女性から腕を組まれたら?女性と男性それぞれの心理と対処法を分かりやすく解説

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、予言鑑定を試してみてください。。

あなたの予言鑑定の結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「女性から腕を組まれた時には、どんな意図があるの?」「女性から積極的にボディタッチしてもいいのかな」と悩んでいるあなた。

端から見たら恋人同士とも取れるシルエットに映りますが、男女の心理はどんな状態になっているのかが分かると、恋愛に発展するものなのか、気にしなくていい所なのかの判断が出来るようになります。

対応に困っている人も必見の、女性から腕を組まれた時の男女それぞれの心理や対処法について分かりやすく解説していきましょう。

する側とされる側の心理、おすすめの対処法、ボディタッチが嫌な時の伝え方など詳しくお伝えしていきますので、困っている方は参考にしてくださいね。

目次

女性から腕を組まれたら?他の意図は?

友達としてのスキンシップと考えている

友達としてのスキンシップの一つとして、腕を組むことがあります。

普段、女の子同士であれば、スキンシップをする人もいますが、男女間ではなかなか見ない光景であるはずです。

二人は、かなり仲のいい関係性であることが窺えます。

あなたが、相手に対してそれほど心を開いていなくても、あちらはかなり親しいと思っているところです。

いつもはスキンシップなんてしないのに、お酒が入るとテンションが上がって行動が大胆になることもあります。

人肌に触れたいという本能が前面に出てくることで、友達同士であってもかなり至近距離になる人も多くいるのです。

相手は、それ以上何も望んでいるわけではありませんが、「仲がいい」と思っている人と触れ合う事でとても居心地がいいと感じています。

心の距離が近いと感じる相手程、愛おしい思いが沸き上がってくるもの。

お酒を飲んだ時や皆で盛り上がっている時など、テンションが高い瞬間だけかも知れませんが、心の底から愛おしさを感じていると言えます。

相手に興味や好意がある

女性が腕を組んでくるときには、興味や好意を持っているという意図があります。

「この人ってどんな人なんだろう」「気になる」と心の奥底がウズウズしている状態です。

人は、好奇心をくすぐられると集中力を高めて一気にのめり込む傾向があります。

人間性に興味を持った時には、とにかく近くでその人の事を観察することで、自分の知りたい部分の穴埋め作業をしていこうとするものです。

友達になりたい場合や、今まで出会ったことのないタイプで生態に興味を持ったケース、友達が好きになったから見極めたい気持ちもあって「知りたい」と思っているなど、心の背景は様々。

性格を知りたいのがベースにありますが、考え方の癖や人物像、ライフスタイルなどまで近くにいれば見えてきます。

女性の好奇心のポイントが発見によって満たされれば、途端に距離を置く人もいますし、探求心とはいえかなり急接近していたわけですから、そのまま仲良くなることもあるはずです。

恋愛に発展するケースもありますが、最初のきっかけとしては単なる好奇心や探求心が原点となっていると言えます。

腕を組んだ時の反応から相手の気持ちを知りたい

相手の反応をちゃっかり観察して、気持ちを図ろうとする意図を持っている事もあります。

会話の中ではどうしても、本心を見つけることが出来ず、思い切って次の手段に出たケースです。

腕を組もうとした男性との関係が、友達以上恋人未満で、両想いのような気もするし、ただの友達のような感覚と言われても間違いではないような感じの時に、一歩踏み込んだ態度を取る事で、どこまで受け入れられるのかを試しています。

女性側は、「両想いかもしれない」と思っていても、勘違いであれば傷つくだけになりますから、先に恋人になる可能性を見つけておきたいと言うのが本音です。

腕を組んで、振り払われないか、態度と合せて表情や言葉もしっかり観察していて、相手の気持ちを探っています。

女性は、顔色や反応などから空気を読んだり気持ちを察したりするのが得意ですから、何も考えていない様なふりをしながらも、しっかりと観察しているはずです。

もとからスキンシップをとりやすいタイプ

スキンシップがライフスタイルのベースに根付いているタイプもいます。

人との距離感は、育ってきた環境や関わってきた人たちで、大きく違っているものです。

兄弟が多い家庭で育った人は、心の距離を近づけるのが上手かったり、ナチュラルに人の傍にいたりが出来る人が多い傾向にあります。

一人っ子の人は、親からの愛情をめいっぱい感じて育った一方で、独占するのが当たり前だったからこそ、社会に出ると見てもらえているかという不安から注目を浴びるために甘え上手になっている事も。

友達との距離感も、パーソナルスペースに入り込んでもらいたくない人もいれば、自分からどんどん近づいて行って、相手の気持ちもお構いなしにベタベタとボディタッチをする人もいます。

スキンシップを取りやすいタイプは、男女の区別なく触ったり、腕を絡ませたり、ハグをするなどが日常なので、何とも思ってない事がほとんどです。

恋愛感情も友情もどちらに関しても深く考えていないので、相手が意識をしているとしてもお構いなしに自分のペースで接し続けます。

隣にいることを満喫している

隣にいるだけで嬉しくて、今の状況を満喫するために腕を組んでくることもあります。

とても気に入っている人と二人きりになる状況が珍しかったり、普段話せない様な人とゆっくり並んでいられたりすると、嬉しくて今の瞬間を切り取ってしまいたくなる衝動が沸き上がるものです。

「訪れている喜びを逃したくない」と強く感情が沸き上がる事で、少しでも記憶に留められるようにアクションを追加します。

腕を絡ませ、ギュッと力を入れる事で「この腕がこんなに近くにある」と体感できますし、現実を離したくない衝動から、写真で撮ったかのように記憶に刻むわけです。

「今がめちゃくちゃ幸せ」「この人が隣にいるなんて、信じられない」と心は興奮状態と言えます。

今までずっと夢見てきた光景だったのかもしれません。

同じ時代に生きている奇跡の実感や震えるほどの喜びで、腕の温もりを離すことが出来ないところです。

好きな人や憧れの人、「大切」と思い続けてきた相手ですから、無条件で喜んでもらえると信じている事を積極的に行います。

男性に腕を組もうとする女性の心理

好意を相手に伝えたい気持ちがある

女性が相手の男性に好意を持っている時には、腕を組んで伝えようとする心理が働きます。

誰かを好きになると、少しでも近くに行きたいと思うけれども、上手く自分をアピールして徐々に距離を近づけるのは「出来ない」と感じている女性も少なくないものです。

コミュニケーションを取るのが上手な人や、空気を読むのが得意な人なら、好きな人と自然に会話を合わせることが出来ますし、相手の心に合わせたタイミングで心配りが出来ます。

しかし、恥ずかしがり屋で言葉による表現が苦手、いつも受け身で人の動きについていくことが多いタイプの人なら、自分から積極的に会話を投げかけたり、どこかに誘ったりする事が出来なくて、もどかしい思いをしているはずです。

思いがけずやってきた2人きりのチャンス。

心はすぐに舞い上がりますが、緊張でいつもにも増して言葉が出てきません。

頭が真っ白な状態で、想いを伝えたい気持ちばかりが大きくなると、自分でも思ってもみない行動をとってしまいます。

ギュッと腕を絡ませて、力を込めてただ前を見てジッとしている、など緊張感漂わせながら、咄嗟の行動に自分でもパニックになっている状態の可能性もあるところです。

積極的な態度をした後から「好きバレしたかも」と慌ててしまう事もあります。

思わずとった行動が、隠したい自分の想いに反していた場合の、上手なごまかし方やその後両想いになれる場合はどんな時なのかなど、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

好きバレしたかも!上手なごまかし方&好かれてると分かった時の男の本音・好きバレがきっかけで両思いになれる場合

不安で男性に頼りたい気持ちがある

男性に頼りたい気持ちがある時には、大きくなった不安をかき消すように、男性の腕に絡ませることがあります。

腕を組むと言うよりは、しがみつくといった表現の方が正しいかもしれません。

お化け屋敷に入った時の事を想像してみましょう。

人為的に作られた施設ですから、全てアトラクションだと分かってはいても、暗くて先が見えない状況で、おどろおどろしい雰囲気が漂っていれば、いつどこで何が出てくるのかが不安で、一緒にいる人の腕にしがみついたり、後ろにぴったりくっついて歩いたりする人もいるはずです。

表現方法は多少違っても、人は恐怖や不安を感じると、すぐ近くの温もりを求めます。

無条件では、未知の世界を受け入れるキャパがないから、人の温もりで安心感をプラスして、自分の心をだまそうとしているのです。

寒さから人のぬくもりが欲しかった

かなり寒い時には、防寒着とは限らず温もりが欲しくなり、「この人だったら許されるかな」と思う人の腕を借りることがあります。

何も考えずにしがみつく人は、よほど余裕がない人です。

寒すぎて、頭がボーっとして意識低下してしまいます。

体の筋肉は硬直し、寒さを感じないように本能が毛穴を閉じるのです。

温もりが欲しい時でも、すぐに温かな衣料品に出会えるわけではありません。

思いがけず寒さを感じた時には、取り急ぎ凌げるものはないかと探すはずです。

近くにいる男性を見て、「温かそう」と考え、少しでも早く自分の身を温めるために腕を滑り込ませます。

動物の本能として寒い時には、冬の訪れを感じ、食料の確保が難しくなるところから命の危険性まで感じてしまうもの。

温かい環境にいると、安心感に包まれて、幸福感に満たされます。

少しでも温かい環境に身を置こうとするのは、本能からくる望みと言えるところです。

男性に甘えたい気持ちがある

男性に対して甘えたい気持ちが出てきたときに、腕を絡ませて親しさをアピールします。

女性に下心がある場合もですが、少し心が弱っていて、安心感のある男性に胸の穴を埋めてもらいたい気持ちになっている時に取る行動です。

悲しい出来事があったとして、「優しくしてほしい」「大事にしてほしい」という気持ちが沸き上がっている時に、言葉にするよりも態度から読み取ってもらおうとします。

体を密着させることで、自分は安全な存在であると示せると同時に、相手の心を開く役割があるからです。

「可愛いな」「頼られているな」と感じた男性は、何かをしてあげたくなって、言葉を掛けたりお気に入りのスポットに連れて行ってくれたりします。

また、パパ括中の女性などは、男性の心をほぐすことで、少しでもいい食事に連れて行ってもらえたり、プレゼントをしてもらえたりという見返りを期待できるわけです。

下心があっても、効果は絶大で「分かっていても可愛がっちゃう」と夢中になる男性が多発しています。

独占欲から誰かに見せつけたい

独占欲が大きく膨らんだ時に、周囲に見せつけたいと言う願望が沸き上がり、行動にします。

体を寄せてギュッと力を込めて腕を掴んでいる様子は、大切な宝物を握りしめて誰にもとられないようにしている姿と似ているはずです。

「自分のものだ」「他の人は触らないで」という心の状態がよく表れています。

カップルの場合は、周りの人に自分たちが付き合っている事を見せつけたいという意味になるところです。

大好きな人と恋愛に発展したところで、会う人全てに付き合い始めた事をしゃべって伝えるわけにはいきません。

けれども、心境としては世界中の人に報告して自慢したい気持ちです。

ハッピーな気持ちが満載で、他の人にアピールしたい心理が、宝物を握りしめるような心理とリンクしています。

体を寄せ、腕を絡ませている姿は、他の人を寄せ付けない雰囲気が出ているはずです。

同時に、自分は幸せいっぱいだというアピールも出来ています。

他の人に両想いである喜びを分かってもらいたい気持ちが、態度に表れているし、既に周りの人への嫉妬心が独り占めしたいという心理に隠れているところです。

好きな人が出来ると、不思議と自分にも自信がついて周りの人に自慢したくなるものです。

自分の行動をきっかけに気持ちに気づく場合もありますから、こちらの記事で好きな人が出来たのかどうか確かめる方法を見ていきましょう。

距離を近づけるためにするべき事も参考にしてくださいね。

好きな人ができた!?自分の気持ちを確かめる方法と彼と距離を近づけるためにするべきこと

女性から腕を組まれた時の男性の心理

積極的な姿勢にドキドキする

女性からボディタッチされて、腕を絡ませられた時の男性は、ドキドキを隠すのに必死です。

男性は、女性の前ではクールでありたいもの。

照れていたり甘えたりする姿を見れるのは、恋人だから許される特権です。

基本的には、付き合ってもいない人からボディタッチを含むコミュニケーションをされることはありませんから、女性が積極的に距離を近づけてくると、ドキドキして我を見失いそうになります。

冷静さを保つために遠くを見て意識を逸らしたり、何か話をして緊張感を隠そうとしたりするところです。

季節によっては、ピタリと体が引っ付くことで、刺激が強いと感じる事もあります。

夏の薄着の季節に、胸元が開いている服や胸の感触を感じてしまう時には、一気に女性としての魅力を感じて、セクシーさに翻弄されてしまうものです。

胸が見えそうなときや腕に当たっているのを感じると、自分の視線も定められなくなります。

「どこを見よう」「積極的に近づいてきてくれて嬉しい」と喜びを抱くはずです。

女性からのアクションに、男性はドキドキしながら「嬉しい」と伝えてくれるケースもあります。

「嬉しい」という言葉の真意を知るには、こちらの記事で男性心理を参考にしてください。

脈ありサインやもっと彼に好かれる女性になるためのハウツーも伝授していますので、ぜひ実践してみましょう。

嬉しいという男性心理を知りたい!好意の表れを示す脈ありサインやスマートな切り返しでもっと彼に好かれる女性になる

女性として意識してしまう

女性として意識してしまうのは、前項の様にボディの特徴だけでなく、カップルとしてあり得る風景を体験したからです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

仲のいい友達だと思っている人が、腕を絡めて楽しそうにしている姿を見た瞬間、「周りから見たらカップルに見えるのかな」「この子もこんな風に彼女みたいなことをするのか」と考えます。

友達として、性別を意識したことが無かった女性が、彼女っぽい行動をしたことで、急激に異性として意識し始めるのです。

「今まで何も考えていなかったけど、女の子だったんだ」「彼氏にはこんな風に腕を絡めるのか」と交際している所を想像したり、彼氏目線で女性を見たりします。

どちらかと言えば男の子っぽい所があると思っていたとしても、急にかわいく見えて、恋愛対象に見えてくることもあるところです。

女性として意識し始めたら、触れている所が熱く感じて、熱に浮かされているようになってきます。

「恋愛もアリかも知れない」と考え始めて、徐々に好きになる事もあるのです。

身長差で腕が痛いと感じる

女性から腕をギュッとされた時には、「痛いな」と感じる男性もいます。

男性と女性では、体のつくりが根本的に違うのは、誰もが知っている事実です。

しっかりと理論として理解している人は少ないですが、骨格の大きさも違えば、筋肉量も違ったり、時間の流れさえも違うように感じてきます。

骨格の違いから、一般的に男性の方が大きいとされていますので、背の低い女性が腕を組んできたことで、グッと下に引っ張られる感覚がするはずです。

重力の負荷が加わったようにも感じるため、「歩きにくい」「肩の骨が当たって痛い」と不快に思う事も。

女性に対して恋愛感情を抱いていなければ、腕を組まれても「何がしたいんだろう」と疑問が先に浮かんできて、体の痛みの方が気になってしまいます。

ふくよかな子なら、ふわふわした感じがあって、心地よさを抱く事もありますが、華奢な子なら、骨が気になって離れたい気持ちが強くなるところです。

男慣れしているのかもしれないと引いてしまう

女性がぐっと距離を近づけて腕を組んでくると「男慣れしているのかも知れない」と警戒心を高め、異性として引いてしまいます。

異性との距離感は、育ってきた環境で培われた価値観とは別で、経験値によっても接し方が大きく違うものです。

女性の場合、男性と話をする機会が少ないまま大人になり、社会に出て初めてくらいの感覚で接するようになった人であれば、対面しただけでも緊張しますし、二人きりになっても何を話していいのか分からなくて、赤面したまま無言になってしまう人も多くいます。

一方で、男兄弟に囲まれて育ち、友達も男女関係なく多くいる人であれば、異性と二人きりになっても特別に意識をする事もありません。

たくさん恋愛経験が多い人やキャバクラなどの異性を相手にした接客業などの仕事なら、男の喜ばせ方を熟知しているため、ボディタッチや甘え方も上手で、誰でもすぐに手玉に取ることが出来ます。

スルリと自然と隙間に入ってきた腕を見て、「男慣れしているのかな」「いつもこんなことをしているんだろうか」と引いてしまい、振りほどく事もあるほどです。

セックスが出来ると確信する

女性の方から積極的にボディに触れてくる時点で、男性は「今日はこの子とセックスが出来る」と確信します。

男性は、好きではない人でも体の関係を持つことに抵抗がないケースが多いです。

一晩だけの関係と女性が割り切ってくれるなら、むしろ「ラッキー」と思って、やってくる良いムードを甘んじて受けます。

判断基準の一つとして挙げられるのが、体の距離感です。

触れてくる時点で、「触ってもいいと許可を得たも同然」と思いますし、セックスに誘っても応じてくれると確信します。

お酒の席や夜道などであれば、尚更性欲に結びついて、「このままお持ち帰りしよう」と考えが巡るはずです。

しかし、女性側はそんなつもりがない時もありますので、必ずしも結果に結びつくとも限りません。

自分から腕を組んできたのに、セックスを拒否した場合、男性からすると「意味が分からない」「意味深な事をしないでほしい」と勝手に期待しただけなのを棚に置いて、希望が苛立ちに変わります。

女性から腕を組まれた時のおすすめの対応

好意がない時はあまり反応しない

好意がない女性からであれば、反応しないのがベストな対応です。

この時に嬉しそうにしたり、感謝を示したりすると、相手は好意的に受け取ってもらえたと考えます。

人間関係で誤解が生まれるのは、気持ちと態度が一致していない時です。

本当は嫌だと感じていたり、その人に対して何とも思ってなかったりするのに、言葉や態度は喜んでいるように見せると、その姿を見ている人は気持ちの部分は分かりませんから「あの人は嬉しいんだね」と感じます。

女性側が好意を持ってくれているのなら、尚更誤解を与えるべきではありません。

これから、トラブルを招かないためにも、心とアウトプットしているものは同じにすることを心がけましょう。

あまり反応を示さなければ、「興味を持ってくれないな」「こんなにアピールしても気付いてもらえないのか」とガッカリするのと同時に、同じ事を繰り返さないようになります。

人は、相手が反応をしてくれるから次の行動を計画する事が出来るわけです。

喜んでくれたら「もう一度したい」と思いますし、ハッキリと「嫌だ」という表情になれば「やめておこう」と思います。

女性に合わせた対応を心がける

腕を組んで来た女性に合せた対応をするのが、オススメです。

とても楽しい話を思い出していたり、お酒に酔って上機嫌になっていたりするなら、わざわざ全力で拒否して傷つける必要はありません。

「今は、そんな気分なんだろうな」と感じ取ったのなら、相手の女性に話や態度を合わせるのが、大人としてのマナーです。

こういった場合、思い出したら本人が赤面するほど普段とは違う事をしているケースが多いと言えます。

自分がそこまで至近距離でいたくないと思っても、拒否してしまうことで、相手に恥をかかせることになりますし、とんでもない事をしてしまった記憶として、女性の心に深く根付く可能性もあるのです。

テンションが上がった時というのは、誰でも心が解放されます。

その時の状態に合わせてあげることで、心地いい時間を感じてもらえるはずですし、そんな一面を何も文句を言わずに付き合ったあなたの事を信頼に値するところです。

自分の気持ちを素直に伝える

腕を組まれた時には、自分の気持ちを素直に伝えるのもオススメです。

相手の女性の事を好きだと前から思っていたのなら、告白のチャンス。

嫌いな人に腕を絡めるはずはありませんから、成功する可能性も高いと言えます。

嫌だと感じるのなら、それも伝えてOKです。

自分の心をプロテクトするのは大事ですから、「あまり触られたくない」「このポジションは彼女だけのものと決めている」と言葉にしましょう。

良いも悪いもないけれど、どうしてそんな行動をとるのかどうしてもわからないという疑問が大きいのなら、「どういう意味があるの?」「自分ならこういう理由でするかも知れないけど、あなたの気持ちが分からないんだけど」と正直に伝えるのも悪くはありません。

想いは言葉にしなければ分からないことが多々ありますから、一つの出来事として会話を生み出し、背景や気持ちなどを含めて、お互いを知る機会にしましょう。

明らかに好意を見せてくれているのに、「分からないんだけど」と伝えると、怒らせてしまう事もありますから、鈍感すぎる自覚があるなら周りの人の意見も参考にするのもアリです。

嫌な時はさりげなく女性の腕を元の位置に戻す

嫌だと思う時は、誰にでもありますから、言葉でいう前にそっと元の位置に戻してあげるのも優しさの一つです。

女性は好意的な意味を持って腕を絡めてきていても、あなたが不快だと思っているのにそのままにしていると、「脈ありかも知れない」「嫌がっていないから、今度もこのアプローチが使えるな」と考えます。

誤解が生まれる事で、何度も嫌な思いをしなければいけなくなるわけです。

男のリードは、女性を黙らせる効果もあります。

そっと手を取り、彼女の元の位置に戻してあげると、無言のまま受け入れない姿勢を示すことが出来るのです。

生理的に受け付けないこともありますが、多くの場合は、女性の幸せを考えてのこともよくあります。

「僕に想いを持ってくれても、恋人に発展する事はないから申し訳ない」と言葉で言わなくても「恋愛関係にはならないよ」と伝えることが出来ますので、早々に諦めてもらう事も可能です。

嬉しい時には笑顔をしっかり向ける

女性からの行動が嬉しいと感じるなら、しっかりと笑顔を向けましょう。

何もかも言葉にすればいいというわけではありません。

表情や態度も、心のコミュニケーションには大切です。

女性が積極的な行動をとったのは、かなり勇気が必要だったはず。

どんな理由があるとしても、嬉しいと感じたのなら、笑顔を向けて表情で表現しましょう。

あなたが受け入れているということが伝われば、女性側も安心します。

本当は嬉しいと思っているのに、無表情でそのまま何もなかったかのように過ごしたり、「どういうつもりか説明して欲しい」と詰め寄ったりすると、「拒否されている」「怒らせてしまった」と勘違いさせてしまうところです。

嬉しいと感じたのなら、分かりやすく伝えることが先決となります。

ボディタッチが嫌な時さりげなく伝える方法

相手と体の距離をとる

不快に感じたのなら、体の距離をそっと離して伝えます。

人との距離感は、それぞれ感じ方が違いますから相手が良いと思っていることでも、自分は嫌だと感じたり、受け入れられなかったりすることもよくあるものです。

ハグを挨拶と思える人と、「恋人関係のような親しい人とでなければ、不自然だ」と考える人もいます。

日本人は、体を近づけることがあまりない文化ですので、触れるくらいの距離は既に「近すぎる」と感じる人が多くいるはずです。

今までに経験慣れしていない距離感は、戸惑いを感じやすいですし、無理に相手のペースに合せようと思っても心がついていかないのも無理はありません。

「この人はやけに近いな」と感じたら、自分はそうではないことを知ってもらわなければいけませんから、そっと離れつつ、適度な距離を保つように意識を向けます。

触れようとしたら一歩後ずさりしたり、手で抑止を促したりして、再度腕を絡めてくることを避けるようにするのです。

相手に「この人には、近づきすぎたらいけないのか」と気付いてもらえるまで、徹底して分かりやすく離すことが、今後の関係性にとっても大切になります。

表情や目つきを変える

表情や目つきから「離れて欲しい」と伝えるのも一つの手段です。

目は口程に物を言うということわざもあるように、表情で相手に伝えることも時には必要。

「真剣に見えない」「本音が分からない」と言われる人は、ヘラヘラしながら怒っていたり、表面上伝えればいいと考えて、それなりの言葉を並べているだけだったりします。

しかし、言葉よりも目から伝わるものは非常に多くあるものです。

気持ちを伝える時には、しっかり目を見るのと同じで、されて嫌な事があるなら、それを分かってもらうのも、表情や目で語ることが重要になります。

笑いながら腕を解いたりしても、「少し迷惑なのかな」「今タイミングが悪かったのかな」と真意が伝わらないこともありますから、自分の気持ちを正しく伝えるのは相手の為でもあるわけです。

ただし、あからさまな態度をとると、深く傷つけてしまって、必要以上に悲しい思いをさせる可能性もありますから、目と表情は重要な役割を持っていると言えます。

目の力に意識を向けて、キッとやるだけで、相手は「まずいぞ」「こういったスキンシップは好きではないのか」と気付いてくれるはずです。

何気なく話の話題を変える

何気なく話題を変えるのも、さりげなく伝えることが出来る方法です。

勇気を出してか、当たり前のようにか分かりませんが、女性が行動を起こしてくれたことに変わりはありませんから、無下にするのは失礼。

腕を組んできたのは、会話の流れや雰囲気がそうさせたのかもしれません。

その場の流れというのは、人の気持ちを変化させる大きな要因ですので、全体的に雰囲気を変えるというのは非常に有効な手段です。

好きな人の話になっていたり、相手の女性の事を気に入っていると受け取れる会話の流れになっていたりしたのなら、「チャンス」と思わせてしまった事も原因となります。

さりげなく話を違う方向性に持っていき、友達のことや趣味のことなど、「あれ、いい雰囲気と思っていたけど違ったのかな」と思ってもらいましょう。

空気感を作るのは、その場にいる人のお互い様です。

相手を責めるのではなく、勘違いさせたら、修正をする必要があります。

声のトーンを低くする

会話でのコミュニケーションでは、声のトーンも相手への影響を大きく左右させます。

高い声を聴くと「楽しそう」と思ったり、がなり声を聞くと「怒っているのかな」と想像したり、人は声の質で相手の気持ちを知ろうとするはずです。

朗読でも分かるように、声のトーンや話のテンポ、抑揚など、しゃべり方一つで、受け取る時の感情は全然違ってきます。

急いでいる時には早口になったり、リラックスさせたいときにはゆっくりしゃべったりと、テンポももちろん大事ですが、声のトーンも加えることで、表情を加えることが出来るのです。

トーンを低くすると、真剣さが出てきます。

高ければウキウキした喜びが出てきますが、低ければ厳しい感じを醸し出すことが出来るわけです。

ゆっくり、低いトーンでしゃべりながら、「ごめんね」と一言言うだけで、十分相手に伝わります。

感情的に拒絶しているわけではなく、相手の為を想ってベストな方法を考えているところまで伝わるはずです。

関係性を明確に伝える

二人の関係性を明確に伝えると、理想通りの距離感を保つことが出来ます。

雰囲気に流されてセックスにまで至ったり、告白されて返事次第で今までの様には関われなくなったりすると、大事な友達を一人失う事になるのです。

大切だからこそ、相手の気持ちを確かめるための一言を投げかけます。

「友達だよね」「男女の仲にはなるつもりないんだよね」と確認しつつ、自分も同じ想いを持っていると伝える事で、一線を越えてはいけない事はハッと気付くはずです。

大事な友達ほど距離感が近くなりがちですし、ボディタッチも平気になったり「このままセックスしてもいいかな」と思えるほど信頼しきる事もあったりしますが、絶対に節度はわきまえた方がいいに決まっています。

友達を失った後で後悔するよりも、少しでも望んでいる関係から外れそうになったら、しっかりお互いの意思確認をしておくことが、二人の為です。

どんな関係性でいたいか、しっかりと共通認識し続けないと、男女の友情はないと言われているくらいですので、簡単に壊れてしまいます。

女性から腕を組まれた時は意図を考えて上手に対応しよう!

女性から腕を組まれたら「何を考えているのかな」「どうしたいのかな」と相手の気持ちが分からなくて、対応に困ってしまうものです。

相手にはそれなりの意図があるわけですから、汲み取ってあげるのも男の裁量。

意に反して対応する必要はありませんが、不必要に傷つけることもないはずです。

心理を理解して上手に対応することで、スマートな男性として今まで以上に信頼してもらえる関係性を創っていくことが出来ます。

相手とこれからどうありたいのか、好意があるなら受け取りたいのか留めておきたいのか、自分の気持ちにも正直になることも大事です。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG