復縁後エッチしない彼は彼女を警戒中!?ギクシャクする男性心理とラブラブさを取り戻しうまくいく方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼との復縁の可能性は何%?」

「彼は私をどう思っているの?」

「何をすれば彼と復縁できるの?」

こんな悩みがあるなら、今すぐ「あなたの運勢」をご利用ください。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

「せっかく復縁したのに彼が全然エッチしなくて何を考えているのか分からなくて不安」「また恋人同士になれたのに求めてくれないのはどうして?」と、復縁したにも関わらず、なかなかエッチに進展することができず悩んでいる女性も少なくはありません。

恋人同士になれたのに、彼が求めてくれないと寂しくて不安になってしまいますよね。

実は、復縁したことで彼の心の中にはそれなりの理由が隠れているのです。

ここでは、復縁したのにすぐにラブラブになれずギクシャクしてしまう男性ならではの理由を知り、ギクシャクさを取り除くためにできることをお伝えします。

不安を解消して、ラブラブになるために日々変化していきましょう。

目次

復縁後エッチしない彼が彼女に対して抱いている心境

本当にエッチしてもいいのか警戒している

復縁後でも、エッチしない彼が彼女に対して抱いている心境には、本当にエッチしてもいいのか警戒しているというものがあります。

一度別れた二人だからこそ、「今回は失敗したくない」「自分も彼女も変わることが出来たのか」という気持ちで警戒をしているのです。

復縁したという事実はあるけれど、本当に心からもう一度愛することができるのか、以前別れた時の原因は完全に解消されたのか、心の中はとても冷静に彼女との距離感を考えています。

同じことの繰り返しほど、時間の無駄なことはありません。

合理主義の男の人だからこそ、好きだという感情だけでは動けないのです。

エッチをするということは、お互いにとって様々なことを受け入れていくことになります。

二人の価値観が合わずに別れたとしても、体の関係を結ぶだけで価値観の違いが少しあいまいになってしまうものです。

体の関係を持ったあとの「まあいいか」こそが、同じ過ちを繰り返すことの原因ともなり、避けたい出来事となります。

以前の交際では頻繁にエッチをしていたとしても、一度別れてしまえば全く別の意味を持つはずです。

以前以上に慎重になるのは当然のことだといえます。

どう誘ったらいいのかわからない

彼は、一度別れたことにより、どう誘ったらいいのかわからないという状態になっています。

前は、両思いになれた嬉しさから勢いで最初のエッチをしたはずです。

その時、相手がどう感じるか、自分の感情がどうなっているか、細かいところまで気にしていなかったに違いありません。

しかし、交際していくに連れて、お互いのいいところも悪いところもたくさん見ていきながらも、エッチはカップルの習慣となっていきました。

ケンカ別れした二人は仲直りしたものの、最初の勢いだけの好きという感情とはまた違う感情となっているものです。

復縁とは、情熱よりも深い愛情が必要となります。

年齢が上がっていることもあり、勢いだけではエッチができなくなっているのです。

お互いの愛を育んで、体を重ねたいとは思いながらも、どう誘ったらいいのかが分からなくなってしまっています。

「エッチしよう?」「今日は帰さない?」様々な言葉が浮かんでは消えて、彼の頭の中では正解がわかりません。

きっかけすらも分からずに、どうエッチをしていたのかも分からない状態の泥沼へとはまっていきます。

復縁してまで深い関係になることに対して結婚を意識している

一度別れた二人が復縁してまで付き合うということは、よほどお互いのことが大切だということを意味します。

体の関係を持つことで、深い関係になることで、ついついこれから先の結婚を意識してしまうことになるのです。

女の人にとって結婚は恋愛のゴールであり、楽しいことばかりが頭に浮かび、彼と一緒にいられることが幸せでたまらないと思えることですが、男性は一概には言えません。

二人分の人生を背負うというプレッシャーと、家庭を持つという束縛感、自由がなくなる恐怖、など女性とは違う考え方を持っています。

もちろん好きな人と結婚したいという気持ちはあるので、言葉にしませんが、体の関係を持つことで「結婚に近づいた」「早く結論を出せって言い出さないか不安」と気持ちの中で焦りを感じているものなのです。

特に、まだ独身時代を謳歌したいと思っている男性にとって、結婚を迫られるような事態は出来るだけ避けたいと思うもの。

「復縁してまで付き合っておいて、結婚しないとかはナシだよな」と頭の中で密かにプレッシャーを感じています。

もちろんあなたがそんな素振りを見せていなくても、男の人にとって結婚とはそれほど重要な出来事なのです。

他の男に抱かれたのかもしれないと思うと嫉妬する

別れてからすぐ復縁した場合と、別れてからしばらく期間が空いている場合とでエッチをしない意味も異なります。

ケンカ別れなど勢いで別れた場合、仲直りすることで復縁できるので比較的早い時期にやり直すことができますが、それ以外の理由であればなかなかすぐに復縁とはいかなかったはずです。

期間が空いていることで、彼はあなたの体に対して「他の男に抱かれたのかもしれない」と考えている可能性があります。

もちろんそれは嫉妬なので、恥ずかしくて言葉にすることはありません。

また、聞いたところで彼女も正直に答えるとも限らないことを知っているからです。

男の人は所有欲が強いため、自分のものだと思っている彼女を他の人に奪われることをひどく嫌がります。

例え別れていた期間だとしても、「結局彼女は俺のことが好きだ」と理解した時点で、あなたはすでに彼のものなのです。

離れている時期に他の男が触れたと思うと、気持ち悪いと感じることもあれば、悔しすぎて触りたくないという気持ちにもなってしまいます。

エッチをしようとしても他の男があなたの体に覆いかぶさっている姿を思い浮かべてしまい、気持ちが萎えてしまうのです。

そんな不安定な状態ではとても彼女に触れることはできず、エッチできないまま時間だけが過ぎて行きます。

彼女のことは好きだけどエッチの相性は良くなかった

実は大きな声では言えないけれど、「彼女のことは好きだけどエッチの相性は良くなかった」と思っている男の人もいることは事実です。

エッチは、その人の性格や性癖、思いやりや本質がとてもよく現れます。

セックスの価値観が合えば、それだけで全てがうまく行くと言われることもあるくらいです。

心から彼女のことを愛している彼でも、肉付きや好きな体位、嗜好などが違えばセックスで楽しめるポイントがお互い違うということになります。

結果、どちらか満足できないまま終わる、というケースも多いのです。

例えば、彼女が完全受身のマグロと呼ばれる状態だった場合、彼は一方的なセックスしかできないので、しらけてしまいます。

また、彼女が頑張りすぎていることに冷めてしまうという声もあるものです。

ムダ毛処理の好みと現実のギャップ、声の大きさ、エッチがしたくなる場所やスイッチ、などお互い性欲が高まっている時であれば何も気にしないようなことでも、交際中は愛情表現や想い合っていることを確認する作業でもあるので、ちょっとしたキッカケで気分が下がってしまうことがあります。

このように、「彼女とのエッチ、楽しくないんだよな」と思われていることが原因だということがあるのです。

復縁にまつわる男性心理を徹底解説!振った側の男の気持ちや別れを後悔する時期など

やり直したのにすぐにラブラブになれずギクシャクしてしまう男性ならではの理由

別れたことをなかったことには出来ない

女性は感情で生きているので、復縁した今現在が幸せで楽しければそれで気持ちが満足します。

一方男性は理性で動いているので、どうしても別れたことをなかったことには出来ないと考えているのです。

そもそも恋愛自体が上書き保存ではなく、フォルダ保存で、すべての出来事を大切に記憶して残しているので、別れるきっかけとなった出来事や、本気で愛したのに裏切られた気持ちになったことさえも忘れることができません。

一度別れた男女がどうして、何もなかったかのようにすぐラブラブになることができるのか、その方法がさっぱりわからないのです。

別れたことで、二人はとても傷つき、彼女を悲しませてしまったという後悔も持っています。

復縁したからといって、悲しませた事実を消すことはできません。

同じように自分が傷ついた出来事も忘れることができないため、エッチどころか再びラブラブになるためには、お互いの信頼を回復しなければ難しいことなのです。

今のまま過ごしていいのか、一度きちんと話し合ったほうがいいのか、考えているため、どうしてもギクシャクしてしまいます。

復縁したことで「好きだ」と改めて確認し合ったことで照れている

恋人同士は、両思いになってから交際が始まるカップル、体の関係から始まる二人、片思いが実って両思いに向かっていく恋人と様々なパターンがあります。

最初こそ相手の気持ちを確認することが多いものですが、時間が経過していくうちにお互い「好きだよ」「好きって言って」と言葉にすることが少なくなるものです。

しかし、一度別れを経験した二人にとって、復縁したことにより「好きだ」と改めて確認をしたことになります。

それは、しばらく気持ちを言葉にし合うことがなくなっていた彼にとってはとても恥ずかしいことだと感じることもあり、なかなか体の関係に進まないのは照れている体と言えるのです。

「好きってバレてしまった」「今誘ってもベタ惚れなのがバレることは恥ずかしくて悔しい」という思いから、エッチに誘うことができなくなってしまっています。

男の人はいつだってクールにかっこよく、スマートに気持ちを隠しながらエスコートしたいと願っているものなのです。

気持ちが相手に伝わっていることは、裸にされているのと同じくらい恥ずかしいと感じます。

そのため、必死に照れ隠しをしている結果、エッチをしないという現状になっているのです。

硬派な男を気取りたい

以前付き合っていた時に、頻繁にエッチをしていたとしても、一度別れてしまうとリセットされてしまうもの。

復縁してすぐ体を求めると、「結局したいだけで戻ったのか」と思われてしまわないように、硬派な男を気取りたいと思います。

復縁してすぐは、お互いの信頼関係もまだ回復途中だと言わざるを得ません。

また、男の人は別れた理由を「体の関係になることが早かったのかもしれない」と結びつけることがあります。

硬派な男になるためには、自分に厳しくストイックに道徳を守ろうとするものです。

体の関係に進まないというのは、硬派な男になるためにはわかりやすい方法になります。

彼の中で「復縁しても○○ヶ月まではエッチしない」という目標を掲げていることもあるのです。

抱きしめたいと思っていても、プラトニックな恋愛を貫くことで、もう一度付き合うことに価値を高めることができると考えています。

どちらが悪いにしても、彼女のことを一度は悲しい思いをさせてしまった罰と考えているものでもあり、自分の中でケジメがつくまでは体の関係は結ばないと固く決意しているものなのです。

しっかりと心の信頼を確かめ合ってから、体も繋がることを目標としています。

きちんと向き合ったからこそ大切にしたい

恋人として愛情を求め、彼女とのすれ違いを感じ、心を重ねることは難しいと知った一度目の恋愛。

それでも、きちんと向き合ったからこそ成し遂げた復縁では、今度こそ大切にしたいと固く胸に決意をしています。

一度目の恋愛では、自分のワガママばかりを突き通すことはいけないと反省し、もっと深く知ることが愛情を育むことだと知ることが出来たに違いありません。

男女の考え方の違い、行動の違い、価値観の合わせ方、言葉の重要さ、些細なことでたくさんの失敗をして経験をして、彼女のことを傷つけてまで学んだ恋愛を、もう一度掴んだチャンスできちんと活かそうと考えます。

もちろん体の関係も自分のタイミングで誘ったのでは、愛情を育てることにはならないと知ったはずです。

きちんと大切にしようと思っているからこそ、彼女がOKを出す時まで女性の意見を尊重しようと一歩身を引いて待っています。

ここで軽々しく抱いてしまっては、全てが台無しになってしまうという恐怖さえ感じているのです。

セックスは快楽を楽しむものだと考えていた最初の交際と比べ、エッチこそが愛情を育む大切な行為だと理解したからこそ、ゆっくりと時間をかけていきたいと思っています。

友達期間があったから接し方がわからない

別れを経験したカップルは、すぐに復縁するよりも一度冷却期間を経て復縁する方が多いものです。

価値観が合わないと別れた時に、すぐに価値観が一致するような出来事が起きるはずがありません。

普段仲がいい二人ほどケンカして別れた時には、意見の違いにショックを受けて、なかなか受け入れることができないものです。

そのため、冷却期間の間で、友達として過ごしているうちに「やっぱり一緒にいたい」「付き合っている時にはわからなかったけど、少し離れたら相手のことがよくわかるようになった」と改めて元彼・元カノのことを冷静に見ることができるようになります。

しかし、友達として過ごす時間が長くなれば、復縁した後も二人でいるときの空気感は友達のままから抜け出せないことがあるものです。

デートでもオシャレをして会うよりも、カジュアルな服装で動きやすく、ハイタッチをし合うような楽しい時間を過ごしている時間が長くなると、そこからどうエッチに誘えばいいのかわからなくなってしまいます。

友達の距離感と恋人の距離感は、パーソナルスペースの中に入るかどうかで全く違ってくるものです。

友達として、腕一本分伸ばした先くらいにいつも相手がいる状況が長く続くことで、それ以上近くに踏み込むことができなくなってしまい、エッチに誘うことができません。

愛されてないと不安に感じる原因を解明!彼氏と別れるべきか悩む前に考えてほしいこと

彼のギクシャクさを取り除いてラブラブになるためにできる事

意識して常に体を寄せる

付き合っているのに、相変わらずギクシャクしている彼とラブラブになるためには、彼の過剰な意識を払拭させる必要があります。

“異性”として意識しすぎているから、距離感がわからなくなったり、体に触れるタイミングが分からなくなったりして、微妙な壁がいつまでも取り除けないのです。

壁を取り払うためには、あなたの方から逆に意識していくことで解決します。

彼が二人の間にある壁を意識しているのであれば、あなたはその壁を取り払う意識をしていくことです。

意識して常に体を寄せることで、彼のパーソナルスペースにいつも入り込んでいる状態を作ります。

離れていた時間がある二人にとって、恋人になったとしてもギクシャクする間はまだまだ物理的距離感がある証拠。

振り向けば常にあなたの顔がある、という状況を作り出すことで最初は驚いて一歩引いてしまう彼でも、徐々にその距離感にあなたがいることが自然になっていきます。

物理的距離感をなくすことで、キスやハグ、エッチまでもハードルが低くなり、ぎくしゃく下関係が解消されていくものなのです。

手作り料理を一緒に食べる

恋人のギクシャクさを取り除くために、とても重要な役目となるものが食事です。

「付き合っていたらご飯ぐらい一緒に食べるよ」と思っているあなた。

ここで重要なのは、外食ではなくあなたの手料理なのです。

手料理をすることが好き・嫌いということはここでは関係ありません。

外食はプロの料理人が作るため、美味しくて当然です。

しかし、恋人が作る手料理は全く別ものだと言えます。

整った食事環境、素敵なBGM、一流のご飯、と完璧な外食よりも、彼の心をつかむのは100%恋人であるあなたの手料理です。

手料理が上手なことに越したことはありませんが、例え多少の失敗があっても、それが愛嬌となりあなたの可愛らしさにスパイスを加えてくれるものへと変わります。

手料理は温かみがあり、手間隙かけた分だけ愛情を感じるものです。

彼のためだけに腕によりを振って作る姿は、彼の心をしっかりと掴みます。

彼の好きなメニュー、季節を感じることができる食事、二人だけの空間で見つめ合って食べることができる幸せは、ギクシャクしている彼の心をほろりと解いてくれるはずです。

復縁した彼女が「あなたが好きなもの頑張って練習したんだ」と笑顔で料理を出してくれたら、彼も喜んで食べてくれるに違いありません。

手を伸ばせば触れることのできる距離で食事をすることで、ラブラブな時間を取り戻すことができます。

「一緒にいられることが嬉しい」と言葉に出して伝える

不思議なもので恋人たちだけに限らず、人間はお互いに気持ちが通じ合っていると思った途端にその気持ちは揺るがないと信じてしまいます。

そして、感情を言葉で伝えることをしなくなってしまうものです。

しかし、その一方で相手が何を思っているのかわからなくなってしまっても、聞くことができなくなってしまいます。

復縁した二人は、別れたことでお互いのことをきちんと考え直しもう一度やり直すという選択をしました。

どうしてもギクシャクしてしまう彼は、復縁の時に聞いたあなたの気持ちをまだ心の中に落としきれていない状態になっているのです。

「あなたと一緒にいられることが嬉しい」と素直に言葉に出しましょう。

そして、言葉で伝え続けることです。

復縁の時だけでなく、継続的に言葉で彼に聴かせることで、耳から入ってくる情報が脳内に定着していきます。

一度聞いただけでは、感情は定着しません。

「俺と一緒にいることが嬉しいんだ」と喜んだとしても、その喜びが抜けてしまっているからギクシャクしているのです。

何度でも「あなたと一緒にいることが嬉しい」と伝え続けることで、彼は本当に信用できるようになります。

あなたが喜んでいる、という事実を受け入れたとき初めて、彼のギクシャクした態度を取り払うことができるものなのです。

いたずらっぽく手や足、お尻に触る

いたずらっぽく手や足、お尻に触ることでスキンシップとボディタッチをどんどんしていきましょう。

彼のギクシャクした態度は、あなたに対してどう接していいのか悩んでいる表れです。

「別れてから触れてなかったけど、もう触れてもいいのかな?」「復縁したからってすぐ触れるべきじゃないのかな?」と彼もモジモジと悩んでいます。

いたずらっぽくあなたがボディタッチを仕掛けることで、彼も恋人同士のいたずらとしてボディタッチを返すことができるのです。

彼にボディタッチの隙を与えてあげることで、彼はあなたに対して断然近寄りやすくなります。

部屋に二人でいるとき「エイッ」とおしりにタッチすると、彼も思わずニヤリとしてしまうはずです。

アクセサリーをしている彼であれば「私もそれしてみたい」とお伺いを立てることで、自然と指や体に触れることができます。

男の人は体が触れ合うことで、自動的に心の距離感も近くなっていくのです。

あなたのちょっとしたいたずらや好奇心で、彼の「どう接していいのだろう」という不安もなくなります。

仲良くなれたらいよいよエッチ!体の関係がうまくいく誘い方

ハグしたまま「キスして」できっかけを作る

ボディタッチがスムーズに出来るようになり、ハグが自然に出来るようになれば体の関係に誘うことは自然にできるようになります。

ハグしたまま上目遣いで「キスして」と囁くことで、きっかけを作るのです。

そこまですれば男たるもの、エッチに誘われていることに気がつきます。

むしろ、その状況にまで持ち込めば彼も「もっと触れていたい」「もっと引っ付いていたい」という感情を持っているはずです。

「エッチしてもいいのかな」「まだ早いかも知れない」と悩んでいる彼に、あなたから背中を押してあげるように誘導しましょう。

「キスして」の言い方は、可愛くいっても十分効果がありますが、囁くように言う方がよりセックスに近づくことができます。

可愛らしい言い方には、とても魅力的なあなたを見せることができますが、キスがしたいだけのようにも受け取ることができるのです。

その点囁くようにいうことで「これ以上は他の人に知られないように進めてね」という合図にもなり、夜の営みを想像するのに十分だといえます。

デートが終わって帰りそうになったら「もっと深く愛してほしい」

ギクシャクしていた二人が仲良くなってきても、まだデートが終わってすぐ帰ってしまうのであれば、デートの終わりに引き止めてしまいましょう。

デートが終わって帰りそうになったときに、彼を引き止めて「もっと深く愛して欲しい」と呟きます。

「今日は帰りたくない」「まだ離れたくない」という言葉たちと同じ意味になりますが、復縁した彼にはもっと愛情を伝えるべきです。

気持ちのつながりを確認し、今度は体のつながりを確認したいということをストレートに伝えることができます。

デートだけではすれ違いの日々だった頃と本当に変わったのかどうか、実のところはわかりません。

しかし、体を重ねることでどれほど彼のことを愛しているのか、愛されているのかをしっかりと肌で感じることができます。

一度目の恋愛では相性や快楽を目的として体を重ねていたとしても、復縁を果たしたふたりにとってのエッチは意味が違ってきているはずです。

相手の体に触れ、心に触れることができます。

体の相性だけではなく、どれほどささいな事に感謝できるか、寛容になることができるか、心のあり方を知ることができるものなのです。

エッチをすることで、復縁してからのふたりの関係が、本当に新しい関係なのだと確認しあうことができます。

手をつないでデートをしているとき「私はあなたを信頼しているよ」

彼が気にしていることは、あなたとの信頼関係が回復しているかどうかです。

どちらが悪いにしても、別れを選んだ二人はお互いに対して不信感をもったはず。

一度不信感を持ってしまうことで、どれほど信頼しようとしても、トラウマとして心の中で過去の出来事が思い出されてしまいます。

傷ついた出来事が思い浮かんだとき、過去のことに出来るかどうかは、時間の経過でもふたりの関係性の変化でもありません。

過去のことにできるかどうかは、彼本人の心の中で決着が付いているかどうかなのです。

彼の中ですっかり全てのことを過去の出来事にできていたとしても、自分と同じように彼女も心の整理が出来ているかどうかはわかりません。

心の整理に時間を費やした彼だからこそ、「まだ彼女の心は傷ついたままかも知れない」という遠慮が生まれます。

そんな彼には、手をつないで彼の体温が感じられる時に「私はあなたを信頼しているよ」と伝えましょう。

手のぬくもりと同時に、心の信頼も伝えることで、一気に彼との親密度を上げることができます。

「本当の意味で恋人になれたのだ」とわかってもらうことが必要なのです。

彼との心の信頼を確認することで、エッチに進むことができます。

復縁してからのあなたの気持ちを伝え「エッチするのは不安?」と聞く

彼との関係は、今までとても複雑な関係でした。

恋人になれたかと思えば、すれ違いやコミュニケーション不足でうまくいかなくなり別れを選び離れることを選択した二人です。

離れてからもたくさんの悩みを抱え、真剣に彼のことを考え、もう一度やり直そうと決心したからこそ、彼ともう一度共に時間を過ごすことになりました。

ギクシャクした彼と、仲良くなれたタイミングで、一度あなたの心の整理をきちんと彼に伝えてみましょう。

復縁してもエッチまで進まない彼は、自分の心の整理と共に、あなたの心の整理の具合が分からず不安になっている場合があるのです。

どんな気持ちで過ごし、何を学び、二人でどんな未来を紡いでいきたいのか、具体的にあなたの言葉で気持ちを伝えることで、真剣に付き合っていきたいという熱意は伝わります。

復縁してからのあなたの気持ちを伝え、彼の心の進捗状況も確認するのです。

「エッチするのは不安?」と聞くことで、復縁したけれども彼がどの程度あなたのことを受け入れてくれているのかを知ることができます。

この一言で、あなたがもうエッチに踏み出してもいいと思っていることも伝えることができるものなのです。

上手に心の整理を二人で一緒にしていきながら、体の距離も詰めていきましょう。

どんなに努力しても復縁後エッチしない…そんな彼が抱えている可能性のある問題と解消方法

疲れて体力がない彼にはスローセックス

どんなに努力しても復縁してから一度もエッチしない、そんな彼は普段の仕事に加え復縁という状況にとても疲れてしまっていることが考えられます。

体力的にも、精神的にも疲れがたまってしまうと、男性はエッチに対して乗り気になれないものです。

恋人同士のエッチは、様々な性癖があるにしても、多くは男性がリードするノーマルエッチ。

男性からすれば、自分に体力がなく途中で体力が尽きてしまい、最後まで満足に終えることができないことほど屈辱となることはありません。

屈辱的に中途半端な終わり方をするエッチをするくらいなら、しないほうがマシだとも考えています。

そんな彼には、スローセックスを提案しましょう。

スローセックスは、長年連れそう夫婦にも最近人気が高まっているセックスです。

愛撫、挿入、射精、という流れに囚われず、ゆったりとお互いの体温を感じることが目的のセックス方法になります。

ハグをしたまま寝る、愛撫だけで終わる、挿入したまま動かずにお互いの性器がつながっていることを感じ合う、というエッチ方法ですが、動きが少なくなることに反して愛情がとても深くなることが特徴です。

スローセックスをすることで、体力を使うことなく、愛情を深めることができ、心も満たされるため、とても幸福度が上がります。

責任が怖いのなら避妊の約束を改めて言葉で確認する

復縁したけどエッチをしない彼は、極端に妊娠の不安を抱えていることがあります。

例えば、過去の彼女もしくは以前あなたと付き合っていた時に、彼女が妊娠して二人で話し合った結果、「彼女のことは大切だけど今は育てる時間もお金もなくて、責任をとることが出来ない」と判断して出産を諦めた経験があるときなどは、同じ出来事が起きないように極端にエッチを遠ざけることがあるのです。

「自分にはまだ経済的余裕も父親になる自信もない」と思っている彼は、責任を取らなければいけないと思っていることが原因だといえます。

そんな彼には、二人できちんと話し合いが必要です。

責任が怖いのならば、二人で避妊の約束を“言葉で改めてしておく”ことが重要になります。

避妊ツールを目の前に揃えて、視覚的に訴えることも有効です。

「今は、きちんと避妊することを二人のルールにしよう。今後もし結婚の話になればまた話し合いましょう」ときちんと言葉にすることで、彼女もウッカリ忘れるということを防ぐ意識があると知ることができ、安心することができます。

性癖が気になっている彼には覚悟をしてから思い切って告白してもらう

中には自分の性癖が気になってエッチに誘うことができない彼もいます。

最初の交際の時には、隠していた性癖を「復縁した彼女はこれからも長く付き合うだろうし、何より全てを知って欲しい」という気持ちで告白を迷っているのです。

性癖は、自分でコントロールできるものばかりではないけれど、どうしようもなく興奮する、求めるものでもあります。

SM、女装癖、全身の匂いを嗅ぎたい、ハードなプレイをしたい、など一人では完成しないけれど、欲求を満たそうとするとパートナーの理解が必要なものもあるのです。

エッチに対して消極的ではなさそうなのに、なぜかモジモジとエッチに進まない彼であれば、こういった隠し事があるかもしれません。

そんな時には、彼にアクションを起こす前に、あなたが覚悟を決める必要があります。

どんなことを言われても、「そのことを含めて彼自身だ」ということを理解した上で、話を聞くことです。

覚悟をしてから思い切って彼に告白してもらい、「できる限りやってみる」という前向きな姿勢を見せます。

もちろん、自己犠牲をしてまで彼に付き合う必要はありません。

あなたがしたくないことであれば、断わるべきです。

しかし「恥ずかしいけど、彼のためならできる」と思えることであれば、彼の欲求に付き合うことで新しい関係を築き上げることも可能になります。

他に好きな人がいるのならもう一度話し合い

復縁したからといって、心が完全にあなたのモノになったわけではありません。

どんなに努力してもエッチに進まない時には、もしかすると彼の心の中にあなた以外の女性がいるという可能性も出てきます。

復縁すると決めた時には、それほど好きだとも意識をしていなかった相手だったのに、彼女と付き合うことで、頭の片隅にいた女性がどんどんと存在感を大きくしていくことに気がつくのです。

彼は心の中で「今は彼女とやり直すことを決めたから他の女性のことを考えている場合じゃない」と一人で悩んでいます。

他に好きな人がいるのなら、それをいち早く察知してもう一度話し合いをしていきましょう。

復縁したのに、エッチができないとどうしても頭の中が次のステップに進みたいという気持ちでいっぱいになってしまいます。

しかし、復縁してもお互いの心を縛り付けておくことはできません。

しっかり彼の心の状況を確認して、あなた以外の女性が心にいないかどうか確認しましょう。

復縁後エッチしない彼の心理を探ってラブラブになるためのきっかけを掴もう

一度は別れたカップルというのは、復縁するとすぐ元通りになると考えがちです。

しかし、実際には全く別の関係が始まったと考えましょう。

彼の心には繊細な心理が隠れており、エッチをしないのは理由があることがほとんどなのです。

ギクシャクする彼の心理を読み取り、再び二人がラブラブになるためには、何が必要なのか知り、きっかけを掴むことで、新たな関係をステップアップさせていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG