きそのイベントが過ぎてから自分の気持ちを直接伝えるという男性もいるのです。

自分の思いが決まった時点でホワイトデーは男性にとって邪魔なものとなります。

何故ならば、自分の気持ちは「ホイワイトデーだから動いたんじゃない」ということ言いたいからです。

たまたまこの時期と重なっただけで、以前より少なからずの愛情を彼女に感じていたからこそ、大きな愛に変わり告白するという決意が生れます。

それはイベントという垣根を超えた愛のストーリーなのです。

お返しはしたいけど、どうせなら一緒に買い物に行って彼女の好きなものをプレゼントしたいから

買い物にいく男女

ホワイトデーのお返しがなくても復縁できる理由には、一緒に買い物にいって彼女の好きな物をプレゼントしたいからというものもあります。

男性は女性ほどイベントの影響は気にしません。

バレンタインチョコをもらったのも確かに嬉しかったけれど「絶対ホワイトデーまでに用意してお返ししたい」という気持ちは少ないものです。

その理由として「彼女の喜ぶものをあげたい」というものがあります。

しかし、彼女が一番喜ぶものは選んでもらわなければわかりません。

自分が適当に目星をつけて購入しても彼女が一番欲しいものではない事の方が多いものです。

面倒な事はせず、直接彼女と買い物にいけば、一番喜ぶものを購入することが出来彼女の笑顔も近くで見ることができます。

その為ならば例えホワイトデーが遅れても、彼女と約束を取り付ける事が彼の中では重要でありやらなければいけないことなのです。

ホワイトデーが遅れても復縁の望みがあるのは、あなたを喜ばせたい一身で彼が動いているからと言っても過言ではありません。

ホワイトデーではなくとも彼との買い物があれば、元彼の気持ちはあなたの方に向いています。

バレンタインからの一か月では、自分の気持ちを決め切れていない

悩みを抱える男性

ホワイトデーにお返しがなくても復縁できる理由には、一ヶ月という短い期間では彼の気持ちが決まっていないというものもあります。

復縁するというものはデリケートな議題です。

一度は付き合ったことがあるからこそ、相手の嫌な所も良い所も両方見据えて考えることができます。

そして共通の意識として「次も付き合うのならば失敗したくない」とも思っているものです。

失敗したくないという気持ちが大きすぎて「まだ悩みたい」「もう少し時間が欲しい」とホワイトデーに考えがまとまらないことも少なくありません。

彼の気持ちはまだ迷いの中にいます。簡単には決断できないものだからこそ、納得いくまで考えて結論を出したいのです。

ホワイトデーにお返しがなくとも復縁できる理由には、彼があなたと付き合うという結論に至っていないだけで、限りなく復縁に近い場所にはいるということが大きなカギだと言えます。

現段階で彼の気持ちが八割方あなたの方に向いていても、ホワイトデーのお返しはできないと判断している彼は、100%の力であなたに向き合えた時に復縁は成し遂げられるのです。

その希望の日まで冷静になり待つことができれば、ホワイトデーに何もなくてもあなたは幸せを手に入れることができます。

そして、彼ともう一度寄り添い歩むことが叶うのです。

ホワイトデーを飛ばして元カノの誕生日プレゼントを豪勢にしたい

男性から花束

ホワイトデーにお返しがなくても復縁できる理由には、元カノの誕生日プレゼントを豪勢にしたいというものもあります。

彼は「あなたの誕生日に全力を注ぎたい」という願望を持っていることも少なくありません。

あなたが誕生した記念すべき日のビックサプライズとして、ホワイトデーを敢えてせずに無視する作戦に出ているのです。

そして誕生日に「誕生日おめでとう。今年のバレンタインありがとう。嬉しかったよ」とお礼と共に自分の出来る限りのプレゼントと愛の告白を考えていてくれることもあります。

その為お準備期間にホワイトデーが含まれていれば、それをスルーする事で彼女に自分の誕生日を祝って貰えて幸せになってもらいたいという気持ちが含まれているのです。

彼女が一番輝ける日を彼は演出してくれていることも珍しいことではありません。

わざわざホワイトデーと誕生日というイベントを分けなくてもいいと彼は感じているものです。

そしてあなたの喜んだ姿を想像しながら着実に愛を伝える準備をしていっています。

彼女がプレゼントされて嬉しい物やデートプランを考え、どうやって自分の気持ちを伝えるかを真剣に考えてくれているのです。

彼の頭の中にはホワイトデーを見越したその先があるからこそ、今は静かに待っている最中だと言えます。

お返しをしないことで彼女の態度が変わるかを試している

怒っている女性

ホワイトデーにお返しがなくとも復縁できる理由にはお返しがないことで彼女の態度が変わるか試しているというものもあります。

ホワイトデーにお返しをわざと忘れた時、彼女の自分への態度が変わるようであればそれまでだと考えていることも少なくありません。

彼が欲しいのは「真実の愛」「変わらない純粋に愛する気持ち」なのです。

その為、ホワイトデーがないだけで態度を一変し不快感をあらわにするほどの「簡単な気持ちはいらない」と感じています。

自分の女性を選ぶ目が本物であるか自分自身に試練を与えているのです。

あなたは彼に試されていることを知った上で、それでも変わらない彼への愛を貫く必要があります。

「自分がされて嬉しい事を彼にもしてあげよう」という奉仕する気持ちがなければ、二人の復縁は成功しません。

長く付き合っていきたいのであれば、相手への思いやりは必要不可欠です。

自分本位の考えではなく、あくまでも相手のために出来ることを探さなければ、うまく付き合っていくこともこの先の未来を共にすることも叶わないでしょう。

その為、ホワイトデーにお返しがないことにも目を瞑れるほどの器量を発揮して彼へアピールする事で復縁もより近いものになります。

元カレからホワイトデーのお返しがあっても好意がないケース

バレンタインにもらった人には全員返しているという事務的なもの

プレゼントの山

元彼からのホワイトデーのお返しがあっても好意のないケースには、全員にバレンタインのお礼として返しているという事務的なものになります。

「彼からホワイトデーがもらえた」からと言って喜ぶべきではないものです。

それは彼が社会人としてのけじめに「もらった人に返す」というタイプの場合といえます。

彼からのお返しはみんな一緒ということも少なくありません。ホワイトデー用に大量購入したものを配っているだけなのです。

もし、周りに彼にチョコを上げた人がいれば聞いてみるというのも一つの手だと言えます。

あなたも同じものをもらっているという事実を知れば、そのプレゼントを喜んでしまったことを残念に思うかもしれません。

しかし、何も知らないままでは「彼は脈ありかも?」と幻想を抱き続けていたことになります。

早めに彼の気持ちが分かれば対応策も考えられるものです。

「どうやったら彼は振り向いてくれるかな?」と彼の気持ちを動かす方法を考える事で未来を変えることが出来ます。

そして、とくに意識もされていなかったあなたが、彼の心に突然入り込む日もくるものです。

それはあなた自身が運命に逆らい、道を切り開くことで成し遂げられるからだと言えます。

自分たちは「とてもいい友人関係だ」と彼は思っているケース

男女の友人

元彼からホワイトデーのお返しがあっても好意のないケースには、彼自身が「いい友人関係だ」と思っているというものもあります。

友達の一人というカテゴリーに入れられてしまえば、中々復縁相手として見られる事も少ないものです。

何故ならば、彼はあなたに「友人でいて欲しい」と考えているので、それ以上の関係を望んでいないというものがあるからだと言えます。

彼はあなたのことを友人として好きでいる為「元カノもそれを望んでいる」と勘違いしているのです。

「自分たちの気持ちは同じ所にある」そう感じていることで、あなたが渡したバレンタインチョコも友チョコの一環として受け取ってしまっています。

彼の中であなたの存在を“友人”という括りから抜け出させなければ、いつまで経ってもあなたの好意は彼に伝わりません。

そして、彼もあなたのことを恋愛対象として見てくれないのです。

うまくいっている友人関係をわざわざ崩すことはためらわれます。

しかし、今のままでは嫌なのであれば抜け出さない限り、何も変わりません。

少しの勇気で彼の友人というカテゴリーの中から抜け出さし「恋愛対象の1人」としてみてもらう事ができます。

そして夢にまで見た復縁にたどり着けるのです。

お返しもしない男は世間的にサイテーだと思っている

飽きれる男性

ホワイトデーにお返しがあったけど好意じゃないケースには「お返しもしない男はサイテーだ」と思っているというものもあります。

男の立場から見たときに、バレンタインチョコをもらいながらもお返しのない男はサイテーだと思っているからです。

そんな元カレはチョコをもらえば律義にお返しを用意してくれます。

しかし、そこに彼の愛は入っておらず「やらない事がいけない事だ」と思っている彼の人情深い器量があなたにホワイトデーを期待させたのです。

ホワイトデーでお返しをくれた彼は「サイテーな男になりたくない」という考えを強くもっています。

その為、ホワイトデーにかける彼の思いを強いものを感じるものです。

しかし、蓋を開ければ愛情ではなく彼の男性としてのポリシーがそこにはあり、はたから見れば「いけそうな予感」「復縁できるかも?」という淡い期待を女性に持たせてしまいます。

「好意ではないけれど」とお返しをする際に伝える男性はいません。

その為、女性は勘違いをして彼の気持ちを受け取った気分になってしまうのです。

彼のポリシーは素晴らしいものであるけれど、本命の彼にチョコをあげたあなたからすれば、はた迷惑な話になってしまう事もあります。

ホワイトデーをきっかけに自分の恋の悩みを相談して解決してほしい

女性を頼る

ホワイトデーのお返しをもらったけど好意ではないケースには、ホワイトデーをきっかけに悩み相談をしたいというものもあります。

男性が恋について悩んでいる時に一番頼りにしてしまうのが元カノの存在です。

それは、一度終わった恋の相手だからこそ自分の良い部分も悪い部分も見抜いてくれるからだと言えます。

あなたは「ホワイトデーにお返しをあげる事で元カノに相談したい」とそのチャンスを狙っていた元カレの作戦にまんまとハマった形になったのです。

お返しを渡されたことで期待したあなたの心は、彼の恋愛相談と共に散ってしまいます。

「そういう事か」と残念な気持ちを隠せません。

しかし、彼の相談相手になることも悪い事だけとは限らないものです。

「彼はこんなことに悩んでいる」と分かれば、彼の心に響くアプローチのやり方も見つけ出すことができます。

相談役の立場を利用して、彼が落ち込んでいる時や悩んでいる時に傍で支えることも出来るものです。

支えられた彼からの信頼は熱いもの。

これから恋愛に発展させたいあなたにとっては絶好のチャンスに変わります。

そして復縁への歯車が回り始めて、やっとあなたが彼へ積極的に恋の駆け引きを仕掛ける時がやってくるのです。

別れても恋人みたい…友達以上恋人未満の元彼と復縁するきっかけの作り方

自分から仕掛ける!ホワイトデーをやり直すきっかけにする方法

ホワイトデーよりも前に連絡を取り会う約束をする

真冬のベンチ

ホワイトデーをやり直すきっかけにする方法には、ホワイトデーよりも前に連絡を取り合う約束をすることで、当日にコミュニケーションがとれた状態で合うことができます。

別れてしまった恋人同士というのは、バレンタインで会っていたとしてもホワイトデーで実際にまた会うことになれば、「どんな顔をして会えばいいのかな」「顔を見れば思っていないことを言ってしまうかもしれない」と緊張してしまうものです。

連絡を取り合うことができていなければ、ホワイトデー当日に、緊張して相手の顔色ばかりを伺ってしまいます。

また、復縁告白しようと思っても、「その前に何か話さなきゃ」と空気を作ろうと話題を探しますが、「最近どうしているの?」「元気?」と本題から遠い話ばかりになってしまうものなのです。

ホワイトデーよりも前に連絡を取り合う約束をして、一通りその緊張感や最初の話題を済ませておくことで、「そうそう、こんな感じだった」と付き合っていた頃の空気感を思い出し、コミュニケーションがとれた状態で会話を続けることができるようになります。

顔色を伺わずに会話が続く状態であれば、復縁告白をしても成功する確率が上がるため、ホワイトデーをきっかけにやり直すことができるのです。

「もうすぐ春だね」と来月あたりにお花見に行こうと誘う

桜 公園

ホワイトデーをやり直すきっかけにする方法は、「もうすぐ春だね」と来月あたりにお花見に行こうと誘うことです。

当日以降の約束を先にしておくことで、ホワイトデーをお花見までに通過する一日にすることができます。

未来の予定を立てることで、人は先のことに焦点を当てるようになるものです。

一ヶ月後、会う予定になっている人と事前に会うことに対してはハードルが低くなり、別れた恋人同士であっても、次の予定があるからこそ気兼ねなく会うことができるようになります。

ホワイトデーに会う約束をしても、元カレは気構えすることなく約束の場所に来てくれるので、最初から笑顔で会話をすることができるのです。

例え久しぶりの再会であっても、「来月のお花見どこに行く?」と先にしている約束の話をすることで、スムーズに会話を進めることができ、告白する場の空気感を作っておくことができます。

ホワイトデーをきっかけにやり直すためには、次の予定を先に立てておくことで「今」という限定的な会話ではなくなり、相手との関係を作りやすいものなのです。

「季節の変わり目だから風邪ひかないようにね」と健康面の心配をする

電話で心配する

ホワイトデーをきっかけにやり直す方法は、「季節の変わり目だから風邪ひかないようにね」と健康面の心配をすることです。

子供から大人になるにつれ、健康面の心配をしてくれる人は少なくなってきます。

健康管理は自分でするもの、だからこそ心配してくれる相手がいるというのはとても嬉しいものです。

季節の変わり目は、気温変化や天気の変化も大きく、体調を崩しやすい人が増えてきます。

ホワイトデーは3月中旬ということで、温かい日も少し出てくる季節です。

体調を崩しやすいこの時期に「自分のことを心配してくれる人がいる」「優しい子だな」と思ってもらうことで、復縁告白をしたときの印象も随分と変わっていきます。

ホワイトデーをやり直すきっかけにする方法として、彼の体を気遣う優しさをアピールすることで「もう一度付き合ったら、大切にしてもらえそう」「他の場面でも優しくなっているんだろうな」とあなたとの関係に希望を持つようになるのです。

二人が復縁して上手くいくイメージを持ってもらうことができれば、ホワイトデーを活用してもう一度お互いに向き合うことができます。

友達の歓送迎会の計画を一緒に立てる

職場パーティー

ホワイトデーをきっかけにやり直す方法は、友達の歓送迎会の計画を一緒に立てることで、二人の絆を深めることです。

何か一つの事を一緒計画して行くという作業は、連絡を頻繁に取り合うようになるため、二人の距離感をグッと近づけることになります。

目標に対して他人と共に行動するという共同作業は、人の心を繋げるためにとても有効な手段です。

「友達に喜んでもらえる会にしよう」「どんな人を呼ぼうか」「場所はどこが便利かな」と歓送迎会を計画することは、様々な面で相談が必要になります。

気遣いや積極性をアピールするポイントもたくさんあるので、一緒に計画を進めていく中で「友達のことをこんなに考えてあげることが出来る子なんだ」「元カノがテキパキしていて一緒に計画を立てていると楽しい」とあなたに対しての印象が作られていくのです。

しっかり関係性を築いてからホワイトデーを迎えることで、彼の気持ちもあなたに対して「デートの計画も一緒に立てると楽しいかも知れない」「相談事をしても受け入れてくれそう」とポジティブに考えてくれるようになります。

ホワイトデーに期待し過ぎなのがバレバレで元彼に幻滅される行動・リアクション

「ホワイトデーの予定は空けておくね」と期待していることが丸わかりな言動

カフェでお茶

ホワイトデーに期待し過ぎなのがバレバレで元カレに幻滅される行動やリアクションには、「ホワイトデーの予定は空けておくね」などの丸わかりな言動です。

上記の例は、とてもあからさまなものではありますが、他にも「これは○○○○円したんだよ」「今度いつ会う?」なども同じ。

バレンタインのチョコやプレゼントなどを渡す際や、ホワイトデーまでの期間中に元カレと会う機会や連絡をすることがあった場合には気をつけましょう。

特に、復縁などを望んでいる場合には、バレンタインからのホワイトデーの繋がりを感じさせる言動は避けるべきです。

「ホワイトデーの予定は空けておくね」という言葉は、あの人の予定を決め、束縛を表すもの。

あの人の気持ちがあなたとの復縁に向かっていたとしても、時期尚早の言葉であり、ゾッとさせてしまうこともありますので注意しましょう。

「私、お返しは期待していないの。でも流行のコスメなら嬉しい」とおねだり

おねだりする

「私、お返しは期待していないの。でも流行のコスメなら嬉しい」というおねだりの言葉も、ホワイトデーに期待し過ぎる女性の特徴であり、元カレに幻滅されてしまいます。

実際に、付き合っている彼女からのおねだりは「嬉しい」と感じる男性は少なくありません。

考える手間は省けて、かつ相手の女性が喜んでくれることが分かることですから、男性は楽なものです。

しかし、元カノからホワイトデーのおねだりは避けるべきだと言えます。

付き合っていない、しかも別れた女性にお金を使う義理はありません。

あなたとの復縁の可能性のある男性だとしても、現実にはまだもとさやに戻ったわけではないので、そのあたりはとてもシビアに感じる男性がたくさんいるのです。

貢体質の男性なら問題なく、「可愛い」とさえ感じられるかもしれませんが、一般的な人ならば、「あれがいい、これがいい」と言われたら幻滅どこから気持ちが引いてしまいます。

あなたの元カレから欲しいホワイトデーがあったとしても、商品などを名指しにするのは避けてください。

そのための下心のあるバレンタインだと思われてしまい、あなたの女としての質を下げてしまいます。

「バレンタイン頑張ったからね」と彼の前でつぶやくこと

男女の会話

ホワイトデーに期待し過ぎる、元カレを幻滅させる女性の言動、それは「バレンタイン頑張ったからね」と彼の前でつぶやくこと。

ただ小さな声で、しかも元カレの顔を見ずに呟いたとしても、それはホワイトデーのお返しへのアピールに他なりません。

バレンタインをあげた人からのホワイトデーでのお返しは、ある意味マナー化されてはいますが、それでも要求するものではないのです。

気持ちの問題でもあり、それでは、バレンタインのチョコやプレゼントを多くの人に渡せば、それだけ楽しみがあると思われても仕方ありません。

「バレンタイン頑張ったからね」という言葉は誤解されやすいので注意しましょう。

素直に受け取ると「あなたのために一生懸命に選んだんだよ」という意味に受け取れます。

しかしこれは、愛し合っているカップルや信頼関係のある二人の間に生まれる意味合い。

あなたと元彼は、一度は別れて男女の縁がほとんど切れてしまった状態。

その環境で「バレンタイン頑張ったからね」と呟かれた男性は、「だから何だろう?」「そうか、ホワイトデーのお返しをしろってことか!」と受け取ってもおかしくありません。

それだけ、危険な言動ですから、誤解を抱かせる態度などは慎みましょう。

「男の子ってなんでホワイトデーにお返しくれないのかな?」と彼に聞く

疑問がある女性

「男の子ってなんでホワイトデーにお返しくれないのかな?」と彼に聞くと、ホワイトデーのお返しに期待し過ぎる女性と行動や態度として幻滅させかねません。

これは、女性としては駆け引きであり、ホワイトデーに期待し過ぎていることがバレると「あざとい」と思われる言動。

どうして男性はホワイトデーにお返しをくれないのかと悩む気持ちについて、まず元カレは考えるはずです。

その考えの中で「ホワイトデーのお返しが欲しい女性」という印象を確実に植え付けさせてしまう質問だとも言えます。

その答えは、男性の中にあることと想像の中でのものとなりますが、ホワイトデーのお返しの内容について一生懸命に考える対象は、恋愛感情のある相手であることは間違いありません。

お返しをしないケースがあるとすれば、男性にとってどうでもいい女性であり、好意など微塵もない人だということ。

それを告げるのかどうかは、元彼のタイプによりますが、間違いなく言えることは、「あざとい女だな」と思われる可能性があるもの。

バレンタインとホワイトデーを強く結びつけて考えていることがバレることで、品がないと幻滅されてしまいますので注意しましょう。

ホワイトデーを気にせずにいれば彼との距離も縮まります

軽く微笑む女性

ホワイトデーを普段通り過ごすことで、彼に過大に期待してしまうことなくいられるものです。

バレンタインチョコを渡したからといって「彼からなにかもらえるかも」という安易な考えは捨てましょう。

“何もない”それが当たり前だということをいつも感じることができれば、「彼と話ができた」「一緒に過ごせた」という事にありがたみを感じる事ができます。

それは、あなたの幸せな笑顔として現れ「彼女が楽しそう」「もっと一緒にいたい」という彼の気持ちを作るのです。

ホワイトデーが大切なのではなく、あなたの一番は彼と共に歩む未来であるという事を忘れないで下さい。

そうすれば、彼はあなたの元へ帰ってきて、面白楽しい人生のパートナーになってくれるはずです。

お互いが笑い合える事で幸せを二倍にして感じることができます。

そして、これから共に歩む道も明るい話題が二人を照らしてくれるのです。

デスク横プレゼント
最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG