既読スルーされた側にはわからない…既読無視をする理由やしつこいと思われない連絡の取り方

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「既読スルーされた」「私にはあの人の気持ちが分からない」と連絡のやりとりが上手くいかないと感じて苦しんでいる方へ。

連絡ツールとして普及しているSNSでは、メッセージを読んだかまだ見れていないか反応まで分かるものが多くなってきているからこそ、自分の常識とは違うことがあれば戸惑いを隠せないのも当然です。

既読スルーされた側には分からない、相手側の理由や連絡の取り方などを詳しく解説していきます。

男女別にスルーされやすい内容や対処法など、これからどうすればいいのかが分かるようになりますので、心のコミュニケーションが出来るようになりましょう。

目次

既読スルーされた側はいつまでも気になる!無視される理由

仕事や用事があり忙しかった

メッセージを受けた側が、仕事中で手が離せなかったり、用事があって忙しかったりすれば、悪気はなくても結果的に無視してしまったとなる事もあります。

一日のスケジュールが詰まっている中で、分刻みで動いている時には、頭の中であれこれ同時にTODOリストを確認している状態です。

「次にあれと、これと、あの人にも連絡して、メールのチェックして」といくつもの項目を確認しながら進めています。

仕事や用事をしている時には、プライベートのメッセージに対する返信は後回しにしがたいです。

内容も見たつもりですが、頭に入っていないので、一瞬にして忘れてしまうことも。

瞬時に優先順位を決めているので、その時に返信しする必要がないと考えると、スルーしてそのまま忘れてしまうのも無理はありません。

リラックスしている時間に、見返すことがあれば「こんなメッセージ読んだかな?」と驚くこともしばしばあります。

あとで返信するつもりが忘れてしまった

返信するつもりでも、忘れてしまう事はよくあります。

もちろん、悪気はありません。

考え事をしながらメッセージを見ていた時や、返信しようとしていたタイミングで誰かに話しかけられたり、次の行動を起こさなければいけなくなったりすると、慌ててスマホをしまうシーンも少なくないものです。

電車の待ち時間や休憩中、気分転換にふと見てみたなど、シーンによってあまり時間がないけれどメッセージを開いて読んでいた場合には、頭が瞬時に切り替わって返信を忘れてしまいます。

友人であれば、「ごめん、忘れていたよ」で済む話ですが、好きな人に既読のまま放置されてしまうと、必要以上に落ち込んでしまうことも。

こちらの記事では、諦めるべきなのか脈ありのままでいられているのか、判断するための解説をされていますので、ぜひ読んでみてください。

好きな人から既読無視…諦める?それともまだ脈あり?判断方法や何日待つべきか&既読スルーされた後の対処法

返信内容を考えてから送りたいと思っている

メッセージを一旦読んで、「どう返事をしようかな」と文章を考えてから送りたいと考えている時には、送った側は「スルーされた」と感じてしまいます。

このパターンは、内容による影響も大きいと言えるはずです。

例えば、何とも思っていなかった人からラインで告白されたり、仲が良い人の悪口を言われたり、人間関係の中間の立場に立つケースなど、言葉を選ばなければ大きなトラブルに発展する可能性があります。

言葉のまま受け止めて返信をしても、文章でのやりとりは誤解が生まれやすいので、思惑と違うように伝わってしまうケースがあるからです。

「どう返信すれば、丸く収まるかな」「傷つけずに済む言葉を選ぼう」「何を求められているメッセージか分からないな」など、心がざわざわしている状態と言えます。

もしくは、返信をするに当たって調べる必要がある場合も同じ。

ランチの約束をしていて、場所を決めなければいけないとなれば、候補のお店をいくつかピックアップしなければいけませんが、前後の行動から無理のない場所や価格帯、雰囲気などHPなどから下調べが必要です。

場所選びが苦手な人にとっては、検索するだけでも時間がかかってしまいますし、いくつか候補を並べるのは苦労するところですので、時間がかかってしまいます。

読んだことがわかれば返信しなくてもいいと思った

返信しなくても大丈夫だと感じる内容の時には、そのまま放置されてしまうこともあります。

やりとりの最後辺りで、どちらが締めくくるのか分からない時もありますし、送ってきた側の言い回しが返信不要の雰囲気がある時も、「そのままでいいかな」と思う判断基準の一つです。

丁寧な人であれば、「ありがとうございました」と締めくくったつもりでも、さらに「○○では、よろしくお願いします」と送って来て、また返事をするべきか、相手が終わらせたつもりなのか、判断が付かない事もあります。

「返事をする方が迷惑かも」と思った時には、あえて幕を引くこともマナーと言えるはずです。

片思いや両想いなどの相手で、連絡を入れるのがどうにも苦手な男性はいます。

あまりにも反応が薄いと不安になってしまいますが、放置をしておくのもテクニックの一つという記事をご紹介しておきましょう。

無粋な男には放置が一番という理由や仕組み、実例などが紹介されていますから、悩みを抱えている相手に当てはまるかどうかチェックしてみるのもオススメです。

彼から連絡がこない時はほっとくべし。無精な男は放置が一番な理由&自分からlineしないと男性から連絡がくる仕組み・実例

どんな返事をすればいいかわからなかった

返事の正解を考えすぎて手が止まってしまうケースもあります。

真面目な人や優しすぎる人、視野が広くて色んな人の気持ちを考えてしまう人など。

メッセージのやり取りは基本的には個人的な会話ではありますが、どこでどんな情報が漏れるか分かりません。

会話にしても同じことが言えますが、ポロっといった言葉がどこで誰に伝わるか分かりませんので、失言で誰かを傷つけてしまう事もあるのです。

メッセージが入ってきたときに、自分の返信で傷つく人がいないか、立場や状況を考えてベストはどんな言葉なのか、考えすぎてしまうと気軽には送れなくなります。

あなたに興味がない

メッセージを送ってきた相手に興味を持っていない時にも、返事が返ってこないという現実が訪れます。

真実を知ってしまうと辛いですが、関わる人全員が好きで興味関心を持っているという人は少ないはずです。

上辺だけの付き合いや浅い関わりだけど切るほどでもない関係性など、慌ててメッセージを読んで返事をしないといけないという状況でなければ、うっかり忘れてしまう事もあります。

入ってきた文章を読んで、心の中で「分かった」と返事をした時点で、やりとりが終わっているのです。

会ったときに話せばいいと思っていた

仲が良すぎて遠慮がない相手であれば、会った時に詳しく質問したり返答をしたりすればいいと考えることもあります。

「○○があったんだよ」と入って来ても、見た時点では「面白そう、今度詳しく聞いてみよう」と思ってはいますが、文字として残していないので、送った側はいつまでも返事を待っている状態です。

しかし、受け取り側は「会った時に話をする」と考えがまとまってしまったので、メッセージを作成するつもりもありません。

考えている事が食い違っているので、次に顔を合わせて真実が明かされるまで誤解されたままになってしまいます。

入ってきたタイミングによっても、「十分やり取りをしたから、残りは次にしよう」と考えるケースも。

相手の性格を理解している人であれば、気にせずに済みますが、期待して待っているばかりではソワソワした状態で待ち続けてしまいます。

連絡することが苦手

そもそも連絡を取り合うこと自体が苦手という人もいます。

メッセージが入って来ても、読むだけで精一杯。

文章を作るのも苦手、タイミングを考えるのも疲れる、などデジタル社会に疲弊している人は、必要最低限でしかスマホを使わないということもあります。

時代の流れからスマートフォンを持ってはいるけど、利用する機能はもっぱら仕事用の電話のみ。

ラインが入って来ても、「必要な事なら電話をしてくればいい」と思っているので、重要度も低く見積もっています。

開いてはみるものの、返事の重要性があるとも思っていないし、どう送ればいいのか分からない、もっと言えばラインを読むことは出来ても、メッセージ作成をするのは難しいということもあるのです。

顔を見て会話をしたいタイプなので、基本的には誰にも返事をしないスタンスと言えます。

LINEやスマートフォンの不具合

本人には何の悪気はなくても、不具合が原因でうまくやりとりが進まないというケースもあります。

現代社会では、インターネット通信可能な状態でなければ連絡を取るのも難しい時代になりました。

大きな通信障害で、多くの人が待ち合わせできなかったり仕事に支障が生まれたりしたニュースもあるくらいです。

大元の通信会社の不具合もですが、アプリやデバイスの不調ということもあります。

通信障害のニュースは流れていなくても、相手が持っているデバイスやアプリ自体が不具合となっていれば、どこかでメッセージが止まっている可能性もあるわけです。

一度届いたメッセージを開いた途端、バグが起きて操作不能になった場合には、既読スルーとなってしまいます。

素人がどうにかできるものではありませんし、一斉に不具合が起きているものであれば待つしか方法はありませんから、全く悪意があるわけではありません。

男性から既読スルーされやすい内容とは?

長文のメッセージ

男性が苦手だと感じてしまうのは、長文のメッセージです。

今では連絡ツールとして様々なコミュニティでも活用されているライン。

友達や恋人同士のやりとりだけでなく、家族や仲間など近しい人とコミュニケーションを取るのは、基本的にラインが多いと言われています。

驚くべきは、もっと広いコミュニティでも連絡手段として使われているのです。

学校のPTAや習い事、部活、ビジネスシーンでも細かな情報のやり取りを行うために、すぐに確認できるラインを活用しています。

文書のやり取りも可能であり、長文メッセージを送る場面もあるので、従来のチャット形式だけでなく、つい長い文面を送ってしまう人もいるはずです。

伝えたいことがたくさんあれば、何度も区切ってチャット式で送るよりも、一度の文章に詰め込んだ方が効率が良いと感じます。

ただし、受け取った側は一度に大量の文字を目にするわけですから、仕事でない限りはなかなか読む気になれないのが現状です。

どれに答えたらいいのかわからない質問攻め

質問責めが大量に送られてくれば、返事が出来なくて止まってしまう野も無理はありません。

親しくなりたいと思っている時には、相手の返事を待っている間にもウズウズして、つい「あれも、これも」と送ってしまいます。

もしくは、我慢できたとしても返事が来た瞬間に待ち構えていた質問をすぐに投げかけるというスピード感。

受ける側は、テンポがいいのを通り越して、早すぎて圧倒されてしまいます。

一度にいくつもの質問があっても、どれを答えればいいのか分かりませんし、追い詰められているような気持になって疲れてしまうのです。

疲労感を抱いてしまえば、一気にやりとりがめんどくさくなって、そのまま放置してしまうのも無理のない話と言えます。

返信内容に困る日常の報告

送る側は、楽しく会話をするつもりでも、日常の報告は返信に困ってしまいます。

自分の事を知ってもらうのが仲良くなる方法だと考えている人は、自己開示のやり方やタイミングを間違えてしまう人がいるものです。

自己開示は、お互いの事を知り合う意志がある時に、しっかり耳を傾けて聞く態勢が出来ているタイミングで伝えるのがベスト。

上手な人は、会話の中に取り入れてすぐに信頼関係を築ける人もいます。

しかし、何でも伝えれば知ってもらえると勘違いしている人が多いのも事実。

どんな日常を送っていて、何を感じたのか、など話題の中で共感していくと親しみを持ったり、新たな発見があったりはしますが、あくまでも会話の中が主流です。

ラインで日常の報告をされても、どんな対応をすればいいのか分かりませんし、何を求めて伝えてきているのか意図が見えないので、迷惑な人と分類されてしまう事もあります。

いきなり自撮りを送る

自撮り写真をいきりなり送っているケースも、返事のしようがありません。

送る時には、「楽しいよ」「こんなところに遊びに来たよ」など、報告のつもりでしているのですが、受け取り手にとっては、「何か言ってほしいのかな」「自撮り写真を送られても、何について感想を言えばいいの」と困惑してしまいます。

スタンプのみ送られてくる場合も同じです。

画面でしか判断が出来ないので、相手に余計な迷いを生み出してしまいますし、困らせてしまいますので、写真のみを送るのは優しくないメッセージと言えます。

全体写真など、送り先の人物も映っているのを送るのは分かりますが、あなたの写真を送っても、何アピールなのかも伝わっていないことを知っておきましょう。

話題を広げるつもりで送ったとしても、「良かったね」「楽しそうだね」くらいしか返事のしようがないという現実も理解しておくべきです。

愚痴などネガティブな内容

ネガティブな内容ばかりでも、相手が困惑してしまいます。

女性は、ただ聞いて欲しいだけで話をすることが多々あるものです。

男女のコミュニケーションですれ違いが起こりやすいのも、このパターン。

聞いて欲しいだけなのに、相槌は打って欲しいし、アドバイスや否定はされたくないのが女心です。

一方で、言われたことには結論を見つけて伝えたくなるのが男性の心理。

会話ですらすれ違いが起きてしまう問題ですが、LINEとなるとさらなる気持ちの温度差が生まれてしまいます。

悩みや愚痴を送るくせに、反応はしてほしいけどアドバイスはいらない乙女心に対して、困っているなら助けるのが男の義理だと考える相手。

ネガティブに落ち込む内容ばかり送っても、読む方は疲れてしまいますし、どう励まそうか一生懸命考えていると、「そこまでする必要があるかな」と関係性を振り返り、受け入れなくてもいいと判断し始めます。

女性から既読スルーされやすい内容とは?

質問がないメッセージ

男性が送るメッセージで女性が無視してしまう内容は、質問がないものです。

基本的には、会話を続けようとするのが女の人の心理としてあります。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

しかし、断定的な言葉で送られてくると、会話が終わったと判断するわけです。

もしくは、機嫌が悪いと受け取ってしまうケースもありますので、次につながらないことも少なくありません。

気になる相手から返事をもらいたいのであれば、質問を入れる事を意識しましょう。

男性から入ってくるLINEで質問がないものであれば、逆に女性が気を遣って「そろそろ終わったほうがいいかな」「もう飽きたかな」と判断して、返事を打ち切ってしまいやすくなります。

自分のことをしゃべりたいのが女性ですから、質問を投げかけて知りたい姿勢を見せるとどんどん語ってくれるはずです。

つまらないのかな?と思われてしまう相槌だけ

男性がやりがちなやりとりで、返事がもらえなくなるパターンは、相槌だけで返事をすることです。

共感されると、話が盛り上がっていると感じますし、反応がなければ「つまらないのかな?」と不安になるのが女性。

相槌は、男性側からすればしっかり反応を示している対応ですが、女性側からすると薄いリアクションと受け取られるグレーゾーンです。

「そうそう」「なるほど」など、短文で共感を示していれば、十分反応していると思ってしまいますが、女性が求めているのは、プラスの一言となります。

「そうそう、楽しいよね」「なるほど、よく分かったよ」など、添えるだけでグッと柔らかな印象になるのです。

相槌だけを繰り返していると「もしかしたら、もうやり取りを終わりたいのかな」と感じて、女性側からフェードアウトするために返事を遠慮します。

自分の話ばかり

男性が、自分の話ばかりをしている時には、どう返事をしていいのか分からなくてスルーしてしまいます。

女性は、自分の話には共感をしてもらいたいけれど、男性があれこれ伝えてきても「何て言ってほしいのかな」と答え方に戸惑ってしまう人が多くいるのも現実です。

「自慢話なのかな、それとも寂しいアピールなの?」と考えると、どんな関係性を目指しているのかまで考えてしまい、うかつに返事が出来なくなることも。

ただ親しくなりたいだけだとしても、考え込んでしまう時点でコミュニケーションがとりづらい相手だと思ってしまいます。

男性の武勇伝や自慢話は、ほとんどの女性は興味を持っていません。

むしろ、自分本位な人だと感じてしまい、恋愛対象からは外れてしまう確率を高めますので、気になる相手であれば、すぐにやめるべきです。

スタンプだけのLINE

スタンプだけ送るのは、男女ともに返事が来なくなるパターンと言えます。

男性から送られてくるスタンプは、反対の立場とは違い威圧感さえ抱いてしまうケースもあるほどです。

男性からスタンプだけを送られてくると、強制的に会話を終了させられたと感じる人も少なくありません。

「文字を打つのもめんどくさくなったのかな」「スタンプでごまかそうとしている」と思ってしまえば、女性がやり取りを続けたくても辞めざるを得ないと判断してしまうのです。

ましてや、連続スタンプをされてしまうと、「会話を放棄してしまった」と感じてしまい、「嫌われた」「突き放された」とネガティブに捉える人もいます。

逆に、楽しいと感じた場合でも、終わりを示されたという印象を受ける人は多いので、スタンプ一つで返事が来なくなるパターンは、あるあるだと言えるはずです。

「かわいい」「きれい」など過度に褒める内容

褒められて嫌な女性はいませんが、過剰になりすぎると馬鹿にされたような気持ちになったり、恥ずかしくて返す言葉が出てこなくなったりして、スルーされてしまいます。

若い人ならまだしも、30代以降の女性は褒められる事にあまり慣れていない年代です。

やり取りの中で、「カワイイ」と言われれば、お世辞と判断することも出来ますので、「ありがとう」と答えてはくれますが、何度も繰り返されると「嫌味に聞こえる」「恥ずかしくて、何て反応をすればいいのか分からない」「目の前で誉められているわけではないから、嘘っぽい」と感じる人も少なくないと言えます。

ありがとうと何度も繰り返し返信するのも、変な感じがしてくるからです。

面と向かっていると、何気なく言える言葉でも、文章にすると違和感を抱くケースは多いもの。

「可愛い」「キレイ」に対して「ありがとう」を繰り返すやりとりは、ライン上ではさほど多くなくていいと言えます。

既読スルーをされたときの対処方法

既読スルーされた側は悲しいが割り切ることも大切

対処法としては、元も子もないですが割り切ってしまう事も大切です。

希望を持たずに諦めるということではありません。

起きてしまっている現実は、取り消すことはできませんから、何が原因でスルーされてしまったのかを追求し、次に反省を生かせばいいだけ。

「嫌がらてしまったかな」と悲しみや不安が押し寄せてくるところではありますが、成長するためには必要な出来事だったと前向きに捉えましょう。

悲しむばかりでは、あなたの表情も暗くなってしまうだけでなく、不安感から相手に対しての言葉もオドオドしてしまい、よけいに親しみにくくなってしまう可能性が高まります。

「感じが良い」「楽しい」と思ってもらえるやりとりが出来るよう、今回は一旦返事がなかったという結果だけを受け止めるのです。

急いでいる内容ならもう一度聞いてみる

慌てているときに無視されてしまった時には、返事がない事に焦りを感じて、どうすればいいのかパニックに陥ってしまう事もありますが、もう一度聞いてみるのもアリです。

かなり急いでいる案件であれば、電話を掛けて直接話をするのが早いですが、相手の状況もある程度把握していて「もしかして通話はムリかも」と思ったり、こちら再度が掛けられる状況ではない場合だったりすると、メッセージ一本で待つだけの方が確実な場合があります。

一度投げかけて反応がなくても、もしかしたら通知音をオフにしていることもありますから、もう一度聞いてみて、気付いてくれるのにかけてみる事もできるところです。

何事においても事前準備が大事ですから、切羽詰まった状態ですぐに返信を求めるような連絡をしないように、今後は気を付けましょう。

全く違う内容でメッセージを送ってみる

何も反応がないと感じた時には、全く違う内容に変更して送ってみましょう。

やりとりをしていて、急にレスポンスが無くなると、どうしたのか気になってしまいます。

相手にとって都合が悪い話題だったのかもしれませんし、答えにくい言い方をしていたという事もあり得るはずです。

すぐに「もう終わってしまった」「何が起きたのか分からないから、怖い」と不安がっていても、原因を突き止めるのには時間がかかるケースもあります。

たちまち出来るといえば、違う話題であれば戻ってくるかどうかを試すことです。

何気ないやりとりをしていたのなら、仕事や友達関係について質問してみたり、身近であった楽しかったことを伝えたりと、「これなら答えやすいだろう」というものを質問で投げかけましょう。

それでもストップしたままなら、別の用事で動いていたり、スマホが使えない状況になっていたりということも考えられるので、気にすることなく流しておきます。

相手の趣味に関する話題をふってみる

趣味に関する話題を投げかけてみれば、反応が良くなるケースもあります。

ラリーが続いていると、終わり時が分からなくなってそのまま放置されてしまう事もありますが、趣味の話題を投げかけておけば、タイミングのいい時に返事をしてくれるはずです。

自分の好きな話題が出た時には、語りたくなるもの。

聞いていなくてもあれこれ教えてくれるほど、誰もが共感に飢えています。

好きな趣味を取り上げてもらえれば、あなたに対する印象も良くなるところです。

「分かってくれる」という認識となれば、二人きりで会えるようになるなど、ステップアップするチャンスもめぐってきます。

相手が喜んで情報提供をしたくなるような質問をしっかりと考えて、投げかけたらジッと返事が来るのを待ってみましょう。

SNSなど別の手段で連絡してみる

別の手段を使うのも一つの方法。

少し前までは、SNSで連絡と言えば主にLINEが使われていました。

フェイスブックなどは、日常の投稿にコメントするくらいで活用されていたはずです。

ところが、更に時代は進み、各SNSもメッセージ機能が充実してきています。

インスタグラムやツイッターなども、一方的な発信だけではなく、個別にやり取りが出来るダイレクトメッセージ機能を使っている人が増えているわけです。

ラインが放置されていると感じた時には、その人にとって既にあまり使わないアプリになっている可能性もあります。

ダイレクトメッセージやチャットがメインの、別のSNSを活用して送ってみれば、すぐに返してくれるようになることも期待できるところです。

そもそも普段からあまり長いレスポンスを好まない人であれば、日を改めるだけで何事も無かったかのように繋がれることも少なくありません。

話題がないときはわざと送り間違えてみる

スルーされてしまったまま、次に送る話題が尽きていると困っているなら、わざと送り間違いをしてみるのも作戦の一つです。

最近の言葉で言えば、「誤爆」と言われるもの。

意図的にするものではありませんが、送る相手を間違えてメッセージを送信してしまうことです。

例えば、彼女がいるのに、浮気相手へのラブラブメッセージを恋人に誤爆してしまえば、途端に修羅場になってしまいます。

一見やっかいな、この誤爆を活用して、相手の興味を引き付けるのです。

放置されたままのメッセージを忘れてしまっている可能性もありますので、誤爆をすることで、あなたからの前の文面を目にしてもらえます。

「○○さん。明日、〇時に集合だよね」と約束もしていないのに、相手先を間違えたと分かりやすいメッセージを作成し送ると、多くの人が「よく見て」「違うよ」と教えてくれるはずです。

一瞬「何?」と不審がられますが、間違いと分かる安心感とメッセージを開いた時の放置したままの文面を見て、「こっちが返事を忘れているし」と焦りとで、そのままやりとりが続くこともあり得ます。

しつこい人は嫌われる!既読スルーされてもやってはいけないこと!

なぜ既読スルーするのか問い詰める

理由を聞きただして、問い詰めるのは絶対にNGです。

何でも便利になった時代ではありますが、コミュニケーションにも、濃さや重要度があることを忘れてはいけません。

対面が一番重要ですし、感情のやり取りがスムーズです。

次が電話。

声から得られる情報は非常に多く、抑揚やリズム、言葉のチョイスなど、相手を知る為の手がかりがたくさんあります。

そして、メッセージです。

言葉一つ間違えると、勘違いや誤解が生まれてトラブルに発展する可能性が高いことを覚えておくべき。

既読になったのにそのままにされている側は、腹が立つのも無理はありませんが、問いただしてしまうと、文面上かなりキツイ表現になってしまいます。

今後ずっと縁を切られてしまう可能性もありますので、やるべきではありません。

何度も連続で送る

連続で送り続けるのは、迷惑行為であり、下手をするとストーキングと思われてしまう可能性もありますので、しないようにしましょう。

若い人同士では、「まだ?」「何で返事くれないの?」「おーい」など友達間で必要以上に送る場面も許されますが、大人の男女で、ましてや恋愛に進みたい場合には絶対に避けるべきです。

された側にはどうしてそんな中途半端な状態で放置するのかは分からないですが、いわば余裕を見せるチャンスでもあります。

相手が気が付くまで待ったり、会った時には素知らぬ顔で親しく話しかけたりすると、「小さなことを気にしない器の大きな人」として印象が残るはずです。

このまま親しくなった後でも、器が大きいイメージを持ってもらっておけば、相談を持ち掛けてくれたり、頼りにしてくれたりとスムーズに親密になれます。

自分も既読スルーをする

対処法として、相手に気づいてもらう方法には、自分も既読にしてからスルーしてしまうという荒療治もあります。

初めて返事が来なかったというケースや、まだ相手の事をよく知らないという場合には、今後仲良くなる事を断ち切ってしまうのでお勧めはしません。

ただ、何度も連絡を取り合っている仲で、たびたび同じような状況になることが多く、ほとほと困っているというのであれば、その人は送り先の相手の気持ちを想像できていないと言えます。

人間関係は、相手をどれだけ思えるかが大事ですから、好きかってやっているのに「仲良くして欲しい」は道理が通らない話です。

同じことをされて、寂しさや虚しさ、待っている側のソワソワ感などを体験してもらって、後から「いつもされているよ」と教えてあげましょう。

急ぎの内容でもないのに電話をする

急ぎでなくても電話をしてしまえば、スルー問題は解決します。

相手からの返事がなくて寂しいのは、内容に対するレスポンスがないのが問題なのではなく、相手にされなかったことに対する孤独感があったからです。

前項でもお伝えしたように、コミュニケーションには質量の順番がありますから、文字で寂しかったのなら、声で埋め合わせをします。

電話をかけて直接声を聴ければ、相手の表情も想像できますし、現在の状況も把握できるので、繋がっている感覚が急激に強くなるはずです。

無視された悲しさよりも、繋がれた喜びの方が大きくなります。

会ったときに怒りながら既読スルーの理由を聞く

ちゃんと分かって欲しい相手には、会った時に改めて説教という方法を取る事もあります。

大事な友達や恋人、親しい仲間など、コミュニケーションの基本をちゃんと知っておいてもらいたい人であれば、教えてくれる人がいないのは致命的です。

大事な人だからこそあなたがちゃんと教えてあげるべきだと言えます。

ただし、そのまま文面で伝えてしまうと大喧嘩に発展してしまいますので、直接会った時に顔を見て、しっかりと「失礼だよ」「返事が必要なものかどうか判断して」と怒ってから、どうしてその時には無視をしたのか理由を聞きましょう。

致し方がないケースもありますから、全てが悪いと判断する事は出来ません。

ただし、対処法を一緒に考える事は出来るはずです。

急に体調を崩したり、用事が入ったりしたなど、やむを得ない事情であれば時間をおいてから軽く理由を伝えるべきだと教えてあげましょう。

そのまま放置している状態が失礼なわけですから、後からでも理由が分かれば怒りは収まりますし、「何かできることがある?」とサポート体制をとることも出来ます。

既読スルーされた側は考えすぎないこと!相手の気持ちも考えて余裕を持って

人間関係で悩む多くの原因は、コミュニケーション不足から起こっています。

既読スルーをされた側には、相手の気持ちがさっぱり分からないですが、深く気にしすぎていても、向こうは全く気にしていないのが現実です。

考えすぎず、淡々と対処法を実行するように心がけていれば、あなたの器も大きく広がっていきます。

余裕をもっていると、大人としての人間力も育ち、相手もそんなあなたを見て成長してくれるチャンスが生まれるはずです。

時代の波はどんどん変化していきますから、飲み込まれないように、信頼関係をしっかり築いていきましょう。

2022年下半期の運勢を鑑定!

こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

2022年下半期のアナタの運勢を知りたくないですか?

もしもあなたが今よりも少しでも幸せになりたい、自分も世界も幸せにしたいと願うのなら2022年下半期の運勢を鑑定できる【復縁の母】を是非試してみてください。

2022年下半期の運勢を知り、あなたの幸せな未来へのヒントにしてくださいね。

>>復縁の母で2022年下半期の運勢を占う<<

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG