仲直り後の男性心理|無視する&職場での彼氏への対処方法ともっと彼と仲良くなるケンカの仲直りの仕方

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
「彼とどうにかして戻りたい…」

「もう一度私のことを見てほしい…」

「彼と2人で生きていきたい…」

そのためにはどうすればいいのか知りたいですか?

ならば、まずは焦らず冷静になる事が大切です。

復縁の情報を手当り次第に探すよりも、あなたと彼特有の傾向や問題点を知ってから記事を読むほうが、ずっと早く結果に繋がりますよ。

彼の今の気持ちは?復縁できる可能性は?

連絡するべきタイミングやいつやり直せるのかまで、今から占ってみましょう。

心をこめて、タロットカードを1枚選んでください。

あなたの引いたタロットカードの結果から、復縁をはじめこじれた恋愛や不倫など、難しい恋愛を成功させるための鑑定結果を初回無料ですぐにお届けします。

「仲直り後の男性心理が知りたい」「あの人の態度は、どういう意味があるの?」と悩んでいるあなた。

カレとケンカをしたけど、その後の様子にモヤモヤ。

交際をしていると、考え方の違いや想いがすれ違ったりしてケンカになることもありますが、仲直りをしたなら今まで通りに戻れるはずだと思っているのに、現実はそうはいかないものです。

何となくギクシャクしているときに知って欲しい、仲直りの後の男性心理についてパターン別に詳しくご紹介します。

よそよそしくなる理由から、無視してきたり同じ職場だったりする時の対処法、仲直りの仕方まで細かくお伝えしますので、参考にしてください。

あなたの持っていき方次第で、仲良くなれますので、安心して実践してみてくださいね。

目次

仲直りの後の男性心理|けんかの後よそよそしい理由

冷静になりたいから話しかけて欲しくない

ケンカに関しては一旦仲直りをしたけど、まだ心の整理がついていない場合には、「冷静になる為の時間が欲しい」と思ってよそよそしくなるケースがあります。

男性は、言葉でやりとりをして思いの伝えあいを関係ツする事が苦手ですから、一人で考える時間が欲しいと願うところです。

女性は感情の生き物なので、その時に沸き上がってきた気持ちをそのままストレートに表現しますが、男性は結論を端的に伝えたい特徴があるので、会話がかみ合いません。

それでも付き合っているのだから、ケンカが長引くよりは一旦収束させた方がいいと考えるのは賢明な判断です。

男性は合理性を求めるので、納得していなくてもその場を収める事を優先させます。

自分の中でまだ納得できていなかったり、フツフツと沸き上がる怒りが残っていたりする時には、冷静に慣れるまでは一人で過ごしたいと思うわけです。

「一人になりたいから話しかけないで欲しい」と思っているけど、口に出すとまた争いになってしまうそうだから、飲み込んでいるのが現状といえます。

彼女に原因があるのだから悪いところは認めて欲しい

仲直りしたはいいけど、絶対に女性側が悪いと思っている時には、よそよそしい態度担ってしまう事があります。

喧嘩両成敗とは言いますが、それでもほとんどの人は相手のせいにしたいと思うのが、通常の事です。

当然、ケンカをする時には自分の主張が正しいと思っているから、譲る事が出来ずに言い合いになるので、自分に非があるとはなかなか認められないもの。

話し合って仲直りしたとしても、それは「まだ別れたくない」「ちゃんと話し合うには一度収めておくべきだ」と思っている時には、本音を隠しながら解決したように見せていきます。

表面上の仲直りなので、本当は相手が悪いと思っているし、自分の主張は間違って居名知夫考えているところです。

相手が悪いのだから、ちゃんと自覚して直してほしいと思っているため、「どう伝えようか」「自分から気付いて行動に起こしてほしい」と思っているため、カレの口から語られることはありません。

ケンカの時に悪い所を指摘しているなら、尚更本人が気付いて直してほしいと願っているので、よそよそしい態度になってしまいます。

言い過ぎたかも…彼女を傷つけてしまったことを心配

ケンカの時に、彼女を傷つけてしまったかもしれない事を心配するがゆえに、よそよそしい態度になってしまう事もあります。

感情の高ぶりでカッとなって、思ってもいない言葉で相手を負かせようとしたり、腹が立っている状態で優位に立とうとしていたりする場合には、後で反省するケースも少なくありません。

いざこざが起きたとはいえ、相手は好きな人。

好きな子を自分のせいで傷つけたくないし、これからも仲良く交際を続けていきたいと考えているため、彼女の心の様子が気になります。

自分が傷付けてしまったのなら、「本来大事にするべき恋人になんて事をしてしまったのだ」と後悔が止まらないところです。

仲直りをして、その件に関して終わったなら、なおさら蒸し返すわけにはいかないし、本当の所はどうなのか気になってもすぐに聞くことが出来ずに、他人行儀な態度となって表れます。

口喧嘩では彼女に負けるから悔しいけど謝らないといけなかった

仲直り自体、納得していない時に、心の状態が態度に表れてしまう事があります。

喧嘩をする時には、先のことまで考えずに思っている事を主張したり、感情に任せて言葉を発したりしますが、ケンカが継続したり大きくなったりするにつれ、冷酷さも出てくるところ。

激高していたり、自分の言い分をまだ貫きたかったりしても、頭の片隅で「言葉では勝てない」「このまま続けると面倒だ」との想いが沸き上がり始めると、とりあえず謝ってしまった方が、心の健康面にはいいと判断します。

怒りは、かなりのエネルギーを使うため、とても疲れてしまうものです。

怒り続ける事は、体力を消耗しますし、莫大なストレスを抱えてしまいますので、相手を言いくるめたり、勝とうとしたりするのが必ずしも正しいわけではないと考えます。

口が達者な女性と張り合おうと思っても、言葉で応戦するのは難しいと思っている時には、謝るしか選択肢がないと感じるため、逃げ場を失った結果、男性側が謝るという結末に至っただけです。

納得しているわけではありませんから、当然心にしこりが残ってしまいます。

なかなか素直に「ごめん」が言えない

彼女がその場を収めてくれて終息を迎えても、自分から謝れていないうちは、気まずさを感じてよそよそしくなってしまいます。

男性は、ケジメをつけることで、物事の切り替えが出来ると考えている人が多いものです。

罪悪感や後ろめたさを感じているうちは、どうしても気持ちの切り替えが出来ず、モヤモヤが残ってしまいます。

自分が謝ることにこだわりを持つタイプは、「男は女を守るべきだ」という男気を持っていたり、「悪い事は素直に認めるべきだ」と正義感が強かったりする人。

前者であれば、ケンカの発端がどんな理由にしても、「彼女を泣かせるべきではなかった」「自分が悪くなかったとしても、感情的になるのは大人げなかった」と反省するタイプです。

後者は、何事にも白黒はっきりつけたい人で、振り返ってみると少しでも非があったと感じた時には、大きな理由が彼女にあったとしても、自分の間違いを認めて謝るべきだと考えます。

カレ自身が謝る行為をしていない内は、コトが収まったとは認められず、心がモヤモヤし続けているはずです。

同じことで毎回ケンカしているから別れたくなる

同じことばかりで喧嘩が続いているケースでは、心が疲弊してしまって「別れたい」という気持ちが大きくなってきます。

彼女の事を好きでも、意見が合わないことが続けば、自然と「相性が悪いのかな」「一緒に居ても幸せになれないのかな」という疑問が浮かぶところです。

彼女からの気持ちにも自信が持てなくなり、両想いが疑われ始めると自分自身の想いも分からなくなってきます。

「何度も衝突を繰り返すくらいなら、笑顔でいられるように別れた方が賢明なのではないか」という気持ちが沸き上がり、今後の事を考え始めるはずです。

しばらくして、やはり好きな思いが大きくなれば、今まで通りの交際に戻りますが、次の言い争いで再び想いがこみ上げ、同じ事の繰り返しで、その都度実行に移すべきか悩みます。

「あの子の事を嫌いになりたくない」と思うほど、早めに分かれた方がいいのではないかという気持ちが押し寄せるところです。

どうしても感情が高ぶって、仲直りしても別れたくなる気持ちが強くなると、きっかけさえあればそのまま破局してしまう事もあります。

ケンカ別れした時に、相手の気持ちを理解することは、その後の関係性にも大きく影響するものです。

復縁になるか、音信不通になるかは、あなたの考え方と行動次第ですので、こちらの記事から学びましょう。

復縁をする方法さえ知っておけば、今は上手くやっていく方法が分からなくても、いつかの日の準備は出来るはずです。

仲直りを成功させる極意と共に、二人の関係を長い目で見つめて、参考になる事を取り入れてくださいね。

喧嘩別れから復縁するために必要なこと全て。知らないとそのまま音信不通になることも

仲直りの後の男性心理|無言の圧が強い無視する彼氏への対処方法

その場から立ち去って物理的な距離をとる

無言の圧が強すぎる時には、一旦その場を離れる方が賢い選択です。

アンガーマネジメントという怒りのコントロールの手法があります。

これは、怒りの感情にコミットしたメンタルトレーニングです。

アンガーマネジメントの中に、怒りの感情が沸き上がった時に、最初の6秒間を乗り越えるという方法があります。

怒りのピークは、感情が沸き上がってから6秒で、ここを超過すればコントロールしやすくなるというわけです。

つまり、物理的に距離を取るのも同じで、一呼吸おいたり、視界から立ち去ったりするのは、「今の状態」で物事を動かそうとする選択を回避する事が出来るようになります。

無言の圧に耐え切れずに、相手を責めてしまえば、また新たな喧嘩が始まる可能性もありますし、お互いに愛想をつかしてしまう可能性もあるはずです。

一旦その場を離れて、カレの顔を見ないようにする状況になるだけで、次のステップに進むことが出来ます。

悪いところがあるなら思い当たる部分を言葉にして謝る

何も言わずにプレッシャーを与えてくる人には、あなたなりの悪いと感じた部分をアウトプットして、追い謝罪をすることで、次の話し合いに進むことが出来ます。

無言のまま無視したり、今までの様に会話が出来なかったりするのは、カレの心の中にはまだわだかまりが残っているからです。

納得できていない部分があったり、まだ言葉にしきれていない不満があったりしているので、仲直りしていたとしても、あの人の中では全然終わっていないことを意味します。

状況から脱するには、まず自分に目を向けてみましょう。

「あの人の怒りがそこまで続いてしまう原因は何だろう」「何か変えてみて上手くいくならやってみよう」と気持ちを切り替えて、自分自身に目を向けてみます。

カレを未だ怒らせ続けている要因がないか、自分を振り返ってみて、悪い所が見つかれば言葉にして伝え、謝るのです。

余りにもとんちんかんな事を言ってしまえば逆効果になる事もありますが、考えたという事実がカレの心を穏やかにして、ちゃんと向き合ってくれるようになります。

「落ち着いたら連絡して」と伝えて冷却期間を持つ

無視してくるなら「落ち着いたら連絡して」とあの人の心が落ち着くまで待つことです。

ケンカは収まったとしても、肝心なのは心が納得しているか、穏やかになっているかという所。

無視したり、無言の圧をかけてきたりするのは、感情が高ぶっているサインなので、そっと一人にしてあげることが優しさと言えます。

男性は、一人で感情の整理をした方が効率がいいので、隣であれこれ質問責めしたりサポートしようとしたりしなくても、離れる事で十分向き合えるだけの状態に持っていくことが可能です。

ケンカが続行されているわけではありませんので、「落ち着いたら連絡してね」「待っているからね」と告げて、カレが冷静になるのを待つと、二人の信頼度も強くすることが出来ます。

彼の態度に腹を立てて、感情的に離れるてしまうと、そのまま音信不通になったり、気まづさが大きくなって戻りにくくなったりしますが、冷却期間と割り切って信じて待っていられたら、これからの関係性もグッと深いものになるのです。

何事もなかったように接する

無言でプレッシャーをかけてくる彼氏に対しては、何事も無かったかのようにいつも通り接してしまうのがコツ。

彼が何か仕掛けてきても、まともに取り合うからこじらせてしまったり、感情的になってしまったりするだけです。

気にしてしまうことで、元に戻りにくくなってしまうなら、最初から気にしなくていいだけの事。

「まだ素直になれないのかな」「気分的に仲直りした実感がないのかも知れない」とサラリと交わして、いつも通りに話しかけたり、デートの約束を提案したりします。

彼女が気にしていないのに、男の方ばかりが一人過去を見て、グダグダしていることに、ふとバカらしくなって態度を改めるはずです。

相手の態度を大層な事だと受け止めて、四苦八苦することで、問題は複雑化してしまうし、戻りにくくなってしまいます。

ケンカはしたけど、些細な痴話げんかだと割り切って、「もう終わったよ」とあっけらかんとしておくだけで、「大したことではなかった」という記憶にする事が出来るわけです。

仲直りの後の男性心理|同じ職場で働く時に気を付けること

仕事は仕事と割り切って

同じ職場のカレは、仕事はきっちり割り切って考えているので、プライベートでの態度と全く違う事があります。

恋人として一緒にいる時には、ぎくしゃくしたり、まだ心にモヤモヤが残っていたりして、素直に話が出来ない状態が続いていたとしても、職場にいる時には、「忘れているのかな」「気にすることが無いのかな」と思ってしまうほど普段通り。

女性は、感情に大きく左右されますので、仲直りが出来た後は嬉しくて何度も話しかけようとしたり、まだ微妙な空気感なら仕事もやりづらかったりします。

男性の中で、仕事は仕事と割り切っているので、職場内で恋人としての空気感を出すことはありません。

むしろ、プライベートで何かあったことを周りに知られる事は、恥ずかしいと思っているほどです。

いつもと変わらない様子で、指示を出したり、業務を遂行したりする姿を見て、感情の女性からすると「何を考えているのか分からない」と戸惑ってしまう事もあります。

男性からすると、プライベートを持ち込むことの方が理解できないので、仕事を蔑ろにするのであれば、さらなる怒りに繋がる事もあるので注意が必要です。

周りに気を遣わせないのが大人としての態度

恋人間であった事に関して、周りに気を遣わせないのが大人としての態度だと考えているのが、カレ。

同じ職場で付き合っている事を隠している人もいれば、公認の関係の人もいます。

大人であれば、他人がどんな恋愛をしていようと、うるさく口出しをする事はありません。

上手くいっていても惚気(のろけ)るのはご法度ですし、悪い状態の時に周りに気を遣わせるのなんて以ての外です。

自分達で解決できないなら、未熟な恋愛であり、「人に迷惑をかけるくらいなら止めた方がまし」と考えている人も少なからず一定数は存在します。

言い争いがあっても、ちゃんと話が終わっていても、どんな時でも周りの人に気を遣わせるのではなく、職場内の人間の一人として接するのがマナーです。

期間限定
復縁したい彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で元カレとの悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

彼女が恋人としてのやりとりを持ち出そうとすれば、「後でね」と軽くあしらって終わる事もあります。

本当はまだ、わだかまりが残っていたとしても、気を遣わせないことが第一優先なので、笑顔で接する事も珍しくないはずです。

仕事の質は落とさない

プライベートで何かあった時ほど、「仕事の質は絶対に落とさないと決めている」と心を新たに決意するのが男性の心理。

男性は理性的だとは言っても、ゴタゴタしたことがあれば気が滅入ったり、悲しくて目の前の事に集中出来なかったりすることもあります。

女性ほど感情で左右されることは少ないとしても、ついミスをしてしまったり、気が抜けてしまったりすると、自分を許せなくなることも。

社会人の男として、仕事の質を落とすのは、「ダサい」「未熟だ」と考えるので、落ち込んでいる時ほど、集中力を高めていこうと気合いを入れなおします。

細かなチェックを繰り返したり、上司との報連相を密にして、抜けがないように細心の注意を払うようになるので、周りからは「最近なんだかやる気だね」と言われることもあるはずです。

「いい調子だね」「何かいいことがあったの」と聞かれても、本当の事を応えるわけにはいかないので、笑顔で受け流します。

彼女と接触することがあっても感情的にならない

同じ職場で働く男性は、彼女と接触する機会が仕事上あったとしても、感情的にならないように心を落ち着かせる努力をしています。

仲直りをしたとしても、後からあれこれ思い浮かんで「やっぱり腹が立つな」「うまく相手のペースに乗せられた気がする」と不満が沸き上がる事も少なくないものです。

職場が違えば、デートの時に冷静に話し合ったり、再びぶつかってもまた会わずにいる時間が作れたりと、心の整理をしやすいのですが、毎日顔を合わせる人であれば、感情コントロールも難しいと感じます。

ましてや同じフロアや業務を共有している距離感であれば、顔を見た瞬間プライベートスイッチが入って、感情的になってしまわないか不安を抱えているところです。

一人でいる時に「冷静でいよう」「今は仕事場だから感情的にならずにいよう」と深呼吸をしてから彼女と接する事もあります。

冷静さを保つには、自分に言い聞かせないと難しいと感じる事も多いので、男性は激情しないように、コントロールを頑張っているはずです。

仕事で仲直りのきっかけを探す

彼女とケンカをして終わった後は、せっかく同じ職場なんだから仕事でもっと仲直りを進められるきっかけを探そうと考えている男性もいます。

謝ったり、「もうこの件は終わりね」と終結したとしても、今までどう接していたか分からなくなったり、機嫌が悪いのか窺ったりしていると、仕事場でも距離感が難しいと感じるものです。

今まで通り話しかけても、どこかよそよそしい感じもすると思ってしまえば、何が正解の態度か分からなくなります。

同じ職場で顔を合わせるのだから、気まずい雰囲気や心のモヤモヤは早く対処して手放したいと願うところです。

「何か仕事をきっかけに今まで見たいに話せるようになろう」「口実を作ってもっと仲良くなれる方法はないかな」と、関われる業務内容を探します。

サポートする事で頼り甲斐がある男をアピールしたり、面白おかしく仕事を依頼することで親しみと可愛らしさを思い出してもらったりと、関わるタイミングを有効活用するのです。

仲直り後の男性心理を知って彼ともっと仲良くなる仲直りの仕方

「しまった!」と思ったらすぐに自分から謝ると長引かない

もっと心から信頼できる関係になるためには、自分から申し訳ないという想いを切り出す事です。

負けず嫌いなカレに謝ってもらうと、本当にあちらに非があったとしても、心に屈辱感が残ってしまいます。

「謝らされた」「下に見られた気がする」とお互い納得の上での流れだとしても、被害者意識が芽生えると、今後の関係に影響が出てくるところです。

気持ちよく関係を続けられるだけでなく、貴方に対してリスペクトの精神さえ生み出すのが、女性の方から折れること。

心の中では「100%あっちが悪い」と思っていたとしても、あなたの方から「ごめんね」と切り出します。

衝突するのは、相手の気持ちを100%受容出来ていないからです。

理不尽な出来事は、注意が必要ですし、それが出来るのが彼女という立場ですが、あの人が受け入れられる単語を使っていたか、気持ちを理解しようと努力したか、を振り返ると、「頭ごなしに怒ってしまっていた」と反省する人も多くいるのも事実。

怒りの感情は、大きな愛があれば沸き上がる事はありません。

未熟な部分や食い違った部分を擦り合わせるための話し合いがすぐに出来ななかったことに対して謝れば、「そこまで深く考えてくれていたのか」と尊敬してくれることも。

愛と受容で、二人の関係はより深くなります。

彼氏が謝りたくなるようにスキンシップを交えて謝る

男性心理を考えると、言葉よりもボディタッチの方が、関係性は戻しやすくなります。

頭であれこれ考えたり、理屈をこねたりするよりも、色々な五感を使ってコミュニケーションを取った方が、理解が早いものです。

言葉だけでやりとりをしようとすると、耳からの情報だけになり、気持ちの整理がうまくいかないこともあります。

触れたり、アロマの香りがほのかに匂ったりすることで、心の状態は大きく変化するわけです。

リラックス効果の高いアロマを部屋に焚いたり、体につけたりして、ツンツンと突いたり、そっと体を預けたりして、「ケンカはしても恋人でいる事はこれからも続いていく」と是体で表現すれば、彼の心は動きます。

「小さな意地を張っている場合じゃない」と感情が動けば、相手から謝ってくれるはずです。

可愛い謝り方で彼を揺さぶる

謝り方に工夫をするだけで、心は揺さぶられ、もっと仲良くなれます。

彼氏は、結局可愛い彼女が大好きです。

甘えられたり、頼られたり、イチャイチャするほど、彼女の事を「大切にしたい」と強く思うようになります。

普段からクールな彼女であっても、いつでもタフさを求めているわけではありません。

完璧主義で負けず嫌いな彼女であっても、自分の前だけでは弱さを出してもらいたいし、安心してもらいたいと願っているものです。

あなたが可愛く「ごめんね」と言うと、それだけで全て許してしまいます。

「この子を放したくないな」「他の人には見せない顔を見せてくれて嬉しい」と喜ばすことで、抱きしめたい衝動にまで駆り立てられるほどです。

何度も繰り返し見たくてお願いしてくることもあります。

彼女の可愛い仕草や態度は、彼氏にとっては特別な事です。

恋人同士ですし、あの人に甘えたところで減ることではないので、惜しみなく発揮して、愛情を深めましょう。

ケンカの原因を見直す

今まで以上に仲良くなるためには、ケンカの原因をしっかり見直す事です。

ピンチはチャンス。

困難があった時ほど、チャンスに変える事が出来ます。

意見のすれ違いや、嫌な事があってぶつかった時は、恋人にとっては心が激しく乱れ、相手の事を好きなのかもわからなくなったり、これからの付き合い方を見直したりする一大事です。

流れのままに仲直りをしても、表面的に収まっただけで、根本的な原因が分かって改善していなければ、同じことを繰り返したり、心にわだかまりが残ったままになったりしてしまいます。

嫌だった出来事を振り返って、なぜ怒りや悲しみが沸き上がったのか、「放っておかれて寂しかった」「捨てられる気がして怖かった」「自分をバカにされているように感じた」など、根本的な感情の部分を探しましょう。

怒りには必ず原因があり、事象ではなく感情の部分が動くから現実がこじれていくのです。

出てきた感情が恐れや不安、寂しさなど原因が見つかったら、これからどう付き合えば、同じことにならないのか対処法を考えましょう。

注意されたことは二度と繰り返さない

注意されたことがあるなら、カレに同じことを何度も言われないように努力する事が大事です。

「全部が好き」「何でも許せる」と思うのは、最初の内だけ。

交際が続いていくと、何かを求めるようになったり、自分の価値観を押し付けたりするものです。

誰もが悪気もなく行っている事なので、なかなか自分の思いや接し方の変化に気が付いている人は少ないですが、求め合うようになっているのなら、相手の期待に応えるのも一つの愛情といえます。

大きな期待に応えるのは難しくても、好きな人を嫌な気持ちにさせない努力は出来るはずです。

同じことを何度も言わせるのは、繰り返し嫌な思いをさせているという訳ですから、即刻辞めるべき。

どうすれば同じことを繰り返さないのか、あの人にいつまでも好きでいてもらえるのか、話し合いで見つけていくのがベストです。

二人でルールを決めたり、思いのシェアを頻繁にするようにしたりと、一歩ずつでも前に進めるようになれば、円満な関係が続きます。

仲直りのタイミングが遠のく男性心理を逆なでするやってはいけないNG行動

感情的になって怒鳴る又は罵倒する

タイミングを逃してしまうのは、感情のままに怒鳴ったり罵倒したりすることです。

女性は、言葉によるアウトプットが饒舌ですから、何とか言いくるめようとする傾向が多く見られます。

正しいと思っているのはお互い様なので、一歩も二歩も上をいこうとする心理が、言葉を乱暴にしたり感情的にヒートアップしたりする原因となるのです。

女性が罵声を浴びせるのは、端から見ていても格好が悪いことだと判断する人が大半。

女性が感情的になるほど、男性側は冷静になり、「何をそんなにムキになって叫んでいるんだろう」「ダメだ、もう好きとは思えない」と気持ちが離れていきます。

特に、彼氏の事を見下したり人格否定したりする言葉を使ってしまった時には、同時に女性自身の品格や人間性を下げてしまう事になるので、破局に直結してしまう事も少なくないはずです。

男性のプライドを傷付け、心にトラウマを植え付けてしまうこともありますので、感情的になるのはタブーと考えていたほうが、今後の人生にも役に立ちます。

けんかのたびに「別れる」と言う

「何度ぶつかっても、いつも仲直りしているから、二人は大丈夫」と思っていたとしても、その度に「別れる」という言葉を使っているとすれば、これからは同じ結末を迎えられるとは限りません。

世の中には、何でもすぐに白黒はっきりつけたいタイプの人と、多少の事は目をつぶって我慢をしていくタイプと別れます。

前者は、結論を出すのが早く、自分に正直なので、成功者になる人もいれば周りから嫌われてしまう人もいるほど、反応が別れるタイプの人です。

後者の方が多く、その場の状況や相手との関係性を考慮して、我慢を積み重ねることが多くなります。

恋人同士でも、言っていい事と悪い事があり、今まで許されてきたとしても「別れる」は悪いことに分類される言葉です。

何度もやり直せていたとしても、相手の心には「本当は別れたいのかな」「突き放せるほど、どうでもいい相手なのかな」と小さな傷が積み重なっていっています。

傷付いた心は、あなたへの信頼を徐々にけずりとっていき、突然我慢の限界が訪れるのです。

言った方は、すっかり忘れていても、言われた方は傷付いていますので、気を付けるべきワードといえます。

自分に原因があるのに逆切れする

彼女側に原因があるのが明らかなのに、逆切れしているのなら、カレはドン引きしている可能性が高いと言えます。

交際をしている中で、NG行動の一つとしてあげられるのが、逆切れ。

大人になるほど建設的な話し合いが求められる中で、自分の事は棚に上げて相手を責めたり、開き直ってダメな部分を自慢げにしたりするのは、見ていてとても辛いものがあります。

そんなつもりはなくても、多くの人は、心の根底に、「恋愛を通して自己成長をしたい」という気持ちを持っているので、低レベルな態度を取られると、気持ちが萎えてしまうのです。

分かりやすく言えば、万引きをして注意されたら「そこに商品が置いてあるのが悪い」と責めているようなもの。

自分の保守しか考えていないし、ルールを無視した言動は、相手の気持ちを興醒めさせてしまいます。

恋人と明確なルールを決めていなくても、最低限好きな人を傷つけないのが恋愛のマナー。

どんな態度が逆切れになっているのか、振り返ってみるのも、関係を見つめなおすきっかけになります。

けんかの度に昔のケンカも持ち出す

昔のケンカまで毎度持ち出されると、男性はうんざりしてしまいます。

男性の脳は、完結型なので、一つの事象が終われば、もう過去の事として流れていくものです。

女性は、過去も未来も同時進行で頭の中に存在しているので、嫌な事があれば、「あの時も同じ気持ちだった」「前の時は、あんなことを言った」など全てが走馬灯のように蘇ります。

思い浮かぶままに言葉に出している時には、カレも同じように思い出していると思ってしまいがちですが、勘違いです。

相手の中では完結して終わっているので、今その話を持ち出されても、全く畑違いの事を言われているようにしか感じません。

怒りの要素を増やしているだけなので、どんどんと腹が立ってきます。

仲直りが遠のくどころか、信用も信頼も失い、愛情も手放してしまう事になるのです。

「なんで?」と納得できない事を質問責めする

質問攻めされると、仲直りが遠ざかってしまいます。

男性は、結論を出したい思考パターンですので、何度も「今、進行形」の事が繰り返されると、キャパオーバーを迎えてしまうのです。

「なんで?」と言われても、行動すべてに理由を考えられるほど、冷静沈着に生きているわけではありませんので、すぐに答えられません。

女性は、話題を次々に進めたがり、「どうして?」「何故、あなたはいつもこうなの?」と相手の返答を待つ前に次の質問を投げかけます。

どれかの質問に応えてくれたらいいくらいに考えて、次々と言葉を投げかけていますが、男性は「全てに答えなくてはいけない」と思っているので、「どれから話せばいいのか分からない」と頭が爆発しそうになるのです。

「愛情よりも理屈が大事なのか」と思ってしまえば、一気に気持ちが冷めてしまいます。

ちゃんと返事をしようとしても、女性は質問を浴びせただけで次の思考に入っているので、話を聞いておらず、相手の怒りをさらに買う事になるわけです。

仲直りの後は簡単に気持ちを立て直せないのが男性心理!

仲直りしても、恋人とのこれからの関係をどう築いていけばいいのか考えたり、気持ちの整理をしたりと、徐々に心を立て直していくのが男性。

相手のペースを無視して、気持ちを押し付けようとすると、さらなるひずみが生まれてしまいますので、すれ違いが起きた時には、カレの心理を理解する事が先決です。

思い合える関係になれば、ぶつかる頻度も少なくなりますし、より「相手の為に何かをしてあげたい」という愛情が大きくなり、仲良くなれます。

【期間限定】あなたの誕生日で分かる成功への最短距離、知らないともったいないかも。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで幸せへの一歩を踏み出したあなたのために、誕生日を元に詳しい運命を導き出す『大人の誕生日占い』をお届けします。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、幸運を開花させる方法、反対に避けたほうがいい危険な道など全てが明らかになります。

さらに大人ならではの複雑な恋愛や人間関係の悩みまでも解決に導き、願望成就に向けて全力でサポートしてくれます。

最大2000文字にもおよぶボリュームの精密なメール診断を読めば、成功への最短距離がはっきり分かりますよ。

※20歳未満はご利用できません。

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

最新情報をチェックしよう!
>最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

最強の復縁ポータルサイト「復縁love」

復縁loveは心理学を学んだ復縁プロ集団が運営、企画する復縁ポータルサイトです。復縁したいけどどうしていいかわからない…。冷却期間はとるべき?どれくらい必要?元彼と音信不通…、復縁したい彼には新しい彼女がいる…など絶望的な状況からでも当サイトを参考にして頂ければ100%復縁成功が出来ます!

CTR IMG