元彼を思い出す心理と過去の記憶に苦しめられる原因&もう思い出したくない時の対処法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「どうしても元カレのことを思い出してしまう」「この気持ちはいつまで続くの?」と悲しい失恋の記憶や昔の恋人との過去に苦しんでいるあなた。

元彼を思い出す心理と過去の記憶に苦しめられる原因をご紹介します。

また、元カレをもう思い出したくない時の対処法もあわせてお伝えしていますので、是非参考にしてください。

元カレを思い出す日が続けば、あなたが落ち込み、ネガティブ志向になることも少なくありません。

すっきりと元カレのことを忘れられると、苦しみから解放され、新しい出会いを求めることが出来ます。

あなたが幸せを感じる未来へ踏みだしましょう。

目次

別れた後もよく元彼を思い出す女性に共通している特徴

今の生活に満足できない

元カレをよく思い出す女性に共通して言えるのは、今の生活に満足できないというもの。

彼と別れた後に楽しみを見つけ出せなかったり、不運な出来事が重なったりすれば、日常生活につまらなさを感じます。

「あの時、別れていなければ」とか「こんなはずじゃなかった」と不満が溜まるもの。

元カレと過ごした充実していた日々を思い出して、後悔や未練に襲われます。

元カレのことを思い出しながら送る日々では、次の出会いを探せるはずもなく、過去に囚われた生活になるのです。

別れてからの生活次第で、あなたの辛い思いを変えることが出来ます。

とりあえず恋愛を抜きにして、楽しい生活を送れば「別れたからこそ今がある」と思えるはず。

次第に過去の思い出を手放して前だけを向いて進めるようになります。

元彼のことを思い出したくなければ、新しい生活の中で楽しみを見つけることが重要。

あなた自身が楽しめるものを見つけられた時に、晴れて元カレを思い出すこともなくなります。

彼と付き合っていた頃の思い出を捨て去って新しい未来を歩みましょう。

メンヘラの要素がある

メンヘラの要素がある女性は、昔の恋人のことを思い出すもの。

元カレへの思いを自分自身の中で大きなものへと変えている女性は、過去の記憶に縛られています。

「彼だけが私を愛してくれた」「私から彼を取ったら、何も残らない」とメンヘラ女性は自分の中で元カレへの執着心を強く抱いているのです。

特にメンヘラの女性は、心に闇を抱えている人が多くいます。

「彼がいないと生きている意味がない」と、元カレに依存しているもの。

思い込みが激しくなれば、執着している彼の存在が心の中で大きくなります。

女性が別れてから時間が経っても元カレを忘れられないのは、そういったメンヘラの要素を抱えて生きているからです。

メンヘラ要素を改善することで忘れられる過去があります。

恋に奥手で一歩を踏み出せない

元カレを思い出す女性の共通点は、恋に奥手で一歩を踏み出せないというもの。

一度、失恋の恐怖を味わった女性は、次の恋に消極的になります。

「また振られるかもしれない」「男性と付き合ってからも本当に私のことを愛してくれるのかを疑ってしまいそうだ」と、なかなか次の恋に踏み出す勇気が持てません。

自分から動き出さなければ、新しい恋を掴むチャンスさえ手に入らないものです。

更に、恋に奥手な性格がプラスされたら、好きな人を作ることさえも拒む傾向にあります。

「元カレと付き合えただけでも幸せだった」と過去の恋にしがみ付きたくなるのです。

自分から恋をする勇気を持てば、過去に囚われずに進むことが出来るのですが、恋愛に自らブレーキをかけている為、いつまで経っても元カレを忘れることが出来ません。

あの人と交際した当時の記憶を思い出すのが嫌なら、新しい恋をするための行動に出なければ、今の自分を変えられないということです。

頑張って楽しく生きようとしている

頑張って楽しく生きようとしている女性は好きだった昔の恋人を思い出します。

実は、自分の気持ちを偽って楽しく生きようとしている女性こそ、好意を抱いていたあの人との記憶を思い出すもの。

嫌な思い出に蓋をして頑張りすぎていると、心に負荷がかかります。

疲れが出やすくなり、次第に心が弱っていくのです。

「さっきまでは楽しかったはずなのに、急に落ち込む」ということが増え、元カレへの未練が沸き起こります。

「彼と過ごした時は楽しかった」「思い出したくないのに元カレのことばかりを考える」というジレンマに陥ることも。

楽しく生きようと頑張ることと、希望に満ちた生活を送ることは違います。

希望に満ち溢れた生活は気が付いたら、そこにあるものです。

前向きな気持ちが、そっと背中を押してくれるようになる為には、悲しさを忘れようと無理をしてはいけません。

納得できるまで深く考え、時には涙することで新しい未来に進む勇気に繋がります。

人間関係が上手くいかない

元カレを思い出す女性は「人間関係が上手くいかない」という共通点があります。

彼と付き合っていた時に悩みや愚痴を聞いてもらっていた女性は、人間関係を破局したあとに悪化させる傾向に。

元カレが心の支えとなり、自分にとって如何(いか)に必要な存在であったかを痛感するのです。

彼と別れてから人間関係が上手くいかないことで「彼に話を聞いてもらいたい」という気持ちが強くなります。

元カレと別れて連絡を取り合うこともできず「何もかもが上手くいかない」という気持ちになるということ。

人間関係を構築するアドバイスをもらっていた元カレ、その存在がなくなった今になってつらい気持ちが心を支配します。

恋愛だけでなく、自分を取り巻く環境すべてが元カレと直結していたことに気づかされるのです。

元カレを思い出すのは、強い依存心を持っている女性の共通点だと言えます。

元カレとの思い出の品を大切に持っている

別れた彼との過去に苦しめられる女性に共通しているものは、思い出の品を大切に保管しているというもの。

元カレにもらった品を捨てられずに大切に持っている女性は、彼のことを思い出して忘れられないタイプです。

元カレからもらったものには愛着が湧いているため、捨てられない気持ちも分かります。

ただ、彼と別れた以上、思い出の品は害にしかなりません。

一瞬でも思い出の品を見てしまえば、自然と彼の顔が浮かんできたり、当時の出来事が走馬灯のように思い返されたりして、女性を苦しめるからです。

捨てられない思いがあるからこそ、彼からもらったものを処分できない女性。

元カレからもらったものを捨てきれない女性こそ、きっかけがある度に彼を思い出して幸せだった頃に思いを馳せます。

思い出しては辛くなるばかりなのに、品物を見て彼との過去が忘れられないのです。

普段は忘れているのに元彼をふと思い出す時の女性心理

心の隙間を感じるから

普段は忘れているのに元カレを思い出すときの女性の心理は、心の隙間を感じるというものです。

振られた女性は、彼がいない時間に慣れていません。

元カレの存在が一瞬で消え去ったことで女性の心には大きな穴が開きます。

「どうにかして立ち直ろう」としているので、普段は目の前のことに一生懸命になるもの。

女性は「もう忘れられたかもしれない」という気持ちで前向きに考えます。

瞬間的にあの人を思い出し、心の隙間を埋められていない原因である、彼の大きな存在を痛感することも。

どうにかして空っぽになった部分を埋めようとしますが、彼と積み上げた愛の絆は、かけがえのないものであり、簡単に修復できません。

忘れてもつい昔の恋人の存在を思い出すのは、完全に彼の去った後の自分を立て直すことが出来ていないからです。

何度でも同じように元カレを思い出し、時折、寂しさを感じます。

心の隙間を埋める人に出会えなければ、元カレの存在を二度と思い出さないことも難しいのです。

昔の記憶ほどより輝いて見える

昔の記憶が輝いて見えると感じるのが、ふとあの人を思い返す女性心理です。

恋をしていた女性の当時の記憶は、美しく輝いて見えるもの。

恋をすると女性は変わるというように、振り向いてもらう努力を怠りません。

好きな相手と目があったり話せたりした時に感じたトキメキをいつまでも忘れずにいます。

元カレと付き合えた後も、初めて手を繋いで帰った記憶なども、素敵な思い出の1ページとして胸に刻んでいるのが女性です。

思い出であふれた女性の心はふとした瞬間に「あの頃はよかった」「彼も私の気持ちに応えてくれていた」と思い出します。

普段は忘れていても、友人と元カレの話をすれば、途方もなく愛した彼氏の存在が脳裏に浮かぶのです。

大切に心の閉まっていた思い出は時が経つほど、もう帰ることが出来ない場所だということが分かり、女性の中で輝きを放ちます。

当時よりも今の方がその頃の感情が素敵なもののように感じて「絶対に忘れてはいけない思い出」になるはずです。

「今なら上手くやっていけるのに」と思える

「今なら上手くやっていける」と考えが、ふとした瞬間にあの人との記憶が甦ってくる女性の心理です。

過去の自分が犯した失態や、元カレからの言葉を思い出せば「あの時どうして上手く対応できなかったのか」と後悔する気持ちが蘇ります。

失恋を経験した女性は、つらい出来事から立ち直り、前を向いて進んでいるもの。

自分を戒めて前に踏み出せば、心の成長が急速に進みます。

「失恋から立ち直った」という自負があるので「昔よりも素敵な女性になった」と感じるのです。

自分に自信がついたからこそ、元カレを不意に思い出して「あの頃の自分に戻れたら、幸せな未来があったのかも」「もう一度別れの瞬間に戻ることが出来たなら」と元カレへの未練を感じます。

今ならよく考えた上での正しい対処、二人の気持ちの落としどころが分かるからこそ、元カレへの未練が捨てきれません。

女性は恋と失恋を繰り返して強くなるので、その分、過去への後悔から抜け出せず、傷として残ります。

些細な出来事がきっかけで思い出が蘇り「懐かしい」と感じる

いつもは忘れていても、些細な出来事がきっかけで思い出が蘇り「懐かしい」という女性の心理。

過去と現在を繋げて考えている女性は多いものです。

「あの頃があったから今の自分がいるんだ」という気持ちが、別れた女性の中にはあります。

元カレを忘れていても、過去の出来事と類似するものを体験すれば「昔もこんなことがあったな」と懐かしさがこみ上げます。

忘れていた記憶の片りんが女性の心を刺激して、元カレの存在を現在に呼び戻すのです。

些細な出来事とは、彼と一緒に行ったカフェや貸し借りをした本など様々。

色々なものをよく覚えている女性だからこそ、元カレへの気持ちを瞬時に思い出すことが出来ます。

あの人との楽しかった記憶やつらい思い出の日々も、同時に心の中に蘇ってきますから、忘れたつもりでいても、実は今でも彼のことを大切な存在として考えていることも少なくありません。

「元カレだけが褒めてくれた」

女性は「彼だけが褒めてくれた」とふとあの人を思い出します。

いつもはあの人の存在をすっかり忘れていても、女性は「私のことを認めて欲しい」と突如として承認欲求を感じる時があります。

そんな時に「そういえば元カレはよく私のことを褒めてくれていた」と懐かしさと寂しさが女性の心を支配するのです。

今となっては独り身であり「誰も自分を認めてくれない」と考える女性。

急に思い出の中の元カレが恋しくなります。

普段は忘れていた気持ちを女性がそっと思い出す為、元カレがいない現実を切なく感じるということです。

「本当に元カレが大好きだった」

ふとした瞬間に女性は「本当に元カレが好きだった」と昔の恋人を思い出します。

女性にとって元カレと過ごした時間は忘れることの出来ない思い出です。

普段は忙しくしていても、家に一人でいる時に元カレの笑顔が浮かんでくることも。

急に思い出した元カレの笑顔に「私はあの人を本当に好きだった」と考えます。

思い出してしまえば、元カレがいない事実を受け止めなければいけません。

一人で過ごす自分の生活を見つめては「あんなに好きだった彼を手離してしまった」「私の何がいけなかったの?」と胸を締め付けられます。

彼を好きだった気持ちは大切な思い出の一部ではありますが、なかなか女性の心を離してくれない事実でもあるのです。

時に元カレへの思いを再認識すると、別れへの後悔を感じ苦しくなります。

過去の記憶を思い出して苦くなってしまう原因

選択できなかった未来に未練を感じるから

過去の記憶を思い出して苦しくなってしまう原因は、選択できなかった未来に女性が未練を感じるからです。

「彼とずっと一緒にいたかった」「元カレと歩めた未来があったはず」と過去の記憶を思い、つらい気持ちになります。

「本当は訪れたはずの幸せな未来がある」と考えているからこそ、過去への思いを捨てきれず、元カレを思い出して苦しくなるのです。

もし、元カレと歩む未来を完全に諦めていたのならば、女性は未練も昔の恋人も思い出すことなく前に進んでいるもの。

選択しなかった未来に名残惜しさを感じているからこそ、時折、彼のことを思い出してはどうしようもできない苦しみを感じ、辛い日々を送ってしまうということです。

別れ話の際の二人のやり取りに後悔が残っているから

別れ話の際の二人のやり取りに後悔が残っているからというものもあります。

突然の破局や大きな喧嘩割れを経験した女性にとって、別れ際の彼とのやり取りは記憶の中に鮮明に残っているもの。

あの人の存在を思い出してつらくなる時は、過去を振り返り「あの時、別れたくないと真剣に伝えるべきだった」「もっとよく話し合えばよかった」と、あの時に帰れないからこそ、悔やみきれない気持ちが女性の心を蝕(むしば)みます。

元カレを思い出すたびに、衝撃的な別れが女性の心に思い浮かび、苦しみを与えるのです。

女性は二人の別れに納得できない気持ちが少なからず残っていると、過去を昔の出来にできません。

元カレのことを「実は今でも深く愛している気持ち」「過去を消し去りたい」という思いは、別れた後の女性をその場に留めます。

とても思い出に残る楽しい恋愛だったから

あの人との恋愛がとても楽しかった場合は、二人が付き合っていた頃を思い出して苦しさを感じるもの。

満足のいく恋愛経験をした女性は「これ以上ないと思えるほどに素敵な恋をした」と感じています。

他の男性との恋を考えられないぐらいに、達成感をあの人との恋愛に得ているのです。

満足していた恋を自分の意志とは反対に諦めることになった女性。

破局した当時は、たくさん泣いて「どうして別れたのか」とつらさと苦しみに耐えきれない思いを感じていたはずです。

思い出として振り返られるようになったのも進歩ですが、あの人への気持ちが今でも溢れ出し止められせん。

元カレを思い出すたび「なんで別れたのだろう?」「仲良くしていたのに何故?」と疑問すら浮かんできます。

楽しかった思い出だからこそ、振り返ると今はない幸せな日々と比較して苦しくなるのです。

初めて興味を抱いた異性だったから

初めて興味を抱いた異性だったからというものが、元カレを思い出して苦しむ原因です。

初めての経験というものは鮮明に記憶に残るもの。

彼と出会った瞬間や思いを通じ合えた時の感動など、恋愛初心者だからこそ、元カレとの経験が自分の中での基準として刻まれます。

初めての経験は女性の中で恋愛感情というものを知る出来事となるのです。

元カレが初めて興味を抱いた男性だった場合は、あなたの中で異性への認識が変わった瞬間でもあります。

「私を変えてくれた人は彼だった」と思える大切な存在なのです。

元カレと別れた後には「もう二度と出会えない大切な人」との思いが強くなります。

彼と付き合えないことは分かっていても、思い出しては甘酸っぱい恋の記憶に苦しめられるということです。

振られたことで恋愛にトラウマを感じているから

恋愛にトラウマを感じているのが、過去の記憶で苦しくなる原因です。

女性にとって好きな人から振られることは衝撃的な出来事の一つ。

特に「思い合っている」と感じていた彼との別れは、女性を人間不信に陥れるほどの苦しみを与えます。

「二人の絆は壊れないものだと思っていた」「ずっと一緒にいようって約束したのに」と男性の言葉を信じられなくなります。

振られたことにより「もう二度と恋愛なんてしない」と強く心に誓う女性もいるほどです。

恋に生きるのをやめ、仕事やプライベートを充実させている女性は、彼と過ごした記憶を思い出した時に、当時の楽しさとつらさを同時に振り替えることで、克服できないトラウマを感じるもの。

「一歩を踏み出すことが出来ない」「もう二度と好きな人に裏切られたくない」という気持ちになります。

好きだった相手が自分を裏切り、一人で前に進んだことへの悲しさを同時に思い出すのです。

二度と経験したくないつらい別れが女性を破局後も苦しめ、忘れようとしても当時の記憶が脳裏に焼きついて離れません。

振られた事実が悔しいから

彼に振られた事実が悔しくて記憶を思い出すと苦しくなります。

自分に自信を持っている女性は特に、彼に振られた悔しさが記憶の中に閉じ込められているもの。

「もう思い出したくない」と蓋をしたはずの記憶です。

何かのきっかけにより、突如として元カレの存在を思い出した時には、また当時の悔しさが再燃します。

「私が振られてしまった事実が許せない」と自分のプライドを傷つけられた思い出はつらくにがい記憶。

元カレに傷つけられた自分が悔しくて辛いのです。

今となっては振られた事実を打ち消すことは出来ません。

「あの時、彼の気持ちにいち早く気づいて、私から別れを切り出せばよかった」「彼にも振られた側の悔しさや苦しみを味わってもらいたい」という気持ちになります。

覆すことが出来ない事実だからこそ、記憶が自分自身の心に傷をつけることも。

女性は過去の記憶を思い出すたびにイライラし、どうしようもない悔しさから、抜け出せない苦しみを味わうのです。

何度元カレのこと忘れようとしても、彼との記憶があるせいで過去を変えられないもどかしさを感じる女性。

苦しみから解放されるためには、悔しいと思う気持ちを解放させなければ、現状を変えることは出来ません。

好きだけど復縁したくない、でも忘れられない…好きなのに復縁しない決断が幸せをもたらすケースと不幸になるケース

元彼や付き合っていた頃の出来事をもう思い出したくない時の対処法

記憶の上書きをして楽しい思いを作る

元カレや付き合っていた頃の出来事をもう思い出したくない時の対処法は記憶を上書きして楽しい思い出を作ることです。

元カレの思い出が別れた後も苦しんでしまう最悪なものだったとしても、過去の記憶を塗り替えることはできます。

元カレと一緒に過ごした日々が記憶に残っているせいで、別れてからも元恋人との思い出に縛られている女性は多いもの。

「どうにかして別れたい」と悩んでいますが、出口が見つけられません。

彼との記憶に苦しめられている以上は過去の恋に縛られているも同然です。

自分が心から楽しめるものを見つければ、現在に視点が動かされます。

過去を思い出す暇もないほどに、目の前にある楽しみに没頭できるからです。

あなたは元カレとの過去を思い出さずに今の自分と向き合った楽しい生活が送れます。

もう過去の存在だと別れた彼への気持ちをリセット

元カレを思い出したくない時は「もう過去の存在だ」と別れた彼への気持ちをリセットするというものがあります。

上手く自分の中で決着がつけられなかった元カレへの思いは、何時までたっても胸に留まり消えないもの。

本気で彼を忘れたいのならば、過去と決別することが重要です。

「これは仕方のないことだ」とか「もう二度と元に戻れない」と思えるからこそ、前に踏み出すことができます。

元カレを完全に過去の存在だと諦めること。

過ぎ去った時間が戻らないのと同様に、彼もまたあなたのことをもう一度愛してくれることはありません。

二人は取り返すことのできない別れをすでに決断しているのです。

ならば彼への気持ちをリセットすることで、つらい気持ちを蒸し返さずに前に進むべき。

あなたが幸福を感じる未来を歩みましょう。

身の回りのものすべてを買い替える

付き合っていた頃の出来事を思い出さない為の対処法は、身の回りのものすべてを買い替えることです。

彼と過ごした時間の思い出が染みついているものが身の回りにはたくさんあるはず。

二人で一緒に座ったソファーやペアのマグカップなど、部屋にあるものすべてが元カレを思い出すきっかけになるものです。

当時からあったものをすべて処分して新しいものに変えると、あなたは気持ちを新たに前に進めます。

元カレとの思い出や過去の記憶に縛られることなく踏み出せるということ。

特に元カレと過ごすことが多かったあなたならば、部屋のアイテムは新しく買いそろえるべきです。

元カレの記憶がよみがえる大きなきっかけとなるものばかりの部屋で過ごすのは、思い出すのをやめるという方が無理な話。

悔いなく新しいものを買うと「心機一転して頑張ろう」という気持ちになります。

彼を忘れたいという気持ちと前に踏み出したいという思いを両方叶えることが出来るはずです。

元カレからのプレゼントはリサイクルショップで処分する

元カレと過ごした思い出や付き合っていた頃を思い出したくないのなら、もらったプレゼントをリサイクルショップで処分することです。

元カレからもらった品を別れてからも大切に保管している女性は多くいます。

高価なものや、なかなか手に入らないプレゼントの場合には、処分する勇気が持てないことも。

プレゼントを見るたびに、元カレを思い出して苦しくなることも少なくありません。

彼を思い出してつらい時こそ、プレゼントを処分しましょう。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

その方法として、ただ捨てるのではなく、リサイクルショップでお金に換えれば、彼への思いをスッキリさせられます。

手に入れたお金をパーっと使うと、思い出のつらい気持ちが吹き飛ぶからです。

お金に変えてしまえば、プレゼントを見て心を痛めることもありません。

あなたの記憶から消し、二度と思い出さないようにしっかりと心に蓋をできます。

元カレにはもう二度と会わないことを決める

元カレにはもう二度と会わないと決めれば、昔の恋人を思い出さずに済みます。

少なからず元カレに対しての未練があるからこそ、付き合っていた頃を思い出して悲しみや辛さを感じるものです。

「彼とはもう付き合うことがない」と理解して、二度と会わないことを誓いましょう。

自分で決めたことを守り抜く精神力の強さが女性にはあります。

心の誓いを胸に、新しい未来に向かって歩み出せるということ。

彼と別れた時に「これが最後かもしれない」という気持ちをあなたは持っていたはずです。

ただ、彼から「もう会いたくない」と言われたわけではありません。

そのせいで「彼に会えるかもしれない」と期待していた気持ちもあるもの。

あなたが自分で「もう会わない」と決断できたのなら、思い出に縛られない未来に進めます。

幸せになる為の一歩しましょう。

髪型や服を変えて新しい自分になる

髪型や服を変えて新しい自分になると、元カレをもう思い出すことはありません。

外見から変われば、女性は心の中を整理できます。

「新しく生まれ変われた」「過去に囚われていた私とさよならした」とポジティブな気持ちを持てるからです。

失恋してバッサリと髪を切る女性が多いのは、今までの自分と決別して新たな人生を歩みたい気持ちによるもの。

髪を切るという行動が女性の決意を固めてくれるのです。

服装も同様のことが言え、今までとは全く違う趣向の服をチョイスすれば「こんな私も素敵だわ」という気持ちになれます。

外見の変化を利用して前を向くことが出来るのです。

元カレを思い出さない為にも外見をチェンジして新しい未来を歩みましょう。

元彼との思い出を無理に忘れようとせず折り合いをつけて前に進む方法

ありのままの自分を受け入れる

元カレとの思い出を無理に忘れようとせず、前に進むためには、ありのままの自分を受け入れることです。

無理をして元カレへの思いを忘れようとすれば、さらに昔の恋人への未練が残るもの。

「こんなに頑張っても忘れられない」「彼だけが私の全てだった」と悲しくなります。

元カレを忘れられない自分も、ふとした瞬間に付き合っていた頃を振り返ることも、ありのまま受け入れましょう。

元カレが心に思い出されても「こんな時もある」と当たり前のこととして考えられたのなら、等身大の自分と向き合えます。

少しずつ前に進み、昔のことを思い出す瞬間が減れば、彼のことを思い出して苦しむことはありません。

過去の出来事も一生大切する

過去の出来事も一生大切にすれば、上手く元カレとの思い出に折り合いをつけて前に進めます。

忘れることの出来ない彼との思い出は、あなたにとっての大切な宝物です。

元カレとの出会いがあったからこそ、今のあなたがいることを忘れないでください。

別れる時にたくさん泣いて、辛かった思いもいつしか良い記憶に変わる時がやってきます。

ただ、今はまだその時ではないだけ。

過去に彼と過ごした時間を一生の宝物だと考えて、幸せな未来を見据えましょう。

思い出を大切にできるあなたは、彼への未練よりも感謝の方が大きくなります。

「出会えてよかった」「お互いに幸せになろう」と前向きな考えを持てるはずです。

新しい環境に向き合う

新しい環境に真剣に向き合えば、変わる未来があります。

無理に元カレとの思い出を忘れなくても、今の環境に全力で馴染むように努力することが大切です。

新しい環境は目まぐるしく変わるもの。

仕事やプライベートで新たな出会いがあったり、目標が出来たりするはずです。

思い出を忘れることへの精一杯の努力よりも、自分の人生に目をむけて、これから作り上げていく将来を考えましょう。

新しい環境は希望に溢れています。

これからのあなたの未来を作り出すものばかりです。

目の前にある壁や新しい環境に向き合い真剣に生きると、新たな恋に進展することも。

前を向いて進むと自然と元カレへの気持ちを手放せますから、焦る必要はありません。

あなたの目に映るものを大切に進みましょう。

元カレともまた縁があるかもしれないと考える

元カレとの思い出を無理に忘れずに前に進むには「あの人との縁があるかもしれない」と考えること。

もう二度と彼と会えないわけではありません。

縁があれば、元カレと再び巡り合う可能性も残されています。

すべてを諦めてしまわずに、忘れられないほどに良い思い出があった元カレへの気持ちを心に抱き進むこと。

あなたと彼が運命で繋がっていれば、また会える機会がやって来るものです。

離れてお互いが成長する期間だと思えば、彼のことを思い出したとしても苦しい感情になることはありません。

ふとした瞬間に思い出が蘇ったとしても、あなたは未来に向かって進めます。

「もしかしたら、彼と出会える未来が待っているのかも」と思えるからです。

あなたが幸せになれる未来は、前を向いて進むところからスタートします。

未来への希望を抱いて進みましょう。

二度と同じ失敗を繰り返さない為に反省すべき点を改める

無理に元カレとの思い出を忘れようとせずに前に進む方法は、反省すべき点を改め、同じ失敗を繰り返さないことです。

元カレと別れるきっかけになったあなたの性格や、二人の改善点などをもう一度を思い返しましょう。

「あの時の私の態度が悪かった」「もっと相手の気持ちを知るべきだった」と反省した点は、これからのあなたの人生を明るく照らし出す為に必ず役立ちます。

元カレと付き合うことが出来なくても、思い出を忘れられなくても、あなたが自分を改善した行動を取れたのなら、新たな出会いに恵まれるのです。

もう二度と、好きな人を失うことなく楽しい人生を送れます。

更に人生が楽しくなれば、元カレとの記憶を思い出してつらさを感じることもありません。

元カレとの思い出と一緒にあなたの人生を彩り豊かなものへと変えられます。

別れた彼を思い出して、反省点が見つけたのならば、改善することであなたの未来は希望に溢れたものになるはずです。

自分の人生を楽しみながら生きる

自分の人生を楽しみながら生きると、元カレとの思い出に折り合いをつけて前に進めます。

人生を心から楽しめない時は、ネガティブな考えを持つことも少なくありません。

過去を振り返り、後悔することで叶わない未来を悲観します。

今ある自分の人生を全力で楽しめば毎日をハッピーに過ごすことが可能です。

元カレとの思い出を振り返ったとしても「過去があったから今の私がいる」と感じるようになります。

人生を楽しくハッピーに過ごすと自分の幸せに近づけます。

過去を振り返るばかりではなく、今の自分と向き合いましょう。

どうやって楽しく有意義に過ごすかを考えられたのならば、元カレとの思い出を胸に、あなたの人生が輝き始めます。

元彼が忘れられない理由を知って向き合えばもう辛くない!復縁を目指すべきかの判断法&幸せになる方法

特に未練を感じている訳ではないのに女性がよく思い出す元彼の特徴

印象的な言葉遣いがある

ふとした瞬間によく思い出される元カレには、印象的な言葉遣いという特徴があります。

言葉は、人間味を表現する一つのツールであり、心の在り方や過去の生い立ちまで様々なものが影響しているものです。

声の音程やイントネーション、真の取り方やワードセンスなど、初対面の人であっても「こんな感じの方なのかな」と想像できるほどの情報量を持っています。

元彼に対して未練を持っていなくても、ふと「こんなしゃべり方だったな」「あんな口癖があったな」と脳裏に浮かんでくることもあるはずです。

出身地が女性の生まれとは遠い場所だったのなら、方言も印象に残るポイントになります。

「最後まで分からなかった言葉があった」「しゃべるだけで可愛いと思っていた」など、印象強く残っているため、似た話し方の人や地方の人との会話などのタイミングで思い出す訳です。

コミュニケーションの中で、トラウマになってしまうほどのモラハラをしていた男性も、ワードで攻撃してきていたため、記憶に強く残っています。

身体的に代名詞となるほどの特徴がある

身体的に「こんな人」と代名詞になるほどの特徴を持っている男性は、時々思い出してしまいます。

ものすごく背が高い、一般的な女性よりも小さい、関節の一部が異常に柔らかい、体毛が濃い、サポートが必要なハンデがある、芸能人もしくは間違われるほどのイケメン、セックスが驚くほど上手など。

パッと見た時の印象や行動を伴う記憶は、「○○(部位)が○○(特徴)な人」とフレーズとセットで覚えているため、いつまでも思い出しやすいと言えます。

身体的な特徴がある事で、デートの時にメリットに感じたり、困ったことがあったりと、付随するストーリーもあったはずです。

二人で過ごした時間を象徴するとも言えるストーリーは、元カレ自体の記憶として、ふとした瞬間に思い出します。

どんな人か性格を表現しやすいタイプ

第一印象では分からなくても、どんな人か内面や性格を表現しやすいタイプの人は、よく思い浮かべることがあります。

人は見かけによらないと言いますが、確固たる信念や幼いころから積み重ねてきた性格などは、生き様として映し出されるものです。

頑固だったり、喧嘩っぽかったり、逆のタイプで言えば、ものすごく温和で誰に対してもニコニコしている人などは、覚えやすい男性と言えます。

社会の中では、多くの人と関わらなければいけません。

仕事もプライベートも、人間関係の円滑さが幸福度を高めていきます。

様々な人と出会う中で、「優しい人だな」「せっかちな人だ」「あまり人の話を聞かない系のタイプ」と分析をしていると、「あの人と似ている」「カレならこんな風にするだろうな」と思い出すところです。

一貫してブレがない性格でも、複合的に様々な要素を含んでいるタイプでも、思い出すきっかけさえあれば、姿が思い浮かびます。

他の人を巻き込むほどの印象的なトラブルがあった

付き合っている時に、周りにいる人を巻き込むほど、印象的なトラブルを経験していた場合には、よく思い出す人となります。

両想いになって、幸せに付き合って、すれ違いが原因でお別れを決める、という流れるような自然なパターンだけではなく、カップルには様々な事情を抱えている人が少なくありません。

二人だけの事に収まらずに、周りの人を巻き込んで、トラブルに発展していくという事もあるのが実情です。

喧嘩が激しすぎて、何度も警察沙汰になっていたり、友達と浮気をして恋と友人を一度に失ってしまったり、親から交際を反対されて泣く泣く諦めることになったなど。

同棲をしていた家が火災になり、近隣住民へ損害賠償が発生した事や、車で人を撥ねてケガをさせてしまったなどの事件や事故を経験した時も、忘れられない出来事となります。

「あの時は本当に大変だった」「思い出すだけでも申し訳ない気持ちになる」など、カレと自分だけの問題ではない記憶が絡んでいると、恋愛感情がなくても鮮明に過去が映像として浮かぶものです。

金銭的にルーズだけど放っておけなくなる魅力を持っている

金銭的にルーズなカレだけど、放っておけなくなる魅力を持っている相手の場合、「今頃どうしているかな」と、つい考えてしまいます。

世の中には、子犬系男子とジャンル分けされる人がおり、甘えた表情や可愛い仕草などを見るだけで、母性をくすぐられる男性が存在するものです。

元カレが、お金にルーズで、女性のヒモだったとしても、甲斐甲斐しくお世話をしてあげた経験があれば、尚更その後の様子が気になってしまいます。

ヒモ体質の男性は、女性を虜にするのが上手で、上手に乙女心を刺激して、奉仕の気持ちを沸き上がらせるテクニックが得意です。

カレ自身、ギャンブルばかりしていたり、悪意なく散財してしまったりと、かなり金銭的にルーズでも「どうしよう」「困ったよ」とキラキラした目で見つめられると、「私がどうにかしてあげなくちゃいけない」と使命感に憑りつかれます。

前は思い出さなかったのに元彼を思い出すことが増えた時の理由

生活リズムが変更した事で考え事をする時間が増えたから

元カレを思い出すことが増えた時の理由は、女性の生活リズムが変わり、時間のゆとりが増えたからです。

人は、時間があると考え事をしようとする生き物。

これからの事で悩みを抱えている人は、落ち込む必要もないのにあれこれ考えて、自分で問題を大きくしてしまう事もあります。

悩みに限らず、ボーっとしている時でも未来に楽しみを見つけようとする時には、過去の経験から何がワクワクしたか思い出そうとするもはずです。

「こんな人がいたな」「あの場所にもう一度行きたいな」「この仕事をしている時には、大変だったけど仲間がいっぱいいて楽しかったな」など、過去の記憶から、充実していた時期を抜粋して未来に活かそうとします。

付き合っていた時期が該当しなくても、記憶をさかのぼる中で通過するのがカレ。

思い出そうとしなくても、考え事をしている時には、どうしても避けれない事実として蘇ります。

人間関係が変わって色々な考え方に触れる機会があるから

急に思い出すようになったのは、人間関係が変わって、色々な考え方に触れる機会が出来たからです。

成長する時には、多くの人との出会いが訪れます。

時には、自分と正反対の性格の人や環境で生きてきた人にも出会うため、衝撃を受けることもしばしば。

学生の頃には、自分の気の合う人と付き合うのが主な関わりであり、周りにいる人を選びやすかったはずですが、社会人になると仕事上の付き合いや自己成長するために学ばなければいけない人と関わりが出てきます。

人間関係で難しいと感じるのは、意見が合わない人との関わりでも、いかに自分の考え方を見つけ出し、幸せな方向に結びつけるかどうかを見極めるのが重要だと理解しているからです。

元カレは、気の合う人として存在した人。

人間関係に躓きそうな時や、自分の中にはない考え方を持った人と出会った時に、気の合う人の代表として記憶がよみがえります。

恋愛をしたくなったから

なぜか思い出す機会が多くなったのは、あなた自身が恋愛をしたくなったからです。

自覚はなくても、心が恋を求め始めている時には、自然と異性の事を考えるようになります。

あの人は、あなたを愛してくれた人。

どんな魅力があると言ってくれていたか、何を言ってくれていたか記憶を起こすことで、自身の長所を見つけられて、伸ばせるようになります。

カレとの経験から、女性としての魅力を引き出すヒントを探しているのです。

どんな人と恋がしたいのかを考えた時に、どうしても比較対象として出てくるのは、彼が記憶に残る特徴を持っていたからに過ぎません。

今、未練を持っているかどうかは関係がないので、前に進むための材料として受け入れましょう。

自分磨きをしようと思ったから

自分磨きをしようと思った時に、今まで思い出さなかった彼の記憶がよみがえるようになります。

恋愛は、自分の事をよく知れる出来事です。

人に対してどうありたいのか、どんな自分が内側に眠っているのか、一人でがむしゃらに目標に向かって頑張っているだけでは、見つけられないことが沢山あります。

新しく勉強を始めたり、考え方を一新したりと、今よりステージアップするために出てくるのは、どんな自分が嫌だったのかという感情です。

人に頼ってばかりで積極性がない、顔色を窺ってしまう、リスクばかりを思い浮かべてしまって勇気が出ないなど、過去の修正したい自分像を浮かべたときに、ダメな要素を持ったまま付き合っていた時の彼のことまで想いを馳せていきます。

「あの頃は、迷惑ばかりかけてしまって悪かったな」「喧嘩ばかりになっていたのは、私の器が小さかったからなのか」と、今さらながら反省するはずです。

引っ越しを考え始めたから

あの人の事をよく思い出すようになったのは、引っ越しを考え始めたからです。

引っ越しと恋愛は繋がっていないようで、実は深く連動しています。

家での過ごし方は、日常を安定させる時間であり、心の状態が根付いているものです。

仕事に熱中している時期でも、カレと会うとホッとして、家に帰ってからは次のデートが楽しみになっていたから、また次の日も頑張れる、など日々の中で恋愛の感情も組み込まれていきます。

引っ越しを考え始めると、家のあちこちに染みついた元カレへの想いや記憶も浮き彫りになっていくはずです。

例えお家デートをしていなかったとしても、カレとの思い出が詰まっていることになります。

家を離れる時には、あの人の事を考えた時間も、楽しみだった想いも、辛かった時期も、全部が遠くなっていく感覚がするので、懐かしさを覚えて記憶が刺激されているのです。

元カレを不意に思い出す時のスピリチュアルな意味

新たなステップに進むタイミング

不意に思い出すときのスピリチュアルな意味は、新たなステップに進むタイミングが来たというものです。

恋愛は、愛を学ぶ重要な機会。

異性に対してだけでなく、誰に対しても大いなる愛情を与えることが、最大の喜びとされています。

過去に愛を教えてくれたカレを思い出すのは、これから別の相手や出来事を通して、学んだことを活かしたり、新たな試練がやってくるというサインです。

思い出したことで、自身の悪い癖や相手とのコミュニケーションの取り方を反省するだけでなく、あなた自身の希望も見出したはず。

「こんな風になりたいな」「憧れの人に近づきたい」など希望を見つけた事で、次に訪れるステージを充実させることが出来ます。

心が動いた時には、環境や生活がガラリと変わるタイミングです。

これから訪れる日々を、受け入れる準備をしてくださいとおうメッセージになります。

乗り越えるべき課題がある

スピリチュアル的な意味として、乗り越えるべき魂の課題があるとき、元カレの顔が脳裏に描かれるようになります。

脳裏によぎる男性がどんな人だったのかを思い出したとき、あなたが深層心理の中で問題として持ち続けている事という可能性が高いです。

金銭トラブルが多い男性だったのであれば、潜在意識の中で「お金が無くなったらどうしよう」「男の人とは経済的対価がないと付き合えない」等と思い込んでいるということ。

否定したり、拒絶したりする事柄ほど、「自分には関係のない問題だ」「何も抵抗は持っていない」と思ってしまいますが、繰り返し訪れているテーマであることも少なくありません。

「なんでいつもお金がないんだろう」「どうして支払いに追われているんだろう」と深く掘り下げて辿っていくと、幼少期に「高いからお菓子は買いません」と要望を受け入れてもらえなかったり、「うちは貧乏だから働かないといけないの。早く寝なさい」と親に甘える事すら許されなかったりと悲しい記憶に結びつくこともあるわけです。

当時の感情を癒してあげなければクリアできないのですが、恋愛と関係のない事も多く、原因を見つけ出すのは容易ではないため、何度も繰り返しサインとして送られてきます。

元カレがあなたの事を考えている

元彼があなたのことを考えている時、スピリチュアル的なメッセージとして思い出すという現象が起こります。

以心伝心という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。

遠く離れていても、想いは伝わるというものですが、まさにスピリチュアル的な現象と言えます。

普段通りの日常を過ごしていても、何の脈絡もなく「何で今、あの人の事が思い浮かんだんだろう」「何故か、元彼氏に呼ばれた気がした」などの体験がある時には、同時刻に相手があなたの事を考えていたり、伝えたい思いがあったりするタイミングです。

電話しようかと考えた瞬間、相手から着信が入ったりするのは、このスピリチュアルな現象が起こっています。

近い未来で再びご縁があるサイン

近い未来で、再びカレとご縁があるサインとして、ふと思い出すという事が起こります。

今世で関わる人は、前世でも深い繋がりがある人だと言われているのです。

すれ違うだけでも、関わっている人であり、同じコミュニティやグループに所属する人は、より強い繋がりがあり、家族や恋人という関係になる人は、より深い絆がある人となります。

恋愛を経験しているあの彼は、あなたの魂にとって、とても重要な人物です。

別れを経験しても、あの人でなければいけない出来事が残っていれば、再びご縁が繋がり、目の前に表れます。

思い出すのは、その前兆。

「そろそろカレがやってきますよ」というサインなので、見逃さずにチャンスを活かせるように、心の準備をして楽しみにしておきましょう。

危険が迫っている事の警告

急に思い出すようになった時のスピリチュアルなサインは、危険が迫っている事への警告という意味があります。

私たちは肉体を持っていますが、魂は自由に動き回る事が出来るのです。

言葉や祈りを素粒子にして投げかける事で、遠く離れていても念や意志を伝える事が出来ます。

今まで、全く思い出すこともなかったあの方の顔が急に浮かぶようになった時には、イメージの中のカレを観察してみましょう。

表情やメッセージ性、印象などから「怒っているのかな」「真剣な感じだな」と思う場合には、警告である場合が多いと言えます。

「何が伝えたいんだろう」「気になってしまうな」と感じる時には、身の回りに危険はないか、トラブルの種となるものがないか確認してみます。

事故や病気、人間関係の摩擦など、これから大波がやってくる事を想定して、回避策を考えておくと、対応しやすくなるはずです。

大切に想ってくれている人ほど異変を早く感じ取り、生霊や念などで知らせてくれます。

元カレとの出会いを糧にして前に進もう

元カレとの出会いや別れをなかったことには出来ません。

二人で過ごした日々や悲しい別れもすべてを受け入れることで前に踏み出せます。

今回ご紹介したように、元カレとの思い出を無理して忘れずに、折り合いをつける方法を学べば、つらかった気持ちが嘘のように晴れ晴れとしたものへ変化するはずです。

元カレとの過去を思い出したとしても、それがつらい思い出になるのかは、すべてあなたの考え方次第。

「彼と出会えたから今の私がいるんだ」と前向きな考えを持ちましょう。

あなたの未来を明るく照らし、幸せに満ち溢れた未来を掴んでください。

【期間限定】あなたの誕生日で分かる成功への最短距離、知らないともったいないかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで幸せへの一歩を踏み出したあなたのために、誕生日を元に詳しい運命を導き出す『大人の誕生日占い』をお届けします。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、幸運を開花させる方法、反対に避けたほうがいい危険な道など全てが明らかになります。

さらに大人ならではの複雑な恋愛や人間関係の悩みまでも解決に導き、願望成就に向けて全力でサポートしてくれます。

最大2000文字にもおよぶボリュームの精密なメール診断を読めば、成功への最短距離がはっきり分かりますよ。

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG