婚外恋愛ってなに?体の関係を持たない既婚者同士の恋愛について分かりやすく解説

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「婚外恋愛って何だろう?」「不倫とは違うのかな?」と疑問を抱いているあなた。

既婚者となっても人を好きになってしまう気持ちを止められない時があるのは、仕方がない事ですが、不倫の選択肢以外にどんな恋愛があるのか気になっている人もいるはずです。

体の関係を持たない既婚者同士のアイのカタチである、婚外恋愛について詳しく解説していきます。

情熱的に愛し合うのとは違い、適度にルールがありリスクも分かったうえでの関係性ですので、好きな人が出来て悩んでいる人は上手に活用すると、心が満たされる日々を送れるようになるので、参考にしてください。

婚外恋愛とは?ルールについて解説

既婚者だということを伝えておく

自分自身が、既婚者であることを先に伝えておくことがマナーでありルールです。

恋愛をする時に、結婚している事を隠して付き合っているのは、誠実さに欠けるだけでなく、相手に将来を期待させてしまうことは結婚詐欺を疑われても仕方のない事。

どちらからが既婚者で、恋愛をスタートする時には、リスクがある事を知らせておくところが最低限のマナー。

公に出来ない関係なので、知らせていなければデートがなかなか出来なかったり、人に話せなかったりすることも、説明が出来ないはずです。

秘密の関係であることを理解した上で、身体の関係を持たないまま愛情を伝えあうのが婚外恋愛。

堂々とデートをしたい人にとっては、辛いこともたくさんありますし、嘘を吐けないタイプの人は秘密を抱える事だけでも、大変なストレスを抱えてしまうものです。

好きな人と理解し合いながらも交際するためにも、現状をしっかりと把握しておくことも、関係を持続させるには重要なポイントとなります。

事実を知った中で、出来るデートを考えたり連絡できる時間帯に配慮したりと、思いやりのお付き合いをしなければ成立できないハズです。

体の関係を持たない

恋愛と言っても、体の関係を持たないお付き合いをするのが婚外恋愛のルールです。

配偶者がいる人の法律的ルールは、貞操を守る事。

パートナー以外とセックスをしない事を約束しています。

そのため、法に触れないことが最低限守りたい部分であるわけです。

身体の関係を持たなければ、気持ちの面でも少し線引きを残したまま愛を伝えあう距離感でいられます。

温もりを交わらせてしまうことで、身体と心の境界線を超えてしまうので、離れていても好きな気持ちを止められなくなってしまうのです。

エッチをしない恋愛であれば、もちろん好きな気持ちは大きくなりはしますが、ドロドロとしたドツボにハマるような感情ではなく、ピュアで初々しい関係性を維持できます。

ピュアに好きな人を思えるのは、婚外恋愛の楽しみ方の一つであり、束縛心や独占欲に汚されないまま好きでい続けられるわけです。

「大好きな人ともっと一つになりたい」と思ったとしても、我を見失ってしまうようなハマり方をしなくて済みます。

お互いの家族を大切にする

共に既婚者同士なのであれば、最低限お互いの家族は大切にすることがルールです。

家族がいるというのは、待ってくれている人が1人以上はいるという事。

子どもがいれば、その人数分責任を負っている事にもなりますから、それぞれの人生にも大きな影響を与えている存在であるという自覚が必要です。

本能や衝動のままに行動しているだけでは、ただのワガママ。

守るべき人や平和を維持存続させなければいけない人がいることを心の底から分かっていれば、身勝手な行動ばかり出来ないはずです。

自身の家族が大事なように、カレにとっても大切な人は本人と同じくらい尊重しなければいけに存在となります。

お互いに家族を優先させ、家庭崩壊を招かないように「好き」という感情だけを満たすようにお付き合いをするのが婚外恋愛です。

好きな人の大切な存在は、自分にとっても一目置くべき人と言えます。

家族のおかげで、今も穏やかな暮らしをすることが出来ているわけですから、二人だけのワガママで全てを台無しにしないよう配慮が必要です。

相手に嫉妬心を持たない

嫉妬心はご法度というのが、マナーです。

自分自身が既婚者であったり、相手にパートナーがいたりすると、嫉妬をするだけしんどいばかり。

好きな人が完全に手に入らないのは、最初から分かっているはずです。

それでも楽しい恋愛の時間を共に過ごしてくれるのですから、感謝の念すら抱くべきところと言えます。

嫉妬をしてしまうと、出口のない怒りや憎しみで、自分自身をコントロールできなくなってきてしまう可能性があるのです。

いくら独り占めしたくても、出来ない状況であるわけですから、方法を探っても唯一と言える程のやり方しか思い浮かばないもの。

大きなリスクを背負う覚悟があるのか、全てを捨ててしまうかも知れない事を受け入れられるのか、本気で向き合って考えていれば、簡単に結論は出せませんし、感情のままに「カレを手に入れたい」と言う事は出来ないところです。

嫉妬心を持たずに、尊重することが大事。

誰と関わっていようが、関係ありません。

共に過ごす時間を作ってくれていることにフォーカスして、いつでも満たされた思いになる事が関係を続けていくコツです。

相手とほどよい距離感を保つ

相手とほどよく距離感を保つことは、とても重要です。

婚外恋愛は、どちらかまたは両方結婚しているわけですから、外でベタベタする事が出来ないのは、基本的なところ。

それだけでなく、あまり心の距離を近づけ過ぎると、全てを欲するようになってしまいます。

自我を保つことが難しくなってくると、先の項でもありましたように嫉妬心が芽生える事もありますし、視野が狭くなって攻撃的な発言や心理状態に陥る事も十分あるのです。

一般的な恋愛よりも距離感を遠く持つ意識でいる方が上手くいきます。

時間も気持ちも思い通りにコントロールできない訳ですから、心理面で一線を引いておくことで、とても付き合いが楽になるはずです。

馴れ馴れしすぎず、突き放すように強がるわけでもなく、ちょうど周りから「仲が良いよね」と言われるくらいで留めておくべき。

既に、仲良しと思われている時点で怪しむ人もいますし、自分の心もギリギリのラインになっていますから、いざきっかけが目の前にやってくると振り切ってしまう可能性があります。

婚外恋愛をする理由

精神的に満足感を得たいから

精神的に「満たされたい」と感じている時に、夫がいるにもかかわらず恋をします。

夫婦生活というのは、恋愛の延長ではありません。

ほとんどの人が、恋愛の延長線上に結婚というゴールがあり、�ドキドキキュンキュンといった刺激に家族愛がプラスされるとイメージしています。

実際には、結婚することは家族になる事ですので、生活そのものになっていく訳です。

経済状況も共有しますし、時間や空間も共同になるので、個人同士の心の掛け合いよりは一体感を楽しむようになっていきます。

家族としての形が確立されてくると、夫婦仲も良く、一緒に買い物に行ったりデートに出掛けたりするものですが、それでも刺激が欲しくて満たされない感覚を持ち続ける人はいるものです。

「思い切り愛情を感じたい」と思う人もいますが、夫婦となると一緒にいることが当たり前なので、表現してくれる人が少なくなるからだといえます。

恋をすると、夫に求めていた恋愛の�ドキドキやキュンキュンする時間を代わりに味わう事が出来るわけです。

異性として相手に意識されたいから

異性として「私、まだイケてるよね」と思いたい時に、恋愛を始めることが多くあります。

毎日同じ顔ぶれで、その日に起きた事を話したり、困ったことを相談したりしても、すぐに解決するとは限りませんし、相手が聞き流してしまえば寂しささえ覚えるところです。

女性は、いくつになっても”女の人”でいたいと思っています。

夫から異性として見られていないと感じると、物足りなさを抱くのです。

女性としての喜びをもう一度味わいたくて、仲良くなっていっている最中は夫との比較ばかりを行います。

妻や母、家族としてではなく、一人の女性として夫から意識をされていると感じているうちは、物足りなさもコミュニケーション不足だと受け止めることが出来るはずです。

しかし、家にいることが当たり前と思われていると感じた瞬間、外へ愛情を求めて生きます。

仲のいい夫婦であっても、女性として意識をされているかどうかの区別はとても大きいものです。

求められる事が減ってしまった事で、判断する事も多くあります。

ドキドキ感やスリルを味わいたいから

日常生活の中に、ドキドキ感やスリルを味わいたいという目的で、婚外恋愛をする人もいます。

やりたいことをやって、好きな人とだけ関われて、毎日が最高にハッピーという人は少ないものです。

平和であっても、望んだ毎日を過ごせているのであれば、不満を抱く事もありませんが、「何か面白いことが無いかな」「平凡な日常から抜け出したい」と思っている人はにとって、仕事場と家との往復ばかりの日々が、どうしても狭い世界に閉じ込められたような気分になってしまいます。

恋愛をすると、ちょっとの事でも心が動くはずです。

ドキドキしたり、ウキウキしたりと、好きな人と関わるだけで幸せな気持ちになります。

既婚者にとって、好きな人がいるという状況そのものがスリルであり、恋愛をすれば「バレないように」という最高の刺激を共にするようになるわけです。

同じ毎日から抜け出せるだけでなく、刺激でジェットコースターのように感情のアップダウンを味わう事が出来ます。

既婚男性に恋をして「どうしても振り向かせたい」と燃えている女性には、こちらの記事がお勧めです。

本気にさせる方法や相手の本気度を調べる方法などが詳しく解説していますので、参考にしてください。

既婚男性がハマる女性の特徴はこれ!彼を本気にさせる方法や本気度を調べる方法とは?

結婚生活に不満を感じているから

結婚生活に、モヤがかかったような不満を感じている人は、恋愛で問題から目をそらそうとして好きな人に夢中になる事があります。

「一生この人といる」「変わることなく愛し続ける」と誓ったハズの相手でも、毎日生活を共にしていると、不満が生まれてくるものです。

相手に対して求めている事を叶えてもらえなかった時に不満となるのですが、生活をしている訳ですから、四六時中目に入るようになります。

「ご飯の時にはテレビを消してほしい」「洗濯を全部一度に出しておいて欲しい」「休みの日くらいは掃除を分担してやってほしい」と望んでいても、相手に伝えていないまま不満に感じていたり、「どうせやらないから自分でやる方が早い」とお願いする事自体を省いてしまっているケースが多いはずです。

言葉にして伝えなければ何もわからないですし、何でもやってあげるから何もできない夫になってしまっているという事に気付かなければいけません。

嫌なところばかりに目がいくようになると、家に居たくないという気持ちが強くなり、仕事を理由にしたりママ友を活用したりして、現状から抜け出したいという願望を叶えるために恋愛を行います。

結婚相手とセックスレスだから

心の繋がりを崩壊させるリスクもあるのが、セックスレス問題です。

付き合っている時には、会う度にセックスをしていたり、同棲の時にも時間さえ合えば求め合ったりしていた二人でも、オフタイムにずっと一緒にいるようになります。

セックスの頻度が極端に減ったとしても、コミュニケーションがとれていれば、どうなっていくのか、現状を継続させることが出来るものです。

身体を重ねなくなったことで、夫婦であることの価値が無くなってしまったように感じたり、歩み寄りを行う場面が奪われてお互いの事を理解できなくなります。

少しのすれ違いを許せなくなったり、分かってあげようとする寄り添いの気持ちが無くなったりするのです。。

セックスレスに不満を抱いていると、性的欲求を満たすための恋愛もしたくなります。

婚外恋愛で発生するリスク

家族や友人からの信頼を失くすかもしれない

家族や友人という一番身近な大切な人達を失くすかも知れないというリスクがあります。

身体の関係がないにしても、心を奪われているわけですから、大切な人から見れば不倫と同等と感じても仕方のない関係です。

いくら「セックスはしていない」という事実を述べても、耳を傾けてくれないはず。

身近な人達は、あなたの事を心から信頼していますし、幸せになることを応援してくれています。

温かな気持ちを裏切ったことになりますから、「二度と信用できない」と縁を切られてしまうこともあるわけです。

楽しいばかりの恋愛でも、バレてしまった時のリスクは大きいと知っておきましょう。

パートナーに離婚を突きつけられる可能性もありますし、子供がいるのであれば心に傷を付けてしまう事もあります。

友達からの信頼を失ってしまえば、噂話を面白がるようになってしまうものです。

「家族とその人、どっちを選ぶの?」「好きにすればいいけど、一切かかわりたくない」など、言われて辛い思いをするような言葉を投げかけられてから、後悔がよぎります。

バレてしまい離婚に繋がるかもしれない

離婚の危機感は常に持っておくべきです。

恋愛をするということは、心の矢印が好きな人に向かっているという事。

家庭を大事にできなくなったり、大切な人に対して投げやりな態度を取ったりしてしまいます。

身体の関係の有無はどうでもよくて、「裏切られた」「心が違う人を想っている事に耐えられない」と離婚を切り出される可能性もあるので、知っておきましょう。

バレてしまうと、相手も呼びつけられる可能性があります。

どこのだれか、二人の関係のきっかけ、などを聞かれるので、修羅場は必須です。

婚外恋愛をする人は、離婚だけは避けられるようにと願っている人がたくさんいます。

細心の注意を払って、デートをしたり日常に彩を加えたりしていたわけですから、あなた自身がショックで立ち直れなくなることも考えられるところです。

親には叱られ、友達には「どうしてそんな馬鹿なことしたの」と正義を振りかざされ、一人ぼっちになってしまったように感じます。

どれだけバレないように気を付けていても、近くにいる人には分かってしまうものなのです。

トラブルに発展して慰謝料を請求させるかもしれない

二人は、思い合っているだけと思っていたとしても、トラブルに発展して相手の配偶者から慰謝料を請求されるリスクがある事も知っておきましょう。

不倫が原因で離婚になる時には、身体の関係がどのくらいの期間、何回あったかなど細かい証拠が必要です。

セックスを伴わない婚外恋愛をしていると「私達は大丈夫」と考えてしまうところですが、離婚となった場合、何が原因となったかという部分が大きく影響してきます。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

デートをしているところを目撃されて修羅場になったり、デート代を使う事で生活が苦しくなったり、第三者を巻き込んで大騒動になるなど、トラブルが起こる事で離婚となれば、原因が恋人であるあなたにあると限定されてしまうはずです。

家庭を壊す要因が明確になっている場合、慰謝料を請求されることもありますので、いくらセックスをしていなくても「あなたのせいでめちゃくちゃになった」と認められれば、多額の支払い命令が生じます。

家庭を持ってはいても、別居中であれば恋愛してもいいのかという状況は、悩めるところ。

こちらの記事では、離婚前に異性と付き合う男性心理や付き合うケース、断る場合など、細かくご紹介していますので、相手の家庭環境を含めて悩んでいる時にはぜひ読んでみてくださいね。

別居中の男性と付き合うのってアリ?離婚前に異性と付き合う男性心理と遊ぶ&付き合うときや誘われた時の上手な対応の仕方

子供を傷つける可能性がある

お互いに家庭があったり、あなた自身に子供がいたりする場合には、傷つけてしまう可能性がある事も知っておくべきです。

子どもにとって、母親はとても重要な存在。

愛情の根源であり、信頼関係が深いところで繋がっている人と言えます。

子どもよりも恋人の方を優先してしまうタイプの女性であっても、子にとっては常に愛されたい対象というわけです。

お相手の家庭でも、父親が家の外に好きな人がいると分かると、信頼を裏切られた気持ちになって大きく傷つきます。

恨み続ける人生を送らせてしまうようになるかもしれませんので、心のケアは重要です。

愛を貫き通して、バレても全てを整理出来るぐらいの覚悟があるのであれば、いつかは理解してくれる可能性もありますが、家庭を壊さないように隠れて付き合っている内は、そこまで強く想いを決めきれていないということ。

曖昧な心の状態を子どもはすぐに見破ります。

いい加減な気持ちで家庭を壊すなら、恨まれ続けることも覚悟しなければいけません。

本気になってしまい不倫に繋がりやすい

最初は、エッチをしない約束で付き合っていても、本気になってしまうと不倫に繋がることをリスクとして知っておくべきです。

自分のコントロールというのは、難しいもの。

どれだけ制御しようと「本気にならない」と決めていても、強く決めきれなければ本気で好きになってしまうのも止める事は難しいですし、愛するようになれば一つになりたいと願うのも無理はありません。

お互いにリスクを分かっていても、両想いの男女が一緒に過ごしているとどうしても触れたい衝動に駆られるようになります。

最初の内は気持ちを律することが出来ていても、二人だけの空間を繰り返し経験していると、「誰にも言わなかったらバレないんじゃないかな」と思うようになるのです。

不倫にまで発展すると、後悔しても戻る事は出来ませんので、気持ちも止められませんし独占欲も大きくなってきて、家庭崩壊に繋がりやすくなります。

婚外恋愛を長続きさせる方法

家族に怪しまれないように連絡頻度を少なくする

長続きさせるには、家族に怪しまれないことが基本となります。

女性は、勘が鋭いですから、相手が既婚者であればあちらの奥様に意識を向けることが必要です。

ちょっとしたことで「いつもと違うな」「今の言葉は、どうして出てきたのかな」と怪しまれ始めます。

何もしゃべらなくても、態度やソワソワする様子などでも、「何か隠し事をしているのかな」「おかしいぞ」と思われてしまいますから、家にいる時には特に、連絡頻度を少なくすることがポイントです。

お互いのライフサイクルをよく把握しておき、どちらかが家にいる状態であれば連絡しない事をオススメします。

自分だけが気を付けていても、相手側からバレてしまえば同じことです。

両方の家庭に気をつけるためには、勘の鋭い女性側が管理するのが一番。

時間帯を決めたり、デート場所を限定したり、なるべく証拠が残らない方法で意思疎通をするように工夫をするなど、二人が離れないためならいくらでも知恵を出せるはずです。

連絡頻度を減らすと、寂しかったり愛されているのか不安になったりすることもありますが、離れていても心がつながっていると信じることが大切と言えます。

デートは月に1~2回にする

連絡頻度と同様に、デートも頻繁にはしない方がいいです。

月に1から2回程度に留めておけば、日常生活に組み込んでも不自然にはなりにくいと言えます。

仕事で出張がある人であれば、そこに合わせて一緒に宿を取って語りあったり、昼間に少し時間が取れる人であれば休憩時間を兼ねてランチをしたりと、会う時間も少なくすることがのめり込まないコツです。

本気になればなるほど、会いたい気持ちは強くなりますし、精神面のコントロールが難しくなります。

友達と会うくらいの感覚で、恋愛感情だけ伴う二人なら、上手にデートもしていけるはずです。

週に1度ほどデートをしていると、心の距離感が近くなるスピードも速く、不倫に発展する可能性が高くなります。

たまに会うからこそ、一緒に過ごせる時間が貴重だと感じて、ドキドキするのも楽しめますし、近づきすぎないもどかしさが次の機会を楽しみにできる原動力になるのです。

楽しみの一つくらいに考えてデートをしていれば、お互いの心を潤わせる関係を築けます。

相手の家族を最優先にする

相手に家庭があるのなら、そちらを最優先することが大事です。

自分のことは管理しやすいですが、相手がどんな状態でどう変化しているのかは、端からは分からないもの。

お互い既婚者でも、相手の家庭の都合を最優先させることが、バレないためには有効な方法です。

あなたのスケジュールが空いていて、相手が家族の予定が入っている場合、「私にはこの日しかないんだよ」と強引に会うようにすれば、無理をさせてしまう事になるので、早く壊れてしまいやすくなります。

「大丈夫」「どうにかする」と言われたとしても、配慮してあげるのが彼女の器の大きさです。

関係を続けたいのなら、男性に無理をさせるべきではありません。

自分のコントロールできる範囲で、お付き合いを続けることが、いつまでも楽しいお付き合いが出来るコツです。

もちろん、自分の家族も大事にしなければいけませんし、無理をするのはご法度ですが、見えないところにこそ目を配るべきと言えます。

人目のつかない場所で会う

人目のつかない場所で会う事は、大事なところです。

「私たちは不倫ではない」と胸を張って思っていたとしても、端から見るとどこまでの関係性なのかはわかりません。

ただ、ビジネス関連なのか友達なのか、恋愛が絡んでいるのかは、表情や距離感、会話のノリなどからだいたいわかるものです。

セックスをしていなくても、恋人同士であれば、詳しい事情を知らない人でも「あの二人は、付き合っている」と判断します。

ランチだけ、お茶だけ、と決めていても、心がつながっている二人が頻繁に会っていれば、その様子を見ている人は、「不倫している」と思い込むのも無理のない話です。

わざわざ「私達は、純愛ですよ」と言うわけでもありませんし、「ただの友達です」と言い訳を伝えるわけでもありませんから、パッと見た時の印象だけで決めつけます。

「見られて困る事はない」と思って、人が多い所で過ごす時間が増えると、その分リスクが高まるという事です。

いつ、悪い噂を流されるかもわかりませんし、家庭を壊すきっかけが生まれるとも限りませんから、人目がないところを選ぶべきだといえます。

相手の家族とは交流しない

相手の家族とは交流しないのが鉄則。

会社の関係の人であれば、あまり顔を合わせる機会もないものですが、二人の出会いが家族ぐるみの付き合いの友達や子どもの習い事などをきっかけにしたものなら、要注意です。

家族キャンプや夫の友達というスタートであれば、自身の家族との交流も十分考えられます。

恋愛が始まったのなら、やはり一線を引いておくべきです。

先ほどもお伝えしましたように、心がつながっている恋人同士は、ちょっとした仕草や目線、言葉の掛け合いなどから周りに気づかれるもの。

家族ぐるみで付き合っていると、「いつの間にそんなに仲良くなったんだろう」「その話を何で知っているんだろう」と思わぬところからバレてしまうことがあります。

いくら気を付けているつもりでも、目が合う瞬間を見られただけでも気が付かれることも。

お互いの家族が一緒に会う場面は、失くすべきです。

相手の家族と会うことは、二人の終わりが近づいているというくらい危機感を持っておきましょう。

婚外恋愛が終わるきっかけ

周りに恋愛関係がバレた

終わりを向かえるのは、やはりバレてしまった事による強制終了というパターンが外せません。

相手や自分のパートナーに勘付かれるという場合だけでなく、周囲の友達や会社の同僚などに知られることで、転勤を命じられたり退職を促されたりすることもあります。

誰かに二人の関係を知られてしまうと、今までと同じようには行かなくなるのは当然です。

その人にまた見られていないか気を遣わないといけなくなりますし、他の人への配慮もより注意深くしなくてはいけないところ。

噂を立てられるだけでも、結婚している人にとっては大きなダメ―ジです。

社会的評価や地位が下がるだけでなく、友達がいなくなったり、仕事を失ったりすることも不倫同様起こる可能性があります。

「思い合っているだけ」というのも、本人たちは「節制できている自分たちはすごい」というつもりで考えていても、周りの人が聞いたら「純愛の方がやっかいだ」と感じる人も多くいるものです。

どうころんでも、バレてしまうところから良い事は生まれませんので、破綻してしまいます。

自然消滅した

自然消滅という終わり方も珍しくありません。

そもそも、身体の関係がない二人ですから、明確に付き合おうという言葉がなく始まっているケースも少なくないのです。

「両想いだと思っていたけど、勘違いかも知れない」「一緒にいると楽しいけど、リスクを冒してまでの人ではないから、なるべく距離を取っていこう」と自分の心の中で決めた事や考えた事を行動していくだけで、自然と離れて行くようになります。

既婚者からハッキリ「付き合おう」とも言えませんから、不倫の場合はセックスがきっかけで始まることが多いのですが、婚外恋愛では、ホテルに行くなどの出来事として実在しない訳ですから、お互い中途半端な状態で前にも後ろにも行けなくなっていることがほとんど。

「好きな気持ちは分かったけど、この先どうしたらいいのかな」「真剣に交際できるわけでもないから、今が潮時なのかも知れない」と考えると、二人で会う時間を失くすだけで消滅してしまいます。

終わったところで、「気持ちの踏ん切りがつかない」とモヤモヤを抱えるよりも、元々踏み込んではいけない関係だったわけですから、自分で心の整理をするしかないのです。

相手への気持ちが冷めた

気持ちが冷めてしまう事で、終わってしまう事ももちろんあります。

禁断の恋というのは、制御できなくなるほど燃え上がるものです。

「目が合うだけでドキドキする」「話をしているだけで気持ちが落ち着く」と相手の存在に癒され、刺激をもらい、日々が楽しくなってきます。

何事もなく過ごしていると、「いつまでも追いかけていても、いけないな」「どうせ一緒にはなれない人なのだから、深入りしないようにしよう」とコントロールしようと意識を向けるだけで気持ちが冷めていくはずです。

「イケナイ関係だと思っていたから燃え上がっていただけ」という気持ちにたどり着いた途端、そこまで夢中になるほどの相手ではなかったと冷めてしまう事もあります。

気持ちが冷めてまで、リスクを負う必要はありませんから、そのままフェードアウトしたり「もう終わりにしよう」とすぐに切り出せたりするわけです。

二人にとって、離れて何事も無かったかのように過ごす事が一番の平和だと分かっていますから、冷めたら即行動に起こします。

性格が合わなかった

好きな人と気持ちが通じ合って付き合ってはみたけど、性格が合わなかったという理由で終わりを迎える事もあります。

好きになるきっかけは、誰しも些細なところです。

優しさに触れた、周りの人に指示を出している姿が凛々しくて格好良かった、屈託のない笑った顔に心を掴まれたなど。

いざ一緒に過ごす時間が増えてくると、「こんなネガティブな発言をする人なの?」「すごい高圧的な態度を取ってくる」「女の人を見下しているな」など、嫌な部分が見えてきたり、話がかみ合わなくて「価値観が違う」と感じたりすることもあります。

最初から無理をしてまで付き合い続けなければいけない相手ではいけませんから、「合わないな」と思ったらすぐに別れる方が、得策です。

早ければ早い方がリスクが少なくなりますし、気持ちも残らないから。

ランチやお茶に行く場所の趣味が全く違うから、少しずつ無理をしてしまう自分に気が付いた時も、「そこまでして繋ぎ止めないといけない事はない」と我に返ることもあります。

家庭環境に変化があった

家庭環境に変化が起こった時にも、恋愛が終わります。

交際が始まった時には、タイミング的に二人にとって都合がよかったはずです。

既婚男性の奥さんが出産のために里帰りをしていて、欲求不満とバレるリスクが少ないという状況だったり、平凡な家庭に飽きてしまって外に刺激を求めていたり、など刺激がない事が不満を生み出していて恋愛するきっかけとなっていることも多くあります。

どんな家庭でも、環境の変化が起こるのは不思議ではありません。

子供の成長や夫婦間のコミュニケーション量の変化など、家庭環境が変われば、居場所である家にいることが幸せに感じ始めることもよくあります。

女性側に変化が起こっても同じです。

夫や子ども、義両親など、家庭環境の変化で自分の生活スタイルを替えなければいけない事はよくありますので、恋愛が続行不可能になったり、気持ちが離れたりなど、二人の関係も変わらなければいけない状態となります。

家族で協力し合いながら過ごせるのであれば、リスクを負ってまで恋愛を突き詰める必要もありませんから、然るべき形に収まるという事です。

婚外恋愛にはルールがある!リスクを理解した上で関係を持とう

不倫ではなく、婚外恋愛ってなにか気になっているなら、暗黙のルールから理解していくべきです。

「好きだけならいい」と思っていても、気持ちをコントロールできなくなるのが人間ですから、どんなきっかけで深みにはまり、終わりに向かうのか、長続きさせたいならどうすればいいのか、しっかりと学んでおくことが後悔を生まない方法と言えます。

お互いに共通で分かっておくことも大事です。

一歩踏み込んだ関係に進みそうなら、どんな距離感でいたいのか、お相手としっかり話し合ってからスタートしましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG